Hatena::Antenna

[ 悪漢と密偵 ] [あんてな@i-know]

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2014/11/23 10:34:20 (゜(○○)゜) プヒプヒ日記含むアンテナおとなりページ

    2014-11-23
    ■文学フリマ販売物一覧

    明日文学フリマの販売物一覧です。この他にも(もし本が見つかったら)何か持っていくかもしれません。


    「在庫僅少本」は本当に2,3冊しかないので売り切れの際はなにとぞご容赦を……
    では明日、会場でお会いしましょう!

    コメントを書く

  2. 2014/11/23 10:31:12 まなざしの快楽含むアンテナおとなりページ

    Twitter / @sasayaka_okina
    Twitter / @arrowindarkness

  3. 2014/11/23 09:16:23 考えるための道具箱含むアンテナおとなりページ

    長野地震けが人57人に、重傷者も

  4. 2014/11/23 09:05:55 キング堂 ブログ支店含むアンテナおとなりページ

    スティーヴン・キング ケーキ アート 梨木香歩 CD キャリー 買い物 キング関連書籍 プリンス ダーク・タワー ポリス マンガ/アニメ シャイニング スター・ウォーズ Perfume ホラー 読書 LEGO まとめ James Jean

  5. 2014/11/23 08:53:07 Kuchinashi Blog含むアンテナおとなりページ

    Twitterまとめ投稿 2014/11/23 [Twitter]
    jasminoidesお灸してたらゆれた11/22 22:13
    jasminoides@omurot だいじょうぶでした。11/22 22:48
    jasminoides@hiroo このブログ記事のこと、お伝えしたつもりになっていたけれど、まだでした…この写真はいつのものなんだろう〜つ http://t.co/CaIOvIvcdy11/23 02:13
    2014-11-23 03:01 nice!(0) コメント(0) トラックバック(0)
    記事 1724
    Twitter(1400)
    Kuchinashi/tumblr 11/20

  6. 2014/11/23 07:58:48 heuristic ways含むアンテナおとなりページ
  7. 2014/11/23 07:51:31 Sato Site on the Web Side含むアンテナおとなりページ

    長野地震で22人負傷、被害調査へ

  8. 2014/11/23 07:43:55 四谷書房日録含むアンテナおとなりページ

    ■高倉健さんに似合う女優さんは?
    今日、降旗康男監督、高倉健主演の「駅 ステーション」をBSで観ました。倉本聰さんの脚本で、3人の女性の物語で構成されています。http://goo.gl/h5oHLz
    「直子」のいしだあゆみさんのあの笑顔の敬礼は上手い。「すず子」の烏丸せつこさんも熱演。極めつけは「桐子」の倍賞千恵子さん。
    倍賞さんがいい女を演じています。健さんとのやり取りも実に自然。年を重ねたせいか、今回倍賞さんのしっとりとした演技が印象に残りました。場面場面で流れる八代亜紀さんの「舟唄」とともに。
    健さんに似合う女優さんはというと、何と言っても、藤純子さん、倍賞千恵子さん、田中祐子さんでしょうか。
    ツイートする

  9. 2014/11/23 07:40:27 [間歇日記] 世界Aの始末書含むアンテナおとなりページ

    @ray_fyk 4h
    @ray_fyk 5h
    @ichirowo 6h
    @ray_fyk 6h
    @kaya_matsutani 7h
    @ray_fyk 7h
    @ray_fyk 8h
    @ray_fyk 9h
    @ray_fyk 9h
    @ray_fyk 9h
    @ray_fyk 10h
    @ray_fyk 10h
    @ray_fyk 14h

  10. 2014/11/23 06:23:13 HODGE’S PARROT含むアンテナおとなりページ

    「かの徒を出づる」と決意したハビアンは、『破提宇子』において「真すくなし」とするキリシタンの教えを順次批判していく──かつて自身が批判した仏教や儒教などの中国思想を引き合いに出し、さらにそのときに用いたヨーロッパの「合理主義」の知見を今度は批判対象をキリスト教に向け変えて。どうしてダイウスの徒(キリスト教徒)だけが、天地開闢の主を知った顔に、くどくどしくこのわけを説くのであろうか──〈何かが存在すれば必ずそのその存在を創造した存在(創造主)が有るはずだ〉に対して〈存在するものは存在する、必ずしもそれを創造した実体的な何かを想定する必要はない〉。
    たとえ創造主を認めたとしても、それではなぜ、ルシヘル(ルシファー)は地獄に堕してしまったのか──過去現在未来にわたる明達の全能のDsは、かのアンジョを科に落ちないように、どうして作らなかったのか。科に落ちるのをそのままにまかせて置いたのは、無数の天魔を作ったようなものだ。それが天主の理なのか。
    告白の魔法
    書き記されている教理だけではない。批判は伴天連やキリシタン教団の行動規範にも向けられる。勤行(ミサ)において南蛮煎餅のようなものに要文を唱えれば、それがゼズ・キリシトの肉になり、同様に葡萄の酒がゼズ・キリストの血になることなど、とても人の信用できないことである──聖体に神が真に現在することなど認められない。ハビアンはここでは、ほとんどプロテスタントになっている。
    ハビアンは「コンヒサンの時は他人を近づけず、自分と伴天連だた二人で相対し、山賊や海賊などをはたらき、もしくは父を殺し母を殺す五逆の罪、国家を傾けようとの謀反、反逆などの大きな犯罪であっても、残らず懺悔すると、伴天連はこれを聞いて、赦しを与えるとその罪が消滅するという」と述べる。そして「そうだとすると魔法である。国家をくつがえすほどの大反逆罪をも伴天連が聞いて赦せば、その罪が消滅すると教えるのは、科を犯しても差しつかえないものだと弘めるのと同じである。」
    p.127-128
    今回のパリ旅行、わりと余裕があったのでルーヴル美術館の閉-午後5時45分。閉館15分前の美術館内。職員の人たちが集まって閉館の準備を──これ以降、そちらへはいけませんよ、と。それにしてもアルチンボルドの傑作4点が揃っているのに、ここにいると素通りw

  11. 2014/11/23 06:12:10 文庫本大好き-岩波文庫コレクション含むアンテナおとなりページ

    山本文庫(昭和11年)刊行書目一覧 25 views
    通算: 4694077
    今日: 454

  12. 2014/11/23 06:07:48 ウラゲツ☆ブログ含むアンテナおとなりページ

    4 いよいよ近日発売:デ..
    5 2014年11月上旬..
    6 08年8月8日発売予..
    7 注目新刊:『THE ..

  13. 2014/11/23 06:00:34 diary / nowadays含むアンテナおとなりページ

    2014-11-23-日
    ■[twitter]2014年11月22日のツイート
    @tuckfukagawa: 本日の見出し URL
    2014-11-22 23:27:03 via Hatena
    @tuckfukagawa: 大事を取りました。 URL
    2014-11-22 23:26:37 via Hatena
    @tuckfukagawa: 『プロミスト・ランド』 URL
    2014-11-22 22:45:19 via Hatena
    @tuckfukagawa: 出かける準備をしていたら、にわかに寒気がしてきたので、大事を取って本日は大人しくしてることにしました……まだ疲れも抜けてないしね。そして、このコンディションで、3時間近い大作を楽しめる気がしないし。
    2014-11-22 09:03:54 via Twitter for Android Tablets
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    idトラックバック

  14. 2014/11/23 05:42:27 きりうゆかりの難民部屋含むアンテナおとなりページ

    長野地震で22人負傷、被害調査へ

  15. 2014/11/23 05:30:35 エクス・ポ日記含むアンテナおとなりページ

    1 初期の奥田民生について
    2 ワラッテ、舞城(抄)
    9 初回申し込み受付中です!
    10 アラザル2

  16. 2014/11/23 05:17:09 ドイツ音楽紀行含むアンテナおとなりページ

    2 ゲーテ「旅人の夜の歌..
    3 ドレスデン 聖十字架教会
    4 バラの島 (Rose..
    6 指揮者キリル・ペトレンコ
    7 ロベルト・ムージル「..
    8 実在の椿姫。。あるい..
    9 ドヴォルザーク 「ス..

  17. 2014/11/23 00:11:21 眼の欲望によってもぎとられた蒐集物(コレクション)、さえも含むアンテナおとなりページ

    2014-11-23
    ■2014年11月22日のツイート
    @kazu_k79: @kazu_k79 ググった。正解は順にオスカー・ワイルド、ドリアン・グレイの肖像、リーグ・オブ・レジェンド。
    2014-11-22 23:35:11 via Keitai Web to @kazu_k79
    @kazu_k79: 「近衛文麿に引用されてるイギリスの作家誰だっけ?」「主人公があの映画に登場する小説書いた人で…」。思い出せないことがどんどん増える無限のデスマーチ。
    2014-11-22 23:31:51 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @0rasa0: @TOGO_Masanaga これが滋賀県庁です。 URL
    2014-11-22 22:52:51 via ついっぷる
    @kazu_k79: RT @twinrail: 赤門の前で日本共産党がしんぶん赤旗を只で配っていたので何と素晴らしい政党なのだろうと中を見てみたら、三年後に枕に頭を埋めてバタバタする感じの投書があって心が温まる URL
    2014-11-22 22:51:27 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @Gemini_chocolat: 男の娘で検索かけたら「鈴木宗男の娘選挙出馬へ」って記事が出てきて現代社会に対して憤りを隠せない
    2014-11-22 22:49:31 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @nanashiS_junk: / #どうして解散するんですか URL 自称小学四年生がつくったにしちゃ出来すぎているウェブページこの画像が一番適切かと URL
    2014-11-22 22:49:00 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @kotaniguchi: 金沢文庫の仏典、重要文化財がカビだらけ、理由は財政難。
    2014-11-22 22:47:46 via Keitai Web
    @kazu_k79: @kazu_k79 お休みになった。
    2014-11-22 22:34:36 via Keitai Web to @kazu_k79
    @kazu_k79: この様子だと今夜の「幻解!超常ファイル」はお休みかな。
    2014-11-22 22:28:14 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @zishin3255_2: ■■緊急地震速報(最終報)■■ 長野県北部で地震 最大震度 6強(推定) [詳細] 2014/11/22 22:08:17発生 M6.8 深さ10km #緊急地震速報
    2014-11-22 22:12:32 via Keitai Web
    @kazu_k79: 主ようどうでかい。
    2014-11-22 22:09:43 via Keitai Web
    @kazu_k79: 今週はどうも腰痛が引かない。アイスクリーム頭痛みたいにしみる感じの痛み。腰が冷えてるからかなあ。
    2014-11-22 22:07:06 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @47news: 宣教師ザビエルの遺体公開 インドで10年に1度 URL
    2014-11-22 22:00:48 via ついっぷる
    @kazu_k79: RT @NStyles: 政治に関心を持つ自称小学4年生の登場により、Twitterの人々の政治への関心度が高まるかと思いきや、Webデザイナは使用ソフトを割り出すし、コンサルは人月見積り出すし、フォント狂は使用フォント特定するし、ロリコンは小学四年生の設定が甘いとマジ切れしてる
    2014-11-22 21:31:27 via ついっぷる
    @kazu_k79: RT @a_kitada: 「メディアリテラシーの光速劣化」悲しい。 RT@NStyles 灘高時代は天才プログラマーともてはやされて、…夏休みには2chで自民叩きした同じ日に同じIDのまま実名書き込みして正体バレちゃったりしてる人が、小学生なりすましサイト作ったけど、ネットス…
    2014-11-22 21:30:29 via ついっぷる
    @kazu_k79: RT @yakanifu: っうか本当に【妖怪ウォッチが好きな小学校四年生が「どうして解散するんですか?」なんて疑問に思っても、この画像一発で解決するからwebページ作ったりしない URL
    2014-11-22 20:52:37 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @masashi_izumi: 20日のワンドロで投稿するはずが2日遅れて…そんな羽黒先生漫画です #艦これ #漫画 URL
    2014-11-22 20:49:54 via Keitai Web
    @kazu_k79: 安倍ちゃんは前回辞職した時も親父が病気になった時も周りの人間が逃げて行った辛さを痛感したときいて、だからあんな取り巻きだけどあんなのと付き合って大事にしてるのかと少し合点がいった。
    2014-11-22 20:48:12 via Keitai Web
    @kazu_k79: ガンダムビルドファイターズトライ7話を観る。実は無印は観てないにわかなので、バンダイチャンネルで観ようかな。ラストの評判が良いらしいし。
    2014-11-22 20:43:10 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @nodash: 「どうして解散するんですか?」という、自称小学4年生が作ったサイトが話題。「江戸しぐさ」と同じにおいを感じる。道徳や意見を伝えるために、虚構を(虚構と明かさず)組み立てることの是非。
    2014-11-22 20:38:10 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @Ekakowski: 高倉健って北海道か南極にしかいなくね
    2014-11-22 20:34:43 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @hayano: Reading:汚染水凍らせて止水 断念へ NHKニュース URL 「汚染水を凍らせようとしたこれまでの取り組みは何だったのか」
    2014-11-22 20:34:22 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @goza_u1: 一部の保守派に大人気の江戸しぐさですが、創始者の芝三光は晩年にコインロッカーベイビーを集めて純粋培養の江戸っ子を作ろうと計画していたそうなので、保守主義者どころか発想がポルポトです。
    2014-11-22 20:26:16 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @goodhuntstalker: URL 例のページが案の定「アート」を名乗っているようで、さすが日本の”アート”だ、という感想しか出てこない。一言で要約すると「愚劣」。
    2014-11-22 20:24:00 via Keitai Web
    @kazu_k79: RT @pinkyweb_tw: 小学生と聞いたら「初潮きてるの?」とか「ブラはもうつけてるの?」とか無差別に聞きに行く極め系アカウントが絡みにいかないということは、やっぱりあの系統の人達も嗅覚で相手を選んでるんだなぁと思う
    2014-11-22 20:22:37 via Keitai Web
    @kazu_k79: 一仕事終わったら,今度は「インターステラー」観に行きたい。
    2014-11-22 09:33:32 via ついっぷる
    @kazu_k79: RT @tyokorata: しかし藤子不二雄先生や、星新一先生が南極物語に反発を感じて「犬に食われるペンギン」や「犬に食われるアザラシ」の漫画を描く辺り、実に大人げない気もするが、気持はよく分かる。皆が皆、本当の問題を放置して感動していると、それに冷水を浴びせたくなるのはわかる
    2014-11-22 09:27:29 via ついっぷる
    @kazu_k79: RT @yasudayasuhiro: 昔は過激派学生(=将来のエリート)VS機動隊(=大学にいけなかった真のプロレタリアート)という構図が通用した気がするのだが-2014-11-14 04:16:39 via ついっぷる

  18. 2014/11/23 00:09:53 Snowtreeわたしの頭蓋骨の下 あれれ日記含むアンテナおとなりページ

    2014-11-22
    ■[Twitter]2014年11月22日のつぶやき
    @yukisnowtree: 染弁慶がますます弁慶だった!役に膨らみが出てきたー。なんか嬉しい。そして幸せ。
    2014-11-22 21:41:41 via モバツイ / www.movatwi.jp
    @yukisnowtree: @asarie 昼の部にいらしてたんですね(^-^)染カレンダー、なかなか楽しい構成ですよね。
    2014-11-22 21:26:49 via モバツイ / www.movatwi.jp to @asarie
    @yukisnowtree: 染カレンダー発売開始!いつもと違い横長です。写真いっぱい。
    2014-11-22 16:22:21 via モバツイ / www.movatwi.jp
    @yukisnowtree: @juju_yae ということで勧進帳のあとの幕間に外に出るのでチラッと会いましょう?。
    2014-11-22 16:20:06 via モバツイ / www.movatwi.jp to @juju_yae
    @yukisnowtree: @juju_yae うん、来てる?。染カレンダーも出た!
    2014-11-22 16:10:57 via モバツイ / www.movatwi.jp to @juju_yae
    @yukisnowtree: 歌舞伎座、筋書に写真入りました♪
    2014-11-22 16:05:17 via モバツイ / www.movatwi.jp
    Permalink | コメント(0)
    @yukisnowtree: RT @meijiza_theater: 【明日放送!】明日のスーパーニュース(フジテレビ)にて『明治座 花形舞踊公演』プロデュース・出演、藤間勘十郎さんの密着が17:20頃より放送予定。歌舞伎の振付師としても活躍する姿に密着!染五郎さん猿之助さんからのコメントも!※報-2014-11-05 22:25:17 via Twitter Web Client

  19. 2014/11/23 00:08:41 ほぼ日刊時代小説SHOW含むアンテナおとなりページ

    2014-11-22
    2014年11月22日のツイート
    Twitter, まとめ | 00:08 |
    @jidaishow: 11月21日から11月30日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報「2014年11月の新刊 下」をアップしました。 URL @jidaishowさんから
    2014-11-22 00:07:41 via Twitter for Websites

  20. 2014/11/23 00:07:27 薔薇十字制作室:はてな出張所含むアンテナおとなりページ

    2014-11-23
    ■[Twitter][まとめ]2014年11月22日のツイート
    @harapion: RT @kafka_kashiragi: 怖ろしい話を聞いた…。海外文学の翻訳は、初版1500部とか、初版印税ナシが普通になってきているという。増刷はなかなかされないだろうから、初版印税ナシだと、実質、無報酬に。初版1500部でも、生活はとてもできない。これでは翻訳をする人はい…
    2014-11-22 22:26:23 via Twitter Web Client
    @harapion: 勝手に「安堂ロイド」玉手箱 - Togetterまとめ URL
    2014-11-22 22:22:43 via Twitter for Websites
    @harapion: RT @KenAkamatsu: ただ、今後ツイッター上で「ある種のトラップ」が流行る可能性があります。怪しげなものは無闇にリツイートしないで下さい。また、イラストでも「生モノ」(現実に存在する未成年の芸能人など)を書いている絵師は注意が必要です。リツイートも避けて下さい。
    2014-11-22 12:51:32 via Keitai Web
    @harapion: RT @KenAkamatsu: 児童ポルノをリツイートした疑いで書類送検 全国初 - 朝日新聞デジタル URL ★これは、現実に被害児童が存在する「実写」での事例です。被害者がどこにも存在しないイラストや漫画は、児ポ法では規制されません。…
    2014-11-22 12:50:29 via Keitai Web
    @harapion: 山尾悠子「夢の棲む街」。一見、ファンタジーのようだが、グロテスクな表現や論理の骨格は、倉橋由美子の『人間のない神』を想わせる。(と思ったら、自作解説に倉橋由美子への言及があった。)あと円形の劇場だが、カフカ『失踪者(アメリカ)』のオクラホマの野外劇場を、つい連想してしまう。
    2014-11-22 01:23:43 via Twitter Web Client
    @harapion: 野阿梓自身のホームページに、その文章「ダイダロス、飛翔。」 が載っていたので、紹介する。URLこのなかに竹宮惠子『地球へ…』にふれた文章が出てくる。花の24年組は、SFとか、文化を論じる時に、結構重要。
    2014-11-22 01:07:24 via Twitter Web Client
    @harapion: 竹宮惠子『地球へ…』についての調べもの。では、笠井潔のSF関連の本はどうか。評論『機械じかけの夢』、ル=グインについて論じたあたりに書かれてないか……これも違う。では実作『エディプスの市』は……あった!解説を野阿梓が書いていて、その中に竹宮惠子『地球へ…』への言及がある。
    2014-11-22 01:01:55 via Twitter Web Client
    @harapion: 竹宮惠子『地球へ・・・』について、誰かが書いていたと思って、調べものをする。ぼくらはカルチャー探偵団編『読書の快楽』で浅田彰は、少女マンガを紹介しているが、猫十字社に久保キリコ…違う。『プレイバック高校時代』で浅田彰がまたも少女マンガを紹介しているが、萩尾望都に大島弓子…惜しい。
    2014-11-22 00:57:12 via Twitter Web Client
    @harapion: RT @3tsumary: 今日の講義でアーバンギャルド紹介されてる URL
    2014-11-22 00:38:15 via Twitter Web Client
    @harapion: RT @miyakowasureLC: @harapion @obokechan999 ユングが出てきました。竹宮惠子「地球へ・・・」 からユングに行ってSFを離れた筈が、そこがSFへの新しい切り口になる予感です。原田さんのツイに興味深いキーワードが並んでいるので、ゆっくり考…
    2014-11-22 00:36:19 via Twitter Web Client
    @harapion: 「たのしい前衛」第2号が届いているのを、やっと今日になって発見する。(母が開封もせずに、しまいこんでいたのである)もしかして、結構早く届いていたのかも知れない。お恥ずかしい。
    2014-11-22 00:13:13 via Twitter Web Client
    @harapion: [Twitter][まとめ]2014年11月21日のツイート URL
    2014-11-22 00:04:35 via Hatena
    コメント
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dzogchen/20141123

  21. 2014/11/23 00:05:02 1yard含むアンテナおとなりページ

    2014-11-23
    ■[Twitter]2014-11-22
    @daddyscar: @katejna0000 時々、こうやって食べ物欲を発散してます。(^_^;)
    2014-11-22 22:14:50 via Twitter for iPhone to @katejna0000
    @daddyscar: 震度6弱大丈夫なんか。
    2014-11-22 22:11:22 via Twitter for iPhone
    @daddyscar: 牛タン&TKG。 URL
    2014-11-22 21:13:44 via Twitter for iPhone
    @daddyscar: @ultramanterasan そりゃ焼肉ですよ。(^_^;)
    2014-11-22 21:06:18 via TheWorld for iOS to @ultramanterasan
    @daddyscar: 友達と焼肉。 URL
    2014-11-22 20:42:52 via Twitter for iPhone
    @daddyscar: 寒くなっても暗くならない用に、明るいテンションの高い曲のプレイリスト作った。 #nowplaying Deee-Lite - Groove is in the Heart / World Clique URL
    2014-11-22 19:15:45 via TheWorld for iOS
    @daddyscar: @katejna0000 それは上げ過ぎw
    2014-11-22 19:13:38 via TheWorld for iOS to @katejna0000
    @daddyscar: @katejna0000 ハードル上げ過ぎるとダメかもしれませんね。だんご汁のだんごみたいなものですし。(^_^;)
    2014-11-22 19:10:37 via Twitter for iPhone to @katejna0000
    @daddyscar: @katejna0000 えーダシが染みまくったちくわぶって旨くないですか?(^_^;)
    2014-11-22 19:02:25 via TheWorld for iOS to @katejna0000
    @daddyscar: 浦和負けたんかー。
    2014-11-22 16:13:40 via TheWorld for iOS
    @daddyscar: 九州でも「ちくわぶ」が手に入るようになって欲しいなあ(´・ω・`)おでん 具の種類|人気メニュー~変わり種一覧/全国の店は凄い URL
    2014-11-22 15:26:00 via Twitter Web Client
    @daddyscar: @brave03 @nzm えええ!「このご時世の小説誌」と云われたら納得だけど、やっぱり心のどっかでショック。てか、これを機会に電子書籍版も出して欲しい。
    2014-11-22 14:46:05 via Twitter Web Client to @brave03
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 00:04
    idトラックバック

  22. 2014/11/23 00:02:51 9月11日に生まれて含むアンテナおとなりページ

    2014-11-22
    ■2014年11月22日のツイート
    @Kaworu911: マンガ論争12の特集は「海外と、日本のマンガ」という大枠で、オーストラリアの国際会議のレポートとか、その報告会とか、受容とか、誤解とか、検閲とか色々ぶっこみます。
    2014-11-22 23:57:27 via Twitter Web Client
    @Kaworu911: 神保町でインタビュー→高輪のコンテンツ文化史学会→帰宅→夕食→仮眠→イマココ。学会では懇親会に参加せず、吉田先生にご挨拶して、学会参加者をその場で捕まえてマンガ論争の原稿を依頼。これが最後の原稿依頼ですね。さすがに〆切月末ですとかムチャは言えませんでした。
    2014-11-22 23:49:47 via Twitter Web Client
    @Kaworu911: RT @manga_books: 【本・書籍】コミック・アニメ研究→ 10位: 増補 エロマンガ・スタディーズ: 「快楽装置」としての漫画入門 (ちくま文庫) URL #本 #書籍 #漫画 #アニメ
    2014-11-22 20:15:37 via Twitter Web Client
    @Kaworu911: RT @michiyo28: URL 単行本156冊目にして初の出版記念会!みなさま ふるって御参加下さい!!11/24(月/祝)【夜】代官山 風土カフェバー「山羊に、聞く?」出演/ダーティ・松本/ 中原昌也 栗鳥巣 永山薫 …
    2014-11-22 11:47:45 via Twitter Web Client
    <前の7日分

  23. 2014/11/22 23:47:01 日刊リウイチ含むアンテナおとなりページ

    Last Updated 2014/11/22
    【11月22日】 朝方に届いた荷物から芝村裕吏さんの新作「宇宙人相場」(ハヤカワ文庫JA)を抜いて出立して横浜へと向かう途中で読み切る。こりゃ面白い。オタクでも結婚できるんだという希望を与えてくれる一方で、結婚したらオタクでいられなくなる可能性なんかも示唆されていてオタクとしての矜持をいろいろと刺激されるけれどもどっちにしても、オタクであり続けるにしても結婚相手を見つけるにしても、結構なお金がかかることだけは確かなようでそれにすら至れない人間は、もはやオタクですらいられないとう指摘を突きつけられて、ここから頑張るべきかもはや諦めるべきなのかと逡巡する。
    主人公は頑張った方だけれどもそれでも35年とかかかった訳で50近い人間が今からどうにかできる時間でもない。ただひとつ芽があるとしたらトレーディングによって日銭を稼いで乗り切ることが出来れば、そのための原資があればってことでそれについては何とかなるんであとは度胸とそして才能。なんだけれど度胸がないんだ僕には主人公のようには。もともとはオタクになりたいと思ったもののお金がなくゲームも変えず漫画も読めない日々。それでも刺激を受けてサッカーを始めて漫画のような活躍をして全国大会にも出たんだけれど、そこでサッカーを極めるかとうとやっぱりオタクが良いと専門学校に行こうとしたら学費がなかった。
    就職の誘いもあたけれどやっぱり漫画か何かを勉強したいとアルバイトをしながら学校に通ったものの稼げる金額ではなく学校は辞めてその日ぐらし。ただそこで引きこもらなかったところがやっぱり想いの強さって奴なのか、秋葉原でアルバイトを始めたらイベントをまかされるようになって知り合いが出来て芸能プロダクションで良い声をした男性の声優さんのマネージャーをやり立場を超えて応援してたらやっぱり拙いかなって話になって、担当を女性に替えられそうになってハッピーだと傍目には見えたものの当人は潔く仕事を辞めて、そこからグッズ制作と販売を始めてどうにかこうにか会社を立ち上げ食べていくだけの規模にする。
    働きすぎず稼ぎすぎず、深夜アニメを見て起きて会社にいって帰って深夜アニメを見られるような規則正しさを貸しつつ仕事はきっちりとやっていた所にリーマンショックで、中国に出していた縫製の仕事がキャンセルされるかもしれない事態に大慌て。国内で代替の工場を探しても見つからずこれはちょっと拙いかもと歩いていたら女性がふらふらと依ってきては彼の目の前で倒れ込んだ。どういうことだか分からないけど心配だからと担いで病院へと走り込んだ元ゴールキーパー。結構危なかったらしくそれで助かった女性に対して最初は奥手で自分なんかといった感じで接していたけど、それを見初めたのかあるいは妙な男だと興味を持ったのか、彼の周辺に女性が現れるようになって彼もいつ倒れるかもしれない女性が心配になって交流を続けるうちに惹かれ合っていく。
    そんな彼女を囲い養わなくちゃいけなくなった主人公が何を捨てるかってオタクを捨てるというか会社を辞めて売却して家にこもってデイトレードして稼ぐという、変わりっぷりが凄いけれどでも好きな人ができてその人といっしょにいたいと思って病院台だって稼がなくっちゃとなったらやっぱりオタクは捨てざるを得ないんだろうなあ。悲しいけれどそれが現実って訳で。そんな「宇宙人相場」の何が宇宙人かというと、彼女の父親に教わりながらトレーディングを始めた主人公の携帯にそれ以前から届くメールがあってどうやら地球のことをいろいろ調べているらしいんだけれどそれがいったい誰なのか、ってあたりがタイトルに重なってきそう。
    つまりはそういうことなんだけれど、それがファーストコンタクトから進化と協調へと至る物語はまたこの先ってことになるのかな。いずれにしてもオタクは金がなくてはオタクでいられず、金を得るためにはオタクでいられず、彼女が欲しければやっぱりオタクでいられないということだけは分かった。オタクな僕はどうしよう。やっぱりオタクであることを捨てて彼女を選ぶか。って言ってもいくら選びたいってなっても目の前に彼女が居ないんじゃ仕方がない。ふらついて倒れてくれる彼女だっていやしないし。いてもきっと美人局だろうし……って夢が無いなあ、でもそれが現実なんだよ。残る派金か。そんなものない。オタクの道は遠くて険しい。哀。
    そして到着した横浜アリーナで見物した「ANIMAX MUSIX2014」は及川光博さんが素晴らしすぎた。ステージの上に登場してからそこで立っている姿、ポーズをつけている仕草、歩いている姿勢に見つめる視線のすべてがミッチー、すなわち神だった。遠くからだったけれど眺めていて頭がクラクラした。なおかつ歌声が素晴らしかった。元より巧いのは知っていたけど、あそこまで通る声で賑やかな会場でアニソンを聴いている人たちを一気に惹きつけるとは。ロックを歌ってもちゃんとパワフルな声が出て会場を引っぱっていた。コラボでいっしょにロボットアニメの主題歌を歌った鈴村健一さんもロックな歌手としてやっていける声量の持ち主だったけれど、やっぱりプロのシンガー、ミッチーが抜けていた。踊りを一緒に踊りたかったけどプレスのボックス席では無理だった。いつか行きたいミッチーのライブ。でもベイベーばかりの中に混じる勇気はないのだった。せめて見て自分を慰撫しよう「バラ色の人生」。踊りたいなあライブでいっしょに。でも歳が…。
    そんな「ANIMAX MUSIX2014」ではANIMAXが開催していた全日本アニソングランプリの歴代優勝者によって作られたAG7ってユニットが登場したけど見たら6人しかいなかった。そうHIMEKAさんがいなかった。所属が決まらず春に本国のカナダに帰ってしまったHIMEKAさんを抜きにしたステージは、それでもやっぱりその声が必要だとばかりにソロのパート部分をレコーディングから抜き映像も添えてシンクロして流してた。その声を聴いてやっぱりAG7には、というか日本のアニソン界にHIMEKAさんが必要だと思った。だって7人の中で誰より歌声に特徴があるんだもん。揺れるような震えるようなその声がサビに聞こえるともうグッと来る。特徴があってなおかつ巧い。そんなアニソンシンガーの不在が今になって寂しくて哀しくなってくる。ご本人のメンタルに要因があることはインタビューした僕も知ってはいるけれど、でもそれを乗り越えてやっぱり復活して欲しいし、乗り越えさせて引っぱってきて欲しいもの。面倒を見て鍛え引っぱり推す人の登場を求む。僕では無理だお金がないから。
    そんな「ANIMAX MUSIX2014」で思ったのはちゃんとアニソン歌手、つまりはアニメソングを専門もしくは積極的に歌う歌手をフィーチャーして人気が出やすい声優さんによるキャラクター的な歌をあんまり引っぱってきてなかったことか。それをやればお客さんは集まるし、最近は声優さんも歌が巧くて聞き惚れることは分かっている。でもそれでアニソンシンガーが廃れてしまうのは勿体ないって事実もあったりする中で、ずっとアニソンを歌ってきたKOTOKOさんを招き第一人者ともいえるMay’n部長をトリに据えたりするセットリストの中にGARNiDELiAを入れアニソングランプリではグランプリじゃなかったけど誰より目立ってしまった春奈るなさんを入れJAM Projectを引っぱりKalafinaを出し今のI’veを引っぱる川田まみさんを大々的に押し出したりしてアニソンシンガーの凄みって奴を分からせようとしている。やなぎなぎさんはやっぱり愛らしくそして今年は力強くもあったなあ。
    谷山紀章さんがリードボーカルのGRANRODEOも出たには出たけどもはや声優さんの趣味って範囲ではなく超絶的な巧さと声の大きさを持ったハードロックバンドとして君臨しているといって過言ではないし、鈴村健一さんもその歌のうまさでもってひとりのロックシンガーとして立っていけそうな印象を醸し出していた。声質がポルノグラフィティにどこか似ていたなあ。つまりはそれくらいの巧さ。合間にはもちろんセガ・ハード・ガールズのように声優さんのユニットもいたし井口裕香さんら声優さんのシンガーもいたけどそれが全部を持っていくようにはしていないところがひとつの配慮かあるいは企画した人の信念か。アニサマが声優さんのユニットショウとして立つならこっちはアニメミュージックシンガーの殿堂として立つ。そんな並立でもって共に栄えていってくれればどっちも好きなファンとして嬉しいんだけれど。でも商業は声優さんのキャラソンなりユニットなりを取るんだよなあ。聞く側の意識を高め歌う側の技巧も高めて良い歌が正当に評価される世界を招こう。まずは及川光博さんにもっとアニソンを。そしてアニサマでもその素晴らしさをベイベーたちに見せつけてもらおうではないか。
    【11月17日】 文藝春秋から出ている小説誌の「別冊文藝春秋」が紙の出版をやめて電子版に移行するそう-これが純文学の方だったら、媒体への掲載が芥川賞の候補作になる条件に、明文化されているかは分からないけど慣例的にそうなっていたりすることもあって、「文学界」にしても他誌の「新潮」「群像」「すばる」「文藝」「早稲田文学」等々にしても電子化は難しかったと言わざるを得なさそう。っていうかすでに季刊となっている「文藝」なんて、今すぐにだってなくなって不思議はないんだけれど、それでも「文藝賞」を営む媒体であり芥川賞受賞作を出す媒体としての矜持なんかもあって、未だに続いているといった感じがある。福武書店の「海燕」とかは

  24. 2014/11/22 23:26:12 空想ラビュリントス(仮)含むアンテナおとなりページ

    6,154
    続きを読む
    www.uplink.co.jp
    暮らし
    2014/11/21

  25. 2014/11/22 22:27:53 シェード・ガーデン含むアンテナおとなりページ

    2014-11-22 僕はその背中に呼びかける。必ず行こう。新天地──。
    ■読了本
    レミングスの夏
    作者: 竹吉優輔
    出版社/メーカー: 講談社
    発売日: 2014/09/03
    メディア: 単行本(ソフトカバー)
    レミングスの夏/竹吉優輔
    少年少女がある決意のもとに決行した計画。それは市長の娘の誘拐だったのだが……。本来ならもっと重たい雰囲気になってもよかったのだろうけど、首謀者たちはまだまだ子どもだし、悪に徹しきれない心の優しさがあるから、どこか「青春の1コマ」「ひと夏の冒険」的なワクワク感が残るのだった。ネガティブな犯罪関連の描写より、スイカ割りのくだりとかハサミさんの意味が分かるところのようなポジティブなシーンにこそ作者のよさが出ている気がする。
    コメント

  26. 2014/11/22 20:13:20 偽日記@はてな含むアンテナおとなりページ

    2014-11-21
    ●古本がとても安く売っていたのでなんとなく買ってしまって、今更ながら『ゲーテル、エッシャー、バッハ』を読んでいるのだが、面白い。
    最初の方で、MUパズルというパズルが出題されて、しばらくそのパズルをやってみるのだが、割とすぐに、そのパズルが決して解けないものだと気づく。
    《形式システムについて考えるときは、次の点がとくに重要である。それは、システムの中で仕事をすることと、システムについて表現や観察を行うことを区別することである。》
    しかし、そうはいっても実際は、MUパズルを解こうとすること(システムの中での仕事)をしているうちに、MUパズルが決して解けないものであることに気づく(システムについての考察)。このように、「解」が求められたところとは別のレベルであらわれ得るのは、われわれのするシステムの中の行為が、ほとんど自動的にシステムについての考察を含むものになるからだろう。階層はナチュラルに破られる。
    (おそらくこれが、もっとも単純な「内部観測」のモデルになるのではないか。)
    ●たとえば、「物語」のおもしろさというのも、このことと関係するように思われる。起承転結というのを、次のように考えることができるのではないか。起(要素と前提条件の提示--システムの提示)、承(提示された要素と条件の中で可能な展開--システムの中の行為)、転(前提条件が破られる--階層の破れ--システムそのものの考察)、結(前提条件が破られたことに対する事後的な正当化--システムの回復)。
    つまり、システムの中での行為が、いつの間にかシステムそのものに対する考察へとレベルが移動し、しかし移動した階層がメタレベルにとどまるのではなく、「結」において、実はそれこそがシステムの中での行為であったという風に、再びシステムが正当化されなければ「オチ」がつかない、と。夢オチが嫌われるのは、それがメタレベルのままで終わるからだろう。しかし、メタレベルのままで終わるのではダメであるのと同時に、「起」の時点でのシステムと、「結」の時点のシステムとでは、システムそのものが変質していなければ、おそらく人は納得しない。
    物語では、展開や題材のおもしろさやギャップや意外な結末をみるだけでは人は納得しなくて、システム・レベル1→システムの破れ(メタレベル)→システム・レベル2、というように、システム(地)そのものの変質をみせる必要があるではないだろうか。
    (たとえばミステリにおいて、斬新なトリックと意外な犯人があるだけではダメで、そのトリックや犯人があかされることで「世界観」が揺るがされたり、変質したりするのでなければ、「面白い」とは感じられないのではないか。)
    (たとえば、「ガリレオ」第一話において、事件→捜査→意外なトリックの解明、で終わるのではなく、その後に、トリックの実験→実験の失敗→犯人の隠された側面の露呈、という過程があり、視聴者が「犯人の意外な側面」によって世界観の揺らぎを感じることで、物語に説得力が与えられる。)
    (あるいは、「リーガル・ハイ」第二期、第二話で、味方と敵側との裁判対戦の顛末があるだけでなく、実は敵は敵ではなく、裁判そのものが味方側の宣伝のために行われたものであり、それは敵側の罪滅ぼしだった、というエピソードが付け加えられることによって、物語の基底であった「対戦モード」そのものがひっくりかえされ、視聴者の世界観が揺らぐ。)
    (たとえば、「ごめんね青春」には、このような「階層の破れとシステムのレベルの移動」が、ほとんど「場面単位」で次々に多数仕掛けられているようにみえる。「ごめんね青春」に限らず、最近のすぐれたドラマでは、「階層の破れとシステムのレベルの移動」が、一時間のなかに何重にも仕組まれていることが多い。)

  27. 2014/11/22 18:30:41 † First Light †含むアンテナおとなりページ

    2014年11月 (56)
    2014年10月 (53)
    11/ 22 舞踏会の「優美」の中に描き出された公爵の「悲愴」――ヴィスコンティの代表作『山猫』とランペドゥーサの原作について
    11/ 22 舞踏会の「優美」の中に描き出された公爵の「悲愴」――ヴィスコンティの代表作『山猫』とランペドゥーサの原作について
    2014年11月 (56)
    2014年10月 (53)

  28. 2014/11/22 17:34:51 armchair aquarium [アームチェア・アクアリウム]含むアンテナおとなりページ

    armchair aquarium [アームチェア・アクアリウム]
    飼育家でも釣り人でもなく、ネタを転がしてさかなを愛でる安楽椅子派のさかなブログ。
    いまさらながら休止のおしらせ
    2011年12月13日(火) 11時42分
    もはや更新のチェックをしている方はいないと思いつつ。
    諸事情あったりなかったりした結果ブログを放置して、早三年が経ちました。最近ようやく能動的なネット活動を再開する気になったのですが、以前のような日替わりネタを出す余裕はなさそうなので、こちらは正式に休止します。
    水族館の写真とか。(仮)
    http://sakanaphoto.blog.fc2.com/
    今は魚写真を気楽に貼るこんなのをやっています。アームチェア・アクアリウムをご愛顧いただけた方々の嗜好とは違う方向のブログになりますけど、気が向いたら覗きに来てみて下さい。
    人文系な魚活動そのものは変わらず大好きなので、いずれ準備が整えば、とは思っているんですけどね。でも見通しがちょっと。
    Check
    Tweet
    雑記 |
    URL |
    Comment [4]
    Elodie Van Ruymbeke
    2008年12月24日(水) 6時23分
    The Pirate’s Gospel
    movezerb - childish illustration
    メリークリスマスってことで。ベルギーのイラストレーターです。
    Check
    Tweet
    アート |
    URL |
    Comment [3]
    Katie Jeanne Reim
    2008年12月23日(火) 20時40分
    Summer
    Katie Jeanne Reim
    アメリカのイラストレーター。
    Check
    Tweet
    アート |
    URL |
    Comment [0]
    Chris Berens
    2008年12月23日(火) 20時27分
    Delicate (2007)
    The Wind Blows West (2008)
    Chris Berens
    シアトルに行ける方がウチ見てるかどうか知らないけど、現在 Roq La Rue Gallery (リンク)で個展開催中だそうです。
    Check
    Tweet
    アート |
    URL |
    Comment [1]
    Quang Hong
    2008年12月16日(火) 23時27分
    Lotus Keep Gallery
    ベトナム生まれでアメリカ在住のアーティスト。
    Check
    Tweet
    アート |
    URL |
    Comment [0]
    Marieloes Reek
    2008年12月16日(火) 23時20分
    De kus (2005-2006)
    Een is genoeg (2007)
    Marieloes Reek
    まえにも載せたことがあるオランダの画家。ホームページできてました。
    Check
    Tweet
    アート |
    URL |
    Comment [0]
    日高川絵巻
    2008年12月14日(日) 9時34分
    『日高川絵巻』 より
    道成寺之絵
    早稲田大学所蔵の『日高川絵巻』です。ここのは蛇身の清姫が可愛くてお気に入り。この伝説のあらすじは日文研の『道成寺縁起絵巻』を紹介した際に述べているので、まずはそちらからご覧下さいませ。(過去記事にリンク)
    今回は別の話をします。えーと、安珍・清姫の伝説の類話で最も有名なのは、『古事記』にみられる本牟智和気王(ほむちわけのおおきみ)と肥長比売(ひながひめ)のエピソードなのではないかと思います。
    「垂仁天皇(すいにんてんのう)の皇子・本牟智和気は大人になっても言葉を一言も発することがありませんでした。ある時天皇の夢に出雲の大神が現れて『私の宮を修理したら皇子は喋れるようになるよ』と告げます。そこで天皇は本牟智和気を出雲に遣わすことに決めました。
    本牟智和気はお供を連れて出雲に向かい、大神の宮を参詣しました。そして一休みするため川の中に仮宮を建て、国の長の接待を受けます。その席で本牟智和気はいきなりぺらぺら喋り出し、供の者は大変喜びました。
    その夜本牟智和気は長の娘・肥長比売と過ごすことになります。しかしこっそり覗いて娘の正体が蛇であるのを知り、恐ろしくなって船で逃げ出しました。悲しんだ肥長比売は海原を光で照らしながら本牟智和気たちを追いますが、これを見てますます恐れた彼らは船を海から引き上げ、自分たちの国へ一目散に逃げ帰ったのです。」
    こんな話。記憶に自信なかったのでここのテキスト(リンク)見ながらまとめました。中巻にあるエピソードです。
    この蛇との婚姻譚と安珍・清姫の伝説にどんな因縁があるのかは定かでありません。ただ道成寺の縁起でこんなのがあったりします。
    「日高の漁村に髪のまったく生えない娘がおりました。ある時海に光るものが現れて不漁が続き、娘の母が海底を探ると観音像が沈んでいました。これを引き上げて毎日拝んでいると娘に髪が生え、やがて髪長姫(かみながひめ)と呼ばれる美しい娘に成長しました。髪長姫は藤原不比等の養女宮子として入内し、文武天皇の后となります。観音像と両親とを村に残してきたのを気に病む彼女のために、天皇は道成寺の建立を命じました。」(道成寺の公式ホームページにリンク)
    口の利けない皇子と髪の生えない娘、それに肥長比売と髪長姫、などなど。・・・このへんの符合が偶然なのかどうか判断できるだけの知識を、残念ながら私は持ち合わせていません。でもなんかありそうだよねー。あると面白いなー。何もなくてもまあいいけど。(どっちよ)
    あまりだらだら書き続けるのもあれなので、ネタを放り出すだけで今回の話はおしまいです。むしろ私が教えてほしいかも、こういうの詳しい人に。
    Check
    Tweet
    WEB |
    URL |
    Comment [0]
    Giuliano Sale
    2008年12月12日(金) 23時21分
    Whaleless Milk
    MySpace.com - GIULIANO SALE - 31 - Male - Milano, IT - www.myspace.com/giulianosale
    Whaleless (リンク)というクジラの保護を訴えるアートプロジェクトのサイトで知ったイタリアの画家です。画家本人のページにある作品の画像はポスター仕立てになっているので、上に貼った画像もそちらのページから拝借しました。
    どうでもいいけど MySpace って私あまり好きじゃないです。日本語環境で開くと中途半端な日本語で表示されて気持ち悪いから。
    Check
    Tweet
    アート |
    URL |
    Comment [0]
    アニュウリズム
    2008年12月12日(金) 23時15分
    シカクイハコ
    絵の一枚一枚に添えられた短いコメントをみていると、力が抜けてへにゃへにゃに和みます。
    Check
    Tweet
    アート |
    URL |
    Comment [0]
    新たなる航海の達成
    2008年12月12日(金) 0時21分
    ”Nova Typis Transacta Navigatio” (Caspar Plautius, 1621)
    Biblioteca Digital de Obras Raras e Especiais
    オーストリアのイエズス会士カスパー・プラウティウスが記した『新たなる航海の達成』の図版。ローマ法王の命を受けた宣教師たちが野蛮なインディオたちの激しい抵抗に遭いつつもキリスト教を布教し、新世界を神の光で満たすという内容です。
    そんな本になぜかクジラが描かれています。クジラの背中に船で乗りつけた修道士たちが祭壇を建ててお祈りしてるね。これはなにかっていうと聖ブレンダンの伝説をモチーフとした挿絵です。聖ブレンダンは五世紀から六世紀にかけてのアイルランドに実在した修道院長で、小舟で島をめぐって修道院をいくつも建てたとされます。その彼の伝説に大きな魚ジャスコニウスに乗せられて約束の地に到達したというのがありまして。『新たなる航海の達成』の著者プラウティウスは新世界への航海とキリスト教の布教を、この聖ブレンダンの伝説になぞらえたってわけ。
    聖ブレンダンについては以前述べたことがあるので、知りたい方はそちらに。(過去記事にリンク) あ、でもこの記事って記事内でリンクした「聖ブレンダンの航海」というサイトの要約でしかないから、最初からそこ見てもらうほうがいいか。(リンク) とても興味深いサイトです。
    Check
    Tweet
    WEB |
    URL |
    Comment [0]
    次へ »
    2011年12月
    « 前の月 | 次の月 »
    日月火水木金土
    123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    最新記事
    いまさらながら休止のおしらせ
    Elodie Van Ruymbeke
    Katie Jeanne Reim
    Chris Berens
    Quang Hong
    Marieloes Reek
    日高川絵巻
    Giuliano Sale
    アニュウリズム
    新たなる航海の達成
    P R
    カテゴリアーカイブ
    水族館 (50)
    アート (468)
    WEB (181)
    雑記 (12)
    ニュース (18)
    月別アーカイブ
    2011年12月 (1)
    2008年12月 (20)
    2008年11月 (32)
    2008年10月 (17)
    2008年01月 (14)
    2007年12月 (33)
    2007年11月 (32)
    2007年10月 (34)
    2007年09月 (18)
    2007年08月 (11)
    2007年07月 (7)
    2007

  29. 2014/11/22 14:48:48 長谷川町蔵の文章含むアンテナおとなりページ

    Mary Poppins Quits with Kristen Bell
    <iframe src="http://www.funnyordie.com/embed/c2deb9a5e8" width="640" height="400" frameborder="0" allowfullscreen webkitallowfullscreen mozallowfullscreen></iframe><div style="text-align:left;font-size:x-small;margin-top:0;width:640px;"><a href="http://www.funnyordie.com/videos/c2deb9a5e8/mary-poppins-quits-with-kristen-bell" title="from Funny Or Die, Kristen Bell, Eliza Skinner, Jake Fogelnest, rachelgoldenberg, Becca Scheuer, Sean Dacanay, Greg Nicolett, Chris Poole, Jesse Benjamin, ian_skalski, Tricia Robertson, and Ben Forman">Mary Poppins Quits with Kristen Bell</a> from <a href="http://www.funnyordie.com/funnyordie">Funny Or Die</a> <iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?app_id=138711277798&amp;href=http%3A%2F%2Fwww.funnyordie.com%2Fvideos%2Fc2deb9a5e8%2Fmary-poppins-quits-with-kristen-bell&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=150&amp;show_faces=false&amp;action=like&amp;height=21" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:90px; height:21px; vertical-align:middle;" allowTransparency="true"></iframe></div>
    Up Next:
    Supreme Court: No Girls Allowed
    AUTOPLAY
    Up Next In: 10
    Supreme Court: No Girls Allowed
    John Boehner Explains the Minimum Wage with Harry Hamlin
    Between Two Ferns with Zach Galifianakis: President Barack Obama
    Disney's Princess Ke$ha
    Follow
    Facebook
    Twitter
    Tumblr
    Instagram

  30. 2014/11/22 14:39:11 黌門客含むアンテナおとなりページ

    たとえば、伊藤正雄『新版 忘れ得ぬ国文学者たち―并、憶い出の明治大正』(右文書院2001*1)は、「武島羽衣氏と金沢庄三郎博士との訃」(初出:俳誌「笹」昭和四十二年八月号)を収めるが、金澤については「新聞がこの国語文化史上の大恩人の死を報ずるのに、わずかに“代議士母堂”の死と同じくらいのスペースしか割かなかったのには、甚だあきたらぬ思いを禁じ得なかった」(p.323)と書いているのだ。
    このくだりを、のちに「朝日新聞」夕刊が引用したことは石川著で知ったのだが(p.334)、「神戸の小さな俳句同人誌『笹』八月号に伊東正雄(甲南大学教授)が書いたものであった。伊藤は、今は『広辞苑』のお世話になっているが、中学時代以来、終戦までは『広辞林』で国語を習ってきたと言い、…」と一部が誤記になっており、索引も「伊東正雄」で立項せられているのは少々残念。
    「シュミット……ありき」の箇所は、石川著も引用している(p.179)。ただし、「講述せられたる」を「講述せられつる」と表記している。これは、石川氏の参照されたものが大正九年の元本(大鐙閣刊)であることによる違いであろうか*4。
    それはいいとして、ここで金澤(シュミットも同断?)が、『釋名』の記述と「手・受・收の同語原なること」とを同一視してしまうあたりに、問題があるとは云えるだろう*5。それゆえに、金澤による「日韓両国語同系論」は、河野六郎をして「玉石混淆の感がありますですね」(石川p.281)と言わしめることになる*6。
    それから、金澤といえば『辞林』『広辞林』で知られるが、石川著はこれらの辞書の成立事情についてもページを割いている。
    *5:後者は、たとえば、「単語家族」説をとなえた藤堂明保なども同様のことを述べている。
    *6:河野のこの発言は、「国語学」第五号に採録された座談会(出席者は、金田一京助、松本信弘、泉井久之助、服部四郎、亀井孝、河野六郎で、司会が金田一春彦)での発言らしいが、「雑誌『国語学』全文データベース」(http://db3.ninjal.ac.jp/SJL/list.php?n=1)では、ここだけ読めなくなっており、残念だ。

  31. 2014/11/22 13:03:06 こどものもうそうblog含むアンテナおとなりページ

    2014.11.22 Saturday
    「編集・ライター養成講座 上級コース」プレ講座
    0
    編集・ライター養成講座 上級コース:シーズン6が、2015年01月10日(土)からスタートします。
    ・宣伝会議公式サイト
    ・編集・ライター養成講座 上級コース:シーズン6
    ・Q&A「宣伝会議編集ライター講座 上級コース」シーズン6
    この講座の特色は、「本気で編集者ライターになりたい人のための講座」だということです。
    隔週で行われる講座は、実践的トレーニングや人脈作り、オーディションが中心。リアルの場でしかできないことをやります。
    たまの講座のときだけ「がんばるぞ!」という講座ではありません。
    日々、インプット&アウトプットをしていくことになります。
    Facebookのグループや、メール、チャットなどで、やりとりすることも講座の重要な要素です。
    また講義が本格スタートする1月10日以前に、Facebookグループで「プレ講座」がスタートします。
    事前に、肩慣らししておくのです。
    プレ講座を、そろそろ始めようとしているので、参加しようと思っている人は、ぜひ。
    (申し込んだ人は、米光宛にメールください。Facebookの米光講座グループに参加してもらいます)。
    Tweet
    by kodomoso
    -
    2014.11.22 Saturday
    11:57
    -
    -
    ↓前回のリアルタイムドキュメンタリー(イベント中に撮影編集してイベントの最後に流す!)。今回もチャレンジ予定です。

  32. 2014/11/22 11:51:21 本棚の中の骸骨:業務日誌含むアンテナおとなりページ

    今年も 「よんとも」 年末特別篇の季節がやってまいりました。(本家 「いいとも」 が終了してしまったので、下記の紹介文はそろそろ修正した方がいいかも)
    当編集室も各社編集者のみなさんと一緒に、来年の刊行予定を発表します。
    第36回「読んでいいとも!ガイブンの輪」豊崎由美さんトークイベント開催!!
    年末特別企画「オレたち外文リーガーの自信の1球と来年の隠し球」vol.3
    おなじみ豊崎由美さんが 「笑っていいとも」 の 「テレフォンショッキング」 方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんを転々として海外文学について語り合う流浪番組、ではなくトークショー 「読んでいいとも!ガイブンの輪」 通称 「よんとも」。
    今回は年末恒例の特別編として、豊崎さん好みのユニークな海外文学を刊行している出版社 (国書刊行会、白水社、早川書房、群像社、作品社、松籟社、河出書房新社) の編集者と藤原編集室さんの計8人が登場。「オレたち外文リーガーの自信の1球と来年の隠し球」 と題して、豊崎さんの司会進行のもと、各社今年のイチオシ本と来年のラインナップについて熱く語ります。
    ◆開催日時:2014年12月21日(日) 15:00〓18:00(開場14:45)
    ◆開催場所:西武池袋本店 別館9階池袋コミュニティ・カレッジ コミカレホール
    ◆定員:100名
    ◆入場料:1000円(税込)
    ◆チケット販売場所:リブロ池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
    お問い合わせ・ご予約は下記まで
    リブロ池袋本店

  33. 2014/11/22 11:44:01 ワニ狩り連絡帳含むアンテナおとなりページ

    ■ 2014-11-21(Fri)
    ずっと「ゴーン・ガール」を読んでいるのだけれども、先にWikipedia で映画のあらすじを読んでしまっているせいか、いままでのところはあんまり面白くなくって、ちょっと読みあぐねてしまっているところもある。ここで「純文学」とかという言葉を持ち出して比較するのもアレだけれども、やっぱり大衆文学なりの「甘さ」というのはあるのかな、などと思ってしまう。
    きょうは、おとといのCTスキャンの結果を聞きに行く日。「あなた、たいへんですよ!」な〜んていわれたらどうしよう、という気もちも多少はあるのだけれども、「そんなことはありっこない。つまりわたしは数千円を無駄にして、やらなくってもいい健康診断をやっただけだよ」という結果にちがいない、とは思っている。
    やはりきょうは「お出かけした翌日」というモードで、眠くって仕方がない。病院なんか行かないでこのまま昼寝してしまおうか、なんて気もちにもなるのだけれども、そこまで非社会的にもなれないわたしなので、がんばって午後から病院へ行った。
    ‥‥結果。ほ〜ら、わたしの思った通りだった。腎臓に異常は認められないし、肝臓も膵臓も脾臓も、とっても元気だった。担当医の方がスキャン映像を眺めながら、「この骨はしっかりしてますねー」と、わたしの脊髄骨の腰のあたりの骨をほめて下さった。ふふ、ちょっとうれしかったかな。ぜったいに「ヨボヨボじじい」になんかならないから。
    帰宅して、このまま「寝てしまおうか」という気分もあったのだけれども、まだまだ早い時間だし、録画した映画を一本観てやろうという気分で、「第三の男」などを観てしまった。夕食はまたカレーライス。あしたあさってぐらいまでカレーはあるし、カレーの材料もそろっているので、そのあとはまたカレーをつくったりして。
    ■[Video]「第三の男」(1949) グレアム・グリーン:脚本 キャロル・リード:監督
    第二次世界大戦後のウィーンの街、その地政学的な状況がひとつの大きな背景であり、そしてもうひとつ、アントン・カラスのツィターの音楽もまた、決定的な背景を形成している。
    さいしょにオーソン・ウェルズがその顔を見せる場面は、「シャイニング」のジャック・ニコルソンぐらいの、あるいはそれ以上のインパクトがあるかなあ。映画史の中の名シーン。地下水道の追跡(ここは短いカットの積み重ね)、そしてあのラストシーン(長回しだ)などもすっばらしいんだけれども、わたしはアンナ役のアリダ・ヴァリが、警察に連行されてのシーンの演出が好き。「おお、映画やなあ」と、うならされる。
    前半の叙述が今の映画とはずいぶんと異なる感じで、そういうところでは現在の映画文法でリメイクされたものを観てみたい気もする。監督は、そりゃあデヴィッド・フィンチャーに決まってる。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20141121

  34. 2014/11/22 11:37:23 窓男の日記2含むアンテナおとなりページ

    2014-11-22-Saturday
    ■[book][library]「クロックワーク・プラネット」(榎宮祐・暇奈椿)講談社ラノベ文庫
    クロックワーク・プラネット3 (講談社ラノベ文庫)
    作者: 榎宮祐,暇奈椿,茨乃
    出版社/メーカー: 講談社
    発売日: 2014/10/31
    メディア: 文庫
    楽しみにしていた3巻がようやく出ました。表紙は大人モードのアンクルちゃんですよね?最初リューズかと思っちゃった。ラノベにしては450ページもある分厚い本ですが、読みごたえがあってよかった。登場人物同士の絆が徐々に深まっていく描写が好きですね。★★★★(8点)
    コメントを書く

  35. 2014/11/22 09:50:35 【Book Japan】含むアンテナおとなりページ

    [【随時更新】読書会ニュース]【再掲】第10回札幌読書会開催!
    [翻訳ミステリー大賞シンジケート:11/22 08:09]

  36. 2014/11/22 08:55:51 奇妙な世界の片隅で 含むアンテナおとなりページ

    12月の気になる新刊と11月の新刊補遺
    11月28日発売 『ナイトランド・クォータリー新創刊準備号 幻獣』(書苑新社 1500円)
    11月29日刊 ジャック・ケッチャム/ラッキー・マッキー『わたしはサムじゃない』
    (扶桑社ミステリー 予価821円)
    12月3日刊 エドワード・ゴーリー『むしのほん』(河出書房新社 予価1080円)
    12月10日刊 東雅夫編/本堂平四郎『怪談と名刀』(双葉文庫 予価620円)
    12月11日刊 タイガー立石『ムーン・トラックス タイガー立石のコマ割り絵画劇場』(工作舎 予価4104円)
    12月19日刊 キリル・ボンフィリオリ『チャーリー・モルデカイ (1) 英国紳士の名画大作戦』(角川文庫 予価864円)
    12月19日刊 キリル・ボンフィリオリ『チャーリー・モルデカイ (2) 閣下のスパイ教育』(角川文庫 予価864円)
    12月19日刊 デイヴィッド・ゴードン『雪山の白い虎』(早川書房 予価2808円)
    12月22日刊 荒俣宏編『怪奇文学大山脈3 西洋近代名作選 諸雑誌氾濫篇』(東京創元社 予価2916円)
    ついにホラー専門誌『ナイトランド』が復活になります。創刊準備号が11月28日に発売予定です。一般書店に配本されるようですので、期待して待ちたいと思います。
    タイガー立石『ムーン・トラックス』は、コマ割り絵画の作品集。亡くなってからしばらく経つので、タイガー立石の名前を知る人も少なくなったのではないでしょうか。
    タイガー立石は、ユーモアを得意とするマンガ家です。ただ単なるマンガ家というよりは、美術・デザインをしっかりと身につけたアーティストといった方がいいのでしょうか。絵画・マンガ・絵本など、多分野で活躍しました。恐ろしく高い技術で描かれた作品は才気を感じさせます。
    彼の短篇マンガは、もうマンガというより美術作品に近いレベルだと思います。しかも高尚にならず、飽くまで笑いを追及しているところが素晴らしい。内容的には、浅倉久志さんが集めていた≪ユーモア・スケッチ≫のマンガ版とでも言えばいいでしょうか。前衛的な手法を多用して描かれた作品は、ときに読者を唖然とさせます。
    彼のコミックを集成した『TRA(トラ)』(工作舎 2010年刊)は、お値段は張るものの、中身・造本を含め、永久保存版にすべき作品集でした。そんなわけで、『ムーン・トラックス』も期待大です。
    キリル・ボンフィリオリといえば、かってサンリオSF文庫から、怪作『深き森は悪魔のにおい』が出ていた作家です。なんとこの作品、シリーズ作品らしいのですが、今回映画化されるそうです。その恩恵というべきか、『深き森は悪魔のにおい』を含むシリーズ全作が邦訳されるそうです。
    荒俣宏編『怪奇文学大山脈3』は、何ヶ月も刊行が遅れていますが、今度こそ出るでしょうか。
    【2014/11/22 08:29】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    EPUB形式は、文字が「-それに対し、PDF形式は「固定型」。文字が埋め込まれて固定されるので、拡大しても文字のずれが発生せずに、1ページに収まっている文字の量は変わらないというものです。

  37. 2014/11/22 05:54:02 ●SIDE ONE●含むアンテナおとなりページ

    2014年11月22日(土)
    ■[読書感想]まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる
    [著者:紫炎/イラスト:武藤此史/このライトノベルがすごい!文庫]★★
    まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる (このライトノベルがすごい! 文庫)
    作者: 紫炎,武藤此史
    出版社/メーカー: 宝島社
    発売日: 2014/08/09
    メディア: 文庫
    主人公の由比浜風音が、現実世界で散々やり込ん
    だオンラインゲームそっくりの世界に飛ばされてし
    まう異世界転移モノです。風音の親友でゲーム仲間
    の立木弓花も、一足先に同じ世界に転移していまし
    た。異世界転移の物語で女の子二人のメインパーテ
    ィというのは、あまり見掛けた記憶がなくて珍しく
    て新鮮な印象でした。あんまりわちゃわちゃ騒ぐ感
    じではなくて、特に風音はゲームでの経験があるか
    らかいきなり飛ばされた割には冷静沈着でしたけど、
    それでも女の子同士の掛け合いは見ていて和みます
    ね。モンスターと実際に戦う局面は多いですが、楽
    しんでいる様子も伝わって来て良い感じでした。
    ただ、どうしても原因が気になってしまう性質な
    んです。何故ゲームと酷似した世界に飛ばされたの
    か? に一切触れられていませんでした。「まあと
    りあえず異世界に飛ばしとけー」だと、どんな話で
    も後からどうにでもなるんですよね。初期の内にそ
    れらしき描写があればなあ、という気持ちでした。
    本書は宝島社様より頂きました。有難う御座いました。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 05:53

  38. 2014/11/22 04:35:19 東京猫の散歩と昼寝含むアンテナおとなりページ

    2014-11-22
    人間解散、人間バンザイ
    人工知能を研究する松尾豊さんという人の話。
    https://www.youtube.com/watch?v=U-O4eINZNXE(ビデオニュースドットコム)
    知り合いに教えてもらって聴いた。たっぷり2時間あまり。圧倒的な明瞭さ。このテーマの本質がすべて盛り込まれているとも思えた。
    人工知能とはまさに人間と同じ知能をコンピュータで構成して実現したものを指すが、それがこれまで実現しなかったのは何故か。しかし今はそれがマジに実現しそうなのは何故か。これらがまず明瞭に説明される。しかもそこからは、そもそも人間の知能が何であり何でないのか、言い換えれば「言語とは何か・概念とは何か・意味とは何か・知識とは何か」を理解する道筋もまた明瞭になる。さらには、人間の知能を遥かに超えた人工知能が実現すると言われて漠然と感じる巨大な不安の正体が何なのかもまた明瞭になる。
    ということで、この衝撃をじっくり反芻してたら今年は終わるだろう。だから年賀状はまた出せないし、衆議院も解散しなくてよかったけど、もはやそんなもの解散したからってまあどうってことないかという気持ちだ(バンザ〜イ)

  39. 2014/11/22 04:24:10 もなか含むアンテナおとなりページ

    高鳥 2014/11/22 02:02 ごめんなさい、『もなかさん』じゃなくて『もにかさん』ですね。
    失礼しました。
    では、お幸せに!

  40. 2014/11/22 01:45:49 士はおのれを知る者のために死す含むアンテナおとなりページ

    2014-11-22
    11/22【誕生日】1869-1951:アンドレ・ジッド(ジイド) 1890-1970:シャルル・ド・ゴール 1899-1981:ホーギー・カーマイケル 1901-1999:ホアキン・ロドリーゴ 1904-2005:丹羽文雄 1922-1997:ユージーン・ストーナー 1923:アーサー・ヒラー 1924-1997:青田昇/1924:ジェラルディン・ペイジ 1928-1994:大宮悌二 1931-2004:神山卓三 1932:ロバート・ヴォーン 1937:出井伸之 1939:アレン・ガーフィールド 1940:テリー・ギリアム/アンジェイ・ズラウスキー 1941:トム・コンティ/ジェシ・コリン・ヤング 1943:尾藤イサオ 1946:倍賞美津子 1950:ティナ・ウェイマス/スティーヴン・ヴァン・ザント 1958:ジェイミー・リー・カーティス 1960:レオス・カラックス/加藤ひさし 1961:マリエル・ヘミングウェイ 1967:ボリス・ベッカー 1975:aiko 1976:武内絵美/トルステン・フリンクス 1979:遠野なぎこ 1982:ヤクブ・アイェグベニ 1983:芦名星 1984:スカーレット・ヨハンソン 1986:オスカー・ピストリウス 1987:マルアン・フェライニ
    11/22【命日】1536?-1557:織田信行 1680?-1718:黒髭 1785-1850:林則徐 1837-1913:徳川慶喜 1876-1916:ジャック・ロンドン 1894-1963:オルダス・ハックスリー/1898-1963:C・S・ルイス/1917-1963:ジョン・F・ケネディ 1900-1970:大宅壮一 1893-1980:メイ・ウェスト 1919-1981:平野愛子 1910-1986:スキャットマン・クロザース 1912-1991:今井正 1917-1993:アンソニー・バージェス 1922-1996:マリア・カザレス 1960-1997:マイケル・ハッチェンス 1922-2000:エミール・ザトペック/1927-2000:クリスチャン・マルカン 1927-2007:モーリス・ベジャール 1931-2009:千原しのぶ 1931-2011:ポール・モーシャン
    idトラックバック

  41. 2014/11/22 00:59:37 Sable/Livre neu!含むアンテナおとなりページ

    
    MENU
    ・New Arrival
    ・Kohra/Hollow
    ・Esoteric
    ・Criticism&...
    ・Literature
    ・Pornography
    ・CD&Record
    ・Other
    ・Order
    ・About
    ・Information
    ・Top
    cri-890 ヘーゲル読解入門 『精神現象学』を読む
    アレクサンドル・コジェーヴ
    国文社
    2012年 7刷
    4.200円(現行価格5.500円+税)
    31歳の若さでコイレの後を受け、数年に渡り行っ
    た講義でバタイユ、ラカン、クノー他に絶大な霊
    感を与え、戦後の仏哲学・思想界の起爆剤となっ
    た著者の講義録。抄訳ではありますが、その特異
    で、良くも悪くもバイアスのかかった「読み」が
    堪能可能。
    cri-891 政治的ロマン主義
    カール・シュミット
    みすず書房
    2012年 初版
    2.415円(現行価格3.200円+税)
    「主観的機会原因論」を梃子にロマン主義的思考
    に魅せられた者を完膚無きまでに批判/叩きのめ
    す明解且つ切れ味鋭い内容。一読の価値は大なれ
    どレーヴィットの批判(『政治神学』未来社所収)
    との併読が肝要かと。中二病をこじらせた方にも
    お薦めですが、カブレやすい方は要注意。
    cri-892 生誕の災厄
    E・M・シオラン
    紀伊国屋書店
    2009年 10刷
    2.100円(現行価格3.000円+税)
    全てを捨ててパリに暮らし現世/人類への愛と憎
    悪を断章形式で綴り、血肉化された思想を生きた
    東欧出身の思想家シオラン。「何もわざわざ自殺
    するには及ばない。人間はいつも遅きに失してか
    ら自殺するのだ。」等々、不眠症の彼には失礼な
    がら枕頭の書としても◎な文言多数の大推薦本。
    lit-987 癲癇 ミシェル・レリスの作品1
    ミシェル・レリス
    思潮社
    1970年 初版
    3.150円(絶版)
    著者は青春期をジャズとダンス、ルーセル経由の
    言語遊戯に費やし、シュールレアリズム参加/離
    脱−バタイユとの交流−人類学等々、20世紀仏の
    興味深い文化現象に同伴し独特のポジションを占
    めてきた作家。特に書く/思考する事を巡り、言
    葉と独特の関係を持った点では唯一無比の存在。
    lit-987 癲癇 ミシェル・レリスの作品1
    ミシェル・レリス
    思潮社
    1970年 初版
    3.150円(絶版)
    本書は『Haut Mal』全訳に『Autres lancers』の
    抄訳から構成。初期の言語遊戯が本書に於いては
    凝結。とはいえ「聖/エロス」への眼差しは本書
    の通奏低音となっており、冷ややかな言葉の連結
    は時として、ある種の読者に世界の裂け目を垣間
    見させます。鉱物化したシャーマニック詩篇の趣。
    New Kohra/Hollow Eso Cri Lit Por CD&Rec Other Order About Top

  42. 2014/11/21 23:49:01 冷蔵庫ヘブン含むアンテナおとなりページ

    そこで今夜わたしの「株やってみよう」想定資金とジョルジュの為に置いてある定期を話すと母&妹が真っ青というか…なんでアンタがそんなお金あるの?みたいな?それは無駄をしていないだけなんだけど全くそこが解らないのが不思議です。

  43. 2014/11/21 23:00:36 スタージョン・ホームページ出張版含むアンテナおとなりページ

    2014-11-21
    ■[Twitter]2014年11月20日のツイート
    @goodtimemusic: RT @sechanco: ☆月刊誌『新英語教育』12月号(三友社出版)の「今月の詩」欄に「明日戦争がはじまる」を載せて頂きました。アンガス氏の英訳がマザーグースのようで素敵です。「we no longer see」の歌うような繰り返しがとても気に入ってます♪ URL…
    2014-11-21 07:08:50 via Twitter for Android
    @goodtimemusic: RT @NeXTvalval: スイス各紙、アベノミクスを批判 - SWI swissinfo.ch URL URL
    2014-11-21 07:01:39 via Twitter for Android
    コメントを書く

  44. 2014/11/21 23:00:28 バベルの図書室含むアンテナおとなりページ

    2014-11-21 00:16 nice!(2) コメント(0) トラックバック(0)
    bookman
    nice! 636

  45. 2014/11/21 22:52:18 十七段雑記含むアンテナおとなりページ

    2014.11.21 (Fri)
    はまだ語録 『着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活』 (このライトノベルがすごい!文庫)
    読書
    着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活 (このライトノベルがすごい! 文庫)
    作者: はまだ語録,しゅがすく
    出版社/メーカー: 宝島社
    発売日: 2014/11/21
    メディア: 文庫
    ああ――と幸太郎は言葉にならない感動に胸を打たれていた。
    この子たちなら大丈夫だ――彼はそう思った。
    それはマリアとアリスなら信じられる、なんて甘いものではなかった。
    この二人になら裏切られても、罵られても、嫌われても許せるという気持ちだった。
    Amazon.co.jp: 着ぐるみ最強魔術士の隠遁生活 (このライトノベルがすごい! 文庫): はまだ 語録, しゅがすく: 本
    魔術士の名家に生まれながらも,魔力を持たないとして迫害されてきた夢野幸太郎.テロリストに殺された両親の葬儀の席がきっかけで,双子の義妹を引き取ることになる.自分よりはるかに才能のない義兄と暮らすことに反発を示す姉妹だったが,家の玄関をくぐると,そこにいたのは義兄ではなく熊の着ぐるみだった.
    魔術士の血統が支配する社会を舞台に,双子少女と着ぐるみとなった義兄のほのぼの同居生活を描く第5回『このライトノベルがすごい!』大賞・最優秀賞受賞作.莫大な才能を持ちなんだかんだと反発しながらとても素直な双子が可愛い.テキストは正直あまり読みやすくないのだけど,実直に書いている印象があり,世界観は魅力的だと思う.あからさまに続編を出す気満々なエピローグはちょっと鼻についたけど,読んでいて先が気になったのも確か.一巻では支配者階級である魔術士(とその落ちこぼれ)と,半差別主義者(アンチレイシスト)の存在という両極端を描いているので,続きを出すならその間を掘り下げてくれるといいな.
    ツイートする
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 22:52
    idトラックバック
    Amazon.co.jp: カウントダウン・シティ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ): ベン・H. ウィンタース, Ben H. Winters, 上野 元美: 本

  46. 2014/11/21 21:50:50 作品メモランダム含むアンテナおとなりページ

    *2014.11.21 「目次」と「関連イヴェント」を追記しました。
    ■目次
    文体科学ことはじめ 序にかえて
    第一章 文体とは「配置」である
    第二章 文体の条件――時間と空間に縛られて
    第三章 文体の条件――記憶という内なる限界
    第四章 対話――反対があるからこそ探究は進む
    第五章 法律――天網恢々疎にして漏らさず
    第六章 科学――知を交通させるために
    第七章 科学――世界を描きとるために
    第八章 辞書――ことばによる世界の模型
    第九章 批評――知を結び合わせて意味を生む
    第十章 小説――意識に映じる森羅万象*1
    終章 物質と精神のインターフェイス
    あとがき
    参考文献・映像
    ■関連イヴェント
    2014年11月末から、リブロ池袋本店のCartographia(カルトグラフィア)コーナーで、本書の刊行記念ブックフェア「文体――《組み合わせ》の宇宙で遊ぶ」が始まる予定です。
    テーマに合わせて70冊+αの書物を選びました。
    また、このブックフェアのために書き下ろしたブックガイドも配布される予定です。
    ⇒リブロ
    http://www.libro.jp/
    ⇒twitter > リブロ・Cartographia
    https://twitter.com/books_power
    *1:実際の表記は「第一〇章」

  47. 2014/11/21 21:11:55 映画配給会社アルバトロス「アルバトロス外伝」含むアンテナおとなりページ

    11/28(金)TBS「あさチャン!」でダム!
    11/28(金)午前5:30〓8:00TBS「あさチャン!」にて
    11/28(金)TBS「あさチャン!」でダム!

  48. 2014/11/21 12:01:17 メモリの藻屑、記憶領域のゴミ含むアンテナおとなりページ

    20141121(Fri)
    ■[DIARY][BOOK]11月24日開催の文学フリマ出展の映画評同人誌『Bootleg』にこのオレも参加します
    ◆映画評同人誌【Bootleg】に参加だよッ!
    11月24日に開催される「文学フリーマーケット」に出展の映画評同人誌【Bootleg】に、このオレも幾つか文章を書きましたので、ここでその紹介をしたいと思います。
    ◆【Bootleg】ってナニ?
    人気映画ブログ「ゾンビ、カンフー、ロックンロール」管理人として鋭くもまたヤンチャ極まりない映画評を書くヒゲメガネ(ちょいメタボ)こと侍功夫氏が主宰する映画評同人誌です。2010年から今回まで7巻の同人誌を発行しています(オレが調べた限りでは…。まだあるの?)。また、Tシャツブランド「Bootleg Wear」も立ち上げています。
    ◎映画評同人誌「Bootleg」の歩み
    ・『Bootleg Vol.0』 (2009年)
    ・『Bootleg vol.1 DYNAMITE』 (2010年)
    ・『Tシャツブランド「Bootleg Wear」』 発足 (2010年)
    ・『Bootleg vol.2 LOVE STORY』 (2010年)
    ・『Bootleg vol.3 Noir』 (2011年)
    ・『Bootleg Basic』 (2012年)
    ・『Bootleg ALONE』 (2012年)
    ・『Bootleg CATALOG』 (2014年)
    ◆【Bootleg】ってどこがスゴイの?
    なんといっても各界のプロを集めた豪華執筆陣でしょう!今回の『Bootleg CATALOG』だけでもこれだけの方が執筆しております。(敬称略にさせていただきます)
    ・古澤健…映画監督・脚本家。この11月に公開された武井咲主演の映画『クローバー』をはじめ、ホラーサスペンス『オトシモノ』『アナザー Another』、ロマンチック・コメディ『今日、恋をはじめます』等数々の傑作を監督しています。
    ・深町秋生…小説家。第三回「このミステリーがすごい!大賞」大賞受賞者。最新作は『ジャックナイフ・ガール 桐崎マヤの疾走』。映画化作『果てしなき渇き』(累計50万部)『アウトバーン』シリーズ(累計40万部)等傑作多数。
    ・速水健朗…フリーランス編集者・ライター。『タイアップの歌謡史』『自分探しが止まらない』『ケータイ小説的。―“再ヤンキー化”時代の少女たち』などの著作があります。ブログ「【A面】犬にかぶらせろ!」管理人でもあります。
    ・とみさわ昭仁…ライター、シナリオライター、ゲームデザイナー(なんと「ポケットモンスターシリーズ」にも参加)。神保町の特殊古書店「マニタ書房」店主。さらに「蒐集原人」「日本一ブックオフに通う男」の異名も持ちます。
    ・真魚八重子…映画ライター。数々の映画解説をはじめ、映画評論誌「別冊映画秘宝」「映画秘宝EX」に多数寄稿。11月16日に初の単著『映画系女子が行く!』をリリース。
    ・ナマニク…ホラー映画ライター。トラッシュ・カルチャー雑誌『TRASH-UP!!』に寄稿。ホラー映画のレビューしかしないブログ「ナマニクさんの暇潰し」主催。「けろみんのブログ」では超絶テクのイラストも披露。
    ・破壊屋…ネタ系映画ブログ「破壊屋ブログ」管理人。読者投票によるランキング「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」をまとめた「誰映画」の企画も毎年好評です。
    ・永岡ひとみ…ブログ「とかくめも」主催。毎回『Bootleg』に素敵なイラストを描いていらっしゃいます。
    ・羽赤美菜…なんと覆面です。
    ・侍功夫…泣く子も黙る編集長です。
    (あ…執筆者の皆様、どっか間違ってたらゴメンナサイ…)
    こんなそうそうたるメンバーに仲間入りして文章書くことになったオレなんですが、…いやあ、オレでいいのかなあ…このメンツで唯一「自慢できる!」と思える取り柄といったら、今まで食ったピザの枚数ぐらいなんですけどね。あ、あとフィギュアに100万つぎ込んだことがあるってのがあるかな!
    ◆今回の【Bootleg】はどんな企画?
    毎回様々なテーマで紙面を賑わしている【Bootleg】ですが、今回はどんなテーマなのでしょう?【Bootleg】のブログから抜粋してみましょう。
    今回のブートレグのテーマは「カタログ」です。
    まぁ、今までだって色々な映画を取り上げていたワケですが、今回は特に「あまり陽の目を見ない作品を取り上げる」という基準での「カタログ」を作りました。
    なので、タイトルを出したところで「……それどんな映画?」とか「……あー、知ってはいるけど見てはない。どうなの?」とか、文頭に「……」が必ず付くような作品ばっかり取り上げてます。映画じゃないのまである。それら全部に保障付き印鑑をポンと押したのが今回の「カタログ」です。
    ◎「Bootleg CATALOG」完成! ……すると思う!
    ◆で、ここのブログ主は何書いてんの?
    《にわかインド映画ファン》として最近あちこちで顰蹙を買っているこのオレが、にわかの半可通な知識を総動員して書いたはた迷惑な「インド特撮TVドラマ事情」です。扱ったTVドラマは『アーリャマーン』と『シャクティマーン』。『シャクティマーン』なんて字幕無しヒンディー語のみのDVD観て内容よく分かんないままもっともらしいことを書いてます!いろんな意味で見ものだね!しかもそれぞれ3000字も書いちゃったよ!準備期間3ヶ月!2本書くのにまる2日かかったよ!オレって暇なの?
    なおペンネームはツイッターのアカウント名である「暗黒皇帝」を使ってます。いやあ恥ずかしいペンネームだな!でも編集長の侍功夫氏には「今回イチオシコラムになってます!」って言ってもらっちゃった!後がコワイよ!他にもインド映画の短めのコラムを2つ書いてます。
    ◆なんかくれよ。
    先着で缶バッチが貰えるよ!
    プレゼントもあるよ!
    文学フリマ当日にお買い上げいただいた方には先着でプレゼントを用意しました。缶バッジになります。
    ◎11月24日(月・祝)東京流通センター「文学フリマ」でBootleg新刊発売!
    さらに【Bootleg】10冊以上ご購入の方には『暗黒皇帝握手券』をプレゼント!暗黒皇帝と握手したい方には嬉しい企画!おっと一丁前にAKB商法並だね!(注:もちろんそんなものは無い)
    ◆ってか、どこ行けばいいの?
    会場はこちらになります。
    ◎第十九回文学フリマ開催情報
    開催日:2014年11月24日(月祝)
    開催時間:11:00〜17:00
    会場:東京流通センター 第二展示場
    〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1
    TEL:03-3767-2111(代表)
    アクセス:車、バス / 電車※東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
    ブースは「か-01」。会場2階に上がって入口正面のブースになるそうです。並びにはとみさわ昭仁さん新刊も出る「蒐集原人」ブースや映画評ブースが並んでいるとのこと。
    ◆とりあえず酒飲みたい
    打ち上げの予定もありますので、誰でも参加OKということですから是非いらしてください。参加したい方は↓のTwipiaでご登録を。来ていただいた方にはもれなく侍功夫氏のヒゲを引っ張らせてあげます。「映画の話はいいからとりあえず酒飲ませろ」という方も大歓迎。お店の予約がありますので早めに教えてね!
    映画系文学フリマ参加者オフ会兼打ち上げ
    http://twipla.jp/events/119684
    ◆暗黒皇帝が本当にハゲかどうか確かめたい
    当日はオレも【Bootleg】ブースで1時ぐらいから店子をしている予定です。暗黒皇帝ファン、このブログのファンで一度このオレに会ってみたい、前々から運命を感じていた、お前の毒電波のせいで夜も眠れない、前々から言いたいことがある、などと思っている方がいらっしゃったら「皇帝とかぬかしてるヤツってどれ?」とかおっしゃっていただけると、「苦しゅうない」という返事が返ってくると思います。さらにこの日オレを見に来たら「あのおっさん、暗黒皇帝のアイコンみたいに本当に禿げてるのか?」ということも確認できるよ!これは楽しみだね!え、見たくもない?…うーん…。
    というわけで当日はよろしくお願いします。いいですか、ブースは「か-01」…「か-01」…「か-01」…。
    ツイートする
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20141121
    Twitter / @ANKOKU_KOUTEI
    Twitter / @jk_jimbo

  49. 2014/11/21 11:31:01 今日マチ子のセンネン画報含むアンテナおとなりページ

    明日萌駅、みぞれ
    # by miootk | 2014-11-21 09:17 | illustration

  50. 2014/11/21 07:50:09 読書日記@川崎追分町含むアンテナおとなりページ

    2014-11-21
    ■昨日までの風邪治ったようだ
    昨日は工数入力関連の調査。二十時半まで。外、雨だが、その分、暖かい。
    四日ぶりの入浴。一時就寝。
    今朝、風邪治ったようだ。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kokada_jnet/20141121

  51. 2014/11/21 05:35:24 MobileSamurai41含むアンテナおとなりページ

    雨の樹(レイン・トゥリー) [ミュージック]
    緊急特番です
    今夜ですね
    吉原すみれ パーカッションリサイタル2014 《武満徹特集》
    7日の朝日新聞で紹介されていました
    記事をちょっとだけ引用しておきます
    打楽器奏者の吉原すみれが21日、東京・初台の東京オペラシティで武満徹作品を集めたリサイタルを開く。映画音楽を含め、1970年代から数多くの武満作品を初演、本人とも生涯を通じて親交を紡いだ。2年後が没後20年。単なる回顧ではなく「徹さんの息づかいと実験精神を次代へ」との思いで企画した。
    ちょっと行けそうにありません
    残念です
    パーカッシブ・コスモスSUMIRE
    我が家では87年にアナログ盤からCDに切り替え、これは14枚目に購入したCDでした
    (ちなみに、1枚目は「ウィングス・グレイテスト・ヒッツ」、2枚目はハートの「バッド・アニマルズ」でした…笑)
    このCDを聴いたせいで、パーカッションの魅力に惹き込まれ、洋楽の嗜好も大きく変わった気がします
    今日の1曲
    Rain Tree 「雨の樹」/ Toru Takemitsu
    吉原すみれの動画はほとんど見つからないので、オリジナルでどうぞ
    https://www.youtube.com/watch?v=yOsr8inpRZ4
    (この記事は書きかけです)
    2014-11-21 02:01 コメント(0) トラックバック(0)
    雨の樹(レイン・トゥリー)

  52. 2014/11/21 02:00:34 読丸電視行含むアンテナおとなりページ

    2014/11/20
    ■2014年11月20日のツイート
    @yomimaru: オリコン週間Blu-rayランキング映画部門11月10日-16日の集計で、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が首位。同時スタートのレンタルも好調、TSUTAYA週間レンタル ブルーレイ&DVDランキングでも首位(桜坂洋/集英社SD) URL
    2014-11-20 15:44:19 via Twitter for Websites
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yomimaru/20141120

  53. 2014/11/21 01:27:11 ララビアータ含むアンテナおとなりページ

    2014年11月21日
    総選挙に臨む
    安倍首相の身勝手な理屈による国会解散を受け、総選挙が行われる。この事態にどう臨むべきか?
    多くのリベラルが、近年の我が国の政治に絶望し、その行く末にすでに何も望まなくなっているかもしれない。しかしそれは、スピノザの言葉を使うなら、「悲しみに基づく非十全な認識」にすぎない。絶望は正しい認識に基づくものであるどころか、それ自体がその認識の欠陥のしるしなのである。それゆえ、無意味な感傷に浸って祖国に対する己れの義務をおろそかにしてはならない。
    事態をありのまま見ることにしよう。そうすると、たしかに政権党による買収工作が功を奏し、マスコミ全体が批判精神を失い、さながら大政翼賛会的総動員が完成しているようにさえ見える。その中ですでに政治は、ファシズム体制に変貌しているように見える。
    しかしそれは見かけにすぎない。自民党による独裁体制は見かけよりずっと脆いものである。安倍の経済政策はすでに完全に破たんしており、地方や中小企業からはじめて広くその虚妄が知られ始めている。ここ一年ほどの経済指標を見れば明らかであったものが、鐘や太鼓ではやし立てるマスコミ報道によって幻惑されていたにすぎないのだ。復興に名を借りた公共土木事業への過剰投資は、資材費などの高騰を招き、費用の割に効果薄いものになり、ただ財政規律ばかりが失われた。年金基金を危険な株式に運用して人為的に株高を演出しようとしているが、それらすべてが見かけ倒しの場当たり的な政策にすぎない。その挙句に、賭博を国家政策にするまでに成り下がってしまった。
    これらすべてが、人々から気概を失わせ、絶望へと誘うとしても不思議ではない。しかし、実際にはこれらの政策が広く国民に支持されているというわけではない。原発再稼働も、特定秘密法も、解釈改憲も、いまだに過半の反対を数えている。当初の安倍の経済政策の幻想が明らかになれば、政権への求心力はたちまち失われるに違いない。実際、総選挙で自民党を壊滅的敗北へと追いやることさえ、決して不可能とは言えないのだ。その場合でも、自民党が第一党となるだろうから、自民党から首相が指名されるのは間違いないだろう。しかし、その場合はおそらく安倍政権は自民党内部からの批判勢力と直面するだろう。自民党が正気を取り戻すためにも、彼らに決定的に敗北を与えることが必要なのである。小選挙区制度の下では、風の吹き方によっては、これは決して不可能ではない。絶望に陥るのは無責任である。自民党を敗北に追いやること、それこそすべての愛国者の義務である。
    さて、左翼の有権者はいかにすべきか? 民主党の裏切りや「第三極」諸政党の離合集散にうんざりしている人が、共産党に思いを託そうとする気持ちはわからないわけではない。議会における共産党員の活躍にも少なくない意味はあろう。しかし、選挙区で死票と分かっていても共産党に投票することは、結局自民党を利するだけである。
    そんなことはよくよくわかっているが、民主党の裏切りだけは許せない、というような声はいたるところで聞く。しかし、民主党がまったく信用できないとして、共産党が信用できるのだろうか? 私にはそうは思えない。共産党がイデオロギー(理念)政党であることこそ、彼らが変節しない根拠だと思っている人がいるが、それはナイーヴに過ぎるというものであろう。
    秘密保護法や原発再稼働が議論の的になった中で行われた都知事選挙で、共産党は独自候補を立てて、反原発勢力からの自党への取り込みを図った。結局彼らは、これらのイッシューを党勢拡大のための都合のいい機会とみなすだけで、本気でこれらの課題を実現することを目指していないと考えざるを得ないのだ。
    いつの日か共産党が多数を獲得して、彼らの「革命」が実現する日が来るとは思えないが、たとえそれが有り得るとしても、それまでの政治はどうなってもよいのだろうか? そんなことはない。常にその都度解決してゆかねばならない課題があるのだ。政治課題を単に「党勢拡大」の手段にしてしまい、課題自体の方は事実上台無しにしてしまうことは、我々が許してよいことではないのである。党員一人一人がいかに善意であっても、彼らは政治的構想力を全て党中央に委ねてしまうことによって、道徳的純粋主義の幻想のもと、政治的には全く無責任の立場に陥ってしまう。つまり自分がさも善良そのものであり、手を汚したこともいささかの後ろめたいところもないかのように思い込み、自分の頭と決断で事態を改善するという努力や責任からまぬがれる。
    もっとも党員であればそれも致し方ないかもしれない。それが彼らの信仰であり、同時に彼らの利益でもあるからだ。しかし、共産党周辺の支持者はよくよく考え直していただきたい。比例の投票はともかく、選挙区で死票を投じ続けることはやめるべきだ。反政権党の票を分裂させて、政権党を支えるようなことがいつまでも有権者の支持を得ることはできないと、党自体にも思い知らせなければならない。
    そして、党員一人一人も、単に道徳的であることに甘んじるのではなく、政治的責任を取るために何をすべきなのかを考えるべきである。考えるのは常に党中央であり、自分は、党のムスケル・アルバイトだけを担う単純労働者にすぎない、と位置付けるようなことをいつまでも許していてはならない。
    社会主義の理念が意味を持つとしても、それは人権とりわけ自由権を尊重する過程においてである。教育や福祉を含むいわゆる社会権は、自由権を内実あるものたらしめるためにあると考えるべきである。つまりあくまでも中心は自由権なのである。なぜなら、自由な発言・思考・信教が尊重されるためには、諸個人が自由な判断力を行使できるために十分な教育やゆとりが保証されねばならないからである。社会主義の理念の本質は、平等にあるのではなく、自由権を実質的に保証することにあるのだ。
    したがってまた、その理念のために運動する政治自体も、その活動の中で自由権を尊重し拡大するものであらねばならない。共産党の政治において、私が一部受け入れがたいと思うのは、諸個人、特に党員個々人の自由権を十分尊重しないと見えるところである。
    総選挙に臨む
    時局 (51)

  54. 2014/11/21 00:40:03 yomunelの日記含むアンテナおとなりページ

    2014-11-20 (Thu)
    ■HERE AND NOW
    先週末、今年初の忘年会があった。そして「IN POCKET」が文庫翻訳ミステリー・ベスト10の特集。年間ベスト本の特集記事で毎年自分が最初に目にするのがこれで、年末が近づいているのを実感する。
    金井美恵子『お勝手太平記』を行き帰りや昼休みにぐふぐふ笑いをこらえながら読んだ。手紙の吸血鬼のアキコさんは便箋や切手などに凝るタイプだろうか。「アキコ様 もうぐりとぐらの切手をお買いになった? 発売されるやいなやいち早く入手したわ!と、これみよがしに写真をinstagramにアップする熾烈な競争が繰り広げられていて、それはもう大騒ぎなのよ」って手紙で教えてあげたい。
    「本の雑誌」を読んでいると、佐久間さんと津野海太郎さんがオースターとクッツェーの往復書簡『ヒア・アンド・ナウ』(岩波書店)を紹介していて、無性に読みたくなり図書館に行くと新刊コーナーにささっていた。私に借りられるのをハチ公のようにずっと待っていてくれたのね、なんて素敵な図書館の魔法! 調子に乗り、安西水丸『地球の細道』、佐伯一麦『とりどりの円を描く』、宮田珠己『いい感じの石ころを拾いに』、蛭子能収『ひとりぼっちを笑うな』など借りる。
    さっそく『ヒア・アンド・ナウ』を読む。オースターもクッツェーも一人称は「僕」。オースターがアメリカの社会的進歩ののろさを「三インチ進んで二インチ戻り」と表現しているが、水前寺清子みたいだ。テンションを落としてゆっくり読む。雨降りの寒い夜。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)

  55. 2014/11/20 23:03:48 生存適者日記含むアンテナおとなりページ

    上の部分に、左端のノーマルな状態から、被曝を受けて変化していく様子が右向きに描かれています。見て分かるように、左から二番目、つまりRadiationを受けた時点では、組織の損傷はほとんどありません。この段階はInitiation、つまり炎症のトリガー部分にすぎないわけです。もちろんdamageはありますが、それは組織損傷の「本番」ではないのです。
    しかし、これによってInnate responseつまり自然免疫系にシグナルが入ります。自然免疫系とは、いわゆる獲得免疫の前に働くもっとも基本的な免疫システムで、マクロファージや好中球といった免疫細胞が主役を担います。これらは特異的抗体を出すわけではなく、異物の侵入を示すようなシグナルを受け取ればそこに集合し、自分の組織ごと攻撃するのです。
    不溶性の微粒子が粘膜に付着すると、粘膜上のマクロファージ(肺粘膜にも、鼻粘膜にもマクロファージはいます。その他にも好中球、樹状細胞らが粘膜上の自然免疫を担っています)がこれを貪食し、異物として分解しようとします。この際、マクロファージは細胞内で粒子を分解しようとすると同時に、周囲に炎症性のサイトカインや、他の免疫細胞を誘引するケモカイン、蛋白質を分解するプロテアーゼや活性酸素などを放出し、炎症反応を拡大していきます。
    しかし、こういった不溶性の粒子は分解できません。この場合、炎症反応は止めることができずに継続し、たとえ貪食したマクロファージが死んだとしても、誘引した別の細胞が貪食して炎症反応は続いていきます。この反応が大きければ組織の損傷は大きく危険な急性の症状になりますが、比較的弱い炎症も継続することで肺の組織を徐々に破壊して「線維化」し、本来の機能を失わせていきます。

  56. 2014/11/20 22:32:04 Where Sweetness and Light Failed含むアンテナおとなりページ

    ■[Diary]『死の彼方に―宗教的死生観』

  57. 2014/11/20 21:53:55 暫定掲示板含むアンテナおとなりページ

    Grass 2014/11/20 21:53 単価計算が容易なところがプレミアムっぽいですね
    このまま「あけおめことよろ」まで行きそうな不安

  58. 2014/11/20 20:46:11 本と奇妙な煙含むアンテナおとなりページ

    2014-11-20 群集の智慧 ジェームズ・スロウィッキー
    うがっ、やり終えてから、前にやった本の改題だと気付いたw
    引用ダブってるけど、ま、いいかw
    ネジ規格の話、そんなに好きなのか、ole。
    「みんなの意見」は案外正しい - 本と奇妙な煙
    群衆の智慧 (角川EPUB選書)
    作者: ジェームズ・スロウィッキー,小高尚子
    出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
    発売日: 2014/10/09
    メディア: 単行本
    多様性の長所、狭隘な専門性
    [集団の]多様性は二つの側面で影響を及ぼす。多様であることで新たな視点が加わり、集団の意思決定につきものの問題をなくしたり、軽減したりできる。
    (略)
    スコット・ペイジの最終的な発見は優秀な意思決定者とそれほど優秀ではない意思決定者が混在している集団のほうが、優秀な意思決定者だけからなる集団よりも必ずと言っていいくらい、よい結果を出しているというものだった。
    (略)
    集団のレベルで考えれば、知性だけでは不充分だ。問題を多角的に検証する視点の多様性が得られないからである。知性というのは、いろんなスキルが入った道具箱のようなものだと考えると、最良と考えられるスキルはそれほど多くなく、したがって優秀な人ほど道具箱の中味が似通ってしまう。これは通常であればよいことだが、集団全体としては本来知りうる情報が手に入らないことになる。それほどよく物事を知らなくても、違うスキルを持った人が数人加わることで、集団全体のパフォーマンスは向上する。
    (略)
    チェスの名人はチェスを知っているだけだ。私たちは直感的に一つの知的な分野に優れている人はほかの分野でも優れていると思い込みがちだ。ところが、これは専門家には当てはまらない。実際は、チェイスが述べたように専門知識とは「驚くほど狭隘」なのである。
    もっと重要なこととして、「意思決定」「ポリシー」「戦略」といった広範にわたるトピックについての専門家が存在しうるという確たる証拠はどこにもない。
    (略)
    [ジェームズ・シャントーの調査では、専門家の判断が必ずしも同分野のほかの専門家の判断と一致しない。さらに病理学者の場合は]時間をおいて同じデータを同じ病理学者に見せても、半分の確率でその人が最初の見解とはまったく違う見解を述べる可能性がある。(略)
    [また専門家も]素人と同じように自分の正しさを過大評価する傾向にあることがわかっている。
    経済学者のテレンス・オディアンが自信過剰の問題を調査したところ、医師、看護師、弁護士、エンジニア、起業家、投資銀行家などは、全員自分が実際に知っている以上のことを知っていると信じていた。同じように、為替相場のトレーダーを対象にした最近の調査で、七割の確率でトレーダーは自分の為替相場の予測の確度を過信しているとわかった。要するに、彼らはただ間違っているだけではなくて、自分がどれぐらい間違っているかすらまったくわかっていないのである。
    均質な集団の問題
    個人の判断は正確ではないし、一貫してもいないので、優れた意思決定には認知的多様性が不可欠だ。
    (略)
    均質な集団は多様な集団よりはるかにまとまっている。集団のまとまりが強くなるとメンバーの集団への依存度が増し、外部の意見から隔絶されてしまう。その結果、集団の意見は正しいに違いないと思い込むようになる。自分たちが間違えることは絶対にないという幻想、その集団の意見に対して考えられるあらゆる反論を何とか理屈をつけて退けようと躍起になる姿勢、異なる意見は役に立たないという盲信がこうした集団には共通して見られる。
    (略)
    均質性が抱える明らかな短所として、集団の論理にメンバーを従わせようというプレッシャーを生み出すことが挙げられる。これは集団思考と似て非なる問題だ。集団の論理に従うようプレッシャーがかけられると、人は意見を変えることがあるが、それはその人が考え方を根本的に改めたからではなく、集団に従ったほうが自分の意見を貫き通すより簡単だからである。
    (略)
    [その一方で]彼らが集団の論理に従わないようにするのも決して難しくはないということだ。ある実験では、集団の論理に従わず正しい長さの線を選ぶサクラを一人仕込んでおき、うろたえる被験者に味方を与えた。すると、それだけで大きな違いが生まれた。自分と同じように感じている人が一人でも集団にいると、被験者は自分が思ったとおりのことを言えるようになり、集団の論理に従う人の割合は激減した。
    情報カスケード
    情報カスケードが抱える根本的な問題は、ある時点を過ぎると自分が持っている私的情報に関心を払うかわりに、周りの人の行動を真似することが合理的に思える点にある。
    (略)
    情報カスケード自体が悪いわけでもない。たとえば、アメリカの技術史上もっとも重要で価値のあるイノベーションは、情報カスケードをうまく演出することで成し遂げられた。
    イノベーションの主役は、何ということはないネジである。1860年代、ウィリアム・セラーズという男がいた。当時の工作機械業界は、1990年代のハイテク業界のような勢いのある業界だった。その中でセラーズはもっとも有名で、広く尊敬を集めている機械工だった。彼は自分がデザインした規格化されたネジをアメリカ中に広めるキャンペーンを始めた。
    この頃のアメリカでは、ネジは機械工の手づくりだった。大量生産はできなかったが、だからこそ機械工が自分の職を守ることにつながっていた。毎回毎回特別にネジを誂えるということは、顧客の囲い込みを意味するからだ。(略)だが、どこでも同じネジが使われるようになると、顧客がその機械工に修理を依頼する必然性はなくなり、もっと価格に敏感になる。
    セラーズは、機械工が何を恐れているかわかっていた。
    (略)
    そこで、彼はアメリカ海軍など影響力の大きい顧客をターゲットに据え、5年かけて規格化されたネジを使うのが世の趨勢だという雰囲気をつくりだした。新たに顧客が増えると、セラーズの試みが最終的に成功する可能性がますます高まったように見えた。そのことで実際に彼が成功する可能性も高まったのである。
    10年も経たないうちに、セラーズのネジは全米規格の地位に上り詰めようとしていた。このネジがなければ、工業製品の大量生産に必要な組み立てラインは実現できなかったかもしれない。かりに実現できたとしても、ものすごく苦労したことは確かだ。セラーズが、近代的な大量生産に必要な基礎工事を行ったと言っても過言ではない。
    この話は、情報カスケードがよい方向に働いた例だ。セラーズがデザインしたネジは、当時もっとも有力なライバルだったイギリス製のネジよりもあらゆる点で優れていた。優れたネジが全米規格になることで、アメリカ経済は飛躍的な進歩を遂げた。だが、機械工たちが単純にセラーズに従っただけで、どのネジがいちばん優れているか自ら考えることなしに漫然と選んだだけだとしたら、最終的に正しい結論に達したのはまったくの偶然の賜物だ。
    信頼の非人間性こそが資本主義の美点
    18世紀、19世紀のイギリスでは、経済のかなりの部分がクエーカーの名で知られる宗派の信徒に握られていた。彼らはイギリスの鉄鋼所の半分以上を所有し、金融業界でもキープレーヤーだったし、チョコレートやビスケットなどの消費者向けのマーケットも支配していた。イギリスとアメリカを結ぶ貿易の促進には不可欠な存在でもあった。
    クエーカーは信徒同士の取引から生まれた利得のおかげで成功した。英国国教会と対立したせいで、クエーカー教徒は専門職につくことを禁じられ、結果として実業界に引き寄せられた。資金調達や取引をしたいときには、信仰を同じくする人と組めば仕事をしやすい。共通の信仰が信頼を醸成したため、海を越えて品物を送り出したロンドンのクエーカー教徒の貿易商は、荷がフィラデルフィアに着いた時点できちんと支払いをしてもらえると確信できた。
    やがてクエーカー教徒の成功に周囲も気づいた。彼らが清廉潔白で、ビジネスマンとしては厳格かつ綿密に記録を残すことでも知られていた。また、クエーカー教徒は取引の透明性を重視して、固定価格制度などのイノベーションを起こした。徐々にほかの人たちも貿易相手、仕入れ先、販売業者にクエーカー教徒を選ぶようになった。
    彼らの商売がますます繁盛する様子を見た人々は、クエーカー教徒は確実で信頼できるという評判と、彼らの成功を結びつけて考え始めた。フムフム、どうやら誠実さは儲けを生むらしい。
    1990年代後半の株式バブルの時代にアメリカ企業が貪った腐敗の饗宴を考えると、企業の成功は信頼に基づくという考えは痛いくらいに純朴だ。
    (略)
    だが、一般に流布している強欲な資本主義というイメージは、現実とはかなりかけ離れている。資本主義の進化の道筋を検証すると、現実は信頼性の向上、透明性の確保、利己的な行動の制限という方向に向かっていることがわかる。そして、そのおかげで生産性が向上し、経済もまた成長を続けている。
    資本家たちが生まれつき善人だからこうした方向に進化したのではない。信頼から生み出されるメリットが、潜在的にきわめて大きいのである。取引のたびにぼったくりじゃないか、不良品をつかませられるんじゃないかと疑っていると、ビジネスなんてまともにできない。それに、そういう状況で行われる取引のコストは甚大になる。取引ごとにたいへんなチェックが必要だし、契約の履行を求めて法的手段に訴えなければいけないからだ。
    経済的な繁栄に必要なのは、潤んだ瞳の夢見る乙女が周りに寄せるような信頼ではない。どんなときでもリスクを考えて、細心の注意を払ってビジネス

  59. 2014/11/20 18:39:31 A Gentle Spirit@はてな含むアンテナおとなりページ
  60. 2014/11/20 17:45:34 哲劇メモ含むアンテナおとなりページ

    朝日出版社第二編集部ブログ > 『理不尽な進化──遺伝子と運のあいだ』まえがき
    朝日出版社 > 一般書 > 書籍詳細
    朝日出版社第二編集部ブログ > 『理不尽な進化──遺伝子と運のあいだ』まえがき
    朝日出版社 > 一般書 > 書籍詳細

  61. 2014/11/20 15:22:39 Lエルトセヴン7 第2ステージ含むアンテナおとなりページ

    文字通り、終盤のクライマックスである。普通なら主人公たちの側に(貴重な)見開きの2ページが割かれてもよさそうなものだが、あえて宿敵であるチームのプレイヤーに焦点が絞られていることに注意されたい。これはこのキックが試合の結末、ひいては物語の全体にとって、いかに重要なのかを示している。作品の文脈において、単に見栄えのするカット以上の意味があるのだ。そして、既に述べた通り、それは二箇所目の見開きの2ページと対になることで、さらなる効果を上げることとなる。

  62. 2014/11/19 23:56:15 何かの上層にある記憶媒体含むアンテナおとなりページ
  63. 2014/11/19 13:45:10 明るい部屋:映画についての覚書含むアンテナおとなりページ

    2014-11-19
    ■[DVD]新作DVD〜ミゲル・ゴメス『熱波』、リチャード・フライシャー『恐怖の土曜日』『強迫/ロ-プ殺人事件』ほか
    ミゲル・ゴメス『熱波』[DVD]
    『ハリウッド西部劇映画 傑作シリーズ DVD-BOX Vol.10』
    西部劇 パーフェクトコレクション DVD10枚組
    『アパッチ砦 拳銃王 ガンヒルの決斗 三人の名付親 平原児 死の砂塵(ウォルシュ) 落日の決闘 平原の待伏せ 平原の落雷 西部の王者』
    『黄色いリボン 白昼の決闘 征服されざる人々 砂塵 ビリー・ザ・キッド(キング・ヴィダー) ならず者 惨劇の砂漠 追跡 インディアン渓谷(ジャック・ターナー) 西部を駆ける恋』
    『荒野の決闘 怒りの河 モホークの太鼓 暗黒の命令(ウォルシュ) 戦ふ幌馬車 スプリングフィールド銃(アンドレ・ド・トス) ダラス コルト45 カリフォルニア 荒原の激闘』
    『シェーン ビッグ・トレイル 丘の一本松 大平原 北西騎馬警官隊 テキサス決死隊 西部の顔役 南部に轟く太鼓 命知らずの男 ブルー・スチール』
    『駅馬車 西部の男 地獄への道(フリッツ・ラング) 地獄への逆襲(ラング) 幌馬車 果てしなき蒼空(ホークス) シマロン・キッド(ベティカー) コロラド ケンタッキー魂 アニーよ銃をとれ』
    『ウィンチェスター銃’73 拳銃の町 流血の谷(アンソニー・マン) 西部魂(ラング) スポイラース 決斗! 一対三(ウォルシュ) 静かなる対決 群盗の町 シマロン 午後の喇叭』
    『伝説のガンマン 死の谷 裸の拍車 ネブラスカ魂 殴り込み一家 無宿者 炎の街 復讐の谷 無法街の決闘 戦いの矢』
    『拳銃無宿 片目のジャック 吹き荒ぶ風 牧童と貴婦人 死闘の銀山 荒野のガンマン 抜き射ち二挺拳銃(ドン・シーゲル) 戦いの太鼓 銃の後ろに立つ男 遥かなる旅』
    『リチャード・フライシャー監督 Blu-rayBOX (犯罪バイオレンス傑作選)』
    スモール・タウン犯罪ものの大傑作『恐怖の土曜日』と、青年ふたりの動機無き殺人を描いた『強迫/ロ-プ殺人事件』を収録。
    『恐怖の土曜日』
    [DVD]
    『強迫/ロープ殺人事件』
    [DVD]
    『戦艦ポチョムキン Blu-ray)』
    エイゼンシュテイン監督のデビュー作『グリモフの日記』、トーキー作『センチメンタル・ロマンス』収録
    『イングマール・ベルイマン 黄金期 Blu-ray BOX Part-1』(『第七の封印』『野いちご』『処女の泉』)、『イングマール・ベルイマン 黄金期 Blu-ray BOX Part-2』(『夏の遊び』『夏の夜は三たび微笑む』『冬の光』)
    『ジャン=リュック・ゴタール ベストバリューBlu-rayセット』
    ジャン=リュック・ゴタール監督の3作品『勝手にしやがれ』『軽蔑』『気狂いピエロ』を一つにまとめたパック。
    ホウ・シャオシェン『恋恋風塵 -デジタルリマスター版- [Blu-ray]』
    『アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [Blu-ray])』
    ツイートする

  64. 2014/11/19 12:46:20 ENDING ENDLESS 雑記帖含むアンテナおとなりページ

    一方、「フェルゼン編」のほうは、フェルゼン(壮一帆)、アントワネット(愛加あゆ)、オスカル(早霧せいな)、アンドレ(未涼亜希)、ベルナールなど各人の立場がよく理解できる流れになっているから、ちゃんとドラマチックに感じられた。やはり、王室、貴族、軍人、市民、それぞれの立場と葛藤が描かれてこその「ベルばら」だ。フェルゼンとアントワネットの国を超えた道ならぬ恋、男装の麗人オスカルとアンドレの愛も、背景の歴史が描かれてこそ活きる。

  65. 2014/11/19 07:21:30 toxandriaの日記含むアンテナおとなりページ

    1 「靖国カルト」の病巣は平田国学『顕幽論』なる政治理念の病理/その特異症候は、安倍総理大臣(カルト寄生体X)が撒き散らし全国民に憑依した『社会的集団オルガズム』恍惚のエクスタシー

  66. 2014/11/19 03:06:13 ROJIX含むアンテナおとなりページ

    2014/11/08
    ■『マダム・マロリーと魔法のスパイス』
    『マダム・マロリーと魔法のスパイス』を観る。
    インドからフランスにやってきた一家が、ミシュランで一ツ星のレストランの目の前でインドレストランを開く。レストランのオーナーのマダム・マロリーはインド人家族を目の敵にして、頑固なインド人のお父さんも対抗意識を燃やしてひと騒動になる。
    しかしインドレストランの息子は、料理の才能があり、レストランでコックを務める一方、フランス料理にも興味を持って独学で勉強を始める。そして一家と対立するマダム・マロリーの元でフランス料理の基礎を学び、やがて一流のシェフになっていくというサクセスストーリー。
    インドとフランスの、料理だけでなくいろんな文化の違いと、頑固おやじと偏屈マダムのやり取りも面白い。
    ドラマ・アニメは、「梅ちゃん先生」、「マッサン」、「フリンジ」シーズン4の18話、「Fate / stay night」5話、「蟲師 続章」14話「隠り江」。-テレビ録画の消化に追われてるけど、録画を止められない。そういっても、これでもかなり諦めているのだけど。もう少しどうにもならなくなると諦めがつくんだけどな。何かをやっているとどんどん過剰になっていき、どこかで破綻して諦める、というのがいつものパターンだけど、録画消化に追われる日々はもう少し続きそうだな。

  67. 2014/11/19 02:45:05 Mon pays natal含むアンテナおとなりページ

    2014年11月19日水曜日
    「新しい野生」のために
    写真家の赤阪友昭さんらと、なんとか実現したいねと相談しているのが、オランダ映画 De Nieuwe Wildernis (The New Wilderness)の上映。今年のレンブラント賞(オランダの最高の映画賞)受賞作で、12週間で70万人が見たという大ヒット作です。
    http://www.thenewwilderness.com/
    アムステルダム近郊の自然保護区、オストファーデルスプラッセンを舞台とするドキュメンタリー。あの大都市のすぐそばにこんな野生動物の地帯があるなんて、と心から驚きます。
    その核心をひとことでいえば、re-wilding つまり再野生化。日本列島も、その方向に進路を修正してゆかないかぎり、未来はありません。
    土地は人だけのものではない。すべての鳥獣虫魚と分かち合うことを真剣に考えれば、まずまちがいなく土地に生きてゆけるはずです。過去百年ほどのやり方を改めて。
    この作品を買いつけてくれる配給会社、ありませんか? 公開まで、なんでも協力します。赤阪さんはすでに現地取材を行なっているし、華道家の片桐功敦さんもそう。ぼくも来春には行ってみるつもりです。
    そしてそんな場所を、地帯を、日本列島に作り出すことを、一緒に考えませんか?
    いかんせんこのすばらしい作品、オランダ語版しかありません。ぼくも全体を見ましたが、せめて英語字幕がないと、話の内容はほとんどわからず。オランダ語が得意な人、これを見て、ぜひ教えてください。よろしくお願いします!
    Posted by KSat 2:16
    ▼ 2014(95)
    ▼ 11月(4)
    「新しい野生」のために

  68. 2014/11/19 01:43:56 ★究極映像研究所★含むアンテナおとなりページ

    2014.11.19
    ■情報 高野文子『ドミトリーともきんす』 と ラジオインタビュー
    ドミトリーともきんす|全集・その他|中央公論新社 公式Blog
    "不思議な学生寮「ともきんす」に暮らす"科学する人たち"朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹......彼らが遺した文章を、一組の母娘が読み解いていく物語。待望のコミックス最新刊!
    初版発行日2014/9/25 判型B5判vページ数128ページ"
    高野文子、12年ぶりの新作。
    僕は熱心な高野文子ファンではないのだけれど、『絶対安全剃刀』(1982年)、『おともだち』(1983年)、『ラッキー嬢ちゃんのあたらしい仕事』(1987年)という初期の衝撃はダイレクトに受けていて、この実態がベールにつつまれた天才漫画家のことはずっと気になっていた。
    で、この新刊のことを実は知らなかったのだけれどw、何と最近定番でPodcastを聴いているTBS RADIO 「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」でその高野文子のインタビューが流れてきて、初期の3作を思い出しつつ、感慨深く聴いたのです。そのインタビューの、放送されなかった分も含む64分完全版が以下。
    (タマフル) 直接リンク
    ※公開は一ヶ月後なので、早めのダウンロードをお薦めします。
    TBS RADIO 漫画家・高野文子さんスペシャルインタビュー (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)
    "11月8日のサタデーナイトラボ『秋の推薦図書特集』の中で一部をお送りした、漫画家・高野文子さんインタビューのほぼ完全版。今年の9月にマンガとしては12年ぶりの新作『ドミトリーともきんす』を発売した高野文子さん。30年以上のキャリアの中で初めてのラジオ出演となった貴重なインタビューの模様をを余すところなくお送りします!インタビュアーは、漫画家、エッセイストのしまおまほさんと番組構成作家の古川耕です。"
    まさに貴重な、高野文子の初放送インタビュー(テレビ・ラジオで初とのこと)!
    新作の話題から、執筆方法、お薦めの本まで(この週のタマフルは「秋の推薦本特集」)、じっくり言葉を選ぶ高野氏の様子から、彼女の思考が垣間見れる、「間」が多くを物語るインタビューだった。
    ファンは心して聴きましょう(^^;)。
    僕が特に興味深かったのは、『ドミトリーともきんす』(まだ恥かしながら未読)の、主人公たちの絵を中心に語られた、線を減らしていくとキャラクターという意味を持った存在がただの線に変わっていく。その意味を持つ/持たないの瞬間についての高野氏が向ける熱い視点。
    これは彼女の推薦本として語られた『美の幾何学―天のたくらみ、人のたくみ』という数学の本について語る中での話題なのだけれど、高野作品の秘密の一端に触れたような気になったのは僕だけでしょうか。
    そしてその後、高野氏が語ったのが、3D映画に強い興味を持っているという一節。
    残念ながら、インタビュアーの古川耕氏としまおまほ氏はここにフォローを入れない、線が意味を持つ瞬間とつながる興味深い話が聴けたのに残念でならない(以前に番組でしまお氏は「今までの(2D)映画だって、観客には立体的に観えていたからね」と3D映画に全く興味を持っていない旨、発言していたことがあるので致し方ないのかも)。
    僕の想像はこうだ。
    高野文子は線画が意味を持つ瞬間の淡いに興味を持つように、2Dの平面が二つ交互に眼前に映し出される3D映画を観るに当たって、平面の映像が活き活きと立体感を持つ瞬間に惹かれているのではないか。
    いずれも画像が人間の脳に、実在感を生み出す瞬間。
    高野漫画の意味の淡いをたゆたうような、その作風の秘密の一端を、さらに深掘りできそうな話題だっただけに、そこから話が広がっていかなかったのは残念で仕方がない。
    Podcastの最後では、再度の番組登場もあり得るような語りになっていた。
    是非とも次回、こうした点も追求してほしいものです。
    さあ、『ドミトリーともきんす』、ポチらなきゃ。あれ、番組の影響か、現在、Amazonでは入庫待ちになってます。残念!
    ・高野文子ラジオ出演、タマフルでインタビュー - コミックナタリー
    ニュース記事。
    ・インタビュアーのタマフル 放送作家 古川耕氏の編集(放送)後記。
    ・高野文子 - Wikipedia
    初期の作品は、看護婦を務めながら描かれたのですね。
    ・『ユリイカ2002年7月号 特集=高野文子』
    " 小説家の川上弘美や編集者の竹熊健太郎など、豪華な執筆陣による高野文子作品批評や、詳細な全著作解題など、魅力的なコンテンツが並ぶ。
    また、ほとんどメディアに露出しない漫画家であった高野文子が、2人の同業者と語らう対談はファンにとって待望の企画だろう。大友克洋との対談での『黄色い本』についての討議では、創作における高野文子の視点や姿勢が明らかとなってきわめて興味深いし、魚難キリコとの女性漫画家同士の気さくな対談は楽しい。"
    この本も知らなかった! 大友克洋との対談とか、無茶面白そうです!
    ・伏見康治, 安野 光雅, 中村 義作『美の幾何学―天のたくらみ、人のたくみ』
    "もっと幾何学的精神を!
    日本の寄せ木文様や紋からアラベスクまで、シンメトリーの美と数理を論じながら創造の種をふんだんに蒔く圧巻の文様論をはじめ、200点余りの絵や図版をも駆使して、数学的に考えることの愉しみを問わず語りに示す名著、待望の復刊。"

  69. 2014/11/18 20:14:07 Paradies Der Falschen Vögel含むアンテナおとなりページ

    すばる2014年12月号
    ジャーロ NO.52 秋冬号 (光文社ブックス 115)
    作者: ジャーロ編集部
    出版社/メーカー: 光文社
    発売日: 2014/11/15
    メディア: ムック
    ※リレー連載「謎のリアリティ」において、「ミステリとクトゥルー神話 イロニーとしてのシェアード・ワールド」という批評を寄稿いたしました。
    Role&Roll Vol.122
    発売日: 2014/11/11
    ※『エクリプス・フェイズ』サポート記事のお手伝いをしています。

  70. 2014/11/18 20:09:48 不連続な読書日記含むアンテナおとなりページ

    2014-11-18 和歌の勉強
    三浦しをんさんが讀賣の読書欄(9月21日)で大絶賛していた、放送大学の講義「和歌文学の世界」──「和歌第二シーズン、バージョンアップしています!」(三浦しをん)──の第2学期分を毎週かかさず見ている。
    全15回の第7回、佳境の「藤原定家の方法」まできたところ。滅法おもしろい。とくに、「抑揚つきまくりの絶頂朗詠にますます磨きがかかる渡部泰明先生」(三浦しをん)の講義が濃い。
    渡部泰明さんといえば、かの『うた恋い。』シリーズと『うた変。』の監修者。(『うた変。2』が出ている!)
    なによりも『和歌とは何か』(岩波新書)が素晴らしかった。
    いわく、和歌は人の心を表現するものではない。和歌は、言葉でする演技である。演技とは、本当の気持ちを探し求める営みのことであり、本当の気持ちを自分のものだと引き受けようとする努力のことである、云々。(さすがは、夢の遊眠社の旗揚げ参加者!)
    一昨日の日曜、その「渡部泰明先生」が編者となった『和歌のルール』を買いに街にでかけた。古典の日、11月1日の発行で、「和歌文学会」の監修。
    同じ笠間書院から出た『新古今和歌集の新しい歌が見つかった! 800年以上埋もれていた幻の一首の謎を探る』も気になったけれど、これはまたの機会に。
    渡部本では『読解講義 日本文学の表現機構』(共著)や『絵でよむ百人一首』も刊行されていた。「表現機構」は近いうちに入手することになると思う。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/orion-n/20141118

  71. 2014/11/18 11:29:57 EMブログ含むアンテナおとなりページ
  72. 2014/11/17 09:56:27 素天堂拾遺含むアンテナおとなりページ

    2014-11-17
    ■文学フリマ19 参加のお知らせ 11/24 カ-29 「黒死館附属幻稚園」
    今回の初売りは、「戦前『科学画報』小説傑作選 1」A5 164p 1000円になります。また、「ダクダク1.2.3」「黒死館逍遙別巻」ほか既刊在庫本も多数お持ちいたしますので、今回もよろしくお願いいたします。
    会場は東京モノレール東京流通センター前下車。東京流通センター2F、11:00-17:00です。
    一般参加者のご入場は11:00からです。
    コメントを書く

  73. 2014/11/17 08:30:01 壊れる前に…含むアンテナおとなりページ

    2014.11.17
    沖縄県知事選
    沖縄県知事選の自治体ごとの集計結果と県内の基地の分布の関係が分かるかなと思って、次のような表を作ってみました。いろいろな人が既に言っていることを繰り返しているだけかもしれません。すみません、あまりニュースを追わずに日々を過ごしています。
    市町村名の後に「仲井真」と入れたところ以外は翁長雄志さんが制したところです。自治体の並びかたは選管の開票結果の表のとおりです。県の資料を見て、各自治体の面積に占める米軍基地の面積と、沖縄県内の米軍基地の総面積に占めるその自治体内の基地の面積、そして仲井真候補を選んだ自治体については、そこに存在する主な基地の名称を入れました。空欄になっているところは基地がない自治体だと思います。四捨五入の関係か、県全体に占める各市町村の基地負担率を足しても100%にならないのが、ちょっと心配ですが。
    市町村名基地/自治体基地/全基地
    市部那覇市1.40.2
    宜野湾市32.42.7
    石垣市仲井真0.40.4 黄尾嶼射爆撃場など
    浦添市14.31.2
    名護市11.19.9
    糸満市
    沖縄市34.57.1
    豊見城市
    うるま市7.22.6
    宮古島市仲井真
    南城市
    国頭郡国頭村仲井真23.018.9 北部訓練場など
    大宜味村
    東村仲井真41.514.3 北部訓練場など
    今帰仁村
    本部町0.00.0
    恩納村29.26.3
    宜野座村50.76.7
    金武町57.79.2
    伊江村仲井真35.23.4 伊江島補助飛行場
    中頭郡読谷村35.85.3
    嘉手納町82.55.2
    北谷町52.93.1
    北中城村14.20.7
    中城村
    西原町
    島尻郡与那原町
    南風原町
    渡嘉敷村仲井真
    座間味村仲井真
    粟国村
    渡名喜村仲井真6.40.1 出砂島射爆撃場
    南大東村仲井真
    北大東村仲井真8.80.5 沖大東島射爆撃場
    伊平屋村仲井真
    伊是名村仲井真
    久米島町0.10.0
    八重瀬町
    宮古郡多良間村仲井真
    八重山郡竹富町仲井真
    与那国町仲井真
    辺野古の海に新しい基地を作ることによって普天間基地を有する宜野湾市などの負担を軽減するというのが日米両政府の言い分で、それに異を唱える翁長雄志さんが選ばれたことで「移設の遅れ」とか「基地の固定化」が起こると言われたりするわけですが、宜野湾市や、嘉手納町をはじめとする基地負担の大きな自治体のほとんどの市民は、それでも仲井真現知事を排したように見えます。
    現職が優勢だったのは、主に、基地の少ない離島の自治体と、北部訓練場や伊江島飛行場をかかえる自治体と言えるでしょうか。これらの中では、伊江村以外は基地があることを理由に行なわれる国の振興策に財政的に強く依存しているわけでもなさそうです。ここらへんは、どういうふうに解釈すればいいのかな。
    いずれにせよ、日米両政府の路線には沖縄の市民の間では3割台の支持しかないことが明らかになったこの選挙結果を、私たちの国のすべての市民がしっかりと踏まえていかなければなりません。
    このブログでを

  74. 2014/11/17 05:13:14 黄金の羊毛亭含むアンテナおとなりページ

    2014.11.16
    霞流一「本人殺人事件」と園田修一郎「ホワットダニットパズル」の感想を追加(いずれも短編)。
    『波上館の犯罪』・『逃げる幻』・『もう教祖しかない!』・『どこの家にも怖いものはいる』・『大べし見警部の事件簿』・『三本の緑の小壜』・『クトゥルフ少女戦隊 第一部』・『黒龍荘の惨劇』・『都知事探偵・漆原翔太郎』・『フライプレイ!』・『純喫茶「一服堂」の四季』・『人間の顔は食べづらい』を読了。
    更新履歴 (2014.11.16更新)
    ・短編 (2014.11.16)
    霞 流一 「本人殺人事件」
    園田修一郎 「ホワットダニットパズル」

  75. 2014/11/17 03:42:11 小田中直樹[本業以外]ネタ帳含むアンテナおとなりページ

    今年の秋学期は授業が珍しく多く(当社比)、受講生がこれまた珍しく多い(当社比)こともあってヘロヘロしている。ウイークデイズは、あっという間に時間がたち、気づくと週末になっている。週末は、ちょこちょことセミナーや出版打合せが入ってくるせいもあるが、そもそもヘロヘロで、なにもない日は布団のなかで夕日を迎えて「明日からウイークデイズかよ、おい」となることも珍しくない。
    これでよいのか、自分?
    閑話休題。
    ぼくは、半世紀近い筋金入りの『朝日新聞』読者である。ちなみに『朝日』・『読売』・『毎日』という全国紙は政治傾向が違うとかなんとか言われているが、ぼくに言わせれば一番違うのは「活字」であり、『朝日』に慣れてしまったぼくにとって、『読売』の活字は濃すぎて安っぽいし、『毎日』の活字は薄すぎて迫力に欠ける。これを経路依存性というらしいが、要するにそれだけのことである(偉そうですみません)。
    それでも、近頃はトシのせいか記事を読んで「へえっ」となることが少なくなり、出勤前に見出し+αぐらいをざっと眺めてオッケーとすることが増えたのだが、先日、日中関係に関する汪錚さん(USA、シートン・ホール大学)なる政治学者のインタビュー(こちらでホンの一部だけ公開されている)を『朝日』紙面上で読み、いたく感服。汪さんによれば、中華人民共和国の正史(official history)は、建国以来「階級闘争」というフレームワークで語られてきたが、天安門事件(1989)を経て、「民族闘争」という新たなフレームワークが採用されることになった。そして最大の仮想敵となったのは歴史の必然としての日本(民族?)であり、その辺を理解しないと日中関係ダメだぜ、というのである。
    いやあ目からうろこが落ちる一瞬、これは必読でしょう。そんなわけで、歴史を知ることはけだし重要であり、新しい知識を得ることはまこと悦楽である。
    それにしても『朝日』、ネットで記事の一部しか無料公開しないのは、フラストレーションたまらせることになり、営業戦略上マズイと思うぞ。豪気にも全文公開している『東洋経済』を見習うべし。

  76. 2014/11/17 01:22:11 Close to the Wall含むアンテナおとなりページ

    小説
    エンドケイプさんのシュールな掌篇と、佐伯僚さんの身体改造系短篇となります。佐伯さんのものは水のエレメントが印象的な作品で、お二人ともいつもながらのテンション。
    第二特集、中村うさぎ。二階堂奥歯特集で意外な方面に読まれたことに手応えを感じたことで企画されたこの特集、佐伯さんと岡和田さん、そして私による鼎談を巻頭に、書籍レビューや佐伯さん、倉数茂さんのエッセイで構成され、小特集くらいを考えていたのに結果的にかなり厚みのあるものになりました。なんといっても、二十年来の読者だという岡和田さんによる、鼎談での整理が非常に上手い。そこに、幻視社唯一の女性佐伯さんの見方を聞いていく形になります。佐伯さんの鼎談での発言とエッセイの体験は、女性にとって中村うさぎはどんな風に見えているのか、の貴重な証言となっています。
    薬味さらい

  77. 2014/11/16 21:32:07 【446の暫定猶予的日常記録】含むアンテナおとなりページ

    ■ あ、そーだジャンプのアニメフェス。
    予想以上に女子率が高くてスパコミを思い出しました。
    そして排球ファンのお嬢さん方が、アニメ上映や声優さんのトークで時折サワサワされたり、控えめな歓声を上げたりされているのが可愛らしかったです。<やー、もっとキャーキャーなのかと思ったらばそうでもなかったので
    にしても銀魂、終わる終わるサギでいいから、またテレ東のあの枠でアニメ化してくれないかなぁ!

  78. 2014/11/16 20:31:13 buches notiz含むアンテナおとなりページ

    2014-11-16
    ■[kino]「Before Sunrise(恋人までの距離/ビフォア・サンライズ)」をみました。
    いったい誰のために私はレビューを書き続けるのかというのはさておき。リンクレーター監督といえば「ビフォア」三部作ではないかということで、これはやはり見なければならぬ…と恋愛映画ベタな私たちが意を決してみました。
    ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]
    出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
    発売日: 2010/04/21
    メディア: DVD
    いやー面白かったです。登場人物がほぼ二人なうえ、二人は話し続けているだけっていうすごい映画でしたが、これでも映画になるんだなぁと感慨深くなるほど面白かったです。
    また、ウィーンの街が美化されていなくて、古びた街並みや、やすっぽい観光船、話してばかりいるカフェの客、など日常の風景がそのまま主演のふたりを包んでいて、それもとてもよかったです。NHKとかの旅番組って、なんか異国を美化しているようで好きになれないのですが、それよりもずっと真摯なウィーンの姿を感じました。
    イーサン・ホークとジュリー・デルピーのギャップも面白いです。もちろん演技でしょうが、イーサン・ホークの英語しか話せないことへの微妙なコンプレックスと、ジュリー・デルピーの高学歴ゆえのヘンなこじらせ方みたいなものはけっこうあるよなぁと知り合いのことを思い出したりも。
    そしてラスト!いったいどうやって落ちをつけるのかと思ったら。そうかこれでようやくサンセットへ繋がるのね、となんだか感慨深くなりました。
    恋愛映画好きだけじゃなく、爆発とかセックスがなくても面白い映画が見たい人にもおすすめしたいです。もちろん恋人同士で見ても楽しいかもね。
    コメント

  79. 2014/11/16 19:47:22 DEEP FOREST/幻影の構成含むアンテナおとなりページ

    2014-11-16
    井上靖の『天目山の雲』(角川文庫、1975年、『異域の人』1957年の再編集・改版)を読んだ。
    天目山の雲 (角川文庫 緑 216-30)
    作者: 井上靖
    出版社/メーカー: 角川書店
    発売日: 1975/02/10
    メディア: 文庫
    天目山は長篠の戦いに隠れてあまり有名ではないが、武田勝頼が信長軍に追いつめられた末、最終的に滅亡した地である。勝頼はそこで再起をはかろうとするのだが、領民にさえ阻まれ、失意のうちに一族とともに自殺する。その顛末を描いた短編を表題作とし、280ページ足らずに全部で12編もの歴史小説が入っているという、お得な本である。
    物語的には主に前半と後半にわかれており、前半の収録作と主要人物は以下の通り。
    「桶狭間」織田信長
    「平蜘蛛の釜」松永久秀
    「信康自刃」徳川信康
    「天正十年元旦」「天目山の雲」武田勝頼
    「利休の死」千利休
    「佐治与九郎覚書」佐治一成(徳川秀忠の妻・江の最初の夫)
    後半は多少雰囲気が変わり、人物そのものが架空であったり、中国が舞台であったり、また、人物そのものではなく研究者や遺跡の盗掘者を通して人物を間接的に描くなど、バラエティに富む。
    「漂流」江戸時代に漂流の末ロシアに行った男たちの話
    「塔二と弥三」鎌倉時代、囚われて元に連れていかれた男の話
    「明妃曲」王昭君(中国四大美女の一人。匈奴のもとに嫁ぐ)
    「異域の人」班超
    「永泰公主の首飾り」永泰公主(武則天により死に追いやられた)
    名前をならべてわかるように、全体に「滅び」がモチーフとなっている。それでも読んでいて気がめいるようなことがないのは、井上靖の独特な語り口によるものだろう。
    語り口が特徴的なのである。井上靖の文章は、読んでいて謎が残らない。基本的に井上靖の文章は、まず行動を描き、その理由を述べるという、対をなすユニットの集合として成っている。ためしに、「桶狭間」から比較的短いものを抜き出してみる。太字が「理由」にあたる。
    馬へ飛乗る。見事である。見ていて見事な許りではない。信長自身馬へ乗る瞬間が、下半身がさあっと馬の腰に沿って宙に閃くその瞬間が好きである。自分がいかにもあるべきありようをしている感じである。併し惜しいことには、この感じは一瞬である。何事でも行動に移ろうとする瞬間が好きである。 4,5年前まで、3月から9月まで、毎日のように川で泳いだが、あれも水へ飛込む瞬間が好きなのである。(p.7)
    平手中務政秀は苦手である。幼時からこの人物によって訓え育てられているので頭も上がらないが、そんなことではない。この老人の一徹な律義さがうるさいのである。(p.6)
    信長は奥へ入って行った。咎めるような烈しい幾つかの視線を信長は顔に感じた。感じたが直ぐ、それを忘れて仕舞った。忘れたのではなく、平手政秀が既にこの世にいない淋しさが、信長の足の運びを急に大きく荒くさせたのであった。(p.16)
    いずれも行動-理由が対になっており、疑問は残らない。少なくともこの本における井上靖の文章は、ほとんどシステマティックにこの原則が貫かれている。その読みやすさが、大衆小説的な人気を得た理由でもあるだろう。
    しかしこれは、果たして信長自身がこのように自分を客観視しているのか、いわゆる神の視点から語られているのかはっきりしないのが個人的には気持ち悪くもある。解説の山本健吉は、井上靖の描く主人公を自己韜晦的と評しているが、しかしこの信長は自己をあまりに客観視しすぎているように思える。やはりこれは信長自身の認識を超えた視点とみるべきだろう。読者は信長の馬の早駆けや怒りを追体験しつつ、それを冷めた目で見降ろしてもいるのである。そのようにして、短編とはいいながら、それぞれの人物のごく一部分をドラマティックに描くのではなく、生涯全体を簡潔にえがいている。他の作家なら大長編になるような話を、ほんの短編にまとめてしまうのが、井上靖の力量である。
    では単に歴史的な事項を羅列しただけの無味乾燥な小説なのかといえば、そうではない。先に引用したように、井上靖は歴史人物を内面と外面の両方から描いて見せるが、その一方で彼らの行動を、一切良いとも悪いとも言わない。たとえば司馬遼太郎のように、この人物は優れているがこの人物はおろかである、というようなことは全く言わず、ただ行動とその理由を描き出してみせるだけなのである。
    個人的に本短篇集で一番好きなのは、武田勝頼の滅亡を描いた「天目山の雲」であるが、周りに推されて戦いに出たり、再起を期して城を捨てたり、誇りのために上杉氏の庇護を拒否したりといった、結果的に裏目に出ていく行動を、作者はただ追体験させるように描いていく。
    恐らく読む人によって、感想は全く違うのではないか。ある人は勝頼は愚か者だったのだと軽蔑するだろうし、またある人は、勝頼は彼なりに努力はしたが不運だったのだ、と同情するだろう(個人的には後者である)。他の作品にしても、作者はあえてそれぞれの人物の生涯を、ことさらに悲劇的に盛り上げたりせず、評価は読者にゆだねるように描く。読み終えると、彼らにはほかにどんな生き方がありえたのだろう、と、歴史の運命に思いを馳せるようになっている。そういう多様な読みの可能性を、フィクションとしてふくらませながら示すことができたのが、井上靖の歴史小説作家として優れた部分だと思う。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nukuteomika/20141116
    ヤポニカ・タペストリー (河出文庫―文芸コレクション)
    作者: 久間十義
    出版社/メーカー: 河出書房新社
    発売日: 1996/06
    メディア: 文庫

  80. 2014/11/16 05:03:10 いちヘルパーの小規模な日常含むアンテナおとなりページ

    ◆「『もののけ姫』論――ラディカルとリベラルのあいだに」(約30枚、「α-Synodos_vol.160」、2014年11月15日配信)
    上記の記事が掲載されました。『宮崎駿論』は、労働・福祉・家族・信仰の次元を貫く、今の僕に書ける最高のものだと思っていますが、その後、『もののけ姫』以降の宮崎氏の「折り返し点」の意味を、もう少し別の角度から考えてみたい、と思うようになりました。たんなる補足や拾遺ではなく、いつかもう一つの宮崎駿論を書きたい、と思っていて、今回の記事はその再出発点のつもりです。よければ、読んでみて下さい。

  81. 2014/11/15 05:40:21 薔薇物語 含むアンテナおとなりページ

    スポンサーサイト

  82. 2014/11/15 00:12:39 「この門をくぐる者はすべての高望みを捨てよ」(仮)含むアンテナおとなりページ

    よかろう、彼らがその気ならば期待にこたえて、偽森見登美彦を授賞式へ送りこむべきであろう。偽森見登美彦が偽授賞式で偽京都本大賞を貰うならば八方毛深く、丸くおさまる。登美彦氏はそうするつもりだったのだが、有頂天家族第二部の書き直しに忙しくて、適当な影武者を見つける暇がなかった。
    なにしろ小説はふわふわしたもので、まるで青空を流れていく白い雲を作るようなステキに地に足つかない仕事であるから、この記念品のように手で触れて棚に飾れるカッチリしたものを貰えることを登美彦氏は喜ぶ。

  83. 2014/11/14 22:23:10 なつめのおぼえがき含むアンテナおとなりページ

    11/14(金)
    深水黎一郎『大癋見(おおべしみ)警部の事件簿』。ミステリのお約束を逆手に取って書かれたミステリと言えばいいのかな。読み始めはあまりに軽くてやめようと思ったのに、そのうちどんなお約束をぶっちぎるのが気になって結局最後まで読んでしまったという……。
    中島義道『哲学の道場』。11/2に鷲が峰ひゅってに泊まったとき、本棚にあって読んでいたら結構面白かったので帰宅してから買った。けど、改めて読むとあんまり頭に入ってこなかった。ただ、著者の目論みは私には当たった模様。
    松本理恵『山小屋ごはん』。
    有名どころあり、初めて知ったところあり、行ってみたいところあり、行く予定のところもあり。
    たまたまその鷲が峰ひゅってのカリーが載っていました。玉ねぎと鶏がらスープとカレー粉だけで作ったなんて思えないほどいろんな味がしました。
    しらびそ小屋は、今は予約しないと(予約してもだめなときはだめらしいが)厚切りトーストの朝食は出てこないらしいと行った人のレポをネットで読んで知った。私のときも宿泊時に何もお願いをしなかったら普通に和食だった。たぶん人気が出過ぎたのだろう。
    三斗小屋温泉大黒屋はこのあいだNHKの『小さな旅』にも出ていた。私も行きたいと言っていたのに、むかし三斗小屋の煙草屋のほうで殺人事件があったとかで怖い怖いと言われ結局行きそびれた。違う建物とはいえ、まあ、知ってしまうと怖いかもしれないけどねえ。やっぱり行ってみたい。
    御在所岳の御在所山ノ家の小家主さんはこの本に出たときに98歳現役で文章が終わっているのだけど、今はどうなのかつい調べてみたところ99歳でお亡くなりになったようだ。本で載っているだけの初めて知った人が今は亡くなっていると知るとわけもなくせつない。
    11/9(日)
    中島京子『花桃実桃』。突然亡くなった父の遺産としてア パートを受け取った40過ぎの茜。会社から肩たたきされていたタイミングもあり、アパート経営かつ住人になると決めた。昔からの男友達や個性的な人たちと の交流が描かれるのですが、しみじみとしてなくて、むしろ笑いそうになって困った。茜の心の声や実際の発言もおかしいし、百人一首の解釈のくだりとか、よ くこんなに(間違えた例を)考えたなあと笑える。
    とうとうこたつを出した。
    稲子湯に下りたのが9:00を 少し回ったころ。日帰入浴は600円。荷物-10:10のバスに乗って小海駅まで戻る。小 海線で小淵沢まで1時間くらい。JRで一番標高の高い駅、野辺山(標高1345m)も通りました。小海線のトコトコした感じ、緑だらけの風景、と ても良かったです。まったり。

  84. 2014/11/13 11:06:23 espace-taco含むアンテナおとなりページ

    その緩やかな流れを踏み
    距離を測り
    ともに流れゆく
    その果てで
    街路樹に降る雪につつまれ
    きみとぼくは
    鏡に映るしぐさを確かめあい
    氷河と湖の物語を
    しるすために

  85. 2014/11/13 10:17:05 読書日記もどき 含むアンテナおとなりページ

    スポンサーサイト

  86. 2014/11/13 10:08:46 一日五ドルと十ドルのウェブ 含むアンテナおとなりページ

    スポンサーサイト

  87. 2014/11/13 07:24:21 日々の営み含むアンテナおとなりページ

    「本音」の関係?
    ・中島岳志『秋葉原事件』(朝日文庫)
    今から6年以上前の事件だが、学生の記憶にも新しい事件ということから、読んでみた。犯人の生い立ちから家庭環境、仕事の様子から交友関係、そして事件へと至る道筋が詳細に調査され、見事にまとめられたルポルタージュであり、加藤智大という存在が、実のところ私(たち)にどれほど近いかをまざまざと見せてくれる。
    「彼は「ベタ」な現実を「ネタ」化したが、一方で、その「ネタ」が「ベタ」な現実に跳ね返ってきた。現実のデフォルメを繰り返していると、虚実の境目が曖昧になっていった。
    「すべてフィクションの「ネタ」であれば、「ネタ」の強度だけで楽しめただろう。[…]しかし、彼は現実の延長上で「ネタ」を大量生産した。「ネタ」と「ベタ」は、どこまでも地続きだった。
    「また彼は「ネタ」で繋がった人間との「ベタ」な付き合いを重視した。彼にとって「ネタ」への評価は「ベタ」な自分への承認だった。」(166ページ)
    この分析など、「ネタ」を「建前」、「ベタ」を「本音」と言い換えれば、ごくありふれた日々の生活にも見えてくる。
    しかしながら、読み進めながら、私にはどうにもすっきりしないことがあった。
    それはつまり、「本音の関係」なるものの存在が前提されているように見える点だ。実のところ、加藤は、「本音」の関係というものが幻想に過ぎないということを認識していなかったのではないか。彼は、ほとんど唯一と言っていい例外を除いて「本音の関係」を築けなかったというのではなくて、どこかにあるはずの「本音の関係」を追い求めてしまったがゆえに、誰しもが抱える自分の孤独や自分のうちなる深淵に向き合えなかった、ということではないか。だから、「本音の関係」を求める加藤智大という人物は、逆説的にも、「勝ち組」などというきわめて紋切型の軽薄な言葉遣いをしていたのではなかろうか。
    「加藤は、リアルな他者と「本音の関係を構築したかった。自分の思っていることを率直に吐露しても、それをしっかりと受け止め、本当の自分を承認してくれる他者がほしかった。」(116ページ)
    全面的に受容される経験が、幼児期にはきわめて重要だということはしばしば論じられるが、大人になってみれば、全面的に許容される経験や関係など、少なくとも私にはありえない。でも、人間とはそんなものだろう。なにも、建前だけの生活が人生というわけではない。そうではなく、全面的に肯定されるという関係など幻想にすぎないと承知し、おのれのうちに孤独を抱えながら、なお承認されたいという幻想に身を投じようとする、という程度の自己認識を誰しももっているものではないか、ということである。
    だからこそ、誰しも、自分の底なしの孤独を前にしてやりきれないときもあれば、逆に、その深淵にこそかけがえのなさを感じる幸せももっているのではあるまいか。
    好きという気持ちだけでは共同生活などできやしない(むろん、それは経済的要素が最重要ということなのではさらさらない)。共生ということで言えば、石原吉郎が浮かんだりもするが、それは、相互理解など絶望的だという地点からしか成立しない。恋愛関係の破綻をすべて「不細工」の一言で片づけてしまうのは、子供の論理である。
    そんななか、星野智幸『俺俺』(2010年、新潮社)という物語で興味深いのは、徹底して軽薄なものとなった無数の「俺」からなる集団が、人間的な集団として再生するきっかけとなるのが、食べ物を作る「共同作業」だという点である。
    「想像のうちでまた、雪の溶けた山を俯瞰する。斜面では俺らが何人も土をいじっている。俺らは食う物を、自分たちで作ることができるはずだ。なぜなら、俺は今、俺を信用しているので、共同作業ができるから。」(242〓243ページ)
    「俺は全部で14人が暮らすその小さな集まりの一員に迎えられ、一緒に食い物を作っていくのだが、それはまた別の物語だ。」(249ページ)
    共同作業は、「本音の関係などありえないということを熟知しながら、なお本音の関係という幻想に身を投じてみる」という信頼関係から成り立つ。そして共同作業から始まって、受容されるという経験が生まれるのだ。そして、本書の共同作業が、食糧を作るという、生きていくための根本的な作業である点もまた、重要なのだろう。だとすれば、加藤智大が入り浸っていたインターネットではやはり、そうした共同作業は難しいのかもしれない。
    ともあれ、そうした幻想に飛び込むことで始まる共同作業は、どんなときにも、ゴールや見返りを設定してしまう姿勢の対極にある。たとえば、これを勉強すればこういうメリットがある、などと考えて始める勉強はやはり寂しいものであり、しばしば、そうした勉強のなかの寄り道の方が楽しかったりする。そして、面白そうだからやってみた事柄は、本当に面白いことが多い(研究はその最たるものだ)。
    2014.11.13 書籍・雑誌 | 固定リンク| コメント (0)| トラックバック (0)
    1940年夏、フランスの敗北に及んで総裁を辞したジロドゥは、ペタンに信頼を寄せはしたが、41年初めに政府から退職勧告される。そして「ドイツおよび仏独協働や新生ヨーロッパ、反ボルシェヴィキ戦線やその他-しかし彼は、41年刊の評論集『文学』の序文において「フランスの詩人や作家、哲学者たちが考えてきたようなフランスの運命は、人類がその普遍的な運命に抗して見出した、もっとも精妙な拠り所なのである」と記してフランス文化の誇りを守ろうとし(Jean Giraudoux, Littératures,Gallimard)、実際に二つの戯曲を発表する傍ら、検閲官ゲルハルト・ヘラーには、自分は英米に対する仏独の友好を信じると述べたのだった。

  88. 2014/11/12 23:51:34 常世国往還記 含むアンテナおとなりページ

    スポンサーサイト

  89. 2014/11/12 16:12:47 Pebble in the Sky 含むアンテナおとなりページ

    スポンサーサイト

  90. 2014/11/12 06:09:27 三月記含むアンテナおとなりページ

    2014年11月11日
    「「グローバル・アナーキズムの過去・現在・未来」「唯一者終刊号」「女の暦2015」
    「他店ではあまり見かけない本」入荷案内
    「グローバル・アナーキズムの過去・現在・未来〜現代日本の新しいアナーキズム」
    (Global Anarchism: Past, Present and Future – New Anarchism in Japan)
    田中ひかる・飛矢崎雅也・山中千春 編著/関西アナーキズム研究会
    A5判/176ページ 頒価1500円+税
    この本は2013年11月に明治大学で開催された国際シンポジウム「グローバル・アナーキズムの過去・現在・未来〜日本とアジアをつなぐために」の記録をもとにして編まれたもので、前半が日本語、後半はその英語訳となっています。詳しい目次等はイレギュラー・リズム・アサイラムのサイトにアップされていますのでそちらをごらんください。2013年に夜光社から刊行された「海賊旗を掲げて: 黄金期海賊の歴史と遺産」の著者ガブリエル・クーン氏も参加されています。なお、現物には頒価2500円と印刷されていますが、当店では特価1500円+税にて販売します。
    「唯一者 No。13」 600円+税 唯一者発行所
    「唯一者」の13号には、終刊とは明記されていませんが、2014年5月に亡くなった大月健氏の個人誌ですから実質的には終刊号でしょう。故人がほぼ編集し終えていたのを、関係者が完成させて発行(2014年10月31日付)されました。創刊号から12号までの総目次も掲載されていますが、これは「唯一者」のブログでも表紙画像附きで見ることができます。まったくあいそのないブログで更新も止まっていますが、これも大月氏が管理していたのかどうかは不明です。大月氏は永年うちの店のお客兼卸元だったのでよく知ってますが、ブログやツイッターはなんとなく似合わない雰囲気の人でした。
    唯一者発行所は地方小出版流通センターに帳合があるので、日本全国どこの書店でも販売可能のはずですが、ネットで検索したところ、バックナンバーもほとんどヒットしません。終刊号はちゃんと納品されたのでしょうか。三月書房では現在、創刊号は売り切れで2号から13号までの在庫はほぼ揃っています。
    「姉妹たちよ 女の暦●2015」1524円+税 ジョジョ企画
    このカレンダーは昨年はじめて販売しましたが、たしか実売1部のみと不調でした。はたして今年はリベンジなるでしょうか?もともとうちの店ではカレンダー類の販売力はごくごく貧弱で、それなりに売れるのは「アナキズム・カレンダー」と「白川静漢字暦」だけですが。
    このカレンダーは毎月一人づつ(人物以外の回も少しあり)の女性を取り上げて、肖像写真と略歴が載っています。来年の面々は、オノ・ヨーコ、石牟礼道子、吉本せいのお三方はわかるのですが、ほかの方々(大橋廣、上野葉子、丹野セツ、宮里悦、八島光、オビン・タダオ、中村薫、佐々木静子)はぜんぜん知らない人ばかりです。もっともこの暦を購入されるような方々の間では有名人なのかもしれませんが。
    以上の3件の通販は三月書房のサイトの「他店ではあまり見かけない本」のページからメールでお申し込みください。
    【「本」とか「雑誌」とかの最新記事】
    杉本秀太郎詩集「駝鳥の卵」
    柳原白蓮歌集『踏絵』、「貸本マンガ史研究第二期1号」、「中島夜汽車句 銀幕」
    「ぽかん4号」附録3冊附き
    「脈80号 特集 作家・川崎彰彦」

  91. 2014/11/12 00:32:30 遠近法ノート含むアンテナおとなりページ

    2014-11-11
    最近読んだ本。
    book
    夏海公司『なれる!SE 12』。
    なれる!SE (12) アーリー?リタイアメント (電撃文庫)
    作者: 夏海公司,Ixy
    出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
    発売日: 2014/10/10
    メディア: 文庫
    あっという間に12巻。ますます面白いです。が、
    伏線も回収し、そろそろ話をたたむ頃合いか……?
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)

  92. 2014/11/11 21:59:16 コンバンハチキンカレーヨ再含むアンテナおとなりページ

    2014-11-11
    ■[book]森博嗣 冷たい密室と博士たち DOCTORS IN ISOLATED ROOM
    犀川助教授の友人、喜多助教授に誘われて、低温度実験室を訪ねた西之園萌絵たち。しかし衆人環視下の実験室の中で、殺人事件が起こっていた。現場は不自然な環境下で作られた密室……。
    ドラマ版1話の10分を見て一度死んだので、ノベルス版で再読。犀川助教授と俺同い年か……、とショックだわ。『F』でデビューして、リアリティある特殊な環境下での本格ミステリ。色々と話題になったんだろうなあと。
    冷たい密室と博士たち (講談社文庫)
    作者: 森博嗣
    出版社/メーカー: 講談社
    発売日: 1999/03/12
    メディア: 文庫
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 21:59
    idトラックバック
    双頭の悪魔 創元推理文庫
    孤島パズル 創元推理文庫―現代日本推理小説叢書
    月光ゲーム 創元推理文庫
    テスタメントシュピーゲル 2 Kindle 連載

  93. 2014/11/10 17:01:25 アヌトパンナ・アニルッダ含むアンテナおとなりページ

    別冊映画秘宝90年代狂い咲きVシネマ地獄 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
    作者: 藤木TDC,餓鬼だらく,岡本敦史、,加藤ヨシキ,ギンティ小林、,佐々木浩久,藤竜子,タダーヲ,多田遠志,中野貴雄,Bazil,藤谷千明,ベビーブーム・マサ,松江哲明,真魚八重子,三隅炎雄,モルモット吉田,山崎圭司,別冊映画秘宝編集部+高鳥都
    出版社/メーカー: 洋泉社
    発売日: 2014/09/26
    メディア: ムック
    出版社/メーカー: ディメンション

  94. 2014/11/10 09:22:21 qfwfqの水に流して Una pietra sopra含むアンテナおとなりページ

    批評の地勢図 (叢書・ウニベルシタス)
    作者: J.ヒリスミラー,J.Hills Miller,森田孟
    出版社/メーカー: 法政大学出版局
    発売日: 1999/12
    メディア: 単行本
    その挿話とはいかなるものであるか――、これはもう原文に直接あたっていただくしかない。長短さまざまなエッセイが収録された『回送電車』にあって、巻末にあらたに添えられた附記、「十字架(クロワ)は、まだ早すぎる。「+. 」の記号は、消えないボールペンで記された小さな傷として、これからもずっと-堀江敏幸は作家論集『書かれる

  95. 2014/11/09 15:37:16 Coco's Bloblog含むアンテナおとなりページ

    14/11/09
    ■ [自然・虫] 今年の写真まとめ
    ちょっと早いが来週以降あまり撮りに出られそうにないので、今年撮った写真で特に気に入ったものをまとめておく。
    春はだいたいミツバチから始まる。
    例年梅とは相性のよい写真が撮れなかったのだが、今年はコンディションに恵まれた。
    今年は以前行ったときよりも早めて、4月に石垣島へ行ってきた。
    偶然見つけたトンボの楽園にてベニトンボ♀の飛翔。
    同じく石垣島にて、八重山ヤシ群落で出会ったサキシマキノボリトカゲ。
    藪の中ではよく見かけるトカゲだが、だいたいどこも暗いので思うように撮れない。
    申し分のない光の加減により、これまでで撮った中でも最もお気に入りとなったクマバチの一枚。
    コオニヤンマの飛翔を正面から。
    ヤンマ類では撮りやすい種類だが、この個体は特別サービス精神旺盛だった。
    今年は初めてムモンホソアシナガバチの巣を見つけることができた。
    その女王様。
    バラハキリバチは春早い時期から晩秋まで、ミツバチの次に撮る機会の多いハチ。
    家の周辺にも多いので、困った日のハキリバチ頼みというのが定番となっている。
    ヒメツツハキリバチはハキリバチの中でもかなり小型の部類。
    動きも素早いが、ようやく飛翔をしっかり捉えることができた。
    ホームである湿地にはカナヘビがとても多い。地形との組み合わせ次第で様々なポーズをとってくれる大変優秀なモデルである。
    またここのカナヘビは自らこちらの体に乗り移ってくるほど物怖じしない性質を有している。
    あらためてその魅力に気づかせてくれたザトウムシの一種。
    ホソミイトトンボの交尾飛翔。
    二頭つながった状態でそれも飛翔中の両者にピントを合わせることは困難だが、よい条件が重なり奇跡的な2枚が撮れた。背景の草が花火のような印象でちょっと面白い。
    あきる野市の湿地奥にて出会ったオニヤンマ。
    わりと撮りやすい巡回中を狙ったが、それでもまったく物怖じすることなく何度も何度もすぐそばをかすめ飛ぶ様はさすがに王者の風格。
    初めて出会えたモリアオガエル。
    その大きさにまず驚いた。そして指の玉もまた大きいこと。
    湿地にひっそりと咲くミズギボウシにカメラを向けたら、偶然ヒラタアブがやってきた。
    ウスバキトンボの飛翔。
    高く飛んだり低く飛んだり、遠かったり近かったり、その日によって飛び方が違うところが面白い。この日はたまたますぐそばを飛んでくれた。
    巣が解散した後によく見られるフタモンアシナガバチの♂。
    風が強く狙いにくいので捕まえて手の上で撮らせてもらったが、どのハチも手の上で見せてくれる仕草はユーモラスである。
    その日の収穫が少ないとき、カマキリはいつでも抑えとして貴重な存在である。
    このハラビロカマキリはスポットライト降り注ぐ杭の上で心ゆくまで撮らせれくれた。
    一期一会が故すべての機会を大切に狙うよう心掛けてはいるが、それでも満足したものはそうそう何枚も残せない。それが来期への集中力の糧となる。

  96. 2014/11/09 02:58:30 ちんたらコラム含むアンテナおとなりページ
  97. 2014/11/07 19:29:53 AKASHIC NOTE含むアンテナおとなりページ

    2014-11-07 読了
    ■[読了] 周木律 『伽藍堂の殺人』
    「リーマン予想」についての数学者の講演が行なわれる孤島の中の館、「伽藍堂」に集った宮司兄妹や放浪の数学者の十和田、天才・善知鳥神ら。かつてその施設の所有者である宗教団体の教祖が瞬間移動を見せたという、島にある二つの館、「伽堂」「藍堂」で数学者による講演が行われますが、そこで事件が起こってしまいます。
    シリーズ四作目。
    大掛かりな物理トリックと数学的ガジェットを結び付ける独特のスタイルは確立されていますが、それだけに読者の側からは、序盤からある程度の仕掛けの予断を持って読んでしまう部分はあるかもしれません。それゆえにトリックの方向性やその大仕掛けでのサプライズは弱くなってしまっているものの、緻密な物理トリックの精度は非常に高いと言えるでしょう。
    また、シリーズを通してこれまで物語の根底に潜むフィクサー的な仄めかしをされていた「天皇」と称される数学者・藤衛の存在や、また宮司兄弟や善知鳥神の過去の因縁についてクローズアップされてきており、シリーズ全体の物語の大きな転換期を迎えていることも指摘できるでしょう。
    ただ本作での事件の解決については今ひとつスッキリしない部分も残っているように思います。
    犯人がその人物であるということ自体の是非は別としても、動機面での説得力があまりに弱く、事件が解決したのかしていないのかすら曖昧なように感じてしまいます。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    ■2014年読了冊数:49 積読:2
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)

  98. 2014/11/07 03:03:02 赤線地帯含むアンテナおとなりページ
  99. 2014/11/03 15:50:29 かわうそ亭含むアンテナおとなりページ

    さら on 池田澄子さんの俳句

  100. 2014/11/03 06:03:33 キッチンに入るな 含むアンテナおとなりページ

    201410«
    »201412
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  101. 2014/11/02 18:45:50 mauのしっぽぽ図書館含むアンテナおとなりページ

    2014-11-02
    ■[読書]先月読んだ本から 18:45
    約半年ぶりに英語本(”The Interview” by Patricia O’Reilly)を読んで、宿題を一つ済ませた気分。まあ宿題といっても自分で勝手にこしらえてるわけですが。
    コールド・スナップ
    作者: トム・ジョーンズ,舞城王太郎
    出版社/メーカー: 河出書房新社
    発売日: 2014/08/13
    メディア: 単行本
    『コールド・スナップ』:「これ本当はマイジョーさんが直接書いてるんじゃないの?そうだとしても私は驚かないよ!圧倒されるのは前半の6編だけど、個人的には後半の4編が好き」(twitterより)
    あまりにマイジョー感が強いので、比較のために『拳闘士の休息』(訳:岸本佐知子)もそのうち読んでみようと思いました。
    マルガリータ (文春文庫)
    作者: 村木嵐
    出版社/メーカー: 文藝春秋
    発売日: 2013/06/07
    メディア: 文庫
    『マルガリータ』:9月に読んだ『クアトロ・ラガッツィ』補足として。
    少年使節4名のうち千々石ミゲルは途中で棄教したのでその後の生涯について詳しい記録はあまり残っていない、ゆえに様々な解釈が可能、という訳でこの小説も一つの可能性としてアリかなとは思う。しかしこれではたまちゃんがかわいそうだ。
    活版印刷人ドラードの生涯―リスボン→長崎 天正遣欧使節の活版印刷
    作者: 青山敦夫
    出版社/メーカー: 印刷学会出版部
    発売日: 2001/12
    メディア: 単行本
    『活版印刷人ドラードの生涯』:こちらも『クアトロ・ラガッツィ』補足。
    日本で生まれながら多分ハーフ?でイエズス会に育てられ、少年使節のお世話係および欧州の活版印刷術を学ぶために航海に同行した青年ドラード。考えようによっては使節たち以上に数奇な運命でありながらあまり知られていないのはなんとも勿体ない!小説仕立てで(かなり著者の思い入れが入っているけれど)総じて読みやすかったが、もうちょっと学術的な内容でも良かったように思う。調べるほどにもっと色々なことを知りたくなる。
    丹生都比売 梨木香歩作品集
    作者: 梨木香歩
    出版社/メーカー: 新潮社
    発売日: 2014/09/30
    メディア: 単行本
    『丹生都比売 梨木香歩作品集』:児童文学風から奇譚ものまで、これまでの梨木作品のエッセンスが詰まっている短編集。選りすぐり、という感じで満足。
    映画の方もいろいろと宿題消化:
    しわ [DVD]
    出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
    発売日: 2013/11/06
    メディア: DVD
    『しわ』:『世界コミックスの想像力』(小野耕世)を読んでからずっと気になっていたマンガが原作のアニメ。老いを主題とした内容は厳しい実情を突きつけるが、アニメというメディアだからか生々しさは抑えられ、現実と幻想が区切れなく行き来する。恐ろしいのは老いそのものではなく、老いに対する社会の反応の方、という監督のインタヴュー動画での言葉が胸に刺さった。
    あなたを抱きしめる日まで [DVD]
    出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
    発売日: 2014/10/02
    メディア: DVD
    『あなたを抱きしめる日まで』:息子視点の原作はあまりに可哀相すぎるので、そのまま映画化するのは難しいと思ったのかな、母親視点による映画の方は、ジュディ・デンチの名演もあって軽みも備えた、これはこれで良い映画。(おばちゃんの厚顔振り力強さは世界共通ですな!)
    でもやはりこれは原作と映画、両方を味わうべき。引き離されてから二人がそれぞれ歩んできた道のりを詳しく重層的に知るほど、その痛ましさが実感できると思うので。
    あなたを抱きしめる日まで (集英社文庫)
    作者: マーティンシックススミス,Martin Sixsmith,宇丹貴代実
    出版社/メーカー: 集英社
    発売日: 2014/01/17
    メディア: ペーパーバック
    ドイツ映画絡みでは、こんなものも:
    ラッシュ/プライドと友情 [DVD]
    出版社/メーカー: ポニーキャニオン
    発売日: 2014/08/04
    メディア: DVD
    『ラッシュ/プライドと友情』:普段スピードものには興味が無いのですが、ダニエル・ブリュール君が主役級で出てると知っていそいそ観賞。あれでもなんかいつもと顔が違う…と思ったら実在の人物に似せるために義歯をしていたそうで。えっじゃあこれ実話なんだ、と驚くくらい無知な私でしたが、そんな私でものめりこむくらい面白かったのはさすがロン・ハワード監督、まとめ方と盛り上げ方が上手いこと。アレクサンドラ・マリア・ラーラちゃん(相変わらず美人!)も出ていてドイツ映画好きにも嬉しい内容でありました。
    ◆ダニエル・ブリュールへのインタヴュー(GQ Japan):http://gqjapan.jp/more/people/20140210/gqa-daniel-bruhl
    ダニエル君経営のベルリンのタパスバー、行きたいな!
    10月は「北斎展」にも行けて満足満足。展示の最後を飾るのが応為の作品でちょっと感動。
    11月も宿題を粛々と自分で作り、自分でこなす…そんな月になりそうです。
    コメント
    The Interview (English Edition)
    例えば作品冒頭のこんな箇所の翻訳-まず冒頭部から大変困ったことがある。それは、人間なのか動物なのか分からないまま話を始めたかったのに、ドイツ語では、動物の手足と人間の手足をさす単語が異なっているので、すぐに動物のことだと分かってしまうことだった。動物の足、特に前足を「Pfote」と言う。この単語は人間には使えない。絶対に使えないわけではないが、使えばおどけた口調になってしまう。(P.95-96)

  102. 2014/11/01 22:20:33 Reading Diary-MEMO含むアンテナおとなりページ

    「マテリアル」
    くまごろうさん作、「マテリアル」掲載分読了。
    関西を舞台にした、きれいごとだけではないビターな大学生の現代青春恋愛もの。
    着実な筆致に色気がにじみます。
    視点人物を変えて連作短編のように進むシリーズ。
    完結は明示されていないですがここで終わっても違和感はない気がします。
    2014-11-01 |
    オンライン小説
    | 0 Comments
    2014年11月 (1)

  103. 2014/11/01 18:42:32 整腸亭日乗含むアンテナおとなりページ

    2014-11-01 トリュフォー映画は女性へのオマージュである
    ■[書物]トリュフォー最後のインタビュー
    フランソワ・トリュフォー没後30年記念出版として、山田宏一・蓮實重彦『トリュフォー最後のインタビュー』(平凡社,2014)がこの度刊行された。インタビュー自体は、生前に行われたいたわけだから、30年間も放置されていたことに驚いた。
    トリュフォー 最後のインタビュー
    作者: 蓮實重彦,山田宏一
    出版社/メーカー: 平凡社
    発売日: 2014/10/10
    山田宏一・蓮實重彦が、生前のフラソワ・トリュフォーにあたかも、トリュフォーがヒッチコックにインタビューした『映画術』のように、作品の細部をよみがえらせている。
    定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー
    作者: フランソワトリュフォー,アルフレッドヒッチコック,山田宏一,蓮實重彦
    出版社/メーカー: 晶文社
    発売日: 1990/12/01
    メディア: 単行本
    ヌーヴェル・ヴァーグの旗手であったトリュフォーとは、映画にとりつかれた万年青年そのものだった。映画一本ごとに込められた映画監督の思いとはかくも強度を持つものであったとは、ひたすらスクリーンを眺める観客にはわからない。本書は、映画製作にまつわる背後に、何が起きているのかを知らせてくれる。映画にかかわったものなら、切実な事態が語られる。
    トリフォーの長編は21本であるが、製作順に語られながら、アントワール・ドワネルものは、まとめられていたりと、読者にとって監督論として、参照すべき基本文献となっている。
    自伝的作品『大人はわかってくれない!』(1959)が長編デビューだが、その前に、16mmを1本『ある訪問』(1954)35mm短編2本『あこがれ』(1957)『水の話』(1958)がある。『あこがれ』で自転車に乗り、疾走するベルナデット・ラフォンの新鮮な輝かしい美しさ。このモノクロの懐かしい映像で、女性にオマージュを捧げる、トリュフォーのスタイルが出来あがっている。
    トリフォーの女性に対する思いは、本書347頁に語り尽くされている。
    女であることは、それだけですでに男よりもはるかにすぐれているのである。男は自惚れが強すぎる。自分の力を過信しすぎるのである。だから、成功は才能だと確信して、猿のようにしかめっツラをしながら一段でも高く梯子をのぼって出世しようとする。だが、女性はすべてが偶然にしか過ぎないことを知っているのだ。女性はけっして自分の才能を自慢したりしない。女性にとって大事なことは、ただひとつ、幸福ということだけである。それ以外のことはすべてどうでもいいことなのだ。カトリーヌ・ドヌーヴはそんな「女」の典型なのである。
    女性へのオマージュ、主演女優へのオマージュに満ちている。その言葉を踏まえて、トリフォーの長編21本から、とりあえずベスト5を選出する。
    『大人はわかってくれない!』の少年ジャン=ピエール・レオーは、トリュフォーの分身として、アントワール・ドワネルのその後『二十歳の恋』(1962)、『夜霧の恋人たち』(1968)『家庭』(1970)と続き、総集篇『逃げ去る恋』(1978)で完結する。
    大人は判ってくれない [DVD]
    出版社/メーカー: ポニーキャニオン
    発売日: 2000/01/19
    メディア: DVD
    これらから代表作を選ぶとすれば、長編第一作『大人はわかってくれない!』となろう。
    次に、中年男ジャン・ドサイと若いフランソワ・ドルレアックの不倫を衝撃的なラストによって終結する『柔らかい肌』(1964)をあげたい。
    柔らかい肌〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選11〕 [DVD]
    出版社/メーカー: 日本ヘラルド映画(PCH)
    発売日: 2004/12/15
    メディア: DVD
    シャルル・デネルのプレイボーイぶりをシニカルに描いた『恋愛日記』は秀逸。
    恋愛日記 [DVD]
    出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
    発売日: 2008/02/22
    メディア: DVD
    ビクトル・ユゴーの娘アデルの狂気的な愛を描いた『アデルの恋の物語』(1975)は、愛の負的強度として。
    アデルの恋の物語 [DVD]
    出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
    発売日: 2008/02/22
    メディア: DVD
    残り一本は、以下の三本から代表作『突然炎のごとく』(1961)
    同じ原作者アンリ=ピエール・ロシェの『恋のエチュード』(1971)
    あるいは、カトリーヌ・ドヌーヴ主演『終電車』(1980)
    突然炎のごとく Blu-ray
    出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
    発売日: 2014/10/10
    メディア: Blu-ray
    恋のエチュード〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選10〕 [DVD]
    出版社/メーカー: 日本ヘラルド映画(PCH)
    発売日: 2004/12/15
    メディア: DVD
    終電車 Blu-ray
    出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
    発売日: 2014/10/10
    メディア: Blu-ray
    いずれにせよ、トリュフォ―作品をいま改めて見直す時間的余裕がない。『トリュフォー最後のインタビュー』を読むことから喚起された、観たことの記憶が想起され、それらを複合的に勘案した結果、もう一度見たい作品5本を選出してみた。
    あくめでも、とりあえずのいま見直したい映画五本である。
    『ピアニストを撃て』
    『アメリカの夜』
    『柔らかい肌』
    『私のように美しい娘』
    『恋愛日記』
    子どもたちの夏休みをきりとった異色作『トリュフォーの思春期』の軽やかなキャメラワークは、素晴らしいし、遺作となった『日曜日が待ち遠しい! 』は、ファニー・アルダンとジャン=ルイ・トランティニャンのコンビによる軽快なコメディタッチのノワールもので楽しい。同じノワールものとして、シャルル・アズナブールを主演に迎えた『ピアニストを撃て』は、喜劇的悲劇。
    ピアニストを撃て〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選5〕 [DVD]
    出版社/メーカー: 日本ヘラルド映画(PCH)
    発売日: 2004/12/15
    メディア: DVD
    女性の復讐劇『黒衣の花嫁』と『暗くなるまでこの恋を』は、ウィリアム・アイリッシュの原作もので、悲劇的要素が強い。
    SF作品『華氏451』は、書物が焼かれ、暗記した者たちが、覚えた作品を朗読する光景が印象に残る。
    死者をろうそくの灯で弔う『碧色の部屋』、映画製作の現場を映画化したメタ映画『アメリカの夜』。
    狼に育てられた少年を育てる『野性の少年』、第二次大戦中の地下組織で演劇を守る『終電車』、かつての恋人が隣人となった悲劇『隣の女』など。
    隣の女 [DVD]
    出版社/メーカー: ポニーキャニオン
    発売日: 2000/01/19
    メディア: DVD
    『恋愛日記』と反対のベルナデット・ラフォン主演『私のように美しい娘』の痛快さ。
    私のように美しい娘〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選12〕 [DVD]
    出版社/メーカー: 日本ヘラルド映画(PCH)
    発売日: 2004/12/15
    メディア: DVD
    数え挙げればキリがない。どの作品も素晴らしい!!!
    アメリカの夜 特別版 [DVD]
    出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
    発売日: 2003/04/04
    メディア: DVD
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/PreBuddha/20141101

  104. 2014/11/01 09:13:25 きまぐれミーハー日記含むアンテナおとなりページ

    2014 - November
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30

  105. 2014/11/01 08:32:31 不壊の槍は折られましたが、何か?含むアンテナおとなりページ

    14年11月01日(土)
    ■[音盤]ロリン・マゼール/バイエルン放送交響楽団 シューベルト:交響曲第8番ハ長調《グレイト》
    2001年3月18日、プリンツレーゲンテンシアターでのライブ録音。13日と16日と合わせて、同一会場でシューベルトの全交響曲連続演奏会の一環として演奏&収録された模様である。この会場はヘラクレスザールよりも狭く、客席数は1300程らしい。シューベルトの交響曲に合わせた会場設定だったのだろうか。
    堂々たる演奏である。どっしり構えてオーケストラを壮麗に鳴らしており、テンポも中庸。序奏部も21世紀にしては遅めで、ピリオド楽派などいなかったかのようだ。弦はレガート〜レガート気味に鳴らされており、画然とした演奏という印象は薄く、各場面はなだらかに滑らかに移行していく。よってどちらかというとメロディー重視路線だな、という感触が強まっている。テンポの変化も付けられてはいるが、それらはあくまで自然に、楽想の切れ目というか転換点に頻出、緊張の高まりや弛緩を巧みに表現している。それはこれ見よがしに演奏効果を狙うというよりも、音楽の流れを重視した結果だと思われる。そしてオーケストラ自体も大変立派で素晴らしく、木管の鳴りっぷり、弦のブレンドされ切った音色など、管弦楽を聴く楽しみを堪能できる。
    ただし――と、段落を変えて、私の妄想でしかないかも知れない感想を書き散らすが――指揮者はあのマゼールであり、細部まで指揮者一人が音楽を管理しており、しかもその管理が厳格で、一挙手一投足まで、その音を出している本人ではなく別の誰かの意思に従っている感覚が半端なく付きまとう。ただしそれは機械的ではなく、あくまで人間の力(意志)によるものなのだ。私が思うにこの感覚こそがマゼールの音楽最大の個性である。圧倒的指導力で全てを掌握するタイプの指揮者、たとえばトスカニーニ/メンゲルベルク/フルトヴェングラー/セル/ムラヴィンスキー/カラヤン/チェリビダッケ/ヴァント/ショルティ(もちろん他にもまだまだいるが)といったお歴々にも、オーケストラと指揮者が人馬一体となって天高く駆けるという雰囲気はあった。ところがマゼールはオーケストラに飛翔を許さず、地上という二次元で鼻面を完全に引き回す。もちろん自発的要素が皆無なわけはなく、事実この《グレイト》でも熱気はオーケストラから放たれているし、細部の木管ソロには歌心が感じられ、これらが全てマゼールにオケがロボットのように従ってのことではない。だが決定できるのは指揮者だけという雰囲気が半端なく感じられるのだ。そこには、共同決定したのだという建前すら用意された形跡がなく、独裁者の演説にあてられて兵隊たちがそれを自らの意志だと勘違いした雰囲気すら薄い(ないわけではない。これが皆無ならばオーケストラはマゼールを支持しないだろう)。結果、音楽は地上を這いずり回ることになるのだ。これは唯一無二の個性である。実際のところ、この雰囲気は数回聴いたマゼールの実演でも濃密であった。
    《グレイト》も含め、この交響曲全集は、シューベルトの交響曲がマゼール節で立派に鳴らされた貴重な記録である。希少価値は満点だ。加えて、上述通り、地上を這う癖の強さはあれど、曲の解釈自体は真っ当であるため、シューベルトの初期交響曲を初めて聴くといったケースでも問題なく使える音源となっている(マゼールは多くの場合そうだが)。なお、交響曲第1番の第1楽章では、ヴァントとカラヤンもやっていた、高い音による音型が聞かれる。本当にこれ、何なんでしょうね。古い楽譜がこれ、というのであればベームが同様のことをやっていないのは変だし。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Wanderer/20141101

  106. 2014/11/01 02:50:42 NOVMICHI SKETCH BLOG含むアンテナおとなりページ

    2014年11月
    12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

  107. 2014/10/31 01:15:48 指輪世界の第二日記含むアンテナおとなりページ

    Twitter / @ityou

  108. 2014/10/30 02:59:00 笑っていたい含むアンテナおとなりページ

    ■[映画]『攻殻機動隊』シリーズ 02:23
    映画版のクールというかハードボイルドな印象ってタチコマがいないからかと今さら気づく。バトーも憂いに満ちた側面ばかりでギャグ担当は不在。

  109. 2014/10/26 21:06:57 空中キャンプ含むアンテナおとなりページ

    2014-10-26
    ■『トリュフォー 最後のインタビュー』/山田宏一 蓮實重彦(平凡社)
    以下は『トリュフォー 最後のインタビュー』(平凡社)からの引用です。
    『大人は判ってくれない』はフランス的であると同時にロッセリーニ的な、イタリア的な映画でした。人間をほとんど記録映画のように追ってとらえるというロッセリーニの方法をとことん貫いてみたのです。しかし、わたしは反面、アメリカ映画が大好きだったし、アメリカ映画で育ってきたので、アメリカ映画への思いを捨てきれなかった。ロッセリーニのアメリカ映画ぎらいに抑えつけられて、わたしは欲求不満でした。そんなわけで、『大人は判ってくれない』のあと、『ピアニストを撃て』では、思いっきりアメリカ映画の精神でやってやろうと思ったわけです。とことん、アンチ・ロッセリーニの精神で(笑)。ヒッチコックにインタビューをして一冊の本(『映画術』)をつくったのも、思えば、たぶん、少からずロッセリーニに反撥してアメリカ映画を礼讃しようというところがあったのです。のちになって、ジャン・グリュオーから聞いたのですが、あるとき、ロッセリーニが電話してきて、沈んだ声で悲しげにこう言っていたそうです。『トリュフォーのやつ、ヒッチコックの本なんかつくったらしい』と(笑)。ヒッチコックもロッセリーニが大きらいでした(笑)。ハリウッドとネオリアリズモという対立以上に、じつはイングリッド・バーグマンをめぐるライバル意識があったのです!
    トリュフォー 最後のインタビュー蓮實 重彦, 山田...
    新品 ¥3,240
    プライバシーについて
    新品 ¥1,345
    新品 ¥5,434

  110. 2014/10/24 21:34:05 All Tomorrow’s Girls含むアンテナおとなりページ

    ■[photo]Photo booth: Patti Smith and Robert Mapplethorpe in 1969 18:03
    :: Celebrities in Photo Booths - Framed Network
    ■[music]Murray Perahia plays J.S. Bach Partita No.3 in A minor, BWV827 21:33
    アメリカ人ピアニスト、指揮者であるマレイ・ペライアが弾くバッハの「パルティータ第3番イ短調 BWV827」が1〜7まで全てYouTubeで聴くことができるので、メモ用に貼り付けておく。
    1. ファンタジア(幻想曲) (Fantasia)
    2. アルマンド (Allemande)
    3. コレンテ (Corrente)
    4. サラバンド (Sarabande)
    5. ブルレスカ (Burlesca)
    6. スケルツォ (Scherzo)
    7. ジーグ (Gigue)
    :: マレイ・ペライア - Wikipedia

  111. 2014/10/24 16:48:15 映画評論家緊張日記含むアンテナおとなりページ

    2014-10-24
    ラファティ生誕100年記念
    » 続きを読む

  112. 2014/10/23 08:48:49 活動報告含むアンテナおとなりページ

    カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント
    コミックマーケット86について に touka kayano より

  113. 2014/10/20 00:51:31 凸と凹の間含むアンテナおとなりページ

    本書は東京大学大学院学際情報学府に提出し、2012年6月に博士号(学際情報学)を授与された博士論文を加筆修正したものです。概要と審査要旨は、以下の「東京大学学位論文データベース」でご覧いただけます。
    http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/cgi-bin/gazo.cgi?no=128544
    ┛羮緲柑辧[asin:4787220330:title]』青弓社、2009年
    竹内幸絵『[asin:4791766199:title]』青土社、2011年

  114. 2014/10/16 06:04:40 古書の森日記 by Hisako含むアンテナおとなりページ

    hisako9618 at 07:36|Permalink│Comments(23)│clip!

  115. 2014/10/13 09:38:58 晩鮭亭日常含むアンテナおとなりページ

    昼が近くなるにつれ太陽が顔をのぞかせ、ウインドブレーカーを着ているとちょっと汗ばむくらいには気温が上がった。風も強くなり、海から潮のかおりを運んでくる。海の匂いを感じるなんていつ以来だろう。

  116. 2014/10/12 19:29:32 妖精現実 フェアリアル含むアンテナおとなりページ

    カラバシ『読み方のレッスン』はシリア語文語・西方言の教科書。ウェブ上で公開されている。その魅力を紹介し、第1巻全21課に注釈を付けた。 〔最終更新: 2014年10月12日〕

  117. 2014/10/10 10:31:36 揮発性メモ含むアンテナおとなりページ

    【Update】2014-10-10 朝倉書店の事典は『日本語学大事典』から「学」が取れて『日本語大事典』となったようです。さらに2分冊に。
    『日本語大事典(上・下)』佐藤武義・前田富祺 編集代表、朝倉書店 2014年11月6日発売予定新しい日本語学の事典。言語学の関連用語や人物,資料,研究文献なども広く取り入れた約3500項目をわかりやすく丁寧に解説。編集委員:工藤真由美、飛田良文、山梨正明 他。B5、2456ページ、特価 65,000円+税 2015年4月まで[以後 本体75000円+税]http://amzn.to/1sjW8dn

  118. 2014/10/08 13:22:43 厘時のクラスター含むアンテナおとなりページ

    2014-10-08 今日は快晴。
    ■[SF][ファンタジー][小説]『ピース』ジーン・ウルフ著 西崎憲・館野浩美訳 国書刊行会
    オールデン・デニス・ウィアという老人(?)の回想(?)の物語。
    彼が頭に思い浮かべるのは今のこと過去のこと未来のこと。
    少年時代の美しい叔母との暮らし。叔母の求婚者たちとの様々なエピソード。
    中年時代、図書館員との恋と冒険と古書をめぐる推理。
    語られることによって読者の脳裏に浮かぶ物語。
    それと同じくらい語られないことによって浮かぶ物語。
    これってひょっとして……じゃないか、と(登場人物たちが気がついていないことが)判ったとき、深くウルフの描く物語に囚われる。
    溜息のでるような美しさで、強く魅了してくれる傑作でした。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rinji/20141008

  119. 2014/10/08 02:59:13 憂愁書架含むアンテナおとなりページ

    S.K: 憂愁書架 1
    S.K: パリ 旅の記録(1) (2007年)

  120. 2014/10/07 23:33:44 古本屋番頭日記含むアンテナおとなりページ

    2014/10/06
    ■[新着] 残りも行っちゃえ
    勿体付けて取り置いとくのもなんだし、そんなに数もないようだし、と言うことで「SFアドベンチャー」誌の残りも追加しちゃいます。結局35冊ということで。前回追加し忘れていた、1979年の分も入っています。残念ながら今回も、全体にやや状態はよろしくないあたりはちょっとごめんなさいかもしれません。
    と言うところでリストです。
    ■SFN0415 SFアドベンチャー 春季号 −創刊号− (小松左京、筒井康隆、星新一、半村良 他) 800円
    [通巻1号]
    徳間書店 1979年5月1日発行【[小説特集] 第一線日本SF作家総登場/気鋭3人集 荒巻義雄、山田正紀、かんべむさし】
    ■SFN0416 SFアドベンチャー 夏季号 −問題小説SPECIAL− (西村寿行、矢野徹、荒巻義雄、小松左京 他) 650円
    [通巻2号]
    徳間書店 1979年8月1日発行【平井和正「真・幻魔大戦」】
    ■SFN0417 SFアドベンチャー 1979年10月号 (平井和正、豊田有恒、高千穂遙、光瀬龍 他) 400円
    [通巻3号]
    徳間書店 1979年10月1日発行【小説特集 日本SF作家10人集】
    ■SFN0418 SFアドベンチャー 1979年12月号 (平井和正、荒巻義雄、筒井康隆、眉村卓 他) 400円
    [通巻4号]
    徳間書店 1979年12月1日発行【気鋭傑作短編 かんべむさし「市民戦争の予感」/梶尾真治「おもいでエマノン」】
    ■SFN0419 SFアドベンチャー 1980年2月号 −新春特大号− (平井和正、荒巻義雄、光瀬龍、田中光二 訳) 450円
    [通巻5号]
    徳間書店 1980年2月1日発行【’80年爆笑! SF川柳始め 宇宙人SF書いて馬鹿にされ/’80イメージ・イラストレーション特集 コズミック・バラエティ】
    ■SFN0420 SFアドベンチャー 1980年4月号 (平井和正、小松左京、荒巻義雄、高千穂遙 他) 400円
    [通巻6号]
    ■SFN0421 SFアドベンチャー 1981年4月号 (平井和正、西村寿行、山田正紀、栗本薫 他) 320円
    [通巻17号]
    徳間書店 1981年4月1日発行【日本SF大賞:太陽風交点/受賞第一作:堀晃】
    ■SFN0422 SFアドベンチャー 1981年5月号 (西村寿行、山田正紀、栗本薫、都築道夫 他) 320円
    [通巻18号]
    徳間書店 1981年5月1日発行【人気作家八人による重量級小説特集】
    [通巻19号]
    ■SFN0424 SFアドベンチャー 1981年7月号 (西村寿行、山田正紀、白石一郎、鏡明 他) 320円
    [通巻20号]
    徳間書店 1981年7月1日発行【新刊チェックリスト 美食家7人が28冊を試食する】
    ■SFN0425 SFアドベンチャー 1981年8月号 −盛夏特大号− (平井和正、西村寿行、鏡明、赤川次郎 他) 320円
    [通巻21号]
    徳間書店 1981年8月1日発行【読切短編八人集】
    ■SFN0426 SFアドベンチャー 1981年9月号 (西村寿行、鏡明、光瀬龍、田中光二 他) 320円
    [通巻22号]
    徳間書店 1981年9月1日発行【短編特集 光瀬龍、田中光二、赤川次郎、石原藤夫】
    ■SFN0427 SFアドベンチャー 1981年10月号 (平井和正、西村寿行、星新一、石川喬司 他) 320円
    徳間書店 1981年10月1日発行【異色短編五人集】
    ■SFN0428 SFアドベンチャー 1981年12月号 (平井和正、眉村卓、山田正紀、堀晃 他) 320円
    徳間書店 1981年12月1日発行【特選短編バラエティ 梶尾真治 他】
    ■SFN0429 SFアドベンチャー 1982年1月号 −新年特別号− (田中光二、眉村卓、山田正紀、堀晃 他) 320円
    徳間書店 1982年1月1日発行【SF映画大特集】
    ■SFN0430 SFアドベンチャー 1982年2月号 −新春特大号− (眉村卓、田中光二、山田正紀、堀晃 他) 320円
    徳間書店 1982年2月1日発行【「日本SF大賞」発表!/座談会 SFとしての『吉里吉里人』伊藤典夫・山田正紀・鏡明】
    ■SFN0431 SFアドベンチャー 1982年3月号 (眉村卓、田中光二、山田正紀、堀晃 他) 320円
    徳間書店 1982年3月1日発行【幻魔シリーズ大特集】
    ■SFN0432 SFアドベンチャー 1982年5月号 (星新一、豊田有恒、梶尾真治、眉村卓 他) 320円
    徳間書店 1982年5月1日発行【今月の特集・’50年代の夢よ、もう一度】
    ■SFN0433 SFアドベンチャー 1982年6月号 (平井和正、鏡明、津山紘一、森下一仁 他) 320円
    [通巻31号]
    徳間書店 1982年6月1日発行【今月の特集・SFロボット研究】
    ■SFN0434 SFアドベンチャー 1982年7月号 (山田正紀、白石一郎、赤川次郎、新井素子 他) 320円
    徳間書店 1982年7月1日発行【特集:ショートショート7人集/今月の特集・PLAY! SF クイズ・ウォーズ】
    ■SFN0435 SFアドベンチャー 1982年8月号 (かんべむさし、新井素子、鏡明、大原まり子 他) 320円
    徳間書店 1982年8月1日発行【今月の特集・MY COLLECTIONS】
    ■SFN0436 SFアドベンチャー 1982年9月号 (平井和正、赤川次郎、夢枕獏、白石一郎 他) 320円
    [通巻34号]
    徳間書店 1982年9月1日発行【今月の特集・コナンとヒロイック・ファンタジーの世界】
    ■SFN0437 SFアドベンチャー 1982年10月号 (荒巻義雄、山田正紀、かんべむさし、笠井潔 他) 320円
    [通巻35号]
    徳間書店 1982年10月1日発行【今月の特集・SF大会大解剖】
    ■SFN0438 SFアドベンチャー 1982年11月号 (荒巻義雄、眉村卓、かんべむさし、堀晃 他) 320円
    徳間書店 1982年11月1日発行【今月の特集・SF的アンテナでキャッチした最新面白科学情報 テクノ・フロントライン そして、科学で遊ぶ テクノ・ドリーム】
    ■SFN0439 SFアドベンチャー 1983年7月号 −誌面刷新特別号− (光瀬龍、眉村卓、田中光二、かんべむさし 他) 320円
    [通巻44号]
    徳間書店 1983年7月1日発行【堀晃特集 その魅力のすべて】
    ■SFN0440 SFアドベンチャー 1984年2月号 −新春特大号− (筒井康隆、山田正紀、夢枕獏、都筑道夫 他) 340円
    [通巻51号]
    徳間書店 1984年2月1日発行【爆笑新春都々逸大会/’83ファンジンを語る】
    ■SFN0441 SFアドベンチャー 1984年3月号 (都筑道夫、高齋正、津山紘一、鏡明 他) 320円
    [通巻52号]
    徳間書店 1984年3月1日発行【赤川次郎「第九病棟の仲間たち」/笠井潔「帰還者」】
    ■SFN0442 SFアドベンチャー 1984年4月号 (荒巻義雄、山田正紀、川又千秋、梶尾真治 他) 320円
    [通巻53号]
    徳間書店 1984年4月1日発行【筒井康隆「集団転移」/大原まり子小特集】
    ■SFN0443 SFアドベンチャー 1984年5月号 (光瀬龍、横田順彌、堀晃、田中芳樹 他) 320円
    徳間書店 1984年5月1日発行【西村寿行「憑神」/夢枕獏小特集】
    ■SFN0444 SFアドベンチャー 1984年6月号 −創刊5周年記念特大号− (筒井康隆、都筑道夫、石川喬司、河野典生 他) 340円
    [通巻55号]
    徳間書店 1984年6月1日発行【爆笑! 恒例のSF川柳大会/読切SFコミック 大友克洋】
    ■SFN0445 SFアドベンチャー 1984年7月号 (眉村卓、かんべむさし、大原まり子、火浦功 他) 320円
    [通巻56号]
    徳間書店 1984年7月1日発行【筒井康隆特集/特別対談 平井和正・難波弘之】
    ■SFN0446 SFアドベンチャー 1984年8月号 (筒井康隆、荒巻義雄、横田順彌、梶尾真治 他) 320円
    [通巻57号]
    徳間書店 1984年8月1日発行【神林長平特集】
    ■SFN0447 SFアドベンチャー 1984年10月号 (赤川次郎、大場惑、豊田有恒、山田正紀 他) 320円
    [通巻59号]
    徳間書店 1984年10月1日発行【川又千秋特集】
    ■SFN0448 SFアドベンチャー 1984年11月号 (大原まり子、川又千秋、夢枕獏、光瀬龍 他) 320円
    [通巻60号]
    徳間書店 1984年11月1日発行【梶尾真治特集】
    ■SFN0449 SFアドベンチャー 1984年12月号 (西村寿行、小松左京、川又千秋、津山紘一 他) 320円
    [通巻61号]
    徳間書店 1984年12月1日発行【都筑道夫特集】

  121. 2014/10/02 04:57:32 Literary Homepage HORAGAI含むアンテナおとなりページ

    7月 9日
    サントリー美術館で「徒然草展」を見た。前半は学術的な展示だったが、主役は後半の海北友雪「徒然草絵巻」。最近、サントリー美術館が購入したお宝で、そのお披露目を兼ねた展示だ。
    入口の目立つところに荒っぽい字で書かれた歌稿があったが、なんと兼好法師の直筆だそうである。兼好法師は高師直のラブレターの代筆で有名だが、こんな下手な字では振られるわけだ。
    7月10日
    目黒シネマの岩井俊二特集で「市川崑物語」を見たが、期待はずれ。半分寝てしまう。
    併映は「Fried Dragon Fish」。見たことがあると思っていたが、初見だった。これは面白い。吉本美代子がすばらしい。三流のアイドルと思い込んでいたが、こんなちゃんとした芝居ができたのか。
    もう一本の併映は「PiCNIC」。こちらは二回か三回見ている。何度見ても面白い。
    7月14日
    博品館劇場で「6週間のダンス・レッスン」を見た。フロリダの老人向けマンションで一人暮らしするリリー(草笛光子)がダンスの出張レッスンを受ける。インストラクターのマイケル(斉藤直樹)と腹のさぐりあいをするが、しだいに打ち解けてくる。
    リリーは68歳で夫が健在のようなふりをするが、実は72歳の未亡人。死別した夫はメソジストの牧師で、彼女は元教師だが、教師になった経緯は最後に明かされる。マイケルはゲイで、やはり過去にいろいろある。
    無害でかっこいいボーイフレンドを持ちたい中高年女性の願望充足ドラマだろうと軽く見ていたが、意外にも本格的な演劇だった。ウィットの聞いた洒落たやりとりと思っていたら、どんどん激しい応酬になり、博品館でここまでやるのかとたじろいだ。これからも再演されるだろうが、草笛光子が健在なうちに、見ておいた方がいい。

  122. 2014/10/01 15:48:27 積読日記含むアンテナおとなりページ

    2014-10-01
    9月に読んだ本。
    月別まとめ
    2014年9月の読書メーター
    読んだ本の数:4冊
    読んだページ数:1869ページ
    ナイス数:14ナイス
    駄作 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
    読了日:9月12日 著者:ジェシー・ケラーマン
    プリティ・モンスターズ
    読了日:9月17日 著者:ケリー・リンク
    ライトニング (文春文庫)
    読了日:9月21日 著者:ディーン・R.クーンツ
    郵便局と蛇: A・E・コッパード短篇集 (ちくま文庫)
    読了日:9月25日 著者:A.E.コッパード
    読書メーター
    9月も低調。コッパード、ケリー・リンクの短編集は素晴らしかった。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 15:48
    idトラックバック

  123. 2014/09/30 22:17:11 傷んだ物体/Damaged Goods含むアンテナおとなりページ

    【お知らせ】 2014年7月1日 更新
    LOVELOGのサービス終了について
    au one netのブログサービス 『LOVELOG』は2014年6月30日をもちまして提供を終了致しました。
    永らくのご利用、誠にありがとうございました。
    引き続きau one netをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
    ※お手数ではございますが、新ブログにて閲覧の皆さま向けにブログURL変更等をご周知いただけますよう、お願い申し上げます。
    お問合せ

  124. 2014/09/24 07:23:29 続・インターネットの殺人含むアンテナおとなりページ

    2014-09-23
    降伏でいいよと君が言ったから 八月十五は終戦記念日
    「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」のあとに「世の中を変えたい一心で」と言い出してたら最悪だったろうなあとどうでもいいことを思いました。焼かれたてジャぱんに響き渡る狂人演説。われわれは正気の人間が正気であることの幸せをもっと噛みしめるべきなのです。
    仮面ライダー鎧武は、開始半年後にダンス抗争篇が終わってヘルヘイムの森がガリガリ侵食してくるとことか、終盤一ヶ月で主要キャラが死に始めてヒロインがようやく金髪碧眼になったりする付近は面白いので、一年かけてやるよりも他の平和に進行してたライダーを三ヶ月位でスクラップ & ビルドする仕事に従事していればもっと特性を活かせたのじゃないかと妄想する日はしばしばあります。響鬼の終盤だけ担当しようぜ。
    観ていて馴染みにくかったのは登場人物の行動原理ですかね。ミッチが特に顕著だったと思うのですが、何のために戦ってるのかがどんどん共感できなくなっていくところが。ヘルヘイムの森の真実を最初一人だけ知ってしまって、悩んだ末になんとか自分なりにチーム鎧武を守ろうとするんだけど、表の顔と裏の顔を使い分けつつ行動していたらだんだん思考回路が常時黒ミッチの方に倒れていって、そこはかとなく腹の底に持っていた紘汰への反感が「だめだこいつ、早く何とかしないと」という心の声で具現化されてからはどんどん転がり落ちるように憎しみに変化していって、市民を見捨て、日本を見捨て、紘汰を見捨て、鎧武のメンバーを見捨て、兄を見捨て、それでも舞だけは守って生きていこうと思ったら舞が金髪碧眼のスーパーアース人になりゲッター線と化して宇宙に飛び立ったので「ぼくは一体何のために……」と泣き崩れるところを見て、ほんとそうだよお前にも分かってないもんが視聴者に分かるわけないだろと思いました。
    紘汰も戒斗(通称バナナマン)もおまえ始めっからそんな奴だっけ感はあったけれど、ミッチは特にあの手段に応じて目的を変え、目的に応じて手段を変えていく感じが実に不快でした。荒木飛呂彦先生がヴァニラ・アイスは描いてて嫌になってきたと昔書いていて、そんなに作り手がイヤになるほどのキャラ気性というものが存在するのだなと思った記憶がありますが、今なら自信を持ってミッチは嫌いだと言える。
    これを書いてる時点では最終回がまだ放映されてないのですが、予告の感じが仮面ライダー W の最終回とちょっと似ていて嫌だ。一年かけてハーフボイルドがハードボイルドに変わって一人で立派に街を守ってるのは観てきてよかったと思えるし仮面ライダージョーカーは仮面ライダー BLACK に匹敵するカッコよさだと断言できるけど、ミッチが改心して街を守ってると言われても釈然とはせんですぜ。
    とんかつおじさんのように季節の移り変わりと僅かな変化のあわいと楽しめるほどライダー教養を持ちあわせておらんのですが、どんなライダーにもそれぞれに良いところと悪いところがあるという点には賛成します。仮面ライダーウィザードは腰マントをひるがえして戦うアクションがたいへんカッコよかったですね。短所? 面白くなかったことかな。
    トッキュウジャーはキョウリュウジャーほど乗れていないけど、大きな不満はなく観ております。最大の長所は敵キャラのデザインが軒並みよいことですかね。ザコ敵から怪人から幹部に至るまで、西洋風という芯が通った造形がたいへんようござる。
    ザコ敵クローズ http://www.tv-asahi.co.jp/tqg/character/e6.html
    ネロ男爵はベルセルクとかに出てくる変態カブトがモチーフ。 http://www.tv-asahi.co.jp/tqg/character/e2.html
    わかりにくいけど、オシャレ帽子の側面が怪鳥になっているノア夫人。 http://www.tv-asahi.co.jp/tqg/character/e3.html
    序盤に出てきたチェーンシャドーはモチーフがただの鎖なのに独特の造形として成立している逸品。専用のテーマ曲を口ずさみながら登場する気合いの入りようであった。 http://www.tv-asahi.co.jp/tqg/contents/Shadow/0003/
    ストーリーは小林靖子はんらしく伏線と使うのかわからない突飛なキャラ設定が入り混じった感じであるものの、今のところシンケンジャーやゴーバスターズを上回るほどではないです。
    キュア時間になるとだいたい 3DS を開いてディアブロスの復習兼予習を始めたりするのであまりちゃんと観てないんですが、主人公キュアラブリーに対抗してキュアアンラブリーが登場したときだけは盛り上がりました。どれほどアンラブリーなんだろう、バイキングで食いきれないほど皿に持ってから「食べきれなければ残せばいいじゃないですか」ってナチュラルに言う感じかしら、と期待していたら思ったよりラブリーでした。
    理想のアンラブリーというのは思ったよりも難しいもので、可愛い点を裏返せばアンラブリー化するというものではないのです。アンラブリーというのは……。いいかよく聞けッ! 真のアンラブリーとはッ! 人の心を忘れ! 会話の端で亜空の思考回路を覗かせる共感しがたき者たちのことをいうのだッ!
    「敷きパスタって普通食べないじゃないですか」あたりだとなかなかいい線行ってると思う。食べ物を食べ物以外として認識している異の発想、食べ物を粗末にするコモンセンスとの対立、いずれもラブリーさをグッと引き下げる。-「最近だと滅却師の女の子が五人くらい出てきて、身長と肉付きと顔と性格と髪の色がかぶらないようにきっちり区分けされてて能力は適度にしょぼい爆破属性とか雷属性程度ってのがすばらしかったね。そして一人が男の娘。図にすると曼荼羅みたいな配置の美だよね」

  125. 2014/09/24 02:13:30 瓶詰地獄含むアンテナおとなりページ
  126. 2014/09/19 21:10:13 電氣アジール日録含むアンテナおとなりページ

    そういう人間だから「とにかく差別はよくない」とか凡庸なことを述べる気はない。

  127. 2014/09/16 08:22:01 飲むヨーグルトの新しい生活含むアンテナおとなりページ

    2014-09-16
    CookPadで若いふたりが恋をする物語
    インターネットの幽霊
    僕は料理ができない。しかし、そんな僕にも、ぜひとも自らの手で料理をこしらえなければならない、そんな日は訪れるのであって、困り果てた僕はいつものように集合知に賭けた。平たくいうと、Cookpadでてきとうなレシピを拾ってくることに決めたのだ。そこで僕が、レシピの代わりに見つけたのが、”インターネットの大天使”だった。インターネットには変わり者が多いから、ちょっとぐらいおかしなやつがいたって僕はいちいち反応なんてしない。当たり前だ。はじめてダイアルアップでインターネットに接続した夜からどれほどの時間が流れたと思っているのだ。僕はもはや、何をみても心を動かされることはない。そのはずだった。しかし(もちろん)、僕は彼女を無視することができなかった。
    彼女は、少なくとも百を越えるレシピをCookPadで公開していた。
    「パンにバターを塗ってトースターで焼きます。バタートーストの完成です。」
    「パンにチーズをのせてトースターで焼きます。チーズトーストの完成です。」
    百を越える彼女のレシピすべてに目を通したわけではない。ないけれども、僕のみた限りでは、彼女のレシピのほとんどは、トーストのバリエーションで占められているようだった。もちろん、書き方によっては、食パンの焼き方だって立派にレシピになりうるだろう。僕は料理ができないので、トーストが会心の焦げ具合で仕上がることなんて、半年に一度あるかどうか、といったところだ。理想のトーストを確実に焼くことのできる方法があるのなら、それこそ最高のレシピだろう。僕はそれにはてなポイントを支払ってもいい。千ポイントぐらいは出そうじゃないか。
    残念なことに、彼女のレシピはそうした類のものでもなかった。漠然と、パンを焼いては何かを塗る。ただそれだけ。恥知らずな彼女はそれをレシピと称しているのだった。いちごジャム、マーマレード、ピーナッツクリーム。彼女はパンに何かを塗りつづけた。その度にレシピが増えていった。
    ごく正直に打ち明けるなら、はじめに僕が抱いたのは、とても醜い感情だった。僕は彼女のことを嘲り笑っていた。自分より劣ったものにたいして抱く、おなじみのあの暗い喜び。今にして思えば、とんだお笑い草だ。自分より劣った存在も何もない。料理ができないのは、僕も彼女も同じだ。僕はこれまで一度も灰汁をとったことがない。僕らの違いは、ただひとつだけ。あんなレシピを人に見せたら、嘲り笑われてしまう。そのことを、彼女は知らない。 僕は知っている。人から笑われることの怖さを知っている。ただそれだけだ。でも、それってそんなに偉いことなんだろうか?
    全く得るものがないとわかっていたのに、僕は彼女のレシピを読み進めることを止めることができなかった。僕はよほど誰かを馬鹿にしたくてたまらなかったのだろうか。自分で自分がわからない。何もかもがわからないままに、パンに何かを塗って焼くだけの彼女のレシピをいくつ読んだろうか、気がつけば僕はすっかり恋に落ちてしまっていた。あばたもえくぼ、とはよく言ったもので、彼女の「無知」は「無垢」な美しさであるとしか思えなくなった。彼女のレシピを読む僕の脳裏に浮かぶのは、例えるならば、毒気を抜いた佐々木希、あざとさのない橋本環奈、つまり天使の姿だった。
    それからの日々は地獄だった。彼女に恋していながらも、僕は彼女を見下すことを止められなかった。むしろ、安心して見下すことのできる存在だったからこそ、僕は彼女を好きになったのかもしれない。そんなことを考えはじめたら、もはや正気でいることは難しい。僕はインターネットの夢などみていない。僕はインターネットの悪夢をみている。夢から逃れるようにして眠り、夢に囚われる前に目を覚ます。そんな毎日に耐えられなくなって、僕はインターネットを止めた。ブロガーを辞めた。以前から薄々は気がついていたことだけれども、インターネットを止めると人生が捗る。この一年で、勤め先での役職が主任になった。結婚した。息子が生まれた。何もかもが目まぐるしく変わっていくなかで、僕は彼女のことをほとんど忘れていた。だから、僕はまた彼女に会いたくなった。「Cookpad トースト レシピ」「Cookpad トースト 天使」「橋本環奈」彼女を象徴する言葉を、思いつく限り検索窓に打ちこんだ。しかし、僕がインターネットで出会ったかけがえのない人たちと同じように、彼女もまた、「Not Found 見つかりません」になっていた。かいのない検索をつづける僕の足元では、はいはいを覚えたばかりの息子が泣いている。インターネットが終わり、人生が始まる。

  128. 2014/09/16 04:01:25 さぼり記含むアンテナおとなりページ

    だけど、「説」の異体字の「說」は三水四水にあるんだよ!
    ただこれ、SJISだと表示されないんだよ! UTF-8じゃないと表示されないんだよ!
    OCRソフト「読取革命」はSJISで出力しやがんだよ!
    「書き起こしに小見出しを入れるのは反則」という批判は正しい。が、朝日が提示したパラグラフを整理し直した結果、それぞれのパラグラフはどんな趣旨の発言群になったか?について、改めて個別に理解を促すと「読解能力の差によって意図する通りに理解され-……というような付記も

  129. 2014/09/14 21:11:59 新・読前読後含むアンテナおとなりページ

    八尾のポコペンさん 2014/07/11 10:20 漢字、という分野で、白川静さんはどうですか?
    大学闘争でキャンパス封鎖の中でも、裸で漢字研究されてたとか?!興味あります。
    のんの 2014/08/28 21:04 大坂志郎さんの大ファンです。今放映中の大岡越前も夢中になって見ているものです。志郎さんは本名でしょうか?お墓参りに行きたいのですが場所をごぞんじでしょうか?宜しくお願いします。
    kanetaku 2014/09/14 21:11 大坂志郎さんのお母様が書いた本を2006/10/19のブログで書いています。姓は神成というので、本名ではないのかもしれませんね。お墓のことも存じ上げません。すみません。

  130. 2014/09/14 02:55:25 Weblog on the Borderland含むアンテナおとなりページ

    大ゴジラ特撮展
    2014/09/07
    大ゴジラ特撮展
    阿倍野ハルカス内にある大阪芸術大学スカイキャンパスで開催中の「大阪芸術大学Presents 大ゴジラ特撮展〓ゴジラ60年の軌跡〓」を見てきた。
    こういう実物プロップの展示イベントは、なかなか大阪で開催してくれないのだが、今回は平成ゴジラ・シリーズを支えた大森一樹と川北紘一のコンビが大阪芸大の教授を務めているおかげで実現したようだ。キャンパスを利用したために東京での会場よりも若干狭く展示物も少なくなっているらしいが、それでもゴジラファンならば必見だろう。
    会場の配置はこんな感じで、特撮博物館と較べると規模ははるかに小さいものの、撮影可能箇所はこちらの方が多い。
    まず入口では、『ゴジラVSデストロイア』(1991)のゴジラジュニアが出迎えてくれる。
    男前ですな。
    平成コーナーのデスゴジ着ぐるみノーマルリペイント版(って説明で、解る人がどれだけいるのかな?)。これは特撮博物館でも展示されていたが、今回は撮影も許可されている。
    中の人が入っていないので、ちょっと猫背なのがプリティ。
    同じく平成コーナーの、『ゴジラVSメカゴジラ』版メカゴジラレプリカ。
    状態はよいけど、きれいな置物という印象。
    『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003)の三式機龍改の着ぐるみ。
    これは凄い迫力だった。
    『劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち』(2005)の海底軍艦轟天号。
    オリジナルの昭和版轟天号と較べるとデザインはあれだけど(苦笑)、作り込みはかなり細かい。
    特撮博物館がミニチュア主体という感じだったのに対し、こちらは怪獣の造形物がメインという印象。撮影は許可されていないが、ミレニアムシリーズのゴジラ5体や、スペースゴジラ、平成モゲラ、ファイナルウォーズ版のアンギラス、キングシーサー等々。新作海外版『ゴジラ』の宣伝も兼ねているから、子供が喜ぶ怪獣をたっぷり見てもらいましょうということなのだろう。
    もっとも感銘を受けたのが、『ゴジラ対ガイガン』(1972)で使われたキングギドラ着ぐるみの頭部であった。もはや崩壊寸前の状態で、あいにく撮影も許可されていなかった。しかし、単に東洋風の竜というに止まらず、般若のようなおどろおどろしい怒りの形相を採り入れることによって、宇宙から飛来した悪竜というキャラを強調してみせた見事な造形は、はっきりと見て取れた。
    『三大怪獣地球最大の決戦』(1964)で利光貞三が作ったオリジナルのギドラ頭部がその後数本の映画の撮影で激しく損傷したために、『ゴジラ対ガイガン』撮影時に後継者の安丸信行が新造したとも言われているが、人気怪獣のイメージを損なわないようにオリジナルのデザインをできるだけ尊重しているように見えた。キングギドラは平成シリーズ以降も繰り返し新たなデザインで登場しており、それぞれに好きなつもりだったのだが、こうして昭和ギドラの顔を間近に見ると「ああ、これこそキングギドラだ。俺にとってのギドラはこれしかない」と思わずにはいられなかった。この展示会ではこのギドラ頭部を起点に2004年の『ゴジラ FINAL WARS』まで、小林知己、若狭新一、品田冬樹といった造形作家たちが様々に解釈して作り上げた怪獣像の変遷を追うことができるわけだが、やはり昭和時代の泥臭くも力強い造形にこそ、怪獣本来の荒々しい魅力があることを痛感させられたのであった。
    2014/09/07 映画・テレビ | 固定リンク| コメント (0)| トラックバック (0)
    Tweet
    «《ナイトランド叢書》
    2014年9月
    123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930
    2014年9月

  131. 2014/09/12 03:12:28 メトロガール含むアンテナおとなりページ

    ルージュココの赤っぽい色は、気に入って毎日使っていたけれども使い切るまでに1年半かかった。たまにしか使わなかったクリニークのコフレに入っていたローズのリップはミニサイズなのに4年はかかったっけ。紅筆で拭い尽すまで使い終わったと認めないから、直塗りできなくなってからも道のりは長い。しかも使いきれもしない化粧品を山ほど所有することが好きでないから、新しい口紅を一本買うのは大イベントだったりする。
    ようやくルージュココを使い終わったときは、「やっとこれで新しい口紅が買える」とほっとしたのだけども、よくよく考えるとそれ以前に買って、色味が気に入らないがゆえ中途半端に放り出していたリップが2本あった。
    NARSのオレンジは6年前に買ったもの。RMKのオレンジピンク(ブランド選びも色選びも若い!)など、就職したとき天神の岩田屋で買ったものだから、実に11年ものである。化粧品にも消費期限があるというけれど、色も匂いも異常はないし、つけても肌に異変はない。RMKはそのままでは使えない(さすがに三十路でこの色は、重ねてニュアンスつけるのに使うしかない)のでともかく、NARSのこれを使い切る前に新たなリップを買うのは美学的に如何か。それから半年、ようやく底が見えてきたところだったりする。
    という話を今朝母にしていたら、母が「毎日使って1年半? お母さんこれ1本3ヶ月よ!」とリップスティックを見せてきた。やや細身ではあるけども、わたしなら1年は持つだろう。母は断じて化粧が濃い方ではないし、化粧直しも昼に一度。一体何が原因でわたしたちの口紅消費量がこんなに異なるのだろう。そういえば、以前ネットで「お母さんの化粧消費量は謎で、厚化粧でもないのに堅焼きのチークが数ヶ月でなくなる」と言う書き込みを見たことがある。化粧品の謎の大量消費はうちの母だけの話ではなさそうだ。
    「そういえば若い頃は、どうして年を取った人はあんなにすぐ化粧品がなくなっちゃうんだろう、と思ってたわね」と、母。どうやら、見た目に濃くなくとも「おかんメイク」の化粧品消費量が多いのは、普遍的な事象であるらしい。とすると、わたしも年を取るにつれて、化粧品の消費速度が上がっていくのだろうか。これだけあれば死ぬまで使い切れないと思っているチークやアイシャドウやアイブロウも、思いのほかすんなりなくなってしまうんだろうか。
    それはともかく、新しい口紅買いたいです。

  132. 2014/09/07 22:34:14 入院(完了)生活含むアンテナおとなりページ

    ・アートフェア東京2015 プレイベント「Art Photo Collectors Seminar | アートフォト・コレクション入門」第2回「コレクター目線の写真史」@アートフェア東京ラウンジでのゲスト講演,2014年8月27日。
    2014-09-07
    ■[展覧会]
    ・渡辺眸「1968 新宿」@新宿ニコンサロン
    ・マグナム・フォトグラファーズ「MAGNUM FOOTBALL」@コニカミノルタプラザ
    ・近藤篤「ボールピープル」@コニカミノルタプラザ
    ・角田奈々「苦いマンゴー 〜ベトナムの風に吹かれ〜」@photographers’ gallery
    ・植村美香「オーバーラン」@蒼穹舎
    ・瀬戸正人「Another Place 6」@Place M
    を観る。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/BunMay/20140907

  133. 2014/09/06 02:16:59 niralog含むアンテナおとなりページ

    ・CENCOROLL2の公開について
    色々と間に合いませんでした…

  134. 2014/09/05 20:39:51 まっしろな気持ち含むアンテナおとなりページ

    2014.01.07
    奇跡─ミラクル─
    付箋だらけにした詩集を抱えて、眠れぬまま朝を迎えた。そこには静寂があった。微笑があった。秋の美しさがあり、めぐりゆく季節があった。この世の一番貴いものがあった。素晴らしく澄んだ青空があった。死の記憶を宿した思いがあった。人の一日を支える、細やかな幸福の感覚があった。そこには人生があった。歴史の記憶と現在の清らかさにくらくらしながらも、私は今、ここにいた。ただここにこうして、一冊の本を抱きしめていた。そうできる喜び。そうせずにはいられぬ高鳴りが、そこにはあった。ふれそうなほど近くに、言葉はあった。小さな微笑み溢れた世界が、いつのときも一人一人に存在し続けてゆきますように。新しい朝に、そう願っていた。
    長田弘著『奇跡─ミラクル─』(みすず書房)。あとがきによれば、奇跡と題されたこの詩集は、自分を呼び止める声を書き留めて言葉にした、返答の書であるそうだ。「奇跡」といっても、滅多にない稀有な出来事のことではない。長田さんは、“存在していないものでさえじつはすべて存在しているのだという感じ方をうながすような、心の働きの端緒、いとぐちとなるもののことだ”と言う。そして、“日々にごくありふれた、むしろささやかな光景のなかに、わたし(たち)にとっての、取り換えようのない人生の本質はひそんでいる。それが、物言わぬものらの声が、わたしにおしえてくれた「奇跡」の定義だ”と。長田さん曰く、例えば小さな微笑みは「奇跡」であり、その微笑みが失われれば、世界はあたたかみを失う。世界はそんなふうに一人一人にとって存在し、これからもそう存在してゆくだろうとも言っている。
    タイトルと同じ「奇跡─ミラクル─」という詩には、花木たちへの慈しみが溢れている。“ただにここに在るだけで、じぶんのすべてを、損なうことなく、誇ることなく、みずからみごとに生きられるということの、なんという、花の木たちの奇跡。きみはまず風景を慈しめよ。すべては、それからだ”と。ただ在る。ただここに在る。ただそこに在る。それがまさに奇跡であること。人にはない植物の佇まい。その生き方。様々なしがらみや醜さを持たない、その凛とした姿を慈しみ、学び、見習う。そう生きよ、そうあれ。あたたかなまなざしの中にある、人としての厳しさの込められた言葉に、私は圧倒されていた。正しいと思う。そして、自分はそう正しくありたいと思う。あらねばならぬと思う。真っ当な人でありたいと思う。
    この詩集に立ち込める正しさの中には、静寂と微笑があった。秋の美しさがあり、めぐりゆく季節があった。この世の一番貴いものがあった。素晴らしく澄んだ青空があった。死の記憶を宿した思いがあった。人の一日を支える、細やかな幸福の感覚があった。そこには人生があった。歴史の記憶と現在の清らかさがあった。それらは様々にその正しさ、物の本質を伝えてきた。私が今どうあるべきか。どう生きるべきか。どう向き合うべきか。そうして、どうありたいのか、どう生きたいのか、どう向き合いたいのか。立ち止まって、自分を呼ぶ声にそっと耳を澄ます。ただじっと耳を澄ます。私にとってのその行為が、正しいのかはわからない。けれど、耳を澄ましている間、心はやわらかに開かれている。開かれた心は、きっと澄んだ微笑を浮かべているはずだ。小さな微笑みは、奇跡のひとつ。微笑みがある世界は、きっとあたたかい。
    奇跡 -ミラクル-
    長田 弘
    みすず書房 2013-07-06
    by G-Tools
    ましろ 2014.01.07 09 長田弘の本, 68 エッセイ・詩・ノンフィクション本, 書籍・雑誌 | 固定リンク| コメント (0)| トラックバック (0)
    2012.06.25
    明日は遠すぎて
    ときになんとも切なく、ときにコミカルに、ときにほろ苦く、ときに強い意志を持って、心深く響く物語たちがつまった、チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ著、くぼたのぞみ訳『明日は遠すぎて』(河出書房新社)。O・ヘンリー賞、オレンジ賞などを受賞した1977年生まれのナイジェリア出身のまだ若い作家の邦訳三冊目の本書は、2006年から2010年までに発表された九作品を収録した日本オリジナルの短編集である。ナイジェリアとアメリカを往復しながら旺盛に活動しているということもあり、それぞれの作品の世界に奥行きと幅の広さを感じ、ページをめくるほどにどんな世界が展開するのか、とても興味深く面白く読んだ。
    表題作の「明日は遠すぎて」では、少女の頃の記憶とその十八年後が交錯する。まぶしいほどの鮮烈な夏の記憶と今になって思い出される当時の記憶の中にあった、直系の長男ばかりを贔屓することへの強い反発と憎悪、初恋、芽生え始めた自意識が、切なく焦がれるほどに心にいつまでも響く。たった十数ページの物語の中に、ナイジェリアを知らない読み手にまで、物語に描かれた場所を鮮やかに伝えてくる。タイトルは、蛇にかまれると十分後にはお陀仏だからと“エチ・エテカ(明日は遠すぎて)”と言い伝えられていることから。短い物語ながら、少女の時間とその十八年後が行き来する構成が心地よく、この短編集の中で強い煌きを放って読み手を一気にチママンダ・ンゴズィ・アディーチェという作家への強い興味へと引き込んでゆく。
    そのほか、アメリカで不法滞在を続ける男性と失恋した相手を引きずる女性とのやりとりと、信仰に関して印象的な「震え」、母と娘の衝突を描く「クオリティ・ストリート」、現代アメリカとナイジェリアを行き来する著者自身の心情を端々で窺い知れる「先週の月曜日に」、ナイジェリアが舞台の「鳥の歌」と「シーリング」、アフリカ人の若い作家たちの参加するワークショップの話である「ジャンピング・モンキー・ヒル」、ナイジェリア社会の抱える問題を描く「セル・ワン」も、それぞれに違う表情で読み手を引き込んでゆく。ストーリー・テリングの名手と言われているだけにあきさせずに、ナイジェリアとナイジェリアに纏わる事象を鮮やかに切り取っている。
    最後に収録されている「がんこな歴史家」では、アフリカ人の視点で歴史が次々と刻まれてゆく様を見せられているようで、夢中になって文字を追った。奪われた土地を取り戻すために息子に英語を学ばせたいと思う母親の意図に反し、成長とともに西欧化して母親から離れてゆく息子。けれど、その息子の娘は祖母の頑固な部分を受け継ぎ、民族の誇りを見出して、その意志を継ぐことになる、というユニークな顛末を描いている。歴史を絡めて展開してゆく物語の過程自体もある種の頑固さを感じる凝った構成で描かれており、二重三重に物語に面白い含みを持たせているようにも感じられる。血を受け継ぐということの真の意味、自分が何者であるのかということをこの物語を通じて考えさせられる。
    明日は遠すぎて
    チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ くぼた のぞみ
    河出書房新社 2012-03-13
    by G-Tools
    ましろ 2012.06.25 64 海外作家の本(その他&分類不可), 書籍・雑誌 | 固定リンク| コメント (0)| トラックバック (0)
    2012.06.17
    たくさんの窓から手を振る
    言葉のつぶたちが心地よく降りしきる。降りしきる中に立ちながら、そこに佇む快楽に身を任せた。言葉のつぶは、ときに弾けてきらきら光って見せる。ときに静かに寄り添い、ときに憂いとともにしっとりしみわたる。中村梨々著『たくさんの窓から手を振る』(ふらんす堂)を読んで、わたしは言葉というもののみずみずしい煌きを久しぶりに感じた気がした。少し小ぶりな手に取りやすいサイズのこの詩集は、なんとも愛らしい佇まいをしている。どこか哀しみを帯びた後姿をしていても、少し微笑みを浮かべているような、そんなやわらかな気配とあたたかさがある表紙の絵にも惹かれるし、なんといってもタイトルの“たくさんの窓から手を振る”という言葉自体のやわらかさがやさしさに満ちていて、響きが心地よくて好きだ。
    一番はじめに収録されている「ロシア」という詩では、人と人との間に距離は関係なくなる。遠く隔てた場所にいても、閃きでひとつになれるのだ。実際には遠く離れているからこそ、近く感じられる感覚が描かれているこの詩は、幼い頃に感じられた何でもできそうな感覚、その頃の未来への絶対的な期待、怖いもの知らずでも確かなものに守られていた懐かしさのようなものまですべて、この一編の詩の中につまっている。自転車に乗ってどこまでも、どこまででも行けるような気がしていた心地、そして友達との関係がずっとずっと続いてゆくものだと信じていた頃の心地。大人になってもその想いを持ち続けることの困難さは、大人になってしまったわたしたち誰もが知っている。だからこそ、はっとさせられるほどの煌きと一緒に連ねられた言葉たちの無邪気さが、とてもまぶしく映る。
    「夜、鳥を飛ばす」という詩は、この詩集の中でも特に好きな詩だ。言葉の儚さがとてもとても美しいのだ。この詩を読み返すたびに思う。わたしたちの存在も、その思考も、その放った言葉も、なんて儚いのだろうと。どれほど言葉を連ねても、どれほど言葉を重ねても、結局は何の意味もなかったくらい跡形もなく、すべてが存在しなかったように何もなくなって、最期には無になるような哀しさと静けさを思ってしまう。この詩に語られていない部分を思って、その言葉たちの余白を思って、ただ静かに読みながら言葉が夜が横たわるのを見てしまう。そうして、その夜の静けさにはたと気づかされるのだ。“なにもない。たぶん、ばれてもなにもないくらい静か。(夜なんて)。”というおしまいの一節の美しさと潔さにく

  135. 2014/09/05 19:20:03 日用帳含むアンテナおとなりページ

    2014年8月10日日曜日。午前8時東京駅発の新幹線は台風の影響をかろうじて免れて、定刻どおり9時40分に名古屋駅に到着。人生初の名古屋来訪! の感慨にふける間もなく、イソイソと地下鉄に乗り込んで桜山駅で下車、出口から博物館までの徒歩5分の暴風雨を切り抜けて、なんとか無事に名古屋市博物館に到着、特別展《NIPPON パノラマ大紀行 吉田初三郎の描いた大正・昭和》を見物して、大満喫。五十年以上にわたって吉田初三郎の鳥瞰図の収集と研究に打ち込んでいた愛知県一宮市出身の小川文太郎氏(明治31年〜昭和60年)のコレクション、その質量ともに極上のコレクションが一堂に会し、関連資料とともに編集・配列されている。全国津々浦々の吉田初三郎による鳥瞰図が一堂に会することで、大正から戦前昭和にかけての「観光」が定着していった時代、交通網の整備や遊園地やホテルなどの建設、博覧会の開催、当地の産業、軍事施設、それらにともなう広告・宣伝のありようといったものが体現する「近代日本」が会場全体に通底していて、芋づる式にどこまでも興趣が尽きない感じでとにかくも大興奮、とても素晴らしい展覧会だった。
    この展覧会は名古屋の地で見ることでさらに格別の時間になった。わたしにとってこれまで未知だった名古屋と名古屋からはじまる行楽への招待にもなって、いろいろと将来への遊覧への思いがかきたてられた。とにもかくにも名鉄に乗りたい! と、同時に、これからまさに出かけようとしている伊勢参宮をはじめとする三重県のいくつかの鳥瞰図が臨場感たっぷりで、たいへんワクワク。遊覧の前奏としてもとても嬉しい時間だった。
    名古屋の菓子店・喫茶店のマッチラヴェルを無造作に並べてみる。喫茶店、菓子店から見る1930年代名古屋。『森永製菓五十五年史』(森永製菓株式会社、昭和29年12月20日)によると、森永キャンデーストアは広小路には、明治製菓よりやや遅れて昭和6年8月1日に開業している。そして、昭和12年2月1日に新築移転した省線の名古屋駅構内には、明治製菓と森永製菓、両方の売店があった。森永が2月8日、明治は3月22日に開店している。
    と、ただこれだけの記述なのだけれども、新派のモダン老優の目を通した昭和12年の出来たてホヤホヤの絢爛たる名古屋駅のことがずっと印象に残っていて、吉田初三郎展で昭和11年制作の名古屋市鳥瞰図をガラスケース越しに見て、建設中の名古屋駅を目の当たりしたときまっさきに思い出したのは、この喜多村の日記だった。
    昭和12年2月1日に開業した省線の新しい名古屋駅に喜多村が初めて降り立ったのは同年5月のことであり、3月15日から開催されていた「名古屋汎太平洋平和博覧会」が終わろうとしていた頃。興行場所へと頻繁に移動する役者の日記は、その移動のありよう、それぞれの町の雰囲気やレストランやホテル、汽車電車のちょっとした感想に触れることもできて、旅日記としても楽しみが尽きない。ちなみに、古川緑波が新しい名古屋駅に降り立ったのは喜多村の2か月後、『古川ロッパ昭和日記 戦前篇 新装版』(晶文社、2007年2月10日)の昭和12年7月11日、京都から名古屋に移動してきた日の日記に、《名古屋駅立派になった。》の一言を残している。
    明治27年に日本橋檜物町に生まれ、明治45年三代目杵屋栄蔵の門に入り、大正10年28歳で立三味線となった杵屋栄二は、昭和12年以降は中村吉右衛門劇団の邦楽部長だった。と、長唄三味線方として本業でも立派な業績を残した杵屋栄二は、汽車電車の写真を写すことを趣味としていて、『杵屋栄二写真集 汽車電車』(プレス・アイゼンバーン、昭和52年10月10日)という極上の写真集が刊行されている。旅興行の合間に嬉々と撮影に出かけたのだと思うととっても微笑ましい。ちなみに、この本の出た翌月の昭和52年11月の歌舞伎座は『仮名手本忠臣蔵』の通しが上演されていて、杵屋栄二が四段目の城明渡しの送り三重を弾く姿を松竹より市販の DVD で見ることができる。『汽車電車』が刊行された頃の最晩年の杵屋栄二なのだなあと DVD を見るたびに、由良之助の八代目幸四郎そっちのけでいつもジーンとなるのであった。
    銀座復興の先陣をきって、松坂屋銀座店が開店したのは大正13年12月1日のこと。国光生命保険のビルのテナントとして開店した銀座6丁目の松坂屋は、名古屋店開店と同日の大正14年5月1日に屋上に動物園を開設している。萩原朔太郎の詩「虎」(『氷島』所収)に詠まれた動物園。その銀座松坂屋が去年休業したときは、戦前の銀座松坂屋の歴史に愛着のあった身としては、ちょっとばかし寂しい気持ちになったものだった。
    『松坂屋百年史』によると、昭和初期の名古屋は他の都市に比べて不況の影響が少なかったため、近隣から人びとが移住、昭和3年には人口が3年前よりも10万人増の約87万人となった、その急激な人口増加を背景に、松坂屋も店舗の拡張をはかり、同年9月15日に本館北側に2階建ての北館を増築した。その少し前の昭和3年5月には、月刊宣伝広報誌として『マツサカヤ』が創刊されている。『松坂屋百年史』に《各季節の商品紹介、催物案内の他に、名古屋市内における映画やイベント等のガイドブックとしての役割も果たした。》とあるように、『マツサカヤ』は百貨店の広告でありながらも名古屋の町そのものが体感できるグラフ誌にもなっている。
    今回は暴風雨で屋外の歩行は諦めざるを得なかったものの、「味噌で煮たうどん」を食べに松坂屋にゆき、1930年代名古屋にちょっとだけ思いを馳せることができただけでも、ずいぶん楽しかった。戸板康二は『旅の衣は』の「名古屋」の項で、《味噌で煮たうどんを食べるのもたのしい。》と書いていたのだったけれども、実際に食べてみると、この戸板さんのなにげない一節がしみじみいいなと思う。そう、「おいしい」というよりもむしろ「たのしい」のだった。また、戸板康二は、
    とも書いている。戸板さんの好物の「納屋橋まんじゅう」に思いを馳せて、ソワソワ。そして、販売元の「万松庵」さんのウェブサイト(http://www.7884.co.jp/index.html)にうっとり……。納屋橋(http://www.7884.co.jp/history/index.html)を渡りたい! と、今度は好天の名古屋にて町歩きとモダン都市探索(のようなもの)をたのしみたいなと、百貨店の窓から暴風雨の名古屋の町をしばし見下ろしながらふつふつと思ったところで、イソイソと名古屋駅へと戻る。台風の日の博物館と百貨店、人生初の名古屋は大満喫だった。

  136. 2014/09/05 17:19:10 Pulp Literature含むアンテナおとなりページ

    Last Updated: 2014.9.5 (Fri)
    今日のひとこと: 双子小説特集とメディアマーカーは更新していきます。

  137. 2014/09/03 16:30:41 退屈男と本と街含むアンテナおとなりページ

    上々堂(shanshan...

  138. 2014/08/30 21:00:58 ホッチキスカンガルー含むアンテナおとなりページ

    僕も40代の扉を開けた。40代になってまだ数日だが、30代の自分がずいぶん幼稚に思える。30代真っ只中のとき、10代・20代よりはずっとぼんやり・いい加減な人間になったと思っていたが、今思うとまだまだずいぶん窮屈な人間だった。もっと雑な、考えすぎない40代を目指したい。
    お盆をじいちゃんばあちゃんちで過ごした子どもたちを連れ帰って来た夜、家族ぐるみで付き合いのあった人の死を知る。ほんの数日前に会ったばっかりだったのに・・・。いまだに信じられない。「これは世界全体が仕掛けた壮大なドッキリなのではないか」としか思えなくて、町中で普通にその人に会うことあるんじゃないかと思う。もし町中でその人に会っても全然驚かないと思う。

  139. 2014/08/27 15:53:50 無言の日記 Don’t forget me,memento me含むアンテナおとなりページ

    アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
    私は本や映画を見てもあまり上手く文章や感想を伝えられないので、とても羨ましいです(>ω<)
    これからもおすすめの映画など更新楽しみにしています☆
    このが私が、『アナと雪の女王』を見て、§1に書いた通り、ジェンダーなど関係なく、今までディ-やっぱりfrozenをジェンダーのみの視点から見ようとするのは視野狭窄、筋悪としか思えませんね。

  140. 2014/08/27 06:07:19 traveling with the ghost含むアンテナおとなりページ

    ►  2008(1179)
    ►  April(69)

  141. 2014/08/25 16:06:18 族長の初夏含むアンテナおとなりページ

    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet

  142. 2014/08/24 14:23:02 書店員のひとりごと含むアンテナおとなりページ

    ■全投票結果
    ランキングからは漏れましたが、投票のあった全作品を公開。
    ポイント別に分け、「作品名/作者名」を表記しました。
    ・6.5ポイント/2票
    ちーちゃんは悠久の向こう/日日日
    二年四組 交換日記/朝田雅康
    ・6ポイント/1票
    Dear3 2人で見つめる土曜/新井輝
    GOSICKs ? 夏から遠ざかる列車/桜庭一樹
    ねらわれた街 テレパシー少女「蘭」事件ノート/あさのあつこ
    ペイルライダー/江波光則
    ラスト・ビジョン/海羽超史郎
    機龍警察/月村了衛
    昨日も彼女は恋してた・明日も彼女は恋をする/入間人間
    ・5.5ポイント/1票
    “文学少女”と繋がれた愚者/野村美月
    “文学少女”と神に臨む作家/野村美月
    “文学少女”と慟哭の巡礼者/野村美月
    「DRDR」 円居挽
    「おいしいココアの作り方」米澤穂信
    「キリノ」津原泰水
    「しあわせは子猫のかたち」(『失踪HOLIDAY』所収)/乙一
    「脂肪遊戯」/桜庭一樹
    「階段」(『青に捧げる悪夢』所収)/乙一
    「時雨鬼」宮部みゆき
    「少女架刑」吉村昭
    「青条の蘭(『十二国記 丕緒の鳥』より)」/小野不由美
    「踊り場の花子」辻村深月
    「龍の遺跡と黄金の夏」/三雲岳斗(早川→本格ミステリベスト01→文庫アンソロ)
    『アリス・ミラー城』殺人事件/北山猛邦
    『ギロチン城』殺人事件/北山猛邦
    『クロック城』殺人事件/北山猛邦
    1/2の騎士/初野晴
    12月の銃と少女―BAD×BUDDY/吉田茄矢
    1999年のゲームキッズ/渡辺浩弐
    B.A.D. 7 繭墨は人形の悲しみをかえりみない/ 綾里けいし
    B.A.D.1 繭墨は今日もチョコレートを食べる/綾里けいし
    B.A.D.6 繭墨はいつまでも退屈に眠る/綾里けいし
    Dクラッカーズ/あざの耕平
    H.O.P.E.?/一条理希
    JORGEJOESTAR/舞城王太郎
    Mr.サイレント 仮想世界の優しい奇跡/早見裕司
    R&R/静月遠火
    R.I.P. レスト・イン・ピース/杉山幌
    STEINS;GATE 円環連鎖のウロボロス (1)(2)/海羽超史郎
    θ/籐真千歳
    アイドルは名探偵/井上ほのか
    アイドルは名探偵2/井上ほのか
    アイドルは名探偵4/井上ほのか
    アイドルは名探偵5/井上ほのか
    アイドルは名探偵6/井上ほのか
    アザゼルの鎖/梅津裕一
    あなたに恋色ミステリー黒須まりや
    アリバイ・ジ・アンビバレンス/西澤保彦
    アルキメデスは手を汚さない/小峰元
    ある日、爆弾がおちてきて/古橋秀之
    いわゆる天使の文化祭/似鳥鶏
    インシテミル/米澤穂信
    ヴィーナスの命題/真木武志
    えびてん 綺譚奇譚/すかぢ
    おねがいツインズ(1,2)/雑波業
    キャットフード/森川智喜
    キャラねっと―愛$探偵の事件簿/清涼院流水
    キョウカンカク 美しき夜に/天祢 涼
    クールキャンデー/若竹七海
    クレィドゥ・ザ・スカイ 森博嗣
    こうして彼は屋上を燃やすことにした/カミツキレイニー
    この中に1人、妹がいる!3/田口一
    この中に1人、妹がいる! 7/田口一
    この中に1人、妹がいる!8/田口一
    サイケデリックレスキュー/一条理希
    サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し・サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄/西尾維新
    さみしさの周波数/乙一
    スプライトシュピーゲル4/オイレンシュピーゲル4/冲方丁
    スレイヤーズ/神坂一
    スワロウテイル/藤真千歳
    ソウルドロップの幽体研究/上遠野浩平
    ダイニング・メッセージ/愛川晶
    ただし少女はレベル99/汀こるもの
    ダブルバインド/英田サキ
    つれづれ、北野坂探偵舎 心理描写が足りてない/河野裕
    ともだち同盟/森田季節
    トリック・ソルヴァーズ 三人の道化師/夏寿司
    トリックスターズC/久住四季
    トリックスターズL /久住四季
    トリックスターズM/久住四季
    なぞの転校生/眉村卓
    ねらわれた学園/眉村卓
    ねこたま/小林めぐみ
    ネットワークフォックスハンティング/一条理希
    ネメシスの虐笑/小森健太朗
    ハーモニー/伊藤計劃
    はい、こちら探偵部です/似鳥航一
    ばけらの/杉井光
    パラダイス・クローズド THANATOS/汀こるもの
    バンドネオンの豹/高橋克彦
    「ピコーン!」舞城王太郎
    ピジョン・ブラッド(影の王国シリーズ) /榎木洋子
    ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~/三上延
    ブラックナイトと薔薇の棘/田村登正
    ブリザード・バケーション (トライアングル・ディテクティブ)/鴉紋洋
    ヘンたて 幹館大学ヘンな建物研究会/青柳碧人
    ボトルネック/米澤穂信
    ポワロック氏の事件簿 まぼろしのロッセリーニ鉄道/大岩正幸
    マツリカ・マハリタ/相沢沙呼
    マリオネット症候群/乾くるみ
    まりしてん裎千代姫/山本兼一
    マルドゥック・フラグメンツ/冲方丁
    ミッションスクール/田中哲弥
    ムシウタ 01 夢みる蛍/岩井恭平
    メグとセロンIV エアコ村連続殺人事件/時雨沢恵一
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2/渡航
    ヤングガン・カルナバル/深見真
    ラグナロク洞/霧舎巧
    リリカルタロット占い 殺人予告/夢乃愛子
    ルー=ガルー/京極夏彦
    ルートダブル Before Crime * After Days/月島総記
    レベリオン/三雲岳斗
    ワイヤレスハートチャイルド/三雲岳斗
    愛探偵事務所の事件簿/愁堂れな
    異次元失踪/福島正実
    「井戸の底」(『吉屋信子集 生霊―文豪怪談傑作選』収録)/吉屋信子
    雨の恐竜/山田正紀
    嘘つきは姫君のはじまり 秘密の乳姉妹/松田志乃ぶ
    英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング/久賀理世
    英国マザーグース物語 花咲ける君と永久の歌/久賀理世
    英国マザーグース物語 裏切りの貴公子/久賀理世
    英国妖異談12 水晶球を抱く女/篠原美季
    演奏しない軽音部と4枚のCD/高木敦史
    「猿は猿を殺さない」(『iKILL』所収)/渡辺浩弐
    黄昏色の詠使い(2) 奏でる少女の道行きは/細音啓
    河原町ルヴォワール/円居挽
    牙王城の殺劇/霞流一
    怪獣男爵/横溝正史
    怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る/竜騎士07
    海底密室/三雲岳斗
    学校を出よう! Escape from The School /谷川流
    楽聖少女/杉井光
    贋作遊戯/赤城毅
    虐殺器官/伊藤計劃
    丘ルトロジック2 江西陀梔のアウラ/耳目口司
    丘ルトロジック3 女郎花萩のオラトリオ/耳目口司
    「玉野五十鈴の誉れ」(『儚い羊たちの祝宴』所収)/米澤穂信
    金の瞳の女神 ルーク&レイリア/葉山透
    銀河英雄伝説外伝4 螺旋迷宮/田中芳樹
    君が僕を 4/中里十
    君の嘘、伝説の君/清水マリコ
    刑事暗殺/秋口ぎぐる
    荊姫(ハイスクール・オーラバスター)/若木未生
    血まみれ学園とショートケーキ・プリンセス/真行寺のぞみ
    月見月理解の探偵殺人5/明月千里
    姑獲鳥の夏/京極夏彦
    虎と月/柳広司
    午前零時のサンドリヨン/相沢沙呼
    今出川ルヴォワール/円居挽
    痕跡師の憂鬱/田代裕彦
    罪色の環―リジャッジメント―/仁科裕貴
    殺意は青列車が乗せて/柄刀一
    殺意は必ず三度ある/東川篤哉
    殺人よ、こんにちは/赤川次郎
    三匹のおっさん/有川浩
    残酷号事件/上遠野浩平
    子ひつじは迷わない 騒ぐひつじが5ひき/玩具堂
    死にたがり姫事件譚 -黒猫に捧げる愛の話-/宮野美嘉
    死者は弁明せず/山本弘
    時間商人/水市恵
    時計館の殺人/綾辻行人
    七花、時跳び! Time-Travel at the After School /久住四季
    七月は織姫と彦星の交換殺人/霧舎巧
    七不思議の作り方/佐竹彬
    失恋探偵ももせ/岬鷺宮
    実況中死/西澤保彦
    修羅場な俺と乙女禁漁区1/田代裕彦
    終物語(上)/西尾維新
    十八時の音楽浴 漆黒のアネット/ゆずはらとしゆき
    春期限定いちごタルト事件/米澤穂信
    初恋物語/森村誠一
    小説仮面ライダーW/三条陸
    小説家の作り方/野崎まど
    少女キネマ/一肇
    少年探偵/小酒井不木
    消えた十二支の謎 (ミルキーピア物語)/東野司
    消閑の挑戦者(3)/岩井恭平
    笑う肉仮面/山田風太郎
    食卓にビールを1/小林めぐみ
    新本格魔法少女りすか1/西尾維新
    神様のメモ帳3/杉井光
    人形はこたつで推理する/我孫子武丸
    人食い鬼モーリス/松尾由美
    人類のあけぼの号/内田庶
    生徒会探偵キリカ(3)/杉井光
    青春探偵団/山田風太郎
    青年のための読書クラブ/桜庭一樹
    絶対可憐チルドレンTHENOVELS B.A.B.E.L崩壊/三雲岳人
    探偵儀式 THE NOVEL メフィスト症事件/清涼院流水大塚英志箸井地図
    探偵小説のためのゴシック「火剋金」/古野まほろ
    「廃線上のアリア」(『ファウスト』Vol.4、2004年11月)/北山猛邦
    男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。?:? -Time to Play-〈上〉〈下〉 /時雨沢恵一
    宙/太田忠司
    長崎異人館幽霊事件/風見潤
    帝都探偵物語/赤城毅
    天才探偵SEN オルゴール屋敷の罠/大崎梢
    天帝のつかわせる御矢/古野まほろ
    電波的な彼女〜幸福ゲーム〜 片山憲太郎
    東京S黄尾探偵団/響野夏菜
    盗作・高校殺人事件/辻真先
    透明人間の納屋/島田荘司
    猫丸先輩の空論/倉知淳
    猫丸先輩の推測/倉知淳
    破小路ねると堕天列車事件/木戸実験
    這いよれ! ニャル子さん 9/逢空万太
    白い別荘の怪事件/安達征一郎
    白奈さん、おいしくいただいちゃいます2/似鳥航一
    八月は一夜限りの心霊探偵/霧舎巧
    晩夏/図子慧
    浜村渚の計算ノート 2さつめ 不思議の国の期末テスト/青柳碧人
    付喪堂骨董

  143. 2014/08/24 00:28:53 ニゲラ嬢の日記含むアンテナおとなりページ

    ■[art][event]高島屋幻想博物館
    藤浪理恵子 松崎 和実 松本 潮里

  144. 2014/08/17 14:32:49 独り言以外の何か含むアンテナおとなりページ

    ・西→東の配置50音順です(モバマス島は今回西になります)・基本的にpixivへのリンクで、「表紙・本文サンプルがあるページ」へ飛びます
    所属してるプロダクションの社長なんで別枠にて。合同誌は(物理的に)重いですが、モバマスでは貴重なテキスト系創作ですので好きな方は是非に。樫田先生の幸子本もあるよ。
    『こんなんで・いいんすか。』(西む-01a) 「ボクの王子様2」(杏・小梅)
    『ほんトいぬ』(西む-02b) 「夏体み 〜SUMMER TIME〜」(早苗さん・楓さん他大人組)
    『梅式』(西む-23b) 「SI☆SROAD!」(城ヶ崎姉妹)
    『WHITE HEART』(西め-19a) 「こいかぜの生まれた日」(楓さん)
    『黒ダイヤ』(西も-23b) 「ガールズトーク。」(トライアドプリムス)
    『E-Gis』(西も-37b) 「iDOL works!2」
    『ぎゃろっぷだいな』(西れ-32a)「ガールフレンド」(千枝ちゃん)
    『面舵いっぱいいっぱい』(西れ-36a) 「GO!GO!142’s」(142’s)
    『LEMLAML』(西れ-37a) 「iDRE@M M@STER CG 07」(ニュージェネ)
    『オシャバン』(西れ-43a) 「こしみずぎ」(幸子)
    &「シンデレラMB」(合同誌)
    『てろめあな』(東Z-34a) 「美波の夏休み」(新田ちゃん)
    &「新田美波の季節」(新田ちゃん)
    『東横サーフライダー』(東コ-60b) 「あのときみたいにしてください!」(幸子)
    『lunatic joker』(東シ-58a) 「Dear my producer」(凛)

  145. 2014/08/14 06:18:57 R2on含むアンテナおとなりページ

    【わりとしょもない追加おしらせ】8/16〜17に停止すると思われていた、この旧サイトですが、契約が月ジメらしい関係上、もしかしたら8月末日まで閲覧可能かも知れません。もし8/18以降も表示されてたら「ああ、そうなんだ」と思ってください(笑。これが本サイト最後の更新になるかと思います。ありがとう。14.08.13)

  146. 2014/08/14 04:19:18 TWISTED COLUMN含むアンテナおとなりページ

    2313:黒部のYKK建築めぐり
    Date: 2014-08-14 (Thu)
    *宮内悠介『ヨハネスブルグの天使たち』(早川書房、2013)の参考文献として『戦争と建築』(晶文社、2003)が挙っていました。
    ・「10+1」の写真アーカイブの第167回、今月は下記をリリースしました。「押上界隈《東京スカイツリー》以後」86点収録/撮影者=中東壮史
    http://10plus1.jp/photo-archives/167/
    *仙台にてゼミ、前期打ち上げ。
    ・博士課程の講義。
    *6日、名古屋へ。
    ・大同大学にて、建築系ラジオのメンバーで、毎年恒例のスーパークリティックを行なう。山田幸司さんがはじめたもので、現在も続いています。今年の講評作品は、これまでで一番水準が高い案がそろっていました。終了後、山田さんのことを語りつつ、飲む。
    *黒部へ。
    ・YKKの関連施設をいろいろと見学させていただく。槇文彦さんの前沢ガーデンハウスは、当時のポストモダン色も入りつつ、しかし決して嫌らしくなく、30年以上たっても古びれることがないことに感心。槇さんの系列では、大野秀敏さん、宮崎浩さんらも施設やリノベーションを手がける。
    ・栗生明さんも黒部で仕事を手がけている。ほかにヘルマン・ヘルツベルガーの国内唯一の作品、YKKの黒部寮、teonksによるオランダ派的な黒部堀切寮、マンジャロッティ・アソシエイツの基本設計によるレセプションハウスなど、興味深い作品が多い。そしてヤギ牧場で美味しいチーズをいただく。
    ・工場見学の後、新居千秋さんの黒部市国際文化センター、コラーレへ。ポストモダン全開の造形だが、ホール、図書館、展示場の複合や各エリアの相互浸透など、近年の索引と共通する部分も少なくない。それにしても、ロン・ヘロン、長谷川逸子、アルセッドの公共施設もあり、黒部の建築密度は相当なものだ。

  147. 2014/08/11 12:23:47 あまねく神のうたう悲歌含むアンテナおとなりページ

    2014-08-02
    all you need is kill
    文系書籍 | 12:23
    主人公は、戦場で敵である他のギタイとは少し異なる印象を持つ個体を撃破するも、攻撃を受けて死亡してしまう。次に目覚めた時、彼は30時間前に戻っていた。目覚めてから死ぬまでのループを繰り返すうち、戦闘技能を身につける。一方、戦場の英雄として名を馳せていたリタもまた、ループを経験する者であり、ループの原因は、ギタイの中にサーバの役割を果たすものがおり、その個体が撃破された時には、過去にその情報が遡り戦略を立て直すこととなるが、こちらがサーバを撃破した場合には、こちらも情報の遡及に巻き込まれるため、ループしているように感じるためだという。ループから抜け出すには、一定の手順を踏んでサーバを倒さねばならないが、うまくいったはずの回週においても何故かループしてしまう。リタは、ループを繰り返すうちにこちらの脳も情報を遡及する役割を果たすようになったためであり、2人のうち片方は死ななければならないと武器を向けてくる。
    実写映画化した作品。面白かった。
    たぶん映画だともっと面白くなってるんだろうと思う。
    All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
    作者: 桜坂洋,安倍吉俊
    出版社/メーカー: 集英社
    発売日: 2004/12/18
    メディア: 文庫
    コメントを書く
    2014-07-21
    魔女は世界に嫌われる
    文系書籍 | 12:20
    いきなり3巻を買って読んだ、という方はまずいらっしゃらないでしょうから、これを読んでくださった皆さんは、1巻、2巻と読み続けてくださったということですよね。
    あとがき
    大好きな「森の魔獣に花束を」の著者の新刊が出てると思って買ったら3巻だった。面倒くさいので3巻だけそのまま読もうかと思ったのだけど、上記後書のように書かれていたので、慌てて1と2巻も買った。
    魔女の支配から脱した中世のような世界で、いわれなき罪に追われた兄妹が逃げ込んだ先は、魔女の生残りが棲む城であり、死んだ妹を生き返らせるため主人公のネロは、子供の魔女アーシェの覚醒の儀式を手伝うため、旅に出ることになる。旅の行き着く先では、アーシェの母はネロたちを騙し、魔女の生きにくいこの世界でアーシェが行きていけるように覚醒するどころか人間になってしまう儀式をしようとするんだけど、魔女の支配の復活を企む母の妹の言葉でアーシェは覚醒しネロの妹を生き返らせてあげる。でもその魔法は生きていくには不完全なゾンビとして復活するもので、結局ネロの妹は死んで楽にしてあげることになる。あとは、アーシェ一家のゴタゴタというか、魔女の支配の復活を図ったり阻止されたりがあるけど、エピローグはネロに嫌われてるとばかり思っていたアーシェだけど、隠れ住んでいた里にネロが迎えに来てくれましたというもの。
    アーシェがいいこすぎる。角が生えてるのもかわいい。3巻の鎚にまたがって飛んでるイラストが可愛い。
    著者はもとは漫画家だったらしいそんな感じがする。
    てっきり旅に出てそこから長く話が続くのかと思ったから、3巻で終わったのでびっくりした。でもそのくらいの方がいいのかもしれない。
    この著者は、ふわふわで甘々な話を書いてるけど、平気で死んだりいじめたりの描写も書いたりするのでもうちょっとシビア分を拡張した上で、主人公たちが血反吐を吐きながらがんばる話が読みたいかな。
    魔女は世界に嫌われる 3 (ガガガ文庫)
    作者: 小木君人
    出版社/メーカー: 小学館
    発売日: 2014/07/18
    メディア: 文庫
    コメントを書く

  148. 2014/08/11 00:34:13 No Day But Today 含むアンテナおとなりページ

    2014-08-10
    ■[研究][歴史][日本]人文建築会で公開研究会をひらきます
    ■日時: 8/31(日) 17:00~
    ■題目
    「闇市の形成と土地所有からみる戦後東京の副都心ターミナル近傍の形成過程に関する研究」
    ■プロフィール
    石榑督和(いしぐれ まさかず)
    明治大学大学院理工学研究科博士後期課程。1986年岐阜県生まれ。明治大学卒業。近現代都市史・建築史。
    ■参考文献
    1)石榑督和「闇市の形成と土地所有からみる新宿東口駅前街区の戦後復興過程」(『日本建築学会計画系論文集』第78巻第694号)。
    2)橋本健二・初田香成編『盛り場はヤミ市から生まれた』青弓社, 2013年。
    3)初田香成『都市の戦後 雑踏のなかの都市計画と建築』(東京大学出版会, 2011年)の第一章・第二章・第八章。
    4)松平誠『ヤミ市 幻のガイドブック』筑摩書房, 1995年。
    ■場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎(詳しい教室は追って連絡致します)
    丸ノ内線茗荷谷駅下車「出口1」徒歩2分)http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html
    ※終了後、20時くらいから茗荷谷駅周辺で懇親会予定
    懇親会からのご参加もお待ちしております。
    コメントを書く

  149. 2014/08/06 20:00:36 The Passing − 書物について含むアンテナおとなりページ

    松嶋健『プシコ・ナウティカ――イタリア精神医療の人類学』(世界思想社、2014年)

  150. 2014/08/03 04:52:58 研究会日乗含むアンテナおとなりページ

    2014-08-03
    ■[濤岡]「没後60年 中城ふみ子と中井英夫」展@小樽文学館 04:52
    小樽文学館で「没後60年 中城ふみ子と中井英夫展」が9月7日まで開催しています。
    (小樽文学館 「中城ふみ子と中井英夫展」) http://otarubungakusha.com/exhibition/2014051421
    今冬の中井英夫展に引き続き、嬉しい企画です。
    若き日に短歌雑誌の編集者として多くの新人を見いだした中井英夫ですが、今回の展覧会では、「短歌研究」第1回五十首詠の入選者として世に送りだした中城ふみ子との展示です(中城ふみ子がメインですが、中城が短命のため分量的には半々になる)。
    展示内容ですが、中城ふみ子と中井英夫の往復書簡が圧巻。
    往復書簡の内容は東京創元社の創元ライブラリ版の中井英夫全集の『黒衣の短歌史』に収録されていますが、今回は、全集には未収録の中井英夫宛て中城ふみ子のハガキ(昭和29年6月20日)が展示されています。
    最近、古書店に出ていたものを中城ふみ子の出身地の帯広市図書館が購入したもので、中井が中城の名字の読み方を訊ねたことに対して中城が「『なかじょう ふみ子』です。」と答えています。
    また、中井は手紙に絵をちまっと書き込んでいて、実物を読むのが楽しいです。
    中城ふみ子の展示はノート稿、原稿、ゲラ刷り等の他幼少期から晩年までの写真が展示。
    中井英夫の展示は、短歌編集者の側面を中心に構成され、前回の中井英夫展で展示されたものもありますが(寺山修司のハガキは何度みても見応えがある)、前回なかったものもあり、中でも中井宛て若月彰(中城の評伝『乳房よ永遠なれ』を執筆した時事新報の記者)からの昭和29年7月27日付け至急電報(ウナ電)が印象深かったです。
    ウナ電の実物を見るのは初めてで、本当に「ウナ」と打ってあるのですね。
    「フミコキトクスクユケ」
    電報だからたったこれだけの文字です。
    この後、中井英夫は7月29日に札幌医大病院に中城を見舞い、8月1日に列車で帰路につき2日に帰京、8月3日に中城は亡くなります。中井と中城の言葉を尽くした書簡のやりとりの合間に、短いカタカナが時間を断ち切るかのように入り込んだような気がしました。
    今回、探偵小説研究会の「CRITICA」8号 特集 中井英夫没後20年 (1部千円)を小樽文学館で委託販売していただいています。
    小樽観光の折りにはお手に取っていただけたら幸いです。
    (「CRITICA」8号内容) http://www.geocities.co.jp/tanteishosetu_kenkyukai/critica_08.html

  151. 2014/08/02 21:36:27 recent events@TRiCK FiSH含むアンテナおとなりページ

    ・『図書新聞』2014年8月2日号(図書新聞)/書評:鈴木毅さん「『立ち位置』を巡る女の子たちの戦史」
    ・『BRUTUS』746号(2012年12月15日発売/マガジンハウス)/特集「男を知る本、女を知る本」/書評:小谷知也さん
    ギャルと不思議ちゃん論―女の子たちの三十年戦争
    発売日: 2012/08
    ギャルと不思議ちゃん論―女の子たちの三十年戦争
    発売日: 2012/08
    作者: 朝井リョウ,やまもり三香
    ギャルと不思議ちゃん論―女の子たちの三十年戦争
    発売日: 2012/08

  152. 2014/07/30 13:34:00 犬にかぶらせろ!含むアンテナおとなりページ

    2014-07-30
    ■2014年7月最終週の手記
    ちょっと前ですが、『VERY』7月号にVERY白熱教室の「VERY読者はフード左翼(レフト)?」という記事で、滝沢眞規子さん、小島慶子さん、横塚美穂さんと座談会に参加しました。僕の人生における、もっともリア充な一日でした。
    VERY (ヴェリィ) 2014年 07月号 [雑誌]
    出版社/メーカー: 光文社
    発売日: 2014/06/07
    メディア: 雑誌
    もう一冊フード左翼絡みで『VEGGY』にも登場しています。
    veggy (ベジィ) 2014年 08月号 [雑誌]
    出版社/メーカー: キラジェンヌ
    発売日: 2014/07/10
    メディア: 雑誌
    『サイゾー』のEXILE号では、EXILEのHIROと小林一三に関するコラム(笑)。
    サイゾー 2014年 08月号 [雑誌]
    出版社/メーカー: サイゾー
    発売日: 2014/07/18
    メディア: 雑誌
    8月は2日、16日(土)早朝の『週刊フジテレビ時評』(フジテレビ)。3日(日)朝の『シューイチ』(日テレ)に出演。ラジオは21日(木)のJ-WAVE『JAM the World』でパーソナリティを務める予定。あと8月31日(日)深夜1時ははTBSラジオ『文化系トークラジオLife』
    イベントは8月15日(金)19:00〜 下北沢B&Bで戦争をテーマにやる予定。詳細はまた近づいたらTwitterなどで。https://twitter.com/gotanda6
    8月は,半分くらい缶詰で次の新書「デフレカルチャー(仮)」に取りかかる予定。
    あとは首都高を攻めたりw
    コメント
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/20140730

  153. 2014/07/18 18:04:35 [弐] 第弐齋藤 | 土踏まず日記含むアンテナおとなりページ

    俺屍やると「田分け」がいかにたわけた行為か思い知らされるなぁしみじみと。 22時間 ago
    俺屍2始めた。 最初に顔写真要求されるのにはビビった。 俺の顔の一族が!そして俺の顔の一族は壊し屋が似合いすぎていたので 初手(長男)壊し屋、(次男)剣士、(三男)薙刀士という暴挙。 序盤の壊し屋なんぞ使えやしねえの知ってるだろ!俺の顔の一族のバカ! 22時間 ago

  154. 2014/07/16 12:14:37 さ へ ず り 草 紙含むアンテナおとなりページ

    2014-07-16-Wed
    ■星子の巴里祭(上)
    1
    赤と白と青染められた小さな提灯がいくつもいくつも道路の上に翩翻と揺れている巴里は、ちようど巴里祭でした。提灯の群れとはためく仏蘭西国旗は、水分を多めに含んだ濃紺の空にすばらしく良く映えました。
    「巴里よ!自由の国だわ!」
    星子さんは軽やかな真紅のワンピースの胸をふくらませて両手を目いっぱい広げると、大きく深呼吸しました。僕は馬に載せるほどの大荷物を引きずりながら、安堵の息をつきました。
    「僕なんか、お日様を見るのは十日ぶりですよ!」
    「それあ雪夫さんが悪いんだわ!ちよつと甘い顔をするとつけあがるからトランクに閉ぢこめなきやいけなくなるんぢやない!」
    「とにかくこの開放感つたらたまんないよ」
    星子さんは快活に巴里の街を歩きました。地図もなく、行き当たりばつたりの気楽な旅です。一行は、といつても星子さんと僕だけですが、煤けたモンマルトルのあたりに迷ひこみました。星子さんが指差しました。
    「アラ!カフヱよっ本物のカフヱよ!」
    街の門打ちに店を広げているのは、フランス帰りの画家や作家の随筆でも有名なル•セレクトでした。僕たちは嬉々としてテエブルを避けながら店の中に入つて、窓際に席を取りました。
    歪んだガラス越しに巴里の街が濡れたやうに見へます。星子さんはシャンパンをふたつ頼んで、乾杯しました。
    ふと奥のコンパートメントを見ると、一人で珈琲を啜つてゐるのはジャン•コクトーでした。僕はあはてゝボイを呼び、シャンパンをもう一つ
    コクトーのために注文しました。コクトーは、シャンパンが来ると吃驚したやうに僕たちの方に振り向いてシニカルな笑顔を見せると、
    「ありがたう。ちようど五月にお国へ行つてきたところだ。」
    と云ひました。さうして僕たちのところへ席を移すと、日本での鮮烈な経験と印象を饒舌に、詩的な表現を混ぜて手ぶりも大きく語るのでした。
    「その肌理の細かい白い肌に僕は頬ずりして、小さな節穴に唇を寄せて囁いたんだ、『君は美しい』と。」
    星子さんは目を丸くしました。
    「マアいやらしい!雪夫さんとどつこいどつこいだわ!いけすかない人。」
    「違ひますよ、伊勢神宮の白木の門を愛でてきたのです。」
    「!」
    コクトーはカフヱの入り口に目をやつて誰か見つけたらしく手を振ると、瀟洒な身なりの男が賑やかにガヤガヤとやつてきました。
    「こつちはロバート•キャパとアンリ•カルティエ•ブレッソンといふ男だよ。失業したての写真家だ」
    「失業したてのは余計だらう。こつちにゐるのは日本人かい?ジャン」
    「あゝ巴里に来たばつかりなんださうだ。シャンパンを奢つてもらつたぜ」
    「俺たちもシャンパンを貰つたら此の麗人のポオトレートを撮るんだがなア」
    僕と星子さんは一も二もなくシャンパンを取りました。キャパは肩から提げてゐた鞄からカメラを引張りだして星子さんに向けました。
    「あゝ、いゝよ。一寸ルルのやうだな、艶気がある」
    「まあ!ボイさん、この方に熱々のグラティネを!」
    キャパとブレッソンがポーズをとる星子さんにパチパチとカメラのシャッターを切つてゐるのを尻目に、コクトーが続けました。
    「紹介がまだゞつた。こつちにゐるのはジャン•ポール•サルトルといふ奴だ。哲学家だつたよな?」
    「そんな事はどうでもいゝ。俺が此処にゐるといふのが大事なんだ。」
    コクトーは手を星子さんの耳に寄せて内緒さうに云ひました。
    「こいつは鬱つぽいんだ。」
    サルトルは僕の顔を見ると、同志を得たやうに嬉しさうな顔をしました。
    「お前も何かに捕らえられてゐるな!」
    「つい先ほどまで大トランクの中に」
    「しかし自由といふのは却つて不自由なものだよ、ね、さうだね。」
    「えゝまあ。」
    星子さんは鬱々としたサルトルを憐れに思つたのか、またボイを呼ぶと
    「こちらにもグラティネを頂戴。蟹や蛸をたつぷりと!」
    蟹や蛸と聞くとサルトルは顔色をサッと変へ、キャッと叫ぶと頭を抱へて座り込んでしまひました。コクトーがゲラゲラ笑ひながら云ひました。
    「アイツは甲殻アレルギーなんだよ」
    夕方までシャンパンとトーストで話し込むだあと、星子さんと僕と一行はコクトーたちに誘はれました。
    「僕らはこれからフォリーベルジュールへ遊びに行くんだけど、これも縁だ、一緒にどうだい?」
    「もちろん喜んで!」
    星子さんが胸の前で手を組んで、小躍りしました。
    「私知つてるわ!エノケンや二村定一が出てるんでせう?巴里でも有名なのね!」
    「あれはカヂノ•フォーリーです。」
    「似たやうなもんだよ。ジャズがあつて、笑ひがあつて、女の足、エロがあつて。」
    コクトーが大柄な躯で僕たちをル•セレクトの出口に押し出しました。
    2
    フォーリー•ベルジュールは人でごつたがへしてゐました。舞台では既にワンサガールが脚を上げたり下げたり、けたゝましいジャズに合わせてゐます。
    さうして巨大なイエローの孔雀の羽根を背負つて登場したのは、有名なジョセフィン•ベーカーでした。彼女はバイバイ•ブラックバードやダイナを奔放に歌ひ踊りました。
    星子さんが歓声をあげて舞台のベーカーに手を振つたりおひねりを投げたりしました。さうして傍らで葉巻をくゆらせながら非合法の本物のアブサンを啜つてゐるコクトーに飛びつきました。
    「私、歌手なのよ!私も此処で歌ひたいわ!」
    コクトーやキャパや、いつの間にか膨れ上がつた取り巻きの仲間たちが、それは面白い!と沸き立ちました。一団は舞台裏にドヤドヤと詰めかけました。
    歌ふ ベーカーを横目に見る舞台袖には、おかっぱの藤田嗣治がゐました。フジタは僕たちを見ると不可思議な顔をしましたが、コクトーやブレッソンなどと一緒なのを見ると、破顔して迎へ入れました。
    「ヤア斯ういふ登場をするといふことは、君らが雪夫さんと星子さんだね。ホラ、いまアメリカのジークフェルト•フォリーズにゐるジョセフィンベイカーがお忍びで此処に来てるんだ、運がいゝねえ」
    フジタは超人的な理解力で百年の知己のやうに僕たちの肩と手を握りました。
    「君のことは死んだマドレエヌから聞いたよ」
    「星子さんに此処で歌はせてほしいんですが」
    フジタは流石に眉間に皺を寄せて難しい顔をしましたが、奥向きの支配人室に入つて暫くすると、ニコニコして戻つてきました。
    「好きなものを歌ひなさい」
    キャアと叫んだ星子さんは飛び上がつてフジタに飛びつき、頬ペタに接吻をしました。
    フランス人もジャズが大好きです。フォリー•ベルジュールの数人編成のジャズバンドが、ジャカジャカと沸騰するようなフォックストロットで弾みました。
    楽しい日が来た 私の胸に
    恋の花が咲いた 歓びが来た
    心は踊るよ あなたと逢えば
    いつも胸に春が訪れてるよ
    夢にまで見る君が面影
    楽しい日が来た 私の胸に
    恋の花が咲いた 歓びが来た
    (ハッピイデイズ ”Happy Days”)
    フジタは星子さんが舞台で何曲か歌ふのを眺めながら
    「雪夫君もステージで何かしたまへ」
    とけしかけました。
    「えッいやあ僕には何んにもできませんよ!」
    「昔、浅草の大勝館だか何処かで面白いかなとをやつたぢやないか。僕はあの時は前の奥さんのユキと見て、手を叩いて笑つたんだぜ」
    「何をしましたつけ?」
    フジタはドテラ姿で手真似を混ぜながら剽軽に云ひました。
    「ジャズバンドを伴奏にしてステージで射精したんだよ!」
    赤面する僕を囲んでコクトーが快哉を叫びました。
    「素晴らしい!僕はそれを素描にするよ!」
    キャパやサルトルもぜひやれやれと僕の肩をどやしつけ激励しました。顔色を明るくしたサルトルが云ひました。
    「まさに生の営みではないか!」
    「そんなことしたら星子さんに嫌はれます!」
    「一瞬だからいゝぢやないか」
    「ダメ!絶対!」
    「だつたらおしつこでもいゝぜ」
    「おしつこなら…」
    「いいのか!?」
    厭がる僕を、悪戯な連中が箒の柄で舞台へ押し出しました。
    フォリー•ベルジュール満杯の客がさざめきながら星子さんの歌に聴き惚れてゐるところへ新顔が飛び出したので、哄笑が席のあちらこちらから起こりました。
    僕は腹を決めて星子さんの背後でゴソゴソと用意すると、噴水のやうなジャズバンドのシンバルに合はせて小水をしました。
    それは舞台のライトに照らされてキラキラと輝きながら客席に飛び込んでゆきました。客席は蜂の巣を突ついたやうな騒ぎになりました。
    円弧を宙に描いて放たれる黄金水を浴びた前列の客は、アブサンかそれとも何か強烈な麻薬でもやつてゐたのか、舞台の雰囲気に呑まれきつたのか、体いつぱい嬉しさを満開にして小水を浴び、歓声を挙げました。満杯の客が立ち上がつて拍手をしたり、ヒスを飛ばしたり、喝采を寄越したりしました。星子さんは青ざめた顔色で舞台を退けました。
    調子に乗つた僕は、ライトに照らし出されてカーブを描く玉が静止しているやうに見へる小水を左右に振り撒きました。騒ぎは一層おおきくなり、僕は引つ掛け棒で舞台袖に引き戻されました。フジタやキャパやサルトルが腹を抱へて馬鹿笑ひをしながら
    「狂つてる」
    と、僕を指差しながら云ひました。
    星子さんは憮然としてそそくさと赤いワンピースから溶接用の防火面を出すと、すつぽり顔に被せてしまひました。
    「前から危ない危ないとは思つてゐたけれど、雪夫さんがそんなに危険人物だとは思つてなかつたわ!とても顔なんか直に見られません!」
    星子さんはそれから一週間、口を利いてくれませんでした。
    Per

  155. 2014/07/15 19:16:56 はてなstereo diary含むアンテナおとなりページ

    とにかく会議会議で時間がなく尻切れになってしまいがちですみません。以下メモ代わりの、いただいたものを含めた書籍情報等です。
    これも著者からお送りいただく。いずれも感謝。
    キリストの顔: イメージ人類学序説 (筑摩選書)
    作者: 水野千依
    出版社/メーカー: 筑摩書房
    発売日: 2014/06/12
    メディア: 単行本
    1985/写真がアートになったとき (写真叢書)
    作者: 粟生田弓,小林杏
    出版社/メーカー: 青弓社
    発売日: 2014/06/30
    メディア: 単行本
    これは即注文。ようやく出たようだ。

  156. 2014/07/13 19:04:43 Catch22含むアンテナおとなりページ

    07月13日(Sun) BBC: Tofubeats guest mix

  157. 2014/07/12 13:21:15 フリップ村上の《まんが巻評》含むアンテナおとなりページ

    fripp-m 2014/07/12 11:11 くらさん、コメントありがとうございます。本作はなにより低予算だし、学園ドラマという範疇内なので、アイドル映画的には『櫻の園』あたりの系譜につながるのかもしれません。監督本人はメジャー志向を公言しているようですし、少女映画の枠にとどまらず(BL風味もいけると思うんだよね)活躍を期待してます。
    しかし、そんな文章でもいざ書こうとなると、結構な時間と労力をとられるのも事実で、そんなこともあって、しばらく感想書きの世界から足を洗おうという運びになりました。

  158. 2014/07/11 07:48:27 書物の帝国 Annex含むアンテナおとなりページ

    2011-05-04 リトル・ブラザー

  159. 2014/07/08 08:44:00 自堕落論含むアンテナおとなりページ

    2014-07-08
    ■[*自分語り]ピンボールの行方「早春スケッチブック」[*TVドラマ]
    たいていが、暇な時か、心細い時、もしくは誰かに気にかけて欲しい時、人は自分語りをしたくなるものだ。
    というわけで、いまここにいる自分の方向に影響をあたえてきた映画やらドラマやら小説やらについて、気のすむまで書いていこうと決めた。
    「そんな、くだらない人生なんてクソ喰らえだ」
    「そりゃあんた、もう観る目が違う。我慢して我慢した上で、これだと決めた映画だ。何一つ観逃すもんかと、目の力一杯で映画を観る」
    言い回しは、記憶なんで適当だ。
    15歳。高校受験直前。彼は突然日常の殻を破って、暴力的に生活に踏み込んで来た。
    山田太一脚本フジTVの連続ドラマ「早春スケッチブック」の沢田だ。その前のクールは、倉本聰の「君は海を見たか」で。TVサイズから時々はみ出す演技のショーケンと、当時大人気だった達者な演技の子役が演じる親子の愛情にのほほんと涙して、予定調和な暖かい日常を過ごしてたわけだ。
    そこへ、沢田だ。
    アングラ、アート、風俗とサブカル、自分の価値観だけを優先して破天荒な生活をおくってきた天才カメラマンだった初老の男。
    沢田は、高校受験を控えた主人公の日常に、秘密にされていた実の父としてあらわれる。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zero0/20140708

  160. 2014/07/03 09:32:59 読書その他の悪癖について含むアンテナおとなりページ

    Permalink | コメント(1) | トラックバック(0) | 00:15

  161. 2014/06/27 16:14:36 NightFlags含むアンテナおとなりページ

    今日のゲストが発表された時、素で息が止まりましたよ。手が震えましたよ。*1
    だって、OKNとYMUCの対バンですよ?俺が行かずに誰が行く!!ああもうこんな機会しばらく無いよこわいよ、ってことで前日入りして伊勢神宮お参りして万全の体制でライブへGO!
    レキシもこれからツアーなので新作ネタバレ気になる方は読み飛ばして下さい。毎回同じネタでも笑えるのがレキシのおじちゃんの凄いところだけどな!
    メトロックと同じく「LIFE」からスタート。終わってみるとメトロックとほぼ同じ流れのセットリスト+新曲。SMAやメトロックで使ってたアコギから白テレキャスに変更。途中のギターソロの音がはっきりして良くなった。エンディングを録音版より少し長めにアレンジしてるのはメトロックからかな。最後のサビにひろがりが出て好き。トータルではまだ少し固く聴こえるかなぁ。リリースしばらくしてから1ヶ月1本ペースのイベントで演奏してるだけだしなぁ。
    「メンバー紹介をします!どういう人なのかわからない人もいると思うので」3人を紹介したあと、総「そういえば~、今日名古屋に来たんですけど、新幹線でマネージャーから『話し方がうまくなる本』ってのを渡されて。*2”自信がないあなたへ”って、自信がないわけじゃないんですが…」ダ「最初の数行を読み聞かせしてくれたんだけど」総「話し方は、あなたのそれまでの人生のあらわれです」(笑)
    総「今年で10周年なんです。この10年、何も無いかなーと思ってたけど何もないわけではなかったので、こうやって演奏できてうれしいです。」
    池「レキシのライブに来るなんて稀有な人だねぇ、稀有ズだねぇ」
    *1:昼飯前で低血糖だった
    *2:「総言うわけで」に載ってたアレ

  162. 2014/06/23 04:13:30 Minerva’s owl flies away at midnight.含むアンテナおとなりページ

    <前の3日分
    <前の3日分

  163. 2014/06/02 21:07:42 Words and Phrases含むアンテナおとなりページ

    2014-06-02
    ■[book][disaster]いただきもの
    小さなラジオ局とコミュニティの再生: 3.11から962日の記録
    作者: 金山智子,日比野純一,宗田勝也,松浦さと子,松浦哲郎,災害とコミュニティラジオ研究会
    出版社/メーカー: 大隅書店
    発売日: 2014/05/30
    メディア: 単行本
    研究会の方よりご恵投いただきました。ありがとうございます。岩手、宮城、福島、茨城のコミュニティラジオ放送局関係者にインタビューした労作です。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 21:07
    [asin:B00J4GW87Y:detail]

  164. 2014/05/30 01:18:02 クロスロード=クリティーク含むアンテナおとなりページ

    hate_na7 2014/05/29 23:58 そういや、あかね行ってます?
    鶏肉さんが店員まだ(また?)やっているんだなって。
    東京に行きたい。

  165. 2014/05/27 06:44:55 Shapesphere含むアンテナおとなりページ

    2014/05/27 (火)
    ■[一般] オールタイムベスト2014
    SFマガジン700号で結果が発表されていました。ちょっとうろたえるような結果。
    飛本人は『象られた力』で日本SF大賞をいただいたときから全然進歩していません。そのときの「受賞のことば」を再掲して、お礼の言葉に代えます。
    受賞の報せは船上で受けた。
    飛は今、本土から約七〇キロ離れた日本海の離島に棲んでいる。日本SF大賞の選考がその日の午後だとは承知していたが、飛は所用で三時過ぎにはフェリーに乗り込んでいた。それに乗らないと翌日の仕事に間に合わかったのだ。
    全長一〇〇メートルもある立派な船だが、二等船室は広い桟敷が何区画かあるばかりである。みな我れ先にと乗り込み、お花見の席取りをするように自分の寝場所を確保する。二時間半もあぐらをかいていられないので、みんな一枚三十円の貸し毛布にくるまって、棒のように寝っ転がるわけだ。
    たちまち、桟敷は毛布色のフィンガーチョコをならべたような景色になる。
    その日は海もけっこう荒れていて、右隣の同僚も含め、だれもが速攻で睡眠体制に入った。左どなりのおじさんだけは、どういう訳だかクロスワード雑誌を攻略している。飛も船酔いはしない方だが、ここまではしない。なかなかの人物だと思った。
    さて銅鑼が鳴って三十分かそこらが経過し、だれもが夢の中に漂いだしたころ、ポケットの中で携帯が(おごそかに)振るえた。
    受賞の報せだった。
    しけに揺れる船の上、ぎっしりと敷き詰められた人を踏みそうになりながら(踏んだかもしれないが)ロビーに出て、通話を続けようとするが、悲しいかな日本海のただ中ではアンテナが一本しか立たず、それも頼りなげに点滅するのみである。
    何回通話が中断したか、もう覚えていられないほどだった。
    ふたことみこと話すと、すぐ切れてしまう。
    「や、すみません切れてしまって」と言うだけで、もう無音になる。
    しまいには船上の衛星電話にテレカ(久々に買ったよ)を突っ込み、飛の声はいったん軌道まで上がり東京に舞い降りて、それでようやくまともな会話ができた。
    用件がすべて終わり携帯を見ると、アンテナは完全に消えている。
    なんか、みっともないなあ自分……と、うな垂れながら、ゆっくりと桟敷に帰った。
    同僚は眠りこけている。
    左のおじさんはまだクロスワードを続けている(実話です)。
    飛も毛布にくるまる。
    だれにも携帯は通じない。
    同伴する編集者も、肩をたたき合う友人も、びっくり顔の家族もいない。
    みんな棒になって寝ている。夢を見ているかもしれない。おじさん以外は。
    フェリーは灰色の波と灰色の空の境界を、冷凍睡眠宇宙船のように粛々と進んでいる。
    なんとまあ――
    なんとまあ、飛にお似合いなシチュエーションだろうか。
    変な話だが、なんだかほっとしたのだった。
    たぶんこれからもずっと、こんなみっともない調子だろうな、と思った。
    速く書くことも、沢山書くこともできない。
    書きたい話のストックもない。
    ずっとそうなのだ。
    小学生が石ころを蹴りながら下校するときのように、その時つま先にある一個の石だけを大事に、田舎で、ひとりで、とぼとぼとSFを書いてきた。
    たぶんもう変わらないだろう。
    でもこの日、「まあそれでもいいでしょう」と、承認されたような気がしたのだ。
    あんたはまあ、そんな感じでいいよ、と。
    毛布に包まった棒状の飛は、安心し、かといってさすがに眠れるわけもなく、日本海のうねりを背中に感じながら、天井をぼおっと眺めつづけた。
    SFを書く場所は、「夢」と「クロスワードパズル」に挟まれたどこかに、ちゃんとある。
    その場所なら、もう知っている。
    書き上がったらそれを送ろう。アンテナが消えかけたらテレカを挿せばいい。衛星が届けてくれるだろう。
    だからこれからも、急がず、遅れず、ころころと蹴っていきたい。
    みなさん、どうもありがとうございました。

  166. 2014/05/25 16:50:29 文学の遠吠え含むアンテナおとなりページ

    最終更新日 2014年 5月25日
    遠吠日記 5/25

  167. 2014/05/13 06:55:19 a piece of coco fudge - So tough含むアンテナおとなりページ

    観客だけが知るたまことデラの秘やかなつながり。銭湯と鴨川。そしてたまこは靄のなかをひた走ったあと「コンタクトレンズ落としちゃった」と呟く。あのたまこを取り巻いていた靄はもち蔵の告白に混乱する彼女の主観風景ではなく、もとい主観風景であると同時に、コンタクトレンズが外れてしまったたまこ自身の焦点のぼやけた視界そのものだったのだ。ぼやけた視界と、靄がかった彼女の主観と、京都の町をひた走るたまこの横顔。短いカットのなかで三つの層が渾然となりながらも、「実はコンタクトレンズが外れていた」ということを遅れて明かすことで観客の視点をたまこの視点と同一化させたままではおかない。たまこの戸惑いはたまこだけのもの。ただわたしたちに許されているのはたまこの視点に寄り添いながら早朝の商店街の空気を初めて吸うこと、クラスメイトと戯れる幼なじみの見たことのない表情に気がつくこと、自分の夢に向かって足を踏み出したクラスメイトを見つめながら遠く飛行機の音を聞くこと……だけなのだ。

  168. 2014/05/12 02:28:36 COMME L’EAU QUI COULE含むアンテナおとなりページ

    <前の3日分
    2014-05-11-Sun たまこラブストーリーを見た
    以下、適当なメモ。
    無菌室のように、悪意が一欠片も存在しない世界、それが北白川たまこ、もというさぎ山商店街を取り囲む世界なのだというのが、「たまこまーけっと」を適当に流し見た僕の認識だったが、そこで繰り広げられるお伽話は辟易するほどにのんびりとしたものだった気がする。辛いことばかりの現実的日常に対比されるかのように、視聴者の張り詰めた心を弛緩させるような甘ったるい物語こそが制作側の狙いだったのだろう。僕はつまらないと感じたけれども、まあそこはどうでもいいことだ。
    さて、その「たまこまーけっと」の映画版たる「たまこラブストーリー」であるが、これはテレビアニメには決定的にかけていた「ドラマ」が存在していた。砂糖菓子のような世界であっても、時間軸を取り入れてしまう以上は何かが変化せざるを得ない。しかしながら、人生、世界観が閉鎖的な空間にとどまっているたまこを動かして、「変化」を起こすのは困難を伴う、というわけで、今作は幼なじみのもち蔵からたまこに告白をさせる、というトリガーによって展開していく。世界は変わるのだという当たり前の話を、恋愛感情の発覚という関係性の変化をベースとして細やかに展開した製作陣には素直に拍手を送りたい。たまこまーけっとの持つ緩やかで優しい世界観を崩さずに、上手に変わるということを表現したと思う。
    幼なじみという兄弟のような関係から恋愛関係への移行は、たまこにとって見れば世界を根本的に塗り替えてしまうものだった、と言っても過言ではない。それにもち蔵は、近い将来、東京に行ってしまう。そんな変化を優しく受け止め、世界と自分の間をうまくリバランスすること、それが生きるということなのだ。かんなちゃんが言っていた、バランスポイントの話は明確な比喩であるし、バトンや糸電話のキャッチに関する描写もそうだ。バトンは動いているものだ。だからこそ、それから目を離さずに上手に受け止めなければいけない。父親の歌に対する、母親の下手くそな返歌を聴いて、たまこは逃げるのではなくてきちんと応えてあげなければいけないのだと理解する。いつまでも面食らっている場合ではないのだ、と。
    ついでに言えば、みどりちゃんはおそらくたまこに対して友情以上の感情(恋というほどではない。所有に近いものかもしれない)を抱いており、たまこに恋焦がれながらもアクションを起こさないもち蔵をヘタレとして蔑んでいた(言い過ぎか)が、彼が告白という一大行動を起こしたあとは、むしろその成就のためにサポートに回っている。もちろん、それは根底ではたまこももち蔵のことを憎からず思っていることを知っているからだろうが、もち蔵を認めたということもであるし、そして何よりみどり自身が世界の変化に対して折り合いをつけたということだろう。喪失に対する気持ちの決着は、たまこがやった幸福な受容よりも、観客からすれば共感しやすいものかもしれないし、実際に僕としてみればそうだった。だから、というわけではないが、「たまこラブストーリー」の裏主人公はみどりちゃんなのだ、と僕は思う。
    自分の思いと他者の思いのすれ違い、ままならない自分の願望、それを無残にも却下することもある世界の酷薄さ、それらをキャッチして、うまく折り合いを付けなければ生きていけない。大人になるということは諦めを覚えることではないが、少なくとも全てが思い通りにうまくいくわけではないことを知らなければならないし、認めなければならない。嬉しいこともあれば、寂しくなることもある。そして、悲しいこともある。今日という一日は、昨日とも明日とも違う一日だ。日常という単語に凝縮してしまえば、差異はほとんど見えなくなってしまうかもしれないが、一つ一つ取り上げてみれば異なっている。そして、その中でささやかな変化が起きていく。だから、素晴らしいのだ。世界の表情は毎日変わっている。だから、がんばって、とたまこたちと観客にエールを送っているような、そんな映画だった。あなたたちがこの先人生を送っていくならば、変化は数えきれないほど起こるだろう。けれど、それをうまく受け止めてやらなければいけないよ、と優しく語りかけているかのような……。
    本当に良かったよ、これ。
    idトラックバック
    2013-03-17-Sun 生存報告
    「冬目景画集-twenty-」発売記念原画展にいってきたよ! ということでお久しぶりです。色々あってというか主にモバマスやりすぎて全然本を読んでいなくてもう色々とアレだったのですが、久々に日記でも書こうかなと。ようやくS3にもなれて随分落ち着いてきたところで、今度はパズドラにはまりかけてる状態なので、今後が怪しいのですが。
    画像、僕が映り込んでますが、汚いツラはあんまり見えてないのでまあいいかな。
    そもそも原画集出ること自体コミックナタリーのニュースで知るあたり、かなりアンテナが低かったのですが、節目だし一応今まで全部画集は買ってるはずなので、今回も買うかあとは思っていたのですが、豪華版の方の「twenty」の注文期限が終わっていたのでどうするかなと思っていたところの、原画展開催ということで、行けば売ってるだろ(いつもそう)ということで行って来ました。
    そもそも冬目景を読み始めてからもう15年は確実に経ってるのですが、リクヲの年齢をあっという間に通り越して水無瀬に近いくらい(だよな?)になっている自分に辟易しつつも、未だに終わらず若干迷走してる感のある「イエスタ」を憂えながらも、「マホロミ」はきちんと買っていたので、未だにある程度の忠誠心はあるようです。今回も青山のGoFaで開催されており、いつもの場所なんで慣れたものなんですが、通常500円の入場券のところ、缶バッチつき800円のものがあって、しかもくじびきで絵柄が決定されるというあたり、ああこれはガチャだなあと思ったわけですが、この程度なら良心的だなと思ってしまったあたり、僕は飼いならされてしまっているのかもしれません。まあそんなことはどうでもいいんですが、画像の通り、僕が引いたのは「幻影博覧会」の真夜ちゃんだったのでがっくり。羊の千砂だったら嬉しかったんですが。千砂が欲しくて二回目のくじを引いてる人も居ましたが、さすがにそこまではやる気にならず(その人は一回目と同じのが当たっていた)。しかしこの入場券はどうかと思う。前はもうちょっと凝った入場券だったと記憶してますが……。
    肝心の展示内容は9割方は今までの原画展で見たことのあるもの。まあ初めて見る分にはありかなとは思いましたが、目新しさには欠ける分、ちょっと拍子抜け。そもそも今回の画集が今までの集大成(幻冬舎版権の)なので、それを見ればほぼ網羅されているような状態ではあるし、そもそも最近幻冬舎であまり描いてないっぽいので、作品を追っていれば新規絵はないのはわかるというものですが、見るまではそこまで考えが至らず。
    原画展のサイトには、サイン入り単行本を売ってるとあるので期待して行ったら、イエスタ、マホロミ、幻影博覧会、羊のうた文庫版が並んでおり、全部サイン入りだったので、何か一冊と思って、一番大好きなイエスタ1巻を買いました。お目当ての原画集もサイン入りのが置いてあったので購入。1万円とお高いですが、まあいいかなあと(記念?ですから)。多分ほとんど全部既出絵なんだと思いますが、まだ見ていないのでよくわかりません。
    びっくりしたのは、以前とは違って結構混み合っていたことと、3〜4万するようなアートワーク(額入りのお高い絵)がぽんぽん売れていたこと。まあ確かに冬目景追っかけてる人間なんていい年したおっさんしかいないのかもしれませんが(失礼)、不景気なんてなんのそのアベノミクスでイケイケドンドンという感じの売れ行きでした。僕は流石にそこまでの信者ではなくなってしまったので買わなかったけれども、これなら冬目景先生は漫画描かなくても大丈夫なんじゃないかと思ってしまうくらい。そんな状況にはかまけずに、イエスタを完結させていただきたいのが僕の衷心からのお願いです。
    というわけで久々に日記書きました。疲れはしなかったけれど、文章作るのって頭使いますね。使ったような文章じゃないですが!
    idトラックバック
    2012-04-12-Thu
    すごく放置してたけど生きてる。
    idトラックバック
    <前の3日分
    アーカイブ

  169. 2014/04/28 22:40:31 アリオッチ!アリオッチ!アリオッチ!含むアンテナおとなりページ

    2014-04-28
    艦隊これくしょん -艦これ-艦これRPG 建造ノ書 壱
    作者: 河嶋陶一朗,冒険企画局,「艦これ」運営鎮守府
    出版社/メーカー: KADOKAWA/富士見書房
    発売日: 2014/04/16
    メディア: 単行本
    終物語 (下) (講談社BOX)
    作者: 西尾維新,VOFAN
    出版社/メーカー: 講談社
    発売日: 2014/04/02
    メディア: 単行本(ソフトカバー)
    ガガガ文庫 セブンスホールの魔女2(イラスト完全版)
    作者: 池田朝佳
    出版社/メーカー: 小学館
    発売日: 2014/04/25
    メディア: Kindle版
    ブラックサッド 地獄と沈黙 (EUROMANGA COLLECTION)
    作者: フアン・ディアス・カナレス,フアンホ・ガルニド,大西愛子
    出版社/メーカー: 飛鳥新社
    発売日: 2014/04/17
    メディア: 大型本
    極黒のブリュンヒルデ 9 (ヤングジャンプコミックス)
    作者: 岡本倫
    出版社/メーカー: 集英社
    発売日: 2014/04/18
    メディア: コミック
    ユーベルブラット (15) (ヤングガンガンコミックス)
    作者: 塩野干支郎次
    出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
    発売日: 2014/04/25
    メディア: コミック
    リューシカ・リューシカ(8) (ガンガンコミックスONLINE)
    作者: 安倍吉俊
    出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
    発売日: 2014/04/22
    メディア: コミック
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nacht_musik/20140428
    メディア: 文庫

  170. 2014/04/28 21:11:41 博物士含むアンテナおとなりページ

    のと鉄道の路線図を見ていたところで和倉温泉駅が『痕−きずあと−』の舞台になっていたことを思い出したので,降り立ってみました。鶴来屋のモデルとなった加賀屋を見ておこうと歩いていったのですが,片道2.4kmは遠かったです(でも満足)。

  171. 2014/04/22 02:24:37 Ak含むアンテナおとなりページ

    You need to upgrade your Flash Player

  172. 2014/04/19 23:29:58 コズミックサーフィン含むアンテナおとなりページ

    2014-04-19

    ここ一週間で丸川トモヒロ「成恵の世界」を1巻から読みかえしている。
    完結巻を含む12・13巻をいよいよ読むべく始めから手に取っているが、おもしろさが今ここでも放たれていて、10年以上前から良いものを読んでいたんだな、と実感する。
    アニメを機に読み出した1〜5巻と最新刊が出る度に読んでいた6巻以降との付き合いの深さは如実にあり、前者の思い出に強くひたれる分、読みかえす手はここ数年鈍っていたけれど、いざ手に取りページをめくり出すと、おもしろさがぎゅうぎゅうに詰まったイメージの奔流に身を任せているのだった。ああそんなこともあったっけねえと記憶を探りながら、このほのぼのSFラブコメに没入するこの感覚がとても好きだ。
    そして永岡さんの笑顔に相も変わらずやられてしまうのさ。かわいい、としみじみ。
    成恵の世界(1) (角川コミックス・エース)
    作者: 丸川トモヒロ
    出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
    発売日: 2012/09/01
    メディア: Kindle版
    橋本治『無花果少年と瓜売小僧』
    「ちいさこべえ」1〜2巻

  173. 2014/04/18 17:49:07 たんぺんよむ含むアンテナおとなりページ

    Maxi2014/04/18 17:49If only there were more cleevr people like you!

  174. 2014/04/14 23:09:03 ぬるま湯につかる日々含むアンテナおとなりページ

    発売日: 2003/06

  175. 2014/04/11 13:51:15 過ぎ去ろうとしない過去含むアンテナおとなりページ

    Twitter / @sulaymanhakiym
    ロープライス ¥57
    ロープライス ¥20,289
    or 新品 ¥20,289
    ロープライス ¥2,645

  176. 2014/04/07 06:04:51 懐手して天体観測含むアンテナおとなりページ

    大きな人だったらしい。考えもしないところで私の中で筒井康隆と野村胡堂が結びつきなんだか面白い。そういえば、と思いだし書棚をさぐり筒井康隆『筒井康隆の文藝時評』(河出書房新社)を見つける。考えもしないといえば、この本は「文藝」に1993年の春季号から冬季号まで全四回連載されていた「時評」で、奥付をみると、ちょうど二十年前のいまごろに刊行されていることに驚く(1994年2月25日初版発行)、主に時間の経過に、早いなぁ、94年ってもう二十年前かよ!ということはどうでもよく、何故にこの本を思いだしたかというにここにも考えもしない結びつきがあり、五年ほど前に古本屋で買って読んでから、それが頭のどこかにずっと引っかかりつづけていたからだった(ということとは別に、この本でやっていることと『創作の極意と掟』のなかでやっていることが同じ―つまり小説に対する「批評」―で、やっぱり筒井は凄いなぁ、などと思ってしまう)。この本は、「時評」ということもあってか多くの作家や評論家の名前がでてきて、その人について後注形式で説明しているのだけど、そこに取り上げられている名前を見て、さてこの中の何人が現役の作家としていま書いているのか、と思うとなかなかに恐ろしいものがある、というのとは別に、考えもしない結びつきというのが、この本のなかに名前がでてくるけれど後注にでてこない人、つまりこの時点では作家でも評論家でもない人が、おそらくいま作家として活躍している、ということだったりする。「文藝時評◇第2回」に書かれたこんなくだり。

  177. 2014/04/02 15:05:10 死んだ恋人を捜してweblog含むアンテナおとなりページ

    ロリポップ!レンタルサーバー

  178. 2014/03/31 10:21:01 ビンゴーの日記含むアンテナおとなりページ

    Americanah
    作者: Chimamanda Ngozi Adichie
    出版社/メーカー: Knopf
    発売日: 2013/05/14
    メディア: ハードカバー

  179. 2014/03/25 05:27:01 Happy Death Day含むアンテナおとなりページ

    コメントを書く
    2011-05-22
    ■[アプリデザイン]恋愛手帳 17:35
    恋愛手帳
    アンドロイドアプリのデザインをしました。
    好きな人との記念日を忘れて困らないように
    記念日や思い出を書き留めることに特化した手帳です。
    ◆主な機能
    パスワード設定 / プロフィール設定 / オリジナルカレンダー / 日記 / TODOリスト / 記念日登録 / デート代管理 / プレゼント履歴 / myクローゼット / カスタマイズデザイン5種類(ピンク・イエロー・パープル・ブルー・レッド)
    結構盛りだくさんですね。甘酸っぱい気持ちです。
    いつかホラーちっくなテイストのデザインのアプリも作りたいです(^q^)
    ■[アプリデザイン]したつもり貯金箱 05:27
    したつもり貯金箱
    アンドロイドアプリのデザインをしました。
    買ったつもりになって記帳していく浪費シミュレーションアプリです。
    無料なのでよかったら遊んでみてください。
    ※ゆうしさんのご意見により、ぶたを押すと言うことが変わるよう仕様追加しました。
    コメントを書く
    なっしー 2011/10/07 13:26 お弁当を作ったら予定してたランチ代1000円をポチッと入力、上手く自動販売機前をスルーできたら爽健美茶代150円をポチッと…1ヶ月ごとに貯まった金額を実際に別口座に移す予定です!
    とても便利で励みになります。公開してくれてありがとうございました!
    nomonsterinme 2011/11/13 22:49 なっしーさん>
    こちらこそ、使っていただきありがとうございます!
    2011-04-08
    ■[日記]可愛いペットキャラクター 無料ライブ壁紙 21:17
    可愛いペットキャラクター 無料ライブ壁紙
    GREEとかで出してるゲームのキャラクターのライブ壁紙を作りました。
    時間で背景が変わります。

  180. 2014/03/24 08:01:30 a piece of cake !含むアンテナおとなりページ

    2014-03-24
    ■[Twitter]2014年03月23日のツイート
    @apismellifera0: @the_apollons ご連絡ありがとうございました。さっそくフォローさせていただきました。何卒よろしくお願いいたします!
    2014-03-23 19:35:36 via web to @the_apollons
    @apismellifera0: @the_apollons お世話様です。痛恨にも、ライブの日は大阪出張だったため、UFOクラブに伺えませんでした。なんとしても、CDだけは入手いたしたく、RTを送らせていただきます。具体的に、どうしたらいいか、ご教示ください。よろしくお願いいたします。
    2014-03-23 17:14:34 via HootSuite to @the_apollons
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 08:01
    idトラックバック

  181. 2014/03/22 02:36:51 伊藤計劃:第弐位相含むアンテナおとなりページ

    oumishiroiwa 2014/03/22 02:36 はじめまして。
    もう貴方が見ることがないブログに、こんなことを書きこむのは、最後まで死に向き合ってきた貴方に対して失礼かと思いますが、どうしても書いておきたかったのです。
    貴方様の長編二編「虐殺器官」「ハーモニー」が二〇一五年、劇場アニメ化することが決まりました。
    もしこれをご覧くださったら、何と書いてくれたでしょうか。
    計劃さんは私の中で、これまでも、これからも、一番好きな作家さんです。
    言葉や小説にこんな楽しみ方があったのかということも、世界の見方も教えてくれたました。
    計劃さんの小説の、灰色の雨上がりのような雰囲気や、繊細な語り口調も、深甚な思想もすべてが大好きです。
    できるなら貴方が生きているときに、貴方を知っていたかったです。
    もっと生きていてほしかったです。
    計劃さんに対しての評論で優秀賞を受賞したSF評論家の方が
    「project_Itohはまだ始まったばかりである」「夜明けも朝も、まだ必要ない」と書かれていました。
    まだしばらくは計劃さんの描いた未来の中でいたいです。
    Twitter / @nerimarina

  182. 2014/03/21 09:42:35 発見記録含むアンテナおとなりページ

    第一次世界大戦は「砲弾(シェル)ショック」と呼ばれる戦争神経症の患者を生んだ。記憶を喪失した兵士も、アンテルム・マンジャン一人ではなかった。挿絵として収められた〓Le Petit Parisien〓紙の広告には、マンジャンら6名の顔写真に収容先、身体の特徴などが付記される。マンジャンの場合が特異なのは、わが子、わが夫だと信じる家族が続々と現われたことだ。しかしマンジャンは誰と会ってもほとんど反応を見せない。そもそも意思の疎通が困難な状態だった。ロデスの病院施設は前近代的で、開放病棟も設置されていなかったが、マンジャンは特別待遇、快適で風通しの良い個室を与えられた。いわば有名人であり、結核の初

  183. 2014/03/14 00:34:06 Steptext含むアンテナおとなりページ

    2014-03-13
    ■[本]
    大西巨人氏、逝去。ほとんど大作を読んだことがないわたしが『神聖喜劇』に挑戦したのが8年前。読み終えるまでにずいぶん時間がかかったけど、膨大なページを費やさねば到達できない真理もあるのだ、と感じた圧巻の読書体験でした。
    以下、当時の進捗状況メモ、のようなもの。今読みかえしても、さっぱり意味がわかりません(笑)
    2006/09/15 第一巻160頁まで。ヌターッと読んでます。
    2006/09/27 第一巻300ページまで。軍隊のおかずは大根ばかりであることは軍事機密。軍人の本分はいわゆる『一つの誠心(まごころ)』である。
    2006/10/09 第一巻456ページまで。そげなもんじゃないよ。そげなもんじゃあられんよ。
    2006/10/24 第二巻135ページまで。閨での会話。川端康成『高原』で描写された、戦争へ赴く海軍士官を見送る妻の所作。喉のあたりに広げられた白扇がだんだん顔の上のほうへ――。
    2006/11/14 第二巻228ページまで。「大抵勇を尚(たっと)び死をいとはず、恥を知り伸を重んじ、むさくきたなく候事を男子のせざる事と立候(たてさうらふ)習わし」、そして剃毛の儀式。
    2006/11/22 第二巻410ページまで。百姓の女子衆(おなごしゅ)兼業の女郎なんちゅうとは、考えてみりゃ、おかしかごたぁる悲しかごたぁることよねぇ。
    2006/11/29 三巻130ページまで。「ちょっと来い」に、よかことなし。引率外出後のタイコエンシュウ。
    2006/12/10 第三巻350ページまで。「芸術を身過ぎ世過ぎの稼業にしている人間」を除く「(真性の)芸術家」における「習俗的であることの悦楽にたいする内密にして激烈な憧憬」について。
    2006/12/20 第四巻110ページ。恥を恥と思はねば、恥を掻くことなく。荒井晴彦によって『神聖喜劇』がシナリオ化されているが、澤井信一郎監督による映画化の噂もあるらしく。外側から見た東堂は、必要な時以外は口を開かない無口な人間だと思うのだけど、彼の思考の軌跡を台詞化するならば、結構な量の台詞を喋ることになる。となると、小説とはまた違った東堂像になりそう。
    2007/05/02 第四巻346ページまで。『神よ。願わくは、われをして、みずから知らずまたは解せぬことを謗らしめあるいは語らしめたまうな。』
    2007/05/07 第五巻135ページまで。――誘うてくれて、ありがとう。
    2007/05/15 第五巻読了。万感の思いで最後の頁を閉じた。非常時にむきだしになる、面白うてやがてかなしき人の世の、うつくしさと醜さを描き切った作品だった。意志は強し、生命より強し。それでも人間のどうしようもない愚かさをも愛す。
    Permalink | コメント(0)

  184. 2014/03/11 07:35:45 とある読書録含むアンテナおとなりページ

    発売日: 2007/04/10

  185. 2014/03/07 21:21:03 juice78含むアンテナおとなりページ

    それどんな話?のログ

  186. 2014/02/22 06:32:36 灰―Book―含むアンテナおとなりページ

    [asin:4062178923:detail]

  187. 2014/02/18 15:30:01 errance ... ecumes des jours含むアンテナおとなりページ

    「livedoor ブログ検索」ブログパーツは、サービスを終了しました。

  188. 2014/02/15 08:13:04 丸目はるの魂含むアンテナおとなりページ

    (2014)
    ・世界を変える日に ジェイン・ロジャーズ
    (2013)
    ・ウォークン・フュアリーズ リチャード・モーガン
    ・オルタード・カーボン リチャード・モーガン
    ・アンドロイドの夢の羊 ジョン・スコルジー
    ・シップブレイカー パオロ・バチガルビ
    ・量子怪盗 ハンヌ・ライアニエミ
    ・任務外作戦 ロイス・マクマスター・ビジョルド
    ・巨獣めざめる ジェイムズ・S・A・コーリイ
    ・成長の儀式 アレクセイ・パンシン
    ・最終定理 アーサー・C・クラーク&フレデリック・ポール
    ・戦いの虚空ー老人と宇宙5 ジョン・スコルジー
    ・レジェンド マリー・ルー
    ・連環宇宙 R・C・ウィルスン
    ・クタス C・J・チェリイ
    ・ションジル C・J・チェリイ
    ・ケスリス C・J・チェリイ
    ・ルナ・ゲートの彼方 ロバート・A・ハインライン

  189. 2014/02/01 07:13:06 読書メモ(わりと最近)含むアンテナおとなりページ

    Document not found
    The requested document was not found on this server. This could be for a variety of reasons, including:
    You followed a broken or out-of-date link.
    You entered the URL incorrectly.
    The file no longer exists.If you followed a broken link, please inform the owner of the referring document.

  190. 2014/01/29 05:15:07 銀河通信オンライン含むアンテナおとなりページ

    ただいまサービスページのメンテナンス中です。
    【メンテナンス期間】
    2014/01/29 AM 0:30 〜 AM 10:00
    お手数ですが時間を置いてアクセスをしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

  191. 2014/01/25 05:46:02 試行錯誤含むアンテナおとなりページ
  192. 2014/01/18 17:45:10 見下げはてな含むアンテナおとなりページ

    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    天日録 - 夏コミで同人誌出すよ!
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)

  193. 2014/01/18 01:03:12 Wild Hearts ’71 [Diary]含むアンテナおとなりページ

    test
    Just another WordPress site
    メニュー
    コンテンツへ移動
    サンプルページ
    検索:
    Hello world!
    2014年1月17日未分類C2ZfQN1R
    WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !
    1件のコメント
    検索:
    最近の投稿
    Hello world!
    最近のコメント
    Hello world! に Mr WordPress より
    アーカイブ
    2014年1月
    カテゴリー
    未分類
    メタ情報
    ログイン
    投稿の RSS
    コメントの RSS
    WordPress.org
    Proudly powered by WordPress

  194. 2014/01/12 21:43:07 いもじな日々含むアンテナおとなりページ

    2014-01-12
    最大寒波の三連休
    12月30日、百日法要。帰省中は忙しかった。
    WinXPのノートパソコンとデスクトップPCの調子が悪かったので、OSをWin7にした。両PCとも公式には7をサポートしていなかったのだが、必要なドライバを調達して、OS入れ替えに成功。新しいPCを買う金は無い。
    [ビーチコーミング記録]
    1月11日。石狩浜。猛吹雪の中、河口まで歩く。収穫無し。
    201301 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
    1998年11月7日から2014年1月12日まで

  195. 2014/01/09 15:36:51 shirimeの日記含むアンテナおとなりページ

    2014-01-09 ピンク映画
    (秘)色情めす市場 [DVD]
    出版社/メーカー: 日活
    発売日: 2007/06/22
    メディア: DVD
    大阪のドヤ街で街娼として働く十九歳のトメの物語。物語中に出てくるゴム人形が象徴的に使われている。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shirime/20140109

  196. 2013/12/27 20:58:42 吊革図書室含むアンテナおとなりページ

    読み捨て文庫 (12/27) 10〜12月に読んでたもの。更新怠けすぎて三ヶ月ぶん。

  197. 2013/12/21 06:12:54 書店員の異常な愛情含むアンテナおとなりページ

    退職エントリを書いて承認欲求を満たそうと思ったけど、そもそも普段から仕事のアウトプットをしているわけではないし、社名出すリスクすら犯したくないので一切承認獲得できない事が判明した。死にたい。
    自分のスキルや取り組み・実績のアウトプットを重ねて承認を得るの、やろうと思えば職種がなんであろうと可能だろうとは思うけど、やはりエンジニアは一歩有利な気がするので若者はみんなエンジニアを目指したほうが良いと思う。企画isクソ。

  198. 2013/12/21 01:40:49 SomeCameRunning含むアンテナおとなりページ

    映画『熱波』レビュー、「金曜しねまてーく!」vol.5『オルエットの方へ』(更新2013.7.29)
    7月26日(金)にフォーラム山形の「金曜しねまてーく!」におきましてジャック・ロジエ監督の『オルエットの方へ』が上映されます。18時半からの回は、上映の前後に解説をさせていただきます。7月7日(日)の『朝日新聞グローブ』におきまして、ミゲル・ゴメス監督『熱波』クロスレビューをしています。ウェブ版はこちら。7月5日発売の『キネマ旬報』7 月下旬号におきまして、『ベルリン・ファイル』のレビューを書いています。

  199. 2013/11/27 22:48:37 冬の風鈴含むアンテナおとなりページ

    2013-11-27
    ■[movie]宝塚銀英伝
    やるよーと話題になってたときから気になってたけど、観れる日が来るとは思ってなかった。
    なんだか色々と初体験な世界であった。
    でもやっぱりミュージカルは苦手。何故歌う。
    アスターテ会戦からリップシュタット戦役までを2時間強ってのもしんどいよね。
    以下楽しかったシーン。
    ジェシカを襲う憂国騎士団を一人でばったばったとなぎ払うヤン。ローゼンリッター要らずの活躍で、これなら地球教対策もバッチリ。
    皆でファイエルファイエル云いながら踊ってただけに見えたけど、そのあと怒られるビッテンフェルト。なんでやんなシーンだけど、ビッテンフェルトだけになんか違和感なく。
    アンスバッハ「覚悟ー」ピロピロピロ キルヒアイス「うわー」ビビビビビ 火星人的な武器だったの?
    あと、劇が終わったあとの歌謡ショーみたいな場面でのことだったのでツッコんじゃいけないことなんだろうけど、過度な装飾を嫌うラインハルトが孔雀みたいな格好してたよ。
    12/27 かんぱち 6
    12/27 ナナとカオル Black Label 4

  200. 2013/11/19 09:24:40 サシツササレツ含むアンテナおとなりページ

    サシツササレツ
    サツバツとサシツササレツ
    2011.12.28
    前の記事がソシアリスムという
    ほぼ一年ぶりの更新です。ツイッターの方でごちゃごちゃ書いてしまっているので、こうやってまとまった文章を書くことは、ブログではやらなくなってしまった。といっても、義務という意味ではなく、読んだ本などの感想や、その要約などは、昔からブログでやっていたわけで、でも、書こうという気が前ほどなくなっていきました。ツイッターだと、すぐに反応があるし、チャットが好きだったこともあって、チャット代わりにツイッターを使っているうちに、ブログよりツイッターの比重が高くなりました。
    さて、といって語るのもわざとらしい、2011年はいろいろあった年でした。影響は地球規模だということはひとまず置いておいて、単純に精神的な意味で、広く東北・関東の人は、地震の揺れの大きさと、原発に相対的に近いということもあって、3月11日以降、不安な毎日ではないでしょうか。もちろん、表面上は自分はわからなくても、潜在的に不安を抱えている人はいると思います。僕は、地震から一か月くらいは、本なんて読みたいとも思いませんでした。まあ、知識というか、知の意味ってなんだろうと、考えさせられたわけです。
    この記事の前の記事は、ゴダールの映画を見に行った感想が書いてあります。もちろん、この記事からちょうど二か月後に、地震があったわけですが、地震からしばらくたったとき、特に津波の映像を見て、そういえば、ゴダールのソシアリスムは、海から始まっていたなと考えました。セリフは正確ではないですが、こういうことを言っていたような気がします。「お金は誰のものだい?」「みんな(社会)のもの」「そう、水のように・・・」、確かこんな対話だったような気がします。そして、確かに海の水はみんなのものであり、それが押し寄せてきたのです。そして、津波の被害の大きかった町、原発の影響で住めなくなった土地は、いったい誰のものなんだという、ことが思われました。所有権とはなんなのか。
    数日ですが、福島県を除く宮城・岩手の太平洋側のガレキ撤去の手伝いと、それと同等にどうなっているのかを見たいという気持ちから、この秋に行ってきました。親切な方が、200キロの距離を車で案内して、話を聞かせてくれました。映像などで皆さんは見ていると思いますので、状況説明はしませんが、そこでやはり目についたのは所有権でした。
    もはや使用価値のない自動車や家や船などが、そのままなのです。もちろんこれは作業中というのもありますが、所有者の許可なく壊したり場所を動かすには、法的に難しいところもあるようです。がらんどうになった家に、赤ペンキで撤去してくださいと書いてありましたが、おそらく、そこに住んでいた人と連絡が取れないんでしょう、そのままでした。きれいに整地してあるところと、ところどころ焼けたり崩れたりした家が、並んでいます。やはりここでも、土地や家の所有権の問題になります。たとえそれが使用価値的には無であったとしても。ソシアリスムを見ていなかったら、また違っていたのかもしれません。
    2011年は、本も結構買いましたが、ツイッターで書いてはいたのですが、ここにはご無沙汰でした。一から書くのはほぼ不可能。自分ですら何を買ったのか覚えていないんです。震災・原発系のも買いましたが、今年買ったので、一番印象に残っているのはなんだろうと考えてみると・・・買ったのは去年かもしれませんが、フッサールの『論理学研究』と『イデーン』を読破しようとしたことかもしれません。『論理学研究』はなんとか行けました。そしてかなりおもしろかったです。論理学がどうやって現象学につながるのか、ウィトゲンシュタインやフレーゲなどの論理学や論理哲学と、重なっている場所を、自分なりにいくつか発見することもできました。『イデーン』も読破するつもりでしたが、仕事の関係上来年になりそうです。夏になるかもなあ、読了が。
    なぜフッサールなのかは、フーコーの『生政治の誕生』を読んだからです。そこに、(新)自由主義を準備した、ドイツの経済学者たちが、フッサールの『論理学研究』を読んでいたということに、なぜだろうという疑問がわいたからです。
    現象学的還元と新自由主義の「ショック・ドクトリン」の関係が、そこから見えるような気がしています。これは、ブログを書いていくためのモチベーションとして、この先のために取っておくことにします。
    来年は今年よりはブログに書くようにしたいと思います。今年はこれとあわせて三つなので、今年以上は更新できると思います。
    それではみなさんよいお年を!
    2011.01.10
    ソシアリスム
    有楽町まで、映画『ゴダール・ソシアリスム』を見にいってきた。ゴダールの映画を映画館で見るのは初めて。ゴダールは数年前に、gyaoで『アワーミュージック』をやっていたのを教えられて、ためしに見ていたら、その頃の僕、まあ、今の僕にも面白いけど、かなり面白い映画だと思った。それから友人に勧められるがままに見て、その間に、僕も少し自分でも見ていた。映画にはほとんど知識がない僕でも、ゴダールはすごくチャップリンに似ているような気がしていた。チャップリンというか、サイレント映画にすごく似ていると思っていた。映画には全く知識がなくても、チャップリンはなぜか好きで、ほぼ全作品は見たと思う。僕はチャップリンでも、『キッド』よりも時間的に以前の短編が好きで、よく見ていた。どちらかというとそちらとゴダールは似ているような気がする。
    なぜこんな話をするかというと、チャップリンは長編を作るようになってからもそうだけど、ギャグシーンがしつこくて、くどくて反復するので、ものすごく退屈に感じる。実際退屈。かつて、短編集を一緒に見た人は、二時間あるのに二十分ほどで脱落してしまった。まあ、それが普通だろうとは思う。ただ、僕としては退屈じゃないチャップリンは、チャップリンじゃないという気がしている。これはチャップリンの何か特別な部分を知っているという話ではなく、コメディーは基本的に退屈さと一緒に始まるような気がする。その退屈さがコメディー成立の条件のような気がしている。
    実は、『ソシアリスム』を見ている最中、何の気もなくしばらく目をつむってしまった瞬間があった。映画を見ているということを忘れてしまって、寝ようとしてしまったのである。我ながら、自分に笑ってしまうところだった。その時感じたのは、このチャップリンを見たときのような退屈さだった。この退屈さを感じさせてくれる作品を僕は好きになる気がする。小説や絵画や、まあ何にでもいえるけど、この退屈さと重厚さのような、反復というか、堆積感というか、何かが重くのしかかってくるような。
    いつもこの退屈を思うとき、やはり僕はハイデガーの時間分析を思い出してしまう。これはもちろん後付けで、退屈なのが好きなのは、ハイデガーの時間性分析の前から好きだったのだけど、ハイデガーの退屈に関する時間分析を読んでからは、この退屈さをやはり存在論的に解釈したくなる。
    話が長くなるから節約すると、ここにアガンベンを登場させよう。『開かれ』に書いてあったけど、ハイデガーの退屈という時間は、まさしく動物の時間なのである。退屈というのは時間のもっとも根源的な雰囲気=構造で、人はこれを紛らわせようとする。しかし、この退屈こそ、現存在を構成する時間性の根源的な部分である。ハイデガーなら、動物は退屈にはならないというかもしれないけど、アガンベンのほうがここは正しいと思うけど、やはり形式的には動物の存在様態と退屈は似ている。
    ユクスキュルにも少し登場してもらおう、山に住むダニは、何年も木の上に待機していて、温度や二酸化炭素の排出を感じると、その方向ヘボとっと落ちるらしい。おそらく、この時間を人間に当てはめれば退屈ということになるだろう。ダニがどう考えているかはともかく、この木の上にいて、ぼとっと落ちること自体が、退屈を表現していると言えるだろう。
    『ソシアリスム』には動物が結構登場してくる。もちろんこの場合の動物は、人間と呼ばれるもの以外の動物のこと。猫がクルクルいいながら、あたかも話しているかのように鳴いているシーンが登場するんだけど、実はこの鳴き声は僕は昔から注目していて真似ができる。ゴダールより僕のほうがこの鳴き声に先に注目したんだと思い。まあこれは冗談です。ゴダールは動物と人間を、映画の中でも引用されていたような、比較不可能なものの比較のなかでかかわらせているようにみえました。
    さて、ここで退屈の登場です。この比較こそ、退屈なんじゃないかと思いました。退屈の構造と同じだという意味です。チャップリンにもゴダールにも、山ダニにも、おそらく猫にも、こういう退屈さの構造があるのでしょう。コメディーってこの退屈さを表現することだとさえ思います。これに比べたら、エスプリなんて・・・・・・
    退屈でつながりました。チャップリンも退屈だし、ゴダールも退屈でした。タイトルではない、政治体制としてのソシアリスムもこの退屈とどうかかわるのか、というのが僕の今の関心のありかです。
    2011.01.01
    あけましておめでとうございます
    あけましておめでとうございます。更新していくつもり!いろいろ本は買ったので書けるものから。
    2010.07.16
    梅雨の中休みふたたび
    梅雨に入って更新をさぼっていました。このさぼっていた間に買った本、あるいは買ったのに忘れていた本を振り返りながら、何か書いてみましょう。
    『キャラクターメーカー 6つの論理とワークショップで学ぶ「つくり方」』、『ストーリーメ

  201. 2013/11/15 13:26:49 UTCP Blog含むアンテナおとなりページ

    CPAG
    卓越プログラム

  202. 2013/11/11 12:45:03 ことこ・本と花びら大回転!含むアンテナおとなりページ

    羽尻 2013/11/11 12:45 やぁ、また羽尻だよ。今回は見たアニメの報告なのだ。
    僕は友達が少ない
    有頂天家族
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTE
    俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
    さくら荘のペットな彼女
    僕は友達が少ない NEXT
    脳が高校生です(笑)

  203. 2013/11/09 20:42:10 繭の日々、祈りのかたちへ含むアンテナおとなりページ

    2010-05-15
    遠未来、荒廃した星を舞台にした物語で、かつての文明の遺品が登場する。それはたとえば一個の小さなラジオで、当時そのままのプログラムを完璧に反復しながら放送している。一時代のみに意味をもった「声」を、永遠に虚空にひびかせている。
    ありきたりなシチュエーションなのかもしれないが、心臓の中心をつかまれる。
    その「声」は、投壜通信ですらない。その壜は、地を離れ海の水に接した瞬間に溶解していく。届かないメッセージ、不可能なメッセージの、まさにその不可能性に由来する美しさ。未来から振り返る過去、それはすなわち《現在》であって、《現在》がとほうもなく懐かしいなんてありえないはずなのに、ありえてしまう。その感情が強さをもってしまう。
    この宇宙には、どんなファンタジーよりもSFよりも不思議な世界がひとつだけあって、それはわたしたちの住む地球そのものだ……と言ってみせたのはだれだっただろう。
    ほかでもない、重力に束縛されているわたしたちの想像力が、祈りが、限りなく飛翔する物語を産み落とすということ。
    今日もわたしたちは、《いま、ここ》と《ここではないどこか》のはざまをたゆたっている。
    2009-12-01
    ぼくがまだ二人だったころ、ぼくは心の中にだけ存在するぼくと会話ができた。それはふだんは目に見えないが、つよくつよくつよく念じたときだけ浮上し、微笑みながらあらわれるもうひとりのぼくだった。ぼくたちは双子のように仲が良かった。この世でただひとり、何でも話せる友だちだった。じっさい何でも話した。かれとだったら、いくらだっておもちゃなしで時間をつぶせた。
    ぼくたちは気がくるっていた。ちがう、くるっていたとみなされた。だれもまともにとりあわなかった、ぼくたちが大人たちに訴え投げかける切実な主張や問いは一過性の、「子ども」の戯れ言あつかいされた。それでもぼくたちは自分たちの正しさを信じて疑わなかった。
    いつしか、もうひとりのぼくは出てこなくなった。想っても想っても呼び出せなくなった。想いそのものが弱まったのかもしれなかった。そのうち、想うことすらしなくなった。大人になったぼくは、かれを忘れたことも忘れかけている。ぼくはあのころのぼくが憎んでいた人間になってしまったのだ。当時の話の内容もひとつたりともおぼえていない。だけど、この前ある書物を読んだとき、心のどこかが刺激されてかれのことを少しだけ思い出した。思い出せそうになった。かれがたしかに「いた」ことだけは、今でも脳のどこかに焼き付けられているのだ。外傷が残っていて、ときどき疼くのだ。
    よういどん。たったひとりになった大人のぼくと子どものぼくたちがかけっこを始める。大人のぼくはかれらに追いつけない。速い。どうしてそんなに速いんだ。かれらは先にゴールに到着して手招きをしているけど、からだは凍りついたようにちっとも先に進まない。
    2009-11-27
    円城塔に「傑作しか書けないのが弱点」とまで書かれてしまったテッド・チャンの新作がいよいよ「SFマガジン」誌上に到来する。迫ってきている。
    原書で読み終えた識者たちがこぞって絶賛しているところをみると、その弱点は今回もまたカバーできなかったのだな、とにやにやしてしまう。期待という花は開花をいまかいまかとうかがっている。咲き狂う花びらの一枚一枚すらも忘れがたい鮮烈な残像を残す、そんな作品であればいいと願う。たとえばジョン・ヴァーリイのそれのように。
    チャンはあるインタビューの、「本屋で働くとしたらスタッフのおすすめコーナーに何を置きますか?」という質問に対する答えとしてアニー・ディラードの本をあげている。ディラードを精神的支柱に据えている作家の作品なら信頼できないわけがない。
    たとえば『本を書く』。この本は進行中の書き手にすぐさまの飛翔を約束するものではないが、未来に何かを書く際の最高点を、到達の限界点を思いきり引き上げてくれるにちがいない。志(こころざし)という一語の響きの陳腐さと、その意味範囲の絶大な広さの溝を思う。
    あの日誰かがイタチに出会い交感が生じたように、チャンの作品にも誰かが出会ってびっくりすればいい。その驚いた顔にチャンもまた驚くかもしれない。
    いつか、かれの夢の書店に行ってみたい。ディラードの本を好きな人はディラードをまわりに勧めたがってうずうずしているにきまっているのだから。そしてチャンの本もまたそうなのだろう。そうなればいい。

  204. 2013/10/20 22:35:12 たぶん読書日記含むアンテナおとなりページ

    2013-10-20
    ■ 京都SFフェスティバル SFクイズランキング
    京都SFフェスティバルで実施しましたSFクイズのランキングです。敬称略。
    縣丈弘……65/80
    東茅子……54/80
    理山貞二……33/80
    伊東和彦……28/80
    正木照男……24/80
    トレカ番長……24/80
    おーき……19/80
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    idトラックバック
    メディア: ペーパーバック
    メディア: ペーパーバック
    出版社/メーカー: ウイーヴ
    メディア: 文庫
    メディア: 文庫
    メディア: 文庫

  205. 2013/10/09 14:59:58 ballad › ただのひびをささやくための白紙。含むアンテナおとなりページ

    未找到服〓器
    〓〓器无法找到在 的服〓器。
    〓〓〓〓站点名称有无〓〓,比如将 www.example.com 〓写成 ww.example.com
    如果您无法〓入任何〓面,〓〓〓您〓算机的网〓〓接。
    您的〓算机或网〓是否被防火〓、代理服〓器保〓,〓确〓〓〓器得到授〓可以〓〓网〓。
    您可以通〓下面的搜索框搜索您〓心的网站或内容:

  206. 2013/09/26 07:48:05 THEORIA & PRAXIS含むアンテナおとなりページ

    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    2010-11-01
    ■[西洋古代哲学]新刊
    『古代の自己論駁』という興味深い主題の研究書。目次を見る限り、「相対主義は自己論駁的」「懐疑論は自己論駁的」「決定論は自己論駁的」・・・といった議論を、デモクリトスからアウグスティヌスまで横断的に考察しているらしい。個人的に必読の予感。 http://bit.ly/a01n8C
    Ancient Self-Refutation: The Logic and History of the Self-Refutation Argument from Democritus to Augustine
    作者: Luca Castagnoli
    出版社/メーカー: Cambridge University Press
    発売日: 2010/09/30
    メディア: ハードカバー
    ついでにこんなのも発見。ペリパトス派(前200年から後200年)の英訳資料集。おおっ、これまでありそうでなかったアレイオス・ディデュモス(多分)によるペリパトス派の倫理学説誌の全訳も! http://bit.ly/9itzsn
    Peripatetic Philosophy, 200 BC to AD 200: An Introduction and Collection of Sources in Translation (Cambridge Source Books in Post-Hellenistic Philosophy)
    作者: R. W. Sharples
    出版社/メーカー: Cambridge University Press
    発売日: 2010/10/14
    メディア: ペーパーバック

  207. 2013/09/07 02:03:52 小宮日記含むアンテナおとなりページ
  208. 2013/09/03 18:02:58 metamorphosis含むアンテナおとなりページ

    21:54 |
    ツイートする
    taronの日記 - はたらく魔王さま12話関連
    21:06 |
    ツイートする
    00:55 |
    ツイートする
    19:35 |
    ツイートする
    17:45 |
    ツイートする

  209. 2013/09/01 13:30:43 yama-gat site含むアンテナおとなりページ

    @yama_gat からのツイート

  210. 2013/08/29 20:50:00 speculativejapan含むアンテナおとなりページ

    Hacked by Krad Xin
    BD GREY HAT HACKERS

  211. 2013/08/11 10:25:04 虚記含むアンテナおとなりページ

    2010-07-11
    ■[積読]
    津原泰水『少年トレチア』 集英社文庫
    298円。序盤の不穏な空気、中盤で解き明かされていく謎、終盤での幻想的展開。と、引きこまれているのか突き放されているのかよくわからない長篇。たいへん面白かった。
    竹本健治『キララ、探偵す。』 文春文庫
    420円。ロボメイド探偵キララ(セクサロイド機能付き)が事件を解決したりする。有能なメイドロボと駄目な主人公、なのにまわりには女の子が寄って来る。という実に漫画的というかそれ系のゲーム的なお膳立てなんだけど、竹本健治が描くとさほど嫌味を感じない。読んでいる自分の問題なのか、実際に他とは違っているのか。
    以下100円。
    サラ・パレツキー『サマータイム・ブルース』 山本やよい訳 ハヤカワ文庫
    『レイクサイド・ストーリー』 山本やよい訳 ハヤカワ文庫
    そうねえ。女性探偵が主人公だからって高く評価しなくちゃいけないというわけじゃないと思うんだよね。脅されても殴られてもめげない意に介さない女性探偵という人物像は、確かに出てきて不思議のないキャラ設定なんだけど、別に殴られたから話が面白くなるわけでもないしね。キャラクタ推しということで言えば現代的なのかなあ。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 10:24
    2010-06-26
    ■[積読]
    このへんの将棋の本もバラバラに買ったはずなのだがメモがもうメモとして機能していないということもまれにあるわけでまあしょうがない。値段は250〜350くらいと思う。ちなみに古いので現在役に立つかはビミョーなところ。
    名人中原誠『中原の急戦将棋』 池田書店
    飛車先を交換させてくれないと定跡通りにいかないという、開始4手くらいで使えるかどうかが決まってしまいかねない戦型について教えてくれる本。タテ歩取り。から、ひねり飛車で、飛車先切ったほうへ美濃ぽく玉を囲う。ある程度思惑通りに行っても急戦は攻め切らないと大概負けるので無理だったということがわかる。ヘタな指し手にはオススメできない。
    有吉道夫八段『急戦振飛車破り』 弘文社
    舟囲いにしておけば勝てるという本。舟囲い自体が上からにも横からにも別に強くないということを除けばなかなか。ただ相手が囲いを放棄して超急戦で来たとき結局どうしようもなくね? 一応三間四間中飛車向い飛車それぞれ対策があるので、どれかが苦手で秒殺されてしまう、という場合は大なり小なり対策できる。ただし急戦は以下略なので以下略。八段のころの本だが、79年に九段昇段で、2010年に引退。
    田中寅彦八段『田中流鉄壁居飛車穴熊』 筑摩書房 一手決断将棋戦法
    急戦に十分な対応が取れないので指せない戦型穴熊。ちゃんと藤井システムとかも把握してないととてもじゃないけど無理。これはそれ以前のものですね。無理矢理矢倉という、相手が拒否しようが急戦しようが矢倉で指す戦法もある田中寅彦による穴熊なので、読んだだけで穴熊組めそうな気にはなる。囲うまでも難しいが、囲った後にどうやって攻めるか、という問題もあって指しこなすのは大変だが、いろいろと書かれているので参考になるかも。ちなみに九段になったのは94年。それより前の本なのね。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 10:20

  212. 2013/08/08 01:49:55 「石版!」含むアンテナおとなりページ
  213. 2013/08/01 21:24:58 pqrs_reader/writer含むアンテナおとなりページ

    出版社/メーカー: KADOKAWA

  214. 2013/06/24 04:09:09 わぁ。(驚きに満ちた小さな悲鳴)含むアンテナおとなりページ

    queequeg 2013/06/24 04:09 なんでい、こいつは石じゃねえか…。

  215. 2013/06/12 10:57:51 flowerwild.net含むアンテナおとなりページ

    S・スピルバーグ『リンカーン』──民主主義のカタルシス
    洋の東西を問わず、権力と映画はウマが合わない。歴史上、権力が映画を利用しプロパガンダを作れば、ロクな作品ができた試しはないし……

  216. 2013/06/06 15:35:51 SETUNAI含むアンテナおとなりページ

    2013-06-06
    ■[買物]ついでに 15:35
    5月末は奥さんの誕生日!楽天でIL BISONTEのパスケースを買った。ついでに貯まったポイントでwakamiのブレスレットを。これは自分用。かわいい。
    ツイートする
    コメントを書く

  217. 2013/06/05 21:59:53 TOKI☆DOKI !! DOKI☆DOKI !!含むアンテナおとなりページ

    2013-06-05 「親密さ」(監督:濱口竜介)
    どんなに言葉を尽くしても映画そのものにはならない。
    過日、ポレポレ東中野まで映画を見に行った。
    「親密さ」(監督:濱口竜介)
    濱口竜介レトロスペクティヴ 特報 - YouTube
    これは長い映画で4時間はある。
    途中で休憩つき。
    BOX東中野時代、何度か行ったことはあるが、それを考えるともう十数年ぶりとかじゃないかと思う。こんなとこ来んの。
    大体最近は地元のシネコン以外に行くことは滅多にないし。休みも少ないし、若くもないし、池袋からざっと1時間は奥に住んでいるので都会は遠いのだ。
    それでBOX東中野で最後に見たのなんだったんだろうなあ?憶えてるはずがない。もしかしてなにわ天閣特集かなんか?くだらなくてよかったが、スライムがなんかおしゃべりしたりするの、まだインターネットもましてYouTubeもない時代だ。いまならYouTubeで発表したりしちゃうかもなあ。ああいう自主映画。
    あったわ。なにわ天閣。
    ひきだしのなかのタイムマシン【なにわ天閣】 - YouTube
    映画館で映画でやる、ってのもそれはそれで、ね。味ってもんはある。時代は変わる。
    あとあれだ、BOX東中野っていうと映画秘宝まつり、あれに一度行ったなあ。
    年越しの企画で、シベ超とかやった。
    ひとりで行った。もう10年以上前だ。十何年も前だ。
    そして映画へ出かける前に自分ちの玄関で胸ポケットからスマホが落ち、液晶が割れた( ;∀;)
    人がこうなるのはよくネットで見かけてはいたが、なるほどこんなふうんなるのね。
    勉強んなった。(そして役には立たない)
    でもってサポートセンターへ電話したら新品、次の日には届いてた。
    IDとかパスワード、いっぱいあってめんどくさかったがなんとか復帰。
    まあ、新品にチェンジしたと思えば、わるかないだろう。
    買って半年目の出来事。
    昔、東中野で映画見るときは「洋包丁」でメシ食ってた。いまはもうない。
    洋包丁は高田馬場のにもよく行ってた。勤め先が馬場だったんで。
    でもそれももう20年から十数年前ってことだ。その間、おれの人生にはいろいろあった。
    そしていまはだいぶんくたびれている。でもこの20年、むだじゃなかった。
    先行きは不安だけど、まあしたかったことは大体出来た。そういう意味じゃ後悔はない。
    で、話はポレポレ東中野へ戻る。(若干)
    いまはスマホがあってグーグルマップがあるんで、初めての道でもなんとか到着できちゃう。
    でも都心だけだよな。電信柱に住所表示あるの。それだけで大体、都内だとどこへも行ける。見当がつきやすい。道の向こう側は三丁目だろうな、的な。
    けどなんで都内だけそういう風に住所表示してあんだろ?電信柱。
    地方には表示はない。
    降りたのは最寄りの東中野駅ではなく落合。
    出たのが予定より遅くなってしまったのでグーグル様の指示に従い、そっちから歩けとの算段。
    曇っちゃいたが雨にはならずの天気で、ポレポレ東中野に到着。
    もっと時間的にぜんぜん余裕で着くつもりが、そうもならなかった。それでも開始まで30分以上はあったが、もっとほんとはたまの外出だし、ぶらぶらするつもりだったし、ミスドでも入って(東中野の定番)ゆっくりするつもりだった。ツモリチサト。
    そして富士そばへ。コロッケそばを食す。
    しばらく前に「めしばな刑事タチバナ」で立ち食いそばやってたのと、NHKで富士そばの社長が出てたの見て以来、たまの都会行きだと富士そば行きたくなるようになった。
    前は立ち食いそばっても、富士そばはむしろ避けてたんだけど、ありきたり過ぎてっていうか。味がふつーっていうか。でもいざ行くと結構お気に入り。つゆが熱い。これが食ってて気持ちいい。
    いつだったか友だちと新宿で飲んだ帰りだったか、無性に立ち食いそば行きたくなり、池袋で富士そば入ってコロッケそば食ったらすげー美味かった。そんとき喰いたいもんだった。富士そば腹だったってわけだ。ピッタシ。
    映画の中身について、いくか。
    ぼちぼち。
    断片並べるだけだが、いつものことだ。
    というかこうしてついったではなくブログなんて書くの、ほんといつぶり???
    映画の中で彼氏がもっぱら「おまえ」っていうのが気になった。
    彼女や妹に向かい「おまえ」って、おれ、言ったことないんだよなあ。言えない。もし口に出したら自分で違和感ある。似合わない。
    名前で呼ぶ。呼び捨てもあるけど、ちゃんづけだったり。
    「おまえ」って呼ぶ感覚がよくわからない。
    「親密さ」見てて、途中で(?)気がついたんだよな。あ、「おまえ」って云ってるって。だからなんだってことじゃないんだけど、そういう微妙なことが結構決め手じゃある。それで関係性も性格も伺えるわけだしね。
    この映画的には「おまえ」って云って欲しいかんじだった。
    彼氏の性格に合ってる。ぶっきらぼう、っつかね。そんな感じに。
    途中退屈もするんだけどねむくはならない。見ている気持ちよさがあってそれがずっと持続する。
    見終わったあと、じんわり残る。読後感(映画だけど)みたいのが。それはいまも。
    だからまた見たいって思う。あの”カンジ”をもう一度味わいたい、って。
    内容やテーマみたいなことではなくて、見ている時の気持ちよさっていちばん言葉にならない。
    そして、どうして見入ってしまうのかって説明がつかない。
    単に人物を撮ってセリフどころか、もっとリクツっぽいことをただ云ってるだけだったりする場面もいくつもあるのに、云ってることが頭に入らなくても、共感もできなくても、それでも見ちゃう。引っ張られてく。
    口にしてることに興味がないのに気が逸れたりはしない。いや、気は逸れてる。他のこと考えたりしてる。けど、画面はじっと見てるし飽きてない。画面に、というか映画に引きつけられてる。編集でカットすればいいのに、とは思わない。ああいう一種むだが気持ちよさでもある。なにかが続いてる。演奏が。映画が。
    そういうのってなんなんだろうね。いつもフシギ。
    この映画に限らない。
    平板な画で特にこれといって起こっちゃいなくても、そこに映画の魅力がある場合がある。
    どうしてかはわからない。
    特に外で歩きながら話してるところなんかそうなんじゃないかと思うけど、いまどきめずらしく(?)アフレコなんだよな。(じゃないかも知れない。技術には疎い)
    アフレコって独特のものがある。
    いまってそれこそはiPhoneでさえきれいに同録が出来てしまう。
    技術はしごく進歩した。
    だからいまってCGとかもあって、実際には音声も含めてポストプロダクションは相当に為されてて、単に同録ってこともないのかもしれないけど(そこらへんまったく知らないのでテキトー)、でも昔風のアフレコってのはそんなないんじゃないかなあ?って思う。どうなんだろ?
    でもって「親密さ」だともっとわかりやすくアフレコで、おれがアフレコで単純に連想すんのはロマンポルノとかピンク映画。それとフェリーニ。フェリーニは意識的にすべてアフレコだって本人がゆってたような気がする。たしか彼氏の評伝かなんかで。
    あと「新宿泥棒日記」でアフレコから突然同録になる場面とかあって、あのフシギなカンジはすごくよくて好きだった。
    新宿泥棒日記 (Diary of a Shinjuku Thief) - YouTube
    前半は若者ばかりで少しくうんざり、退屈してたのだけど、後半になり家族の存在が出て来てそこからは入りやすくなった。
    この映画、前半と後半に分かれていて、趣きが違っている。
    前半は劇団が演劇を作っていく。そこでのいざこざや芝居の組立て、といっても実際は芝居そのものからズレて討論したりしてる。芝居作りの一環としてとはいえ。
    それでそのうちで戦争是か非か的なことをみんなで論じたりするんだけど、そういうのはすごく気恥ずかしいので見ててつらくなったけど、でもわかっててやってんだろうなあ。青臭くて生硬で、困った感も含めてので。
    それでおれは見てて困った感じになっちゃうけど、それがまたこの映画見てる気持ちよさのひとつっていうかね。そういうのもぜんぶひっくるめて、平板さや困った感もこの「親密さ」って映画の演奏の中にあって欠かせない。
    うらやましかったな。
    都会で暮らしてカルチャーで生きてく、ってのが。
    そんな生活、人生に憧れる。
    でも一方そこが鼻につくし、若い連中だけかよ、それも都会でカルチャーな、みたいのんが後半の演劇で補填される。家族、が出て来る。
    後半は演劇をいわばそのまま見てることになるのだけれど、その芝居には家族が出て来る。
    それってフシギだ。
    芝居の中に出て来る父親や母親(?細かい内容は失念)はセリフの中だけだし、芝居してるのは前半に出て来た彼らで、彼らだけで、別にあらためて年長者が登場したりはしないのに。
    全体としては映画で、その中で別に演劇が映画の中の役柄とは違う役で演じられる。見てると混じってくる。というか演劇部分はその芝居のストーリーに見入っている。でもどこか重なってもいるわけで、その連なりに熱が出て来て、画面に惹きつけられる。
    この映画を見ているのは誰なんだろう?
    撮影がとにかく見事。
    カメラと編集、その的確さ。
    後半の演劇がそれで切り取られ、繋がれるから、映画でもあって、芝居の強さもあってオトク感。
    後半、演劇の箇所でバックに喫茶店や街のノイズがずっと流れているんだけど、それがすごく効いてて立体的になるんだよね。
    あのサウンドは演劇の演出と同時にそれが為に映画にもなっている。
    後半の演劇の方がむしろ映画を見てるみたいだった。
    というか、演劇部分の方がふつうにドラマがあるせいか。
    主人公カッ

  218. 2013/05/17 00:35:32 狷介庵無聊雑録含むアンテナおとなりページ
  219. 2013/05/10 05:59:13 うさぎとちょこれいと含むアンテナおとなりページ

    1位:第118話「子供の消えた十字路」
    白昼、老刑事の目の前で、子供が車に跳ねられる。運転者はすぐに子供を車に乗せ、子供は病院に運ばれたものと思われたが……。目撃者は20数名、しかし、男がサラリーマン風で30代くらい、ということを除いて、車種も車の色もみな言ってることはてんでバラバラ。子供を乗せた車はどこへ消えたのか。怪我をした子供の命の、タイムリミットが迫る。

  220. 2013/04/29 19:27:32 日々是研究所含むアンテナおとなりページ


    サヴァールさん何でも弾きますなあ、ということで、「ケルティック・ヴァイオル〓アイルランドとスコットランドの音楽伝統に捧ぐ」がなかなかよかった。トレブル・ヴァイオル(ガンバ)とトレブル・フィドルが使用されているようだけど、アイリッシュハープとの組合せが心地よいなあ。
    日々是研究所 reloaded
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31

  221. 2013/04/25 04:47:00 放蕩娘の縞々ストッキング!- BLOG含むアンテナおとなりページ

    CATEGORIES
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆もくじ 過去エントリー一覧◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ (1)
    【着物-kimono】 (44)
    【歌舞伎-kabuki】 (12)
    【日舞-japanese dance】 (10)
    【本-book】 (24)
    【映画-movie】 (12)
    【藝術-art】 (4)
    【雑記-note】 (38)
    【告知-news】 (12)
    ARCHIVES
    March 2011 (1)
    January 2011 (3)
    November 2010 (2)
    October 2010 (1)
    September 2010 (2)
    August 2010 (1)
    July 2010 (2)
    June 2010 (4)
    May 2010 (2)
    April 2010 (2)
    March 2010 (1)
    February 2010 (4)
    January 2010 (2)
    December 2009 (1)
    November 2009 (2)
    October 2009 (3)
    September 2009 (6)
    August 2009 (5)
    July 2009 (6)
    June 2009 (7)
    May 2009 (14)
    April 2009 (4)
    March 2009 (4)
    February 2009 (6)
    January 2009 (8)
    December 2008 (3)
    November 2008 (5)
    October 2008 (3)
    September 2008 (3)
    August 2008 (4)
    July 2008 (4)
    June 2008 (5)
    May 2008 (6)
    April 2008 (2)
    March 2008 (1)
    February 2008 (1)
    January 2008 (2)
    November 2007 (1)
    October 2007 (1)
    September 2007 (4)
    August 2007 (2)
    July 2007 (1)
    April 2007 (2)
    March 2007 (3)
    February 2007 (1)
    January 2007 (2)
    December 2006 (6)
    October 2006 (2)
    LINKS
    ■『美女とキモノ。または、映画におけるキモノ美女の研究』
    .
    ■『放蕩娘の縞々ストッキング β』
    ■『ベルリン記』
    ■『妄想と愛嬌のあいだで数時間。
    〜井嶋ナギの歌舞伎レヴュウ』
    RECOMMEND
    色っぽいキモノ (JUGEMレビュー »)
    井嶋 ナギ
    Search this site.
    RSS1.0
    Atom0.3
    【告知】 新サイト『色気と超人』はじめました。
    2011.03.03 Thursday
    突然ですが、新サイトを立ち上げました。題して、『色気と超人』。
    なにそれ? どうして? なんでそのタイトル?! …と思われた方は、ぜひ以下のバナーをクリックしていただけたら幸いです。
    今後の更新は上記の新サイトで行います。どうぞよろしくお願い申し上げます。
    Tweet
    | 【告知-news】 | 00:51 | - | -
    【告知】 「月影屋」重田なつき×井嶋ナギ×コダカナナホ special★トークナイトのお知らせ
    2011.01.15 Saturday
    おなじみ「月影屋」の名物オーナー・デザイナーの重田なつきさんと、「WAGU select」での連載コラム「美女とキモノ。または、映画におけるキモノ美女の研究」でイラストを描いて下さっているコダカナナホさんと、私、井嶋ナギの3人で、トークイベントを開催することになりました。
    主催は「WAGU」さん、場所は「ころもや×WAGU」として、昨年末に素敵にリオープンしたころもや人形町店。とても素敵なお店なので、ぜひいらっしゃってくださいね! ⇒詳しくは、こちら
    ---------------------------------------------
    なつき×ナギ×ナナホ★SPECIAL★トークナイト!!!
    「美女とキモノ 〜『カッコイイ着物姿』って何だろう?」
    ナギ 「そもそも、『カッコイイ着物姿』って、どういうものだと思う?」
    ナナホ 「キッチリ着付けすればカッコイイってことになるの??」
    ナギ 「それは大前提としてあるかもしれ・・・」
    なつき (さえぎって)「そんなの、つまんないわよぉぉぉ〜〜!」
    ナギ 「でも着崩せばイイってわけでもないしねぇ?」
    ナナホ 「ましてや自由すぎ無法状態は論外という気もするよ?」
    全員 「・・・・・・?」
    そんな微妙かつ危うい「着物のカッコイイ問題」について、
    歯に衣着せず語り尽くす、前人未到(?)の夜のほろ酔いトーク!
    ---------------------------------------------
    日付:2011年2月25日(金)
    時間:19:00〜20:30
    場所:ころもや人形町店 2階 →MAP
    (中央区日本橋堀留町2-1-11)
    参加費:2000円(税込・ワンドリンク付)
    ⇒詳細&お申込みは、こちら。
    ---------------------------------------------
    ちなみに、当日は、井嶋ナギが蒐集したキモノ関係資料を大量にご紹介する予定です。
    予定資料リストは、
    ・宇野千代が昭和20年代に発行していたキモノ雑誌
    「スタイル別冊 きもの読本」のバックナンバー
    ・篠山紀信のキモノ女優写真集「女優」
    ・映画のイメージ写真集
    ・日本映画資料や、浮世絵、美人画 etc
    絶対にここだけでしか聞くことのできない、姐さん鼎談!!お見逃しなく!
    ⇒詳細&お申込みは、こちら。
    「美女とキモノ。または、映画におけるキモノ美女の研究」Vol.15 『カポネ大いに泣く』より。コダカナナホさん描く。
    〜〜〜関連記事〜〜〜
    ■「美女とキモノ。または、映画におけるキモノ美女の研究」、もしくは、自己完結燃焼継続ツールとしての映画について。
    ■「WAGU×ころもや」レセプションパーティに行ってきました。
    ■月影屋in伊勢丹レポート。または、キモノとハンバーガー
    ■コダカナナホさんのラインの快楽について。
    ■着物とコスプレ。もしくは、「本当の私」からの開放。
    ■キモノのルールはルーズでOK! もしくは、お直しおばさんを寄せ付けない方法。
    Tweet
    | 【告知-news】 | 01:03 | - | -
    【着物】 PASS THE BATTON での着物パーティに行ってきました。もしくは、お太鼓を前結びしてから回す、について。
    2011.01.06 Thursday
    お正月を過ぎて一週間、やっと今年の目標が決まりました! 今年の目標は、BLOGをもう少し更新すること、です(笑)。去年はtwitterが中心になってましたが、twitterはコミュニケーション・ツールとしては楽しいけど、やはり内容を盛れないのが物足りない。でもBLOGはBLOGで、いくらでも内容を盛れるがゆえに「書きたいことが多すぎて中途半端になっちゃうのが嫌だから書かない」なんてことが多かったのですよ…(私の場合)。でも、今年は「欲張り過ぎず・それなりに」を目標にしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします☆
    というわけで先日、といっても12月28日なので去年なんですが、表参道ヒルズにある「PASS THE BATTON」での着物パーティに行ってきました。
    「PASS THE BATTON(パス・ザ・バトン)」は、「Soup Stock Tokyo」や「giraffe」を手がけた遠山正道さんがプロデュースする、アンティークや、古着や雑貨などのセカンドハンドを扱うユニークなお店。店舗は、アンティークなどがメインの丸の内ブリックスクエア店、アンティークと一般からの委託品も置いている表参道ヒルズ店、業界の方々や一般の方々によるブランド品やアンティークなど多岐に渡った商品を扱うwebストアの3つがあり、どれもとても楽しいのです。
    そんな「PASS THE BATTON」では、普段は着物を扱わないのですが、着物スタイリスト如月まみさんのプロデュースで、年末年始の1ヶ月間だけ着物や和装小物を扱うコーナーが出現することに! そこで、着物に関わる仕事をしている人たちが着物類を出品することになり、私もお声をかけていただいて、何点か出品させていただきました。そのオープニングパーティだったのです。
    こんな感じで、とっても素敵な店内でした!
    白い木馬とキモノ! 日本趣味の西洋人のお部屋のような雰囲気。
    あっ。この濃い紫の矢羽柄の着物は、私が出品したキモノ! これ、すごくいい着物なんですよ〜。昔、伊勢丹にあるアンティーク&中古着物のお店で働いていた時、裕福そうなおばあさまが委託されて、すごくいい着物だったので購入しました。今はもう年齢的にちょっと無理なので出品しましたが、娘がいたら着せてあげたいくらい。どなたかぜひ!
    帯もたくさん! 掘り出しものがいっぱい! えーと、この中に、私が10年前にヤフオクで競りまくって1万いくらで勝利した(笑)アンティークのスズメ柄の帯もあります。。
    当日も大勢のお客様がいらっしゃって、私の出品したものも次々にお嫁に行くのを目の当たりにし、とても嬉しかったです。私も、粋な紫の格子の紬を見つけ、「コレは買いだわ!」と思ったら月影屋の重田なつきさんの出品。なんと3000円! 私もそうでしたけど(笑)、みなさん遠慮してか低めの

  222. 2013/04/17 22:41:21 日々是魚を蹴る含むアンテナおとなりページ

    2013-04-17
    ■[walks] フルタイム裸眼生活を半年続けて視力に変化はあったか
    久しぶりに眼鏡を新調した。前の眼鏡が壊れたのは去年の11/5だから、実に半年ぶりの眼鏡になる。視力の改善を試みていたのでちょうどいいやと、すぐに眼鏡を作らずに半年裸眼で過ごしてみたのだった。結果として、いろいろ変化があったので書き留めておく。
    自分の目は近視だけでなく乱視も入っていて、半年前までの視力は、右0.4、左0.1だった。この数値はかなり長い間(10年単位で)変化していなかったが、視力検査の際にはぼやけたランドルト環の向きをほとんど勘で当てていたから、実感としてはもっと低い。たぶん右0.3、左0.02くらいが関の山だったのではないかと思う。
    今回眼鏡を作るにあたって改めて視力を測ってもらったところ、右0.2、左0.2になっていた。左の乱視も軽くなり、物理的にレンズが薄くなった。
    視力を改善するにあたり、ハードウェア面とソフトウェア面で二つの仮説を立てた。
    目は筋肉で調節されているので、変な緊張を抜いてやれば視力のコンフィグがリセットできるはずと考えた(ハードウェア)。また、視覚情報が目から脳内に送り込まれた後でも、脳の画像認識システムによって視力が補正されうると考えた(ソフトウェア)。
    ソフトウェア面では脳の画像認識システムを直接いじる方法がないので、必ず視力が上がるという確信をセットするに留めて、おもにハードウェア面からのアプローチに絞り込んだ。
    試したのは、以下のリンクにある通りの脱力法。
    http://wikiwiki.jp/siryoku/?%C3%A6%CE%CF%A4%CE%A4%E4%A4%EA%CA%FD
    実際にやってみると、眼球周りの脱力でかなりダイナミックに視力が上下するのがわかる。部屋の壁に視力表を貼って実験すると数値でフィードバックが得られる。自分の場合、数秒間であれば両目視力0.6までは見えるようになった。
    継続的に試してみて、実感できる一番の変化は、乱視の見え方が変わったことだった。たとえば月を見たとき、それまでは月周辺がぼんやりと滲んで見えていたのだが、そのうち月が複数見えるようになった。つまり、近視が改善されて対象に焦点が合うようになったため、乱視を乱視として認識できるようになったということだ。それまでは乱視による複数の像が視野にあること自体が認識できていなかったわけで、けっこう驚いた。
    しかし同時に、常時裸眼のため目に負担が掛かり、いつも目をすがめている上にクマができて、どうも冴えない感じの顔になった。本屋で面陳された本のタイトルが読めないし、映画館に行く気にならないし、夜間の視認性が悪いしと、支障も多くなってきたので、半年経ってようやく眼鏡を新調したのだった。
    長年視力の数値には変化がなかったので、計測してはっきりと変わっていたのにはびっくりした。右が下がって左が上がったのは、裸眼で両眼視を続けていたため平均値に収束したのだろうか。
    久しぶりに眼鏡をかけたら目はぱっちり開いてクマもなくなり、だいぶ人相がよくなった。また、眼鏡をかけたときに緊張する部位も認識できた。首の後ろがごりごり言うし、肩胛骨の間が凝る。首の後ろと後頭部が目の緊張とつながっているのはわかっていたが、肩胛骨の間は新発見だった。
    これからはパートタイム眼鏡で実験を継続するつもり。
    それまで眼鏡をかけていた人がいきなりフルタイム裸眼で過ごすのはおすすめしない。PCの画面を見るときなどはやっぱり眼鏡があった方がいい。目が疲れて落ち窪んで、表情も乏しくなり、老けて見えるのでよくない。
    脱力法について、いくつか自分で試したなりのTipsはあるが、やったことのある人でないとわからないようなことだし、上記リンク先の視力wikiを読めばほぼ書かれているので試してみたい人はそっち読んでください。
    重要なのは、眼球周りを脱力させつつも意識は対象に合わせること。意識のカーソルがあると仮定して、それを対象にポイントさせ続ける。目以外も緊張しないように。呼吸が止まらないようにしていれば、自分の身体の緊張がわかる。それを抜いていく。そんな感じ。あんまり拘らずに、自分の眼球で遊ぶつもりで色々試してみるといいです。
    コメントを書く

  223. 2013/04/16 23:06:18 夜、暗殺者の夜の果てへの旅(さようなら、私のブログよ!)含むアンテナおとなりページ

    2013-04-16
    ■[雑報]今日買わなかった書籍 23:06
    ジョゼフ・ド・メーストルの思想世界―革命・戦争・主権に対するメタポリティークの実践の軌
    作者: 川上洋平
    出版社/メーカー: 創文社
    発売日: 2013/04/20
    メディア: 単行本
    エシックス・センス―倫理学の目を開け
    作者: 新名隆志,林大悟
    出版社/メーカー: ナカニシヤ出版
    発売日: 2013/04
    メディア: 単行本
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/elieli/20130416
    決定版 感じない男 (ちくま文庫)

  224. 2013/04/14 22:19:26 chamekanの日記含むアンテナおとなりページ

    潜入! TOKYO地下ダンジョン (別冊宝島 1995 ノンフィクション)
    made by AmaChaTool
    ちなみに、この本がとなりにあった。
    地下ブーム?
    そうそう探してんだよあの怖い曲…なわけあるか!!-Nakadai_Lab

  225. 2013/04/05 04:17:12 Le Journal de La Princesse frivole含むアンテナおとなりページ

    Forbidden
    You don’t have permission to access /on this server.
    Additionally, a 502 Bad Gateway error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.-2010.03.22 Monday

  226. 2013/03/31 22:03:36 hello > all含むアンテナおとなりページ
  227. 2013/03/26 16:55:46 散歩男爵 Baron de Flaneur (Art Plod版)含むアンテナおとなりページ

    #tokyo404 刊行記念として新城カズマが3月15~16日以降にときどき「都内で住所不定」になってみる
    ツイッタ経由で、おひとりさま3回まで、yes/noで答えられる質問を回数無制限で新城カズマにしてもよい、とします
    それで新城の居場所がわかった方は、直接会いに来てサインをねだるか、ツイッタのダイレクト返信機能(っていうんでしたっけ)で直接新城に答えを送信して、正しい場合は当日の参加者=下記のタグを使って質問した方全員が近日中に「ツイッタ経由でもらえる特別プレゼント」をゲットできます

  228. 2013/03/17 22:18:34 chim chim cheree ***diary含むアンテナおとなりページ

    2013.03.17
    ■[日々]日曜日は映画デー
    結局家人とミニチムはブルク7で本日Berryz工房の舞台挨拶付きの初回上映プリキュア映画へ。ミニチムは「おじさんのほうがいっぱいいた!」と言いながら帰ってきました。1曲歌ってくれたそうで、帰宅後も覚えた振り付けで歌っておりました。(はりぼて感あふれる)プリキュアたちも8人も舞台挨拶にきてくれたらしい。よかったねー。
    私とハムコはその間、国立国際美術館へ。展示を見に行ったわけではなく、午後から上映される『第5回中之島映像劇場 浪花の映像【キネマ】の物語―東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品から―』の整理券をもらうため。ついでに絵本のあるキッズスペースで数冊絵本を読んできました。2歳はまだまだこんな感じでお茶をにごせていいわあ。
    で、午後から私ひとりで国立国際美術館での上映会へ。Bプロの『浪華悲歌』は観たことがあるのでパス。Aプロだけ観賞してきました。
    Aプログラム
    《アサヒコドモグラフ №1》(1938 年/製作:朝日新聞社/ 9 分/トーキー)
    《アサヒコドモグラフ №19》(1939 年/製作:朝日新聞社/ 9 分/トーキー)
    《地下鉄の出來るまで》(1938 年/製作:テラダ映画/ 15 分/サイレント)
    《大阪倉庫の爆發》[不完全版](1917 年/製作:天活(大阪)/4 分/サイレント)
    《朝日は輝く》(1929 年/製作:日活・朝日新聞社/監督:伊奈精一・溝口健二/25 分/サイレント)
    どれも大阪の映像、美術館周辺の当時の様子が見られる映像ばかりでとてもおもしろかったです。ただサイレントの記録映画はわりと眠気を誘うという……おもしろいんだけどね。溝口健二の共同監督作品『朝日は輝く』も劇映画だったのを短縮して作り変えた記録映画風の映画(劇映画そのものは現存が確認されていない)。レアな溝口健二作品が見られて満足。
    『浪華悲歌』の解説を聞いてたらまた見たくなったので近いうちに見てみよう。
    【送料無料】浪華悲歌 [ 山田五十鈴 ]
    ジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 邦画 > ヒューマン
    ショップ: 楽天ブックス
    価格: 4,442円
    楽天で詳細を見る
    美術館の地下から外へ出ると暖かい日差しのなか手をつないでベンチに座る文系カップル。春ですなー
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chim/20130317

  229. 2013/03/07 00:48:45 ラテンアメリカ文学雑記帳 anexo含むアンテナおとなりページ

    2013年3月6日水曜日
    Julio Llamazares/フリオ・リャマサーレス
    ■スペインの作家フリオ・リャマサーレス(1955~)が30代の終わりに書いた作品である。「黄色い雨」「狼たちの月」につづく三冊目の邦訳となる。郷愁と悲哀が漂い、透明感のある時間が描き出される。
    タイトルから無声映画を扱った本かと思ってしまうが、むかしの写真をめぐる話である。語り手の母親がのこしてくれた古い写真を眺めながら、スペイン北部の小さな炭鉱の町で過ごした少年の日々を追想する。
    日本語版への序では、「実をいうとこの作品は紛れもなくフィクションとしての小説なのである」とわざわざ断っている。けれど、やはり少年時代の体験をエッセイ風に書いていると思いながら読むのが、この「小説」の正しい読み方であろう。
    写真のほとんどが褪せた白黒写真である。子供の頃の仲間や祖父の古いラジオ、サーカスや祭りの一場面、あるいは父や母……。写真によって記憶が呼び覚まされ、28編の物語が丹念に紡ぎだされる。
    登場する人物たちの多くは、もうこの世にいない。砂屋の息子は「父親のトラックに乗って」事故にあう。オートバイを乗り回していた伊達男タンゴは、木に激突してその血で雪を赤く染める。椅子に座った「ぼく」を顎の上でぐるぐる回してくれたサーカスの「アザラシ男」は「カシの木の枝にロープをかけて」首をくくる。
    とはいえ彼らは、写真のなかで永遠に生き続けているかのようだ。古いラジオと一緒に写った両親も、こちらに顔を向けたまま「今も永遠をじっと見つめて座り続けている」のである。
    作品の終わりの方で語り手が、メキシコの作家ルルフォは、「写真が死と深く結びついていることを知っていた」と述べるくだりがある。リャマサーレスは、時間が止まり、永遠に静止したその写真が、ときには「命にあふれている」ことも知っている。
    「北海道新聞」
    2012.10.28
    投稿者akisulaf時刻:23:24
    オスカー・ワオの孤独でどこかユーモラスな日常とともに、その母親や祖父たちの過去も描かれる。こちらの舞台は祖国のドミニカ。30年あまり君臨した独裁者トルヒーヨの時代と重なる。その意味では『オスカー・ワオ~』は、ラテンアメリカの作家たちが好んで描いてきた独裁者小説の系譜に連なる作品であるともいえる。現にバルガス・リョサも『山羊の宴』(2000年)で同じくトルヒーヨを主-しかしながら、どうやらジュノ・ディアスにはそうした独裁者小説と一線を画したい思いがあったようだ。ディアスのトルヒーヨはなかなか姿を見せない。しかし確かにオスカー・ワオの不運な人生の根源に存在しているのである。「トルヒーヨという人物が提供する物語は、あまりにも強烈だからね。彼について書くとなると、知らぬ間にその神話化に手を貸すことなるんだ。リョサだってそうなったんだからね」とあるインタビューで答えている。

  230. 2013/03/06 06:49:10 メディヘン4含むアンテナおとなりページ

    アンケートに答えよう!

  231. 2013/03/02 23:11:52 Kuchinashi/magic memo含むアンテナおとなりページ

    2013.03.02 Sat.
    http://kuchinashinohana.tumblr.com/
    コメントを書く

  232. 2013/03/02 19:38:27 dagboek voor mijn onderzoekingsleven含むアンテナおとなりページ

    アクセスが許可されておりません。
    You don’t have permission to access the requested page.
    AFFRIT Portal
    農林水産研究情報総合センター/Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center

  233. 2013/02/20 07:50:26 どんぺりもってこい2含むアンテナおとなりページ

    やあよくきたね。ごくろうさん。まあゆっくりケツでもなめて。

  234. 2013/02/12 22:07:29 読んだから書いた含むアンテナおとなりページ

    庭師 2013/02/12 22:07 爺ちゃん、今日二度目の手術でした。まだ連れてかないでくれよ。淋しくても我慢しといてくれ、頼むぜ、本当に!

  235. 2013/02/11 17:45:00 筒抜通り含むアンテナおとなりページ

    kdgc 2013/02/11 17:44 ニゲラさま
    コメントをありがとうございます。あのサイトはご挨拶もせず閉じてしまったのですが、楽しんでいただけて、番頭冥利につきます。
    twitterは、猫の姿を借りてこっそり拝見しているかも。いつかどこかでお目見えできましたら。

  236. 2013/02/06 21:08:37 明星大学 SF研究会徒然含むアンテナおとなりページ

    2013-02-06
    ■[音楽]2012年ベストイイキョク 21:08
    アイドル縛りで。順位は特につけてません。
    9nine「流星のくちづけ」
    9nine「イーアル ! キョンシー feat.好好!キョンシーガール」
    東京女子流「Sparkle」
    Dorothy Little Happy「Life goes on」
    でんぱ組.inc「でんぱれーどJAPAN」
    Buono!「初恋サイダー」
    ℃-ute「会いたい会いたい会いたいな」
    Berryz工房「cha cha SING」
    モーニング娘。「The 摩天楼ショー」
    THE ポッシボー「なんじゃこりゃ?!」
    アップアップガールズ(仮)「アッパーカット」
    LinQ「Shining Star」
    からっと☆「みんなのからあげ」
    S-Qty「S-Qtimes!!」
    はちきんガールズ「はちきん地鶏」
    RYUTist「夏の魔法」
    RYUTist「カラフル・ミルク」
    ねこパンチ「Moonlight Flower」
    パワースポット「夜中の3時」
    キャラメル☆リボン「恋のmusic」
    NA-NA「キャンディー☆マシンにのって」
    鎮西寿々歌「カラフル」
    TRICK8f「Brightness」
    Lip Minks「Love Music」
    TNYGINA「私的恋愛マニュアル」
    Sexy Zone「Ladyダイヤモンド」
    コメントを書く

  237. 2013/02/05 15:13:41 読読日記含むアンテナおとなりページ

    Not Found
    The requested URL /star/moshiki/diary.htm was not found on this server.

  238. 2013/01/27 21:04:41 棒日記検All’s right with the world !含むアンテナおとなりページ

    2013-01-27 鋭すぎる観察眼で容赦なく痛いところを抉るシュウカツ小説
    何者 朝井リョウ B
    本, 2012新刊 | 21:04
    続きを読む
    ツイートする
    コメントを書く

  239. 2013/01/22 21:20:12 Picnic on Farside含むアンテナおとなりページ

    このHPは無料ホームページスペースland.toにて提供されております。
    403 Forbidden
    アクセス権限もしくはindex.htmlファイルがありません

  240. 2013/01/13 20:25:30 pastel madness含むアンテナおとなりページ

    発売日: 1951/12/04

  241. 2013/01/12 17:30:50 Hybrid No.9→under dog含むアンテナおとなりページ

    [asin:4488024890:detail]

  242. 2013/01/08 22:42:46 杜の都のSF研日記含むアンテナおとなりページ

    (更新希望者はwikiの内輪ページ→その他内輪向け情報を参照のこと)

  243. 2013/01/04 09:51:12 千人印の歩行器含むアンテナおとなりページ

    丸山 猛 2013/01/04 09:51 栗さんにお世話になっていた丸山です。昨年、榎本さんから栗さんの訃報を聞きました。「がんになった、明日入院するよ」と明るい電話があって、慌てて見舞いに行ったのを思い出します。本屋に入って最初に栗さんに付いて書店のイロハを教わりました。半年くらい、昼飯をおごってくれました。栗さんの惚れた女性を二人でストーカーしました。配達の帰り、飲み屋が開いてたので、二人で飲んで帰りました。栗さんが、駅近に引っ越して、まもなく駅が廃駅になりました。となりの新婚さんがうるさくて眠れないと言うので、早速、泊まりに行きました。栗さんくらい人の良い人は、会ったことはありません。昨秋、苦しい辛いという電話がありました。栗さんは、弱い人で、弱い人が好きで、人を明るくする人でした。

  244. 2012/12/28 03:33:17 Confession of a Procrastinator含むアンテナおとなりページ

    雑誌の特性上、時間とか紙幅とか色んな制約があり、あれがない、これがないというのはどうしても出て来てしまいます(網羅性を求むる人は2月発売の「演劇最強論」をどうぞ!)。書き手の層が厚くなったという前述の話の一方で、私の人脈不足もありますが、入れたいのに書き手が見つからずに泣く泣く諦めた団体もありました(個人的には燐光群と少年王者館は入れたかったです)。裏を返せば、入ってる団体は、結果として書き手の方たちにこの団体を書きたい!!という熱い思いを抱かせるような団体だったということもあります。掲載団体のなかには、未見の私を説き伏せるようにして面白さを語ってくれた信頼できる書き手の方による推し団体もあります。

  245. 2012/12/15 13:53:17 あざけり先生、台風きどり含むアンテナおとなりページ

    石版:(脱北者)紺野くんのブログ 石版!

  246. 2012/12/10 04:45:01 スマイル・トレーニング・センター含むアンテナおとなりページ
  247. 2012/12/09 17:39:33 Loveless(愛無き世界)含むアンテナおとなりページ
  248. 2012/12/02 10:51:33 七里の鼻の小皺含むアンテナおとなりページ
  249. 2012/12/01 02:45:25 Inspirace含むアンテナおとなりページ

    Forbidden
    You don’t have permission to access /on this server.

  250. 2012/11/07 15:43:24 青息吐息 含むアンテナおとなりページ

    ブログ
    現在アクセスが集中しています
    現在アクセスが集中しており表示しにくい状態となっております。
    申し訳ございませんが、しばらく時間を置いてからアクセスするようお願いいたします。
    FC2総合インフォメーションブログ
    最新障害情報・メンテナンス情報ブログ
    FC2公式Twitterアカウント(FC2に関する情報をお知らせしています)

  251. 2012/10/20 09:34:03 ヘリオトロープ含むアンテナおとなりページ

    ブログ
    現在アクセスが集中しています
    現在アクセスが集中しており表示しにくい状態となっております。
    申し訳ございませんが、しばらく時間を置いてからアクセスするようお願いいたします。
    FC2総合インフォメーションブログ
    最新障害情報・メンテナンス情報ブログ
    FC2公式Twitterアカウント(FC2に関する情報をお知らせしています)
    [PR] 注目のキーワード
    [PR] ビジネス
    [PR] 求人
    [PR] 健康・医療
    [PR] 通販
    [PR] 暮らし
    [PR] 教育・資格・趣味
    30秒後にトップページへ移動します
    FC2ブログトップページへ戻る
    リクエスト
    利用規約
    ページトップへ
    FC2ヘルプ
    障害情報
    サポート/お問い合わせ
    会社概要
    プライバシーポリシー
    広告掲載
    Copyright(c)1999 FC2, Inc. All Rights Reserved.

  252. 2012/10/20 09:30:42 Cafe Karamazov含むアンテナおとなりページ

    ブログ
    現在アクセスが集中しています
    現在アクセスが集中しており表示しにくい状態となっております。
    申し訳ございませんが、しばらく時間を置いてからアクセスするようお願いいたします。
    FC2総合インフォメーションブログ
    最新障害情報・メンテナンス情報ブログ
    FC2公式Twitterアカウント(FC2に関する情報をお知らせしています)
    FC2ブログトップページへ戻る

  253. 2012/10/20 04:26:12 Club Blog-Gamo Bazil’s Blog of "B"含むアンテナおとなりページ

    2012/10/1922:46
    蒼空へ ブルー・スカイ
    第一次世界大戦後の1920年代、黎明期の航空学校を舞台に若い生徒たちと美人教官との触れ合い、淡い恋を描いた2006年製作の韓国映画。
    いや、青春映画としては決して悪い出来ではないのだが……。
    1919年3月1日、日本に併合されていた当時の朝鮮半島で大規模な独立運動が起こるが鎮圧。後に韓国初代大統領となる李承晩らは、中国・上海に「大韓民国臨時政府」の樹立を宣言した。彼らは在米韓国人の資金的協力を得て、1920年、米国カリフォルニア州に「世界最初」の航空学校である「ウィロウズ航空学校」を設立、有望な韓国人青年を集め韓国独立を目指して空軍戦闘機パイロットの育成を始めるのだった。
    いやー、東宝『青島要塞爆撃命令』にも似た戦争ファンタジーだなー、と思っていたら、これ、「実話」の映画化なんだそうである。え? 航空学校も韓国が発祥なの?
    クセのある若者たちは女性教官に反発するも、やがて打ち解けあって民族独立を目指し、苛烈な訓練を耐え抜く。祖国を失った彼らに、当初は「韓国なんて国は存在しないよ」と冷淡だったアメリカ人も理解を強め、ついに彼らはカーチス・ライト社から練習機を購入することに成功する。
    だが、日本がそれを静観するはずもない。彼らが熟練し一流のパイロットとして成長すれば、朝鮮半島での植民地政策にも影響を及ぼすと考えた日本は、航空学校にスパイを送り込み、様々な妨害と破壊活動を加えるのだ。
    登場する複葉機は恐らくカーチスJN-4、通称「ジェニー」と呼ばれる機体だと思われる。飛行シーンは全てCGで描かれるのだが、一般的な航空アクションのアルゴリズムでデータをジェニーに置き換えただけのようで、複葉機にしてはあり得ないスピードと運動性能で飛びまわる。兵器関連詳しくないのでツッコミどころが間違っていたなら申し訳ないが、敵機の追撃を振り切るために、太陽に向けて垂直上昇するなんて芸当が当寺の複葉機に可能だったんだろうか。
    小道具類も奇怪で、この航空学校の部屋の壁には『撃墜王 アフリカの星』のポスターが貼ってある。いや、それ、第二次大戦の話でしょ。主人公のハンス・ヨアヒム・マルセイユは1919年生まれだから、その時まだ1歳でしょ? 航空学校が「日本軍のスパイの策謀」によって破壊された後、生徒たちは上海に移って訓練を続けるが、中華民国空軍将校の室内には、蒋介石のご真影が恭しく架けられている……いや、孫文はまだ存命中でしょ?
    かくして、過酷な訓練を遂げた韓国空軍予科練生に課せられた使命とは……東京に飛んで皇居を空爆することなのだ!!
    上海から東京までジェニーで飛べる距離なのか!? よしんば飛んで行けたとして、皇居爆撃したら韓国独立できるのか!?
    本作はイ・インス監督の抗日戦争映画第2弾で、前作は『ハン・ギルス』という作品らしい。なんと太平洋戦争開戦前夜、日本の真珠湾攻撃計画を事前に察知し、米国に伝えて勝利に導いたという、これも「実話」らしい。すげー、見てみたい!!
    ※本稿の作成に当たり以下のサイトを参考にしました。
    http://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/iinsu_aozora.html
    http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/5617128.html
    カテゴリ:
    badzilla
    Comments( 0 )
    Trackbacks( 0 )
    『妖星ゴラス』という古典SF映画の傑作がある。今さらそのストーリーを説明-国連に世界中の科学者が一堂に会し、黒板にそれっぽい数式が書き連ねられ、本多猪四郎の大真面目な演出と相まってリアリティとスケール感に溢れて物語は展開していく(何と劇中の時間経過は足かけ3年である)のだが、本作にはあろうことか巨大怪獣が出現するのである。その名はマグマ。見た目はセイウチそのものなのだが志村喬博士の解説によれば、太古に絶滅した爬虫類だという。この怪獣がジェットパイプの一部を破壊してしまった時間のロスにより、ゴラス回避のスリルが一段と高まるという塩梅なのだが、そこまで大真面目なSFに徹していたのに何で怪獣が?

  254. 2012/10/05 13:48:57 ときどきクリックしてIEにきて含むアンテナおとなりページ
  255. 2012/09/14 20:37:01 日記-新大蟻食の生活と意見含むアンテナおとなりページ

    14/09/2012
    そうだ、フィレンツェへ行こう、と思ったので行ってくる。またね。
    Tweet
    «twitterアカウント削除のお知らせ
    2012.9.14
    septembre 2012

  256. 2012/09/03 01:07:12 ettyanの日記含むアンテナおとなりページ

    2012-09-02カデナ
    カデナ (新潮文庫)
    作者: 池澤夏樹
    出版社/メーカー: 新潮社
    発売日: 2012/07/28
    メディア: 文庫
    沖縄カデナから北ベトナムへ飛び、爆弾の雨を降らせる超大型爆撃機B‐52。その攻撃を無力化するため見ず知らずの4人は基地の内と外を結ぶ小さなスパイ組織をつくった。ベトナム戦争末期の沖縄を舞台に、戦争という抗いがたい現実に抗おうとするごくふつうの人たちの果敢な姿を、沖縄現代史のなかに描きだす。著者の沖縄在住十余年の思索と経験のすべてを注ぎ込んだ傑作長編小説。
    反戦小説というよりは,青春小説。
    沖縄,ベトナム戦争,米軍基地という舞台装置にB52。
    さらりと沖縄の風を感じるような爽やか〓な小説で,えっちゃんには珍しい読書。
    おもしろかったので,次は「氷山の南」にチャレンジ。こちらもおもしろい。
    氷山の南
    作者: 池澤夏樹
    出版社/メーカー: 文藝春秋
    発売日: 2012/03
    メディア: 単行本
    コメント

  257. 2012/08/22 12:53:01 モナドの方へ含むアンテナおとなりページ

    2012-08-22
    ■円盤刊行会 presents いつも心に黒い太陽
    謎のユニット、地下102階がメンバーを増員してのワンマンライブ!
    ソワカちゃん楽曲もありながら、今までやったことのないあんな曲やこんな曲をお届けする予定です。
    ゲストの万有引力の俳優陣による、舞踏やらなにやら怪しげなパフォーマンスも加わり、前回よりもアングラ度がアップしております。そっち系が好きな方は是非いらしてください。
    見ないと来世で後悔必至!
    ◎出演バンド◎
    地下102階
    ◎ゲスト舞踏◎
    森ようこ(万有引力)
    高橋優太(万有引力)
    禁断の音楽術師たちが幻獣たちの魂を映し出す ウロボロス鏡幻夜!
    ――J・A・シーザー氏(演劇実験室◎万有引力主宰)
    日時:8/25(土)
    開場:18:00
    開演:18:30
    場所:池袋 音処・手刀
    開催日が差し迫っているので、メール予約よりも当日券のほうが安全かもしれません。
    前売り券を買い求めたいかたは、いますぐ予約をお願いします!
    詳細はこちら
    ライブ情報 - 円盤刊行会
    自分は、後ろのブースでこっそり映像操作などをやっております。
    第11回 文学フリマに参加します b1228 vol.1 "Fictional" - b1228

  258. 2012/08/22 04:08:42 奇書のある寝室含むアンテナおとなりページ

    私がHorvathのことを知ったのはイベントの告知からだ。パトリック・マグラアとの共編アンソロジーTHE NEW GOTHIC*1やConjunctions誌の編集長業で知られ、作家として近年もゴシック小説短篇集や超常要素のあるミステリ長篇を上梓しているブラッドフォード・モロー。文学・ホラー・SF・幻想小説・ミステリの境界にたたずみ、近年めざましい執筆ペースを誇るブライアン・エヴンソン。その二人とともに何やら気になる書店イベント(“Laughter in the Dark: The Comedy of Noir”)で登壇した知らない新人。私、気になりました。で、これが短篇集の表紙だ。なかなか素敵でしょう。
    Rebecca Makkaiは本書に「ボルヘス、カルヴィーノ、ケヴィン・ブロックマイヤーを口寄せ中。しかも成功。」とのコメントを寄せている。が、実際よんでみたところ、期待のハードルを上げすぎて悔いるはめになった。私の好みからは割と離れた作風だった。(理由1、人間関係をテーマにした話が多い。理由2、展開が起伏なく淡々としている) もっと短篇小説の妙味や、おそろしいくらいの想像力の冴えが味わいたかった。
    (作中のハイデッガーの台詞)
    シェーナーの研究にハイデッガーが見せた関心は、意外にも社交辞令ではなかった。ふたりはしばしば森で散歩し、語らうようになる。しかしユダヤ人であるシェーナーの周囲には反ユダヤ主義の影がせまる……。
    かたや目だたない凡庸な講師、かたや学内のスーパースターの二者はナチズムを軸にしても対照的な関係だ。しかしこの作品ではドラマティックなことはなにも起こらない。シェーナーは徐々にハイデッガーと疎遠になり、その後アメリカへ逃れ、彼の内心をついに理解することもない。
    もちろん、お待ちかねの幻想小説もちゃんと収録されているのでご安心を。本書の引き合いにカルヴィーノの名が出されているのは、架空の街を紹介する掌編Urban Plannningシリーズの存在あってのことだ。

  259. 2012/08/04 05:43:29 うたかたの日々含むアンテナおとなりページ

    8月
    今夜はサイコ
    今夜はサイコ
    録音しといた『小西康陽 これからの人生 bice追悼特集』を聴く。
    biceは、まったく知らなかった。
    ささやき系ヴォーカルがイカしてる。
    こんなに暑いんで本で涼もうと
    『蘆屋家の崩壊』津原泰水著を読む。
    7つの短編は、どれも、怖く、
    時には鈴木清順監督の『ツィゴイネルワイゼン』あたりを彷彿させたり、
    時にはデビッド・クローネンバーグあたりをイメージさせたり。
    おいしゅうございました(by岸朝子)。
    ぼく的に、イチ押しなのは『猫背の女』。
    無敵の“サイコ”ストーカー女。
    連続不審死事件の木嶋某とも結びついて、膨らむ妄想。
    う、うまいな。
    60分尺の映画でも見たい。
    ブックマークの変更、願います。
    うたかたの日々@はてな
    http://d.hatena.ne.jp/soneakira/
    隔日ぐらいで更新しています。
    コメント(0)| Track back(0) | 2012-07-28 14:05:37
    http://d.hatena.ne.jp/soneakira/
    隔日ぐらいで更新しています。
    「こういう働き方をアメリカではインディペンデント・コト-派遣社員だと、派遣会社が介在してピンハネされるが、

  260. 2012/08/01 21:16:42 Reading Diary含むアンテナおとなりページ

    So-netをご利用いただきましてありがとうございます。
    お客さまのお探しのページは見つかりませんでした。
    指定されたアドレスにお間違いがなければ、
    ・ページが別のアドレスに移動している
    ・ページが削除されている
    などが考えられます。
    お手数ですが、So-netホームページからお探しください。
    3秒後に自動的にSo-netホームページに移動します。
    So-netホームページは こちら。
    Copyright 2007 So-net Entertainment Corporation

  261. 2012/08/01 18:30:14 a day in the life of mercy snow含むアンテナおとなりページ

    So-netをご利用いただきましてありがとうございます。
    お客さまのお探しのページは見つかりませんでした。
    指定されたアドレスにお間違いがなければ、
    ・ページが別のアドレスに移動している
    ・ページが削除されている
    などが考えられます。
    お手数ですが、So-netホームページからお探しください。
    3秒後に自動的にSo-netホームページに移動します。
    So-netホームページは こちら。
    Copyright 2007 So-net Entertainment Corporation

  262. 2012/08/01 01:26:45 ヘリオテロリズム@はてな含むアンテナおとなりページ

    優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (河出文庫)
    発売日: 2006/06/03
    コメント
    たいちパパ 2006/04/05 12:44 僕も召途中で止まってます。雷高原のあたりで・・。
    もう飽きたヤラネ となった頃に貸してください(笑)
    helioterrorism 2006/04/06 12:47 了解です。FF12はあと1〜2週間くらいで終わると思います。
    2006-02-27
    ■「文学フリマ in なごや」終了
    26日(日)は名古屋で開催された「文学フリマ in なごや」に参加してきました。お買い上げいただいた方、誠にありがとうございました。
    当日、会場で配布したチラシのPDFをアップしておきます。
    http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~sorakei/flier_3.pdf
    情報量は意図的に少なくしたんですが、いくらなんでもこれは少なすぎだろう、と後で自分でも思いました。
    これで同人誌「ヘリオテロリズム」にかんしては一段落という感じです(まだ在庫は結構あるんですが)。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 22:28
    コメント
    たいちパパ 2006/03/24 17:40 スレ違いだけど・・
    デザイン変わっててビックリした(笑)
    |Д´)ノシ ジャ、マタ!
    helioterrorism 2006/03/25 21:09 どもども。デザインを変えただけなのが何ともアレなんですが。今はスイッチの入るきっかけを黙して待っているところです。

  263. 2012/07/18 23:06:06 架空の裏庭含むアンテナおとなりページ

    大ざっぱに分けて、メグレ警視シリーズには、善玉と悪玉との対決を描いて一応エンターテインメントの形をとっている話と、不幸な被害者または不幸な加害者を描いて人生の悲哀を感じさせるものとがあるが、これは後のほう。犯人も被害者も、悪人というわけではないのに(善人でもないが)気持ちのすれ違いが悲劇を生む。その、調書からは読み取れない「気持ち」をメグレが理解することで、わずかながら救いになっている。

  264. 2012/07/13 22:17:08 東洋大学SF研究会特設ブログ含むアンテナおとなりページ

    銀河遊撃隊 (ハヤカワ文庫 SF)

  265. 2012/06/30 22:12:52 je suis dans la vie含むアンテナおとなりページ

    2012-06-27
    ■[chinois]芳村お茶市場でお買い物
    またもや久々の更新…。いろいろ書き記したいことがあるんだけど、なんやかやと忙しい1ケ月。
    備忘録として、過去日記もおいおい更新しなければ。
    さて、この日はお茶の先生&生徒さんで芳村お茶市場へ。
    夏の一時帰国のお土産もかねてお茶をいろいろ購入。
    中国茶に馴染みのない人にも飲みやすく香りのよい「ライチ紅茶」をお土産用に。あと自分用に「金駿眉(ジンジュンメイ)」という紅茶と、「粒粒香(リウリウシャン)」という青茶を。
    どちらも香りがよくてお気に入り。
    茶具は今回こちらを。
    左はお茶を注ぐときに茶葉を受けるための茶漉し。上が茶漉しで、下は受け皿。茶盤に置く用のやつだと受け皿の底が抜けているのが多いのだけど、これは抜けていないので、茶盤無しでお茶を入れたいときによいかなと。
    右の陶器のカップは中に茶漉しがついてるので、そのままでお茶を淹れて飲むタイプ。洗い物が少なくなって便利。
    茶漉しですが、フルーツの柄と鳥の取り合わせがかわいいなと思って選んだのですが、帰ってからよく見たら、フルーツに向かっていく鳥の顔が極悪!
    これは工具ではなく、プーアール茶を崩すためのもの。プーアール茶は円形などの形に固めてあるのが多く、今までは崩す時にナイフを使ってたんだけど、ちょっと危険かなーと思ってたので、前からほしかった。
    この日は以前からお気に入りの老板の新しいお店へ。
    老板と出会ってから1年?くらいですが、初めて会ったころは仙人ぽい怪しげな雰囲気だったけど、先生とはかなり仲良くなって、行くと笑顔で迎えてくれます。
    茶器もだけど、お茶も他の店と比べるとクオリティが高いというか、センスがいいというか。いつも発見がある。
    新しいお店の写真撮っていい?って聞いたら、こっちから撮るといいぞ!などノリノリ。
    センスがいい(でも高い)茶壺がきれいに並んでます。
    お茶がいろいろ。
    お店に入ったとこにあるオブジェ。
    お茶を試飲させてくれます。
    壁にかかってるのは、偉い人が書いたものだとか。
    「先日、イギリスのBBCに取材を受けたんだ〜」と動画を見せてくれたり、雑誌に載った時の記事を見せてくれたり(自慢された?)。
    今回試飲させてもらったプーアール茶を飲んだら、じんわり温まって、この時期によくなる鼻づまりが緩和されたので、早速購入。
    私は低血圧・低血糖だというのもあるのか、血圧を下げる白茶や、体温を下げる緑茶より、体を温める紅茶やプーアールはテキメンに体に効きます。鼻づまり、喉の痛みなどがすぐよくなる。ちょっと体調悪いな、というときはプーアールを飲んでます。
    「7542」という名のプーアールの新茶。
    生茶なので、茶葉の色が青っぽい。淹れてみても、色は青茶くらいの薄さ。プーアール茶というと、黒いお茶ですが、あれはだいたい菌を植えて急速に発酵させているのだそうです。
    菌を植えないで発酵させたのは老茶といい、時間が立つと価値が上がるんだそうな。ワインみたいな感じですかね。
    7542の’88年モノは3万元(日本円で30万円以上!)だそうで、「誰が買うの?」と聞いたら「けっこうたくさんの人が買っていくよ」とのこと。357gぽっちのお茶に30万円…。中国人のお金持って!
    ちなみに私が買ったのは新茶なので、140元くらいです。
    「7542」とか4ケタの番号がついてるお茶が多かったので、どういう意味か聞いたら、ブランド名みたいなもんだとのこと。「7542」なら75は1975年の意味(製造方の年度?)、4はお茶の等級とかなんとか。数字に意味が入ってるのだとか。
    小学生くらいの子が来たので、もしやと思ったら老板の息子さん。チビ老板だ〜というくらい似てたので、「似てるね〜」と言ったら「似てなかったら困る!」とな。そりゃそーだ。しかし息子さんはお茶にはまったく興味がないそうな。

  266. 2012/06/28 02:23:27 過ぎ行く日々はミステリ色含むアンテナおとなりページ

    2012-06-27
    ■[新刊]まだまだ買ってしまうのだよ
    森見登美彦『宵山万華鏡』集英社文庫
    『声優ラジオの時間 (綜合ムック)』綜合図書
    『ミステリマガジン 2012年 07月号 [雑誌]』早川書房
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tomo-s/20120627
    竹内正浩『カラー版 地図と愉しむ東京歴史散歩 (中公新書)』中公新書

  267. 2012/06/14 22:16:27 なごみワールド含むアンテナおとなりページ

    <前の日
    2012-06-14
    ■新規ページ
    <前の日

  268. 2012/05/29 07:01:08 可視の祭典含むアンテナおとなりページ
  269. 2012/05/20 01:09:55 虫のいい日々含むアンテナおとなりページ

    〔2012年5月20日追記:コメントもトラックバックもできなくなり

  270. 2012/05/01 00:59:02 taipeimonochrome含むアンテナおとなりページ

    2012年5月
    123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031

  271. 2012/04/23 11:50:53 Minami-hatoba_1(Shirouyasu_Suzuki)含むアンテナおとなりページ

    18:01:51 - shirouyasu - No comments

  272. 2012/04/20 18:41:21 東雅夫の幻妖ブックブログ含むアンテナおとなりページ

    /東雅夫著幽女の如き怨むもの
    /三津田 信三著百鬼夜行 陽
    /京極夏彦著あの女
    /岩井 志麻子著
    「東雅夫のイチオシ棚」 更新
    ビーケーワンの辻です。
    「東雅夫のイチオシ棚」 更新しました。
    岩井志麻子の“あの”怪作『あの女』が入庫とともに大好評。
    発売直前の長編『マカリーポン』も何ともそそられます。
    人気ホラーミステリーシリーズ最新作、三津田信三『幽女の如き怨むもの』。
    夢枕獏の魅惑の山岳短篇集『呼ぶ山』。
    評論では、
    司馬遼太郎の幻想文学作家としての側面を描いた、
    磯貝 勝太郎『司馬遼太郎の幻想ロマン』がオススメ。
    そして、『コミック怪』最新刊、遂に発売!
    続きを読む...
    2012年04月20日 18:08

  273. 2012/04/03 22:57:38 Bookstack含むアンテナおとなりページ

    ▼2012/04/03(火) URL変更します
    【未分類】
    今後はこちらをご覧ください。
    旧 http://bookstack.jp/adiary.cgi

    新 http://bookstack.jp/blog/
    RSSは:
    旧 http://bookstack.jp/public/archive/furuyama/index.xml

    新 http://bookstack.jp/blog/feed
    ▼ コメント(0件)
    ▼ トラックバック(0件)
    << 2012/04 >>
    29 30
    URL変更します

  274. 2012/03/26 08:55:05 仏語西都逍遥含むアンテナおとなりページ
  275. 2012/03/23 01:01:01 私のように美しい含むアンテナおとなりページ

    0322
    ■さようなら、はてな!!
    先日思い立って自分のドメイン取ってwordpressでブログ作りました。2006年から始まった「私のように美しい」の歴史にここに終止符を打つ(たぶん)。さようなら、はてな!!
    http://www.akttkc.com/
    ツイートする
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)

  276. 2012/03/21 00:16:03 私はどこに立っているのか含むアンテナおとなりページ

    Powered by twtr2src
    コメントを書く
    2011/10/09 (Sun)
    ■[twitter]
    13:07 「攻略!英語リスニング」面白かった。聞き取った内容を整理して頭の中に思い描いていく「ヴィジュアライズ」という行為をリスニングに応用。テキスト買ってみようかなあ。 http://t.co/GLGrsmKM

  277. 2012/02/16 22:33:57 Cheep含むアンテナおとなりページ

    記事一覧
    ログイン
    無料ブログ開設
    <前の5日分
    February 16, 2012
    牛骨らぁ麺マタドール@北千住 牛筋煮込みの甘みがスープの味を変化させていく、結構好き/BRUTUSマンガ特集-読みたいリスト-田村由美『7SEEDS』、谷口ジロー、堀道広『耳かき仕事人サミュエル』、坂戸佐兵衛『めしばな刑事タチバナ』、フジモトマサル『二週間の休暇』/磯部涼『音楽が終わって、人生が始まる』リーディング
    第1章に関係あるのと、ちょっと関係あるのと、少し関係あるの
    Reflector feat. Kahimi Karie / struggle for pride
    http://www.youtube.com/watch?v=b-RDP9hsdiI
    CASPER THE GHOST(BUSHMIND & やけのはら) / DAY DREAM
    http://www.youtube.com/watch?v=RWHHIa-RaRw
    2much crew
    http://www.youtube.com/watch?v=RmQ2MJDCgSc
    http://www.youtube.com/watch?v=L8HhID-yuCg&feature=related
    Feeling in Soil / Abraham Cross
    http://www.youtube.com/watch?v=514va31tc1E
    baby’s star jam / Schroeder-Headz
    http://www.youtube.com/watch?v=k9OfiojbAKA

    Plastic Age / The Buggles
    http://www.youtube.com/watch?v=YHevQRyYEZ0&feature=fvwrel
    Shhhhh
    http://www.myspace.com/shhhhhsunhouse
    http://www.youtube.com/watch?v=N4mWltlGmMc&feature=related
    やけのはら
    http://www.youtube.com/watch?v=ZyjojLiPq1I
    DJ Klock / Theme
    コメントを書く
    August 14, 2010 大阪
    最近、大阪へ帰ってくるたびに行ってるのが扇町のラヴィルリエというケーキ屋さん。
    今月の「料理通信」のタルト&シュー特集にも載ってるルリジューズは美味。
    あと、東京ではラデュレのザクザク感の強いマカロンが好きな僕だけど
    ここの薄いながらもしっとりしたマカロンもすごく好き。
    そう、前回うっかり書き忘れたんだけど半年程前に転勤して今東京にいます。
    住んでるのは東京じゃないけど…職場は丸の内です。関東にいらっしゃる皆さん
    お時間があればぜひお食事でも。
    あと最近ビジュアル系?のゴールデンボンバーが面白いです。
    ビジュアル系って知らない間にこんなすごくなってたのかー。
    wegの新譜も超たのしみ!
    コメントを書く
    Geheimagent 2010/08/15 00:56 おひさしぶりでございます。ブログの更新がこれからも続くといいな、と思っています。
    t_yoshida 2010/08/16 22:10 mkくん!いつも日記読んでます。情報の多さと主観の挟み方のうまさでいつも楽しく読ませていただいてます。mkくんのように更新する意味のある(読者にむいた)ブログが書けなくて記憶のインデックスとして書くくらいのことしかできないです。それでもまた書いてみようかな、といつも思うのだけどなかなか。
    Geheimagent 2010/08/18 07:18 ブログよりツイッターのほうがラクチンだもんねえ(若者のブログ離れ笑)。私も住んでいるのは東京じゃないんだけれど、O田急線沿線でふらふらしているので、食事でも。ケイタイのメールアドレスはまだ同じままかな? 連絡します。
    August 13, 2010 和歌山
    夏休みを利用して和歌山へ。
    白浜の花火大会目当てで行ったんだけど残念ながら雨と台風で2回延期になってしまっため断念。
    だけど、周参見で食べたいのしん豚丼と馬刺し、椿で食べたとこぶし踊り焼き、白浜で食べたしらす丼!
    といい思い出がたくさんです。行く人なんていないと思うけど、興味があれば聞いてください。
    いのしん豚は猪と豚のハーフらしい、初めて食べたけど脂身が多く日本人好みかつ、脂身部分が
    非常にさっぱりしていて美味しい。周参見みたいなど田舎の駅から更に10分くらい歩いた秘境にある
    お店でお客さんもまったく入ってなかったけどいい店だった。中曽根氏の色紙が飾ってあった。芸能人のは無し。
    他には白浜アドベンチャーワールドへ。
    ペンギンがあまりに可愛かった。あと、だらけている動物達の気持ちらしきものがやっとわかる年齢になった。
    そうだよな、確かに暑いよな。僕も仕事中喫茶店に行くこともある、君達もうまくサボるんだよ。
    彼女と泊まりで旅行、というのは27歳にしてはじめての経験だったけど本当に楽しかった。
    意外と、というとなんだけどストレスもたまらず、うまくやれたんじゃないかと思う。
    リゾートマンションとは名ばかりのホラーマンションに文句一つ言わず付きあってくれたのが大きい。
    雨が降ればロビーで読書(アガンベン『王国と栄光』、カントーロヴィチ『王の二つの身体』の2冊を持っていった
    ので暇をすることはなかった)をし、晴れれば上記のように名産を食しに出歩いた。
    花火は見れなかった分自分達で楽しんだし、ビーチで日焼けもした。
    いつまで付き合ってるのかわからないけど、来年こそ花火見れるといいなー。
    コメントを書く
    May 18, 2010
    ■名古屋
    ゴールデンウィークに日帰りドライブで名古屋まで。名古屋市美術館と豊田市美術館。名古屋市美術館の桑山忠明は絵画もインスタレーションも、メタリックな表面への光の当たり方の変化がこちらの動きと共に変化してそれなりに美しい。しかし、ただそれだけといえばそれだけ。
    帰りの車の中、オーディオもろくについてない車の中で思いついたままに同乗者と色んな歌を曖昧なまま歌った。ポルノ、バンプ、エヴァ。
    オーディオもカーナビもないけど、おかげで道を調べたり好き放題歌ったり、百倍楽しかった。行きは渋滞していたせいで、ドライブの爽快感はゼロだったけど、帰り道は空いていたこともありそれなりのスピードで走る。その時のトンネル内のライトや対向車線の車の光がうつっていく感じは、残念なことに桑山忠明の展示よりも美しい。桑山忠明の展示は物質への還元を目指しているようで、しかし他の要素、光や僕らの動きを必要としてる。
    あー、ドライブが楽しかったことを言うためにうろ覚えでツッコミどころ満載の文章なんて書くのはよくない。別に僕らの動きを必要としてても光が必要でも、作品が自律してなくてもいい!ただし、それが高速道路より美しいのなら。
    その他、自転車で河川敷をサイクリングして一年ぶりくらいに昔よく行っていたラーメン屋へ。おじさんもおばさんも覚えていてくれてデザートをサービスしてくれた。僕の数少ない、いや唯一の常連っぽい店。楽しかった。それにたくさん歩いた。無駄にたくさん歩いた。楽しかった。
    眠れない、就職祝いにと思って買ったシャンパンを飲んで寝る。眠いし祝えないし、飲んで寝る。
    コメントを書く
    December 30, 2009
    キュー様からせっかくコメントを頂戴したのだけど都合により前回の日記は削除。東京転勤なってもならなくても、東京行ったら遊んでくださいね>キュー様
    コメントを書く
    キュ→様 2010/01/12 03:14 どうぞどうぞ
    キュ→様 2010/01/12 03:14 どうぞどうぞ
    <前の5日分

  278. 2012/02/03 21:38:00 ◆〓本のシャワーにさらす肌〓◆含むアンテナおとなりページ

    コメント(2) Track back(0)

  279. 2012/01/21 09:25:17 FemTumYum含むアンテナおとなりページ

    Permalink | コメント(0) | トラックバック(3) | 22:14
    地下室のアーカイブス - 2011年度クィア理論入門公開連続講座の...

  280. 2012/01/18 23:49:11 quadrillepadの日記含むアンテナおとなりページ

    Permalink | コメント(1) | トラックバック(0) | 07:59

  281. 2012/01/12 08:44:56 ライトワーズ・グッドテイルズ含むアンテナおとなりページ
  282. 2012/01/09 20:57:29 Bio-pmortal含むアンテナおとなりページ

    2012-01-09
    ■blog回帰 20:57
    Facebookやtwitterに押され、すっかりBlogという言葉自体が陰に追いやられてしまった感もあるが、日記的な用い方をする以上は機能に大差は無い。特に異なるのは、その情報を見る可能性がある人の数。特にtwitterの情報拡散能力、情報集積能力についてはアラブの春を引き合いに出すまでも無く、傑出したものがある。140文字の短文であるため、情報量が凝縮されること、またハッシュタグ、位置情報、情報発信者の引用表記など、Blogなどに比べ、個々のユーザが発信した情報が、「情報群」「集積的な情報」という「固まり」で手に入れられる点が、結果としてBlogを隅においやった一つ要因であろう。Blogは一人の人間の「集積情報」として、ある程度まとまった分量が物語性をもって記述されている点が特徴であるが、それ故に記述には一定の体力が要求されること、またある種、独白的な、一方向のコミュニケーションツールであるため日記以上のものに展開しずらいこと等の特徴が、結果としてtwitter × facebookへの移行者を増加させた。
    と、社会的な理由はともあれ、twitter × facebookという組み合わせにプライベートが無くなってきて書きたい事が書きにくくなってきたこと(まるで監視状態)、Blogの方にユーザが減ってきたこと、考えた事をまとめるにはBlogという形式の方が適している事などから、Blog回帰を進めてみようと思った次第。
    さて、いつまで続くかは分からないが・・・。
    ■[book]佐藤優 20:57
    ニッポン放送(1242hz) でやっている、高嶋ひでたけのあさラジ! で、元外務官僚、現在作家の佐藤優がコメンテータをつとめている。木曜日が一応の当番のようなのだが、最近忙しいのか隔週ぐらいでの登場となる。放送日近辺に起きたニュースにコメントするのだが、凡百のコメンテータと全く視点が異なり(極めて鋭い)、実に刺激的だ。
    以前、週刊東洋経済を買っていた頃に、連載記事
    インテリジェンス人生相談 復興編
    作者: 佐藤優
    出版社/メーカー: 扶桑社
    発売日: 2011/09/28
    メディア: 単行本
    インテリジェンス人生相談を読んで名前と簡単なプロフィールは知っていたものの、少々言葉の運び方が独特だったこともあり、著書を手に取るまでには至っていなかった。ただ、ラジオでの冷静かつ的確で、鋭い発言、また言語明瞭で論旨も明解な解説を聞くにつけ、一体何者なのかと興味をそそられた次第。
    そんな折に、たまたま書店で佐藤優原作(原案)の漫画、「憂国のラスプーチン」を見つけ
    憂国のラスプーチン 1 (ビッグ コミックス)
    作者: 佐藤優,伊藤潤二,長崎尚志
    出版社/メーカー: 小学館
    発売日: 2010/12/25
    メディア: コミック
    、出張先でまとめ買いした。漫画を書いているのも伊藤潤二と、これまた絶妙な組み合わせなのもあるが、非常にセンセーショナルな内容で面白く、そこから佐藤優氏にハマってきた。
    漫画は現在も連載中なのだが、先が待ちきれない・・・という場合は(私がそうだったが)、
    「国家の罠」、自壊する帝国を読むと良い。
    国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
    作者: 佐藤優
    出版社/メーカー: 新潮社
    発売日: 2007/10
    メディア: 文庫
    自壊する帝国 (新潮文庫)
    作者: 佐藤優
    出版社/メーカー: 新潮社
    発売日: 2008/10/28
    メディア: 文庫
    ちなみに自壊する帝国は現時点では、未読。
    随分と話題になった本なので(私は当時、その認識が無かったが)、読まれた方も多いと思うが、未読の場合は是非。
    近年無いほど、非常に興味をもった人物だ。そのバックグラウンドが神学・哲学にある点、研究と仕事との両立を試み外務省に入省したこと、入省後の働きかた、信念を貫き通く姿勢、愛国者(ナショナリストではなく)としての精神・・・等、その思索や行動もさることながら、人としての魅力がある。
    全くレベルは異なるし、引き合いに出す事すらおこがましいが、私自身のバックグラウンド等とも重ね、強いシンパシーと畏敬の念を感じている。(大学の先輩というのもあるが)
    暫く、佐藤優氏の著作や姿勢を研究してみることにしよう。大きな学びがありそうだ。
    コメントを書く

  283. 2012/01/08 14:53:27 SITE ZERO含むアンテナおとなりページ

    お問い合わせ
    HOME
    トップページへ
    About
    SITE ZERO/ZERO SITEとは
    Books
    SITE ZERO
    次号予告 / Next Issue
    バックナンバー / B.N.
    原稿募集 / Contribution
    取り扱い書店 / Store
    注文フォーム / Order
    SITE ZERO Review
    SITE ZERO レヴュー
    [記事数:53]
    Links
    リンク集
    »SITE ZERO DIARY BLOG
    SITE ZERO/ZERO SITE 関係者が綴るダイアリー。 さまざまな情報、日々の関心を投稿します。
    News新着情報
    2010年05月27日
    『SITE ZERO/ZERO SITE』No.3
    「特集=ヴァナキュラー・イメージの人類学」
    (責任編集:田中純/特集企画:門林岳史|B6変形/全392頁/2,200円[送料・消費税込])を刊行します。
    2008年5月28日より、注文フォームからもご購入いただけます。
    「注文フォーム」の手順に沿って、MAILまたはFAXにてお申し込みください。
    〓 執筆者・訳者
    [特集]門林岳史/ジェフリー・バッチェン/唄邦弘/
    増田展大/浜野志保/畠山宗明/石谷治寛/
    長谷正人/田中純/佐藤守弘
    [インタヴュー]中沢新一
    [鼎談]岡田温司 × 前川修 × 門林岳史
    [翻訳]ミリアム・ブラトゥ・ハンセン(訳:滝浪佑紀)
    マリ=ジョゼ・モンザン(訳:長友文史)
    [投稿]山本圭
    [連載]南後由和/榑沼範久/田中純
    目次詳細
    BooksSITE ZERO
    No.3|2010年6月1日発行
    「ヴァナキュラー・イメージの人類学」Anthropology of Vernacular Images 〓〓 注文フォームへ
    No.2|2008年10月15日発行
    「情報生態論──いきるためのメディア」Information Bionomy:
    Media to be Alive
    〓 目次ほか |発行元完売品切
    No.1|2007年9月20日発行
    「〈病〉の思想/思想の〈病〉」THOUGHT OF ”DISEASE”/
    ”DISEASE” OF THOUGHT
    〓 目次ほか|発行元完売品切
    No.0|2006年7月31日発行
    「エステティクスの臨界」CRITICAL AESTHETICS
    〓 目次ほか|発行元完売品切
    SITE ZERO ReviewSITE ZERO レヴュー
    『SITE ZERO/ZERO SITE』No.3「ヴァナキュラー・イメージの人類学」刊行|
    企画主旨:門林岳史 2010年05月27日
    イメージ人類学(ジョルジュ・ディディ=ユベルマン、ハンス・ベルティング etc.)とヴァナキュラー文化論(ミリアム・ブラトゥ・ハンセン、ジェフリー・バッチェン etc.)。これら2つの近年活発になりつ・・・
    『SITE ZERO/ZERO SITE』No.2「情報生態論──いきるためのメディア」刊行|
    企画主旨:ドミニク・チェン 2008年10月15日
    2008年現在、日本語でテキストを書くということは何を意味するのか。書くことがそ・・・
    自由度を上げ、より「よく生きる」ために──自編著『ディスポジション──配置としての世界』(現代企画室、2008)|柳澤田実 2008年06月30日
    自由なものが最終的に腕力に負けるのを見るのは悲しい。2006年のワールドカップで・・・
    リアリズムはお腹の中に──アブデラティフ・ケシシュ『クスクス粒とボラ(La Graine et le mulet)』|須藤健太郎 2008年05月15日
    今年度のセザール賞の話題が、オスカーとダブル受賞したマリオン・コティヤール(『エ・・・
    親密さの2形態──「アルド・ロッシのために」「画家ベルニーニ」両展|東辻賢治郎 2008年01月28日
    昨年末に訪れていたローマで、表題の2展覧会を見る機会があった。いずれも扱われてい・・・
    ページの先頭へ
    メディア・デザイン研究所
    MAIL:info_SITEZERO@mdr.co.jp
    サイト・ポリシー

  284. 2012/01/06 09:53:25 ムスーたん(;´Д`)ハァハァの帰還含むアンテナおとなりページ

    2012-01-06 久々すぎて使い方がよくわからん
    このボヘミア(愛称ボー)ちゃんがとてもよろしい。赤毛で栄養状態も悪くてガリガリで歯並びも悪く、学校には通えず友達もいない。母親は酒と薬と男にだらしがなく社会のダニと、人生詰んでいる状況にもかかわらず、彼女は明るく元気に生きている。終盤、サムとケンカした彼女が一人で家出した時は、いつ変なおじさんたちにいたずらされやしないかと、期待しながら読んでしまった。

  285. 2011/12/30 12:44:55 Sound and Fury含むアンテナおとなりページ

    December 21(Sun), 2008
    古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』
    今日の読了本 |
    ◆古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』文春文庫、2008年5月
    正直、ぜんぜん面白くない。
    語り手の語り方に、まったく合わない。イヌに呼びかける語り方は、気持ちが悪い。そもそも、この語り手はいったい何なのか? イヌの内面に入り込んだり、20世紀の表と裏の歴史をすべて知っているかのような立ち位置といい、何様のつもりなのか。
    文庫本には、「あとがき」がついているのだが、この「あとがき」の語り方が、小説の語り手と同じになっている。つまり、語り手の語りが、作者に憑依してしまっている。「冒頭の献辞は、脱稿してから書かれた。そして、わたしがこの本を捧げた人物は二〇〇七年の四月に逝った。これもまた現代史だ。/なあボリス、お前のことだよ。」(p.393)
    これは、かなり気持ちが悪い。冒頭の献辞とは「ボリス・エリツィンに捧げる。/おれはあんたの秘密を知っている。」というものだ。これだけでも十分に気持ちが悪いのだが、「あとがき」の文章はその気持ち悪さをさらに倍増させる。「これって、イケテル表現だろ」という自意識が、小説の至る所から臭ってくる。もう、うんざりするし、がっかりもする。
    それから、スピード感を狙ってのことだと思うが、文末表現を「る」形や「た」形の連続させ極端に単純化させているのだが、こうした小細工が、読んでいてただ不快なだけだ。
    下手な小細工はやめたほうがいいと思う。変わったことをして目立とうとする高校生みたいで、これは単なる幼稚な小説としか思えない。
    ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)
    作者: 古川日出男
    出版社/メーカー: 文藝春秋
    発売日: 2008/05/09
    メディア: 文庫
    December 5(Fri), 2008
    野内良三『うまい!日本語を書く12の技術』
    今日の読了本 |
    ◆野内良三『うまい!日本語を書く12の技術』NHK出版、2003年9月
    この手の本はいろいろ読んだので、以前読んだ類似本と内容がかぶる。良い文章を書く秘訣は、だいたいみんな同じなのだ。
    本書のなかで、なるほどなと思ったのは、定型表現を遠慮無く使おうという指摘だ。この指摘は、他の類似本には見られない。普通、定型表現は避けるべきと考えがちだが、まずは文章の「型」を身につけることが上達の王道だという。あまりにも紋切り型表現を使いすぎるのは困りものだが、良い表現はストックしておいて、どんどん使っていくのは良いことだと思う。
    うまい!日本語を書く12の技術 (生活人新書)
    作者: 野内良三
    出版社/メーカー: NHK出版
    発売日: 2003/09/11
    メディア: 単行本(ソフトカバー)
    December 4(Thu), 2008
    石黒圭『文章は接続詞で決まる』
    今日の読了本 |
    ◆石黒圭『文章は接続詞で決まる』光文社新書、2008年9月
    接続詞をうまく使うと、文章は読みやすくなる。しかし、これが難しい。どこで、どんな接続詞を使えば良い文章になるか。そもそも、接続詞を使うべきか使わないべきか。文章を書くときには、いつも悩む。
    本書ではそもそも、接続詞とは何かという問題から始まり、各接続詞の用法が解説されている。面白いのは、日本語には文末にも接続詞があるという点だ。「のだ」「のではない」「と思われる」などが解説されていた。
    索引も付いているので、接続詞の辞書のように使えるかもしれない。
    文章は接続詞で決まる (光文社新書)
    作者: 石黒圭
    出版社/メーカー: 光文社
    発売日: 2008/09/17
    メディア: 新書

  286. 2011/11/11 01:33:29 猫は勘定にいれません含むアンテナおとなりページ

    あなたは錠を わたしは鍵を ジャンプ48号
    2011-11-11 00:37:30 / マンガ
    週三回以上更新とか言っておいて、全くできてません。前は(ほぼ)毎日更新が当たり前だったのに、習慣が無くなってしまうとこうも腰が重くなってしまうものなのか…。人間って弱いものですね(え?)
    今週から、古味直志さんのニセコイが連載開始。なんかだんだんラブコメ率が高くなってきましたねー。針栖川あたりと共倒れにならないといいのですが。読み切り版のニセコイは面白かったですが、連載にあたりどうアレンジを加えてきたのかが楽しみです。
    ・ニセコイ
    新連載。登校中に偶然出会った女の子が実は同じクラスへの転校生で…と、いきなりお約束パターンの連打連打に茫然。こんなこと、恥ずかしげもなくやっていいものなのか? それはともかく、小野寺さんって読み切り版にはいなかったような? 連載にあたってヒロインのライバル的なポジションのキャラクターを配置したということか。自分としては、この手の三角関係的な話ってのはどっちかが絶対フラれるのがわかっているから好きではないんだよなー。それをいったらラブコメを完全否定するような気がするけれども。なにしろ、古味さんには頑張ってほしいので期待。
    ・バクマン。
    なるほど! PCPを月刊誌に移してリバーシを週刊でやるというアクロバット。確かに、この作品は月間のほうが光るよなあ…というものはあるように思う。特に、ストーリーをじっくりと練る必要があるミステリ色の強い作品ならなおさら。PCPがそっち向けなのは確実だろう。週刊と月刊の同時連載は相当に過酷だろうけど、ファン心理としては、自分の好きな作家さんが、そうやって複数の作品を平衡稼働してくれるのは嬉しい話。
    ・NARUTO
    いつものことだが、主人公が絡まない場面のほうが、話に無駄がなくてビシッとしまった感じになるのはどうなのか。最後の5影そろい踏みはかなりかっこよかった。
    ・めだかボックス
    裸エプロン先輩、マジかっけーっす! 絶命しておいて、大嘘憑きで復活とか、あまりにもそのまんま過ぎて、正直ニヤッと笑ってしまった。今回は濁していたけど、当然ながら失ったはずの球磨川の能力がここにきて突然に復活したことにはなにがしかの理由づけがあるんだろう。安心院さんの差し金ではないようだが…?
    ・黒子のバスケ
    あーはいはい、またリコの料理下手ネタね…と油断していたら最後の超展開に唖然。なんじゃこりゃあ! 火神のアメリカ時代の知り合いとかなんだろうけど、エネルギーの有り余った男子高校生にこれはやばすぎるだろう。
    ・SKET DANCE
    面白かった。椿は面白いなー。だがこれでいい!の連発で、最後の最後に吹いたわ。一番すごいとおもったのは、風呂上がりの女性陣が別人に見えたっていうくだりで、デージーちゃんとかの髪型が変わっているわけなんだけど、こういうところを書こうと思うこと自体が篠原さんのある種のフェチを感じてしょうがない。
    ・いぬまるだしっ
    みなみ先生の話はいつも笑えるので好きであるy。それにしても一か月に一回別れ話しているって、どんな状況なんだよ。最後のオチも予想通りだったけど結局笑った。
    ・HUNTER×HUNTER
    アルカの秘密が徐々に明らかに。キルアは、なにか秘策がありそうではあったけど…? ゴンを助けることを願うとして、その代償をどうするか、アルカの途方もないものになるであろうミッションをこなさなければいけないことには変わりなく。それはともかく、ヒソカがなんかやたらにかわいいのはなんだ? こんなに愛嬌のあるキャラだったっけ。

  287. 2011/10/27 01:12:16 StickyEnd含むアンテナおとなりページ

    高橋百三個人では文学フリマに参加される絶対移動中さんに寄稿しています。テーマは「妄想×少女」。記念すべき10号目で直球なテーマ。楽しんで書かせてもらいました。こちらもよろしくお願いいたします。

  288. 2011/10/18 04:09:38 ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ やっつけblog版含むアンテナおとなりページ

    2011年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

  289. 2011/10/18 01:33:30 そもそも半茶でない含むアンテナおとなりページ

    2011-10-17
    ■またテストかい 23:42
    アンドロイド端末を手に入れたので、書き込めるかのテスト。
    とりあえず、週の始めはストレスがかかるというものである。
    ストレスをなくす努力をしなければ。
    すると結果としてストレスレス。
    ストレスレスです。
    まっすぐに……ストレートストレスレスれす。
    真似するな。 トレースストレートストレスレスれす。
    それを競争しよう。レーストレースストレートストレスレスれす。
    やすみなく。レストレスレーストレースストレートストレスレスれす。
    落ちもなく、続くのであった。
    コメントを書く

  290. 2011/10/10 02:27:25 キラキラ・サ・ラウンド含むアンテナおとなりページ

    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    idトラックバック
    ■[MU] wikiサイトの再構築
    wikiサイトの方を,この数ヶ月で再構築しました.個々のURIなども変更しました.全体的なシステムの更新・変更と,個別ページの制作から進めて,個別ページをまとめあげたり,ナビゲーション周りなどはまだ手付かずのままです.
    ので,今回は,いくつか新設した,音楽カテゴリーの個別アーティストのページを紹介・リンクしておきます.
    基本的には,自分が興味を持ってフォローしているアーティストのまとめページです.まとめ,というのはニュース/動向のまとめです.やってることというのは,自分が毎日見ている,いくつかの海外のニュース系音楽blogに,フォローしているアーティストに関する情報が載っていたらそれを拾うということです.それと,ときどき,blog検索で,海外blogをアーティスト名で検索して,また拾う(これはあんまりしないけど).あとは,周りの人に教えてもらうのを拾う.アーティストたちのtwitterとかマイスペのblogから拾う(これもあんまりない)ぐらいかな.まぁ,やっぱり,海外のニュースblogの充実がほんとすごいので,そこから拾うのが中心.
    拾ったのをどうするかというと,その記事(音源が紹介されていることも多い)へリンクする.なので,ページにyotubeの画面や音源を再生できるように埋め込んだりはしません.リンクする記事の内容について日本語でちょっとコメントを追加する.それだけです.アーティストたちによって,半パーソナルなコンテンツ(映像・音源など)がアップされる場合がこの頃はあるので,それには直接リンクしたりもします.
    拾った記事を,こーゆーのあったよ,とtwitterなどで,興味あるだろう人にリンクをなげておしゃべりするだけでもいいのですが,まぁついでにアーティスト毎にまとめていけば,後で見かえしたくなったり,流れを見たりする時には(第一には自分や周りの人が)便利かなというものです.あるいは,ツイッターなどで,拾ったものを紹介する時に,こうでこうでこういうもの,って説明(ソーシャルブックマークのコメントのようなものですね)が長くなりそうな場合は,それをリンクと共にwikiページの方に書いといて,そっちへリンクして,読む+リンクへ飛んで もらうというのもあり.
    そういうこととは別に,あういうページを書式なんかを整えながら作るのが好きなんでしょう.また個別アーティストの情報を集めて,ページをつくっていくうちに,さらにその人に対してさらに愛着がわいたり.
    では具体的に紹介.
    Amerie エイメリーは,アルバム In Love & War をリリース予定です.これは,音源のリークの嵐がすごくて作ったって感じがあります.才能ある結構希有なシンガーだと思うですが,そういうことはあまり,まとめでは扱えませんね.
    Bilal そして,Rahsaan Patterson.ビラルとラサーン・パターソンというこの二人はまぁ一番好きなアーティストですし,そう日本でたくさんの人にフォローされているわけでもないでしょうし.マクスウェルがアルバムを2001年から8年ぶりのアルバムを出したわけですが,bilalのデビューアルバムというのはその同じ年に出ているのですね.そこから,セカンドアルバムがお蔵入りなどして今までアルバムリリースがないのです.それが今年に入って,これまでの数多くの客演をまとめたmixrtape(CD)が出たり,ニューアルバムが,Air Tight’s Revenge というタイトルで出るという事が語られたり.少し動きが感じられます.そして数日前,ビルボードに2010年にアルバムがリリースされるという記事が載りました(こちらでは,Air Tight’s Revenge というタイトルだという記述はなし).一方の,ラサーンは,超メジャーなアーティストではないですが,サブプロジェクトなんかも含め,わりと着々とアルバムリリースを積み重ねてきていて,現在も BLEUPHORIA というタイトルのニューアルバムを制作中のこと.まぁ,細かいことは,どちらも,wikiページの方をみてください.他にも色々(ファン向けの)トピックはあります.
    Tweet そろそろ,「不遇の」みたいな冠がつくここ何年もの状況から抜け出してほしい ツィートですね.さいきん,twitterで,(アルバム)制作完了! みたいなことをつぶやいていた気もするのですが,まぁあんまり期待しないで待ちましょう,か.あでも,ツィート主体ではないですが目に見える,というか耳に聞こえる動きもあって.PJ MORTONのデュエット相手に起用された“LOVE YOU MORE“という曲が最近ネット上に流れたのでした.
    今のところは,個別の音楽アーティストのページはこれくらい.一応,これらの音楽系ページ群の更新情報が配信されるRSSを用意しています(こちら)(ちょっとちゃんと動くのか心配で,調整も必要かも).
    今回は音楽関係のページを紹介しましたが,作家とかいろいろな人関係の(音楽関係以外の人カテゴリーとも言える)ページ(Peopleカテゴリーになりました)は,新な項目も立てながら,引き続き更新しているので,次回紹介しますか.

  291. 2011/09/25 22:00:05 そのナース、本読みにつき!含むアンテナおとなりページ

    2011-09-25 JAILBIRD
    ■[読書][SF] ジェイルバード
    ジェイルバード (ハヤカワ文庫 SF (630))
    作者: カート・ヴォネガット,浅倉久志
    出版社/メーカー: 早川書房
    発売日: 1985/09
    メディア: 文庫
    1970年
    ウォーターゲート事件の巻きぞえをくって囚人となったスターバックが回想する、前世紀末の労働争議、世界大戦、赤狩り……そして、三年ぶりに刑務所から出たスターバックが、ニューヨークの想い出のホテルで見出したものは、いったい何だったのか……? 過去と現在が微妙に交錯し、80年にわたる人間関係がときにシリアスに、ときにユーモラスに描かれる。現代アメリカ文学の巨匠が、人々への愛と怒りをこめて綴る傑作長編(裏表紙より)
    ヴォネガットの作品は、物語というよりは格言集を読んでいるような感じになります。殆どの文章が名言で構成されていますので。ストーリーそのものはどうでも良くなっちゃう。
    と、いうわけで、私がこの格言集から得た教訓をここに晒そうと思います。ビバ、ヴォネガット先生!
    「愛は負けても、親切は勝つ」(p8) 解説:ヴォネガットといえば「そういうものだ」ですが、この言葉もけっこうあちこちで引用されている気がします。「愛」は抽象的だけど「親切」は具体的ですよね。要するに、「愛なんて形のないものを表現しようと頑張るよりは、好きな人には親切にした方が貴方の想いは伝わるよ(笑)」というヴォネガットセンセイの温かいお言葉であると私は理解しました! よし…。。。
    「この世には私たちの存在理由はない―私たちがそれを発明しないかぎりは」(p327) 解説:…ほんとうにそうだよね。私もそう思うよ、ヴォネガット先生。ただ、なんかこのコトバには諦観を極めてしまった感がそこはかとなく漂ってしまっている気がします。確かに、みんな躍起になって発明しようとしてるよね。自分の生きている意味とやらを。。。みんな(私含む)、生きているっていう手ごたえみたいなものがほしいのかな? もし、何かに失敗して、もうこれ以上がんばれそうもない、とか思ってしまうような事態が訪れたときには、このコトバを思い出してみればいいと思います。諦観の笑みがこぼれてゲンキになれそうです。
    悩みの殆どはあきらめることで解決されるらしいのですが、それを体現している言葉だよね、「そういうものだ」って。座右の銘にするにはやや後ろ向きな気がして、コレに対抗できるコトバがないものか、と常々考えていたのですが、、、、私はついに見つけました! それは、ニッポンが誇るギャグ漫画家・赤塚不二夫の生み出した、「これでいいのだ」です。諦観漂う「そういうものだ」に対して、「これでいいのだ」の超ポジティブさ。この一言で全ての紆余曲折を吹き飛ばし、全てを肯定してしまえるところがスバラシイ。
    もはやジェイルバードの感想ではない気がしますが…、これでいいのだ!(←早速つかってみる)
    ★★★☆(★=1点 ☆=0.5点 5点満点)
    idトラックバック

  292. 2011/09/25 06:44:39 川神康孝の壺中天含むアンテナおとなりページ
  293. 2011/09/02 14:55:30 森の十字路伝説含むアンテナおとなりページ

    2008-05-07
    ■[ギャルゲー]観測する主体としてのプレイヤー、観測機器としての主人公 20:47
    親の影響か、僕は子どもの頃から旅行や遠出というものを積極的にしない、根っからの故郷引きこもり人間で、今でもそれは変わっていないんですが。大学で福岡出身の友人を得、1年次の夏休み、青春18切符を使って福岡に帰省するという彼につきあって福岡まで旅行したことがあるんです。
    旅行と言えば学校の修学旅行(日光・京都)、自発的に行ったとしてもせいぜい箱根か山梨どまりだった僕が、いきなり関西をすっ飛ばし本州を離れて九州ですよ。僕にとってはまさに驚天動地な出来事だったわけです。
    まあ、行程のほとんどは彼が決めたもので、それに従って来るだけでいいからと彼が言うから僕は同行し、彼にとってはていのいい暇つぶし相手だったんでしょうね。それでも途中で別行動をすることになり、僕は以前から興味があった四国に渡って、香川で讃岐うどん高知でかつおのたたきを食べて宇和島城とかマイナーな城を訪ね歩いたりと、初めてにしてはなかなか充実した旅だったなあ。
    そんな気ままでのんびりとした旅程。座り心地の悪い夜行列車でまったく眠れず、そのまま夜が明けてしまい、仕方なく車窓の縁に顎を突いてぼんやりと外を眺めていると、太陽が昇る直前の蒼い靄に包まれた名も知らぬ街並みが現れてきて、そのとき僕はふと疑問に思ったんですよ。
    それまでの僕だったら決して知りえなかった、福岡出身の友人と親しくならなければ決してその存在を意識することもなかっただろうあの街は、果たして僕が今こうして眠気まなこで眺めている以前からそこにそうやって存在していたんだろうかと。
    そんなの当たり前、何を馬鹿なことをと思われるかもしれません。けれどそれを確かめる手段を僕はそのとき持ちあわせてなくて(何しろ僕はこの電車が今どこを走っているのかすらわからなかった)、だとしたら、あの靄に包まれていまだ眠りに沈んでいる名も知らぬ街は、僕が見る・認識することによって初めて存在しているということもできるんじゃないかと、そんなアホらしいことが思い浮かんだんですよ。
    ――観測する主体としてのプレイヤー、観測機器としての主人公。
    プレイヤーは主人公というレンズを通してヒロインを観測している。彼女たちを表象する立ち絵が常に正面を向いているのは、地球から見える月の面が表であることを誰も疑わないように、当然のこと。たとえ彼女たちが本当は別の方角を向いているとしても、観測している側は、何であれ見えている面を表だと認識するでしょう。
    人間の姿でいうところの表とは、表情が正当に判別される面のことであり、立ち絵は記号に過ぎないのだから、ヒロインは観測されている限り正面を向いているしかないともいえます。兎は月で杵をつき続けるしかないのです。
    そしてプレイヤーは、選択肢の選択を通してひとりのヒロインに焦点を絞っていくことになります。そこから外れてしまった他のヒロインは、当然、観測されなくなる。もちろん観測機器の都合で観測されなくなろうが彼女たちは存在しているはずですが、しかし彼女たちの存在を主人公というレンズを通してしか認識できない僕たちプレイヤーにとっては、自分の乗っている電車が今どこを走っているのかすらわからない僕が見ていた街のように、観測されなくなった時点でいなくなってしまう。
    旅行を終えた僕があの街はどこにあるなんという名なのか調べようとしても、きっと難しいように、主人公との同一化(プレイ)を終えたプレイヤーがヒロインたちの消息を調べようとしても、それは不可能なのです。主人公というレンズが夢想する極私的な世界であるギャルゲーとは、「ヘタレ」「超人過ぎ」など夢落ちまがいの突き上げに常に晒されながら、だからこそより潔癖に、いっそう頑なに、そこにあるものだけが全てであり、そこにないものは何もない。
    少女マンガのコマに多い何も描かれてない空白は、社会との断絶と閉鎖された人間関係を象徴していると宮崎駿監督は語っていたけれど、作品にとって都合の悪いこと・純度を損なう諸々を空白に溶け込ませているのに便乗して、自らのリアルや社会という曖昧な生きづらさを読者もまた放り込んで、感情移入しやすい環境を自ら構築しているのでしょう。
    レンズがなければプレイヤーはヒロインを観測することができず、観測機器に投影されないものは、プレイヤーにとって存在しないということ。そこには幸福もなければ、不幸もありません。「選ばれなかったヒロインがみんな不幸になる」という発想に僕が違和感をもつゆえんです。コマの空白のように、主人公-プレイヤーの共犯でヒロインとの関係にとって都合の悪い事実をなくしてきたのだから、幸も不幸も、そう”なる”主体そのものが少なくともその1プレイには存在していない。
    不幸というならむしろ、物語序盤まではヒロインとして平等に観測されていた彼女たちが、観測主体(プレイヤー)の意向と観測機器のシステム上の規制(1シナリオ1ヒロイン制)によって”なかったこと”にされてしまうことでしょうか。それすら、既にいなくなっている彼女たちのことを、あくまで第三者が「不幸だろうな」と推測するという話であって、そもそも幸福や不幸など第三者には決して測れない主観的なものなのだから、埒もない想像に過ぎません。
    「選ばれなかったヒロインがみんな不幸になる」ではなく、「選ばれなかったヒロインはみんな不幸になって欲しい」ということなら、わかりやすいんですけどね。昔プレステで発売された恋愛ゲーム「リフレインラブ〜あなたに逢いたい〜」のエンディングでは、主人公と結ばれることになるヒロイン以外のヒロインと、男友達の3年後の姿が1枚絵として描かれるんですが、それが社会的に好ましいあるいは本人の望むものになるかどうかは、主人公の好感度の高低に拠ります。
    例えばヒロインのひとりで社長令嬢の高宮祥子は、主人公の好感度が低いと高級ホステス、高いと父の会社の副社長という具合にエンディングが変わります。これなど、ギャルゲーというものが、プレイヤーのどういう了見のもとに出来上がっているのかということをあからさまに示す好例といえるでしょう。もちろん、高級ホステスや女優が一概に不幸だとは言えません。とんでもありません。
    つまり、不幸とまではいかないけれど(男友達に関してはより明確に不幸、「フリーター」とか「呼び込み」とか…)、あまり幸せとはいえないと考えてしまいたい自分がいるというだけの話です。
    ギャルゲーのヒロインは、主人公によって救われ幸せにしてもらうことを待ち望んでいる、というより、主人公の関与がなければその人生すらままならないからヒロインであることができるのだといってもいい。何度目かのプレイによって主人公に振り向いてもらえるという確信(それはシステムによって裏打ちされている)があればこそ、ヒロインは健気に主人公のことだけを想っていられるし、たとえ1回目のプレイでそうならなかったとしても、大人しく引き下がること(いなかったことにされること)ができるのです。
    漫画「ママレード・ボーイ」のように、小石川光希に振られた須王銀太が同じく松浦遊に振られた鈴木亜梨実と付き合うようなことが、ギャルゲーであってはなりません。それは2回目以降のプレイ(プレイヤーの未来)を奪うことであり、完全なる自己中心・独占・万能世界を脅かしかねないこと。主人公にのみその将来を依頼するヒロインという仕様を真っ向から否定するような暴挙は、あってはならないのです。
    これもかつてプレステで発売されたギャルゲー「てんたま」で、主人公の幼馴染である相沢貴史と篠崎千夏は、ひそかに相思相愛の間柄。けれど長い付き合いなのがわざわいして思いを伝え合えずにいます。主人公の早瀬川椎名が、彼のもとにやって来た見習い天使・花梨と結ばれる大団円的なベストエンド(最後にプレイすることのできるシナリオ)では、ふたりは無事付き合い始めているんですが。
    しかし篠崎千夏の単独ルート(シナリオ)で主人公は、よくあることですが相沢貴史とのことで相談に乗っているうちに、千夏に惹かれるようになってしまう。千夏もまた主人公への想いを意識するようになり、いつまでも煮え切らない貴史そっちのけでふたりは結ばれてしまうんです。
    そもそも設定段階で千夏と貴史が両思いであることはわかっているのに、千夏を主人公にとってのヒロインと格付けてあること自体人でなしだなあと僕は思ったものですが。貴史はいい奴だし、先に述べたようにギャルゲーとしてはどこか違和感が残ります。
    千夏にとっての自然だと思われるハッピーエンドと、主人公の掲げる千夏シナリオのハッピーエンドの食い違いを、そうプレイヤーが意識してしまうことは、ギャルゲーとしては割とリスキーなことです。そんな罪悪感じみた後味の悪さにあって、最後の最後で貴史と千夏がくっついてくれたのは妙に救われましたね。観測とは実に興味深いものです。
    とにかく、千夏が主人公になびいたことにショックを受けた貴史は、主人公の恋を応援していた手前、特に修羅場を主催することもなく、主人公たちが住む街をひっそり出て行きます。彼のもとにやってきた見習い天子・葵とともに。電車に乗って。
    貴史はどこに行くのか――。
    それは現主人公の早瀬川椎名にとっては名も知らない、知りようもない街。貴史に認識されることで初めて存在することができる、いまだ蒼い靄に包まれた場所に降り立って、日の出とともに今度は彼だけが観測する世界を作り上げてゆくのでしょう。あいにく、彼に観測主体が”降臨”することはなかったみたいですが……。

  294. 2011/07/09 16:04:17 話さないと伝わらない日記含むアンテナおとなりページ

    Apache/2.2.3 (CentOS) Server at ore.to Port 80

  295. 2011/07/09 04:10:21 乱暴者日記含むアンテナおとなりページ

    ■ホモ映画とホモストリップの原点
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)

  296. 2011/07/04 03:20:51 生活日報含むアンテナおとなりページ
  297. 2011/06/26 09:38:27 Jose Machos:hey vato!含むアンテナおとなりページ
  298. 2011/06/14 22:23:19 stadium run含むアンテナおとなりページ
  299. 2011/06/12 22:24:30 8つの罪と罰含むアンテナおとなりページ

    ちなみに、Justin Kingの新しい映像。すっかり歌う人に。それよりも、マンハッタンを背にしたブルックリンの海辺の景色が、さわやかで見惚れます。

  300. 2011/06/10 08:53:17 marginalia含むアンテナおとなりページ

    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet
    Tweet

  301. 2011/06/09 20:21:05 毒まつたけ含むアンテナおとなりページ

    質屋
    06/09(木)【カミサマ】
    2011年6月9日(木)
    どこからかする子猫の声で早朝の4時に起こされて、じぶんちの近くでちびねこなんて何年ぶりかと思いながら小一時間放置しとったらだんだんものすごい悲鳴みたいになってきたもんで様子見に外に出てみた。
    そしたらもう、とんでもないことになっとった。
    隣ん家のベランダの底が風雪でだいぶ壊れて板が露出しとって、その板と板との3センチぐらいの隙間に子猫の首が鋏まれて完全に首吊りの状態になっとるんよ。ウソみたいに両手足ぶらんとなっとった。
    あわあわしながら隣ん家のピンポン押したんだけど早朝だからか出てこんくて、今すぐに俺だけでなんとかしないとこいつ死ぬと思ってブロック塀のこちらがわに脚立立てて手をのばしたらギリ届いたよ。
    うちのミルキーさん亡くして以来初めてねこに触ったわ。
    そこから1時間ぐらい庭で鳴かしてもちっともおっ母あはあらわれんし、こんなまだ足どりもおぼつかないような子猫を放置したらクルマに轢かれてまうとしか思えず。
    うちの子にすることにした。
    近所の獣医さんが開いた時間にすぐ見せに行って、夕方になってやっと一段落した。首は擦り傷だけでたいしたことなかった。そして今、不覚にも感極まってしまい涙がボロボロ出て困ってる。
    だって、俺、もう一生ねこと生活することはないと思っとったもの。
    カミサマってのはおるんじゃなかろうか。きっと、こうでもせんといまだにメソメソしとるばっかりでこいつ一生ねこ飼わねえからいいかげんなんとかしてやろう、とでも思ってくれたんだろう。首吊って死にかけてる子猫に遭って、助けることができるの俺だけ、ぐらいの状況にしないとだめだと思ってくれたんだろう。
    そしてこれは獣医さんでもちょっと言われたことで家に帰って冷静になったときにじぶんでもいろいろ試してみてわかったことなんだけど、どうもこの子はトクベツな子らしいのだ。
    たぶん、両目が見えない。
    目は開いてて瞳孔も光量の塩梅でちゃんと大きさが変化はするけど見えてない。それであんな信じられないはまりかたをしてたのか……。病院に電話して聞いたら、今の年齢だと判定できないから1カ月後にワクチン打つときにはっきりとしたことは分かる、って言われた。もしかして奇跡的に今後見えるようになることもあるかもしれないけどあまり期待しない。
    これでどう考えても俺が最後まで面倒みる以外なくなりました。40過ぎてまさかこんなすてきなことが人生に起きるとは思ってなかったから、さっきからボロボロ泣いています。
    あと、神経使いすぎて午後に疲れてぐったりしてるときに少し休もうと思って無意識のうちに選んだ録画が梅棹忠夫のETV特集だったので、名前はウメにしました。たぶん女の子です。
    【Amazon購入本(2011年2月8日)】
    手原和憲『ミル』2巻(小学館)
    【Amazon購入本(2011年4月4日)】
    くるねこ大和『くるねこ』7巻(エンターブレイン)
    村上たかし『続・星守る犬』(双葉社)
    柳沼行『群緑の時雨』1巻(メディアファクトリー)
    【Amazon購入本(2011年4月11日)】
    池田邦彦『カレチ』2巻(講談社)
    【Amazon購入本(2011年4月30日)】
    石塚真一『岳』14巻(小学館)
    【Amazon購入本(2011年5月6日)】
    野村宗弘『とろける鉄工所』6巻(講談社)
    池田邦彦『シャーロッキアン!』1巻(講談社)
    【←2010年9月の毒まつたけへ】

  302. 2011/05/25 01:47:41 1PAD含むアンテナおとなりページ

    http://d.hatena.ne.jp/granit/では英語の本の感想を書いています。 (2010/11/27)
    SF
    Permalink | コメント(2) | 14:38
    コメント
    つぶやき
    Permalink | コメント(0) | 23:49

  303. 2011/05/14 09:47:21 wtnv日記:東京京都神戸彷徨(後期のみ)含むアンテナおとなりページ

    渡邉英徳
    2008-04-01 移行しました
    近況については以下のサイトをご覧ください
    首都大学東京システムデザイン学部渡邉英徳研究室

  304. 2011/05/06 11:45:30 BLUE ON BLUE(XPD SIDE)含むアンテナおとなりページ

    BLUE ON BLUE(XPD SIDE)跡地

  305. 2011/05/04 19:08:40 烟る月含むアンテナおとなりページ

    2011-05-04
    はてな記法が思い出せなくなったので
    日記
    しばらくtumblrをブログとして使ってみようかと思います。
    http://requiem-waltz.tumblr.com/
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 19:08

  306. 2011/04/12 03:53:19 Mint Julep含むアンテナおとなりページ

    2011|01|03|04|
    2011年04月11日 (月) [長年日記]
    _ [Life]1ヶ月経ちました
    東日本大震災から、1ヶ月建ちました。当時わたしは隣駅の紅茶屋さんにいて、遅いランチを待っているところでした。煮込み料理の、おいしそうな香りが店内に漂い始めたところの揺れ。お店の人たちはなかなか気付かず、わたしはどうしたらいいか、座りながらしばらく構えて考えていました。もう一際揺れが大きくなったところでお店の照明とガスが止まり、お店の人から外への避難を促されて外へ出たのでした。あまりにも地面が揺れていて、次の瞬間どうなるか分からなくて街路樹の幹に手を掛けたけれど、樹も大きく揺れていました。もちろん枝の先もぶらんぶらんと揺れていて。
    わたしは、小学生の頃に自宅にいたときに起こった宮城県沖地震に遭っています。その日、ちょうどうちの建て増し部分の「建て前」の宴会中で、外で飲み食いしている人たちは全く気付かなかったらしいけれど、母屋部分のキッチンダイニングと居間では、かなりの騒ぎになっていました。鴨居に掛けられた賞状などの額も落ちてきたり。わたしはピントのずれている子供だったので、そんな中でちょうど雑誌の付録で手に入れた地震ハンドブックを冷静に読んでいたようです。当時、何かがあったらすぐに持ち出せるように、お気に入りのポシェットの中に入れていたのを覚えています。
    そのときは分からなかったけれど、今回の地震は、そのときよりもずっと激しい揺れでした。揺れが大きく、横揺れなのでピンとこなかったみたいだけれど、こんなにすごい揺れを感じたことが無いのです。
    結局、その店ではその後しばらく待たせて貰っても停電が復旧せず(紅茶のポットにお湯を差して貰ったので、その後もしばらく復旧を待っていました)、結局駅前のデパートで暖かいおそばをいただいたのですが、そのときの地下食品街のあまりの普通の空気、その後行ったテナントの蕎麦屋でも何度も余震があったにも関わらずちゃんと調理は続いていて、頼んだものが出てきたこと、それらが、とても不思議なことに思えました。外では、停電で信号も稼働してなかったにも関わらず。
    その後、駅ビルが営業していればそこのスタバで電車の復旧を待ったと思うのですが、ショッピングモール全体が真っ暗で営業を中止したよう。仕方なく家まで歩いたのですが、坂の上り下りが何度かある中で、ちょうど我が町に入るところで坂道の頂点に立って見えた日常の光が、とても信じられない思いでした。すぐ隣の町では停電で真っ暗闇なのに、我が町は民家も煌々と明かりがついているのです。結局、駅前のスーパーでペットボトルのお茶を買って帰ったのですが、スーパーの平常っぷりに驚き、家に帰ったら、電源はストップしていないものの、エレベーターが緊急停止したままで、ピューピュー風の吹く外階段を上っていったのを覚えています。
    その夜は、家でご飯を食べる気がせず、階段を下って近所の居酒屋に行ったのだけれど、閉店時間は早めにすると断りつつも、ちゃんと店を営業してくれていて安心しました。実際、ここまではそこまで申告だと思っていなかったんですよね。宮城県が震源地だと、衝撃は大きくても、そこまで大事だと思わない。紅茶店にいたときに来た二度目の地震が、まさか故郷の福島県沖で起きているとは知らなかったのです。iPadとWiMAXルータ、PHSは持っていたけれど、どれも残り電源が心許なく、情報収集に精を出せなかったのでした。夫の携帯のキャリアがDoCoMoで、PHSから何度も電話してもなかなか連絡がつかず焦ったりもしましたが、家に帰ってから連絡が取れ、家から比較的近くにいたので、うちはあまりインパクトが無かったというのも影響しているのかも知れません。
    その後、飲み屋から帰ってきて二度目の地震が福島県沖だったことを知り、今まで聞いたことのない震度で驚いた。その場で電話が通じなかったので、ひとまず寝て翌朝から郡山の実家に電話を掛けまくったけれど、通じず。その後、受信側が壊れている(つまり震災に遭って家が倒壊?)か、回線の混雑か、という理由でずっと連絡が取れず、ダイヤル171、web171にもアクセスしてみたけれど、ここでも何も情報は得られず。ここの問題については、不便であったので、考えるところがありました。ようやっと実家と昼前に連絡が取れて無事を確認した後は安心して寝てしまい、合間に埼玉の叔父から連絡が入っていたとはしばらく気付きませんでした。叔父も、実家に連絡が取れず、とりあえず関東圏に住むわたしに様子を聞くのに連絡をしてきたそう。折り返し電話をしたときには既に連絡が取れていて、お互い久しぶりの会話に心を和ませました(わたしと一番年が近い叔父で、15歳違いなので、遠く離れて住んでいた期間は長かったけれど、気心が知れているのだ)。
    けれど、これは本当に不幸のとば口だったことは、その後時間をおいて知ることになる。沿岸部の、東電の原発施設が相次いで機能不全に陥り、広大な福島県の土地の大きな部分を人の住めないエリアにしてしまい、福島県ばかりか、茨城や宮城、千葉の農作物、漁業を壊滅的にさせたのは、いったい何だったのか。もちろん、我々の無関心は根深いのだけれど、様々な面でどんどんひどいことになっていく様を見るにつけ、悲しみというよりも、絶望を重ねてしまうのです。
    智恵子は、福島にほんとうの空があると言ったそうです。でも、そんな豊かな自然が、人智を超え抑えきれない力によって、破壊されつつあります。緑の大地、青い海、それらは、これからどうなってしまうのだろう。自慢といえば豊かな自然くらいだった彼の地が、今後どのように見られることになるのか。
    震災があって一週間過ぎない頃に、渋谷のBar Issheeに、大友良英さん(福島県福島市)のライブを聴きに行きました。駅前の大型ディスプレイや看板の電飾が消えた、暗い町を心細く歩いていって。その後から大友さんの声に注目しているけれど、彼の言葉が、一番自分の気持ちに近いと思わざるを得ません。一度はいやで捨てた故郷だけれど、そこが壊されつつあることに、悲しみと怒りを覚えます。
    そういう意味でも今回の都知事選には注目していたけれど、結局は現職の雄叫びを上げることを阻止できず。でも、わたしは石原慎太郎東京都知事が、東京電力の持つ、福島県の原子力発電所があのような深刻な事故を起こしている最中にわざわざ「わたしは原発推進論者です」と宣言しに来た石原慎太郎のことは、一生許しません。それはやむにやまれぬポジショントークだったかも知れないけれど、傷口に塩を振り込むその行為は、都知事選前にしにきたというのは、パフォーマンス以外の何者にも見えません。それが、ポジショニングトークだったとしても。残念ながら70代を終えようとしている石原は再選されてしまったのだけれど、今後はより厳しく、注視していきますよ。強がりを言っていたとおり、東京に原発を持ってくればいい。
    そして、被災地およびそれに影響を受けた地域の方たちの心の傷が少しでも癒えますよう。できることであれば、何でもしたいと思っています。
    この一ヶ月の出来事を風化させないこと。それが、何よりも大事だと今は思っています。
    当時は寒くて、ダウンコートを着ていました。歩いて帰るには手先が冷たくて、鞄に入れていたケイトの手袋が、とても役に立ったのに、今は花見のピークも終わり、上着を着なくても外出できる季節となっています。この長くて短かった1ヶ月が、全部嘘だったらどんなに良かったことか。
    [ツッコミを入れる]
    冷菜は、鶏肉、ピータン、キュウリにくらげ。酔っぱらい蟹は、とろーりとした身が美味。脚の身は自分でほじって出すのだが、ほんの少量でも嬉しい。老酒の風味が濃厚で、食べてる方が酔っぱらいそうになった。ここは、最初に頼めば全部銘々皿に取り分けてくれる。上海蟹も、全部ほぐし-全般的にオーソドックスな、安心できるお味で、上海蟹にこだわらなければそこそこの値段でおいしい中華が食べられそう。今回は、これらに青島ビール、紹興酒をいただいて、ひとり2万円強といったところだった。ここは高級店には珍しくレシートで明細が出てきたので上海蟹がいくらだったか見たが、一杯7500円。5000円以上、とのことだったので、こんなものでしょうか。普段はチェーン店には行かないようにしてるのだけれど、中国飯店は、各店特色を出しているようで、こちらは上海出身の料理人が上海蟹も売りにしている模様。普通のお料理もおいしゅうございました。お土産に、と、蒸し饅頭三種をいただいて後日食べたのだけれど、肉まん、あんまん、野菜まんでした。いちばん小さな野菜まんが実はいちばんおいしくて感激。これだけ買いに行きたいくらい。

  307. 2011/03/23 20:45:59 日本近現代文学とわたし含むアンテナおとなりページ
  308. 2011/02/25 07:45:45 目黒条(翻訳、文筆)の毎日更新日記含むアンテナおとなりページ

    2011-02-12 ドクター・スース
    ドクター・スースのパロディとしてオバマ政権を描いた絵本。というビデオです。
    http://abcnews.go.com/Politics/video/obama-featured-dr-seuss-parody-cpac-12896936&tab=9482931&section=2808950&playlist=2808979
    政治的な内容はともかくとして、ドクター・スースの絵本というのはアメリカ人の心性のどこかで「フォーマット化」しているようなので、こういうことをやりたくなるのも分かります。過剰なものが好きなわたしも、基本的にドクタースース大好きです。マリリン・マンソンが「大きな影響を受けた」と言ってるのも読んだことがあります。
    たまたまうちにあった中の一冊↓
    そして…
    関係ないですが、アマゾン早!
    (文=目黒条)

  309. 2011/02/23 14:20:26 しゃべりたい含むアンテナおとなりページ

    2011-02-23
    ■歩いて大使館まで行こうとしてる人を逮捕したにほんの警察
    警察が憎くて憎くてしょうがない。
    「警察に逆らうもの」「デモ隊」という呼び名を内容もよく知らずに使われる人も、あるでしょう。ふざけんな。想像してください。私たちのほとんどは、その場に居なかったひとたちです。この弾圧がどういうものなのか、ビデオを観て、デモの参加者の人たちの言っている言葉をきいて、できるだけ警官の顔を観て、想像しなきゃいけない。
    2月20日、アメリカ大使館前での警察による弾圧に抗議して、こちらを転載します。
    以下、http://d.hatena.ne.jp/ametaiQ/20110220/1298224010 より
    ★★転送・転載お願いします★★
    ■2.20アメリカ大使館前での弾圧に対する抗議声明■
    「2.20アメリカ大使館前弾圧救援会」
    連絡先:ametaiq @ gmail.com
    blog:http://d.hatena.ne.jp/ametaiQ/
    不当逮捕映像:http://www.youtube.com/watch?v=OnwiaVSQ1ig
    2月20日15時45分ごろ、アメリカ大使館申し入れ行動の参加者2名を赤坂警察署が不当逮捕しました。私たち救援会は主催者から事態を以下のように把握し、強く抗議したいと思います。
    沖縄・高江では昨年末から米軍ヘリパッド建設工事が強行され、2月は連日、沖縄防衛局が押し寄せ座り込み参加者がケガをする事態にまでなりました。そこで主催者の「沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会」らは1月から3回に渡って東京のアメリカ大使館へ抗議申し入れ行動を行い、2月 20日当日は大使館の目の前を通り申し入れするデモを計画していました。
    http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/
    しかし東京都公安委員会が直前になって集合場所・デモコース・解散場所を全て変更する暴挙を行い、当日も異常なまでの警備体制をしき参加者への妨害や挑発を繰り返していました。そこで主催者は大使館への申し入れ行動のみに切り替えました。申し入れのアポイントは大使館に当日16時で取れており、赤坂警察も「大使館手前のJTビル前まで全員行って良い」と合意したからです。
    ところがJTビル前に到着したところ、赤坂警察が参加者の行く手をふさぎ、いきなり「解散しろ」と圧力をかけてきました。そして参加者に襲いかかって2人を不当逮捕しました。
    映像を見てください。
    http://www.youtube.com/watch?v=OnwiaVSQ1ig
    1人目は道に押し倒され、髪の毛をつかんで引きずりまわされるなどの暴行を受けました。2人目も強引に引きずられて全身に擦り傷と打撲を負いました。その際2人目が逮捕容疑を問いただした所、赤坂警察は「理由なんて後で良いんだ」と法治国家を根底から否定する暴言を吐きました。市民の正当な権利である申し入れ行動を暴力で弾圧することは絶対に許されません。
    不当逮捕後も赤坂警察は差し入れと抗議に行こうとした参加者を赤坂警察署の手前で何の法的根拠もなく2時間以上も止め続けました。ここでも赤坂警察は「また持ってっても(さらに逮捕しても)いいんだぞ」と脅しをかけてきました。そして弁護士が来ても、取調べは終わっているのに「取調べ中」とウソをついて1時間近くも弁護士の接見を妨害しました。そして差し入れすらさせませんでした。
    アメリカ大使館は今回の申し入れ書の受け取りを拒否しました。これまでアメリカ大使館は赤坂警察と緊密に連携しながら、「申し入れの警備は全て赤坂警察に任せている」と発言しています。この不当逮捕の責任は赤坂警察とアメリカ大使館、ひいては沖縄に基地を押し付けて反対する全ての声を押さえつける日米両政府にあります。何が何でも沖縄・高江に注目を集めさせないための弾圧であることは明らかです。
    私たち救援会は不当逮捕に断固抗議し、二人の仲間を今すぐ釈放することを求めます。
    みなさまへの幅広い連帯を呼びかけます。
    2011年2月20日 「2.20アメリカ大使館前弾圧救援会」
    ★救援カンパのお願い
    弁護士費用をはじめとする諸経費のために、どうかカンパをお願いいたします。
    郵便振替用紙に「2.20アメ大Q」とお書きいただき、以下へお振り込みください。
    ゆうちょ銀行 振替 口座番号:00100-3-105440 「救援連絡センター」
    ※なるべくゆうちょで振り込んでいただくか、かりに他行から振り込まれた場合は、ametaiq @ gmail.com までその旨ご連絡ください。
    ※正式な郵便振替口座が開設しましたら、ブログにてお知らせします。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 14:20
    idトラックバック
    a group of elephants and doctors collaborate to create a sculpture of a banana made of concrete that is eating a monkey. on a desert. they are listening to eric satie performed in scat by a local evangelical choir, and a tour bus of a rock band passes by, blasting out loud music and splash of whipped cream out of their windows, in order to ridicule the choir. an old man in hooded robe try to hit the splashing whipped cream from the bus with a baseball bat but he receives the-Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 03:05

  310. 2011/02/14 15:14:41 pêle-mêle含むアンテナおとなりページ

    Sketches of Shanghai - 「やっとるか」
    Twitter / @snowystreet
    作者: ロラン・バルト,渡辺淳,沢村昂一
    作者: ロラン・バルト,石川美子

  311. 2011/01/27 02:21:25 Pな日記含むアンテナおとなりページ

    【1月25日(火)】
    ●給料日なので帰りにampmに寄って生活費を下ろす。ついでに肉まんとサラダを買ったのだが、帰ってみると肉まんが入ってない。そういやレジで待っているあいだよそ見してたので、入れたかどうか確認してなかったよ。なんも買わずに引き出しだけにすればよかった・・・。●サッカーアジア杯、準決勝の日韓戦は大変な接戦に。ウチのアパートはこれまで住んだことのある賃貸より他所の部屋の音は聞こえないほうなんだけど、点が入るたびに明らかに複数の部屋から歓声、悲鳴が漏れ聞こえてくるのがちょっと笑える。日本の勝利が見えかけたあたりで韓国に同点にされ、流れ的にはなんかマズいなあと思いましたが、延長の末のPKでは川島がファインセーブ。勝ってよかった〜。
    【1月24日(月)】
    ●積んだ未読本のどっかに埋もれて判らなくなったと思っていた福井晴敏『UCガンダム』4巻パラオ攻略戦、なんのことはない、関西の自宅に持ち帰っていたことが判明、続きの読み再開。●週末関西に帰っていて東京で日中、洗濯できなくて、日曜夜に洗濯して干しておいたら、今日は久しぶりの雨。仕事から帰ってみるとベランダの洗濯物がシットリ。ずっと雨降ってなかったのによりによって今日かよ(悲)。●土曜立ち会った仕事で、キーパーソンなメンバーが軒並みインフルで倒れているとのこと。メールにて知る。やっぱりS氏のアレが感染したのか!。試験の工程は押し気味で、このフェーズでの離脱はプロジェクトとしてかなり厳しい。また呼び戻されるかも・・・。
    【1月23日(日)】
    ●上京の飛行機の中で、樋口明雄『武装酒場の逆襲』読了。●自宅で持たせてもらった餅を焼いて晩飯。今日は磯辺焼き。あと、ピザ風とか雑煮とか力うどんとか、しばらく夕食は餅メニューか?(笑)
    【1月22日(土)】
    ●なんか突然思い出したかのように樋口明雄『武装酒場の逆襲』を読み始める。●仕事に出てみると、風邪気味の方が数名。いかにも辛そうで、そういやインフル流行ってるんだよな。・・・・ということで用心で持ってきていたマスクを予防に装着。正直、今のこの仕事の状態で、うつされて休まなきゃならなくなると最悪だからなー。
    【1月21日(金)】
    ●土曜、関西での作業に立ち会うことになり、急遽最終ののぞみで移動。社内でジョージ・R・R・マーティン他競作の『ハンターズ・ラン』読了。
    【1月20日(木)】
    ●ニュースで、聞きなれない「大寒たまご」って話題をやっていたので、夕食は玉子かけご飯にしてみる。しかし、これって今日生んだ卵が有効なんですよね?今冷蔵庫にある卵ぢゃあダメじゃん(爆)
    【1月18日(火)】
    ●先日の鶏肉と大根の煮物に茹で玉子を投入してカサ増し。つうか、年末年始突発な出張でタクシー使ったり、忘年会で出費が多かったりして金欠気味。しばらく自炊モードです。
    【1月17日(月)】
    ●第144回芥川賞・直木賞決定。受賞は芥川賞は朝吹真理子「きことわ」(「新潮」9月号)と、西村賢太(43)「苦役列車」(「新潮」12月号)の2作。直木賞は木内昇(のぼり)「漂砂のうたう」(集英社)、道尾秀介「月と蟹」(文芸春秋)の2作。いずれもダブル受賞。●道尾秀介って読んだことないんだけど、NHK教育「トップランナー」とか「情熱大陸」のインタビュー番組見てしまったので、うーん、話題になってもあまり読みたいって気がしないっす。5回連続でノミネートだとそろそろあげとこうかって空気あるのかしら?、おかげで上下巻の長編2作「悪の教典」「砂の王国」は、はじかれちゃったのかなー??。
    【1月16日(日)】
    ●先日、蒲田の商店街の「酒の旭屋」でオールフリーをまとめて買った際、おまけに大根が付いてきた件。どうやって料理するか自宅に電話して家人に相談、煮物に使うなら、まず下ゆでしたほうがいいと教わり、早速実践。米を洗ったとぎ汁で下ゆですると良い、という話しも忠実に従い、あとは鶏肉を合わせて煮物にした。男の料理なのでおいしいかどうか・・・・。

  312. 2011/01/17 13:54:27 flapjackのbookmarks含むアンテナおとなりページ

    jk 2011/01/17 13:54 古い記事だ。日本社会をマトリックスに例えるなら、さしずめサイコパスはエージェント・スミスってところでしょうか?

  313. 2011/01/02 04:02:41 Tigerlily Scribble含むアンテナおとなりページ

    Sunday, 02/01/2011 see you!
    まったくもっていまさらですが過去の記事を削除しました。長いことお世話になりました。
    現在、個人ウェブ活動は主に以下のサイトで続けておりますので、よろしければご覧になってください。
    それではまた。
    http://www.tigerlilyland.com/

  314. 2010/12/16 20:58:41 0mb含むアンテナおとなりページ

    2010-12-16-Thu
    ■[自転車]JCRC最終戦兼第2回特別戦(KWMAX)inNATS
    今年最後のレースに参加してきました。個人TT、個人戦のほか、twitterでメンバー募ってTTTとチームエンデューロも。まー昇級もポイントもかかって無いし、お祭りみたいなものだし、抽選会でいいもの当たるかもしれないし、年間表彰で4位でなんかあるだろしね*1!
    5時に@kohasaさんをピックアップして一路NATSへ。暗い中到着し、適当に車を止めるとなんとコースのすぐ裏で、受付にも近い位置をキープ。最初は真っ暗だったのでよくわからなかったけど、これはラッキー。適当に準備をしていると、続々と集まってくる。閃風脚のみなさんや、オヤジ朝練、Yのみなさんなどなど。今日のために用意しておいたPBKのエアロスーツと、初着用のエアロメットを出してレースに備える。
    ITT:PMないけど、1kmなのでとりあえず頑張って踏むが、試走ではコースの感覚をつかみきれておらずかなりロス。1:40というしょっぱい結果に。@zaikouさんはさすがの3位。
    TTT:@zaikouさん、@kohasaさんとエントリー。二人はエアロスーツにエアロメットという超やる気仕様だけど、3人で一緒に走るのは実は初めて!当然練習なんかして無いので、適当な作戦と先頭交代でやり過ごすも、3周目のラストの登りで私が遅れ、二人に先行してもらう。それでも5位かと思ったら、誤報で7位だった。くそうw
    個人戦:スタートで前の3人が頑張るので、気持ち追いかけつつ後ろに先頭交代を促すけど誰もかわってくれないので、そのまま逃げてもらった。1周目終わりのほうでは先頭交代が組織され始めたので後ろに下がってさぼる。途中、逃げの1名が落車。その後2人にも追いつくが、入れ替わりで@kohasaさんが飛び出す。追いかけたかったなー。この逃げも吸収され、9周目でじわっとペースを上げて前のほうへ。ラストラップのバックストレートで先頭とって最終コーナーに入ろうと思ったけどかぶせられて撃沈。もう何秒か踏み切る力があれば……。あとは安全に流してゴールへ。
    表彰式:年間表彰は3位まで表彰だったので、実は4位はいらない人でしたー!そして、Zクラスにいたっては表彰なし。@frekzhrさんお疲れ様です。
    チームエンデューロ:昼ごはんを食べてまったりムードだったが、自転車に乗ったらそれなりにやる気に。@kohasaさん、私、@zaikouさんの順番でつなぐ。@kohasaさんが先頭集団のまま交代、しばらく1人TTだったが、後ろから追いついてきたアスタナジャージの方と頑張るもついていけず。その後は閃風脚の方と回し、30分のところ25分でアンカーにタッチ。@zaikouさんに任せちゃったけど、なんと6位入賞。チーム戦も楽しい。
    TTTもエンデューロも楽しかった。チーム全体で作戦を考えて挑むというのははじめてだったけど、来年は機会があればぜひ出たいな。個人戦は冴えない結果だったけど、エンデューロで入賞し、今年最後のレースはきれいに締めくくれた。来年も頑張ろう。
    あ、記事に書いて無いけど、西湖は行きましたよ。行っただけですが。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    *1:この目論見が甘かったことはあとで発覚する

  315. 2010/12/13 23:22:51 Pocket Warmer含むアンテナおとなりページ

    ロビン・フッド
    アバター-レベッカ・ホルン展

  316. 2010/11/17 02:32:38 ゆらゆらさんはこれがほしい含むアンテナおとなりページ

    追記
    石野卓球”Stereo nights”もそうだけど、つまりこういうモノのことを「良い歌詞」というのではなくて? どうでもいいくらいエモエモしい感情の吐露をメロディの中にむりやり窮屈に押し込めたようなみみっちい歌詞は、僕は嫌いです。だから、僕の思う「良い歌詞」のルーツはYMOを通り抜けてKraftwerkに辿り着くし、Perfumeは素晴らしいと思うし、White Noiseを発見したときは自分が正しかったことを確信して鳥肌が立ったのですよ。

  317. 2010/11/11 23:20:28 Revol.含むアンテナおとなりページ

    もぐらの国
    <前の5日分
    2007-05-14
    ■[本]ドイツの出版社二つ
    ベルリンの出版社Merveのページ。この出版社はPeter Genteによって1970年に設立されたもので、翻訳を中心にこれまで300タイトルほどの出版があり、特にフランス現代思想の紹介に力を注いできたことで知られる。そのGenteは今年の初めに出版界から引退し、それを記念した音楽イベントなんかも行われた模様(Die Zeitの記事”Denker und Punk”参照。私はちゃんと読んでないけど)。この出版社、Gente自身の言葉によれば「オリジナルな発想として、ドイツではあまり知られていない著者の長めの作品を、小冊子の形で印刷し直すというのがありました」という。要するに、原文に独自編集を加えて短くし、気軽に手に取りやすい形で出していたということだろう。そういう発想の延長線上、なのかどうかは知らないが、出版社のサイトにはMerve.mobileというコーナーがあり、有料でケイタイへのテクスト配信を行っている。ラインナップを見るとドゥルーズとかキットラーとかあって面白い。
    こちらはミュンヘンの、同じく人文書や学術書の出版社BOERのページ。一見何の工夫もないページに見えてしまうが、絶版になってしまった本をpdfの形で廉価で配信しているのがすばらしい。ほとんどの書目は数ユーロで手に入ってしまう。たぶん読み切れないのは分かっていながら、以前2冊ほど買ってしまった。いろいろと大人の事情はあるんだろうけど、日本の某社や某社や某社や某社でも同じことすればいいのに、と思ってしまうのはいかんともしがたい。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dcsy/20070514
    2007-05-11
    ■[その他][映画]あるジジェクの映画評
    スラヴォイ・ジジェクが映画300を評した”The True Hollywood Left”という文章が英語圏のブログで最近ちょっとばかり話題になっていた(参考までに、他ブログへのリンクがまとめてあるこの記事を挙げておく)。この映画はペルシア戦争中、テルモピュライの戦いでたった300人でペルシア軍を迎え撃ったスパルタ軍の勇姿を描いた映画らしいが、これがアメリカの軍事政策をアレゴリカルに正当化する映画、ほとんどあからさまなま国威発揚映画として批判されたらしい。ところがシニカルなジジェクは、まったく逆に、これをアメリカの支配に対する抵抗を描き出した映画として評価する。この映画で肯定的に描かれるスパルタ軍は、さまざまな点で、むしろアメリカの侵攻に抵抗するアフガニスタンのタリバン勢力に似ているのだ、と。
    しかしこの記事が話題になったのは、ジジェクがそのような大国(ペルシア、アメリカ)への少数勢力による抵抗の美点を(軍隊的な)「規律」と「犠牲精神」に見いだし、それを称揚しているからである。そしてジジェクはさらにその価値を次のように「左派」に結びつける。「今日、支配的イデオロギーとしての快楽主義的寛大さhedonist permissivity*1の時代にあって、左派にとって規律と犠牲精神を(再び)我がものとすべき時がやってきつつある。これらの価値に固有にファシズム的なものなどないのである。」ある規律に自分を従わせること、さらにはそのために我が身を犠牲にすること、そのような要請はファシズム固有のものではない、むしろ左派こそがそれを手にしなければならない、というわけだ。ジジェクが続けて言うには、自由や理性といったものは決して無償のものではなく、「自分の実存を賭して」勝ち取られるべきものであり、「ルソーからジャコバン派まで、近代初期の急進的平等主義者たち」はスパルタを崇め、共和制のフランスを新たなスパルタとして思い描いていたに違いない……。
    そんなわけで、この「スパルタ的」というか、ほとんど軍国主義的でさえある「規律」「犠牲精神」と「左派」の結びつけをどう評価するか。私はといえば、こうした発想にまったく賛成できないのだが、その理由の一つは、「規律」「犠牲精神」と「左派」の結びつきということで、私がかつての日本の学生運動(の負の側面)をすぐさま思い浮かべてしまうからかもしれない。ジジェクが日本の学生運動についてはたぶん知らないとしても、ジャコバン派を例に挙げたとき、恐怖政治のことが思い浮かびはしなかったのだろうか、とふと思った。
    *1:正しい英語ではpermissiveness
    コメントを書く
    ぽち 2007/05/14 18:13 ジジェックは左派はあまりにもおめでたいから
    せいぜい規律と自己犠牲精神くらい身につけて
    みたら?といっているだけだよ。
    日本の学生運動はもっとおめでたいから
    本気で規律とか犠牲とか言っていたので
    はないの?
    dcsy 2007/05/14 21:20 まあそうかもしれませんねえ。
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/dcsy/20070511
    2006-11-11
    ■[本]French theory
    ここ数年フランスの新聞や雑誌の文章で”French theory”という英語の言い回しがそのまま使われているのを見かけるが、この言葉は、デリダ、フーコー、ドゥルーズ、リオタール、ボードリヤールなどフランス現代思想のアメリカにおける受容の過程を跡づけたFrançois Cusset, French theory, La Découverte, 2003(その後2005年に廉価版が出ている)という本が話題になったことから、いわば英語圏での評価から逆照射するかたちでこれらの思想家を総称する言葉として用いられるようになったもの。
    まあ私は読んでないのだが、この本は一時期のフランスの国際的な知的影響力を単純に称えるような本ではなく、例えばadpfが発行している新刊情報案内Vient de Paraîtreのn°17(pdf)に載っている紹介文(p. 91)を見ると、この本にはブルデュー的な「知識人の社会学」という側面も多分にあることが窺える(ところでこの紹介文の翻訳がここにあるけど、こんなところにあるのになぜか豪快にデタラメな翻訳になっている。特に最初の段落の後半)。しかしこの本を離れて”French theory”という言葉が一人歩きし始め、また当初はそこに込められていた微妙なニュアンスが摩滅してしまうと、単に海外からの評価を後ろ盾にした「フランスの威信」の顕揚になりかねないと思うし、一部ではすでにそうなっているかもしれない。現代の小粒な専門知識人には及びもつかない「知の巨人」を幾人も輩出しえた時代、そのようなイメージとともに語られる言葉は、もちろん一歩間違うと後ろ向きなノスタルジーでしかない。それはサルトルの死後に起こったことを思い出させる。彼の知識人としての存在の巨大さを称え、その欠落を嘆いてみせるような言説の興隆は、彼の思想そのものが時代遅れなものと見なされ、顧みられなくなったことと裏表の関係にありはしなかったか。同じように、”French theory”の思想家たちを国外からの視線によって再評価の対象とすることは、彼らの思考そのものに向き合い、継承しようとする姿勢が衰退しつつあること反映かもしれないのだ。
    しかしその一方、Mark Alizart & Christophe Kihm (dir.), Fresh Théorie, Léo Scheer, 2005というFrench theoryとよく似たタイトルの本も出ていて、というかこれは出版社による本書の紹介にもあるように、”French theory”をはっきり意識し、それに応答しようとする試みである。哲学、社会学、精神分析などの分野から比較的若い書き手が集まって、雑多なテーマ(サブカルチャーに触れたものが多い)について論じており、”French theory”の読み直しを標榜しながらも、後ろ向きなノスタルジーに耽るのではなく、新たな思考の場を構築しようとする意欲に満ちており、非常に楽しい論集に仕上がっている(出版社とは別にFresh Théorieのサイトもあって、そこの本書の紹介ページでは収録テクストの一部を読むことができる)。そして最近その第二弾として、同じ出版社から同じ監修者によってFresh Théorie IIが出たところ。真っ黒い表紙で副題に”Black Album”とあるこの本は、”French theory”の「暗い」側面に焦点を当てたもので、前回と同じく雑多なテーマが扱われながらも、死や喪や亡霊といった”Fernch theory”の隠れた大テーマが基調低音となっている。内容については拾い読みしかしてないので措いておくが、フランスの学術書にあまりないデザインで最初から小型の版型の廉価版で出すという戦略も含めて、なかなか面白い試みだと思う。次(があるかどうか知らないが)にも期待したいところ。
    ■[その他]ブルデューによるロワイヤル
    もう一月以上前の話になるが、日本語で触れているところがほとんど見つからなかったのでメモ。Zalea TVというケーブルテレビの局で、1999年に行われたピエール・ブルデューのインタヴューが放映されたのだが、その中でセゴレーヌ・ロワイヤルについて、「彼女は左派ではない」「彼女は私がハビトゥスと呼んでいるもの、つまりある存在の仕方、話し方をもっていて、それが彼女が右派であることを教えてくれ

  318. 2010/11/02 13:13:27 SITE ZERO Diary Blog含むアンテナおとなりページ

    シンポジウム「建築保存の現在」のご案内|小澤京子 2010年11月02日
    近年とみに、歴史的建造物をさまざまなかたちで「保存」する試みが盛んとなっている。その形式は、現状そのままの「保存」から、アッサンブラージュのような「一部保存」、転用やリノベーション等、さまざまである。このような状況を、具体的事例に即しつつも俯瞰的視点から再考するために、このシンポジウムでは、日本における「建築保存」の特異な2形態──「三菱一号館」と「原爆ドーム」──に焦点を当て、分析と議論を行なう。
    現在の日本において「歴史的建造物の保存」が有する、政治的・社会的・文化的な意味を浮上させることが、当シンポジウムの最終的な目的である。
    日時:11月11日(木)17:00-19:00
    場所:東京大学駒場キャンパス|アドミニストレーション棟3F|学際交流ホール
    その他:入場無料|事前登録不要
    【提題者・レスポンダント】
    中谷礼仁(早稲田大学准教授)
    「保存とは何か──建築における生と死とを考える」
    【発表者1】
    内田祥士(東洋大学教授・建築家)
    「三菱一号館──その解体と再現の背景を考える」
    【発表者2】
    頴原澄子(九州産業大学講師)
    「『原爆ドーム』をまもってきたもの」
    【コメンテーター】
    田中純(東京大学教授|UTCP)
    【司会者】
    小澤京子(UTCP)
    以下のページからフライヤーをダウンロードしていただけます
    ⇒ http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/blog/2010-11-10-architecture-conservation-symposium-flyer.pdf
    投稿者: SITE ZERO / ZERO SITE 日時: 12:56 | パーマリンク
    2010年11月
    1 23 4 5 6
    7 8 9 1011 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30
    シンポジウム「建築保存の現在」のご案内|小澤京子
    2010年11月

  319. 2010/10/21 15:32:19 Comme le bruit de la mer au fond d’un coquillage...含むアンテナおとなりページ
  320. 2010/10/20 02:19:59 short hope含むアンテナおとなりページ

    クレール・ドゥニ『ホワイト・マテリアル』@日仏学院。冒頭、荒んだ道を寄る辺なくさまようマリア(イザベル・ユペール)は、フランス軍のヘリによって退避勧告を受けるがまるで聞く耳を持たない。それどころか頭上に向け中指を立てて、拒絶を示す。内戦の危険が迫る状況に人々はみな他所へ避難してゆくにもかかわらず、コーヒー農園を営む彼女は豆の収穫こそが一大事であり、いまこの場所から離れるわけにはいかないと頑なに主張する。危険は刻一刻と迫り、銃を携えた孤児の兵士たちは農園の敷地に侵入し、息子は正気を失い、収穫されたコーヒーの赤い実の山にはやがて切断された山羊の頭が放り込まれるだろう。こうした切迫のさなかにあって、状況が見える者か見えない者かといえば、マリアは状況が見えない者だ(危機的状況についてもポストコロニアル状況についても)。危機的状況を見、認識することがきっかけで、状況に翻弄されたり抵抗したりする何らかの行為が起動されるわけではない。どことも知れぬアフリカの国で、白人である自分の経営するコーヒー農園こそが居場所であると信じて疑わない。意志が状況を凌駕している。不屈の植民地主義的意志は、状況をどこか白昼夢に似たものへと近づける。固い意志を秘めたユペールの横顔以外には何も秘密がないかのように。実際、反乱グループのリーダーをかくまうマリアと、市長と裏で取引きする彼女の元夫という図式が描かれはするし、プールサイドでめずらしそうに金のライターを拾い、部屋で掠めたネックレスを身に着ける少年少女の描写には、“ホワイト・マテリアル”による搾取/への羨望が垣間見えるけれども、結局のところ、そういったポリティカルな関係性を指摘すれば事足りる映画とは違い、マリアの不毛な不屈さの貫徹という最大の秘密をかかえたまま物語はゼロに還る。

  321. 2010/09/28 17:11:40 八月の残りの日含むアンテナおとなりページ

    nai10 2010/09/28 17:11 記述に対するコメントじゃないけど。
    タイトルを見て相変わらずだなーと思ったり。
    全部見てないなーと思ったり。
    随分会ってないなーと思ったり。
    まあそんなとこ。
    http://kaolu4seasons.hp.infos-http://www.page.sannet.ne.jp/hirasho/diary/diary0309.html#21p17

  322. 2010/09/01 10:25:53 私的循環信号含むアンテナおとなりページ

    2010-09-01-Wed
    ■重厚感
    谷崎の『細雪』を読む前に、「細雪」ということばや作品の評判から(そして「谷崎潤一郎」という作家名から)、ひとはあるイメージを抱いてこの小説に臨むことになると思うのだけれど、実際に『細雪』を読み終えた経験があるひとで、そのときの、事前にぼんやりと抱いていたイメージをことこまかに想起できるひとは、はたしてどのくらいいるのだろうか?
    自分の場合、かなりに怪しい。一応、いまでも、そのイメージのかけらのようなもの(やはり「雪」にまつわる話なのだろうか? といったような漠としたイメージ)は掴むことはできるものの、それでも、実物の『細雪』の、あの圧倒的な重厚感に触れた後では、そのような……まあ、はっきりと、ステロタイプでつまらないイメージなど、ほんとうに、塵の如くに弾き飛ばされてしまう。勝負になど、はなから成らない。当たり前だが。
    これはもちろん『細雪』だけに限った話ではなく、あらゆる名前とその実物との間にいえる関係なのだろうけれど、個人的には、『細雪』周辺で味わえる、いわゆる「期待を裏切れた感(いい意味で)」というものは、わが人生の中で五指に入る逸品であったりする。
    ーーーーー
    というわけで、これでもう何度目になるのか、少なく見積もっても五回には達していると思うのだが、現在、再び『細雪』を全篇通して読んでいるところだ。どうしてこうも惹かれるのか。飽きやしない。てきとうに頁を捲ったところから読んでもいいのだけれど、最初からていねいに一文一文追っていっても、もちろん、佳肴。たまらない。
    ーーーーー
    前に読んだときは、蒔岡幸子の不眠の具合にどうにも興味が向かっていたのだが(というか、同情をしていたのだが)、今回は、各登場人物の書く手紙の差異に、がぜん注目している。もしかすると、きちんとしたモデルがあるのかもしれないけれど、たとえそうであったとしても、そのバラエティの振幅度が、こちらの壷に、みごとに嵌る。貞之助も幸子も鶴子も、雪子も悦子やお春も、雪子の三番目の見合い相手(薬品会社の社長)も辰雄のお姉さんも、そしてなにより、シュトルツ夫人ことヒルダ・シュトルツも、どうして君たちはそれぞれの属性に則ったにいかにもそれらしい文章を綴ることができているのだろう、すばらしい、と、両の拳に力を入れつつ、どうにも危ない悶え方をしてしまう。ほんとうに、たまらない。
    ーーーーー
    と、書いていて思うのは、この小説内では、四女・妙子の書く手紙がひとつも登場していないことである。(たぶん登場してないだろう。ちょっと自信がない。)読者はもちろん、他の登場人物さえ、この人物の複雑な内面が掴めないことを考えると、このことには、確実に意味があるものと思われる。
    Permalink

  323. 2010/09/01 03:33:43 ねこまっさかさま含むアンテナおとなりページ

    脂 2010/09/01 03:33 更新期待しています。
    あなたのような「自己愛型ひきこもり」たる「仮性包茎」論者の台頭はポストモダンでは顕著ですが、あなたはちんこの皮を固くしている度が他より強いとは思っていたからね。
    あ、ここでの「ちんこ」ってファルスを隠喩(ってレベルじゃねーぞ)してますよ。

  324. 2010/08/09 03:14:13 Hojotoho, Hojotoho! Heiaha!含むアンテナおとなりページ

    ※ただいまサーバーメンテナンス中です。
    メンテナンス時間は 8/9 2:00 〜 5:00 を予定しております。
    サービス再開まで今しばらくお待ちください。
    ご不便をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。
    何とぞ、ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。
    © its communications Inc. All rights reserved.

  325. 2010/07/30 02:48:04 未読山脈の片隅より含むアンテナおとなりページ

    未読山脈/ 暗黒小説/ SFボーダー/ 作家別作品/ 翻訳家別作品/ 作家リスト/ ’94/ ’95/ ’96/ ’97/ ’98/ ’99/ ’00/ ’01/ ’02/ ’03/ ’04/ ’05/ ’06/ ’07/ ’08/ ’09
    2009
    ■『ロンドン・ブールヴァード』ケン・ブルーエン(2009/12/13)
    ■『レポメン』エリック・ガルシア(2009/12/3)
    ■『バッド・モンキーズ』マット・ラフ(2009/12/1)
    ■『殺人者たちの午後』トニー・パーカー(2009/11/23)
    ■『哀国者』グレッグ・ルッカ(2009/11/1)
    ■『死神を葬れ』ジョシュ・バゼル(2009/9/13)
    ■『毒蛇の園』ジャック・カーリイ(2009/9/13)
    ■『迷惑なんだけど?』カール・ハイアセン(2009/8/12)
    ■『オッド・トーマスの霊感』ディーン・クーンツ(2009/7/17)
    ■『エ/ン/ジ/ン』中島京子(2009/6/13)
    ■『逸脱者(上)(下)』グレッグ・ルッカ(2009/8/15)
    ■『コンラッド・ハーストの正体』ケヴィン・ウィグノール(2009/5/31)
    ■『夢で殺した少女』ベネット・ダヴリン(2009/5/18)
    ■『川は静かに流れ』ジョン・ハート(2009/4/25)
    ■『娼婦レナータ』ヴィッキー・ヘンドリックス(2009/4/25)
    ■『黒のトイフェル』フランク・シェッツィング(2009/4/8)
    ■『チャイルド44』トム・ロブ・スミス(2008/1/31)

  326. 2010/07/21 23:32:22 日当たりのいいガレージ含むアンテナおとなりページ

    2010-07-21-Wed
    twitter始めました。うそ、正確にはしばらく前から始めてました。
    http://twitter.com/uneempreinte
    音楽の話も本の話もたいしてしてません。にゃふー。
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiseu/20100721

  327. 2010/07/20 23:27:25 a memory hole - diary含むアンテナおとなりページ

    ←2008年5-8月 2009年1月→
    ←2008年5-8月 2009年1月→

  328. 2010/06/16 03:47:51 Pleasure :スプーン1匙ぶんの含むアンテナおとなりページ

    2010-06-15
    メールいただいたので告知。
    東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻第4期生・アニメーション専攻第1期生修了作品展
    GEIDAI-CINEMA#4 GEIDAI-ANIMATION 01+
    2010年6月19日(土)〜7月2日(金)、渋谷・ユーロスペースにて、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻4期生とアニメーション専攻1期生の修了作品展「GEIDAI-CINEMA#4 GEIDAI-ANIMATION 01+」を開催します。
    映画専攻の修了作品展はこれまでも大きな反響を呼んでおります。今回上映される映画5本も、青春、犯罪、冒険、ロマンポルノ、SFと様々なジャンルに接近しながら、独自の視点で世界に切り込もうとする意欲作ばかりです。
    また今回、2008年に新設されたアニメーション専攻第1期生の修了作品も上映いたします。2年間をかけて丁寧に築き上げられた11作品は、どれも作家の魂がこめられており、必見です。
    日によって、監督やゲストを招いてのトークショーを開催します。みなさまお誘い合わせのうえ、ぜひご来場下さい。
    詳細はこちらをご参照ください。
    http://www.fnm.geidai.ac.jp/geidai4/
    http://animation.geidai.ac.jp/01plus/index.html
    Twitter→geidaicinema04でフォローください!
    ◎チケット料金:900円均一/前売800円/4回券 3000円
    ◎会期:2010年6月19日(土)〜7月2日(金)
    ◎時間:連日21:00スタート
    ◎会場:ユーロスペース(渋谷)
    【上映スケジュール】
    6.19 (SAT) 『cage』 (栗本慎介監督)上映終了後 梅本洋一(映画批評家)×4期監督全員 トーク
    6.20 (SUN) 『テト』(後閑広監督)
    6.21 (MON) 『真夜中の羊』(ヤング ポール監督)
    6.22 (TUE) 『海への扉』(大橋礼子監督)
    6.23 (WED) 『浮雲』(長谷部大輔監督)
    6.24 (THU) アニメーション専攻第1期生修了作品上映 トーク 伊藤有壱×岡本美津子
    6.25 (FRI) 『浮雲』 上映終了後 濱口竜介(映画監督)×野村喜和夫(詩人)×長谷部大輔 トーク
    6.26 (SAT) アニメーション専攻第1期生修了作品上映 トーク 山村浩二×岡本美津子
    6.27 (SUN) 『海への扉』 上映終了後 万田邦敏(映画監督)×4期監督全員 トーク
    6.28 (MON) 『真夜中の羊』
    6.29 (TUE) 『テト』
    6.30 (WED) 『cage』 上映終了後 黒沢清(映画監督)×4期監督全員 トーク
    7.01 (THU) 『海への扉』 上映終了後 シネ砦集団×大橋礼子 トーク
    7.02 (FRI) 『真夜中の羊』 上映終了後 山根貞男(映画評論家)×4期監督全員 トーク
    ◎主催:東京藝術大学大学院映像研究科
    ◎共催:NPO法人映像メディア創造機構
    ◎製作協力:財団法人角川文化振興財団
    ◎協力:横浜市、ソニー株式会社、株式会社ナムコ
    ◎問い合わせ先:ユーロスペース
    渋谷区円山町1−5(渋谷・文化村前交差点左折)
    TEL:03−3461−0211
    HP:http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=278
    コメント
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/E-chiko/20100615

  329. 2010/05/15 17:57:47 東川端参丁目の備忘録含むアンテナおとなりページ

    ナツメッグ☆ 2010/05/15 17:57 はじめまして、こんにちは。この原武史の『沿線風景』、今日買いました。昨日買った「本の雑誌」の巻頭に紹介されていたのと、たまたま今日本屋さんの書棚にポツンとあったのを目にした偶然が重なり、購入しました。おっしゃる通り、以前の晶文社の植草甚一のスクラップブックを思わせる装丁が気に入りました。じっくり読ませていただきます。
    yom yom (ヨムヨム) 2010年 03月号 [雑誌]

  330. 2010/05/05 02:51:52 みけねこ日記 〜映画と、本と、美味しいものと♪含むアンテナおとなりページ

    鏡筆 2010/05/05 02:51 「鏡筆の小説」で検索を。ブログが現われます。
    作品名「自殺の理由としては十分過ぎる恥」のサンプルが読めます。
    鏡筆は筆名。
    それで「かふで」と読ませます。

  331. 2010/04/30 19:50:27 後れ毛に風は吹かない含むアンテナおとなりページ

    404 Not Found
    指定されたページまたはファイルは存在しません
    URL、ファイル名にタイプミスがないかご確認ください。
    指定されたページは削除されたか、移動した可能性があります。
    前のページに戻る
    お探しのページはこちらから再検索されてみてはどうでしょうか?
    ■トラベル ■マネー ■消費財 ■ヘルスケア ■エンタメ ■オート ■IT ■通信 ■地域
    国内旅行
    海外旅行
    温泉
    ファイナンス
    FX
    証券
    家電
    飲料
    医薬品
    美容
    化粧品
    コスメ
    ファッション
    ゲーム
    DVD
    オンラインゲーム
    音楽
    映画
    新車
    中古車
    バイク
    パソコン
    ドメイン
    サーバー
    アクセス解析
    携帯
    光ファイバー
    ワンセグ
    東京
    大阪
    京都
    沖縄
    Powered by Blogger Alliance

  332. 2010/04/15 08:38:03 リトマス方眼紙。含むアンテナおとなりページ

    10-04-15 九龍風水傳配信開始!
    いやあ、何がめでたいってね。
    クーロンズゲートがアーカイブスで配信開始!600円!
    これでいつでもどこでも好きな時にPSPで気軽に陰界に行ける!ディスク持ってない人にも遊んでもらえる!長年の願いが叶ったね!と、昨夜はひとしきり同志と盛り上がっていたのですが、ファイルサイズが1.5GBって。私の持ってるメモステ2GBなんだ……。今日帰ったら今メモステに入ってるデータを全部PCに移すか、いっそメモステ新調するか迷ってる。
    アーカイブスのラインナップ見てたら、先月「パペットズー ピロミィ」も配信されてた。なんだなんだフリークス&キメラ強化月間なのかな!
    ↓パペットズーピロミィ (大きいサイズ)
    3:30あたりからカオス!おぅけい!

  333. 2010/04/04 09:46:58 のこのこ含むアンテナおとなりページ

    そこには日本の諜報員まで含まれているのだが、諜報員という職種を鑑みるとこれは特に驚くべき事には当たらないのであろう。

  334. 2010/04/04 00:45:28 電波系怠惰日記含むアンテナおとなりページ

    りはびり。年食った分、もっと中身がぎっしりしたもの書きたい。
    茜の表情には、何も浮かんでいないように見えた。浩平は帰ろうといって茜の手を引いた。茜は足元を見ている。浩平がつられてみると、いつの間にか杯から酒は零れ落ちていた。浩平は無理やり茜の手を引いて、大股で家へと戻った。錠前を下ろし、万年床に茜の手をつかんだまま倒れこんだ。いつもよりも激しく唇をむさぼり、茜の体をむさぼった。はじめは冷たかった茜の体も暖まり、浩平は茜の声が漏れないように口元を押さえつけた。細く、悲しい声だった。

  335. 2010/03/30 14:29:45 ベヘモット記含むアンテナおとなりページ

    主人公は森雅之と芦川いづみ。でも『風船』という題名は、女たらしの二本柳寛と、いつまでも身を固めようとしない北原を指している。森雅之の妻が最たるものですが、彼女のように厳格な人々からは蔑まれがちな浮ついた職業につき、夜の街を根城にしている。その生きざまが「風船」に喩えられている。二人はしばしば行動をともにし、一見恋人同士のようだけれど妙に冷めたところがあり、二本は北原に三橋達也と結婚するよう勧め、北原も「命令」どおり相手をものにする。恋愛は競争であり、奪いとる側が正義となる、というのはもっともらしい考えだけれど、どこか疚しさが潜んでいる。それは、計算高く立ちまわることで他人の誇りを傷つけるどころか、死に追いやろうと意に介さず、そのくせわざわざ自己正当化に理屈を費やすことからもわかる。北原が新珠の死後、自分は「生活のためにふらふらせざるをえない女」だと笑って言い放つ場面がまさにそう。また「風船」として生きる者の、自棄気味な諦念も織りこまれている。川島雄三監督は、『しとやかな獣』の金儲けに突き進む一家、『雁の寺』の女を囲う和尚など、俗物を立体的に描くのがうまい。この二人も、卑怯ではあれどなぜか憎めない輝きを放っており、善悪をそうたやすく裁断できない現実の苦さを知らしめてくれます。
    「風船」は北原たちばかりでない。森雅之一家も落ち着きがなく、終いには散り散りに流される。森は京都や九州に出張し、いつも家をあけている。芦川いづみが心配でも、してやれることは少ない。三橋達也は仕事を放りだし、恋人の下宿に入り浸っている。母親も出かけることが多い様子。芦川は彼らの不在を寂しがるけれど、同時に三橋と母親が自分を軽んじているのに気づいている。学校の勉強についていけず辞めたいと言い、部屋に閉じこもっては絵を描くことで寂しさをまぎらわせている。森を駅に見送りに行く、京都へ旅する、新珠と仲よくなるなど活発にふるまおうとするも、周囲の無理解に阻まれる。「風船」とは縁遠い生き方を強いられてきた芦川が、自分をみつめなおすきっかけは、傷ついた新珠に付き添うことによる。好きな人にみすてられる哀しみを、誰よりも知っているからこそ新珠に同情し、臥せっているところへ「眠り姫」の童話を聞かせる。芦川なりの精一杯の励ましにもかかわらず新珠は死に、芦川は彼女の墓前で、わたしは「眠り姫」の王子にはなれなかったと悔しがる。まるで恋の告白のような切ない場面。哀しいできごとは続き、今度は森が家を離れることで家族が崩壊してしまう。家族もまた「ふらふら」と頼りない絆で結ばれていたのが明らかとなり、芦川にはひきとめる術もない。でも新珠から生きる意味を教わった芦川は、ひとり閉じこもらず外へ向かう。夢中で盆踊りの列にくわわるラストでは、親子愛の感動はもちろん、北原たち「風船」とは違い、自分の「ふつう」からずれた部分も受け入れてくれる人々とともにあるための、居場所を定めたことへの祝福に包まれています。

  336. 2010/03/24 00:51:35 NecRomantic Movement含むアンテナおとなりページ

    <前の5日分

    明けましておめでとうございます。今後ともよろしくお願いします、ということで、年が明けたからとりあえず更新。

    昨日は、夜になったら更新するべと余裕こいていたのだが、大晦日の徹夜明けが効いてきて、ふと目が覚めたら今朝の5時過ぎになっていたという罠。今年の初夢では、コウモリの翼を持った大量殺人鬼を某ルイズと捜査していた。高速道路に素手で人間を投げ込んで数十台の玉突き衝突を引き起こしている奴をさらに俯瞰視点から眺めている映像とか、何かのネタになるかもしれない。
    大晦日は他にいろいろやっていたので、吉田対石井とか青木対廣田とか水樹奈々初出場とかは年が明けてから見た。それぞれ、ひどい、よく折った、おめでとう、ということで。

    年末はThomas Karlssonの『Qabalah, Qliphoth, And Goetic Magic』とかKenneth Grantの『Nightside Of Eden』などを読んでいた。
    (前者はスウェーデンの団体Dragon Rougeの創設者・首領で、シンフォメタルバンド・Therionに全歌詞を提供してる御仁の主著。2007年にはストックホルム大学で講座を持ったらしい学究派でもある。LHPとはなんぞやとか何を以てEvilと言っているのかが分かって、ようやくスッキリした。
    ※Therionはこんなバンド。「To Mega Therion」がカッコよすぎるぜ。
    http://www.youtube.com/watch?v=d6h84W8qz0I
    後者はTyphonian Orderでおなじみの人ので、前者の元ネタでもある。邦訳されている本よりも、いろいろな本の参考文献になっていることが多いと思う。でも途中で断念、また今度とした。
    他にはMichael W Fordの本も少し読んだ。ポップなノリは悪くないが、Karlssonのハードコアさの方がより好みかなと思う。あとで知って少し驚いたたのは、FordもBlack Funeralというブラックメタルバンドをやっていること。ああなるほど、でもあるけれど。

    否応なしに思い知らされるのだが、読むのに時間がかかりすぎて、今のままではどうにもならない。今年の目標の一つは英語力の向上とする。とりあえず日本語と同速で本が読める、それも精読せずにパラパラと流し読みが出来る程度。

    昨年はまあ、何かとアレだったのだが、とにかく混乱していたものにまとまりがついてスッキリした。また、頭痛を引き起こすなど活動の妨げになっていた身体の不調がかなり改善されたり、あるいは改善の道筋がついて、これもまたスッキリした。そうすると、昨年はゴミ掃除と整理整頓、下準備の年だったのだとも言える。それならば、今年は行動する年としたい。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nyarl/20100102
    ■[comic][ラノベ]
    スーパーダッシュ文庫の『ベン・トー』(アサウラ)は、狼と呼ばれる者たちが繰り広げるスーパーでの半額弁当争奪戦を描いたラノベである。主人公が”かつてはヒロインぽかった何か”にケツを狙われガチホモ妄想のネタにされていることでも知られるが、こちらでそのWEBマンガが描かれていてビックリした。>舞子海岸迄五分
    ここから過去ログも読める。週一更新というのがうれしゅうござる。そしてベン・トー界最狂キャラでもある白粉がイキイキテカテカしているのが楽しゅうござる。あとはオルトロス姉妹とか石岡君が見たいものでありますな。
    ■[anime]咲-Saki- #23
    個人戦で全国出場になったのは結局キャプテンと咲、和。龍門渕勢が出られなかったのが残念だ。いや透華がかなり好きなので。高飛車お嬢様と見せて非常に仲間思いで、強引だが偉ぶってないという際どいバランスの取れ方が、”みんなのお母さん”的リーダーになっていて。あと見事に外すアホの子なあたりも。個人戦でいきなり大負けして魂が抜けていたのは、だからむしろおいしいところだったのだが喃。
    敦賀もお葬式ムードだったが、戦いが終わって後のかじゅ桃の関係への問いかけが予めなされていたから、負けた後の展開に興味が向けられると言う点で納得できる。が、龍門渕の場合は、前評判は高かったが結局負けた、という印象ばかり残ってしまうわけで。ハミレスの回(#20)で擬似家族的なチームの様子が描かれ、好感度ストップ高になっていたので、車の中で凹んで涙をこぼしている透華の姿がいっそう不憫だ。フォローはあるだろうとは思うが。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nyarl/20090915

    今週の『ぬらりひょんの孫』。羽衣狐様が美しすぎて三次元にいるのがつらい。今までわずか1、2コマで底知れなさを読者に感じさせてきたが、今回ついに戦力的にもキャラ的にもエロ的にも別次元の畏れが明らかに。ストッキングをはいているコマからは椎橋先生の紳士魂がビンビン伝わってくるよね!また見開きのド迫力百鬼夜行がもはや妖怪というより怪獣軍団で、リクオは遠野じゃなくてM78星雲に修行しに行かなければ勝ち目がないんじゃないか。鬼太郎vsデーモン軍団とかやっと空を飛べるようになったところにフリーザ様が全軍で襲来とか、そんな感じだ。ドーピングコンソメスープを使うも瞬殺された灰悟さんだが、斬られた首は狐様が尻尾を振るった後方足元に飛んでいた。人間は首を斬られても数秒だか数十秒は意識があるらしい・・・・・・なるほどイイ顔で死ねるわけだ。
    みやもさんの黒髪ロングヒロイン一覧。黒髪ロング黒セーラーといえば自分の中ではまず初音姉さま、最近はそれに続いて諌山黄泉ちゃんが浮かぶ。で、ゼロ年代から10年代にかけての黒髪ロングの基本イメージが、初音姉さまから羽衣狐様に移行しつつあるのを見ているのだなどと壮大にぶち上げてみたいような、ていうか同じ姉さまでしょとか言ってみたいような。
    同じ黒髪ロングでも、踏まれたい初音姉さまや羽衣狐様と、踏んづけたいパンドラ様の違いをしばし考えた。
    ■[comic]『黄昏乙女×アムネジア』
    上記一覧の中にも出てきた最近の話題作。舞台は、次々と増築して中等部と高等部を絡み合わせていった結果、迷路のような奇怪な建造物になってしまったという、どこのウィンチェスター館?な私立誠教学園。やたらと感情豊か、肉体的にも豊か、さらに触ることまで出来る幽霊の夕子さんと出会った中学生の貞一が、彼女の死の真相を探るべく怪異調査部を設立し、学校の怪談に挑んでいくというお話。幽霊なら触れないはずとか言っていきなり胸を鷲掴み、次の日には着替えを見て膝枕な貞一は、その、なんだ、もげろ。ていうか代われ。
    黄昏乙女×アムネジア 1 (ガンガンコミックスJOKER)
    作者: めいびい
    出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
    発売日: 2009/08/22
    メディア: コミック
    「表紙買い余裕でした!」というやつでした。この構図、色使い、舞台設定、角度、ポーズ、etcetcは、裏表紙の夕子さんの唇や胸元と合わせて、ある種の人間にとっては抵抗不可能な魅力がある。
    ありもしないようなものを怖がっているような人間には
    わたしのような存在は見たいように見られてしまうの
    つまり彼女の本当の姿を見られるのも知っているのも僕だけ!と・・・・・・私は卑しい人間です。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nyarl/20090907
    ■[movie]アルティメット2
    一昨日『アルティメット』の感想を書いた時点では、もう間もなく続編が公開されることは知らなかった。というか今さっき、Mixiのパルクールコミュで知って、少し驚いている。トレーラーを観てみたが、どうなんだろうね?前にも書いたとおり、格闘シーンなんかは要所要所のアクセントくらいにして、とにかく空間移動の妙技を観せてほしいのだが。あるいはアクション映画としてストーリーなどにもっと力を入れるなら、それはそれでも構わない。
    とは書いたものの、観に行くかどうかは不明。
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nyarl/20090904
    ■[book][荒山徹]
    某スレを見ていて気がついたが、もうじき『徳川家康(トクチョンカガン)』の発売日でしたな。
    実業之日本社:書籍詳細情報 上巻/下巻
    山岡宗八『徳川家康』、隆慶一郎『影武者徳川家康』
    そしていま、私たちはここに、これまで全く描かれることのなかった
    第三の家康と出会うことになる。
    鮮やかな傑作戦国小説の誕生だ 縄田一男(文芸評論家)
    家康との決戦に挑む徳川秀忠、柳生宗矩、真田幸村
    難攻不落の天下城を舞台に、忍びたちが秘術の限りを尽くす
    大阪裏ノ陣の幕が開く―――!
    確かな歴史観と、壮大な奇想力 縄田一男氏絶賛の時代巨編
    すごいアオリだ。そしてまた、というかやっぱり縄田先生かと思ったのは俺だけじゃないはずだ。
    コメントを書く
    xx-internet 2009/09/07 07:33 劉慶一郎 -> 隆慶一郎
    ミスであろうと思いつつも検索避けの可能性を否定しきれない今日この頃。
    Nyarl 2009/09/07 20:54 げぇっ!!変換されるままに書いていたのが恥ずかしい。
    ありがとうございます。修正しておきました。
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Nyarl/20090903
    <前の5日分

  337. 2010/03/23 19:12:22 nozaの日記含むアンテナおとなりページ

    nozaの日記
    <前の5日分
    2006-07-03 村上もとか『龍−RON−』
    ■村上もとか『龍−RON−』
    以下、ネタばれがあります。
    長きにわたる連載が先日完結した。必ずしも成功作とはいえないかもしれない(後半に広げた大風呂敷による迷走があったし、主人公と女性二人との葛藤もあいまいにやり過ごされて残念)が、やはり連載が終わると寂しい気持ちになる。最終回の盲目の女性のエピソードはやはり感動的だし、日本から満映に移った映画監督が、更にインドに移って映画を撮るというのも楽しい。
    ■映画史とフィクション
    ヒロインの田鶴ていが映画の世界に入っていった時、その名前からしてきっと監督になり、満映に移るだろうと予想されたが、その通りになった。これに限らず、映画史的な事実とのつながりが、妙に窮屈な気がした。うまく言えないが、フィクションがいつどこで史実から離れるかがうまくいっていないと感じた。
    実は西本正『香港への道』を読んだ時に真っ先に思い浮かべたのは『龍』だった。田鶴と西本が満映で出会うシーンがあると面白いと思った。物語が完結した今、かたや香港映画、かたやインド映画の基礎を築いたことになるのだから、なおさらそう思うのだった。-???????

  338. 2010/03/23 18:15:47 サニーデイ含むアンテナおとなりページ

    記事一覧
    ログイン
    無料ブログ開設
    <前の5日分
    少しずつ
    本 | 16:33 |
    強運の持ち主 (文春文庫)
    作者: 瀬尾まいこ
    出版社/メーカー: 文藝春秋
    発売日: 2009/05/08
    メディア: 文庫
    内容(「BOOK」データベースより)
    元OLが営業の仕事で鍛えた話術を活かし、ルイーズ吉田という名前の占い師に転身。ショッピングセンターの片隅で、悩みを抱える人の背中を押す。父と母のどちらを選ぶべき?という小学生男子や、占いが何度外れても訪れる女子高生、物事のおしまいが見えるという青年…。じんわり優しく温かい著者の世界が詰まった一冊。
    瀬尾まいこの書く日常は相変わらず好きなのだけど、この本は最後のオチが弱かったように思いました。
    そんなにおおげさな話ではないから仕方ないのかもしれないけど、もう少し盛り上げて欲しかったなあと思います。
    占いについてはなるほどなーと納得してしまう部分もあり、ものは言いようだなあとしみじみ。ちょっとした日常の謎もあるので日常系ミステリが好きな人も楽しめそうです。
    コメント
    リハビリに
    本 | 14:15 |
    最近読んだ本のお話。
    直木賞を取る前にちょっと興味があったのですが、あまりに話題が沸騰しすぎると手を出しにくくなるというひねくれものでして、今まで未読なのでした。
    装丁に惹かれて買った初期作品シリーズですが、どれも楽しめました。思春期の少年少女のもどかしい気持ちとか大好物です。
    ウエハースの椅子 (新潮文庫)
    作者: 江國香織
    出版社/メーカー: 新潮社
    発売日: 2009/10/28
    メディア: 文庫
    ひさしぶりに読んだのですが、やはり江國さんの独特の感覚とか、家庭環境の設定とか、そういうのは真似したくてもできるものじゃないなあと思います。ハイソな家庭に縁はないはずなのに、どこか納得してしまう。読者を共感させるだけじゃダメなんだなあ、としみじみ思ってしまいました。
    どうも書くことを意識するあまり読書していても自分だったらどう書くだろう、こんな話が書いてみたい、などと意識してしまうようになりました。でも、○○風を書くのはよくない気がします。文学賞の選評で読んだことがあるのですが「それぞれの分野で席は一人ひとつしかない」という言葉を思い出します。だからいくら模倣したとしても、そこが自分の席に成り代わることはないんですよね。
    文章に限らず自分だけの席をみつけていきたいなあと思いました。
    コメント
    ご無沙汰していました
    近況 | 12:32 |
    実に半年放置していました。日記の書き方も忘れていそうです。
    ようやく生活が落ち着いたので、また少しずつ日記を書いていこうかなあと思っています。というわけで近況報告を。
    マイホーム購入と引越し
    7月終わりくらいから検討していて、9月に契約し、10月に引っ越しました。
    駅から徒歩8分の3LDKです。夢の一戸建て!
    転院
    引越しに伴い病院も変えました。
    薬の副作用などで結構大変な思いをしたため、まだ本調子ではありませんが精神的にはだいぶ落ち着いたように思います。
    趣味を夢に
    もともと文章を書くことが好きだったのですが、某サイトで創作を行ううちに公募に出してみようという気持ちになりました。
    ただいま2月末の賞に向けて毎日少しずつ書き進めています。
    こんな感じで、色々大変なこともありますが、楽しくやっています。ネットに繋がったのが先月のため、いろいろと不義理をしてしまっていますがもしよかったらまたお付き合いいただければうれしいです。ではでは。
    コメント
    あっという間に7月
    本 | 16:09 |
    そろそろ過去に読んだ本の感想などぼちぼちと書いて行きたいと思います。
    記録しとかないと読みっぱなしになるからよくない気がするので。
    ブラック・エンジェル (創元推理文庫)
    作者: 松尾由美
    出版社/メーカー: 東京創元社
    発売日: 2002/05
    メディア: 文庫
    内容(「BOOK」データベースより)
    一枚のCDから突然黒い天使が現れた!?カルト的な人気を誇るアメリカのロックバンド“テリブル・スタンダード”のファーストアルバム、その中ほどに収録されているインストゥルメンタルの「ブラック・エンジェル」が流れた時、いきなりそいつが現れて、マイナーロック研究会の仲間を殺してしまったのだ!ミステリとファンタジーと青春小説が渾然一体となった著者の代表長編。
    ミステリを期待して読むと、ポカーンとなる一冊です。だって謎解き部分が…。
    ファンタジーの入った青春小説として読めば、楽しめるのかなあ?私はあまりこの作品は好きにはなれませんでした。なんていうか、突拍子がないというか展開が無理やり気味というか。オチにはただひたすらにポカーン、です。
    シュールな感じの作品が好きな人なら合うのかもしれません。でも、あまり保障はできない。
    コメント
    木婚式
    雑記 | 13:09 |
    今年も無事に結婚記念日を迎えることが出来ました。五周年は木婚式というとか。
    この一年間には、たくさんのことがありました。喜びと同じくらいの悲しみも。
    それでも、そのたび二人で話し合って共有しようとしてきたからこそ、今日があるのだと思います。時々喧嘩もしてしまうし、すべて順調とはまだまだ言い難い私たち夫婦ですが、これから先も一緒に歩いていきたいという気持ちはきっと同じなはず。
    まずは今日からの一年、またよろしくお願い致します。
    コメント

  339. 2010/03/23 17:47:25 フリンジカルチャー 俺の中で鳴り止まないモノ含むアンテナおとなりページ

    1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
    2009-08-04 21:21:08
    シベールの日曜日のライブに行ってきました
    テーマ:音楽
    アメンバー限定記事を読むには
    アメンバーになる
    同じテーマの最新記事
    "Tribute To th… 08月01日
    Cold Fusion / Occup… 07月04日
    Current 93 - Aleph … 07月04日
    記事URL
    2009-08-01 21:25:45
    "Tribute To the Dead Soldiers (1914-1918) Vol.2"
    テーマ:音楽
    フランスのLa Caverne Du Dragon [NETLABEL]からフリーダウンロードできるコンピレーション第2弾!
    ”Tribute To the Dead Soldiers (1914-1918) Vol.2”
    Martial Industrial & Neo Folk Compilation
    PART 1
    01-Pale Roses-The Bowmen
    www.myspace.com/morepaleroses
    02-In Scherben-Kriegslied
    www.myspace.com/scherbeimglck
    03-Kunstgerecht-Died Before Their Time
    www.myspace.com/ewanburke
    04-Strydwolf-Tribute
    www.myspace.com/strydwolf
    05-Barbarossa Umtrunk-Les Oies Sauvages Volent vers le Nord
    www.myspace.com/barbarossaumtrunk
    06-Quentaro - Widow
    www.myspace.com/quentaro
    07-Persona-Preussischer Stolz
    www.myspace.com/personaband
    08-Merankorii-Playground
    www.myspace.com/merankorii
    09-Nebel-Cendres de Ruines
    www.myspace.com/nebelindustrialkriegmusik
    10-Surma-Haidekampf
    www.myspace.com/surmamartial
    11-Nuit Close-Le Traumatisme du Guerrier
    www.myspace.com/nuitclose
    12-L’Artiste Inconnu-Russian War Hymn
    PART 2
    01-Kinky Propaganda-Norden 14
    02-British Iron Age - Gas Attack
    www.myspace.com/britishironage
    03-Seuchensturm-Stechschritt 1914
    www.myspace.com/genozidinc
    04-Holtzman Engine-Steam Engines
    www.myspace.com/holtzengine
    05-Spreu & Weizen-Heimkehr
    www.myspace.com/spreuweizen
    06-L.C.B.-XXVII
    www.myspace.com/lecosebianche
    07-Nuevo Ideal Nacional-In Memoriam Teniente Carlos Meyer Baldóv
    www.myspace.com/martialnoise
    08-Maximum Terrorem - Pile of Corpses 1918
    www.myspace.com/maximumterrorem
    09-Zahnrad-Overhang by Eternity (Latvian Riflemen)
    www.myspace.com/totalmachinery
    10-Front Sonore-La France , la Victorieuse !
    www.myspace.com/jul04
    11-Corazzata Valdemone-Il Fante Affardellato
    www.myspace.com/corazzatavaldemone
    12-Wormburner-Tanga 1914 (Battle of the Bee’s)
    www.myspace.com/hanimus
    ここでダウンロードできます。
    http://lacavernedudragon.tk/
    記事URL
    2009-07-04 21:30:16
    Cold Fusion / Occupatria
    テーマ:音楽
    Cold Fusion / Occupatria
    もう2年前くらいに出た作品だけど、全く色あせないマーシャル・フォークの名盤です。
    Artist: Cold Fusion
    Title: Occupatria
    Label: Steinklang Industries
    Genre: Neoclassical / Martial Industrial
    01. Never Go Back
    02. The Captive Dreamer
    03. The Struggle For Survive
    04. To The Bitter End
    05. Crusade
    06. Occupatria
    07. Deliverance Day
    08. Dear Fatherland Rest Quietly
    09. Report
    10. While Carthago Burns
    An epic release hailing from the majestic Alps via Steinklang Industries this time instead of War Office Propaganda which happens to be Cold Fusion’s own label operated by Marcin Bachtiak and Robert Marciniak which have been instrumental in bringing us releases by Mushroom’s Patience, Belborn & Rose Rovine e Amanti, Toroidh, and many others and for in house martial mastery by Robert Marciniak you need not look any further than Rukkanor for some heavy and dark ambient goodness.
    Not short on the dramatic here, this particular piece is being narrated by bombastic timpani and rolling percussion with a thunderous chorus of dissonant voices ride alongside the juggernaut of war amidst crashing cymbals and the passing of time to a peak of madness as the masses are in their final throes. Not surprisingly there is certain atmosphere of melancholia pervading throughout with a degree of uneasiness and solemnity as the bell tolls for those people who have been conquered or whose lands have been occupied from without or destroyed from within.
    This is an epic raging performance of remembrance or even a monument to those that have gone before, while at times approaching world music yet at others there is a certain call to arms martial fare here conjuring up such powerful emotions and imagery of a people and a nation of the dispossessed, stifling oppression, war and above all survival, This release executes all of these themes and emotions bravely without losing any sentiment along the way yet retaining a stern sense of beauty.
    Erstwhile voices and bombastic per

  340. 2010/03/23 16:58:38 空き箱含むアンテナおとなりページ

    空き箱
    <前の3日分
    2008-11-09 Wired Vision連載
    「キャラクターのランドスケープ」
    というのをはじめました。すでに1回目公開されてます。
    「月2回くらい更新しようかなあ」という予定。
    ここは基本的に更新しない場所なので多少客寄せになるエントリいくつかあげてからはてなに出そうと思い、そのためのネタに苦しむという倒錯したことをやってたら(w
    仲俣さん
    田中先生
    のおふたりに紹介されてしまった(w
    おふたりともありがとうございます。-???????

  341. 2010/03/22 21:02:05 AztecCabal含むアンテナおとなりページ

    ブログトップ
    記事一覧
    ログイン
    無料ブログ開設
    最近は近現代史、紛争、国際政治の英語の本ばっかりです。
    <前の3日分
    ■[Middle East][映画]オーランド・ブルームがロリー・スチュアートを演じる?
    前に少しロリー・スチュアートのことを書いたが、スチュアートのこれまでの人生をベースとした映画が製作中だというニュース。
    少し前のScotsmanの記事によると、スチュアート役はオーランド・ブルーム。3部構成で、1部がアフガニスタン踏破(”The Places in Between”に相当)、2部がイラクでの経験(”The Prince of the Marshes”に相当)、3部が現在外務省を辞めたスチュアートがアフガニスタンで立ち上げたNGOの話という感じになる予定。
    記事を読むとスチュアートはアンビヴァレントな態度。自分自身に脚光が当てられるのに違和感を感じているようだ。
    自分は英雄的人物という柄じゃないから、自分の役はダニー・デビートあたりに演じてもらったほうがいいとも。
    ともかく、まだ初期段階の話なのでなんともいえないが、映画が完成したなら日本でもやるだろうし、本のほうも翻訳されるだろう。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    ■[本]デイヴィッド・フォスター・ウォレス自殺
    ファック。
    Permalink | コメント(1) | トラックバック(0)
    ■あ
    半年ぶりの更新でした。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    ■[映画][Middle East]”Waltz with Bashir”
    友だちに話したら知らないと言われたのでちょっと書いておく。
    ”Waltz with Bashir”はイスラエルの監督アリ・フォルマンによるレバノン侵攻を扱ったアニメ・ドキュメンタリー。このあいだのカンヌに出品され、下馬評はかなり高かったが、残念ながら賞は受賞できなかった。
    1982年6月、イスラエル国防軍はレバノンに侵攻。南レバノンにあるPLOの軍事拠点を破壊し、イスラエル北部への砲撃を不可能にするのが当初の作戦の目的だった。だが、当時の国防相アリエル・シャロンを中心とした作戦の主導者らの目論見通り、戦線は拡大。イスラエル軍はベイルートへ到達すると、PLOの指導部が置かれていた西ベイルートを包囲、爆撃し、PLOの軍事・政治部門はレバノンから追放された。
    ついでイスラエルは、同盟関係にあるマロン派キリスト教徒をレバノンの権力の座に就けようと工作。結果、キリスト教政党であるファランヘ党の民兵組織(ファランジスト)のリーダーであるバシール・ジェマイエルが順当にレバノン議会で大統領に選出されるが、就任前の9月、暗殺される。
    イスラエル国防軍は暗殺前に結んだバシールとの協定に基づき、ただちに西ベイルートを占領すると、パレスチナ人難民キャンプ、サブラ・シャティーラの「テロリスト」掃討をファランジストに委任する。ファランジストは当然予想されたとおり暗殺の報復に出て、女子どもを含む民間人1000人近くが殺害された。いわゆるサブラ・シャティーラの虐殺である。
    虐殺のニュースが伝わると、イスラエル国内で歴史的規模の激しい抗議運動が起こり、政府は虐殺について公式の調査委員会を設けた。委員会はイスラエル政府にある程度の責任があることを認め、アリエル・シャロンの辞任を勧告した。シャロンは国防相を罷免されたが、政治的生命を保った。フォルマンが映画の製作をはじめた頃、シャロンは首相になっていた。
    レバノン侵攻当時20歳だった監督のフォルマンは、友人の夢についての会話がきっかけで、レバノンへ従軍したときのことをはっきりと覚えていないことに気づく。フォルマンは友人や一緒に従軍した兵士らにインタビューをはじめ、徐々に記憶をつなぎ合わせていく。記憶を再構成する旅は、フォルマンをベイルートへ、そして難民キャンプ近辺に配置された日へ、いやおうなしに導いていく。
    アニメとドキュメンタリーとは妙な取り合わせだが、トレイラー(PILの曲が印象的)を見るとなかなかの効果をあげているようにみえる。
    映画の公式サイトによると、日本では東京フィルメックスで上映されるとのこと。期待。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    ■[Middle East]西エルサレムのユダヤ教神学校が襲撃され、8名死亡
    6日、西エルサレムのユダヤ教神学校が襲撃され、生徒8名が死亡した。襲撃者は東エルサレムのパレスチナ人で、単独犯という報道である。
    背後組織については今のところ不明。ハマスは襲撃自体は称賛したが、関与は認めていない。ヒズボラのテレビ局では、〈イマド・ムグニヤ・ガザ殉教者団〉(Martyrs of Imad Mughniyeh and Gaza)と名乗る組織が犯行声明を出したが、組織についても犯行の真偽についても不明である。イマド・ムグニヤは先月暗殺されたヒズボラの伝説的指揮官。ベイルートの米大使館、海兵隊兵舎爆破、アルゼンチンのイスラエル大使館、ユダヤ人コミュニティーセンター爆破などに関与したとされる。ムグニヤ暗殺の実行者は不明だが、ヒズボラはイスラエルの関与を確信し、報復を口にしていた。他方、ガザでは先月末からのイスラエルによる攻撃により、パレスチナ人が約130名(約半数は民間人)殺害されている。
    イスラエル国内で大規模な襲撃があったのは2006年以来、エルサレムでは2004年以来となる。イスラエル政府は和平交渉の継続を言明しているが、イスラエル国内の和平反対派はこの事件を焦点として勢力を伸ばし、交渉断絶へとプレッシャーをかけるだろう。
    襲撃そのものが重大な事件であるが、襲撃対象が事件に更なるエスカレーションの可能性を付け加えている。襲撃を受けた神学校のMercaz HaRavは、占領地入植運動と結びついた宗教的シオニズムの揺籃の地なのだ。
    正統派ユダヤ教と世俗的なナショナリズムであるシオニズムの関係は曲折に満ち、時として敵対的だったが、宗教的シオニズムはイスラエルの建国を「救済のはじまり」とし、シオニズムに一定の役割を認めるとともに、入植運動に神学的お墨付きを与えた。宗教的シオニズムのイデオロギー的中心としてのMercaz HaRavの影響力は非常に大きく、例えば有名な入植者組織のグッシュ・エムニムの創設メンバーは、大半がここの神学校の出身である。
    要するに、入植者にとってこの襲撃は象徴として大きな意味があり、彼らが直接的な報復に出るのではないかということを個人的に懸念している。
    参照
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    ■[USA]オバマの側近がクリントンは「モンスター」だと発言し、辞任
    これも最近はじまりだしたネガティヴ・キャンペーンか? オバマの側近って誰だよ……って思って記事読んだら、サマンサ・パワーじゃないか!
    サマンサ・パワーは元ジャーナリストで、ハーバード・ケネディ行政大学院のカー人権政策センターの教授。20世紀のジェノサイドとアメリカの対応のケーススタディである”A Problem from Hell”(2003)はピューリツァー賞を受賞した(翻訳が出版されるはずだったが、もう1年半ぐらい遅れている)。最新作の”Chasing the Flame”(2008)では、国連外交官セルジオ・デメロの生涯を主題として、国連の問題点と改革の展望について素描している。オバマの大統領選における外交問題顧問を務め、オバマの大統領就任のあかつきには、国務省入りすると目されていた。
    「モンスター」発言をしたThe Scotsmanの記事を読むと、ネガティヴ・キャンペーンというより、単に脇が甘くて思っていることを口にしただけのようにみえる。
    なんにせよ残念だ。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    <前の3日分
    記事一覧
    「あ〜ん」を好きな小説で埋める
    「あ〜ん」を好きな映画で埋める

  342. 2010/03/07 18:54:35 Death Gerrard含むアンテナおとなりページ

    またブログの名前が変わっている……とか言われそうなのですが、はてなのデザインもろもろをいじってみました(デザインを変えただけだけどね!)。

  343. 2010/02/28 23:10:52 奇跡の日記(はてな板)、含むアンテナおとなりページ

    さてさて今日の午後の話。午前中の冷たい雨がやんだので買い物に出たところ、ドラッグストアで偶然にも知り合いのゲイのフィリピン人に会った。とてもひさしぶり。このひと→http://d.hatena.ne.jp/ballerina/20080629。この日以来まったく音沙汰無しだったので1年9ヶ月ぶりということになるのかー。で、はなしの流れでいっしょにアダルトショップへ行くことになった。いったいどういうはなしの流れか??と思うかも知れないが、いまは新しい彼氏ができたらしく、その彼氏に「擬似精子ローションを買ってこい!」と言われたそうだ。こういうひとたちにはローションは日用品なのだろう。というか擬似精子ローションというものを初めて知った。その彼氏は擬似精子ローションをたっぷり含んだ口でフェラチオされるのが好きなんだそうだ。だらだら口から垂れる精子色のローションを見て興奮するのだろう。ドSに違いない。むかし友達たちとばかな話で盛り上がってたことを思い出した。「落合博光の奥さんはぜったいフェラチオが上手だ」と。あの顔で3億円プレーヤーをものにするのはそれしかない!と。とても失礼な話だが、あながち間違ってもいないような気がいまでもしている。このゲイのフィリピン人も…、などとよからぬことを妄想。でで、それはよくて、アダルトショップへ行った。うーむ、ゲイのフィリピン人とアダルトショップへ行くというのは、アウトローっぽくてとても気分が良い。「どーだ!オーディナリーピープルどもよ!」という勝ち組気分だ。またむかしのことを思い出したが、むかし【桃尻娘】という映画を観たが、あれもたしかゲイの男の子とセックスした主人公の女の子が友達に勝ったような気分になって優越感に浸ってハッピーエンドという映画だった気がした。帰ってきてむかしのビデオをひっくりかえして見返したらば「普通の男とセックスしたくらいでいばらないでよね、わたしなんかホモと寝ちゃった、あんたなんかにこの高級にしてなおかつ繊細優美な世界がわかるわけないじゃない」というナレーションでエンディングを迎えた。まったく同感である。はなしの流れによってはこのままゲイのフィリピン人とセックスしてしまおうか!とも思ったが、いかんせん男の場合はちょっと我慢すればセックスできるというものではなく、ちんこを勃たせなくてはならないので、どうにも性的な興奮を覚えることのできない相手とはできないものはできないのである。しかしフェラチオがうまいらしいからなあ。などと思っていたが、まあ、むこうには新しい彼氏ができていてスティルクレイジーアフターオールジーズイヤーズという流れにはならなかった。とりあえず店内を物色してた。そういえばだれとは言わないが飛びっこを買ってあげる約束をしていたなー。忘れてたよ。今日は買いませんでしたが値段や機能などはリサーチした。高い!。10メートルくらい飛ぶようだ。まあ、ネットで見たときもそう思ってましたが。という午後、、、

  344. 2010/02/21 18:51:56 ハッカーと蟻含むアンテナおとなりページ

    表題作が(良い意味で)頭おかしい。分量の半分以上が再録なのはちょっとどうかと思ったけど、個人的にはこれが読めただけで結構満足してしまったよ。
    ■[読書][BL]テラシマ『種を蒔く人』
    『ポラリスベル』『ポラリスまでの距離』のテラシマせんせい最新作。相変わらずのいい仕事っぷり。すっかりおまかせモードの風情ですよ。とりあえずツンデレ男子スキーなら読んで損無しかと。
    ■[読書][BL]2009年に読んだBL漫画で印象に残ったもの

  345. 2010/01/23 05:37:18 G★RDIAS含むアンテナおとなりページ

    作者: ケイトボーンスタイン,Kate Bornstein,筒井真樹子
    作者: パトリック・カリフィア,竹村和子,石倉由,吉池祥子
    作者: ウィーダ,ハルメン・ファン・ストラーテン,野坂悦子

  346. 2010/01/23 02:51:49 SF読書記録-yachi010含むアンテナおとなりページ

    作者: チャールズ・ストロス,酒井昭伸
    作者: カール・シュレイダー,Stephan Martiniere,中原尚哉
    作者: ニールスティーヴンスン,Neal Stephenson,日暮雅通
    作者: ニール・スティーヴンスン,日暮雅通,Neal Stephenson

  347. 2010/01/11 19:56:25 何処まで往けば含むアンテナおとなりページ

    VALUE-DOMAINならドメインが年990円!、サーバーが年2400円!
    .

  348. 2009/12/31 01:54:54 nozomi Ohmori SF page (since Mar.31 1995)含むアンテナおとなりページ

    ■大森望責任編集『NOVA1 書き下ろし日本SFコレクション』(河出文庫/税込998円→amazon | bk1)
    ■NOVA1
    書き下ろし日本SFコレクション
    イラスト:西島大介 デザイン:佐々木暁
    河出文庫/税込998円
    (→amazon | bk1)
    収録作一覧
    ●北野勇作「社員たち」
    得意先から帰ってきたら、会社が地中深くに沈んでいた
    ●小林泰三「忘却の侵略」
    「冷静に観察すればわかることだ。姿なき侵略者の攻撃は始まっている」
    ●藤田雅矢「エンゼルフレンチ」
    ひとり深宇宙に旅立ったあなたと、もっとミスドでおしゃべりしてたくて
    ●山本弘「七歩跳んだ男」
    その男は死んでいた。初の月面殺人事件か? 本格SF的と学会的本格ミステリ開幕
    ●田中啓文「ガラスの地球を救え!」
    ……なにもかも、みな懐かしい……SFを愛する者たちすべての魂に捧ぐ
    ●田中哲弥「隣人」
    家庭を襲い胃を満たし脳に染み入るこの臭い……恐ろしい非常識が越してきた
    ●斉藤直子「ゴルコンダ」
    先輩の奥さん、めちゃめちゃ美人さんだし、こんな状況なら憧れの花びら大回転ですよ
    ●牧野修「黎明コンビニ血祭り実話SP」
    戦え! 対既知外生命体殲滅部隊ジューシーフルーツ!!
    ●円城塔「Beaver Weaver」
    海狸(ビーバー)の紡ぎ出す無限の宇宙のあの過去と、いつかまた必ず出会う
    ●飛浩隆「自生の夢」
    七十三人を死に追いやった稀代の殺人者が、かの怪物を滅ぼすために、いま、召還される。
    ●伊藤計劃「屍者の帝国」
    わたしの名はジョン・H・ワトソン。軍医兼フランケンシュタイン技術者の卵だ。――圧巻の絶筆、特別収録
    ■2009年12月30日
    というわけでゼロ年代もおしまいです。ゼロ年代の次は当然イチ年代だと思うんですが、来年になってみないとわからない。
    最近は思いきりTwitterにハマっているのでブログはおろかmixi日記もほとんど更新してませんすいません。2007年の5月にアカウントをとったきり2年近くほぼ放置してたんですが、#zenra_sf の一夜をきっかけに激しく坂を転がり落ちることに……。
    大森のツイートは、twilogにまとまっているので、適宜ご参照ください。
    2010年は、とりあえず、角川文庫の日本SFテーマ別再録アンソロジー、大森望編『不思議の扉』が発売されます。2月刊の第1巻は、時間ロマンス編の『不思議の扉 時をかける恋』。中村融編『時の娘 ロマンティック時間SF傑作選』の日本版みたいなもんですね。ただし、「各巻に1編ずつ翻訳SFを入れる」という方針なので、この巻にはジャック・フィニイ「机の中のラブレター」(「愛の手紙」の新訳版)が入ります。梶尾真治、恩田陸、乙一、貴子潤一郎、太宰治、ジャック・フィニイというラインナップ。
    3月刊の第2巻は、アイデア・ストーリー系の時間SF編。筒井康隆、大槻ケンヂ、牧野修、星新一、大井三重子、谷川流、スコット・フィッツジェラルドの作品を収録予定。
    同じ角川文庫の『きみが見つける物語 十代のための新名作』シリーズの姉妹編ぽい性格なので、メインのターゲットは中高生〜大学生。各巻250〜300ページと、わりあい薄くて安い文庫になるはず。
    この2冊が売れれば、テーマ別でさらに何冊か『不思議の扉』の出せるかもしれないので、こちらもよろしく。
    それではみなさま、よいお年を。
    ■2009年12月8日 創刊!
    2月ぐらいからぼちぼち進めていた書き下ろし日本SFアンソロジー『NOVA』の第1巻(河出文庫/税込998円→amazon | bk1)がついに発売。
    北野勇作、小林泰三、藤田雅矢、山本弘、田中啓文、斉藤直子、田中哲弥、牧野修、円城塔、飛浩隆、伊藤計劃の各氏による全11編を掲載しています。ライバルはSFマガジン50周年記念特大号(笑)。こちらは携帯に便利な文庫版で、お求めやすいお値段になっております。できれば年に2冊ぐらいのペースで末長く続けていきたいと思っているので、何卒よろしく。
    WWW を検索 当サイト内を検索

  349. 2009/12/28 17:18:06 Blog (Before- & Afterimages)含むアンテナおとなりページ

    2009-12-27
    ■[Essays]種の魅惑、縮減模型の魂
    『現代思想』のレヴィ=ストロース特集に寄稿しました。
    田中純「種の魅惑、縮減模型の魂──『野生の思考』再読」、『現代思想』第38巻1号(2010年1月号)、青土社、2010年、154〜165頁。
    なお、文中で言及しているレヴィ=ストロースが作った神話の形態変化を表わす三次元模型については、該当すると思われる物体の写真が同じ号の59頁に掲載されています(今福龍太さんの論文の図2)。
    この号に収められた文化人類学者の皆さんの論考からはいろいろ刺激を受け、レヴィ=ストロースの仕事を文化人類学はもとより、それとは異なるかたちでも継承する必要性を感じました。
    滅びつつある、あるいは、滅びてしまった思考形態の論理を探るという営みは、それを担っていた人々への負債を返すのにも似たことかもしれない。人類学的なフィールドワークによるものではないけれど、ある時代の特殊な経験を甦らせようとする作業には、通じるものを感じる。この作業の次元を見ないサルトルの歴史哲学にレヴィ=ストロースが苛烈な批判を加えたことは、だから、ある種の歴史家でありたいと思う自分には十分理解できる。
    野生の人々が読めないであろう言語でレヴィ=ストロースが書物を書いたことの意味について考えさせられる。「グローバルな知的ネットワーク」云々といった次元での儀礼的なコミュニケーションとはまったくの別次元で、「第4世界」がこの場に見いだされるべきではないのか。書かれるべきは「神話」である、ということでもあるだろう。
    Permalink | トラックバック(0) | 09:47
    2009-12-19
    ■[Memorandum]シンポジウム
    事業仕分けの話とか、当日、いろいろ付け足しを考えていたのですが、時間切れでした。
    戦うべきは反知性主義。だから、啓蒙も必要なので、短期的戦略としては「メディアの戦争」に参戦することも確かにありうる選択肢かもしれない。
    けれど、そこで引き合いに出されるのが新哲学派だとすると、先日の蓮實+浅田対談ではないが、「死ぬために書く」という、それこそ殺し文句のほうがはるかに切実に思える。
    「聞くこと」という臨床の知と「聞く耳持たぬ者にも聞かせる」という啓蒙の両者が必要なのだろう。
    言葉の通じぬ者に向けて語ること、言葉もたぬ者の言葉を。
    言葉なき者の語りを聞くこと。敗者に耳傾けること。
    だから、同時代のためにのみ書くのではない。
    死者とともに、あるいは、生まれざる者とともに書くこと。
    Permalink | トラックバック(0) | 22:27
    2009-12-18
    ■[Essays]独学に学ぶ
    昨年行なったレクチャーの記録が雑誌に掲載されました。
    田中純「独学に学ぶ──早稲田大学建築史研究室白井晟一学習会・レクチャーシリーズ 第2回(2008年12月13日、虚白庵にて)」、『住宅建築』No.417(2010年1月号)、建築資料研究社、49〜54頁。
    さる高名な哲学者のピンチヒッターでしたが、良い経験になりました。
    「白井晟一を語る」と称してはいるものの、立原道造や堀口捨己、アドルフ・ロースを経由し、白井に「にじり寄る」といったところで、詳しく「語った」とは言えないかもしれません。ただ、白井晟一をどのように語るかという、その語り口そのものは自分なりにとらえ返すことができたような気がします。
    このレクチャーの機会を与えていただいた中谷礼仁さんに改めて感謝します。
    Permalink | トラックバック(0) | 21:30
    ■[Essays]書評:服部文祥『狩猟サバイバル』
    書誌情報は
    田中純「書評:服部文祥『狩猟サバイバル』」、「読売新聞」2009年12月13日付朝刊。
    ちなみに、この本で追求されている「サバイバル」は、装備を完璧にしてエベレストに登るといった登山とは真逆にある。自分の手で殺生を行なわなければ生き延びられないからこそ、それは「苛酷」なのだ。
    Permalink | トラックバック(0) | 21:22
    2009-12-11
    ■[Memorandum]サバイバル(承前)
    もっとも「敵」はいたるところにいる。
    『中央公論』の蓮實+浅田対談をつい読んでしまう。
    既視感あふれるものだが、文字通り、対談自体が現代を19世紀の反復と見なしているのだから、20年前と大差ないものになることは当然なのだ。
    現在のメディア状況に対する姿勢はお二人とまったく同意見で、「即時的なレスポンスのやりとりがコミュニケーションだという誤った神話に惑わされてはいけない」という浅田さんに対して、「それを嘲笑すべく、ドゥルーズは「哲学はコミュニケーションではない」と書いたわけじゃないですか」と蓮實さんが応じているのはもっともというほかない。もういっぺん強調しておくと、ドゥルーズは「哲学はコミュニケーションではない」と書いたわけだ。
    Twitterをただの雑談と見なせば別にどうということはない。雑談は楽しいし意味もある。しかし、もの書きがただでさえぐだぐだな思考をTwitterで垂れ流しても、それが自然にまとまるものでもないだろう。実際のところ、ぐだぐだの泥沼に沈んでゆくのが眼に見える・・・・・・。
    「Twitterであれ何であれ、所詮はメディア戦略じみたもの」と割り切った自意識の持ち主にしたところで、浅田さんの発言にあるように、「ディベートでこう言えば話題になるはずだという計算でずっとやってきた」フランスの新哲学派と同じく、そんなもので「勝ち組」になることに何の思想的意味があるのか。
    とはいえ、この対談がどこか引退した賢者たちの高みからの発言に見えてしまうことも否定はできない。大学の制度改革などをめぐる蓮實さんの発言には、かつての東大総長・国大協会長としての過去に由来する、ある種の弁解じみたお気持ちがうかがえないわけではないように思う。「高齢者が金融資産を独占している状況を変えるには退職金制度をやめるしかない」という提案(それ自体はリアリストらしい現実的な政策だけれど)には、「あなたがそれを言いますか」と、苦笑を通り越し、みんなで爆笑してしまったが。
    総じてお二人は、ごく常識的な意味で、「愚鈍」となるにはあまりに「聡明」なのだろう。「愚鈍さ」の称揚はある種の「嫉妬」から来るものに思える。ただ、「投瓶通信として書く」「レスポンスを求めないために書く」(浅田さん)、「発信しないために書く」(蓮實さん)、ついには「死ぬために書く」(ブランショ)といった言葉は、しごくまっとうな倫理としてかすかな支えにはなった。
    Permalink | トラックバック(0) | 21:00
    2009-12-10
    ■[Memorandum]サバイバル
    読売新聞の読書委員(書評執筆)としてほぼ最後の仕事に取り上げるのは、服部文祥『狩猟サバイバル』(みすず書房)。内容は次の日曜に掲載される書評に譲るとして、たまにはここにも雑感を。
    2年間にわたって書いてきた書評の最後に何を取り上げようかと思っていたところ、ちょうどこの本にめぐりあった。締めくくりにはふさわしい一冊。
    この本の出発点がそもそも「肉食系」なので、ベジタリアン的な「草食系」の発想は端からない。そこがいっそすがすがしい。
    生に執着している自覚はないが、ボウイや70年代ロックのテーマだった「サバイバル」は、身近な感覚ではあった。
    何としても(ある象徴的な意味で)生き延びて、明日は戦うんだ、といった。
    何のために?
    「野戦攻城」の「独学者」(橋川文三)──生き延びてしまった者の倫理に惹かれるのも同じことなのだろう。
    何が敵かは、敵だったのかは、倒れるまではわからないにしても。
    Permalink | トラックバック(0) | 08:25

  350. 2009/12/13 06:22:02 jincの本棚含むアンテナおとなりページ

    あるふぁの本棚 - 2009年

  351. 2009/11/12 01:46:57 Reading the Writing, Writing the Reading含むアンテナおとなりページ

    『肖像』は『ユリシーズ』や『ダブリン市民』に劣ると思つてゐるのだけれど、丸谷新訳を読んで、この順位付けが変わつたりするのか。

  352. 2009/10/30 07:14:18 fluiのF含むアンテナおとなりページ

    購入: 39人 クリック: 986回
    クリック: 5回
    クリック: 2回
    クリック: 2回
    購入: 5人 クリック: 78回
    購入: 1人 クリック: 33回
    購入: 2人 クリック: 40回
    購入: 1人 クリック: 3回
    購入: 5人 クリック: 92回
    購入: 5人 クリック: 22回
    購入: 6人 クリック: 26回
    購入: 1人 クリック: 18回
    購入: 4人 クリック: 175回

  353. 2009/10/22 07:06:35 もくりこくりがくるよ。含むアンテナおとなりページ

    寂しげな秋の足音が近づく中、私はなぜか病院の待合室にある、素っ気の無い長椅子に座っていたのだった。周りを見渡すと、どことなく物憂げな雰囲気を漂わせた老人たちが自分の番を待っている。そういえば私も自分の番を待っているのだった。病院の独特な匂いがする。あまりキョロキョロと見渡していてもよろしくないと思い、持ってきた文庫を読みながら番を待つことにした。森見登美彦の『夜は短し、歩けよ乙女』である。黒髪の乙女の可愛らしい口調と奔放な行動に心が囚われていくのを感じつつあったとき、名前を呼ばれたような気がして顔を上げた。すぐ目の前にナースが立っており、もう一度自分の名前を呼んでいる。慌てて文庫本を閉じ、名乗り、部屋の奥へと入っていく。老人たちの視線を感じる。

  354. 2009/10/02 01:14:04 泡沫の日々含むアンテナおとなりページ

    9月30日
    故あって「泡沫の日々」はしばらく「はてなダイアリー」の方で更新いたします。
    宜しゅうに。
    泡沫の日々@はてな

  355. 2009/09/04 07:31:02 ほしや日記Sternenzelt版含むアンテナおとなりページ

    ティムポ血管ボコボコぉ 2009/09/04 07:31
    セク-スってある意味チントレになってね?wwwww
    金欲しさにひたすらヤりまくったんだが、
    いつのまにかサイズアップしてるし血管もボコボコになってるwwwww
    昨日アレ見たら女がしゃぶりたいチソコランキング一位になってたし俺www
    http://ameba.waoooon.net/YiB7k7x/

  356. 2009/08/25 05:46:21 I would prefer not to.含むアンテナおとなりページ

    メタボがアチイ 2009/08/25 05:46
    なんか俺妙に人気すぎるから昨日ハ メ ハ メした女の子に
    理由聞いてみたら今メタボ超人気なんだってさ!!!!
    お腹のポニョポニョだけじゃなくて包 茎が多いのも
    ポイント高いっていうまさかのメタボ包 茎フィーバーwwwwwww
    今月もうちょいで8 0 万貯まるし家でネトゲしまくって体型維持するわwww
    http://okane.d-viking.com/wga2cqN/

  357. 2009/08/25 00:48:01 笛を吹くからとりあえず進もう含むアンテナおとなりページ
  358. 2009/08/18 17:09:41 skip_jack+plug含むアンテナおとなりページ

    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る

  359. 2009/08/17 09:40:22 Tres tristes tigres...含むアンテナおとなりページ

    えふwwえふwwえふwww 2009/08/17 09:40
    ケイジの奴・・ネットやっててコレ知らないって何なのwwwwww
    金に困ってるみたいだから教えてやったらソッコーでヤりやがったしww
    てかあいつキモデブなのに何でいきなり8 万貰えてんの???
    わけわかんねぇしwwwwwww
    http://kachi.strowcrue.net/AG2gjcz/

  360. 2009/08/16 21:02:50 無定見な書棚含むアンテナおとなりページ

    ようこそゲストさん 最新の日記 記事一覧 ログイン無料ブログ開設
    Permalink | コメント(1) | トラックバック(7)
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    スパイナル・タップ [DVD]
    Amazon.co.jpで詳細を見る

  361. 2009/08/16 08:27:12 ツマムービーの世界含むアンテナおとなりページ

    Permalink | コメント(2) | トラックバック(5)

  362. 2009/08/14 22:24:46 The Neverending Mystery BLOG含むアンテナおとなりページ

    えふwwえふwwえふwww 2009/08/14 22:24
    ケイジの奴・・ネットやっててコレ知らないって何なのwwwwww
    金に困ってるみたいだから教えてやったらソッコーでヤりやがったしww
    てかあいつキモデブなのに何でいきなり8 万貰えてんの???
    わけわかんねぇしwwwwwww
    http://kachi.strowcrue.net/JkZVU4h/
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る

  363. 2009/08/14 06:55:00 どろぼう日記含むアンテナおとなりページ

    えふwwえふwwえふwww 2009/08/14 06:55
    ケイジの奴・・ネットやっててコレ知らないって何なのwwwwww
    金に困ってるみたいだから教えてやったらソッコーでヤりやがったしww
    てかあいつキモデブなのに何でいきなり8 万貰えてんの???
    わけわかんねぇしwwwwwww
    http://kachi.strowcrue.net/2bfxYIa/
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    発売日: 1982/01
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    Amazon.co.jpで詳細を見る
    次々と起こる不可能犯罪は(解説でも語られているとおり)カーを彷彿させガラパゴスという島の不気味な雰囲気にマッチしている。その謎を解き明かす探偵の推理も端正で本格としての完-「ダーウィンの思想が周囲にもたらす影響」というメインテーマを同じようなアナロジーで作品の冒頭とラストに持ってきた構成も上手いと思う。

  364. 2009/08/11 06:41:58 GreenAlaskaからの手紙含むアンテナおとなりページ

    燻製というのは、とにかく時間がかかるもの。塩漬けにして、寝かせて、塩を抜いて、ものによっては調味液につけて、乾かして、5、60度の温度でゆっくり乾かし、だいたい1時間から4時間スモーク。生ハムなんかだと、毎日3時間を14日間繰り返す、とかあって笑っちゃいます。しかも温度は25度以下で、とかね。だから日本で作る場合、冬場しかできなくて、今年の冬は絶対生ハムに挑戦しようと思っている。だいたい私は、室温でも菌がぶくぶくと発酵してくれる夏がすきなのだけど、燻製をはじめてから、秋や冬の楽しみを知ることができた。今は冬の夜の寒さが待ち遠しいくらい。気温でいえば、ビール造りやソーセージ造りも夏は適さない。今回も失敗したのだけど、ソーセージは気温が高いとミンチを捏ねている間に脂が溶け出し、仕上がりがぱりっとしない。ビールの仕込みも常温で放っておくと温度が高くなりすぎるから、理想的な温度は9月下旬から。シードルはというと、今の時期でも元気よく発酵してくれて楽しいのだけど。

  365. 2009/07/21 02:22:57 gd、あるいは田舎司祭の日記含むアンテナおとなりページ

    しかし今日初めて、それはわたしから引き剥がされ、わたしに「とっての」祈りの言葉となった。ことに、
    このふたつの祈りが、今日初めて、わたしの心の一部からだの一部ではなく、すとん、と唱和できるものでもなく、ある対象として、まぎれもない客体として現れた。主の祈りが、初めてわたしに安心をではなく不安を、先ずもたらした。そして初めて、わたしはその言葉に「相手として」すがりついた。そして、なぜ、それは独りで祈る言葉でもあると同時に、それ以上に主が示された「我ら」の、すなわちふたり以上で祈る祈りなのかも示された。涙にむせび洟をすすりつつ祈る、携帯電話の人のくぐもる声をとおして、その真実がわたしにおとずれた。

  366. 2009/07/07 07:38:45 あおばら含むアンテナおとなりページ

    2009-07-07
    ■[読書][801]ルネ先生の新刊、おっぱいそしてうなぎまつり
    乙女の憧れルネ先生ことルネッサンス吉田の初単行本「茜新地花屋散華」を読みました。三月発売のこの本、なぜ今になってというと、この連載はルネッサンス吉田のまんがでもとくに好きな連載ではなかったからです。たしかにおもしろいけれど、わたしがルネ先生のことを絶賛する理由はこの漫画にはない。だいたい帯にある「文学的」ってなんなの? この形容を漫画に使うひとって、「文学的」をどう捕らえてるの? その「文学的」は、たんに「絵が地味」「むずかしいかんじ」「売れなさそう」「エロいけど抜けない」「ガロとかIKKIに載ってそう」ってことじゃね? それともたんに文学的っていいたいだけ? それって授業中に「おっぱい!」って絶叫する小学生男子と変わらなくない? だとしたら「ぶんがく」より「おっぱい」のほうがことばの響きがたのしいよおっぱいっぱいおっぱいおっぱい! 言葉は正確に使わなきゃ。ただやっぱり絵はいいです。とくに水。きったないんだこれが。だからいくら涙を流してもああこいつほんとに汚くて汚いことして汚いだけなんだと思えてそこがいい。などと「よかった探し」をしていたら書き下ろしの「うなぎまつり」でぜんぶ吹っ飛んだ。
    おなじく吉田姓を持つ吉田秋生の名作「BANANA FISH」は、その後に書かれた短編「光の庭」の壮大なる前フリだという説があります。そして「茜新智花屋散華」も「うなぎまつり」への壮大なる前フリだったのではないのか。まあじっさいそんなことはないのでしょうが、わたしがルネッサンス吉田を天才だと判断するすべてがこの8ページにありました。こういうのが読みたくてうっすい割にはべらぼうに高い本を有明で買い殴っているんだよ!(そのわりにはこないだのスパコミはおうちでふて寝) ただ、この8ページのためだけに1200円を出していただくのはちょっとためらわれる(わたしは満足したけどね)、というわけでルネッサンス吉田のことが気になっているまんが読みのみなさんには、今秋発売予定の短編集「甘えんじゃねえよ」(これまた天才・吉田戦車と同タイトル!)をおすすめします。ラインナップをみるかぎり、こちらには「うなぎまつり」的な漫画がはいるはずです。でもルネ先生、ちゃんと単行本が出るか不安な漫画家さんなんだよね……なのでお布施と思ってこれも買ってください。なんだかんだで「茜新地花屋散華」もちゃんとおもしろい漫画ですからね。 買ってよかったと思ったし、こういう青春まんがは大好物。けれども、わたしのルネ先生への期待値ははんぱなかったのです。13階建てのビルの屋上に立っていたとして、地上でルネ先生が「だいじょうぶ!」って笑ってくれたらぽんと飛び降りれるレベルです。
    茜新地花屋散華 (EDGE COMIX)
    作者: ルネッサンス吉田
    出版社/メーカー: 茜新社
    発売日: 2009/03/27
    メディア: コミック
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 07:38

  367. 2009/07/02 11:04:25 masamichi01含むアンテナおとなりページ

    masamichi01 2009/07/02 11:04 それこそ要らん。
    でもがんばってください。
    僕も「おれセンター」作るよ。
    というかやってるけど。

  368. 2009/06/25 21:53:33 人間の外含むアンテナおとなりページ

    無論改めて記すまでもないことだが、撹拌器が置かれている大部屋から抜け出して、鉄骨製の錆びた階段を上って右手にある休憩室に入ったところで、チョコレートの凶悪な匂いから逃れることは不可能である。潤一はこの工場に勤めるまではキャスターを吸っていたのだが、ここに来てからはあの甘いバニラの香りに我慢できなくなり、マルボロを吸いはじめるようになった。休憩室で煙草をひっきりなしに吸うのはニコチン依存が原因というよりは、このチョコレートの匂いを少しでも煙草の煙によって緩和しようとするほとんど生存をかけた涙ぐましい努力というべきではないだろうか。ときどき咳をしながら、潤一は黙って煙草を吸いつづけ、やはり愚鈍そうな咳をするのを見て、浩輔は潤一がこの工場に来てからアレルギーと花粉症を発症したという話を思い出し、おれはいつまでこの環境に耐えることができるのだろうかと思う。週に一日の休みを除けば、毎日毎日チョコレートの原料となるカカオの加工をつづけてはいるが、このような生活は果たしてきちんとつづいてくれるのだろうか。潤一は最近では原因不明の微熱に悩まされているという。おれはまだここに来て三ヶ月だから、とくだん症状と呼べるほどの症状は出てはいないが、どうも気力が奪われているような気がしてならない。筋肉のこわばりもある。ただ重たいカカオの袋を持ち上げているせいなら、気にすることはないのだが、しかし恐怖はある。ほかの工員たちは平気なのだろうか。基本的に浩輔は潤一以外との工員たちと接触する機会はないので、訊くことはできない。「ねえ、潤一さん?」「なに?」「おれが来るまでは潤一さんはほかの人と組んでたんですか、やっぱり」「まあね。さすがに一人だと無理があるからなあ」「その人はどうして辞めたんですか」「奴は発狂したんだよ。チョコレートの匂いであたまやられちゃって」「……は?」「……冗談だよ」。だが、潤一は「へへへ」と笑うだけで、正確なところを言おうとはしなかった。あるいはあり得ることだと思い、そう思った自分に浩輔はひどく動揺した。それはあってはならないことだし、あり得ることもあってはならないはずだ。チョコレートで気が狂う? ま、さ、か、ね。夢の工場からまたここが遠ざかったような気がした。だが、チョコレートに対する嫌悪感は日々確実に高まっている。この工場でチョコレートを決して見ることがないのは、浩輔の「持ち場」があくまでもカカオの加工にあり、そうした分業が徹底されているからだと、彼は考えていた。あるいは深読みすると、その自覚を従業員である自分にも迫っているのだと。それを疎外というのかもしれない。だが、本当のところはチョコレートを見せないのは、従業員保護のためではないだろうか。なぜって、いまの浩輔がチョコレートを目にしたら、浩輔は憤死しかねない状態にあるのだから。潤一もそうだ。チョコレートの生産に携わりながら、彼らはチョコレートを深く嫌悪し、半ば以上は怯えていた。潤一がバレンタインデーに恋人にチョコレートを贈られて、思わず恋人を殴ってしまったと告白したことを浩輔は思い出した。「女を殴ったのは初めてだった。いまでも殴ったという意識はないんだよな。気づいたら、吹っ飛んでてさ……」。浩輔が動揺したのは、もちろん潤一が恋人を殴ったことに対してではなく、潤一にチョコレートを贈るというとんでもなく残酷な行為をした、見も知らぬ女に対して湧き上がる自身の憎悪に対してであった。理性的に考えれば、女に同情こそすれ、憎む理由なんてないはずなのだが……

    ありがとう!さようなら!

  369. 2009/06/09 03:13:06 斬られて候。含むアンテナおとなりページ

    お ま ん こ注意報 2009/06/09 03:13
    オ ナ ニー見てあげただけなのに何で5万もくれるんだよ(゜Д゜;)
    個人的にはタダでもいいからもっと見せてって感じだけどなww
    てか、バイト代は受け取らないと逆に冷められるから気を付けろよ!!!
    ちなみにバ イ ブ+ク リ攻め推薦な( ̄ー ̄)余裕でまた呼ばれるからwww
    http://shasei.oppao.net/mnK27VP/

  370. 2009/05/15 23:04:14 現在批評含むアンテナおとなりページ

    春の午後、陽のやわらかさに。黒沢清監督「893タクシー」鑑賞。15年ほど前の映画に寺島進や大杉漣がでてくるとそれだけでなんだか得した気分。完全に娯楽をめざして人物たちは陽気で陰がない。ほのぼのとした展開にしあわせになる。超大作とか大ヒットとか、そういうものだけで映画が占拠されてしまったらつまんないなあと思う。だって世の中も人生も、この平坦なる時間こそ真実ではないだろうか。なんつって。ひとむかし前の邦画にでてくるオンナのヒトたちのファッションがほんとにやぼったくて良い。悪役もめちゃくちゃに悪くないし、つらいことがあってもみんなココロの闇にそまることなく、ぎゃーと叫んでけろっとする生命力。シンプルなわらいで。

  371. 2009/05/06 18:05:28 Panic Party含むアンテナおとなりページ

    木曽のあばら屋 2009/05/06 10:52 こんにちは。
    バラード亡くなりましたね。
    「結晶世界」とか、けっこう面白かったような(ほぼ忘れてますが)。
    「クラッシュ」は未読ですが、これを機会に読んでみようかな。
    「弁護側の証人」もかなり昔に読んで「これは面白い!」と思った記憶が
    (ほぼ忘れてますが)
    これを機会に再読してみようかな。
    「モーフィー時計の午前零時」も気になっています。やっぱ読もうかな。
    lockedroom 2009/05/06 18:05 こんにちは。コメント有難うございます。
    バラード……(追悼)。『結晶世界』はあの雰囲気が凄く好きです。『弁護側の証人』は名作なのでとうに読まれている方が多いと思いますが、恥ずかしながら私は初読でした。上に書いたように、凄かったです。『クラッシュ』『モーフィー時計〜』は是非お読みになってみてください。
    気に入ったのは、バイオホラー「くさびらの道」、ショートショート「饗応」、『火星ダーク・バラード』(未読)の前日譚「小鳥の墓」です。「くさびらの道」は奇病への感染というよくある設定なのですが、それに罹った人間が“見せるもの”が恐ろしい。ラストにはゾッとさせられました。「饗応」は短い話の中で、読みながら想像していた物語の風景-と、まあこう書いているように面白かったのは確かなのです。しかし、何かもう少し欲しい、物足りないという気がしました。上手く表現できないのですが……。

  372. 2009/04/23 19:59:50 cakeの日記含むアンテナおとなりページ

    ようこそゲストさん 最新の日記 記事一覧 ログイン無料ブログ開設
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(26)

  373. 2009/04/23 00:41:23 私は海/「いずこへ」含むアンテナおとなりページ

    ご指定のページが見つかりません。
    URLをもう一度お確かめ下さい。
    Copyright (C) 2001-2009 hatena. All Rights Reserved.

  374. 2009/02/26 19:57:12 バベルの図書館分室含むアンテナおとなりページ

    2月26日
    書架特別整理につき休室中

  375. 2009/02/09 11:13:53 十セントの紅茶含むアンテナおとなりページ

    おっぱい 2009/02/09 11:13 巨乳から貧乳まで彼方のおっぱいフェチを満足させる。

  376. 2009/01/21 02:06:35 遅い鳥in玄々境々含むアンテナおとなりページ

    2009/1/20 21:49
    ドーモリの未来 IT・ネット・Blog
    「動物の森」が何に似てるかと考えたら、「セカンドライフ」だ。
    ファンタジー型のRPGもそうかもしれないが、宝物を見つけたり、世界を救ったり(よく知らない)すると終わってしまうシナリオよりは、バーチャルリアリティ的だろう。
    ・これがネット型になると、仲のいい友達同士の村になって、要するにこれはSNS型セカンドライフである。
    ・友達同士のコミュニティに閉じてるうちはいいが、子供はオープンにしたがる。
    ・するとどこからとも知れずに変な大人が入り込んで、いろいろ悪さをするようになって、社会問題になる。
    ・隣の村と交流もできて、それは隣の小学校だったり、遠くの小学校だったりする。
    ・協力的な交流なら美談だが、時には戦争になったりする。それで死者が出たりすると、戦争の愚かさを体験するいい機会になるかもしれない。
    ・しかし自分(のキャラ)が死んだりすると、それはRPG的な役割を持ったキャラではなく、長く生活を送って来ただけに、ショックは大きい。挙げ句に(リアルで)自殺する子供も出たりして、やはり社会問題になる。
    ・結局、コミュニティで交流できる人数をシステムで制限したりという対策が取られるが、その頃にはもう、似たようなコミュニティ・サービスが無数に立ち上がっているのだ。
    ・ネット経由で入り込むウィルスにより、「動物の森」から、邪悪なコミュニティへの道が開かれたりして、そこに迷い込む子供は後を絶たない。
    ・バーチャル世界の中で結婚した者同士がリアル世界でも結婚するとか、離婚するとか、バーチャル学校の同窓会がリアルで開かれるとか、ああ、懐かしいなあ、ってなことになるかというと、もうみんなそれどころではないかもしれない。
    コメント(0) | トラックバック(0)
    おままごとだと、親や周囲の人間をロールモデルにするわけで、その模倣をやり尽くしてしまうところがゲームの限界な訳だけど、これは自分が主人公で、プログラマーの創った世界に依存する。安野モヨコのマンガ「オチビサン」の寂寥感も連想するけど、それなりに楽しいらしい。

  377. 2009/01/11 23:37:13 saltwatertaffyの日記含むアンテナおとなりページ

    さよなら、はてな。
    移転先はこちら*1
    *1:http://romanticaugogo.blogspot.com/

  378. 2008/11/15 17:57:44 Izumiのおまけ+含むアンテナおとなりページ

    spankyi 2008/11/15 17:57 林家時蔵さんも「メモはやめて」と開演前に注意したとブログに書いてありました。あからさまなメモとりは演じる側にはやりにくいということでした。
    Love Love Love You, I Love You !!! - オレのマジレス擁護が火を吹...
    [落語][私信]オレのマジレス擁護が火を吹くぜ!

  379. 2008/11/01 04:34:57 露光集+ 含むアンテナおとなりページ
  380. 2008/09/13 21:01:45 Anisopter含むアンテナおとなりページ

    Permalink | コメント(0) | トラックバック(1) | 08:06

  381. 2008/09/11 00:34:36 猫は数に入れません含むアンテナおとなりページ

    2008-09-11

  382. 2008/08/11 15:27:20 人生という憂鬱のためのアーカイヴズ含むアンテナおとなりページ

    もちろん、柄谷が「想像力のベース」で用いている「動物」なる語は、東が『動物化するポストモダン』(01年)でいう「動物」と同じく、コジェーヴの『ヘーゲル読解入門』からやって来ている。『動物化するポストモダン』において、東は〈コジェーヴによれば、大きな物語が失われたあと、人々にはもはや「動物」と「スノビズム」の二つの選択肢しか残されていなかった〉として、〈そのスノビズムのほうは、世界では一九八九年、日本では九五年に時代精神としての役割を終え、いまは別種の時代精神=データベース消費にとって替わられつつあ〉り、〈その変化を、コジェーヴの言葉を踏まえて、「動物化」と名づけるのもよいかもしれない〉と述べている。しかし柄谷の「想像力のベース」にとって重要なのは、コジェーヴがいう「スノビズム」とは〈たとえば、会社で猛烈に働き、受験勉強や運動の猛練習をやるといった〉日本的なそれのことであるのに対し、〈むろん、「アメリカ」にもスノビズムはある。一九七〇年に村上春樹が導入したのは、その部分で〉あったと見ていることであり、反面、村上龍の作品が描く〈その主人公は、圧倒的な「動物性」のなかにあり、且つそこで「精神」の予感に震えている〉と述べていることにほかならない。
    『動物化するポストモダン』でいわれているとおり、〈コジェーヴが「動物的」と称したのは戦後のアメリカ型消費社会だった〉のであって、〈現在のオタクたちはもはや(引用者注:コジェーヴがいうところの、つまり日本的な)スノビズムを必要としない〉がゆえに「動物化」しているのであれば、なるほど、龍よりも春樹のほうが親しみやすく、受けがいいのはわかるけれども、個人的には〈圧倒的な「動物性」のなかにあり、且つそこで「精神」の予感に震えている〉ような村上作品における主人公たちのほうが魅力的であるし、重要でもあると思うのであった。しかしながら、もちろん、いま現在の村上龍が、そのようなアクチュアリティを確保しているかどうかは、またべつの問題だといえよう。

  383. 2008/06/15 16:12:41 どんな気がする?含むアンテナおとなりページ

    ■[雑記] 本当はcombine combienにしたかったんだろうか 16:12
    朝に空っぽの開いた口は、うわべを飾った祈りの文句を唱えて
    それでみんな動き出し始める
    空しい文句を唱える口は、情熱を語ろうとしている
    誰もがそうやって世界の重圧に耐えられるわけじゃない
    誰もがそうして現実の出来事を受け入れられるわけじゃない
    情熱についてのお話は
    情熱についての騙り
    朝礼時に空っぽの開いた口は、祈りになぞらえた警句を唱えて
    今日もまたそれでみんな動き出し始める
    空しい文句を唱える口は、情熱を語ろうとしている
    はいみなさん集まって集まって聞いて聞いて
    い、い、いつまでそうなさっておるおつもりですか?
    誰もが世界の重圧に耐えられるわけじゃない
    誰もが現実の出来事を受け入れられるわけじゃない
    はいはいみなさん集まって集まって聞いて聞いて
    い、い、いつまでそうなさっておるおつもりですか?
    情熱についてのお話は
    情熱についての騙り

  384. 2008/05/31 15:51:49 偽日記含むアンテナおとなりページ

    08/05/30(金)
    ●本のためのゲラの直しをして、書評のための本を読んで、「組立」展で配布するフリーペーパーのための原稿を書いて、一日が終わる。とにかく、頭を「書く」モードにしてする仕事はここ二、三日ちゅうに終わらせて、そのあと切り替えて、「読む」モードでやるべき仕事がまだ、ごっそり半分残っている。むしろそっちの方が大変。
    ●いまおかしんじ『おじさん天国』をDVDで。改めて観直しても、やはりすごい傑作だと思った。(強弁であることを承知の上で、)ぼくが知っている限りで、Jホラーの最高傑作ではないかと。しかも、こんなに幸福なホラーがあり得るのかと思うほどに幸福な映画。この、ゆるゆるの幸福感こそが、死への抵抗であり、呪い(運命)の解除であり、超越性への担保となる。
    世界のなかにある激しい振動-振幅(愛/憎、快楽/苦痛、生/死)の徴候であるとともに、それをそこに封印するためのおまじないでもあるかのような、苛烈さとゆるゆるさの境に浮かび上がる、女の子の背中に赤いマジックインキで書かれた「高山たかし」という文字(だからそれは、風呂でいくら洗っても消えないのだ)。この文字による封印で可能になった、微温的な密着感のなかで互いを適当に許し合うゆるゆるな世界では、夢と現実とが自然につながり、生と死との境目さえも消えてしまうほどに幸福だ。(幸福なのは映画を観ている観客であって、この映画のなかで、世界の苛烈さを一手に引き受けさせられている「おじさん」は実はあまり幸福でないかも知れないのだが、しかしおじさんには、彼の性交の要求を適当な感じで受け入れてくれる多数の女性が存在するし、働かないおじさんに居場所を提供してくれる若いカップルの友人もいて、そのカップルのおかげで最後にはちゃんと地獄から生還できるので、やはり幸福なのだ。)勿論これは完全な幻想の世界ではあるのだが。
    あと、車のなかでの性交シーンを撮らせたら、いまおかしんじは世界で一番上手いんじゃないかと思った。(『たまもの』でもそう思った。)
    ●昨日マティスを観た興奮の余韻を身体のなかに残しつつ、喫茶店で作家論の直しをする。今日は久しぶりに晴れて暖かいのだが、そのため喫茶店では冷房がはいっていて、それが効き過ぎで、一度脱い-作家論の第一稿は67枚くらいあって、それを60枚程度まで短くすることを目標に書き直すように要請されているのだが、自分ではいろいろ切って短くしたつもりでも、新たに書き加えたところもあって、トータルだと1200字くらいしか短くなってない。でも、これ以上短くしようがない。明日、改めて検討することにして、別の用事をはじめる。と、とたんに眠くなる。

  385. 2008/03/05 14:09:27 And Then > M’s Memos含むアンテナおとなりページ

    March 02, 2008
    ■[life]目覚まし
    朝、代助は三千代のおならで目がさめた。目覚ましは、短いインタヴァルをおいて二回、低く鳴った。もちろん、昨晩のうちに代助がセットをしておいた、わけではない。目覚まし自身の強い意志を感じる二発であった。代助は新しい人生を歩いて行こうと決心した。
    コメント

  386. 2008/02/01 02:13:40 Bad News from Erewhon含むアンテナおとなりページ

    ようこそゲストさん 最新の日記 記事一覧 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

  387. 2007/10/22 10:29:44 自由からの遁走含むアンテナおとなりページ
  388. 2007/09/22 00:19:25 NIYAON-SEKAI含むアンテナおとなりページ
  389. 2007/09/17 19:13:39 本日の読書&ニュース含むアンテナおとなりページ

    2007-09-17 ひさしぶりに
    ひさしぶりにHatenaしてみます。
    アンテナを使っているので、たまに見に来るけど、もうこっちで更新中です。
    This is good! Blog
    http://blog.thisisgood.jp
    エコファッションやエコビューティに関することを更新しています。
    よろしくおねがいしま〜す。
    [コメントを書く]
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shelflife/20070917

  390. 2007/07/13 23:29:38 人面猿含むアンテナおとなりページ

    2007-07-13(Fri)
    ■[日記]
    こんにちは久しぶりのはてなです。「1年で映画を100本見る」と言っていた過去の自分に遠い目。
    相変わらず仕事ばーっかりしてます。秋には新部門を立ち上げちゃうよ〜。
    そんな中、鬱から復帰した同僚(もう実質的には部下なんだが…)がまさかの鬱再発。
    常にいっぱいいっぱいで仕事。
    まだまだ頑張ります。全力で。
    [コメントを書く]

  391. 2007/05/23 19:00:47 予感を書き留める含むアンテナおとなりページ

    ■[book]隈研吾『新・建築入門』
    新・建築入門―思想と歴史
    作者: 隈研吾
    出版社/メーカー: 筑摩書房
    発売日: 1994/11
    メディア: 新書
    サクサク読めてなかなか良い本です。ものすごくざっくばらんに言うと、主体―客体という近代論のオーソドックスな視点から建築史を説いている本。
    これを読むと隈氏の「負ける建築」というのは「脱構築」を意識していることがわかる(主体の敗北そのものを建築として実現させる?)のだが、こういった「脱構築」の創作における使用法というか換骨奪胎法として、例えば唐突だが演劇における宮沢章夫氏の「ただ立っている」「だめ」という、「脱構築」を咀嚼した上で出てきたキーワードなんかとも比較してみると、両者の差異とともに「脱構築」という言葉が関与していった広大な範囲が見えるようで面白い。
    そう見てみると「ポストモダン」と一括して呼ばれ、今下火化しつつあるとも言われがちな運動も、いくつもの興味深い問題と関与しつついろいろなものを生み出してきたことがわかる。そこで起っていたのは、アカデミックな解釈の精緻化とは異なり、激しく生き延びた「脱構築」の使用だったのではないか。

  392. 2006/12/05 03:14:47 おぼえていないときもある含むアンテナおとなりページ

    ようこそゲストさん 最新の日記日記一覧ユーザー登録ログインヘルプ

  393. 2006/11/08 03:27:37 魔法にかかる前含むアンテナおとなりページ

    ようこそゲストさん 最新の日記ユーザー登録ログインヘルプ

  394. 2006/01/19 13:16:57 NotesSrd - サラウンド含むアンテナおとなりページ

    ***このページのテキストは、基本的に下書き的なものです、なので消したり書いたり移動したりします。他にも場所をもっているし、このwiki内でのこのページのあり方、ってことからも、そういう風に位置づけてみます(前からそうと言えばそうなのだけど)。ということでレスポンスがあれば、上にコメント欄とかメールでどうぞ。
    (下の項を承ける)その宮内嘉久『前川国男―賊軍の将』や、宮内が編集した前川の全集の第2巻(テキストが収められている方)での、旧紀伊国屋書店の取り上げられ方は印象に残る。戦後数年の日本に「このような」建物・建築が現れるということは、どのようなものとしてあったのか、というような視点で書かれている。「はてな」の方で書いた、神奈川県立音楽堂・図書館の出現についても同じ語法で語られている。図書館の空間については、旧紀伊国屋書店の空間の雰囲気を受け継ぐものだと書かれていて、そう言われて一枚だけ載っている旧紀伊国屋書店の店内=インテリアの写真と、実際自分が体験している県立図書館の空間を比較してみれば、確かに重なるところがありそうだ(県立図書館の吹き抜けになってる、貸し出し・返却のカウンターのある空間のことだ/開館当時の写真を見ると、現在の空間は、階段が付け替えられたり変化している模様)。旧紀伊国屋書店の写真のどんなところが眼を捉えて離さないのだろう(すぐ消しますが、粗い画像で下に載せみる)。この写真は『前川国男』にも載っているのだが、全集(の第一巻だったはず)には同じものがクリアで大きな画像として載っている。宮内のテキストは、この店頭にどんな本・雑誌が並んでいたのか固有名詞を挙げてみせる(ここまで来ると、紀伊国屋という本屋がまた新宿という場所がどのようなものとしてあってきたのだろう、っていう興味に展開するよな)。もう1つ写真を紹介してみる。県立音楽堂・図書館の歴史関連の本で見かけて印象深かったものなのだが、県立図書館の開館を待って並ぶ人たちの写真である。これは、初めてこの館がオープンする時に並んだ人たちってわけじゃなくて、開館時間を待つ人たちを撮ったものだろう。下のは、『神奈川県立図書館音楽堂30年のあゆみ』(1984)に載っていた写真なのだが、『神奈川県立図書館50年の歩み』(2004)にも同じような(また別の)写真が「図書館の開館を待つ行列(昭和30年代初期)」というキャプションと共に載っている。現在でも、たとえば、自習の為に席を取ろうと列を作り開館時間を待つ、というようなことはあろうのだろうが、この写真はそういう烈とはまた違うのだろうか。そういえば、「はてな」の方の記事で、県立図書館は「社会・人文科学系の資料、神奈川に関する資料、視聴覚資料などを収集・提供」するものと書いたが、「社会・人文科学系の資料」というようなものが私たちにとって「どのようなものとしてあってきた」、そこを抜かしては話にならないか。
    ・・・本書は、まずは、ある個人(とその思想と実践)についての話(評伝)ではある。が、その一人について語られてきたことと、その実像(ではなく実際か・・・)がこれだけずれたものであったと示された時、やっぱり頭の中で他のことはどうだろうと考え始めずにはおられない。同時に、この本はなんというかやっぱり、一人の人についてその人が書き残した日記を主に用い-メディア史:新資料を発掘…新著『言論統制』刊行−−佐藤卓己・京大助教授に聞く/佐藤さんのコラム連

  395. 2006/01/05 02:04:16 中二階日誌含むアンテナおとなりページ

    2005-12-31 03:48 [topic] | Permanent link| Comments (7)
    01/04 22:05 by ネスカフェ