Love2Nekomeのアンテナ

すべて | グループ指定なし | Blog | News | 環境関連News | 地球温暖化News | 環境関連サイト | 地球温暖化サイト

<前の10件 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次の10件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2017/02/02 04:52:53 地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)含むアンテナおとなりページ

    http://www.geic.or.jp/geic/』へのアクセスは禁止されています
    URLに間違いがないかどうかご確認ください。
    サイトトップページhttp://www.geic.or.jp』にアクセスする場合はこちらをクリックしてください。

  2. 2016/12/13 16:22:29 ようこそ電気新聞へ含むアンテナおとなりページ

    電気新聞ウェブサイト移転いたしました。5秒後にジャンプします。ジャンプしない場合は下記のurlクリックしてください。
    新しいurlhttps://www.denkishimbun.com/ です。

  3. 2016/07/01 02:33:34 速報:世界のグリーンカー含むアンテナおとなりページ

    アクセスが禁止されています
    ブラウザで再読み込み(Reload)や再起動していただいても表示されない場合は、URLが間違っているか
    ココログ開設者がココログを閉じた可能性があります
    ココログトップへ戻る &gt;&gt;
    5秒後に、自動的@niftyトップページジャンプします。
    &gt;&gt; すぐに@niftyトップページを見る
    ジャンプさせない
    ―――――――― AD ――――――――

    個人情報保護ポリシー
    &copy;2008 NIFTY Corporation

  4. 2016/02/10 16:13:09 環境イベントデータベース:環境らしんばん含むアンテナおとなりページ

    交通事故,相続,遺言書
    交通事故 相続 遺言書
    交通事故相続遺言書でお困りの場合はご相談ください。
    Copyright (C) 2016 交通事故,相続,遺言書 All Rights Reserved.

  5. 2015/04/03 18:39:20 情報機器リサイクルセンター含むアンテナおとなりページ

    【ご案内】
    社名変更のお知らせ
    &ensp;三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社2014年10月1日付けで、社名を「三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社」に変更いたしました。
    ※旧情報機器リサイクルセンター窓口閉鎖のご案内
    &ensp;2014年4月1日より、共同運営を解消し、各社個別に回収お申し込みを受付けます
    &ensp;旧情報機器リサイクルセンターへの問い合わせ窓口は2014年9月末をもって閉鎖いたしました。
    ※回収お申し込み方法
    &emsp;現在リサイクル収受付は、一般社団法人パソコン3R推進協会に業務を委託しております。お申し込み品に関するお問い合わせ先は、以下にお願いいたします。
    &emsp;パソコンリサイクル受付センター
    &emsp;受付時間10:00〜17:00&ensp;(休日祝祭日は除く)
    &emsp;TEL : 045-226-4552
    &emsp;■旧三菱電機インフォメーションテクノロジー製品の回収お申し込み
    &emsp;左の「回収申込」からお願いいたします。
    &emsp;■旧共同運営4社製品の回収お申し込み
    &emsp;以下の、各社ホームページよりお願いいたします。
    &emsp;NECディスプレイソリューション株式会社製の回収お申し込みは こちら から
    &emsp;サムスン電子ジャパン株式会社製の回収お申し込みは こちら から
    &emsp;EIZO株式会社製の回収お申し込みは こちら から
    &emsp;三菱電機株式会社製の回収お申し込みは こちら から
    14.10.01 三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社 社名変更のお知らせ 三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社から三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社社名変更いたしました。
    14.04.01 共同運営を解消し、各社個別の回収お申し込みに変更いたしました。
    13.04.01 株式会社ナナオ社名変更のお知らせ 株式会社ナナオからEIZO株式会社社名変更しました。
    13.04.01 東京特殊電線株式会社製品廃棄窓口変更のお知らせ 東京特殊電線株式会社ブランド製品ディスプレイ廃棄窓口は、下記に変更となりました。 URL: http://www.jvckenwood.co.jp/csr/pc_recycle/
    05.11.14 2003年10月1日以降に購入された機器で、PCリサイクルマ−クが貼付、又は刻印がないものは“PCリサイクルマ−ク”を提供します。
    05.04.01 NEC三菱電機ビジュアルシステム株式会社は、4月1日をもって「NECディスプレイソリューション株式会社」に社名を変更いたしました。

  6. 2014/11/26 16:56:13 JANJAN NPO型インターネット新聞含むアンテナおとなりページ

    市民ジャーナリズム考察
    市民ジャーナリズム

    知ろう
    市民ジャーナリズム考察
    自分たち情報を発信する側に廻る
    インターネットSNSといった情報ツールが普及し始めてから我々の生活環境は劇的な変化を遂げることに成功したといっていいだろう。それまで情報テレビ新聞雑誌といったところでしか取得できなかったのが、インターネットが普及したことで様々な情報を取得することが出来るようになっていった。また携帯スマートフォンなどを利用することで、それまで情報を受け取る側でしかなかった市民達がかえって、今度は自分たち情報を発信する状況になっている。これを幸か不幸かというべきなのかだが、テレビに関する仕事をしていない人々からすれば自分たちマスコミと同じようなことをしていると、新しいことに興奮を始めとした感情を持っているだろうとは思う。そうでなくても、情報を発信するだけであるなら、ブログなどでも何かと発信することが出来るようになっているのも特徴だ。
    こうしたメディアをどのように活用するかで様々な情報を発信することが出来るようになったため、一人ひとりが求める情報量も増えていく。ただ人によっては知りたい情報も違えば、知りえている情報が本当に世の中に広まっているかどうかなど、計れなかった。それが今の新しいメディアとして可能性が求められている点でもあり、それを実現するためにと試みが行われていたこともある。誰もがジャーナリストとして活動して、そして自分たちニュース記事作成する。取扱うニュース新聞などで報道されないものも全て含めた情報サイト日本インターネット新聞JANJAN』がかつて存在していた。そこでは本来知りえることのないニュース、普段のニュースでは見たことがない情報なども確認することが出来るようになっており、利便性が開設当時は期待されていた。
    しかしながら、2010年には休刊することが発表され、その後ブログなども停止するなど完全にすべての事業から撤退することになる。これから日本において新たな可能性を秘めていると考えられて始められた市民ジャーナリズムという可能性、日本以外の海外では盛んに行なわれているという。だが日本には市民ジャーナリズムという考え方そのものが普及していない状況にある。どうして日本市民ジャーナリズムは受け入れられにくいのかを考えてみると、そこにはやっぱりというか日本らしい特徴が垣間見えてくる。
    責任の一端を担わなければならない
    インターネット上にニュース特に世間一般に関する事象について何かしらの記事作成する際、注意しなければならないのはその情報がキチンとした背景があってこそのものなのかということだ。憶測や噂、ならびに予測という段階の話題提示する事は、ニュースというそのものの根幹を揺るがすことになるためしてはいけないことだ。そのため、新聞などの記事作成している人達は念入りな情報収集を行わなければならない、情報を取得する方法についてはそれぞれだが、やはり特集するテーマに関して特別情報を仕入れることが出来る人間に頼むのが現実的だろう。
    ただ先述にも話したが、誰もが情報を簡単且つ、気軽に発信できるようになっているため、現代社会では嘘か本当、この区別をつけなければおそらく日本単体とした国家だけで考えても、恐ろしいくらいの情報量蔓延している。そこから真偽を見抜くためにも地道な現地調査、またそれこそ火中の人に直接話を伺うかなどの手段を用いて真実か虚実かを見極める必要がある。だがそうした情報に対しての信憑性についてきちんとした背景を持っている人は、そうそういないと思う。あちこちで見られる情報の中から確かに本当のことが隠されているのかもしれないが、真実である証拠は何処にもないからだ。そういう意味では2チャンネルなどの匿名掲示板で記載されている情報も、何処までがソースをもって書き込んでいるのか知れたモノでは無い。そういった情報を紹介している振りをしつつ、広告料を少しでも獲得するための手段として用いるような人もいることを考えると、人間社会の闇とすれ違うようだ。
    こう言ってはなんだか、日本人とは自分責任が伴うことはなるべく背負いたくないと考えやすいと思う。嫌なこと、自身に対して非難や注意などの矛先が向けられることだけは避けたいと考えている人、決して少なくないと思う。別の事例でやってもいない仕事トラブルを筆者も背負わされたことがあったが、その時も何故か全て自分が悪く、当事者名前が出ていないという状況にあったときには、もはや信頼に足る人物ではないと軽蔑視線さえ向けたものだ。こういう経験をしたという人は少なくないと思うが、ニュースサイト市民一人ひとりがそうした曖昧なままの情報サイトに記載することで自分に何かしらの影響を及ぼすことだけはないように思っているはず。
    そのため日本ではそうした最悪、嘘の情報掲載したという事実濡れ衣を着せられてしまい、自分が全ての責任を負わなければならなくなった、といった状況にならないためにもと取る行動は、『傍観すること』、これに限る。傍観しているだけならまだいいが、昨今のネット上を閲覧していると分かるとおり、顔が見えないことをいい事に誹謗中傷を平然と行う人がいるため、時に事態がややこしいことになったりもする。それも込みで、当事者になるよりも傍観者俯瞰しているだけが最高の状況だと、そう感じてスタンスを崩さない人が多数なのかもしれない。
    プロでなくてもなれる気軽さ
    市民ジャーナリズムというのは何も本格的に記者としての経験がなければなれないといった、そんな規則存在していない。規則がなければ経験資格といった記者として活動するために必要技術を磨く事は、基本的に求められない。そう、市民ジャーナリズムを展開するために必要な事はほとんど存在しておらず、誰でもその気になれば諸手を上げるだけで誰でも記者として活動することが出来る。だからこその市民ジャーナリズムだが、当然ながらそれはそれで問題がある事はいうまでもない。
    市民記者がもたらす問題点
    いわばフリーランスライターと同じようなものなのだが、中には何かしらの仕事をしながら記事作成を行っている人もいるかもしれないが、それでも情報をキチンとある程度まとめて発信していなければならないため、いくら自分達はプロではないといってもすでに情報を発信した時点で責任を背負っていることをキチンと理解していなければならない。ただそれを把握できていない人もおり、これ見よがしに特集した記事偏見偏向じみた内容のもの掲載してはいけないのは何処でも共通している。
    では具体的に、市民記者という立場を利用して偏向じみた内容の記事作成して、著しく人権のものを軽んじた発言をまとめた記事を書いてしまった例を参考に見てみよう。
    痴漢された女性が悪い?
    例として紹介するのは、今から8年前となる2006年に起こった『滋賀電車駅構内連続強姦事件』についてだ。覚えている人もいるかもしれないが、当時この事件報道されると同時に市民記者が参加している情報サイトにも、同じように記事特集されることとなった。しかしその内容があまりにも内容を偏見的、表層的、そして利己的に物事を見ていなかったため多くの批判を巻き起こすこととなる。当時掲載された内容とは、下記のようなものだ。
    電車バスに乗り合わせた見知らぬ女性に、『この暴行事件で、悪いのは誰だと思うか?』と聞いたところ、はっきり答えない人がほとんどだった。そうしたあいまいな態度こそが暴行を招く。だから、この事件は一番女性が悪いのだ。また、女性に言いたいのは、太ももやパンツが見えるような服装が痴漢を誘発しているということだ。
    記者の言い分として展開されたものらしいが、何をどう考えたらこのような発言が出来るのかというのもあるが、ひしひしと感じるのは『自分記事を書いただけで、別に問題を起こしたわけでは無いから関係ない』、そんな責任転嫁を思わせる内容には霹靂してしまう。
    この事件での争点とするべきは、被害者となった女性たちが脅されて屈したということに対してだが、素性も知れない人間に対して強気に出れるほど人は強いモノでは無い。また殺すと明言しているにも関わらず、そこで抵抗などしたら本当に自身の身に被害が及ぶかもしれないと恐怖に身がすくんでしまうのは当然だ。それを客観的視点しか物事を観察しておらず、むしろ被害にあったのは女性たちが男性を先導するような様相をしていることそのものが間違っているなどと、言ってはならないことを口にしてしまう。
    これを被害女性たちがどのように受け止めるか、自分たちが抵抗しなかったのが悪かったのかと考えてしまえば、最悪の展開になる可能性だってある。言葉暴力というが、ネット上で自分たち犯人の男と同様に加害したと思わされるなど、モラルが問われるところだ。
    この事件では電車内のトイレで行われていたようだが、そのことに他の乗客が気づいていながらも車掌に連絡しなかったという問題もあるため、そういうところまで深く掘り下げていなければならなかったが、被害女性たちに対しての中傷などといった論点がずれすぎている記事作成した記者に対して憎悪すら抱いてしまう。
    市民記者はいえ、情報を発信する立場にある人間からこそ信憑性かつ、起きた事件テーマに対して1つの視点に捉われる事無く、多角的物事を観察することが求められている。しかしこうした根も葉もない、また強者論理といった問題の軸をそもそも捻じ曲げようとしているなど、1つの記事で誰かの人生を壊しかねないということを

  7. 2014/03/29 04:31:54 温DOWN化計画含むアンテナおとなりページ

    なので私も少し濃いかなと思ったのでミュゼ 評判

  8. 2013/11/07 05:34:29 「減らそ。みんなで。CO2。」環のくらし〜地球温暖化防止をめざして〜含むアンテナおとなりページ

    TV効果などもあり、登録企業数が一気に伸びシェアを確保した一括見積もりサイトです。大手企業を中心に有名施工業者ハウスメーカー等の登録も多く安心できる点がやっぱり魅力です。現在進行形でどんどん進化していっている印象。
    昨年度、利用者数がNo.1サイトですから使う側としては信頼できますよね。登録業者が多いというのはかなり魅力ですし、支持されているポイントではないでしょうか。最もおすすめ見積りサイトと言って間違いはないのでここでもイチオシとしております太陽光発電ガイドさんとタイナビさんの両方を使えばほぼ間違いなく良い業者に巡り合えると思いますのでこの2つから一括見積もりを取るのが良いと思います
    太陽光発電ガイドサイトの使いやすさが魅力!
    施工する販売店や施工業者の中には悪質な業者がいますが、この太陽光発電ガイドさんに登録されている業者さんはパネルメーカー認定施工業者を中心とした厳しい審査を通過したところしか登録されていません。信頼のおける業者しか登録させないのは徹底しているので、信頼感は抜群。ただその審査基準の厳しさゆえに、地域によっては登録業者数が少ない場合もあります
    このサイトの魅力は何と言っても見積りを依頼する際の入力項目の少なさ。自分の家のこととはいえ、屋根の形状だったり勾配だったり面積だったり、太陽光発電の設置に関してはわからないことだらけですよね?。その辺りの「よくわからないよ〜」という難しいと思われる点に対しての入力がなくてもしっかりと対応してくれるのが魅力です。
    見積りですから海里らいシンプルな使い勝手が良いですよね。
    グリーンエネルギーナビさんはサイトとしての歴史も古く、非常に信用できるサイトです。登録されている業者さんはこちらも厳しい審査を通過したところしか登録されていません。多くの一括見積りサイトは登録されている販売店や施工業者見積りの申し込みをするまでわかりませんが、このサイトは事前にわかますので先に調べることも可能。見積りサイトの中では質という面で群を抜いて安心感がある一括見積もりサイトです。
    ただ、入力フォームちょっと複雑なので、わからないという項目も多く、途中でめんどくさくなる感じが減点材料でしょうか。
    タイナビさんや太陽光発電ガイドさん、グリーンエネルギーナビさんと比べるとホームページ上に登録販売店や施工店が記載されていない点でこのサイトでは4番手とさせていただきました。登録業者数や対応など特に問題はありませんので、タイナビさん、グリーンエネルギーナビさん、太陽光発電ガイドさんで良い業者さんが見つからない場合などはこちらから見積りを取るのも良いでしょう。

  9. 2013/08/24 08:32:10 TVガイド | eco村含むアンテナおとなりページ

    Forbidden
    You don’t have permission to access /on this server.

  10. 2013/06/11 11:21:16 Yahoo!ニュース - バイオテクノロジー含むアンテナおとなりページ

    Appleが発表した製品サービスで一番期待しているのは?
    AppleWWDC 2013で発表した製品サービスで、あなたが一番期待しているのは?
    [ #WWDC2013 ]ぜーんぶここでどうぞ! アップルの発表は、ここだけ読めば全部わかるまとめ!
    OS X 10.9 Mavericks
    MacBook Air
    Mac Pro
    iOS 7
    iCloud
    iTunes Radio
    その他

<前の10件 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次の10件>