Hatena::Antenna

電波塔 RSS OPML

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2019/02/16 01:23:56 AKIKAWA Hisashi’s Page含むアンテナおとなりページ

    僕がはまったゲームについて。(2019.2.15)

  2. 2019/02/16 00:38:22 好書好日|Good Life With Books含むアンテナおとなりページ

    コミックセレクト 近くにいると緊張が解ける人、温かく 高松美咲スキップローファー
    コミック
    青春
    学校
    2019.02.15 山脇麻生
    おすすめ 貧困の反対は富ではなく… 「いま、〈平和〉を本気で語るには」
    ことば
    戦争
    原発
    2019.02.15 朝日新聞読書

    オセアニア
    スポーツ

  3. 2019/02/15 22:55:18 プチ日記含むアンテナおとなりページ

    2月15日(金曜) 夜
    本日のお寺(の広告)。
    お寺によってアピールポイントはそれぞれだと思いますが、ここはチーク材がウリのようです。-で、たとえば街中で自転車路上駐車している姿を監視カメラに拾わたりすると、自分の信用スコアが下落してさまざまな不利益を被るので、多くの人々が「社会的に望ましい行動」を取るようになっているんだとかで。まるでアニメサイコパス』のシビュラシステムみたいな世界です。

  4. 2019/02/15 22:05:44 Feel in my bones含むアンテナおとなりページ

    イオンを創った女」はいろいろと啓発されるところがある。/「JKキングダム面白かった。
    Posted at 19/02/15 PermaLink» Tweet
    いろいろ忙しくていろいろ大変なのだがいろいろ書くのも何なのでまあいろいろ忙しくていろいろ大変だとだけ書いておこうと思う。
    はいろいろ読んでいる。「イオンを創った女」はいろいろ啓発されるところがあり、とりあえずメモ程度に。
    イオンを創った女 ― 評伝 小嶋千鶴子 [単行本]
    東海友和
    プレジデント社
    2018-10-30
    ○昨日も書いたが、親は子供一方的に与えるものであり、「双方にメリットがあるから成り立っている資本主義的な関係」ではない。親は子に資するものだということ。これは多分、人間にとってかなり重要なことのように思う。
    ○信頼の基礎は責任感にあるということ。能力もそうだが、何があっても責任を果たす、というところ

  5. 2019/02/14 20:40:57 fuzkue | 本の読める店含むアンテナおとなりページ

    2019/02/14
    「本の読める店」のつくりかた
    「本と出会う」が隠すもの
    本と出会う。ブックカフェの第一の機能はそのようなものということだった。しかし、「本と出会う」ということを提供したいだけであれば、それがブックカフェである必然性は一切ないし、書店でいいだろうし、そもそも店舗である必然性すらない。オン...

  6. 2019/02/14 19:33:38 奇妙な世界の片隅で 含むアンテナおとなりページ

    2019/02/11 10:23】 | 欧米怪奇小説をめぐって | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

  7. 2019/02/14 09:30:12 黄金の羊毛亭含むアンテナおとなりページ

    2019.02.13
    円居挽『語り屋カタリの推理講戯』の感想を追加。“推理ゲーム推理講義5W1Hの謎”と、趣向を凝らした連作短編集。
    更新履歴 (2019.02.13更新)
    最近感想
    円居 挽 『語り屋カタリの推理講戯』 (2019.02.13)
    柄刀 一 『月食館の朝と夜』 (2019.02.04)
    石持浅海 『賛美せよ、と成功は言った』 (2018.11.22)
    詠坂雄二 『T島事件』 (2018.10.25)
    津川辰海 『名探偵は嘘をつかない』 (2018.09.24)
    深水黎一郎 『午前三時のサヨナラ・ゲーム』 (2018.10.17)
    三津田信三 『黒面の狐』 (2018.12.21)
    (→ 掲載リスト

  8. 2019/02/10 04:52:03 なつめのおぼえがき含むアンテナおとなりページ

    2019/2/9(土)
    雪の予報だったので弓道に行くのはやめとこうと昨日から決めていた。が、今朝起きて外の様子を見ていると降り積もるようでもなく、霧雨が降っているのかなあという程度。寒いしめんどくさいしどうしようと迷いが生じたが、思い切って行ってきた。
    行ってから帰るまで先生2人を含めて6人しかいなくて、たくさん放つことができた。的中したのが2回。あとは安土に届いても上の方が多かった。
    弓手を2、馬手を1の割合で押すこと。馬手の捻りを効かせたまま腕を上げていき、上腕の張りを感じたまま大三に持ち込むこと。手首は力を入れず反らせない、むしろ内側のカーブキープしたままでいること。肘の収まる位置は肩より下になるくらいで。
    いつもより1時間近く長くいてさすがに疲れて寒くもなって帰宅した。
    2019/2/6(水)
    リハビリと診察に行ってきました。
    リハビリ先生に「おととい軽いヒップホップに出てきた

  9. 2019/02/06 23:25:48 記憶の彼方へ含むアンテナおとなりページ

    記憶の彼方へ(はてなブログhttps://elmikamino.hatenablog.jpに移行しました)
    コメント
    コメント
    コメント

  10. 2019/02/04 01:56:08 capriciu含むアンテナおとなりページ

    February 03, 2019 London VII

  11. 2019/02/02 14:15:09 古本 カヌー犬ブックス−日々の雑記−含むアンテナおとなりページ

    2019年2月
    123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728

  12. 2019/01/29 09:40:05 amanomurakumoの日記含むアンテナおとなりページ

    コメント
    コメント
    コメント
    コメント
    コメント

  13. 2019/01/28 07:48:28 読書日記含むアンテナおとなりページ

    2019年1月28日 (月)
    年末年始で本の記録を整理していて、この2年ほどは小説から遠ざかっているという危機感を持ち、1月は移動時間中に極力フィクションを読むよう心掛けていた。といっても、コートポケットはい海外ミステリに偏ってしまうのだが...
    償いの雪が降る (創元推理文庫)[a]
    アレンエスケンス / 東京創元社 / 2018-12-20
    えーと、青春ミステリっていうのかしらん? こういうのだと知ってたら読まなかったタイプ小説なんだけど、ま、面白かった。
    凍てつく街角 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)[a]
    ミケール カッツ クレフェルト,Michael Katz Krefeld / 早川書房 / 2017-02-09
    デンマークの人気作家だそうだ。心に傷を抱え酒浸りの刑事が、失踪事件を追うなかで自分を取り戻していく、

  14. 2019/01/27 23:21:48 晩鮭亭日常含むアンテナおとなりページ

    2019-01-27 消えたトンカツ
    ■消えたトンカツ
    先週の日曜は休日出勤だったので、今日は久しぶりの休日
    朝風呂で、古今亭志ん生厩火事」・「妾馬」を聴くNHK大河ドラマ「いだてん」で物語の語り手が志ん生ビートたけし)だから、その影響で最近は寝る時にも志ん生を聴いている。いつも志ん生を聴きながら寝ているという山下達郎ラジオで「志ん生の声がいい」と褒めていたが、その通り。一聴ガラガラ声のように思えて重役の武士や年増の声など艶のあるいい声なのだ
    昼前に家を出る。向かうは谷根千最近ツイッター谷中銀座にある古書信天翁が店を閉めることになり、在庫一掃閉店セールをやっていると知った。今日はそのために出かけるつもりであった。それが昨日のツイッターで店主インフルエンザのため急遽店を閉めるという告知があり、予定がとんでしまった。しかし、谷根千には他にも店はある。しばらく谷根千に足を

  15. 2019/01/27 23:20:46 カンジンカナメ含むアンテナおとなりページ

    2019-01-27 晴れ。寒い
    ■[ニッキ]寒い 23:20
    7時過ぎ起床。朝から寒い。午前中はスーパーへ買い物。寒かった。風が強いとより寒い
    午後は、掃除をしてたらあっという間に夕方漫画借りたので読まないとダメだし、本も読み進めなくてはいけないので、毎日忙しい。
    明日三菱一号館美術館がトークフリーデーなので、もう一度行くか悩む。前回はてんぱってて飛ばししまった部屋が2部屋あったんだよね。
    明日の天気を見てから行くのを決めよう。
    コメントを書く

  16. 2019/01/26 21:30:46 偽日記@はてな含むアンテナおとなりページ

    2019-01-28
    ●お知らせ。はてなダイアリーサービス終了にともない、この日記は、はてなブログに移行します。なお、ここも、サービス終了日までは更新する予定です。
    日記@はてなブログ
    https://furuyatoshihiro.hatenablog.com/

  17. 2019/01/26 19:59:55 【本のはなし】作家の読書道 | WEB本の雑誌含むアンテナおとなりページ

    202回:寺地はるなさん
    2019年1月26日更新
    婚約を破棄されどん底にいた女性が、ひょんなことから雑貨屋で働くことになって……あたか再生物語ビオレタ』でポプラ社小説新人賞を受賞、以来、現代人の心の沁みる小説を発表し続けている寺地はるなさん。幼い頃は親に隠れて本を読んでいたのだとか。読書家だけど小説家を目指していたわけではなかった寺地さんが小説を書き始めたきっかけは? 読むことによって得た違和感や感動が血肉となってきたと分かる読書道です。
    201回:古内一絵さん
    2018年12月22日更新

  18. 2019/01/17 20:18:14 帰ってきた不発連合-又は忘れじのバックドロップ-含むアンテナおとなりページ

    不発連合バックドロップ(跡地)

  19. 2019/01/17 09:02:24 指栞(ゆびしおり)含むアンテナおとなりページ

    2019-01-16
    ■[雑記] ビジネス文書の書き方。
    ビジネス文書の書き方というのを正式に習ったことはないけどそれでも二十年以上会社勤めをしていたのでそこそこまともな文書が書けると思っている。おそらく長い間にはウェブなどで適切な書き方を調べたこともあったんじゃないかと(覚えてないけど)思う。それは家人も認めるところでたとえば出版社とのやりとりのメールなんかは自分では書けないから書いてくれと言うので代書している。文というのは心を込めて書くとある程度は心のこもったものになるので相手に感じよく思ってもらうためにはやはり丁寧に書いた方がいい気がする。話は変わるけど塾で保護者の方たちによくメールを書く。塾のスケジュールやら生徒さんが病欠する知らせに対するお見舞いやら遅れている授業料の催促やらいろいろだ。メール場合挨拶は簡単に済ませ、もしくは挨拶抜きでいきなり用件だけ書けばいいという考え方もあ

  20. 2019/01/17 03:32:49 epiの十年千冊。含むアンテナおとなりページ

    トラックバック / コメント

  21. 2019/01/09 09:18:49 草庵含むアンテナおとなりページ

    2019-01-08
    2019年1月7日(月)
    日常
    明けてました。
    ペルソナ4 ザ・ゴールデン』をクリアした余韻も冷めやらぬ中、『ペルソナ5』に手を付け始めたのが昨年の11月上旬。限られた読書時間を削りながらプレイし続け、年末年始の休暇中(というか最終日)にようやくクリアできた。100時間を越えるプレイ時間は、数字だけを目にすると圧倒されてしまうけれども投資しただけの充実感が手元に残ったので、楽しめたゲームになった。
    UI音楽のカッコよさにテンションが上がる。
    ストーリーサスペンス感に正直ゲームストーリーを軽く見ていたことを自省させられた。
    ラスト付近戦闘は、萩原一至バスタード』を思い出した。懐かしさに興奮するとともに、そういえば最新刊は?と調べて海里物語は終わらないのかもしれないと少し絶望した。
    今回突然訪れた第何次かのゲームブームで、ペルソナを3から5までクリアできた

  22. 2018/12/26 12:32:07 日記(最新)@Corpse Reviver含むアンテナおとなりページ
  23. 2018/12/25 20:36:40 オシテオサレテ含むアンテナおとなりページ

    2018-12-25
    自然法の二つの伝統 Saccenti, ”Mysterium naturae” #1
    Riccardo Saccenti, ”The Ministerium Naturae: Natural Law in the Exegesis and Theological Discourse at Paris between 1160 and 1215,” Journal of the History of Ideas 79 (2018): 527R11;45.
    https://muse.jhu.edu/article/707771
    ペトルス・ロンバルドゥスと、その後継者たちが、自然法概念をどう理解していたか検討した論文を読む。私が理解した限りでは、前半部ではだいた以下のようなことが書いてある。
    自然法理解には伝統的に二通りあった。この理解グラティアヌスにあらわ

  24. 2018/10/31 23:08:44 やしお含むアンテナおとなりページ

    2018-10-31 Wed
    あれは何だったんだろう? と当惑する遠い記憶について
    心情
    もう1ヶ月以上も前のことだけど、ギャグアニメの『あそびあそばせ』の第10話で、主人公女子中学生が、同学年の特に親しいわけでもない女子ふいにキスされて、「あれは何だったんだろう?」という困惑と、でも甘い感覚の混じった中でふわふわするというエピソードを見て、自分が22歳の時、もう10年前のすっかり忘れていた記憶がいきなりよみがえってきたのだった。
    田舎から関東の大きなメーカー就職して1年目の、まだ同期入社人達と色々な研修を受けていた頃だった。各拠点工場見学たまたま一緒だったJ君が、外での待ち時間に、突然僕を後ろからハグしてきたのだった。びっくりした。男子中学生くらいならハグしたりふざけ合ったり身体的な接触があったりして、そんな懐かしさがあった。どうして、何の脈絡もなく彼がそんなことをしたのかそ

  25. 2018/09/25 02:05:28 logical cypher scape含むアンテナおとなりページ

    [小説]クリストファー・プリースト双生児』(古沢嘉通訳)
    第二次世界大戦イギリス舞台に、数奇な運命をたどった一卵性双生児物語を描く歴史改変物
    原書2002年日本語訳2007年に刊行。その後「ベストSF2007」の海外部門で1位。で、同じ年の国内編1位が『虐殺器官』だったということで、「あー、あの頃に出てたのかー」と
    確かあの頃『このSFが読みたい』を読んで、この作品存在は知っていたはずなんだけど、ようやっと読んだのだった。
    クリストファー・プリースト夢幻諸島から』 - logical cypher scape
    クリストファー・プリースト魔法』 - logical cypher scape
    クリストファー・プリースト『限りなき夏』 - logical cypher scape
    クリストファー・プリースト『隣接界』 - logical cypher scape
    こんな感じ

  26. 2018/09/14 04:12:07 marginalia含むアンテナおとなりページ

    2018-09-13

    長い間、ありがとうございました。はてなDiary終了につき、はてなブログhttp://abraxas.hatenablog.jp/)に引っ越しました
    これからもよろしくお願いします。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 04:11
    <前の5日分
    このページの先頭へ▲

  27. 2018/08/30 18:37:06 インタラクティヴ読書ノート別館の別館含むアンテナおとなりページ

    2018-08-30
    ■[本]お買いもの
    文系理系はなぜ分かれたのか (星海社新書)
    作者: 隠岐さや香
    出版社/メーカー: 星海社
    発売日: 2018/08/26
    メディア: 新書
    異端時代――正統のかたちを求めて (岩波新書)
    作者: 森本あんり
    出版社/メーカー: 岩波書店
    発売日: 2018/08/22
    メディア: 新書
    江戸東京明治維新 (岩波新書)
    作者: 横山百合
    出版社/メーカー: 岩波書店
    発売日: 2018/08/22
    メディア: 新書
    電子化が遅れそうなのでとりあえず紙で買う。
    ツイートする
    コメントを書く
    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20180830

  28. 2018/08/08 05:08:48 蒸散する物語含むアンテナおとなりページ

    コントラストノーツ
    2018年8月8日 / cloud-leaf
    とある打ち合わせのあとに時間が空いたので、彼女ふたりで、目黒庭園美術館でやっている「ブラジル先住民椅子野生動物想像力」を観てきました。この美術展のタイトル、そんなに単純に受け入れられるようなものであってはならないと、個人的には思います先住民とか野生動物とか想像力とか、そういった言葉遣い、言葉の並びのなかには、どうしてもある種の無自覚的な暴力性が伴わざるを得ないからです。展示の最後の方では現地で撮影したドキュメンタリーを上映していて、そのラストで、製作者たちがひとこと、自分名前を言ったりするんですね。それは凄く印象的なシーンなのだけれど、でも、そこで彼らが自らを「アーティストであると名乗る、自己をそのようにして規定せざるを得ない、そのことの背景にあるものに、やはりぼくらは注意深くあらねばならないと思うのです。

  29. 2017/12/16 16:09:59 Pulp Literature含むアンテナおとなりページ

    Last Updated: 2017.12.16 (Sat)
    今日のひとこと: 新ブログ海外文学読書録で更新中。また、Twitterもやってます

  30. 2017/08/14 05:05:25 the-more-the-merrier!含むアンテナおとなりページ

    2017年08月13日
    四方田犬彦台湾の歓び』 岩波書店2015年
    books |
    台北では主に映像文学を、台中では媽祖信仰を体験する巡礼の旅を、そして台南では古き良き台湾面影自由闊達に語っている。『台湾の歓び』は『モロッコ流謫』の系譜に連なる、すばらしい紀行であり、エッセイである
    台湾の歓び
    作者: 四方田犬彦
    出版社/メーカー: 岩波書店
    発売日: 2015/01/15
    メディア: 単行本
    コメントを書く
    北回り路線の航空旅行一般的ではなかった汽船時代シンガポール欧州航路の寄港地であったため、多くの日本人旅行者がなんらかの形で彼の地に足跡を残すことになった。朝鮮半島中国大陸、それに台湾とくらべることはできないが、シンガポールに関わった日本人は思いのほか数多く存在することをもっと日本人は知っておくべきだろうと思う。
    縁あっていまわたしは大阪に住んでいるのだが、つい

  31. 2017/06/20 23:54:24 Riche Amateur含むアンテナおとなりページ

    スターつけました
    引用ストックしました
    ストック一覧を見る 閉じる
    引用するにはまずログインしてください
    ログイン 閉じる
    引用ストックできませんでした。再度お試しください
    閉じる
    限定公開記事のため引用できません。
    読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  32. 2017/05/06 18:34:29 Where Sweetness and Light Failed含むアンテナおとなりページ

    2017年05月06日
    ■[Diary]
    レヴィナスによるとヨーロッパ哲学本質的無神論であり、自我世界を全て認識し、取り込んで支配しようとする哲学だという。それは独我論であり、レヴィナスによれば独我論は有神論と相いれないものだ。
    独我論世界自我に取り込もうとする。しかし、他者とは認識できない、あるいは認識できると思ってはならないものである他者認識できたと思うことは、他者自我に取り込んでしまうということだ。レヴィナスによると他者と関わるということは、自分の中に他者を同化しようとするのではなく、到達できないにも関わらず自分他者の方に無限に近づこうとすることだという。それが他者への「憧れ」と表現される。レヴィナス他者というとき念頭にあるのは旧約の神だろう。
    Permalink | コメント(0) | トラックバック(0)
    idトラックバック

  33. 2017/03/25 12:15:37 醒めてみれば空耳含むアンテナおとなりページ

    2016|01|03|04|06|07|08|09|11|12|

  34. 2017/03/03 16:46:22 今日の遠吠日記含むアンテナおとなりページ

    J:COM NET加入者向けホームページサービス
    終了のお知らせ
    ホームページサービス
    終了のお知らせ
    J:COM NET加入者向けホームページサービスWebSpace)は、2017年1月31日(火)で終了致しました。

  35. 2016/08/17 07:30:55 TOKYO-8=MILANO(uttie)含むアンテナおとなりページ

    2016年8月17日
    ブログ移転のお知らせ
    ブログへのアクセス有難うございます
    現在は、こちらのサイトに移行しておりますので、ブックマークの変更等よろしくお願いします。
    http://uchimura.it/
    投稿者uttie | コメント (0)| トラックバック (0)
    ブログ移転のお知らせ
    2016年8月
    123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031

  36. 2015/09/24 12:20:11 loisir-spaceの日記含むアンテナおとなりページ

    国際的にはバーゼル靴砲茲辰自己資本と高品質資本を求めることになりますレバレッジ規制も導入されます流動性新基準も設けられ、短期資金調達への銀行システム依存が弱められました。

  37. 2015/08/02 23:09:43 解釈と思考含むアンテナおとなりページ

    Sun, August 02, 2015
    カズオ・イシグロ日の名残り
    小説文章によって書かれるということを、最大限に利用した作品である、というのは誰が読んでもあきらかで、何を言ったことにもならない。一人称ゆえに錯誤が生じることや見過ごされること、ミスリーディングが発生することなどは、むろん小説上の重要な仕掛けだ。しかしそれよりも、三人称視点で読む私達に、問われていることはないか、と思ったのだった。
    何かと言えば、話者にとっての真実とは、第三者からみて滑稽で愚昧であったとしても、それは真実に違いないということであり、いやその真実さえあれば良いということではなく、その真実しかありえないのではないかという近代哲学に近い話である
    これは描き方によれば相当にシリアスになるだろうし、あるいは本作の端々にみられる滑稽さにもなるだろう。『日の名残り』が掛け値なしに傑作であるゆえんは、一人称で書

  38. 2015/02/11 23:15:32 再構築含むアンテナおとなりページ

    2015-02-11
    写真を撮るということ、文脈を読むということ、象徴理解するということ
    雑記
    自分がなぜ、写真を撮るようになったのか、きっか自体は単純なもので人から勧められたからだった。しかし、なぜ私は撮り続けるのか、そこがずっと私自身にもわからない部分だった。単純に撮影という行為自体楽しいというのもあるし、撮った写真が徐々に上手くなっていく実感を得られやすいというのも確かだし、他にやることがなかったというのも確かだ。しかしそういう理由はどこか中心から少しずれているような気がしていて、この四年間ほど折に触れてなぜだろうとなんども思ったのだけれど、今日ついになんとなくそ理由がわかった気がした。多分それは、私が文字に生きてきたからだろうと思う。
    小学生に入る前から鍵っ子だった私は、家に帰っても誰もいないので、小学校の低学年の頃から地元図書館毎日のように行くようになった。そこで多く

  39. 2012/12/03 01:30:37 186::Diary含むアンテナおとなりページ

    スターつけました
    186 @ hatenablog
    2010-12-31
    カスタムなPSPBLOG: PS3の新たなHackの始まり – fail0verflow
    広告
    smoking186 2010-12-31 14:12
    コメントを書く
    2010-08-12
    smoking186 2010-08-12 21:57
    コメントを書く
    2010-06-12

    STOC 2010のY. Dodis, M. Pătraşcu, M. Thorupのが面白そうだとは思わんかね。
    smoking186 2010-06-12 00:00
    コメントを書く
    2010-03-12

    日常
    2月中、書くの忘れてた

  40. 2012/08/25 11:05:25 今日は死ぬにはいい日だ含むアンテナおとなりページ


    読書
    今年の夏の暑さときたら、むしろ熱いものから、厚くはなのだけれど篤い作品ばかり読んだ。
    屋上への誘惑 (光文社文庫)
    作者: 小池昌代
    出版社/メーカー: 光文社
    発売日: 2008/01/10
    メディア: 文庫
    哀しい予感 (角川文庫)
    作者: 吉本ばなな
    出版社/メーカー: 角川書店
    発売日: 1991/09
    メディア: 文庫
    幽霊たち (新潮文庫)
    作者: ポール・オースター,Paul Auster,柴田元幸
    出版社/メーカー: 新潮社
    発売日: 1995/03
    メディア: 文庫
    おめでとう (新潮文庫)
    作者: 川上弘美
    出版社/メーカー: 新潮社
    発売日: 2003/06
    メディア: 文庫
    「おめでとう」川上弘美は、川上弘美恋愛短編集で、あいかわらず文章と云うか、日本語表現がとても美しい。
    一作目「いまだ覚めず」に以下のような文章がある。
    十年たってみると、自分がい

  41. 2012/07/21 17:16:49 不定期日記含むアンテナおとなりページ

    2012.7.21 気分次第の復活
    猛暑から一転して肌寒い天気。私は生き返って元気。
    オルハン・パムクの『わたしの名は赤』を新訳版で読み返しているんだが、翻訳はこちらのほうが良いはずなのに、何だか初読時の感動が甦らない。むしろ下巻に入ってだれてきた。どうしてだろう。こちらの集中力問題かな。以前読んだとき絵師署名について何か考えたことがあったはずなんだけど、それが何だったか思い出せなくてもやもやしている。
    ブランチ代わりに白花豆トマト煮のストックを完食。涼しいし晩はカレーにすっかな。
    海里箸海精神が安定しておらず、人付き合いを減らしたほうがいいのに、何となく人恋しいというジレンマに陥っている。夢見が悪い。

  42. 2006/01/05 02:04:16 中二階日誌含むアンテナおとなりページ

    2005-12-31 03:48 [topic] | Permanent link| Comments (7)
    01/04 22:05 by ネスカフェ