dazedのアンテナ

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2019/04/23 00:55:10 生活書院含むアンテナおとなりページ

    ナバホの砂絵を正確に今に伝える唯一無二の書
    アメリカインディアン ナバホ「射弓の歌」の砂絵
    フランク・J・ニューカム/グラディス・A・レイチャード【著】 鈴木幸子【訳】
    3,800円

  2. 2019/04/22 06:19:01 小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 含むアンテナおとなりページ

    2019.04.19 公開
    不毛困惑」が招いた空白の6時間
    先週はお休みいただき入院していました。病名は脳梗塞です。なかなか強い印象を与える言葉ですね。私も最初に聞いた時は、驚いて「はい?」と訊き直しました。簡単に今回の顛末をご報告しておきます
    #ライフカルチャー

  3. 2019/04/17 08:34:46 がー助がゆく含むアンテナおとなりページ

    このブログ更新通知を受け取る場合はここをクリック

  4. 2019/04/08 18:36:52 桐野夏生HP -BUBBLONIA-News含むアンテナおとなりページ

    新潮2019年5月号)に、桐野夏生エッセイ掲載されています
    アンケート特集 平成の終演−何が生まれ何が消えたのか
    「人の死がが生まれ、私という人間が消えた」

  5. 2019/04/04 06:08:51 英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい:スペースアルク含むアンテナおとなりページ

    集計期間:2019/3/1〓3/31

  6. 2019/02/03 00:46:14 森達也公式サイト含むアンテナおとなりページ

    10座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル戦争ドキュメンタリー記憶と記録〓」
    日時:2019年2月6日(水)
    18時30分〓上映開始「戦場フォトグラファー ジェームズ・ナクトウェイの世界」(96分)
    2010分〓トーク(森達也
    会場:座・高円寺2(JR中央線高円寺」駅北口徒歩5分)
    座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバルは、2/6(水)〓2/11(月・祝)で開催しています
    書籍 2019年1月16日発売『すべての戦争自衛から始まる』 (講談社文庫) Amazonリンク
    書籍 2018年11月15日発売『「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい』 (講談社文庫) Amazonリンク
    『すべての戦争自衛から始まる』
    森達也
    講談社文庫
    『「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい』
    森達也
    講談社文庫

  7. 2019/01/09 22:53:17 TDB Watching 2014 | 帝国データバンク[TDB]含むアンテナおとなりページ

    景気・経済動向 業界情報

  8. 2019/01/02 04:36:23 竹原慎二の続・ボコボコ相談室 code-G[コードG]含むアンテナおとなりページ

    1/1tue
    Copyright © 2012 - 2019 〓code-G All Rights Reserved

  9. 2018/12/30 04:45:15 ★前田有一の超映画批評★含むアンテナおとなりページ

    11/14更新11月第3週公開作品
    ボーダーラインソルジャーズ・デイ』
    人魚眠る家』
    『銃』←今週のオススメ←今週のダメダメ
    過去更新

  10. 2018/12/08 09:30:35 大野更紗: シャバはつらいよ 第0回 シャバは、未知なる新世界 | ポプラビーチ含むアンテナおとなりページ

    第11回 ゆ・れ・る
    「グワン」と音がした。聞いたことのない、奇妙な音だった。
    何の音なのか、と考える前に、部屋じゅうの本が本棚から一斉にドサドサと落ちてきた。
    ゆれているんだ。
    このマンション自体が、倒壊している?
    パソコンの前で作業をしてくれてい真人さんが、わたしが立っていたキッチンのほうへ寄りすがってきて、そばにある電子レンジ本棚が倒れてこないように、押さえてくれた。
    「これ、地震じゃない?」
    「ええ?」
    ひとまず、普段は滅多に見ないテレビの電源を入れた。こういうときは、たしかNHK総合」。キャスターが速報を読み上げているが、状況がよくわからない。
    エレベーターが、止まっていた。普通、こういうときは「建物の外に出る」ということをするのかもしれないが、自力階段下りられないし、死ぬ気を出してなんとか下りたとしても、上って部阿北瓩譴覆ぁ
    いったん大きな振動がおさまったかなと思うと、また、ぐわ──んとゆれる。しばらく繰り返すので、真理さんとベッドに座って、テレビの画面を見つめた。
    何が起きているのか、わからなかった。
    すこし経過すると、テレビの画面に日本列島地図が表示された。真っ赤だった。
    東北地方 宮城県マグニチュード9.0」
    津波がきます。逃げてください」
    津波」。2004年12月26日のスマトラ島大地震大津波の「悪夢」がよぎった。悪寒がして、全身の肌があわだった。
    悪夢」、ふたたび
    スマトラ島西端のバンダ・アチェ映像が脳裏に浮かんだ。「あれ」がくる。
    家、土砂、瓦礫家畜電柱学校、人、車、地上のすべてを押し流しながら迫ってくる、「あれ」。
    2004年のあの日、メール添付で送られてきた、バンダ・アチェ津波映像。人が叫びながら、凄まじいスピードで迫ってくる水に飲み込まれる。助けようとして手を伸ばすが、流れに逆らえずに、目の前で人が流されていく。
    2006年の2月、バンダ・アチェ地域研究をしている人たちにくっついて、被災地の現状調査に入った。アチェ男性ガイドに案内してもらいながら、「本当に、ここに街が存在したのだろうか」と海岸沿いで呆然と立ち尽くした。白いモスクが一つ残されているのみで、見えないはずの海が見晴らしよく見える。コンクリート建物の基礎部分を残し、まさしく「何もない」状況だった。
    地獄だった」
    「人の遺体が腐るにおいなんて、あんたは、かいことないだろう」
    ガイドアチェ男性目線は、遠いところを見ていた。わたしは、こんな質問がどんなにか無礼千万であるかを承知で、訊いてみた。
    津波が来た直後、どう思った?」
    「どう思ったかって? 『アチェは終わりだ』と思った」
    発症して以来、思い出す余裕すらなかったフィールド記憶感覚が、蛇口の栓をとっぱらってしまたかのように、あふれ出してきた。
    2011年3月11日、金曜日
    自力では部屋から出ることすらできないので、部屋の中からツイッターでつぶやいた。つぶやいても、今、津波が押し寄せ、何もかもが飲み込まれて引き流されている場所に届くはずはないとわかっていたけど、つぶやかずにはいられなかった。
    東京にいて、ツイッターが見られる環境にある人は限られているけれども、これから主に東京の人が支援に飛んで入っていく。
    津波は、「水」ではありません』
    スマトラ島大津波と、同じです』
    『「濁流」は水ではありません。建物も車も土砂も瓦礫もすべてふくまれた固まりが流れてきます
    宮城福島海岸から、海につながっている河が氾濫してきます。河から離れて。「濁流」は水ではなく固まりです。すべてを押し流します』
    福島ムーミン谷のママ、パパは、生きているのだろうか。
    電話をかけた。
    「ただ今、回線が大変混雑しております
    案の定、通じない。
    福島の第一原発と第二原発は、見るも無残に崩壊しただろうなと思った。「メルトダウン」という単語が反射的に浮かんだ。わが家のおじいちゃんは、由緒正しき地域反原発運動家であったため、「メルトダウン」とか「燃料棒」とかの言葉は、「ラーメン」とか「カレーライス」の言語レベルでよく使われていた。
    家族や親戚の顔が、数十人くらい浮かんでは消え、生きているか死んでいるか、それとも逃げているのか、考えた。
    おとうさん、おかあさん。
    何の根拠もなく、「きっと、生きている」と思った。
    動物直感しか表現しようがないが、おとうさんとおかあさんは、必ず生きているはずだと思った。
    真理さんは、心配だと言ってしばらく部屋にいてくれた。真理さんの携帯夕方になってやっと通じて、家族に家の様子を確認していた。キッチン食器棚のお皿類は、全滅みたいだった。自身の家も滅茶苦茶な状態になっている。
    大野さん、本当に大丈夫?」
    大丈夫大丈夫。それより、どうやって帰るんですか」
    都内交通機関はすべて麻痺していた。真理さんは、マラソンしながら帰るという。
    「1時間ちょっと走れば、着くから今日スニーカー履いてきて運がよかったわ」
    真理さんの趣味市民ランナーだ。フルマラソンも走る。
    「走って帰る」という選択肢があるのはすごいなと思った……。
    行政もダウンする
    「ピンポーン」
    真理さんが帰ってからすぐ、インターフォンが鳴った。
    こんなときに、誰だろう。
    「ああ、よかった、無事ですか!」
    区の相談支援担当女性職員が、息を切らして、安否確認をしにきてくれた。
    「無事です、部屋もせまいし、地震ときお客さんが本棚を押さえてくれたので、倒れなかったです」
    担当している障害のある人の家を、全戸、自転車でまわっているという。常に数十ケースは担当しているから、夜を徹してまわるのだろう。彼女には、小さいお子さんもいる。自分の家だって大変だろうに、立派だなあと、率直に思った。
    わがQ区は、東京都心部に位置している。こ海竜’修停止したら、日本の中枢が機能停止していることとほぼ同義だ。Q区ですら、こうやって職員の人が総出で、手元の担当者名簿のファイルを頼りに、自転車で安否確認をしている状況にある。区役所の他の業務は、一時的にダウンしているに違いない。
    ほかの自治体は、どうしているのだろうか。被災の程度が大きいところは、たぶん、行政機能自体が停止しているのではないか。
    「お役所」が、一時的に、ない状態。
    被災地自治体は、難病の人や慢性疾患の人、高齢の人や障害のある人へのサービスがもともと手薄い。もともと生存ギリギリでみな生きているのに、患者さん達や障害のある人たちは、一気に弱って死んでしまうのではないか。
    ツイッターでつぶやいて何の効果があるのかはわからないが、とにかく考え得るかぎり妥当情報発信をするしかないと思って、パソコンの電源をまた入れて、つぶやいた。
    おせっかい、躊躇をすべて無視して、高齢者障害者難病患者、周囲近所に声をかけまくって』
    『彼らは自力で動けない、避難できない、室内に物が散乱してもどうすることもできない』
    ステロイド透析血液製剤免疫抑制剤等、医療行為薬品生命維持に毎日不可欠なひとの医療ライン確保を』
    パパ先生は、変わらない
    今日はもともと、病院で緊急受診する予定だったことに気がついた。帯状疱疹と思われる症状が口元に出ていた。
    わたしは免疫力がとても低くなっているので、重度化する前に対症療法薬で抑え込まないといけない。
    こんなときに診てもらえるのかどうか、まったくわからなかったが、とりあえず病院の夜間専用窓口まで行ってみた。そういえば、今日金曜日だ。ちょっと不吉な予感がしたが、とにかく向かった。
    玄関守衛さんに、ここまで来た理由を告げる。
    「いつもクマ先生という人にかかっていて……それで今、こういう症状が出ているので……内科先生がいたら診てもらいたいんです」
    病院のほうに連絡しますので、お待ちください」
    しばらくすると、
    「○○先生が診てくださるそうですので、病院玄関へどうぞ」
    パ、パパ先生だ。退院して以来、怒られるのがちょっと怖くて避けていた、パパ先生外来
    病院玄関を入ると、ロビーには「帰れない患者さん」らがぐったりとソファに横たわっていた。点滴を腕につけたまま、じっとロビーテレビを見続けている男性。杖をかたわらに、自動販売機で買ったのか、菓子パンを神妙な面持ちで食べている六十代くらいの女性。たくさんの、それぞれの事情がある患者さんたちが、普段は埋まることはないソファを埋めていた。
    この病院は、緊急時のために自家発電機が備えつけてあるので、エレベーター普通に動いている。
    カツカツと、パパ先生が風を切って早足で現れた。
    「あっ! 大野さん! こっちに来なさい!」
    お、怒られた。まだ何にも言ってないのに……。
    4階に上がって、空いている処置室で診察してもらった。
    ヘルペスだなんて、無理をしすぎたんじゃないのか! 自己管理できているのか!」
    すみません……」
    「アラセナ軟膏とバルトレックスで、経過観察!」
    先生、こんな状況なので、次にいつ来られるかわからないので、それと口は塗り直さないといけないのでわりと早く軟膏が減ってしまうので、アラセナ2本処方していただけないでしょうか」
    「何を言っている! 1本で十分だ! 東北の人のことを考えなさい、贅沢を言ってはいけない!」
    パパ先生は、いつもとほとんど変わらない。
    しかすると、わたしたちにとっての「非日常」は、日々、難病患者さんの診療をして

  11. 2018/12/03 21:01:40 Berserk Official Corner含むアンテナおとなりページ

    ベルセルク」最新40巻発売記念!
    “黒い剣士ガッツを”黒い歌手松崎しげるさんが演じる!!
    YOUNGANIMALコミックス最新40巻
    必見!ついにキャスカが…!?
    試し読みはこちらから
    “黒い剣士ガッツ旅路を衝撃の実写版にて!
    松崎しげるさん、熱き想いを大いに語る!
    “黒い歌手から”黒い剣士”へ!
    40巻発売記念!40名プレゼント企画”
    40名に三浦建太郎先生直筆サイン入りの豪華グッズが当たる!
    A.直筆イラスト入り!三浦建太郎先生直筆サイン色紙 5名
    B.好きな場面が選べる!三浦建太郎先生直筆サイン入り複製原画 35名
    ※Aの色紙のイラスト指定できません
    ※Bの複製原画のページは、ページ数以外に当該ページのコピーを添えていただいたり、どんなページか書き添えて頂くと、より確実です。
    応募のきまり
    ハガキに以下のことを書き、『ベルセルク』40巻帯の
    あなた感想に合う言葉を貼って送ってください。
    〓〒・住所
    〓氏名
    電話番号
    〓年齢
    〓学年または職業
    希望の賞品(AorB)※Bの場合コミックス〇巻の〇ページ、と指定ください。見開きページをご希望場合は2ページを指定ください。しかし、その際は三浦先生サインはどちらか1ページのみとなります指定ページは本文中のモノクロページに限ります。すでにカラー口絵をご希望で応募された方には、当選となった際に編集部から個別モノクロページのご希望を伺います
    サイン宛名表記※記載なしの場合は、〓の氏名を入れさせていただきます
    〓好きな「ベルセルク」のキャラ
    〓好きな「ベルセルク」のエピソード
    〓「ベルセルク」40巻が発売されることをどこ巴里たか
    ※発表は発送をもってかえさせて頂きます
    あて先/〒101-8711 神田支店郵便私書箱92
    白泉社ベルセルクプレゼント
    松崎さんが撮影で実際に使ったドラゴンころしを以下の場所で展示中!
    有隣堂横浜駅西口コミック王国
    〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1-4-B1F
    TEL:045-311-6265
    10/6(土)、10/13(土)は他イベント開催のため
    展示はお休みとなります
    実際のもの書店店頭にて!
    https://manga-park.com/app
    GOODS INFORMATION
    (C)2003 三浦建太郎/白泉社, all rights reserved.
    このサーバー上のデータ著作権は、全て白泉社が保有します。
    無断複製・転載放送等は禁じます
    このサイトに関するお問い合わせはこちらへ。

  12. 2016/12/31 20:06:42 スルメブログ含むアンテナおとなりページ

    2016年12月31日2016年三題噺
    毎年恒例の、今年一年を振り返るブログ。とは言っても、今年は何を基軸にしようか、書き始めた今も漠然としている。まあ、書いていれば出てくるだろうと思い、一つ目を繰り出す。1,年下の仲間たちにエンパワーされ…

  13. 2016/10/05 12:58:54 Raw is Dolie含むアンテナおとなりページ

    ページ移転のお知らせ
    指定ホームページは下記のアドレスに移動しました。
    ブックマークなどの登録変更をお願いします。
    http://chameleon.la.coocan.jp/
    10秒後に自動的移転先のページにジャンプします。

  14. 2016/08/15 09:43:08 Topics(2014年) | 帝国データバンク[TDB]含むアンテナおとなりページ

    Forbidden
    You don’t have permission to access /info/topics/on this server.

  15. 2015/12/01 04:50:02 レイト×2ショー with クレイグ・ファーガソン|AXN - 海外ドラマチャンネル含むアンテナおとなりページ

    「登場ゲスト未定」
    「3/23US放送ゲストトム・ハンクス俳優)、ミラ・クニス女優)」
    「4/21US放送ゲスト】ベン・マッケンジー俳優)、クリステン・スチュワート女優)他」
    「5/4US放送ゲストアーノルド・シュワルツェネッガー俳優)、ウィットニー・カミングス 他」
    「5/14US放送ゲストワン・ダイレクション
    「7/16US放送ゲストイアン・マッケラン俳優)、ジェームズウォーク俳優)他」
    「8/3US放送ゲスト】マット・ルブラン俳優)、ウィリアム・H・メイシー(俳優)他」
    「9/8US放送ゲストブラッドリー・クーパー俳優)、アンドリュー・ガーフィールド俳優)他」
    「9/29US放送ゲストマット・デイモン俳優)、ザッカリー・リーヴァイ(俳優)他」
    「登場ゲスト未定」
    「登場ゲスト未定」
    「登場ゲスト未定」

  16. 2015/06/11 09:14:56 田原総一朗「戦後レジームの正体」 | 現代ビジネス [講談社]含むアンテナおとなりページ

    【第4回】靖国神社(その1) 2015.06.11
    田原 総一朗
    1位 【Best Car Life
    オイ日本車高くなっていないか? 怒りの川柳32連発 2015.06.10
    2位 【テレビのヨミカタ
    3位 【田村耕太郎シンガポールASEAN6億人市場世界を動かす!」】
    4位 【経済死角
    5位 【磯山友幸経済ニュースの裏側」】
    中国」激増、「韓国」を上回る。訪日外国人、主役交代鮮明に 2015.06.10
    6位 【長谷川幸洋ニュースの深層」】
    新国立競技場建設問題いったい何が起きているのか? 2015.06.05
    7位 【経済死角
    命も「爆買い」? 訪日医療ツアー殺到する中国人と、中国国内悲惨医療事情 2015.05.11
    1 【経済死角
    チャイナリスクに備えよ!中国共産党の大物が語った「8月安倍習近平にひれ伏す」 2015.06.11
    2 【伊藤博敏「ニュースの深層」】
    新国立競技場問題 混乱の背景に石原・猪瀬のオリンピック利権あり! 2015.06.11
    3 【ITトレンドセレクト
    中国百度ルール違反世界AI人工知能コンテストに出場禁止: 背景にあるのは米中の過剰な競争意識2015.06.11
    4 【田村耕太郎シンガポールASEAN6億人市場世界を動かす!」】
    高給取りで出戻りOKのシンガポール官僚絶句する、 霞が関ナイーブな「官僚制度」 2015.06.10
    5 【二村ヒトシ川崎貴子の「愛する技術」】
    【第3回】顔が好みで都合のいい女は空から降ってこない!結婚したければ、自分の欲望を知り、行動を起こせ 2015.06.11
    6 【長谷川幸洋ニュースの深層」】
    新国立競技場建設問題いったい何が起きているのか? 2015.06.05
    7 【古賀茂明「日本再生に挑む」】
    日米安保法制言葉すり替え重要議論をかわす安倍総理 2015.06.11

  17. 2012/11/30 06:02:42 【やじうまWatch】 含むアンテナおとなりページ

    虚構新聞社社主UK氏、今週末の日本テレビバラエティに登場予定 ほか
    2012/11/30】
    虚構新聞社社主UK氏、今週末の日本テレビバラエティに登場予定
    今年1年、これまでにも増して話題を振りまいた感のある虚構新聞社。先日は週刊アスキーへの記事提供話題を呼んだが、今回は社主自らテレビに出演することが発表された。番組日本テレビバラエティ番組NexT」枠で、タイトルは「インターネット中の人 NexT × 虚構新聞社」。虚構新聞ダイレクト掲載されている情報を見る限りでは、虚構新聞中の人である社主UK氏にフィーチャーした内容のようだ。放映はあす12月1日(土)の深夜となっており、番組公式サイトにも情報掲載されていることから番組自体虚構ということはなさそうだ。期待して待とう。
    ◇「NexT×虚構新聞社」について(虚構新聞ダイレクト
    http://kyoko-np.net/direct02.html
    NexT日本テレビ
    http://www.ntv.co.jp/next_tv/
    ● 「ウソウソと…」を地で行く、母親やらかした7つのエピソード面白い
    テレビ雑誌などの情報を真に受けて過剰に反応してしまうことはいまに始まったことではないが、ネットの登場により、真に受ける人とそうでない人の境目はかつてよりもはっきりするようになった感がある。2ちゃんねる投稿され、あちこちのまとめサイト転載されて話題になっていたのが、「母親ネットへの偏見と疎さが面白い」としたスレッド。ひとりの投稿者母親やらかした7つのエピソード投稿しているのだが、「ネット通販クレカで支払うのは詐欺に加担しているのと同じ」「デジカメ写真を撮るのはネットオークションに出品するのと同義」など、ネットにまつわるその知識はどこかずれたものばかり。Amazon段ボールの中身はくだらないものと信じ込み、送られてきた自分誕生日プレゼントを叩き壊したエピソードに至っては涙を誘う。もっとも、笑えないという人もけっこういるのかもしれない。ぜひその他のネタもチェックしてみてほしい。
    母親ネットへの偏見と疎さが面白いぶる速-VIP
    http://burusoku-vip.com/archives/1659246.html

  18. 2010/10/20 15:09:09 近況13含むアンテナおとなりページ

    マネー アルミ1繊瓧横娃哀マ、 現金がなくても祭りが楽しめます

  19. 2010/05/14 14:52:25 ビジネス-宋文洲の単刀直入:IT-PLUS含むアンテナおとなりページ

    記事一覧
    移行のお知らせ
    私が景気回復確信した理由 宋文洲
    日本経済復活のためにすべきことは何か 宋文洲
    北京五輪前後中国経済日本宋文洲
    雨の年なら雨を楽しもう
    偽装が一斉に発覚する謎を解く・宋文洲
    参院選政治バブル終焉
    親愛なる読者の皆さんへ、「さようなら」ではない
    不動産バブルは2度と起きない」という神話
    危険水域」に入った中国
    役人の「天下り」だけが批判される不公平
    日本女性総理誕生する日
    聞くだけで食欲がなくなる「日本政府認証寿司
    知事の「スワッピング」は奇想天外ではない
    情報化社会になるほど高まる人間」への依存
    監査法人限界日本版SOX法への期待
    中国経済成長と13億人の「春節
    オイルバブルでは済まない世界大量消費の行方
    人造祭「バレンタインデー」に思う商の無情
    政治家資格をチェックする簡単な方法

  20. 2010/03/23 18:43:39 ITmedia AnchorDesk:小寺信良 執筆記事一覧含むアンテナおとなりページ

    新着記事
    ブログに書く
    撮影」の暴力化について考える
    ネットIT技術進歩で、撮影と付随する情報伝達が一般化して久しいが、そこにまだ秩序やルールはない。その実現には、ネットにもTPO意識させるデザインを持ち込む必要がある。(7/22)
    ブログに書く
    情報教育は実際どうなっているのか
    子どもが「ネット」とどのように接するべきか議論されているが、MIAUとして、実際の教育現場にたつ先生たちへヒアリングをしてきた。情報教育について現状を共有し、やるべきことを考えたい。(7/7)
    ブログに書く
    ねじれがねじれを産み続ける補償金と機器関係
    ダビング107月5日ごろに開始されることとなったが、根本は何も解決してない。クリエーターへの還元をどのように行うか、「補償」そのものをひっくり返してはどうだろう。(6/23
    ブログに書く
    思い切って放送行政ちゃぶ台をひっくり返してみよう
    ダビング10が延期となった。省庁を巻き込んでの大ゲンカにまで発展しそうな状況だが、そこまでもつれるならば、根本的なところからひっくり返してみてはどうだろう。(6/9)
    ブログに書く
    ネット視聴にもう1度「テレビ」を持ち込むbranco
    PCで見る映像配信サービスといえば、ほとんどが見たい内容を利用者リクエストするVOD型だが、ソニーの「branco」はあえて“流しっぱなし”のスタイルだ。(5/26)
    ブログに書く
    インターネット教科書を作ろう
    MIAUシンポジウムで「インターネット教科書制作プロジェクト」の話をさせてもらった。教科書といっても、文部科学省認定のようなものではない、我々の考える「教科書」のイメージお話ししたい。(5/12
    ブログに書く
    取材方法論を変えたハイビジョンカメラ
    キヤノンHF10」とソニーHGR-TG1」、2つのハイビジョンビデオカメラ取材で利用する機会があった。子どもの成長を撮るだけではなく、仕事ツールとして利用する“ビジネスビデオカメラ”の可能性も検討する余地があるように思える。(4/28
    ブログに書く
    臭いものにフタをしても、何一つ解決しない
    青少年ネット規制法案」とも呼べる、青少年ネット規制に関する法案が提出されようとしているが、単純に有害情報遮断するだけでは、子供何が悪いのか知らないまま成長してしまう。(4/14)
    ブログに書く
    IPマルチキャスト放送で揺れるホームネットワーク
    PCのみならずテレビ対象にした映像配信サービスが普及しつつあり、IPマルチキャストの利用例も増えている。ただ、その定着によって顕在化しつつある問題もある。(3/31)
    ブログに書く
    児童ポルノ法改正」に潜む危険
    児童ポルノ法」が改正されようとしている。子ども性的虐待さらされる事件は根絶されるべきだが、行われようとする改正は違う方向を向いているように思えてならない。(3/17
    ブログに書く
    正直、テレビはもうダメかもしれん
    放送DVDネットでも利用する、「テレビ二次利用」が話題となるようになって随分となるが、実際にはさほど進んでいない。そもそも、今のテレビ二次利用価値があるコンテンツはあるのだろうか。(3/3
    ブログに書く
    携帯フィルタリング、やるべきはソコか?
    未成年者の新規加入に対する携帯フィルタリング原則化された。事業者や当の子どもたちから懸念もあるが、そこには「親」の立場から意見がないように思える。それに、「まずはフィルタリング」でいいのか?(2/18)
    ブログに書く
    5年後、放送には何が求められるのか
    今年は5年に一度の放送免許更新が行われる。2011年アナログ停波をまたぐ更新となるため、注目すべき問題は多い。(2/4)
    ブログに書く
    そうだ、「Culture First」だ
    B-CAS補償金などで「文化を守る」と声高に叫ばれるが、日本流コンテンツを作り、さまざまな手段で販売していくことこそが、本当の「Culture First」に結びつくのではないか。(1/21)
    ブログに書く
    ケータイメールが奪ういくつかの大切なこと
    携帯電話メールはその特性から、「常に誰かとつながっている」というこれまでになかった状態を生み出した。確かに便利ではあるが、その便利さの代償となるものはなにか。(12/17
    ブログに書く
    目指すのは「そこそこの世界」か
    ダビング10」が導入されれば、コピーワンスの不便さは解消されるのか。導入後に表れるのは革新的な変化がないままの「そこそこ」の世界ではあるまいか。(12/3)
    ブログに書く
    イマドキのテレビ、広色域技術秘密
    広色域技術を備えた液晶テレビが登場しているが、設置すれば単純に「なんでも鮮やか」かといえばそうではない。制作側と視聴側、いずれにも色に対しての知識と体験が求められる時代の到来と言える。(11/19)
    ブログに書く
    ハイビジョン時代ムービー保存学
    着々とハイビジョン記録への対応を進めるビデオカメラだが、HD化によってPCでの編集は高負荷なものとなっている。そうなるとレコーダーで行うという手段が注目されるが、そのアプローチはさまざまだ。(11/5)
    ブログに書く
    もはや人ごとではない――MIAUに込めた想い
    近年、コンテンツ著作権に関する議論を耳にする機会が増えたが、その声が何らかのカタチで法律制度へ反映されているかと言えば否だろう。ネット世論、我々の声を現実社会へ、政治世界に届けるため、「MIAU」は立ち上げられた。(10/22)
    ブログに書く
    ワンセグ」が変えていくテレビ存在意義
    携帯電話に牽引され、ワンセグの普及がめざましい。ただ、その普及が「何処でもテレビを見る」という行為の拡大につながるのではなく、テレビへの接し方の変革をもたらす可能性もある。(10/1)
    ブログに書く
    ハンディハイエンド、「DR.DAC2」の素敵
    「ちゃんとした音」へある程度の金額を惜しまないユーザーが増え、高級ヘッドフォン好調のようだ。自作的な要素も含むヘッドフォンアンプを組み合わせ、さらに音を楽しむのも悪くない。(9/3)
    ブログに書く
    商業芸術におけるパトロンシステム崩壊再生への道
    芸術の振興に「パトロン」が果たしてきた役割は大きい。メガヒットが生まれにくくなっている現状の裏側にはパトロンシステム崩壊が潜んでいる。(8/22)
    ブログに書く
    ビデオカメラに飛び火するハイビジョン戦国時代
    運動会シーズンに向けて各社からビデオカメラの新製品が相次いで投入される。一斉にハイビジョン対応に舵を切りつつあり、その競争は激化する一方だが、「フルハイビジョン」という課題も残る。(8/6)
    ブログに書く
    1世代コピー9th」では誰も幸せになれない
    コピーワンスを9回まで緩和する方針が出されたが、技術的な可能性や保証金制度とセットになっている点も含め、十分な議論がされているとは思えない。その中で権利団体の主張は「自爆ボタン」を押しているようにも見える。(7/23
    ブログに書く
    次世代DVDが起爆しない5つの理由
    鳴り物入りで登場した感のあるBlu-ray DiscHD DVD次世代DVDだが、市場を見渡してみるとお世辞にも普及したとは言えない状況だ。その理由について考えてみた。(7/9)
    ブログに書く
    ここまで来た、日本ハイビジョン放送の現状
    放送局ハイビジョン放送への対応急ピッチで進めており、地デジなどで高精細な映像を見ることも珍しくなくなった。ただ、完全な移行は完了していない。「日本ハイビジョン放送のいま」を日本テレビに聞いた。(6/25)
    ブログに書く
    知財推進計画が目指す「コンテンツ亡国ニッポン
    先日発表された「知的財産推進計画2007」を見ると、「著作権法非親告罪化」という動きがある。「創造」に「模倣」という要素が含まれる以上、これはクリエーターゆっくりと殺していく悪法になりかねない。(6/11
    ブログに書く
    飽和するコンパクトデジカメ、脱却の糸口を探す
    何度目かのカメラブームのまっただ中ではあるが、コンパクトデジカメはその機能、性能ともに行き着くべきところまで来てしまった感がある。その閉塞感を打ち破るのは果たして何か。(5/28
    ブログに書く
    「非ケータイネットワーク未来
    いわゆる「モバイル」を語る際、携帯電話進化を抜きにすることはできない。ケータイとは別方面からアプローチも行われており実用性も増しているが、「ケータイでは提供できない何か」を模索する必要はまだ残されている。(5/14)
    ブログに書く
    創造のサイクルを考える
    著作権が守られることは大切だ。ただ、創造という行為がまったくのゼロからまらないならば、どこまでを守るべきかには慎重な議論必要になるだろう。筆者の経験を元に考察してみたい。(4/16)