senshinのアンテナ

すべて | グループ指定なし | 囲碁 | ガーデニング | 情報

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2019/09/17 23:21:16 田中宇の国際ニュース解説含むアンテナおとなりページ

    さよなら香港、その後
    2019年9月17日】 淘大商場の愛国派の集会は、民主派が少し前に同じ場所で開いた集会への報復だ。3日前、このショッピングモール民主派の集会があり、そこに通りがかった愛国派の教員民主派批判的な態度をとったため殴られた。この光景動画ネット拡散された。14日の民主派敵視の集会は、殴った民主派非難し、殴られた教員、李先生を支持する集会だった。そこに民主派がやってきて批判的な態度をとり、喧嘩が発生し、警官隊が呼ばれた。民主派は、自分たち弾圧する香港警察を強く嫌い、民主派の集会では警察非難コールが何度も繰り返される。民主派を嫌う愛国派は、これに対抗して自分たちの集会で「警察ガンバレ」「警察支持」のコールを繰り返す。無数の五星紅旗が振られる中での警察隊のショッピングモールへの入場は、1949年に中国の村に入場する人民解放軍さながらだった。
    2019年1月10日トランプはいったんシリアアフガンから撤兵を宣言した後、軍産やイスラエルからいろいろ言われて撤兵策を後退させ、「撤兵する」「やっぱりしない」「条件がある」「ゆっくりやることにした」「いや、やっぱり撤退したいんだ」「いやいや、やっぱり無理かも」と、姿勢意図的に揺るがせている。こうすることで、軍産イスラエルとの決定的な対立を回避しつつ、敵方であるロシアイランが「今が好機だから米国を追い出し、われわれの中東覇権を拡大しよう」と思うように仕向け、露イランをがんばらせて、中東の米覇権放棄覇権多極化を進め-トランプと米民主党