yamaguのアンテナ

すべて | グループ指定なし | snowing | climbing | work | computing | perl | outdoor | life | english | health

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2018/09/22 16:34:28 Ando’s Microprocessor Information含むアンテナおとなりページ

    今週は,最初Gordon Bell賞のファイナリストが決まったという話題を紹介します。やはり,前回のTop500で1位になったSummitを使う論文が多く,6件の候補論文の内の5件がSummitからみの論文です。その中で3件の論文が候補の絞り込みなどにディープラーニングを使っているのが新しい傾向です。
    2番目の話題は,CadenceがDNA 100というディープラーニングアクセラレータIPを発表したという話題です。8TMAC/sとのことで,16TOps/sはIPコアとしてはARMMLコアを大きく上回る高性能ですが,チップ面積や消費電力は公表されていません。
    3番目は,ものIntel CEORenee James氏が率いるAmpareが32コアのサーバ向けARM CPUの出荷を開始したという話題です。先行するCaviusやQualcomm会社サーバCPUにはあまり乗り気でないので,Ampareとしては,良いタイミングスタートになったのではないでしょうか。
    4番目はHabanaというスタートアップGoyaという推論用エンジン話題です。ResNet-50で15,000イメージ/秒の処理性能で消費電力は100Wとのことで,データセンター向けの推論エンジンです。HabanaAmazonとかかわりがあるとのことで,もし,Amazon採用すれば,AIスタートアップの勢力図が変わるかもしれません。
    5番目は,米国下院が,5年間で$1.275Bを量子コンピューティングの開発につぎ込むという法案を可決したという話題です。上院で可決される必要がありますが,米国は,量子コンピューティングの開発に本腰を入れてきているようです。
    最後は,PC Watch記事を引いて,中国の兆芯のx86互換プロセサの開先KX-6000を紹介します。16nmプロセスで作られ,x86完全互換で,第7世代Core i5と同等の性能を目指しているとのことです。使用しているIPは完全に自主開発とのことですが,特許などのライセンスはどうなっているのでしょうか?
    SC18でのGordon Bell賞のファイナリストが決定
    Cadenceが8TMAC/sのDNA 100 AIコアを発表
    AmpareがARMサーバチップLenovoに出荷
    スタートアップHabanaディープラーニングアクセラレータCPUGPUを負かした
    米国下院が量子コンピューティングの開発に$1.275Bをつぎ込む法案を可決
    中国の兆芯のx86互換プロセサ開先KX-6000

  2. 2018/09/08 02:08:03 神奈川県・勤労者山岳連盟含むアンテナおとなりページ

    ニュース速報!(LastUpdated2018/9/8)
    2018丹沢クリーンハイク報告書ダウンロードできます

  3. 2018/09/04 13:58:32 山ボード研究会含むアンテナおとなりページ

    Click here to buy this domain
    yamaboken.net
    2018 Copyright. All Rights Reserved. The Sponsored Listings displayed above are served automatically by a third party. Neither the service provider nor the domain owner maintain any relationship with the advertisers. In case of trademark issues please contact the domain owner directly (contact information can be found in whois).Privacy Policy

  4. 2017/01/09 13:06:58 後立山と頚城の雪崩情報含むアンテナおとなりページ

    立山と頸城の雪崩 VER32:最終更新2017年01月09日
    2017年1月2日(月)
    午後1時10分ころ
    白馬八方尾根北面 長野県の男女 3人パーティーのうち1人が巻き込また。
    同行者2名がビーコンにより捜索。25分後に救出した。県警ヘリコプター松本市内の病院搬送されたが意識不明の重体。
    白馬村ツアーガイド会社関係者
    ビーコンによる捜索が行われなかったら、間違いなく死亡している例と思う。
    2015年2月14日(土) 爺ケ岳白沢天狗山 長野県男性 2人パーティーのうち1人が巻き込まれ行方不明になった。
    2014年12月17日 八方尾根南面崩沢 人的被害なし 動画撮影され、ネット上に公開されたため、「白馬が大変だ!」と話題になったが、崩沢自体雪崩の常襲エリアであって、何か特別なことが発生したわけではない。
    白馬岳白馬大雪渓
    白馬小屋から150mほど上がった標高1700m付近
    岐阜県の男女 6人パーティーのうち4人が巻き込まれた。
    28日に発見 死亡が確認された。死因は窒息死
    直後、山口県の2名の行方が分からなくなっていることが判明。警察は捜索を続行
    5月6日と19日に遺体発見した。死因は窒息死
    雪崩の規模は目測で、幅40〜80メートル
    長さ500メートル
    前日から積雪が50cmほどに達し、当日も吹雪いていた。
    警察では登山自粛要請を出すことに決め、猿倉荘で呼びかけを開始。
    岐阜県パーティー山スキー ビーコン携行
    山口県パーティーは主稜登攀の計画 ビーコン不携行
    事故の詳細が岳人814号116頁に記事として掲載されている。
    ※この欄の記載に関しましては、私の認識不足により「きまぐれなコース外滑走」と表現してしまいました。事情をご存じの方から事実はそうではなく計画された登山であった」と情報いただきました。亡くなられた方、関係者の方にお詫びをし、訂正させていただきます申し訳ありませんでした。

  5. 2016/02/22 14:35:24 菊地敏之CS&G 著作紹介topo含むアンテナおとなりページ

    トラッドクライミングの魅力
    ちょっと小うるさい話が続いたもんで、今回は趣向を変えてトラッドクライミングの魅力について語ってみましょう。これ以上人気なくしたら商売あがったりになりますからね。
    海里箸海躱襯崎に久々に通ってクラシックルートを登ってる、っていう報告を前回しましたけど、その中のある1本の話。
    そのルートは超クラシックエリアにある超クラシックルートで、しかし私はなぜか今まで登ったことがなく、気になってはいた1本ではありました。といってもまあ、グレード5.10トップロープルートときては、正直あまり魅力を感じなかったことも事実ではありますけれどもね。
    しか最近城ヶ崎界の國分誠氏と化した某有名インストラクターホームページを見ていると、ナチプロ普通に登れるとある。へ〜、そうなの、と思いつつ、ちょうどそのエリアに行った時に改めて眺めてみると、あらら? なかなか結構魅力的なラインじゃありませんか。特にクラックじゃないのにナチプロ、ってのが良い。
    ということで、さっそくウォーミングアップがてらで取り付いてみたんだけど、結構悪かったです。核心のハング帯に入ってすぐにラインがわからなくなり、思い切って突っ込んだところが思ったよりランナウトしちゃったし、その先のフレーク状ハングを越える所も、ラインホールドプロテクション、すべて疑心暗鬼のまま進んでいく感じで、久々に緊張しました。やっぱこいつの言うこと、信用するんじゃなかった、という反省とともに、前腕もバリバリに張ってしまいました。
    しかしまあ、こういうの、良いね。ランナウトした状態で、ああでもないこうでもないと逡巡した挙句、最終的には自腹で決断して突っ込むあの緊張感。昔、鷹取山で未知のルートフリーソロしてた時に、一手一手、悩み、決断し、心臓が口から出てきそうな恐怖を飲み込みながら行動を起こしていたあの感覚を、まあそこまでモロにではないけど追体験してるような懐かしさがあります
    そして、そうして壁を抜けた時に感じる幸福感。と、一言で言ってしまうとなんだか低俗キャッチコピーみたくなっちゃうけど、より詳しく言うと、その岩場とピュアに邂逅できたという満足感というか、一体感というか、要は「フリー」をまっとうすることによって得られた、この世界に本当に所属しているという実感ですかね。
    降りてくると壁にはイソヒヨドリが行き交い、海を見やればカモメがまったく海の、あるいは空の一部のように飛んでいて、またその海と空が信じられないくらい大きく、また永遠時間を秘めつつ広がっている。いや〜、ほんとにこれ、現実のものなのかね?
    地球ができて45億年。今まで何億、何兆、いや何京もの生物が生まれては消えていった中で、オレほどラッキーなやつって、あり?
    まあ、わたくし、現代日本国の社会人としては決して充分といえる方ではないかもしれないし、クライマーとしてもたいしたことない。その割に今まで痛い目にも随分あってきたかもしれない。また今必死になって登った壁も、正直チンケかもしれない。けど、それでも今、ここにいる一生物個体としてのオレって、地球誕生以来の全生物内での幸運度だったら最上位の0.00000(海里△0が数兆個は続くね)1パーセントに入るレベルだよ、きっと。なんせこの世界と、こんなスバシイ関係を結べるんだからね。
    前回、フリークライミングスタイルタイトルについてあれこれ文句を述べたけど、大切なのは、登ったあと、または登っている時に、こうした一体感を感じられるかどうかということだろうな。なんかJポップの歌詞みたいなセリフだけど。
    2016年2月22日記)
    いや〜この世は美しい。登ったあとは、特に美しい
    でも、-思えば山岳会に入って初めてロープをつけて岩登りをした時。落ちても死なないということになんかすごく違和感を覚えたものの、反面、もうあの辛い決断をしなくて済むということがなんと気楽で、嬉しかったことか。