a.hatena.ne.jp/anon


Utilities

すべて | - | Publishers | - | - | - | - | - | - | - | -

1 2 3 4 次の50件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2022/10/03 09:00:39 中央公論新社 - home含むアンテナおとなりページ

    桃花源奇譚4
    イオカステの揺籃
    キリスト教美術史
    アイルランド現代史
    幸福とは何ぞや
    絵画で読む『失われた時を求めて』
    司馬遷
    剣神 炎を斬る
    縛られる日本人
    アリバイ奪取
    老いを楽しく手なずけよう
    ダウン・ツ・ヘヴン
    あ゛

  2. 2022/10/03 08:45:37 ポプラ社 - これから出る本含むアンテナおとなりページ

    Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (19)

  3. 2022/10/03 08:37:06 イザラ書房 - 新刊・増刷含むアンテナおとなりページ

    296849
    オリジナルイラスト・小説・漫画・夢…
    徳島新聞「情報とくしま」♪
    (2022-09-23 08:27:49)
    NARUTOが好きな人、投稿はここだって…
    アニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT…
    (2022-10-01 00:00:21)
    アニメ!!
    【ASUS (エイスース)】[Windows X…
    (2022-09-10 05:57:42)

  4. 2022/10/03 06:20:36 中央公論新社 - これから出る本含むアンテナおとなりページ

    人魚の嘆き・魔術師
    キリスト教美術史
    アリバイ奪取
    ここに住みたい
    幸福とは何ぞや
    アイルランド現代史
    嵐の中の北欧
    老いを楽しく手なずけよう
    台湾侵攻6
    剣神 炎を斬る
    歩きながら考える
    陰の戦争

  5. 2022/10/03 01:41:36 新潮社 - 新潮文庫(刊行日順)含むアンテナおとなりページ

    1 〜 20/全11,112件
    すべて(11112)
    すべて(11112)
    電子書籍(6541)

  6. 2022/10/02 17:14:11 三恵社含むアンテナおとなりページ

    シリーズふるさと春日井学 福澤諭吉と林金兵衛
    《近代化構想と地方の苦悩》
    著 「ふるさと春日井学」研究フォーラム 河地 清 西澤 直子
    メディア掲載情報【告知】ラジオ朗読のお知らせ(CBCラジオ)2022年09月28日

  7. 2022/10/02 16:34:51 和泉書院含むアンテナおとなりページ

    2022.10.01 NEWS
    『実例詳解 古典文法総覧』補遺稿+源氏解読、第115回をUPいたしました。

  8. 2022/10/02 14:09:16 晶文社 - トピックス含むアンテナおとなりページ

    2022.9.27 『日本語からの哲学』を刊行
    日本語からの哲学

  9. 2022/10/02 13:42:36 新潮社 - 新潮文庫 近刊情報含むアンテナおとなりページ

    すべて(11112)
    すべて(11112)
    電子書籍(6541)

  10. 2022/10/02 13:23:56 白泉社 - 新刊情報含むアンテナおとなりページ

    2022.10.01
    花丸漫画 Vol.63 22年10月1日配信スタート!
    雑誌

  11. 2022/10/02 10:30:40 岩波書店 - 補充注文書 index含むアンテナおとなりページ

    単行本10月5日
    力と交換様式
    柄谷 行人 著 | 定価3,850円
    岩波ジュニアスタートブックス10月7日
    はじめての動物地理学 <岩波ジュニアスタートブックス>
    増田 隆一 著 | 定価1,595円
    岩波ブックレット10月7日
    佐渡鉱山と朝鮮人労働
    竹内 康人 著 | 定価682円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    日本霊異記 <新日本古典文学大系>
    大曾根 章介 編集久保田 淳 編集佐竹 昭広 編集中野 三敏 編集出雲路 修 校注 | 定価5,830円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    近世歌文集 (下) <新日本古典文学大系>
    大曾根 章介 編集久保田 淳 編集佐竹 昭広 編集中野 三敏 編集鈴木 淳 校注中村 博保 校注 | 定価10,780円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    デカルト『省察』訳解
    所 雄章 著 | 定価14,300円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    主権論史
    嘉戸 一将 著 | 定価9,900円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    日本古代政治史の研究
    北山 茂夫 著 | 定価12,100円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    蒙古襲来 <網野善彦著作集>
    稲葉 伸道 編集委員桜井 英治 編集委員盛本 昌広 編集委員山本 幸司 編集委員 | 定価8,470円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    日本労使関係史 1853-2010
    アンドルー・ゴードン 著二村 一夫 訳 | 定価14,300円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    戦間期の日ソ関係 1917-1937
    富田 武 著 | 定価11,000円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    スターリン政治体制の成立 第2部
    溪内 謙 著 | 定価12,100円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    オーリッチ空間とその応用
    北 廣男 著 | 定価8,140円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    放物型発展方程式とその応用 (下)
    八木 厚志 著 | 定価9,350円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    物理と数理4 散逸粒子系の力学 <岩波講座 物理の世界>
    早川 尚男 著 | 定価2,090円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    物理と数理5 自己複製と自己崩壊のパターンダイナミクス <岩波講座 物理の世界>
    西浦 廉政 著 | 定価1,650円
    単行本10月13日
    台湾の少年 3 <台湾の少年>
    游 珮芸 作周 見信 作倉本 知明 訳 | 定価2,640円
    単行本10月13日
    風土記博物誌
    三浦 佑之 著 | 定価2,970円
    辞典10月13日
    中国語学辞典
    日本中国語学会 編 | 定価17,600円
    岩波文庫10月14日
    室生犀星俳句集
    岸本 尚毅 編 | 定価704円
    岩波文庫10月14日
    エリア随筆抄
    チャールズ・ラム 著南條 竹則 編訳 | 定価1,012円
    岩波文庫10月14日
    ギリシア芸術模倣論
    ヴィンケルマン 著田邊 玲子 訳 | 定価1,320円
    岩波文庫10月14日
    シェフチェンコ詩集
    藤井 悦子 編訳 | 定価858円
    岩波現代文庫10月14日
    万民の法
    ジョン・ロールズ 著中山 竜一 訳 | 定価1,782円
    岩波現代文庫10月14日
    原子・原子核・原子力
    山本 義隆 著 | 定価1,628円
    岩波文庫10月14日
    源氏物語 全9冊美装ケースセット <源氏物語>
    柳井 滋 校注室伏 信助 校注大朝 雄二 校注鈴木 日出男 校注藤井 貞和 校注今西 祐一郎 校注今井 久代 編集協力陣野 英則 編集協力松岡 智之 編集協力田村 隆 編集協力 | 定価13,530円
    岩波新書10月20日
    スピノザ
    國分 功一郎 著 | 定価1,408円
    岩波新書10月20日
    ジョン・デューイ
    上野 正道 著 | 定価990円
    岩波ジュニア新書10月20日
    学び合い、発信する技術
    林 直亨 著 | 定価902円
    単行本10月27日
    裸で泳ぐ
    伊藤 詩織 著 | 定価1,760円
    単行本10月27日
    日本近・現代史研究入門
    松沢 裕作 編高嶋 修一 編 | 定価3,960円
    単行本10月27日
    大奥御用商人とその一族
    畑 尚子 著 | 定価2,420円
    単行本10月28日
    アフリカ諸地域 ~20世紀 <岩波講座 世界歴史>
    荒川 正晴 編集委員大黒 俊二 編集委員小川 幸司 編集委員木畑 洋一 編集委員冨谷 至 編集委員中野 聡 編集委員永原 陽子 編集委員林 佳世子 編集委員弘末 雅士 編集委員安村 直己 編集委員吉澤 誠一郎 編集委員 | 定価3,520円
    単行本10月28日
    憲法裁判の法理
    渡辺 康行 著 | 定価8,470円
    児童書10月28日
    だれもしらない小さな家
    エリナー・クライマー 作小宮 由 訳佐竹 美保 絵 | 定価1,430円

  12. 2022/10/02 07:53:34 新潮社 - 単行本 近刊情報含むアンテナおとなりページ

    1 〜 20/全53件
    最初 … 前の20件 1 2 3 次の20件 … 最後
    すべて(11112)
    文学・評論(5917)
    詩歌(72)
    ノンフィクション(1203)
    政治・社会(471)
    アート・建築・デザイン(298)
    人文・思想・宗教(473)
    倫理学・道徳(82)
    趣味・実用(126)
    教育・自己啓発(65)
    すべて(11112)
    電子書籍(6541)
    新潮社図書編集室(59)
    映画・テレビ・舞台化(698)
    立ち読み(4627)

  13. 2022/10/02 07:46:00 岩波書店 - 更新情報含むアンテナおとなりページ

    単行本10月5日
    力と交換様式
    柄谷 行人 著 | 定価3,850円
    岩波ジュニアスタートブックス10月7日
    はじめての動物地理学 <岩波ジュニアスタートブックス>
    増田 隆一 著 | 定価1,595円
    岩波ブックレット10月7日
    佐渡鉱山と朝鮮人労働
    竹内 康人 著 | 定価682円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    日本霊異記 <新日本古典文学大系>
    大曾根 章介 編集久保田 淳 編集佐竹 昭広 編集中野 三敏 編集出雲路 修 校注 | 定価5,830円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    近世歌文集 (下) <新日本古典文学大系>
    大曾根 章介 編集久保田 淳 編集佐竹 昭広 編集中野 三敏 編集鈴木 淳 校注中村 博保 校注 | 定価10,780円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    デカルト『省察』訳解
    所 雄章 著 | 定価14,300円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    主権論史
    嘉戸 一将 著 | 定価9,900円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    日本古代政治史の研究
    北山 茂夫 著 | 定価12,100円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    蒙古襲来 <網野善彦著作集>
    稲葉 伸道 編集委員桜井 英治 編集委員盛本 昌広 編集委員山本 幸司 編集委員 | 定価8,470円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    日本労使関係史 1853-2010
    アンドルー・ゴードン 著二村 一夫 訳 | 定価14,300円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    戦間期の日ソ関係 1917-1937
    富田 武 著 | 定価11,000円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    スターリン政治体制の成立 第2部
    溪内 謙 著 | 定価12,100円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    オーリッチ空間とその応用
    北 廣男 著 | 定価8,140円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    放物型発展方程式とその応用 (下)
    八木 厚志 著 | 定価9,350円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    物理と数理4 散逸粒子系の力学 <岩波講座 物理の世界>
    早川 尚男 著 | 定価2,090円
    岩波オンデマンドブックス10月7日
    物理と数理5 自己複製と自己崩壊のパターンダイナミクス <岩波講座 物理の世界>
    西浦 廉政 著 | 定価1,650円
    単行本10月13日
    台湾の少年 3 <台湾の少年>
    游 珮芸 作周 見信 作倉本 知明 訳 | 定価2,640円
    単行本10月13日
    風土記博物誌
    三浦 佑之 著 | 定価2,970円
    辞典10月13日
    中国語学辞典
    日本中国語学会 編 | 定価17,600円
    岩波文庫10月14日
    室生犀星俳句集
    岸本 尚毅 編 | 定価704円
    岩波文庫10月14日
    エリア随筆抄
    チャールズ・ラム 著南條 竹則 編訳 | 定価1,012円
    岩波文庫10月14日
    ギリシア芸術模倣論
    ヴィンケルマン 著田邊 玲子 訳 | 定価1,320円
    岩波文庫10月14日
    シェフチェンコ詩集
    藤井 悦子 編訳 | 定価858円
    岩波現代文庫10月14日
    万民の法
    ジョン・ロールズ 著中山 竜一 訳 | 定価1,782円
    岩波現代文庫10月14日
    原子・原子核・原子力
    山本 義隆 著 | 定価1,628円
    岩波文庫10月14日
    源氏物語 全9冊美装ケースセット <源氏物語>
    柳井 滋 校注室伏 信助 校注大朝 雄二 校注鈴木 日出男 校注藤井 貞和 校注今西 祐一郎 校注今井 久代 編集協力陣野 英則 編集協力松岡 智之 編集協力田村 隆 編集協力 | 定価13,530円
    岩波新書10月20日
    スピノザ
    國分 功一郎 著 | 定価1,408円
    岩波新書10月20日
    ジョン・デューイ
    上野 正道 著 | 定価990円
    岩波ジュニア新書10月20日
    学び合い、発信する技術
    林 直亨 著 | 定価902円
    単行本10月27日
    裸で泳ぐ
    伊藤 詩織 著 | 定価1,760円
    単行本10月27日
    日本近・現代史研究入門
    松沢 裕作 編高嶋 修一 編 | 定価3,960円
    単行本10月27日
    大奥御用商人とその一族
    畑 尚子 著 | 定価2,420円
    単行本10月28日
    アフリカ諸地域 ~20世紀 <岩波講座 世界歴史>
    荒川 正晴 編集委員大黒 俊二 編集委員小川 幸司 編集委員木畑 洋一 編集委員冨谷 至 編集委員中野 聡 編集委員永原 陽子 編集委員林 佳世子 編集委員弘末 雅士 編集委員安村 直己 編集委員吉澤 誠一郎 編集委員 | 定価3,520円
    単行本10月28日
    憲法裁判の法理
    渡辺 康行 著 | 定価8,470円
    児童書10月28日
    だれもしらない小さな家
    エリナー・クライマー 作小宮 由 訳佐竹 美保 絵 | 定価1,430円

  14. 2022/10/02 07:37:49 女子パウロ会 - 書籍含むアンテナおとなりページ

    2022年11月
    日 月 火 水 木 金 土
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30

  15. 2022/10/02 05:05:18 いのちのことば社 - キリスト教書籍情報含むアンテナおとなりページ

    J-ばいぶる
    2022年9月30日 / 最終更新日時 : 2022年9月30日 wlpm
    【いのちのことば社 職員募集のお知らせ】
    あなたの賜物を生かして主のために働きませんか。 いのちのことば社は、メディア伝道を中心とした超教派の宣教団体です。 聖書をはじめ、キリスト教文書、各種メディアを通じて宣教活動を行っています。 このような働きに、主からの召 […]
    J-ばいぶる
    J-ばいぶる

  16. 2022/10/02 04:38:01 風媒社含むアンテナおとなりページ

    東海の名水・わき水ゆるやか紀行
    編著者: なごやメディア研究会
    本体価格: \1,200(税別)
    発行年月: 2022年10月刊
    身近な自然の豊かな恵み。清澄な水の湧き出るスポット、愛知・岐阜・三重の名水40選!
    名古屋発 日帰りさんぽ
    編著者: 溝口常俊
    本体価格: \1,600(税別)
    発行年月: 2022年10月刊
    神話や戦国の歴史舞台から、知られざる絶景まで――。懐かしい風景に出会うまち歩きや、公園を起点にするディープな歴史散策、鉄道途中下車の旅など、歴史と地理に詳しい執筆者たちがおすすめする日帰り旅ガイド。

  17. 2022/10/02 02:33:09 河出書房新社 - home含むアンテナおとなりページ

    2022.09.27
    いぬ ショーン・タン 著 岸本 佐知子 訳
    愛犬を亡くして落ち込んでいる私に友達が贈ってくれました。先に旅立った愛犬と飼い主が次の世でなかなか出会えない場面が続き、胸が締め付けられそうでした。 また一緒に新しい世界で元気に前に進んでいく二人を見……
    2022.09.18
    橋の上で 湯本 香樹実 文 酒井 駒子 絵
    酒井さんの本は大好きですので 何も考えず予備知識もいれずに購入しました。
    読み終えて、心が良い感じでジンジンしました。
    今まで、踏ん張り生きてきました。
    色々経験して、『死なない選択』をしな……
    2022.08.26
    高橋英夫著作集 テオリア8 読書随想 高橋 英夫 著
    高橋英夫さんの著作集が無事に完結したことを、たいへん嬉しく思っております。全巻にbookjacketをかけ、大切にしております。
     毎日、あちらこちら、少しずつ読み進めながら、至福の時間を過ごして……
    2022.08.25
    みんなケンジを好きになる 土肥 美帆 著
    今巷で話題のケンジの写真集を楽しみに待ってました!初めて見た時から泣けてくるくらいに癒されて、頑張っていこう!という気持ちになれました。
    ケンジの周りの猫ちゃんや飼い主さんの関係もよく分かりこれから……
    2022.08.24
    本文はもちろん、直山先生やスガリさんやほかの登場人物たちも個性があってとても面白かったです!
    10/6 『ポータブル・フォークナー』刊行記念トークイベント「フォークナー、フォークナー! 訳者四人、無謀・無類・無敵の作家を語る」

  18. 2022/10/02 02:17:04 郁朋社 - 新刊情報含むアンテナおとなりページ

    疾き風の伝説
    橘 早舟(たちばな そうしゅう)著
    体裁 46判/並製本/本文172頁
    定価:本体1,000円+税
    ISBN 978-4-87302-775-3 C0093
    アイヌの勇者、戦国の世に現れる!
    馬上弓を武器に武田の騎馬特殊部隊を率いた一人のアイヌの青年。民族の真の栄光を模索する若者の心の旅を描き出した快心の物語。
    好評発売中

  19. 2022/10/02 00:32:43 新潮社 - home含むアンテナおとなりページ

    オンラインサービス
    新潮社 本の学校
    10月1日に開校!
    2022/10/01
    お知らせ
    毎週抽選で
    【図書カードをプレゼント】
    週刊新潮 読者アンケート
    2022/09/28
    プレゼント・キャンペーン

  20. 2022/10/01 21:07:38 太田出版含むアンテナおとなりページ

    電子書籍の近刊
    手口ニュートラル 混沌を生き抜く思考法
    上野真理子

  21. 2022/10/01 20:15:54 角川書店 - 角川文庫 来月刊行含むアンテナおとなりページ

    1と0と加藤シゲアキ
    君の心に火がついて
    結界師の一輪華2
    あやし神解き縁起
    機動戦士ガンダム ピューリッツァー
    週刊ファミ通
    踏んだり、蹴ったり、愛したり3
    1と0と加藤シゲアキ
    君の心に火がついて
    結界師の一輪華2
    あやし神解き縁起
    機動戦士ガンダム ピューリッツァー
    週刊ファミ通
    踏んだり、蹴ったり、愛したり3

  22. 2022/10/01 20:04:13 ゆまに書房含むアンテナおとなりページ

    『大林組 工事画報 戦前篇』刊行にあたり     橋爪紳也(建築史家・大阪公立大学特別教授)
    本企画は、大林組が編纂・発行した年鑑形式の刊行物や、竣工写真帖、記念帖、図集などを復刻し、明治・大...
    戦後中国引揚者聴取資料 全23巻【new!】
    —外交史料館所蔵「中共事情」—
    揃定価460,900円 (揃本体419,000円)
    [監修・解説]大澤 武司(福岡大学人文学部教授)
    カタログダウンロード
    戦後、中国からの引揚者に対して行われた、 膨大な聴き取り調査の記録。 留用・革命の実態を克明に証言し、 日中間の知られざる歴史に光を当てる重要資料。
    ※2022年7月29日 第1回配本 全5巻 刊行。
    ※2022年10月下旬 第19回配本 全4巻(第80巻~第84巻)刊行予定。
    完結となります。
    ※第5回配本以降、オンデマンド版のみとなります。
    ※2022年10月 第5回配本・全4巻(第25巻〜第28巻)刊行予定
    社史で見る日本経済史 第7期 第1回 全4巻【new!】
    揃定価53,350円 (揃本体48,500円)
    カタログダウンロード
    好評シリーズ第7弾。経営学、経営史研究に最適な社史を厳選。財務データの集積ではこぼれ落ちてしまう、企業の歴史の襞までたどれるような社史を収録。
    ※2021年7月30日 刊行。
    漢字文化研究叢書 1
    中国の文字世界
    定価9,350円 (本体8,500円)
    [編著]国家図書館中国記憶プロジェクトセンター [訳者]水野衛子
    カタログダウンロード
    現代中国における最新の漢字研究書を集成。
    発行 樹立社
    発売 ゆまに書房
    ※2021年7月28日刊行。
    南洋庁公報 全25巻・別巻2
    定価453,200円 (本体412,000円)
    [監修]今泉裕美子 [編集]辻原万規彦
    カタログダウンロード
    日本の南洋統治の基幹史料、「南洋庁公報」を初公刊。
    ※「別巻2」は 2022年10月下旬刊行予定です。
    コレクション・台湾のモダニズム 第Ⅰ期 全20巻【new!】
    揃定価396,000円 (揃本体360,000円)
    [監修]和田博文 [監修]河野龍也 [監修]呉佩珍 他
    日台共同研究によって、日台関係史を総合的に明らかにする、第一級資料集!!
    ※2020年7月29日に第1回配本・全4巻を刊行しました。
    ※2022年10月 第2回配本 刊行予定です。
    全5回配本 約年1刊行予定となります。

  23. 2022/10/01 15:30:08 淡交社 - 新刊速報含むアンテナおとなりページ

    今日
    2022年 11月
    日 月 火 水 木 金 土
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30
    [2022/09/29] ◆メディア情報 『ひとかけらの木片が教えてくれること 木材×科学×歴史』
    【予約受付中 10月5日発売】時代劇が前衛だった 牧野省三、衣笠貞之助、 伊藤大輔、伊丹万作、 山中貞雄

  24. 2022/10/01 11:42:25 カトリック中央協議会 - 出版案内含むアンテナおとなりページ

    「食料ロスと廃棄に関する啓発の国際デー」に教皇のメッセージ
    [Vatican News - 日本語] 2022/09/30 03:08
    教皇、今年11月バーレーン訪問、「対話のためのフォーラム」へ
    [Vatican News - 日本語] 2022/09/30 00:51

  25. 2022/10/01 10:22:02 ぺりかん社 - 新刊・重版含むアンテナおとなりページ

    源氏物語に語られた風景
    風景和文への招待
    著者 松井健児
    源氏物語を舞台として花開いた古代後期の豊かな想像力と知覚世界の現れである和文による風景と自然の織り成す相互関係と、そのもとにある人の心の動きを描き出す。
    ●目・・・
    ・[紹介記事掲載のお知らせ] (2022年09月30日) >>

  26. 2022/10/01 10:03:00 河出書房新社 - 月刊バックナンバー 2008年6月含むアンテナおとなりページ

    2022年9月バックナンバー
    1月| 2月| 3月| 4月| 5月| 6月| 7月| 8月| 9月|

  27. 2022/10/01 09:45:08 創元社含むアンテナおとなりページ

    織田作之助 新聞小説セレクション
    発売日:2022/10/11
    夫婦善哉
    定価:2,200円
    発売日:2022/10/11
    定価:1,980円
    10/6重版出来
    石が書く
    定価:4,620円
    刊行日:2022/08/24
    風景のレシピ | nakaban
    最新セミナー情報
    2022年12月10日開催
    ※別サイトに移動します

  28. 2022/10/01 06:28:01 河出書房新社 - 月刊バックナンバー 2008年9月含むアンテナおとなりページ

    2022年9月バックナンバー
    △2週間~
    1月| 2月| 3月| 4月| 5月| 6月| 7月| 8月| 9月|

  29. 2022/10/01 04:35:33 角川書店・角川グループ - 刊行情報(来月刊行)含むアンテナおとなりページ

    1と0と加藤シゲアキ
    君の心に火がついて
    結界師の一輪華2
    あやし神解き縁起
    機動戦士ガンダム ピューリッツァー
    週刊ファミ通
    踏んだり、蹴ったり、愛したり3
    1と0と加藤シゲアキ
    君の心に火がついて
    結界師の一輪華2
    あやし神解き縁起
    機動戦士ガンダム ピューリッツァー
    週刊ファミ通
    踏んだり、蹴ったり、愛したり3

  30. 2022/10/01 04:21:30 鳥影社 - 新刊情報含むアンテナおとなりページ

    痛みと不安をとりのぞくインプラント治療をめざして
    高田 徹
    インプラント治療一筋に20年!
    年間850本以上の治療実績を誇る高田歯科クリニック/TSI DENTAL CLINIC院長・高田徹が、最新のインプラント治療を解説。
    この本の詳細、目次
    価格
    著者略歴
    660円(税込)
    高田 徹(たかだ とおる)
    1974年 福岡県北九州市生まれ。熊本マリスト学園高等学校を経て、
    岩手医科大学歯学部卒業卒業後、同大学麻酔科、インプラントクリニックで研鑽。
    現在、東京都杉並区荻窪の医療法人社団タカダ会理事長。
    インプラントの治療と啓蒙活動に従事している
    発刊日
    2022年9月28日
    ISBN
    978-4-86265-985-9
    5

  31. 2022/10/01 02:52:17 竹書房 - 来月発売含むアンテナおとなりページ

    映画『麻雀最強戦 the movie』11/18よりシネマート新宿 他で公開!
    魂の一打。運命の一牌。たった一人の最強位をめぐる、執念と因縁。敗者たちが「最強戦」を語る、心震わすドキュメンタリー。
    【9/11読売新聞朝刊・書評掲載!】「ウィリアム・ギブスン エイリアン3」絶賛発売中!!
    宮部みゆきさんもオススメ! 遂に明らかになるサイバーパンクの巨匠ウィリアム・ギブスンが書いた「エイリアン2」の“真”の続編!
    Top Yell NEO 2022 AUTUMN
    09月30日発売
    暁の鳥は濡れた月に跪く
    09月30日発売
    2022/09/30
    【訃報】三遊亭円楽氏 逝去のお知らせ
    2022年09月30日
    【訃報】三遊亭円楽氏 逝去のお知らせ

  32. 2022/10/01 02:37:18 マール社含むアンテナおとなりページ

    2022/11/14発売予定
    作家たちの手紙
    マイケル・バード&オーランド・バード 著沼野充義 定価 3,300円
    (本体 3,000円+税)

  33. 2022/10/01 01:55:33 京都大学学術出版会 - トップページ含むアンテナおとなりページ

    2022/09/30
    中村友香著『病いの会話:ネパールで糖尿病を共に生きる』が,第17回樫山純三賞を受賞しました。中村先生おめでとうございます。
    企業類型と産業育成
    林 采成・武田 晴人 編

  34. 2022/10/01 00:42:57 ぴあ含むアンテナおとなりページ

    採用情報
    2022年09月30日
    採用情報(契約社員)を更新しました
    プレスリリース
    2022年09月29日
    EUROJAPAN CUP 2022遂に 開催決定! 18年の時を得てイタリア名門クラブASローマ参戦。ジョゼ
    プレスリリース
    2022年09月29日
    EUROJAPAN CUP 2022遂に 開催決定! 18年の時を得てイタリア名門クラブASローマ参戦。ジョゼ

  35. 2022/09/30 21:40:21 論創社 - 新刊・既刊情報含むアンテナおとなりページ

    平和を愛したスパイ 2022年10月8日
    不死鳥と鏡 2022年10月8日
    フェンシング・マエストロ 2022年11月刊行予定
    2022.09.27
    【書評】私たちが図書館について知っている二、三の事柄
    2022.09.27
    【書評】私たちが図書館について知っている二、三の事柄

  36. 2022/09/30 21:24:43 幻冬舎 - 単行本・新刊近刊情報含むアンテナおとなりページ

    2022.09.28 [出版情報]
    10月の単行本新刊。

  37. 2022/09/30 20:49:14 幻冬舎 - 文庫・新刊近刊情報含むアンテナおとなりページ

    彼女たちの犯罪 / 横関大 著
    発売日: 2022.10.06
    はじまりの島 / 柳広司 著
    発売日: 2022.10.06
    ドS刑事 二度あることは三度ある殺人事件 / 七尾与史 著
    発売日: 2022.10.06
    毒島刑事最後の事件 / 中山七里 著
    発売日: 2022.10.06
    オーシティ 負け犬探偵 羽田誠の憂鬱 / 木下半太 著
    発売日: 2022.10.06
    猿神 / 太田忠司 著
    発売日: 2022.10.06
    アクション 捜査一課 刈谷杏奈の事件簿 / 榎本憲男 著
    発売日: 2022.10.06
    容疑者は何も知らない / 天野節子 著
    発売日: 2022.10.06
    ・10月
    2022.09.28 [出版情報]
    10月の単行本新刊。

  38. 2022/09/30 19:16:23 情報センター出版局含むアンテナおとなりページ

    所在地 2022年10月1日にオフィスを移転しました↓
    〒151-0053
    東京都渋谷区代々木1丁目30-15 天翔代々木ビルS607号
    TEL : 03-6324-1234(代表) FAX : 03-5302-5588

  39. 2022/09/30 17:17:05 光文社 - main含むアンテナおとなりページ

    2022年11月号
    9月30日発売
    「月曜は凛と!木曜で盛り返す!」1weekコーデ
    2022年11月号
    9月30日発売
    Super feminine 美しい花には棘がある
    bis 2022年11月号増刊
    9月30日発売
    BORDERLESS 境界のない世界を探して

  40. 2022/09/30 15:20:18 青土社 - 近刊案内含むアンテナおとなりページ

    『交わらないリズム』(村上靖彦著)
    「ただ「居る」、ができる場所の大切さ」(明日へのLesson 特別編 著者がとく 村上靖彦さん)・・朝日新聞 2022年9月29日 [2022年9月29日]

  41. 2022/09/30 09:09:56 晶文社含むアンテナおとなりページ

    人は死ねない
    ママにはならないことにしました
    フェミニスト・シティ
    増補版 自衛隊と憲法
    撤退論
    *週間ランキング(学校案内書・資格書を除く)9/19~9/25集計分

  42. 2022/09/30 06:52:03 美術出版社 - ニュースリリース含むアンテナおとなりページ

    BSSカタログ「図工・美術」2022 正誤・改定表 vol. 7
    2022年 10月の営業日案内

  43. 2022/09/30 04:51:58 春秋社含むアンテナおとなりページ

    これから出る本
    チベット史
    独在性の矛は超越論的構成の盾を貫きうるか
    公共宗教論から謎めいた他者論へ
    近刊

  44. 2022/09/30 02:44:21 三修社 - 新刊案内含むアンテナおとなりページ

    音声DL対応
    文法からアプローチ
    フランス語聴き取り練習帳
    中級へのステップアップ
    アレクサンドル・グラ 著 / フランク・デルバール 著 / 平松尚子 著
    ISBN:978-4-384-06025-6 C1085
    初版発行日:2022/09/30
    定価: 2,640円
    (本体:2,400円+税)
    文法項目を体系的に確認しながら、リスニング問題に取り組む参考書。実際のコミュニケーションで使用する語彙や表現を学び、多様な話者の声の音声で聴解力を鍛える。
    フランス語初級以上向け。DELF(A2~B1…
    書籍版
    詳細を見る
    電子版

  45. 2022/09/30 02:31:31 宮帯出版社 [京都修学社] - 近刊案内含むアンテナおとなりページ

    書籍(930)
    茶道(108)
    美術・工芸(137)
    手帳(3)
    京都(6)

  46. 2022/09/30 00:15:33 群像社 - 新刊案内含むアンテナおとなりページ

    群像社
    出版のご案内
    8/17 新刊案内を更新しました。
    6/17 読者の声を更新しました。
    1/28 新刊案内を更新しました。
    1/17 ロシア文化通信「群」を更新しました。
    12/26 読者の声と図書目録を更新しました。
    10/24 新刊案内を更新しました。
    10/5 読者の声を更新しました。
    8/16 ロシア文化通信「群」と図書目録を更新しました。
    7/20 新刊案内を更新しました。
    最短即日、最長翌日*発送!【群像社ネットショップ】 *ご振込確認後、土日・祝日は除きます。
    ||||| 新刊案内 ||||| 群像社ネットショップ ||||| 最近の書評・紹介 (過去の書評紹介)||||| シリーズ情報 |||||
    ||||| 読者の声 ||||| 日日雑報 ||||| はじめての方へ (群像社の沿革) ||||| 編集者 虫の息日記 |||||
    【書評&紹介トピック】
    『国境を超えたウクライナ人』』
    中日新聞・東京新聞 (2022年7月2日)
    公開選書 あなたに贈る本 違う社会に生きる人への想像力を育む1冊(辻山良雄書店「TITLE」店主)
    朝日新聞 (2022年4月9日)
    不自由を自由に 魅力的な人物群像(大塚元 法政大学教授・政治思想史)
    日本経済新聞 (2022年3月4日)
    ウクライナ 相克の近現代史(池田嘉郎東京大学准教授・談) 歴史たどる4冊
    『ウクライナから愛をこめて』
    東京新聞 (2022年3月5日) 筆洗
    『シェフチェンコ詩集 コブザール』
    朝日新聞 (2022年2月12日) 天声人語
    『猫のユーユー』
    婦人公論 (2021年2月24日号) 豊崎由美
    動物が好きでたまらないケモノバカの皆さん、童話や寓話の語り口を好む皆さんにオススメ
    週刊文春 (2021年2月4日号)
    人々や動植物を温かな眼差しで捉えた十三編
    『私の音楽留学』
    月刊ショパン 2月号 音本(おとぼん)
    新たなチャレンジをしたい全ての人に元気と勇気を与える一冊
    日本とユーラシア (2020年10月15日)
    空気感そのまま 生き生きと
    八王子経済新聞 (2020年10月1日)
    八王子在住ピアニストの留学体験を書籍化 露・モスクワ音楽院での6年半まとめる作品
    タウンニュース八王子 (2020年9月3日号)
    人物風土記 露留学の経験 本に
    『悲劇的な動物園』
    茨城新聞 (2020年8月30日)/信濃毎日新聞 (2020年9月12日) /京都新聞 (2020年9月20日)
    ブックマイスター/本のひととき ヤングアダルト 金原瑞人
    荒々しい力とロマンチックな愛に満ちた作品
    『ロスネフチ』
    週刊エコノミスト (2020年6月9日号)
    プーチン氏の側近セーチン氏が最高経営責任者のロスネフチの功罪、事業モデルを解説
    HONZ (2020年5月15日) 久保洋介
    ロシアならびにロシアの戦略的企業であるロスネフチがどのように国内外で振る舞おうとしているのか、
    日々のニュースでは読み解けない深層でロシアを理解できるようになる
    『ハルビン学院の人びと』
    毎日新聞 (2020年6月2日夕刊) ピックアップ
    戦後を生き抜いた卒業生のインタビューを交え、学院のユニークな教育内容と現代に残した遺産を描く
    『左利き』
    『髪結いの芸術家』
    週刊読書人 (2020年8月21日) 中村唯史(京都大学教授・ロシア文学)
    本作品集の刊行が、なお知られざる巨人レスコフに新たな光が当たるきっかけになることを願ってやまない
    図書新聞 (2020年6月20日) 大西郁夫
    これまでの長編の翻訳では十分には見えなかったレスコフの創作の幅を示してくれる
    『左利き』
    毎日新聞 (2020年4月4日) 荒川洋治(現代詩作家)
    心の光景が浮かぶ柔らかな空間…近代ロシア文学の印象を更新する、重要な1冊
    『右ハンドル』
    ゲンロンβ46 ワシーリイ・アフチェンコ 特別インタビュー 聞き手 東浩紀+上田洋子
    極東の「右」ハンドルとポスト帝国の想像力
    『はじめに財布が消えた…』
    毎日新聞 (2020年1月5日)
    洗練された、魅力的な作品が並ぶ。ロシア文学の新しい空気が伝わる珠玉の1冊だ
    『コブザール』
    世界文学 No.130(2019年12月10日)書評 杉野ゆり
    初学者からシェフチェンコに知悉している研究者に至るまで広範な読者層に有益なお薦めの本
    中日新聞 (2019年3月22日夕刊) 松崎晃子
    抵抗の叫び、文学に昇華 翻訳詩集の刊行相次ぐ
    『食の宝庫キルギス』
    日本とユーラシア (2019年2月15日) 山田有佐子(「おいしい中央アジア協会」代表理事)
    日本語では表現しきれない豊かな食がキルギスにはあります。あなたもキルギスの新しい食の扉を開いてみませんか。
    『右ハンドル』
    月刊 自動車販売 (2019年6月号) 気になる1冊
    日本製の中古車に対する絶賛とユニークな視点の数々は、日本車の仕事に携わる人にとって、元気の出る1冊である。
    読売新聞 (2018年8月26日) 土方正志(出版社「荒蝦夷」代表)
    対岸の庶民のホンネと息づかいが聞こえて、極東ロシアに関心のある読者には必読の一冊だ。
    毎日新聞 (2018年8月5日)
    ウラジオストクに流入した日本産中古車について語りながら・・・現代ロシアの社会情勢を映しだす稀有なドキュメンタリー小説
    西日本新聞 (2018年7月14日) 河野聡子
    単なる記録ではない。極東の都市で新しい生を得た中古日本車への愛を吐露した文学作品でもある。
    週刊新潮 (2018年7月12日) 鴻巣友季子
    マニアックかつフェティッシュに綴りながら、この四半世紀の現代ロシアの社会情勢を映しだす…秀逸なドキュメンタリー小説である。
    新潟日報 (2018年7月1日) 望月迪洋
    ウラジオストクの現代小史、モスクワに捨てられた極東ロシアの鎮魂歌
    『夜明けか黄昏か』
    日本とユーラシア (2018年4月15日) 村野克明
    20世紀末の10年間と今世紀はじめの10年余に渡って時代の凄まじい風雨に晒されたロシア文学の花園の全貌
    『レクイエム』
    図書新聞 (2018年2月17日) 三輪智博
    危うさと裏腹のいのちをかけた親密さ…20世紀前半のロシア詩には、こうした秘密と親密の関係によって織りなされた来歴が影を落としている。
    本書はその代表的な作品群である。
    現代詩手帖 (2018年2月号) 目黒裕佳子
    20年ものあいだ作者と作者にちかい幾人かの記憶のなかだけに保管された…言葉は生きのびたのである。
    ロシアビヨンド (2018年1月8日) 中村唯史
    本書は、異なる二つの文化体系のはざまで編訳者によって行われた、それ自体すぐれて文学的な営為の賜物でもある
    『言葉に命を ダーリの辞典ができるまで』
    図書新聞 (2018年1月20日) 島田 顕
    言葉と向き合うがゆえに民衆とともに生きた人間の業績
    朝日新聞 (2017年10月22日) サンキュータツオ
    大衆でもわかるような言葉と構造で辞書を編んだという発想に、いまだに感動がおさまらない
    『はだしで大地を アレクサンドル・ヤーシン作品集』
    毎日新聞 (2017年1月8日)
    ソビエト体制下、苦しみながら文学の道を切り開いた、ヤーシンの来歴がにじむ。心に強く刻まれる1冊。
    『語り継ぐシベリア抑留』
    毎日新聞 (2016年12月5日) 栗原俊雄
    終了から60年を迎えたシベリア抑留を幅広く、多角的に振り返る/巻末の「シベリア抑留Q&A」で基礎的な知識を知ることができ、高校や大学の教材としても活用できそうだ。
    『シュニトケの無名時代』
    音楽の友 (2016年8月号) 小沼純一
    (インタビューに答える作曲家の応答に)作曲への態度と作品のありようを重ねられる。厚くはないが内容は濃密だ。
    『8号室』
    毎日新聞 2016 この三冊 (2016年月12月11日) 荒川洋治
    巻末の掌編「かもめ」の美しさには息をのむ。
    婦人公論 (2016年6月28日号) 豊崎由美
    貧しさやつらさを、砂をはくように除けてみたらそこにある、
    ささやかだけれどかけがえのない日々の幸福や生きる底力こそが際立つ」
    毎日新聞 (2016年月4月10日) 荒川洋治
    たった112ページでもハードカバー。すてきな絵もいっぱい。開くだけで楽しくなる、可愛い本だ。
    これからの書物の風景は、このような本のなかにあるように思う。
    週刊読書人 (2016年月6月17日) 沼野恭子
    共同アパートを舞台に画家が見聞きした悲喜こもごもの人間模様
    渡辺知明の表現よみ「声でよむ名作本」
    ↓ロシア関連サイト↓
    ユーラシア研究所
    ロシア語の原書を探すなら>> 日ソ
    日本ユーラシア協会大阪府連 日本ロシア語情報図書館
    ヨーロッパ・アジア言語文化研究所
    ロシア語講座受講生募集中!
    ロシア語通訳協会 ロシア語ネイティブによる翻訳・通訳
    いちのへ友里のページ「Хочу!ハチュー!」
    新 刊 案 内
    電子メールで群像社の新刊・近刊のご案内を送付しています。メールアドレスをご登録ください。
    ぼくはソ連生まれ
    ヴァシレ・エルヌ◇著 篁園誓子◇訳
    私たちはソ連の中で生きていた人たちのことをどれだけ知っていただろうか。ジーンズへのあこがれ、映画や小説の主人公への熱狂、酒の飲み方からトイレや台所にまつわる話、行列の意外な効用まで、モノや人の記憶を掘り起こすいくつものエッセイから〈彼ら〉の暮らしが見えてくる。
    本体1800円+税(群像社ライブラリー45)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    国境を超えたウクライナ人
    オリガ・ホメンコ◇著
    波乱の時代に負けることなく、美術、航空技術、医学、外交などの分野で活躍し大きな実績を残した9人のウクライナ人とウクライナ人に同化してソ連政府に殺された一人の男。東西から国境を侵されてきた歴史をもつウクライナ人の柔軟性や許容力が見えてくる人物伝。
    本体1500円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    堀田善衞とドストエフスキー 大審問官の現代性
    高橋誠一郎◇著
    ドストエフスキーと堀田善衞が共に直面した絶望的状況とその克服のための文学的格闘を比較文学の手法によって読み解き、パンデミックや戦争の危機に直面している現代において大審問官のように自分だけの正義を振りかざす態度を越えて進むべき道筋を考察する。
    本体2500円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    どこまでも真理を求めて ロシアの画家ニコライ・ゲー
    ポルドミンスキイ◇著 尾家順子◇訳
    19世紀後半の激変するロシア美術界の中心にいながらも独立した存在であり続けた画家ニコライ・ゲー。イタリア在住中に同時代の西欧美術界を体感し、後半生は田舎で農民と共に暮らしながら創作し続けた芸術家の歩みを定評ある伝記作家が描く。
    本体3000円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    カスピ海のパイプライン地政学 エネルギーをめぐるバトル
    杉浦敏廣◇著
    バクー油田はじめ沿岸や海上に多くの油田・天然ガス田があるカスピ海。周辺5か国ほかトルコ、中国、欧州などとエネルギーをめぐる思惑が絡み合うこの地域を長年にわたって開発の現場に立ってきた著者が解説し今後を展望。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 20)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    [増補新版]ニコライ堂小史
    長縄光男◇著
    江戸末期から始まる日本でのキリスト教各派の布教活動の中で正教会はどのような道を歩んだか。ニコライ堂の名と共に親しまれる一方で日露戦争や関東大震災などで苦難を強いられたロシア正教をめぐる日本近代史を通観した好著復刊。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 19)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    日本とソ連・ロシアの経済関係
    高橋浩◇著
    第二次大戦後の東西冷戦という枠組みの下で進められた対ソ貿易が緊張緩和の時代やペレストロイカのなかでどのように推移し、ソ連崩壊後に期待の高まった対ロ貿易の内情はどうだったのか。貿易を通じて見えてくる二国間の交流。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 18)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    猫のユーユー クプリーン短編選
    アレクサンドル・クプリーン◇著
    サブリナ・エレオノーラ/豊田菜穂子◇訳
    猫や犬の心の声が聞こえてくる話や貧富もさまざまな子どもたちを描いた物語など、動物好きで知られた作家の生きるものへの愛にあふれた短編を厳選。いまでもロシアで読み継がれる心温まる文学。
    本体1800円+税 (群像社ライブラリー44)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    私の音楽留学
    坂本里沙子◇著
    高校を卒業して半年後にモスクワ音楽院に入学、ロシア語の習得から始まった6年間の留学生活には日々の苦労や発見があふれている。ロシア流の音楽教育、国際色豊かな学生たち、音楽でつながった人々や肌で感じたロシアをつづった卒業までの記録。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 17)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    悲劇的な動物園 三十三の歪んだ肖像
    ジノヴィエワ=アンニバル◇著
    田辺佐保子◇訳
    野生の生物の摂理に驚き、同世代の女子の心を動揺させ、空想の世界で遊びながら成長していく少女を描いて20世紀初めのロシア文学を驚かせた自伝的小説とロシア初のレスビアニズム文学と称された短篇。
    本体2000円+税 (群像社ライブラリー43)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    ハルビン学院の人びと 百年目の回顧
    飯島一孝◇著
    日露戦争後に生まれた日本初のロシア専門家養成学校は満州国誕生とともに国家レベルの教育機関へと引き上げられていく。戦後はシベリアに抑留された多くの学院生の体験談を集め学院の歴史を振り返る。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 16)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ユーラシア文庫
    ロスネフチ プーチンの巨大石油会社
    篠原建仁◇著
    巨大産油国ロシアを代表し世界の原油価格を左右する存在となった企業の歴史と現在を概観し、脱化石エネルギーに向かう流れのなかで天然ガスも含めて経営を多角化しているエネルギー企業の今後を占う。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 15)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    左利き
    レスコフ◇著
    岩浅武久◇訳
    世の中をさかなでする遍歴を繰り返す「じゃこう牛」というあだ名の男、皇帝から与えられた課題を見事に成し遂げた「左利き」の職人…ロシアにはこんな人間が必ずいる。物語の名手レスコフの迫真の短編選。
    本体1000円+税 (ロシア名作ライブラリー14)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    髪結いの芸術家
    レスコフ◇著
    中村喜和・岩浅武久◇共訳
    神秘的な石に魅せられる人びと、軍紀を破って人助けをした哨兵の顛末、冷酷な地主に所有された女優と天才的美容師の命がけの駆け落ち…。物語作家レスコフの持ち味が存分に発揮された新訳作品集。
    本体1000円+税 (ロシア名作ライブラリー15)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    〈翻訳〉の文学誌
    溝渕園子◇著
    越境する言葉によって新たな領域を開き続けてきた文学。他者と向き合う〈翻訳〉をキーワードに日本とロシアの文学がどのように影響しあってきたのか。新たな文学誌を浮き彫りにする比較文学の論考。
    本体4300円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    国策企業ガスプロムの行方
    酒井明司◇著
    ロシアの天然ガスビジネスを一手に担ってきた企業の歴史と現状を整理し、脱石油に向かう国際環境の中でエネルギー企業の今後を考察。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 14)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ユーラシア文庫
    石油・ガス大国ロシア
    本村眞澄◇著
    石油と天然ガスの産出量、輸出量ともに世界トップクラスの資源大国ロシアの歴史と現状を整理し資源ビジネスの今後を考察する。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 13)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ポーランド史叢書
    十一月蜂起とポーランド王国
    山田朋子
    事実上ロシアの占領下にあった19世紀初めのポーランド王国でおきた十一月蜂起の概要を史料とともに振り返り、民族の独立とアイデンティティに関わる重大事件を日本に紹介する。
    本体1500円+税
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    はじめに財布が消えた… 現代ロシア短編集
    マーシャ・トラウブほか◇著
    ロシア文学翻訳グループ クーチカ◇訳
    平凡な日常が急に様相を変え現実と虚構の境目が揺らぎだす…若手からベテラン作家、ロック歌手や医者など他ジャンルの書き手も集結してロシア文学の伝統に新時代の大胆な試みを合わせた17の短編が魅力的なモザイクを織りなす。
    本体1800円+税 (群像社ライブラリー42)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    どん底
    ゴーリキー◇著
    安達紀子◇訳
    社会の底辺で生きている人間たちがふきだまる宿泊所。仕事のある者もない者も夜はみなこのどん底の宿に戻ってきて先の見えない眠りにつく。格差社会の一番下で生きている人間の絡み合いを描いた20世紀はじめの戯曲がいま新訳で心に響く。
    本体1000円+税 (ロシア名作ライブラリー13)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ブーニン作品集4 アルセーニエフの人生
    イワン・ブーニン◇著
    望月恒子◇訳・解説
    中部ロシアの古い貴族の家系に生まれ、田舎で育った幼年時代から詩人を志した青年時代までを亡命の地フランスから振り返る「私」。鋭い感受性と記憶力で自然の変化や人々の生死をつづり過ぎしロシアを心に刻む回想という芸術。
    本体2500円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    集中治療室の手紙
    イリヤー・チラーキ◇作
    高柳聡子◇訳
    移民の集まるベルリンの病院で生死の定かでない人たちを訪ねてまわるマリア。振り返る人生はどれも成功に満ちてはいないのに患者たちとマリアが織りなす会話から共感の糸が見えてくる。ロシアの劇作家の新しい言葉の空間。
    本体1800円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    シェニヤル村の子どもたち
    エヴァ・リーシナ◇作
    後藤正憲◇訳
    ロシアの中の小さな国の小さな村に空を見ながら夢中でお話をつくっているマリネという名の女の子がいました。母と兄と暮らすもうすぐ小学生の女の子が見たこと感じたことが幸せな思い出としてこの本のなかにつまっています。
    本体1650円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    ロシアの「LGBT」 性的少数者の過去と現在
    安野直◇著
    性的指向や性自認の問題はロシアではどのように扱われているのか。ソチ五輪の開会式ボイコットでも注目された同性愛者差別に至った歴史を振り返り現在の「LGBT」運動や活動家の声も伝えながら共に生きる社会を考える。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 12)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    マイヤ・プリセツカヤ 闘う舞姫とその時代
    高山智◇著
    20世紀を代表するプリマを悩ます国家権力の監視の目。海外での活動を制約され演目に注文をつけられながらもバレエにかけるエネルギーで自立の道を貫いた女性の人生を同時代のソ連を体感したジャーナリストが浮き彫りにする。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 11)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    食の宝庫キルギス
    先崎将弘◇著
    中央アジアの遊牧民の豊かな食文化を支える肉や畜乳の加工技術と代表的な料理を紹介。食の世界から見る多民族国家キルギスの魅力。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 10)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ポーランド年代記と国家伝承 『匿名のガル年代記』から『ヴィンセンティの年代記』へ
    荒木 勝
    ポーランドの国家の起源を最初に語った11世紀の年代記とその百年後に文学的に薫り高く国家の起源を物語った年代記を比較しながらポーランドの国家伝承の基本的な特徴を描く。
    本体1500円+税
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    シェフチェンコ詩集 コブザール
    タラス・シェフチェンコ◇著
    藤井悦子◇訳
    帝政ロシアで農奴の身から画家、詩人として認められ、その後政治犯として10年の流刑生活を強いられ47年の生涯を終えたシェフチェンコ。ウクライナの精神的支柱として今も人びとの心に生きる詩人の全詩作品の約半数101篇を収めてその全体像を描く。
    本体2200円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    右ハンドル
    ワシーリイ・アフチェンコ◇著
    河尾基◇訳
    左ハンドルの国ロシアで第2の人生を送る大量の日本の中古車は極東の人々の生活に溶け込み愛されながら、それが気に入らない中央政府の圧力で次第に生きる場を失っていく。右ハンドル全盛期のウラジオストクの運命を地元作家が語るドキュメンタリー小説。
    本体2000円+税 (群像社ライブラリー 40)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    ロシアの女性誌 時代を映す女たち
    高柳聡子◇著
    時代とともに教育の手段としてまた政治宣伝のメディアとして大きな役割を果たした女性誌。女性解放思想の普及や労働問題の告発といった社会派の記事からファッションなどの生活情報まで女性誌だからこそ見えてくる社会の変化。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 9)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    スロヴェニア 旧ユーゴの優等生
    小山洋司◇著
    ユーゴスラヴィアの社会主義体制崩壊後、紛争から一早く立ち直ったスロヴェニア。トランプ大統領夫人の祖国としても注目される小国がヨーロッパの火薬庫バルカン半島を横目に独自の経済発展をつづける秘訣を紹介。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 8)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    夜明けか黄昏か ポスト・ソビエトのロシア文学について
    ガリーナ・ドゥトキナ◇荒井雅子訳
    多くの日本文学を翻訳してきた文化研究家がソ連崩壊後の激変するロシア文学の現状をあらゆるジャンルにわたって読み解き、
    ロシアで育まれた日本文学への愛と交流も語る。未来に向かう想像力の糧となる現代文学史ドキュメント。
    本体2000円+税
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    リガ条約 交錯するポーランド国境
    安井教浩
    ソヴィエトとの戦争を終結させポーランドの東部国境を画定したリガ条約締結に至るまでの
    政治的ダイナミズムを描くとともに、
    条約によって翻弄される人々や民族の姿を追い、国境のもつ意味を問う。
    本体1500円+税
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    駐露全権公使 榎本武揚 ㊤ ㊦
    カリキンスキイ◇藤田 葵 訳
    樺太をめぐる領土交渉という特命を受けてロシアに向かう榎本武揚の前に現れた若いロシア人将校。
    冷徹な外交の世界で国境を越えた友情がもたらすものは何か。
    日露関係史に大きな足跡を残した榎本武揚に惚れ込んだロシア作家の異色のサスペンス。
    上下巻 各本体1600円+税
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    レクイエム
    アンナ・アフマートヴァ◇木下晴世訳
    監獄で面会を待って並ぶ女たちの中にいた詩人が苦難の中にある人々を思いながら綴った詩篇「レクイエム」と
    悪事が行われた場所に生えて笛になり悪をあばく「葦」を表題にした詩集。
    孤独と絶望の中のささやきが私たちに届く。
    本体1200円+税
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    言葉に命を ダーリの辞典ができるまで
    ポルドミンスキイ◇尾家順子訳
    全4巻20万語の辞書をひとりで完成させた言葉の収集家ウラジーミル・ダーリ。
    言葉そのものの深みと広がりを伝える独自の配列の辞書を生み出し、ロシア文学隆盛の礎となった気骨の作家ダーリの歩みを日本で初めて紹介。
    本体2000円+税
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    トゥオネラの花嫁
    ウネルマ・コンカ◇山口涼子訳
    花嫁はなぜ涙で送り出されるのか。
    家族と離れ夫とその親族のいる異界=トゥオネラ(死者の国)に向かう娘との
    別れの儀式に盛り込まれた数々の要素を観察し分析した北ロシアに伝わる婚姻の民俗学。
    本体2000円+税
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    メディアと文学 ゴーゴリが古典になるまで
    大野斉子◇著
    文学作品というソフトを流通させるメディアの研究なくしては古典作家の成立過程を知ることはできない。ゴーゴリがロシア社会で認知されていく過程をイラストや雑誌、様々な異本から明らかにする。
    本体5500円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    サハリン逍遥 片山通夫写真集
    サハリン在住コリアンの取材で15年間通った写真家が自然や人びとの暮らしをおりにふれて撮りためた素顔のサハリン。さりげないアプローチでとらえた被写体にユーモラスな文章をそえて。
    本体1800円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    ロシア文学うら話
    笠間啓治◇著
    プーシキンは決闘で死んでいない? ロシアでもっとも女好きな詩人は? トルストイとドストエフスキーが立小便をしながら交わした会話とは? 単なる噂か中傷か、ロシア文学史にひそむ135のエピソード。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 7)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ポーランド国歌と近代史 ドンブロフスキのマズレク
    梶さやか◇著
    再三の分割支配に苦しんでいたポーランドで国民国家のシンボルとして歌われる国歌はどのように成立していったのか。独立を目指す人びとの心の支えとなった愛国歌が国歌になるまでの道筋をたどる。
    本体1500円+税 (ポーランド史叢書 3)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    はだしで大地を アレクサンドル・ヤーシン作品集
    太田正一◇訳
    ロシア人が心のふるさとと感じる北ロシアに生まれて早くから詩人として認められ、戦後は国家主導の文学理論と相容れず大きなものの陰に隠れた小さな生きものたちの命を見つめた散文に精力を注いだ作家がいた。日本初の単行本紹介。
    本体1800円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ガガ版 南京虫 奇想喜劇
    ウラジーミル・マヤコフスキイ◇原作 ゲオルギイ・コヴェンチューク◇絵 片山ふえ◇訳
    50年前に氷づけになった人間が発見されて清潔な未来社会で復活した。しかし過去の悪習が染みついた男の毒に世間は混乱……。マヤコフスキイの挑発的戯曲の真髄が、ロシア・アヴァンギャルドの香あふれるガガの絵に凝縮。アヴァンギャルド・ファンには堪えられない一冊。
    本体2000円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知るシリーズ>
    ユーラシア文庫
    語り継ぐシベリア抑留 体験者から子と孫の世代へ
    富田武 岩田悟◇編著
    日本の敗戦とともにソ連に連行された約60万人の日本人らは過酷な労働を強いられその間に多くの人命も失われた。帰国完了まで11年を要したシベリア抑留の現実を後世に伝えるために3世代の声を集めて記憶の継承を試みる。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 6)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ポーランド史叢書2
    [新版]1791年5月3日憲法
    白木太一◇著
    世界で二例目の成文憲法としてヨーロッパの近代国民国家の先駆けとなったポーランド憲法。その成立にむけた政治家たちの情熱を解き明かし、分割によって国を失うことになったポーランド国民の独立と自負の記憶として後世に受け継がれたに憲法の意味に光をあてる。
    本体1500円+税 (ポーランド史叢書 2)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知る新シリーズ>
    ユーラシア文庫
    アゼルバイジャン 文明が交錯する「火の国」
    廣瀬陽子◇著
    東西冷戦の時代もイスラームとキリストの宗教圏が対立する現在も常にその最前線にあるアゼルバイジャン。石油と天然ガスによる経済発展と古い氏族政治と世襲政権で安定を実現しながら常に衝突の危機をはらんでいる国を概説。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 5)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    日露皇室外交 1916年の大公訪日
    バールィシェフ エドワルド◇著
    明治以降さかんだった日露の皇室交流。大正天皇の即位直後の日本と欧州大戦で武器調達を急ぐロシア双方の思惑を背景に実現したロシア皇族訪日の行程をたどり歓迎ムードにつつまれた皇室外交の意味とその後の運命に光をあてる。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 4)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    シュニトケの無名時代 作曲家との対話
    ドミートリー・シューリギン◇著 秋元里予◇訳
    反体制派の作曲家としてソ連当局から迫害され続けながらも、鉄のカーテンの隙間から吹き込んでくる西側の風を吸い込んで、バッハを源流とする音楽の伝統を未来へと繋ぎ、世界的現代作曲家として名声を成し遂げたシュニトケ。インタビューと作品解説で描き出すその世界。
    本体1800円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    8号室 コムナルカ住民図鑑
    ゲオルギイ・コヴェンチューク◇著 片山ふえ◇訳
    共同アパートで暮らす仕事も世代も異なる人々の奇妙でほろ苦い人間模様を生き生きとした言葉でスケッチしていく「画家のガガさん」のエッセイ集。
    本体1200円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    <未知の領域を身近に知る新シリーズ>
    ユーラシア文庫
    ユダヤ人虐殺の森 リトアニアの少女マーシャの証言
    清水陽子◇著
    ナチ・ドイツ占領下、ヨーロッパで最も高い率で行われたリトアニアのユダヤ人虐殺には市民の積極的な参加もあった。ゲットーや収容所での体験をつづったユダヤ人少女の日記を軸に戦下のリトアニアの現実を再現する。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 3)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ポーランド史叢書 刊行開始
    ブレスト教会合同
    福嶋千穂◇著
    東西の教会のはざまにあったウクライナで東方カトリック教会が生まれるきっかけとなった教会合同。ポーランド・リトアニア国家のもとで生きる道を模索したキエフ府主教座教会の苦難の歴史と現在を明らかにする。
    本体1500円+税 (ポーランド史叢書 1)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    バイカルアザラシを追って 進化の謎に迫る
    宮崎信之◇著
    進化の博物館と言われるシベリアのバイカル湖。未踏の研究分野だったバイカルアザラシについての国際共同研究がすすみ、その生態が明らかになってきた。外洋から遠く離れた淡水湖にすむ謎にあふれたアザラシの秘密に迫る。
    本体900円+税 (ユーラシア文庫 1)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    正教会の祭と暦
    クリメント北原史門◇著
    ギリシャ、ロシア、東欧で生活習慣の基盤となっている正教会を理解するには祭の意味を知ることが一番という正教の司祭が十二大祭をはじめ主な宗教行事とその背景を分かりやすく解説。これ一冊で正教の基礎が分かる必携書。
    本体900円+税(ユーラシア文庫 2)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ケヴォングの嫁取り サハリン・ニヴフの物語
    ウラジーミル・サンギ◇著 田原佑子 訳
    川の恵みで繁栄していた時代は遠くなり小さな家族になったケヴォングの一族。
    資本主義の波にのまれて生活環境が大きく変わり、嫁取りの伝統もまた壊れていく。
    サハリンの先住民ニヴフの作家が民族の運命を見つめた長編ドラマ。
    本体2000円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    トルストイの実像
    ボリス・スーシコフ◇著 糸川紘一 訳
    ソ連時代から社会の虚像と実像を見通していた批評家が
    同時代の作家としてトルストイの経験と文学を読み込み、
    トルストイの思想によって現代の文学と演劇の問題に切り込む文明批評。
    本体3000円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ロシア語学術文体演習 上級編 序説と作例分析・論述問題の解法・資料
    V.E.モローゾフ◇著 小石吉彦 編訳
    複雑な内容を正確に伝える学術的な文章はどう書けばいいのか。
    ロシアの大学の授業をもとにロシア語の書きことばの作法を
    豊富な演習問題を通じて学ぶ。
    本体3000円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ロシア最後の農村派作家 ワレンチン・ラスプーチンの文学
    大木昭男◇著
    シベリアの小さな村に生まれ、ロシアの大地と共に生きる農民の姿を作品に描き込み、
    環境問題から国政にまで深く関わりながら一貫して民衆とともにあった小説家の文学と思想を読み解く。
    本体1800円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    人形絵本 まんまるパン ロシア民話
    片山ふえ◇訳 Yoko-Bon◇人形
    昭和30年代に人気を博した人形絵本。
    3匹のこぶた「ブーフーウー」を記憶している世代には懐しく
    現代の子供たちには手作りの立体感が未体験の想像力を呼び覚ます。
    本体1500円+税
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    出身国
    ドミトリイ・バーキン◇著 秋草俊一郎◇訳
    肉体的にも精神的にも損なわれた男たちの虚栄心、被害妄想、破壊衝動、金銭への執着、孤立と傲慢……。
    それは現代人の癒しがたい病なのか。
    文学賞の授賞式にも姿をみせず、その沈黙ゆえにすでに伝説となりつつある
    異端の現代作家のデビュー短篇集。
    本体1900円+税
    ■5月16日 群像社ネットショップで発売開始(書店発売 22日頃)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    シャネルNo.5の謎 帝政ロシアの調香師
    大野斉子◇著
    あの「シャネルNo.5」をつくったのはロシアの調香師だったというのは、香水の歴史では有名な話だという・・・。
    その調香師の名はエルネスト・ボー。
    ロシアから来た調香師が世界に冠たる香水を生み出すことができたのはなぜだったのか。
    匂いの歴史のなかにロシアの香水文化を位置づけ、名香誕生の謎を探る。
    本体2300円+税
    ■2月4日 群像社ネットショップで発売開始(書店発売 14日頃)
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    オホーニャの眉 ウラル年代記③
    マーミン=シビリャーク◇太田正一訳
    民族と宗教が入り混じるウラルで混血娘オホーニャの情熱に
    翻弄されるように人びとの運命が変転していく歴史小説と
    暗い時代の小さな家族を描いた短編。
    訳者が情熱を傾けて訳しあげたウラル年代記3巻完結!
    現代のウラルの風景
    本体1800円+税
    ■11月8日 直販発売開始!(書店発売 18日頃) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    トゥオネラの悲しい唄
    ウネルマ・コンカ◇山口涼子訳
    人の死を悼んで流す涙には作法がある。
    故人を無事に死者の国(トゥオネラ)に送り出すために北ロシアで伝承されてきた
    「泣き歌」と「泣き女」に光をあてた葬礼と悲しみの民俗学。
    本体1800円+税
    ■10月8日 直販発売開始!(書店発売 20日頃) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ふたつの生
    カロリーナ・パヴロワ◇田辺佐保子訳
    理想の男性を求める貴族の令嬢と将来の経済的な安定を約束する結婚を願う母親。
    19世紀の女性作家が昼の現実と夜の幻想を行き来する若い女性の心の動きを通して
    恋と結婚を冷静に描いたロシア文学のもうひとつの原点。
    本体1000円+税
    ■6月15日 直販発売開始!(書店発売 22日頃) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    密かな愛の贈り物『初恋』 秘められたストーリーが語る真実
    角 伸明
    少年が初めて愛した年上の女性と少年の父の恋の物語として読むだけでは理解できないツルゲーネフの代表作。
    多くの翻訳で見落とされてきた重要な場面の謎を究明し真のクライマックスを読み解く。
    本体2000円+税
    ■5月2日 直販発売開始!(書店発売 14日頃) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    村/スホドール (ブーニン作品集1)
    イワン・ブーニン◇望月哲男・利府佳名子・岩本和久・坂内知子 訳
    小貴族の地主屋敷に生まれ民衆の目線で
    地方の現実を見てきた作家が
    革命前の激動期に崩壊していく農村の姿を描いた初期小説集と詩。
    本体2500円+税
    ■3月3日 直販発売開始!(書店発売 6~10日) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ウクライナから愛をこめて
    オリガ・ホメンコ◇
    チェルノブイリ原発事故の記憶が深く心に刻まれた子供時代をすごし
    日本の大学で学んだウクライナ女性が忘れられない人々の思い出と
    故郷の街の魅力を日本語でつづったエッセイ。
    本体1200円+税
    ■1月16日 直販発売開始!(書店発売 20~22日) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    私 Я ヤー
    アレクサンドル・ポチョムキン◇コックリル浩子 訳
    子供の頃から社会の残酷さと下劣さに苦しんできた孤児カラマーノフが
    現代人の欠陥を暴露し新しい知的生命体による支配を目指す。
    カラマーゾフを現代に蘇らせ退化する人類の病巣をえぐる異色作。
    税込1890円(本体1800円+税)
    ■11月11日 直販発売開始!(書店発売 14~17日) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    クコツキイの症例 ある医師の家族の物語 ㊤ ㊦
    リュドミラ・ウリツカヤ◇日下部陽介 訳
    堕胎が非合法だったスターリン時代、優秀な産婦人科医が
    患者の女性とその娘を引き取って生れた家族。
    娘の成長とともに、家族の関係は微妙に変わりはじめ、
    生と死の問題が影となってつきまとう。
    ロシア・ブッカー賞を受賞した話題の長編。
    (上巻)税込1890円(本体1800円+税)/(下巻)税込1575円(本体1500円+税)
    ■書店発売7月13日予定(直販は発売開始!) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    路上のミュージアム モスクワのモニュメントが秘めた物語
    宮﨑朋菜・鈴木玲子・豊田菜穂子◇著
    モスクワの街中に立つ芸術家や歴史的事件、物語の登場人物、
    恋や友情などに捧げられたたくさんの記念碑。
    その由来やエピソードにはロシア文化の知られざる顔が隠れている。
    路上観察で楽しむユニークなモスクワの旅の案内。
    税込1575円(本体1500円+税)
    ■書店発売6月7日予定(直販は発売開始!) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    病院にて ソ連崩壊後の短編集
    ワレンチン・ラスプーチン◇大木昭男 訳
    行き詰っていた社会が大きく変わっても、
    その恩恵はすべての人に平等ではなかった。
    見捨てられる民衆の魂の声に
    耳を傾け続けてきた作家が描く
    ロシアの現実。
    税込2100円(本体2000円+税)
    ■書店発売5月13日予定(直販は発売開始!) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    森 ウラル年代記②
    マーミン=シビリャーク◇太田正一 訳
    人も動物も木も川も
    ひとつの森をなして生きている
    ヨーロッパ・ロシアの果てウラル―。
    都会では出会うことのできない「野生のロシア」と
    アジア的伝説を語る辺境の文学の魅力。
    税込1365円(本体1300円+税)
    ■書店発売4月22日予定(直販は今日から発売開始!) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    分 身 あるいはわが小ロシアの夕べ
    ポゴレーリスキイ◇栗原成郎 訳
    孤独に暮らす男の前に自分の分身が現れ
    深夜の対話が始まった。男の小説は分身に批評され、
    分身は人間の知能を分析して奇妙な実話を語る…。
    幻想的で神秘的な物語世界で
    ロシア文学の新しい時代を開いた作家の代表作。
    税込1050円(本体1000円+税)
    ■書店発売2月10日予定(直販は今日から発売開始!) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ロシア絵画の旅 はじまりはトレチャコフ美術館
    ポルドミンスキイ◇尾家順子 訳
    独自の輝きを放つロシアの絵画と
    それを生みだした画家たちの世界を
    はじめての人にやさしく語りかける美術案内。
    ロシア絵画の豊かな水脈をたどり、
    芸術の国ロシアの美と感性を身近に堪能できる1冊。
    税込2310円(本体2200円+税)
    ■書店発売10月5日予定(直販は今日から発売開始!) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    父トルストイの思い出
    イリヤ・トルストイ◇青木明子 訳
    世界的に有名になった作家トルストイの
    家庭人としての日々の姿を間近に見て育った息子が
    父の死後まもなくつづりはじめた思い出の日々。
    世の中に対する考え方から晩年の家出まで
    静かに語る超一級の回想録。
    税込3150円(本体3000円+税)
    ■書店発売6月13日予定(直販は今日から発売開始!) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    俺の職歴 ゾーシチェンコ作品集
    ◇ロシア文学翻訳グループ クーチカ 訳
    革命で激変した世の中で、
    つっぱって背伸びして生きているドジなオジサンたちや
    奥様気取りのオバサンたち。
    ロシア庶民の生活を庶民の言葉で生き生きと描いた
    人気ユーモア作家の日本初の作品集。
    税込1575円(本体1500円+税)
    ■書店発売3月30日予定(直販は今日から発売開始!) 詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ブルガーコフ
    アダムとイヴ/至福郷
    ◇石原公道 訳
    世界戦争が勃発したあとに
    わずかに生き残った男と女の選択とは?
    未来の理想社会にタイムトリップした
    20世紀の人間に平和はあるか?!
    上演されない戯曲を書き続けたブルガーコフの未来劇
    税込1575円(本体1500円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    アファナーシエフ
    ロシアの民話 別巻
    ◇金本源之助 訳
    生きる力を与えてくれる想像力の宝庫として、
    後世のロシア文学にも大きな影響を与えた民話の世界。
    入手不可能になった過去の翻訳を改訳して全3巻を補い
    4巻で257話となる民話集の完成。
    税込2625円(本体2500円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ロシア古文鑑賞ハンドブック
    ◇中沢敦夫 著
    ロシア古文入門、古文の文法解説と古語辞典をあわせた
    初のロシア古文読解用参考書。
    「ロシア詩」「ロシア文学」に続くハンドブック・シリーズ第3弾。
    税込3150円(本体3000円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    チェーホフ
    さくらんぼ畑
    ◇堀江新二/ニーナ・アナーリナ 訳
    長い間、生活と心の支えとなってきた領地のさくらんぼ畑がついに売りに出される……。
    『桜の園』として親しまれてきた代表作の新訳。
    税込945円(本体900円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    モローゾフ
    ロシア語学術文体演習 基礎編
    ◇小石吉彦 編訳
    ロシア語で学術論文を書くときの文章作法を
    習得するための
    助言と演習問題による実践的参考書。
    税込2415円(本体2300円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    アナトーリイ・ナイマン
    アフマートヴァの想い出
    ◇木下晴世 訳
    叙情性にあふれる詩の世界で人々の心をつかみながら
    政治権力の波にのまれて数々の苦難を生き抜いてきた孤高の女性詩人の人生と肉声

    ブロツキイの詩仲間でもあった現代詩人が伝える。
    税込3150円(本体3000円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ソモフの妖怪物語
    ◇田辺佐保子 訳
    ロシア文化発祥の地ウクライナにひそむ妖怪たちを
    初めて小説の世界にとりこんで
    ロシア妖怪物語の原点といわれるソモフの短編集を初めて日本に紹介
    税込1050円(本体1000円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    寝台特急
    黄色い矢
    ペレーヴィン◇中村唯史・岩本和久 訳
    人はみな永遠にこの列車から降りることができない?!
    ペレーヴィンのみずみずしい才能がいかんなく発揮されたデビュー時代の中短編集
    税込1890円(本体1800円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    宇宙飛行士
    オモン・ラー
    ペレーヴィン◇尾山慎二 訳
    うすよごれた地上の現実がいやになったら宇宙に飛び出そう!
    月にあこがれて宇宙飛行士になったソ連の若者に下された命令は
    帰ることのできない特攻飛行!
    ロシアのベストセラー作家ペレーヴィンが描く
    自転車乗りのスペース・ファンタジー。
    税込1575円(本体1500円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ロシアの民話 2・3 全3巻完結
    アファナーシエフ◇金本源之助訳
    グリム童話の3倍を越える民話を集めた
    アファナーシエフの民話集から
    現在の日本語訳では最大となる200話以上を
    全三巻に収めた永久保存版。
    ロシア民衆の想像力の宝庫として生き続けている物語の原点。
    税込2625円(本体2500円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ルイブニコフ二等大尉 クプリーン短篇集
    紙谷直機訳
    日露戦争から復員したロシア兵は日本人のスパイ?
    正体をつかもうとジャーナリストが街を連れまわすが…
    表題作ほか、病をかかえて闘うサーカスのレスラー、
    栄光の座から転落する競馬馬などの佳作5篇をおさめる
    人間観察の達人としてチェーホフ、トルストイにも認められた
    クプリーンの魅力満載の短篇集。
    税込1890円(本体1800円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ロシアの民話 1 全3巻
    アファナーシエフ◇金本源之助訳
    グリム童話の3倍を越える民話を集めた
    アファナーシエフの民話集から
    現在の日本語訳では最大となる200話以上を
    全三巻に収めた永久保存版。
    ロシア民衆の想像力の宝庫として生き続けている物語の原点。
    税込2625円(本体2500円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    昔話を語ろうか ロシアのグリム、アファナーシエフの物語
    ポルドミンスキイ◇尾家順子訳
    国家の抑圧が強まる時代に
    ドイツのグリム兄弟をはるかに上まわる
    昔話を集めたロシア民話の祖アファナーシエフ
    伝記を越えて描かれる
    民衆の想像力の力を伝えた人びとの物語。
    税込2100円(本体2000円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    猫の町
    ナリ・ポドリスキイ◇津和田美佳訳
    男が訪れたクリミア半島の海辺の町は
    まるで猫に支配されたかのように
    夜の闇を無数の猫がうろついていた。
    だが、ある事件をきっかけに猫インフルエンザのウィルスが見つかると、
    町の住人は猫殺しにはしりはじめた…。
    感染パニックにはまる現代社会を30年前に予見していたロシアのミステリー小説!
    税込1575円(本体1500円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    プロコフィエフ短編集
    サブリナ・エレオノーラ◇豊田菜穂子訳
    今世紀になってはじめてその存在が明らかになった
    作曲家プロコフィエフが書いていたファンタジックな短編集。
    日本滞在中の日記もおさめた
    作曲家ならではの五感で味わう物語の世界!
    税込1890円(本体1800円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    アレクサンドル・プーシキン/バトゥーム 戯曲集
    ミハイル・ブルガーコフ ◇ 石原公道訳
    傑作小説『巨匠とマルガリータ』の作者ブルガーコフの
    劇作家としての魅力を伝える新訳。
    主人公としては難しいプーシキンとスターリンを描き
    上演不許可の運命をたどったふたつの戯曲!
    税込1575円(本体1500円+税)
    詳しくはカバーをクリック
    /////////////////////////////////////////////////////////////////
    ロシア文化通信『群 GUN』
    ・「群」は<群像社友の会>の通信です。・バックナンバーの目次もあります。
    ・見本紙をご希望の方は送料分の80円切手を小社宛てお送りください。
    群像社ライブラリー 好評刊行中
    新刊案内|ジャンル別索引|書名索引|著者名索引|翻訳者名索引|関連地図|書店情報
    Copyright (c) GUNZOSHA
    Publishing Co., 2000 All Rights Reserved.
    1-9-31-3B, 232-0063, Yokohama, JAPAN TEL/FAX 81-45-270-58889
    ##### info@gunzosha.com #####

  47. 2022/09/29 19:35:30 岩波書店 - 文庫ニュース含むアンテナおとなりページ

    源氏物語 全9冊美装ケースセット
    柳井 滋 校注室伏 信助 校注大朝 雄二 校注鈴木 日出男 校注藤井 貞和 校注今西 祐一郎 校注今井 久代 編集協力陣野 英則 編集協力松岡 智之 編集協力田村 隆 編集協力 10月14日

  48. 2022/09/29 10:43:52 筑摩書房 - home含むアンテナおとなりページ

    22.09.25 動物園は進化する ─ゾウの飼育係が考えたこと

  49. 2022/09/29 05:31:29 松柏社含むアンテナおとなりページ

    知られざる日本の「ものづくり」企業の世界Outstanding Monozukuri Companies in Japan

  50. 2022/09/29 02:41:34 美術出版社 - 新刊 含むアンテナおとなりページ

    BSSカタログ「図工・美術」2022 正誤・改定表 vol. 7
    2022年 10月の営業日案内

1 2 3 4 次の50件> 


Admin Tools