Hatena::Antenna

hystericgrammarのアンテナ RSS OPML

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2022/01/28 22:06:29 偽日記@はてな含むアンテナおとなりページ

    2022-01-22
    2022/01/22
    ●『れいこいるか』(いまおかしんじ)をU-NEXTで観た。すばらしかった。
    この映画の最後の30分ちかく。武田暁が卓球場(?)の横で「はじめて逢うたんはここや」と言う場面の次にくる、震災後23年とされる場面はすべて、「現実らしさ」という意味ではまったくリアリティに欠けると言うしかないくらい、幸福な事しか起らない。失明したはずの武田暁の視力が当然のように戻っていて、自動車の運転が出来るまでに回復していたとしても、その事に対する説明や言い訳は一切ない。その理由は、とにかく最後は「完璧に幸福な一日」で終わるのだという「決まり」以外にないだろう。
    この、信じられないくらい幸福な事しか起らない一連の流れを実現させることこそが、おそらくこの映画の目的であり、この映画の成否が賭けられた部分だと思われる。リアルでないことこそがリアリティを支えている。いろいろな出来事があったとしても、そのすべてを受け入れることが可能になるような、完璧に幸福な一日が最後にやってくる。だから、この部分は「現実ではない」とさえ言えるのではないかと思う。スピルバーグの『A.I』のラストの少年と母の一日のような、あるいは、いまおかしんじの『かえるのうた』のラストのミュージカルシーンのような場面(その意味でこの映画は『かえるのうた』の続編だとも言える)。この一連の出来事は「夢」であり、冥界=天国での出来事なのだと言ってもいいはずだ。明確にそう描かれてはいないが、この日に限っては、死者と生者とが共存している(武田暁は水族館で成長した「れいこ」と出会い、別れを告げることができる)。
    (武田暁が、河屋秀俊と二人で、成長したれいこの姿を見た上で別れを告げることが出来るために、奇跡としてこの日一日だけ特別に視力が回復されたのかもしれない。佐藤宏の力によって?)
    それと、時間が流れるということ、というか、いつの間にかするすると時間が過ぎ去ってしまう、という感じ(人はどんどん老いていくし、死んでいく)を、ここまで見事に描いた映画もなかなかないと思った。
    (河屋秀俊がDV男に立ち向かっていく時の武器が「焼き鳥の串」というところが、なかなか斬新なアイデアだと思った。)
    (今は東北で働いているという河屋秀俊が神戸に帰ってきているその日に、たまたま武田暁と会い、たまたま二人ともその日に予定がなくて、連れだって---亡くなった娘との思い出のある---水族館に出かけると、河屋秀俊が殺してしまったDV男の成長した息子とたまたま会い、その息子が連れていた彼女がたまたま「れいこ」であった、という、ご都合主義にご都合主義を重ねたような展開が、それでも説得力をもつのは、これら一連の流れが「夢」だからであり、「夢」でしかありえないような幸福感に貫かれているからだろう。それは、現実としてのリアルさではなく、人の心の有り様についてのリアルさなのだと思う。武田暁の視力が回復しているのは、河屋秀俊が武田暁の失明を知らないから、なのかもしれない。だとすると、これらは河屋秀俊の見る夢なのかもしれない。しかしだからと言って河屋秀俊の主観ということではなく、河屋秀俊の見る夢が武田暁に対しても作用する、ということではないか。)
    furuyatoshihiro 2022-01-22 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    2022/01/22

  2. 2022/01/26 23:29:52 gojo | gojo’s含むアンテナおとなりページ

    「生誕百年記念 映画監督三隅研次」3&4
    まあ大阪やし大丈夫やろと余裕かまして時間ギリギリに行ったらおっちゃんでぱんぱんだったシネヌーヴォさんでの「生誕百年記念 映画監督三隅研次」。見るもの全て初見。 『なみだ川』(67年)、過激で美しい姉妹愛に涙し、やっぱり若…
    続きを読む

  3. 2021/11/05 01:49:16 Les jardins suspendus de Babylone含むアンテナおとなりページ

    2021-11-04

    【メモ】絵画とヴェール:日本絵画のなかの「ヴェール的なもの」
    喜多川歌麿や葛飾北斎の浮世絵には、しばしば「ヴェール」的なもの=あちらとこちらを遮断しつつ透かし見させる表面が登場する、という感触がありつつ、それ以上は掘り下げられていなかったのだが、ジークフリート・ヴィッヒマンという研究者の著作『ジャポニスム』(Siegfried Wichmann, Japonisme, London, 1981)の「格子と柵」の章に、次のような分析があると知った。引用は馬渕明子『ジャポニスム:幻想の日本』より。
    浮世絵版画に描かれる障子や格子戸などの格子構造は、ヨーロッパの芸術家たちによって、美しくも効果的な、ヴェール状の空間分割の工夫と見なされた。歌麿はそれらを使って、浮世絵版画の伝統に従っていささか乱雑ではあるが、別の絵画空間を作り出した。
    (馬渕、93-94頁より再引用(Wichmann, p. 233.))
    喜多川歌麿《四手網》18世紀末〜19世紀初、ボストン美術館など
    馬渕のジャポニスム論は、このような浮世絵における「透かして見させる」効果(田中英二のいう「すだれ効果」)との共通点を、モネのいう「à traverse」に見出してゆく。
    ジャポニスム―幻想の日本
    作者:馬渕 明子
    ブリュッケ
    Amazon
    baby-alone 2021-11-04 11:57
    【メモ】絵画とヴェール:日本絵画のなかの「ヴェール的なもの」 喜多川歌麿や葛飾北斎の浮世絵には、しば…
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    【メモ】絵画とヴェール:日本絵画のなかの…

  4. 2021/08/16 19:59:37 わたしのひみつのせいかつ含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  5. 2021/08/16 18:10:57 雨宮まみの「弟よ!」含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  6. 2021/03/09 13:27:13 The Good Life is out there, somewhere含むアンテナおとなりページ

    ※https://blog.goo.ne.jp/marion2000neoは、見つかりませんでした。

  7. 2021/02/02 07:33:47 帰ってきたハナログ含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  8. 2021/02/02 05:13:01 toomuchofnothing含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  9. 2021/02/02 03:52:24 記号とか事件。含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  10. 2021/02/02 02:48:04 真魚八重子 アヌトパンナ・アニルッダ含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口