俳句アンテナ(by ikuma)

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2022/09/29 08:49:20 俳人協会・俳句文学館:読み物:今日の一句含むアンテナおとなりページ

    九月二十九日
    米炊こめかしぐ壁かべの裏うらより虫むし時雨しぐれ 田島和生
    菜切り、出刃、刺身包丁を買って単身赴任。指もよく切ったが、料理の腕前もまずまず、か。虫時雨を聞き、米を炊ぐ。
    「田島和生集」
    自註現代俳句シリーズ一一( 四〇)
    九月二十八日
    決算けっさん期過きすぎこほろぎの細ほそまりぬ 大坂晴風
    決算の時期になると、経理課員は忙しくなる。夜業の時は手を休め、外へ出て見る。こおろぎが鳴いている。こおろぎが鳴かなくなると全て終る。
    「大坂晴風集」
    自註現代俳句シリーズ一一( 五五)

  2. 2022/09/29 07:44:02 出版社ふらんす堂のホームページ 俳句・短歌・詩などの連載を更新中です。含むアンテナおとなりページ

    2022.9.28 | 永田耕衣句集『生死』(しょうじ)
    2022.9.28 | 鷹羽狩行著『日吉閑話』(ひよしかんわ)
    2022.9.28 | 山田航歌集『さよならバグ・チルドレン』(さよならばぐちるどれん)

  3. 2022/09/28 22:35:24 俳人協会・俳句文学館含むアンテナおとなりページ

    決算けっさん期過きすぎこほろぎの細ほそまりぬ
    大坂晴風
    決算の時期になると、経理課員は忙しくなる。夜業の時は手を休め、外へ出て見る。こおろぎが鳴いている。こおろぎが鳴かなくなると全て終る。
    「大坂晴風集」
    自註現代俳句シリーズ一一( 五五)
    九月二十八日
    2022/10/01 雑学「鳥獣植物戯詩」/第22回 愛甲石田のなまず

  4. 2022/09/28 21:15:36 ウラハイ = 裏「週刊俳句」 ほぼ毎日・正午更新●『週刊俳句』の裏モノ。 さいばら天気含むアンテナおとなりページ

    2022年9月28日水曜日
    西鶴ざんまい 番外編9 浅沼璞
    西鶴ざんまい 番外篇9
    浅沼璞
    西鶴ざんまい#32の若之氏の質問、こんかいは以下の部分について番外編として記してみます。
    〈……発句に切れ字がないといけないという考えは古くからあるとして、付句に切れ字があってはいけないという考えは、もしかすると俳諧史においてわりと新しいものだったりするのでしょうか〉
    仰せのとおり、古くから〈発句は切字と申すこと御入候はで叶はず候。その切字なく候へば平句に相聞えてあしく候〉(連歌至宝抄)とあります。
    一方、付句の切字に関しては後年〈平句に切字を嫌ふ〉(芭蕉庵伝書)などといわれたようです。

    しかし実作面をみると、談林俳諧は言わずもがな、蕉門とて平句の切字が散見されます。何故でしょう。
    芭蕉の有名な口伝に、〈切字に用ふる時は四十八字皆切字なり。用ひざる時は一字も切字なし〉(去来抄)がありますが、

  5. 2022/09/28 20:40:25 ふらんす堂編集日記  YAMAOKA Kimiko含むアンテナおとなりページ

    どんな眼鏡がお好きですか?
    9月28日(水) 蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ) 旧暦9月3日
    名栗で会った仔猫。
    もう一匹の仔猫と親猫。
    親猫はなかなか美しい猫だった。
    「ふらんす堂通信」の編集のゲラを読んでいたスタッフのPさんが、
    「もうこうなると、訳ってひとつの作品なんだあっておもうな」
    と声をあげた。
    高遠弘美さんの「私のプルースト」のゲラを読んでのこと。
    今回は、高遠さんはご自身の翻訳をふくめて、これまでのプルースト訳についてかなり自由に語っている。
    プルーストを訳した三人の訳者について、その訳を厳密に繊細に検証しながら問題点にふれつつかつ尊重しつつ、自身の訳に期するところもおおいにあり、なのである。もちろん。高遠さんの今回のエッセイを読んでいると、翻訳とは創造行為である、ということを改めて思わせられる。
    「面白かった!」とはPさんの感想。
    このエッセイを読んだ人たちの感想もお聞

  6. 2022/09/28 11:58:33 小熊座 主宰:高野ムツオ含むアンテナおとなりページ

    筋骨が弾け飛び出す寒雀
    2202年9月
    2022年  9月  寒 雀 高野ムツオ
    2022年  8月  秀句の泉 及川 真梨子
    2022年  9月  俳句時評 渡辺 誠一郎
    2022年  9月  鬼房の秀作を読む (144)
    2022年  9月  小熊座の好句 高野ムツオ
    2022年  9月  当月佳作抄
    2022年  9月  特別作品 鯉沼桂子 志摩陽子 水戸勇喜

  7. 2022/09/28 01:45:41 藤田湘子百句鑑賞 – 週刊: Ikuma & Kyo 湘子先生の俳句を毎週1回 (2020.01.01--2021.12.01) 鑑賞。含むアンテナおとなりページ

    Your IP: 54.249.44.51

  8. 2022/09/27 20:41:24 カフェ山雀 石田郷子、埼玉県飯能市下名栗の「俳句工房 山雀亭」含むアンテナおとなりページ

    草の花 (09/25)
    2022/09 (4)
    未分類 (950)

  9. 2022/09/27 06:29:32 道草俳句日記 岡田由季、野鳥と俳句「炎環、豆の木」含むアンテナおとなりページ

    2022年9月26日月曜日
    角川「俳句」10月号
    角川「俳句」10月号に、「アンテナ」15句が掲載されています。
    これで、受賞第一作、角川俳句賞作家の四季(春・夏・秋)と続いた受賞後の一連の作品発表は最終回です。
    季節先取りで句を用意するのがちょっと大変でしたが、これほど集中して掲載される機会もないですし、楽しかったです。
    お読みいただけたら嬉しいです。
    投稿者 Okada Yuki 時刻: 21:02 0 件のコメント:
    メールで送信BlogThis!Twitter で共有するFacebook で共有するPinterest に共有
    ラベル: 宣伝, 俳句
    2022年9月25日日曜日
    いつもの公園
    公園でイベントがあり人がたくさん。
    お祭りの音も聞こえてにぎやか。
    ノビタキ発見。
    今年も会えてうれしい。
    トンボを狙ってるのかな。
    コサメビタキもいました。
    投稿者 Okada Yuki 時刻

  10. 2022/09/26 20:22:39 週刊俳句 Haiku Weekly 毎週日曜日更新のウェブマガジン。 さいばら天気、村田篠、上田信治含むアンテナおとなりページ

    投稿者 wh 時刻: 23:55 105

  11. 2022/09/19 06:55:13 あめをんなのひとりごと(大西 朋) 大西 朋 俳句のページ含むアンテナおとなりページ

    『俳句四季』2022年10月号
    2020年1月号より連載中!
    「俳句へのまなざしVol.34」
    最近の名句集を探る
    第81回【座談会】

  12. 2022/09/09 04:22:09 五島高資 - 俳句スクエア含むアンテナおとなりページ

    2022年9月号 刊行 !!
    2022年8月号 刊行
    2022年9月8日更新

  13. 2022/08/31 07:39:02 鷹俳句会ホームページ/鷹の掲載句 小川軽舟主宰の12句、推薦30句、秀句の風景など含むアンテナおとなりページ

    爪先
    2022年9月号
    皮を脱ぎ抜身の竹となりにけり
    夜も更けて平家蛍の飛びはじむ
    蛍火や楠の葉風に速みたり
    尼君は都恋しと落し文
    落飾ののちの天寿や沙羅の花
    夏暖簾ざつくりと風押し返す
    畳擦る足袋颯々と風炉茶かな
    あぢさゐや頰杖解きし肘赤く
    突掛けに素の爪先や鴨足草
    万緑に足かけて雲伸び上がる
    支社のなき本社なりけり溝浚へ
    草刈機空缶道に撥ねとばす
    2022年9月号
    釣銭のごとき老い先土用波
    月涼し野良猫街に許さるる
    年寄に名残の炬燵桐の花
    屋根に這ふ南瓜が咲いて漁休み
    蜜柑咲く太平洋の照り翳り
    てんと虫飛んで地球の裏 伯剌西爾
    八月は錆びてふくるる釘のごと
    ずぶぬれのゴールデン街灯の涼し
    七曜を母と暮らせり雨蛙
    白南風や手足伸ばせば浮く力
    貸ボート明るき声を撒き散らす
    運び来し水に日が揺れキャンプ場
    合唱の 息継一瞬風薫る
    遺句集の白き栞や桐の花
    蹲ひて吾も蟻待つ蟻地獄
    細谷 ふみを

  14. 2022/08/01 15:40:23 俳句*Haiku*佐々木敏光 佐々木敏光氏による俳句総合とフランス文学ページ index含むアンテナおとなりページ

    �@�@�@�@ŽŸ�†�i‘½•ª”ªŒŽ�†�jŒf�Ú—\’è‚ÌŽµ‹å
    �@�@�@�@�@�@�@�@�@�H�°‚ÌŽR‚ÆŠC‚ ‚é�x‰Í‚©‚È
    �@�@�@�@�@�@�@�@
    ‹{“‡‚â�L“‡•û–Ê‚«‚Ì‚±‰_
    �@�@�@�@�@�@�@�@�@“ü“¹‰_•xŽm‚É�¿‚è‚Ęr‚ð‚­‚Þ

  15. 2022/07/23 07:16:30 高柳克弘のページ 高柳克弘、「鷹」編集長。読売新聞夕刊「KODOMO俳句」選者。含むアンテナおとなりページ

    7/17 清風邸
    7/14 寒河江弁当
    7/10 慈恩寺
    2022年7月 (4)
    2022/7/17
    「清風邸」
    ・俳句大会の翌日は、芭蕉が『おくのほそ道』の旅で十日間滞在した尾花沢に。
    ・「かれは富める者なれど、志卑しからず」とたたえられた地元の商人・清風の屋敷跡は、いまや電器店となっていました。
    ・近くには「芭蕉、清風歴史資料館」があり、尾花沢の歴史や風土を学ぶことができます。
    http://www.city.obanazawa.yamagata.jp/2100.html
    2022/7/14
    「寒河江弁当」
    控室でいただいたお弁当。寒河江限定だそう(「ここでしか買えない」といわれるとつい反応してしまいますね)。ちなみに、寒河江では「焼き鳥」といえば、豚のもつ焼きのことを指すらしい。今回は機会がありませんでしたが、いつか寒河江の「焼き鳥」、食べてみたい。
    /252

  16. 2022/06/18 01:18:23 現代俳句協会 現代俳句協会含むアンテナおとなりページ

    『現代俳句』電子版
    『現代俳句』電子版

  17. 2022/05/29 15:39:50 佐々木敏光・俳句個人誌『富士山麓(第二期)』 現代俳句データベース制作者含むアンテナおとなりページ

    �@�@�@�@—ΉA‚â‘å’n‚É�À‚è“Ç‚Þ˜VŽq�@�@�@�@�@�@�@�@�i2018”N˜ZŒŽ�†�j�@ �–�–�–�–�@˜ZŒŽ�†�@(2022”N) �–�–�–�–�@�i2022.5.25. ”­�s�j�@�–�–�–�–�–�–
    �Z’·‚ÌŠw�ZŽ©–��÷‚³‚­
    ’ë‚É�¶‚ÓƒAƒ~ƒKƒTƒ_ƒP‚ð“�‚Þ‚È‚æ

  18. 2022/02/17 07:34:47 天地わたるブログ ほがらかに、おおらかに含むアンテナおとなりページ

    野球という隙間産業
    スポーツ(50)

  19. 2022/02/01 11:10:31 HAIKU・俳句・HAIKU Graphein-O、俳句への扉、轍 郁摩含むアンテナおとなりページ

    2022.02.01 up
    2022年
    日本に松と縄あり初詣 藤田湘子
    今年もよろしくお願い申し上げます。

  20. 2021/07/08 21:54:20 五島高資のブログ 五島高資含むアンテナおとなりページ

    © Yahoo Japan

  21. 2020/12/06 16:22:17 清水哲男『新・増殖する俳句歳時記』 掲載データ(7,306件)を検索可能含むアンテナおとなりページ

    剩余〓〓 : 4〓16分

  22. 2020/06/15 17:06:40 筆まか勢 高澤良一含むアンテナおとなりページ

    ( 2020/05 → 2020/04 )
    [ 2020年 5月 ねずみのこまくら句会の諸句 ]
    2020年 5月 ねずみのこまくら句会の諸句
    鳰の子の手に載るほどや水尾生まず
    薔薇の朝一音づつの児のピアノ
    籠り居の脳トレドリル緑さす
    脇役に徹して清し霞草
    老骨をなだめ筋トレ夏を待つ
    旅にあり道端で食ぶ笹粽
    葉桜の空を繋ぎて飛行機雲
    誉め殺しの電話卯の花腐しかな
    薬にと摘みし友亡し蛇いちご
    野良猫の生みたる五匹如何せん
    尾を立てて黒猫よぎる捩じり花
    抜けば鳴く茅花先へと鳴かせゆく
    日日に掃き日日同じ量春落葉
    独り居の栄養バランス法蓮草
    土作りまず教はりて豆を蒔く
    田水張れ張れよと蛙急かしをり
    田植機に男寂しく一町植う
    蝶の昼話むやみに飛びにけり
    大盛りの筍飯を手捻り碗
    青嵐橋の真中を渡りけり
    清明や庭畑に出る野良頭巾
    世界地図拡げて籠る端午の日
    人の世がどうあろうとも松の芯
    親雀鳩より餌を

  23. 2018/03/31 12:15:52 鷹俳句会ホームページ/鷹俳句会へようこそ 編集長・高柳克弘含むアンテナおとなりページ

    【トップページ写真:宮木登美江】

  24. 2018/03/10 05:51:30 俳句ワールド 室井良雄含むアンテナおとなりページ

    俳句ワールド
    俳句ワールドへようこそいらっしゃいませ。
    このホームページは、インターネットでアクセスすることの出来る俳句関連情報のリンク情報センターです。
    インターネットを利用して「俳句」というキーワードを検索すると、たちまち数万件の検索結果を得ることが出来ますが、望み通りの情報にたどり着くことはなかなか困難です。
    このホームページは、その玉石混淆の情報を体系的に分類整理し、その情報をリンクメニューとして提供するものです。
    当初は大まかな分類で整理し、メニューを辿ってゆけば目的のホームページを探すことが出来るようにしていますが、ある程度まとまったところで体系的な分類を行ってデータベース化し、キーワード検索で目的のページを探すことが出来るようにしたい考えています。
    おいでになられた皆さんからも広く俳句関連の情報を求めていますので、これはと云う情報がありましたら是非メールにてお知らせいただけれ