kuromenyaのアンテナ

すべて | 為替 | ニュース

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2022/09/30 12:55:40 矢口新のDealer’s WEB含むアンテナおとなりページ

    Ian-related insurance funds could be hard to collect
    Hurricane Ian could push Florida's already-fragile homeowner's insurance market into insolvency, putting companies out of business when people desperately need money.
    1 company stands to lose the most »
    'I've been every weight and I've been proud of it'
    Autopsy reveals Memphis jogger's cause of death
    Analyst 'announces' split as spouse returns Judge homer
    Celebrity
    Elle
    Selena Gomez Says ‘Words Matter’ in First Remarks After Hailey Bieber's Viral Interview About Justin
    One day after Hailey Bieber's Call Her Daddy interview came out, Selena Gomez made a brief and rare appearance online to thank her fans for their support.
    Thanks for your feedback!
    Yahoo Life
    Gwyneth Paltrow recalls having an ‘identity crisis’ when she turned 40: ‘You go from stopping traffic to a guy not looking at you as you drive by’
    The 50-year-old has a new perspective on aging these days.
    U.S.
    People
    Man Who Tried to Drain Pool During Hurricane Ian Is Among Death

  2. 2022/09/30 10:22:03 為替 -オンライントレードINV@ST- : 外国為替証拠金取引 : ディーラーズバトル含むアンテナおとなりページ

    デイトレード戦略=ポンドドル
    投稿: 2022年9月30日 08:31
    ポンドドル:(予想レンジ=1.1000-1.1200)(基本戦略:戻り売りから深押し買い)戦略としては1.1115-20と1.1165-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.1195-05越えをストップ、1 […]
    デイトレード戦略=ユーロドル
    投稿: 2022年9月30日 08:30
    ユーロドル :(予想レンジ=0.9720-0.9900) (基本戦略:戻り売りから押し目買い)戦略としては0.9805-15と0.9835-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップが0.9850-60越え […]
    デイトレード戦略=ドル円
    投稿: 2022年9月30日 08:27
    ドル円 (予想レンジ=143.50-145.00)(基本戦略:戻り売りから深押し買い)従って戦略としては、144.25-30と144.45-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、144.60-70、144.70 […]
    今日の裏読み、表読み
    投稿: 2022年9月30日 07:26
    昨晩もドルに売り戻しが優勢となったが、本日は月末・四半期末で、引き続きフローの動きが焦点となるが、前2日の動向を見る限り、今日もフロー的には、ドル売りが優勢となるか注目したい。 経済指標としては、NZ8月住宅建設許可件数 […]
    【細田哲生監修_コアレンジャー_スイスフラン円】レポート

  3. 2022/09/26 06:09:13 テクニカル分析最新記事含むアンテナおとなりページ

    2022/09/25(日) 22:15 JST
    ドル・円は先週木曜日に145.90をつけたあと一気に値を崩し140.31まで売り込まれる場面があった。左図に示したサポートラインと21日移動平均線を切り裂いてドル・ブル派に動揺を与える動きとなった。ただ、21日線は終値ベースでまだ破られていないのでドル上昇の流れが決定的なトレンド転換を迎えたとは言いがたいようだ。
    ドル・円に危険な反落リスクの芽が現れたとは判定しづらいものの、少なくとももみ合い相場へと移行する可能性は高そうだ。想定されるもみ合い圏上限は[145.90⇒140.31]の下落に対する61.8%戻し143.76、または76.4%戻し144.58近辺が目安となる。144.58が破られるようだと145.90再トライに要注意だ。もみ合い圏下限の候補としてはまず、21日線。同移動平均線は目先、142.20/40ゾーン付近を推移すると予想される。突破されると140.31を試す動きに要警戒だ。

  4. 2012/07/28 16:23:12 マット今井の「実践トレードのつぼ」含むアンテナおとなりページ

    ©2008 NIFTY Corporation

  5. 2011/04/11 20:30:33 ロイター含むアンテナおとなりページ

    日経平均: 9719.7 -48.38 | 米ドル: 84.70 | DOW: 12380.05
    原発事故の経済被害対応本部設置、復興構想会議は14日=政府8:21pm
    震度6弱で原子炉注水一時中断
    福島・茨城で震度6弱の地震、原子炉への注水が一時中断 7:04pm
    震災で半導体の部材調達が危機、ウエハー工場など停止続く 7:40pm
    ペルー大統領選でウマラ氏リード、フジモリ氏長女が僅差で2位 8:07pm
    震災後の各種政策、重要な役割果たした=日銀総裁 7:37pm
    経団連会長、東電国有化論けん制
    震災で半導体の部材調達が危機、ウエハー工場など停止続く
    東電、海に汚染防止フェンス設置
    震災後の各種政策、重要な役割果たした=日銀総裁
    上海外為市場=人民元8日ぶりに反落、終値6.5383元 7:59pm
    UPDATE1: 中国・香港株式市場・大引け=不動産株売られ上海小反落、ハンセン反落 7:58pm
    編集者が選んだ24枚
    世界各地で撮影された写真の中から選りすぐりを集めた。 スライドショー
    スライドショー: 大震災発生から1カ月
    スライドӟ

  6. 2009/03/04 07:50:55 本日の注目点含むアンテナおとなりページ

    Forbidden
    You don’t have permission to access /todaystopic.shtml on this server.
    Apache/1.3.27 Server at www2.cyberpress.jp Port 80

  7. 2007/03/23 19:32:11 今日のブルベア!!|セントラル短資オンライントレード含むアンテナおとなりページ

    2年ぶりの高値を更新 ユーロドル (20070323)
    本日はユーロと米ドルの通貨ペア、ユーロドルを分析してみましょう。
    日足チャートをご覧下さい。ユーロドル相場はしっかりとした上昇を描いており、今週2年ぶりの高値を更新しました。
    現在ユーロドル相場はテクニカル的に強気基調が非常に強く、今後短期間のうちに更に上昇する可能性が高いでしょう。
    週足のユーロドルのチャートを見ても、シンメトリカル・トライアングル(注1)から上方にブレイクアウト(注2)を果たしており強気相場になっている事を示唆しています。
    サポート(注3)とレジスタンスのレベル(注4)はチャート上でご確認下さい。
    ユーロドル日足チャート
    (注1)シンメトリカル・トライアングル(Symmetrical Triangle)
    三角保ち合い。通常、現行のトレンドの休止期間において形成され、
    休止後、再び休止以前のトレンドを継続する事を示すものと考えられ
    る。トレンドが上昇傾向である場合、シンメトリカル・トライアング
    ル終結後は、再び上昇トレンドを継続する可能性が高く、トレンドが
    下降傾向である場合、弱含みの予兆としてとらえられる。
    (注2)ブレーク・アウト(Break Out)
    保ち合いのレンジやサポート、レジスタンスなどの重要な価格水準
    を突き抜けていく動き。
    (注3)サポート(Support)
    ある価格帯をこえて相場が下がりにくいと見られるときにその相場
    水準を示すテクニカル分析用語。価格支持線。価格支持帯。
    (注4)レジスタンス(Resistance):

  8. 2006/08/19 06:34:11 ひまわり証券株式会社 - 外国為替に関するマーケットニュースはこちら含むアンテナおとなりページ

    為替:Flash News NY午後 (更新:08/19 05:53)
    不透明な米金融政策から米指標に一喜一憂する週となった。特にCPI、PPIといったインフレ指標が鈍化を示す結果となり、金利先高観の後退からドルが売られた。しかし全てが打ち止めを示すわけでもなく、利上げ再開観測も根強く残り、EUR/USDの1.2900といった重要ポイントを抜ける程のドル売りとはならなかった。来週も同様に金利が主題のマーケットが予想され、利上げ期待の高いユーロ優位の展開は続きそう。米インフレ鈍化に加え、中国の利上げに下げたUSD/JPYだが、その動きも115.40-50と限定的で、投機筋を中心とした円売り意欲の高さを再確認させられる結果に。USD/JPYを強力にサポートし、高値更新のEUR/JPYも金利差拡大期待の高さに変化は見られず、今週抑えられた149.00、更には150.00の大台に期待がかかり、引続きUSD/JPYの動きを左右しそう。一方でその大きく膨らんだEUR/JPYのポジション調整には注意、済崩しの円買いとなる可能性も念頭に置く必要がある。
    USD/JPY 115.78-83 EUR/USD 1.2826-31 EUR/JPY 148.53-58