Hatena::Antenna

maizelのアンテナ RSS OPML

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2021/12/08 01:32:57 Animal behaviour - Latest research and news | Nature含むアンテナおとなりページ

    Nature 600, 193

  2. 2021/12/08 01:21:35 Neuroscience | eLife含むアンテナおとなりページ

    Modulation of pulsatile GnRH dynamics across the ovarian cycle via changes in the network excitability and basal activity of the arcuate kisspeptin network
    Margaritis Voliotis et al.
    Pulse generation is an emergent property of the arcuate kisspeptin network that is regulated throughout the ovarian cycle via coordinated changes in neuronal communication and basal activation.
    Research Article Updated Dec 7, 2021
    Available as:
    HTML
    PDF
    Neuroscience
    Cortico-subcortical 硫 burst dynamics underlying mo

  3. 2021/12/08 01:20:13 Neuroscience | bioRxiv含むアンテナおとなりページ

    Unsupervised clustering of track-weighted dynamic functional connectivity reveals white matter substrates of functional connectivity dynamics
    Gianpaolo Antonio Basile, Salvatore Bertino, Victor Nozais, Alessia Bramanti, Rosella Ciurleo, Giuseppe Pio Anastasi, Demetrio Milardi, Alberto Cacciola
    bioRxiv 2021.12.04.471233; doi: https://doi.org/10.1101/2021.12.04.471233 New Results
    Remove from Selected Citations
    Heather L. Kosakowski, Michael A. Cohen, Lyneé Herrara, Isabel Nichoson, Nancy Kanwisher

  4. 2021/12/08 01:18:29 Nature Reviews Neuroscience含むアンテナおとなりページ

    Mind-altering microorganisms: the impact of the gut microbiota on brain and behaviour
    GPCRs: An Odyssey from Structure, Signaling and Regulation to Therapeutics
    06 April 2022 – 09 April 2022
    Snowbird Resort
    4th Growth Factors in Regeneration and Regenerative Medicine Conference
    09 February 2023 – 12 February 2023
    Fiesta Americana,
    5th Functional Oxide Thin Films for Advanced Energy and Information Technology Conference
    23 February 2022 – 26 February 2022
    Fiesta Americana Puerto Vallarta
    Cancer N

  5. 2021/12/08 01:18:00 nature.com search: neuroscience含むアンテナおとなりページ

    Scientific Reports (13015)
    Nature Communications (3679)
    Research (28607)
    Amendments and Corrections (975)
    Showing 1〓50 of 38264 results
    An injury-induced serotonergic neuron subpopulation contributes to axon regrowth and function restoration after spinal cord injury in zebrafish
    The mechanisms involved in regeneration of the spinal cord after injury are unclear. Here, the authors show that a subpopulation of intraspinal serotonergic neurons localized at the injury site stimulates axonal regrowth

  6. 2021/12/08 00:21:08 Nature Neuroscience含むアンテナおとなりページ

    4th Exploring DNA Repair Pathways as Targets for Cancer Therapy Conference
    17 February 2022 – 20 February 2022
    Fiesta Americana, Puerto Vallarta,
    Cancer Neoantigens, Vaccines and Viruses
    06 February 2022 – 10 February 2022
    Fairmont Banff Springs
    Intestinal Stem Cell - Niche Interactions in Health and Disease Conference
    22 May 2022 – 25 May 2022
    Fiesta Americana
    Postdoctoral Fellow – Immunology
    H. Lee Moffitt Cancer Center & Research Institute
    Tampa, United States
    Scientist I
    Roskamp Institute
    Sa

  7. 2021/12/08 00:04:25 Nature Human Behaviour含むアンテナおとなりページ

    4th Growth Factors in Regeneration and Regenerative Medicine Conference
    09 February 2023 – 12 February 2023
    Fiesta Americana,
    Cancer Neoantigens, Vaccines and Viruses
    06 February 2022 – 10 February 2022
    Fairmont Banff Springs
    GPCRs: An Odyssey from Structure, Signaling and Regulation to Therapeutics
    06 April 2022 – 09 April 2022
    Snowbird Resort
    Doctoral researcher position (PhD) in Cheminformatics of Persistent, Mobile Contaminants
    University of Luxembourg
    Luxembourg, Luxembour

  8. 2021/12/07 23:57:49 eNeuro含むアンテナおとなりページ

    The Role of Muscle Spindle Feedback in the Guidance of Hindlimb Movement by the Ipsilateral Forelimb during Locomotion in Mice
    William P. Mayer and Turgay Akay
    eNeuro 11 November 2021, 8 (6) ENEURO.0432-21.2021; DOI: https://doi.org/10.1523/ENEURO.0432-21.2021

  9. 2021/12/07 22:08:33 Animal Behavior and Cognition | bioRxiv含むアンテナおとなりページ

    Long term analysis of social structure: evidence of age-based consistent associations in Alpine ibex
    Alice Brambilla, Achaz von Hardenberg, Cédric Sueur, Claudia Canedoli, Christina R Stanley
    bioRxiv 2021.12.02.470954; doi: https://doi.org/10.1101/2021.12.02.470954 New Results
    Add to Selected Citations
    Fractal scaling of C. elegans behavior is shaped by insulin signaling
    Yukinobu Arata, Itsuki Shiga, Yusaku Ikeda, Peter Jurica, Hiroshi Kimura, Ken Kiyono, Yasushi Sako
    bioRxiv 2021.12.02.471007;

  10. 2021/12/07 16:41:08 Nature Publishing Group含むアンテナおとなりページ

    シュプリンガー・ネイチャー、Synthesis Digital Libraryの取得により、人工知能、電気工学、コンピュータ・サイエンス分野のイーブック・ポートフォリオを拡大
    Press release
    12月7日

  11. 2021/12/07 15:45:12 まこっちノート含むアンテナおとなりページ

    11 | 2021/12 | 01
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

  12. 2021/12/07 13:42:30 生命科学 ゲートウェイ | Nature Research含むアンテナおとなりページ

    加齢:アルツハイマー病の治療薬候補としてのシルデナフィル
    Nature Aging
    2021年12月7日
    加齢:高齢マウスにおいてブドウ種子抽出物が示す抗老化作用
    Nature Metabolism
    2021年12月7日
    古生物学:チリで発見されたアンキロサウルスの新種
    2021年12月2日
    COVID-19:複数世帯が集まることを禁じるイングランドの措置はロックダウンのたびに守られなくなった
    Scientific Reports
    2021年11月25日
    免疫学:第I相試験で有望な結果が得られた新規SARS-CoV-2ワクチン候補
    Nature
    2021年11月23日

  13. 2021/12/07 13:29:15 新着情報 | AASJホームページ含むアンテナおとなりページ

    12月7日 繰り返し考える重要性:II GastrulationとPrimitive Streakを考え直す (12月3日 Science 掲載論文)
    2021年12月7日
    私たちが習った発生学では、発生している胚だけが対象になっていたが、現在では遺伝子や細胞は見ても、実際の胚と向き合うことがない研究者も数多くいるはずだ。例えば、私のようにマウスES細胞を用いて研究した場合、マウス胚は容易に手に入るので、胚と細胞を行ったり来たりできるが、ヒトES細胞を用いている研究者は、実際のヒト胚を使うことはないだろう。
    しかし細胞や遺伝子だけを扱っていても、研究対象は発生する胚の話で、細胞しか扱わない研究者にとっても、胚発生について深い見識のある研究者から意見を聞くことが大変重要になる。しかし胚発生過程について最新の論文まで熟知し、しかも自分の観察経験を核に知見が整理されている研究者となるとそう多くない。
    私自身は京大に移ってから、マウス胚とES細胞を用いて中胚葉から血液血管の発生を研究していたが、まさにこの過程はエピブラストから外胚葉、内胚葉、中胚葉が現れるGastrulationと呼ばれてきた

  14. 2021/12/07 11:46:03 shorebird 進化心理学中心の書評など含むアンテナおとなりページ

    2021-12-07
    From Darwin to Derrida その104
    From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)
    作者:Haig, David
    The MIT Press
    Amazon
    第10章 同じと違い その13
    モジュール性(Modularity)と進化容易性(Evolvability) その3
    モジュール性と進化容易性についてのヘイグの考察.モジュール性(そして進化容易生)が進化するかどうかは淘汰環境依存だとヘイグは主張する.ここからこれについてソフトウエアとのアナロジーを使って議論する.
    成功したソフトウエアのソースコードを調べたなら,一部のコードは非常に保守的で,一部のコードは頻繁に書き換えられていることがわかるだろう.一部のモジュールは機能や他のモジュールとの連結を保存したままコードが完全に書き換えられているだろう.
    これと対照的に,かつて成功したソフトウエアパッケージの進化を調べたなら,初期にはソースコードは頻繁

  15. 2021/12/07 10:40:11 The Journal of Neuroscience Online含むアンテナおとなりページ

    Research Articles, Cellular/Molecular
    Rapid fluorescence lifetime imaging reveals that TRPV4 channels promote dysregulation of neuronal Na+ in ischemia
    Jan Meyer, Niklas J. Gerkau, Karl W. Kafitz, Matthias Patting, Fabian Jolmes, Christian Henneberger and Christine R. Rose
    Journal of Neuroscience 6 December 2021, JN-RM-0819-21; DOI: https://doi.org/10.1523/JNEUROSCI.0819-21.2021
    Research Articles, Behavioral/Cognitive
    Language recovery after brain injury: a structural network control theory stud

  16. 2021/12/07 07:59:01 RStudio Blog | RStudio Blog含むアンテナおとなりページ

    Dec 6
    4 min
    Three Ways to Program in Python With RStudio
    RStudio has many tools for both R and Python programmers. In this blog post, we’ll showcase various ways that you can program in Python with RStudio tools.
    Isabella Velásquez
    Latest

  17. 2021/12/05 04:55:31 Nature Neuroscience | Nature Research含むアンテナおとなりページ

    2つの物質の界面のフォノンの測定
    ヨウ素を推進剤にしたエンジン
    カリホルニウムの化学
    地表面温度パターンの持続性を変えると予測される気候変動
    メラノコルチン3受容体が栄養の充足を思春期のタイミングと結び付ける
    宝の地図は眼窩前頭皮質にあり
    細菌相、胆汁酸、長寿
    重症疾患に対する有効性を高めたFc最適化抗SARS-CoV-2モノクローナル抗体
    プロテアソームの核への道のり
    RNAを介するトランスポゾン挿入機構

  18. 2021/12/03 09:10:10 Proceedings of the National Academy of Sciences 含むアンテナおとなりページ

    Core Concept: Can ammonia store energy and fertilize farms in an ecofriendly way?
    Several challenges remain if “green ammonia” is to help with the globe’s massive carbon emissions conundrum.
    Image credit: Shutterstock/saoirse2013.
    Inner Workings: Volcanic plumes provide clues about eruption activity
    A special kind of electrical discharge generated near the base of the plume could provide researchers with a heads-up that an eruption has started.
    Image credit: NASA/Mike Barratt (photographer).

  19. 2021/12/02 08:54:04 The Amazing World of Psychiatry: A Psychiatry Blog含むアンテナおとなりページ

    Our new pre-print is out: 'The Digital Resilience Network' psyarxiv.com/m8dbcThis builds on our previous… twitter.com/i/web/status/1… 3 months ago

  20. 2021/12/02 01:36:48 Neuroscience | Nature含むアンテナおとなりページ

    Article | 01 December 2021
    Local circuit amplification of spatial selectivity in the hippocampus
    Single-cell tracing and optogenetics manipulation in mice are used to show how spatial tuning of individual pyramidal cells in CA1 can propagate to and be amplified by their local subnetwork of neurons.
    Tristan Geiller
    , Sadra Sadeh
    & Attila Losonczy
    The conformational cycle of prestin underlies outer-hair cell electromotility
    Mammalian prestin underlies cellular electromotility by sensing the vo

  21. 2021/12/01 20:11:27 The Neurocritic含むアンテナおとなりページ

    Tuesday, November 30, 2021
    Is Precision Psychiatry Realistic?
    Fig. 1 (Fernandes et al., 2017). Domains related to ‘precision psychiatry’.
    “The right drug for the right patient” was a catch phrase in the early years of the personalized medicine movement (2000), represented by the emerging field of pharmacogenomics. No more “one size fits all” prescribing 〓 the Human Genome Project will allow doctors to predict how you will respond to any given medication.
    The last time I went to the drug store, I

  22. 2021/11/29 06:35:30 Oxford Journals | Life Sciences & Medicine | Cerebral Cortex含むアンテナおとなりページ

    Loading...

  23. 2021/11/27 20:53:08 pooneilの脳科学論文コメント含むアンテナおとなりページ

    ■ シンギュラリティサロンで講演しました: 「意識を教える」からエナクティブ・アプローチへ
    シンギュラリティサロンで講演してきました。2年ぶり2度め。以前2019年にお誘いいただいたときは、自由エネルギー原理についての話をしました。そのときの様子はこちらのブログ記事で紹介してます。
    今回は私吉田と、吉田が所属する北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター(CHAIN)のセンター長を努めている田口茂さんとの2人での講演です。2人合わせてのテーマは「「意識の考え方」を考える──北大CHAINの挑戦」としました。「意識の考え方」を考える、ということをCHAINでの共同研究および大学院教育としてどのようにやっているかを紹介することで、ついでにCHAINの宣伝もしてしまおうというわけです。
    こちらにこの講演についてのwebサイトがあります。SpringX 超学校 シンギュラリティサロン@SpringX 「意識の考え方」を考える──北大CHAINの挑戦 このページから講演の録画も観ることができます。
    私の講演のうち、後半の本題部分のスライドをslideshareにアップロードしてありますので、

  24. 2021/11/26 06:39:03 サイエンス誌含むアンテナおとなりページ

    About News from Science

  25. 2021/11/24 01:05:06 News | Science | AAAS含むアンテナおとなりページ

    About News from Science

  26. 2021/11/23 10:47:51 Brain & Behavior | Science/AAAS | News含むアンテナおとなりページ

    About News from Science

  27. 2021/11/18 03:36:36 PLoS ONE含むアンテナおとなりページ

    Advertisement
    plos.org
    create account
    sign in
    PLOS ONE
    Publish
    Submissions
    Getting Started
    Submission Guidelines
    Figures
    Tables
    Supporting Information
    LaTeX
    What We Publish
    Preprints
    Revising Your Manuscript
    Submit Now
    Calls for Papers
    Policies
    Best Practices in Research Reporting
    Human Subjects Research
    Animal Research
    Competing Interests
    Disclosure of Funding Sources
    Licenses and Copyright
    Data Availability
    Complementary Research
    Materials, Software and Code Sharing
    Ethical Publishing Practice

  28. 2021/11/17 16:12:06 Nature ARCHIVE: NEUROSCIENCE含むアンテナおとなりページ

    Skip to main content
    Thank you for visiting nature.com. You are using a browser version with limited support for CSS. To obtain the best experience, we recommend you use a more up to date browser (or turn off compatibility mode in Internet Explorer). In the meantime, to ensure continued support, we are displaying the site without styles and JavaScript.
    Advertisement
    View all journals
    Search
    My Account Login
    Explore content
    About the journal
    Publish with us
    Subscribe
    Sign up for alerts
    RSS feed
    n

  29. 2021/11/15 11:36:02 脳科学若手の会含むアンテナおとなりページ

    このイベントは,盛況のうちに終了いたしました。
    多くの皆様にご来場いただきまして,誠にありがとうございました。

  30. 2021/11/10 17:43:07 進化研究を覗く | 語り合う | JT生命誌研究館含むアンテナおとなりページ

    研究館について
    研究館について
    「生命誌研究館」はどんなところか、まずはこちらをご覧ください。
    研究館についてトップ
    生命誌研究館とは
    施設紹介
    館長・顧問・
    名誉館長より
    組織紹介
    沿革
    生命誌って何?
    展示ホール
    展示ホール
    誰でも訪れることができる生命誌を楽しむ場(ホール)をご案内します。
    展示ホールトップ
    館内展示
    映像作品
    研究館グッズ
    電子ブック
    出張展示・貸出
    スタッフによる展示ガイド
    音声ガイド
    研究活動
    研究活動
    研究館の活動の中心です。5つの研究を発信します。
    研究活動トップ
    論文一覧
    チョウが食草を見分けるしくみを探る昆虫食性進化研究室
    ラボの概要
    研究室サイト
    トップ
    ラボ日記
    最新論文
    DNAから進化を探る系統進化研究室
    ラボの概要
    研究室サイト
    トップ
    ラボ日記
    最新論文
    ハエとクモ、そしてヒトの祖先を知ろう細胞・発生・進化研究室
    ラボの概要
    研究室サイト
    トップ
    ラボ日記
    最新論文
    カエルとイモリのかたち作りを探る形態形成研究室
    ラボの概要
    研究室サイト
    トップ
    ラボ日記
    最新論文
    表現を通して生きものを考えるセクター
    館長・顧問論文
    これまでのラボ・研究

  31. 2021/11/10 01:59:01 Frontiers in Neuroscience含むアンテナおとなりページ

    Tel +41 (0)21 510 17 00
    Tel +41 (0)21 510 17 10

  32. 2021/11/10 00:56:18 Frontiers in Behavioral Neuroscience含むアンテナおとなりページ

    Tel +41 (0)21 510 17 00
    Tel +41 (0)21 510 17 10

  33. 2021/11/10 00:56:11 Frontiers in Neuroanatomy含むアンテナおとなりページ

    Tel +41 (0)21 510 17 00
    Tel +41 (0)21 510 17 10

  34. 2021/11/09 07:28:16 Blog | Social Minds | A Piece of the Frithmind含むアンテナおとなりページ

    Why we need cognitive explanations for autism Uta Frith (2012)
    Essi: I don’t think so. There are now widely agreed diagnostic criteria and you discuss them in the documentary. The documen

  35. 2021/11/01 20:15:09 R: The R Project for Statistical Computing含むアンテナおとなりページ

    R version 4.1.2 (Bird Hippie) has been released on 2021-11-01.

  36. 2021/10/21 06:22:06 Science/AAAS | Collections: Neuroscience含むアンテナおとなりページ

    Subscribe to News from Science
    News from Science FAQ

  37. 2021/10/15 20:37:44 Slobrain e.p.含むアンテナおとなりページ

    Global reward state affects learning and activity in raphe nucleus and anterior insula in monkeys | Nature Communications
    出典: media.springernature.com
    10月 15th, 2021
    アプリで開く
    Facebook
    ツイート
    Pinterest
    Reddit
    メール
    埋め込み
    固定リンク

  38. 2021/10/14 16:32:32 Annual Review of Neuroscience含むアンテナおとなりページ

    Developmental Psychology
    S2O

  39. 2021/09/17 06:42:09 European Journal of Neuroscience - Wiley Online Library含むアンテナおとなりページ

    Publishing Policies

  40. 2021/09/06 03:44:48 退化しすぎた脳含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。
    搭載可能遺伝子配列長の制限、力価・個体による感染効率のバラつき、トロピズム、オフターゲット等の問題はついて

  41. 2021/08/26 01:09:00 Neuron含むアンテナおとなりページ

    Rendering failed! /usr/src/app/styleguide-templates/maint-210614-fca05d01marlin/ui-products/marlin/sourceJs/_settings.ejs:40 38| 39| >> 40| > 41| 42| > 43| lazyload__css is not defined c = css-selected-lastin-head,p = marlin,v = maint-210614-fca05d01marlin

  42. 2021/08/16 19:37:31 potasiumchの日記含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  43. 2021/08/16 18:18:50 takechi備忘録 ザナルカンドツィゴイネルワイゼン含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  44. 2021/07/12 21:42:31 SloBrain含むアンテナおとなりページ

    読者になる

  45. 2021/06/24 22:29:44 title list含むアンテナおとなりページ

    No.1001-1020
    No.1021-1040
    No.1061-1080
    〓 No.1061 (2021/6/24)
    City mice and country mice: innovative problem solving in rural and urban noncommensal rodents.
    (都会のねずみと田舎のねずみ:田舎と都会で分断されているげっ歯類の革新的な問題解決)
    Mazza, V., Guenther, A. (2021).
    Animal Behaviour, 172, 197-210.
    (発表者:〓木)
    The role of cat eye narrowing movements in cat〓human communication.
    (ネコ−ヒトのコミュニケーションにおけるネコの目の狭小化運動の役割)
    Humphrey, T., Proops, L., Forman, J., Spooner, R., McComb, K. (2020).
    DScientific Reports , 10, 16503
    (発表者:王(汐))

  46. 2021/06/04 22:40:08 Heliyon - Journal - Elsevier含むアンテナおとなりページ

    Rendering failed! /usr/src/app/styleguide-templates/maint-210413-0d89d368marlin/ui-products/marlin/sourceJs/_settings.ejs:40 38| 39| >> 40| > 41| 42| > 43| lazyload__css is not defined c = css-selected-lastin-head,p = marlin,v = maint-210413-0d89d368marlin

  47. 2021/04/30 01:40:32 Kimlab-seminar含むアンテナおとなりページ

    klab-semi
    ご使用のブラウザでは JavaScript がサポートされていません。このページを正しく表示するには、JavaScript が必要です。このページの HTML バージョンにアクセスしてください:https://calendar.google.com/calendar/u/1/htmlembed?height=300&wkst=1&bgcolor=%23FFFFFF&src=enomotokazuki@gmail.com&color=%2328754E&ctz=Asia/Tokyo

  48. 2021/04/28 11:05:09 Primates and other animals – The coolest new research in behavioral ecology and related disciplines含むアンテナおとなりページ

    It didn’t take long to learn that the forest is a very special place and it was heartwarming to feel the enthusiasm from the field assistants and other staff. They show insane amounts of passion through their bright eyes and big smiles 〓 I aspire to have such emotions toward my work in the future. From strangler trees to trees I can’t even attempt to pronounce and fruits that make elephants drunk 〓 the Balanites wilsoniana 〓 now that one I can say correctly… I think. The elephants will eat the f

  49. 2021/04/22 03:41:40 neuroecology | social neuroscience, decision-making, ecology, economics: thoughts from adam j calhoun含むアンテナおとなりページ

    Scientists like me
    Posted on April 21, 2021 by Adam J Calhoun (neuroecology)
    0
    I wanted to know how to find other scientists doing similar (but different!) work to me. I like to think that I know most of the people working on nearby topics, but what about people who take similar approaches on totally different problems? There were a lot of good suggestions (especially the neuromatch algorithm), but I want to highlight two in particular:
    Michael Hendricks mentioned the Journal/Author Name Estimat

  50. 2021/04/12 14:27:02 ScienceDaily: Mind & Brain News含むアンテナおとなりページ

    updated 11:00pm EDT

  51. 2021/03/22 12:08:56 「脳」研究生活含むアンテナおとなりページ

    Not Found
    Error 404
    Not Found
    Error 404
    Not Found
    Error 404
    Not Found
    Error 404
    Not Found
    Error 404

  52. 2021/03/18 14:13:08 shinomoto_J含むアンテナおとなりページ

    This site has been moved, jump after 5 seconds.
    If the web page does not jump, please click the following URL.
    click

  53. 2021/02/27 03:31:17 Mind & Brain News, Articles, Information | Discover Magazine 含むアンテナおとなりページ

    403 Forbidden

  54. 2021/02/27 03:14:15 Neuroskeptic -含むアンテナおとなりページ

    403 Forbidden

  55. 2021/02/03 15:25:45 動物ばんざいの会含むアンテナおとなりページ

    2021年度 予定
    2020年度
    幹事:小原(M2)
    メールアドレス:aobara1122☆gmail.com

  56. 2021/01/09 09:32:18 山がある方が北だよ含むアンテナおとなりページ

    J1ビザ面接@アメリカ大使館
    パサデナでの生活(カリフォルニア工科大学周辺の情報)

  57. 2021/01/01 21:28:36 Journal of Neurophysiology含むアンテナおとなりページ

    Function
    Copyright 息 2021 the American Physiological Society

  58. 2020/10/29 18:55:28 The Neurocomplimenter含むアンテナおとなりページ

    I’m starting a backlash against the fashionable anti-neuro backlash. After seven eight twelve fourteen years of critical neuroblogging, it’s time to highlight the positives.
    Thursday, October 29, 2020
    The Neuromatch Revolution
    The Neuromatch Revolution is here! And it’s been here for months!! (which seems like years – or days – in COVID-time). For those of you behind the times or way too socially isolated (like me), the online Neuromatch conference is already on its third

  59. 2020/08/07 16:11:00 動物ばんばんざいのページ含むアンテナおとなりページ

    本年度は毎週木曜日10:30から、オンライン(Zoom)で開催しております。

  60. 2020/02/19 13:05:37 Salon du Brain | サロン・ド・脳含むアンテナおとなりページ

    ※ 新型コロナウィルス対策のため,会合等への参加禁止・自粛要請が大学・企業において通知されています.サロンの目的は,できるだけ多くの方に脳を語り合う場を提供することであり,参加断念を余儀なくされる方への参加機会を確保するために今回のサロンは延期します.状況が落ち着きましたら,改めまして開催のご案内をします.
    2020年2月19日
    ※ 新型コロナウィルス対応のため延期になりました
    参加をご希望の方はこちらより登録をお願いします.
    阿部修士 (京都大学こころの未来研究センター)
    今吉格 (京都大学生命科学研究科)
    小川正晃 (京都大学医学研究科)
    篠本滋 (京都大学理学研究科)(アドバイザー)
    島崎秀昭 (京都大学情報学研究科)
    鈴木裕輔 (京都大学生命科学研究科)
    寺前順之介 (京都大学情報学研究科)
    中江健 (京都大学情報学研究科)
    濱口航介 (京都大学医学研究科)
    本田直樹 (京都大学生命科学研究科)
    水原啓暁 (京都大学情報学研究科)

  61. 2019/10/17 09:59:03 Animal Cognition含むアンテナおとなりページ

    Does humic acid alter visually and chemically guided foraging in stickleback fish?
    Robert B. Mobley, Emily G. Weigel, Janette W. Boughman (October 2019)
    Original Paper
    Articles 1,542
    Support

  62. 2019/04/05 01:42:16 ライフサイエンス 新着論文レビュー含むアンテナおとなりページ

    全1279件のタイトル一覧

  63. 2016/12/23 18:02:15 こころ学含むアンテナおとなりページ

    こころ学
    Home
    About
    Archives
    こころ学
    指と科学とお相撲と(2)
    2012-02-08 (水)
    前回の記事から時間がたってしまいましたが、指と日本の伝統的格闘技、すなわち「大相撲」の関係について、ご紹介したいと思います。実はのんびりしている間に、大手ブログサイトで論文が紹介されてしまったり、研究チームのリーダーである大竹文雄先生ご自身がブログで紹介されたりしたので、研究結果の大枠について、すでにご存知の方も多いと思います。そこで、それらの記事で触れられていない、論文の細部、重箱の隅の味わい方をご紹介しようかと思います。
    Continue reading
    Comments (Close): 1
    TrackBack (Close): 0
    亀の甲より年の功
    2011-12-03 (土)
    皆さんは年を取るということにどういうイメージを持っているでしょうか。
    記憶力は衰え,思考能力は鈍くなり,気力も低下する,といったネガティブな印象を持たれるかもしれません。
    ところが実際はそうとばかりは言えないようです。
    今日は,老人たちが若者たちよりも的確な判断を行っているということをお話

  64. 2016/06/20 01:18:24 最上の日々含むアンテナおとなりページ

    14年4月 diary
    最新の日記 前の月 次の月 日記INDEX はじめての方へ HOME
    4月1日(火)
    ▼「ヒッグス粒子を追え」フランク・クローズ
    この辺りの理論は知っていたが、発見のドラマの方について読んだのは初めてだったので面白かった。朝永らのくり込みの時代から始まって、標準モデルが確立するまでの過程を「無限大の問題」を軸にしてまとめたもの。原題は”the Infinity Puzzle”でこっちの方が内容を正確に表している。発売時期からしたらこう言うタイトルになるのは仕方ないのだろうけど。(ヒックス機構の発見者は少なくとも7人はいるという話はちゃんと入ってますが。)著者はオックスフォード大の物理学の教授。
    この手の本を読む時は物理学として知っていることでも、説明の仕方に得るところがあるので、退屈でも読むようにしていたのだけど、この本についてはそういう事は無かったので物理について知っている人は物理の説明は読み飛ばして良いと思う。
    普通の本はもっとドロドロした人間ドラマがあるもんだけど、この本は抑えめ。どうも、噂で流通しているバージョンには他の話がありそうだと、ほのめかされては

  65. 2015/09/25 18:45:51 uno mondo含むアンテナおとなりページ
  66. 2014/12/03 05:23:35 最尤日記含むアンテナおとなりページ

    数理科学12月号
    数理科学2014年12月号「場と力の物理イメージ」を読んだ。
    特集ではなく、連載「フィールズ賞で語る現代数学」第三回「群と対称」が面白かった。例の有限群の完全分類はパワフルな学者がごり押しで解決したみたいなイメージを持っていたけど、結構紆余曲折があったんだなとか。それに群論というのは古典的に完成されているというイメージだったけど、頂点代数とモンスター群のような新しい話題が出る余地があるのだとか。
    December 02, 2014 | Permalink| Comments (0)| TrackBack (0)
    Tweet
    «Wheeler-DeWitt方程式の困難と、ダークエネルギー
    Mobile URL
    Send mobile url of this blog’s
    About
    Recent Posts
    数理科学12月号
    ポインタなしC言語の提案
    Rはプログラミング言語でない?
    [メモ] AICの回帰への利用を簡単に
    コメントを承認制に移行します
    TeXに感じていた不満
    自然言語処理をなにも知らない私がword2vecを走らせるまで
    コンピュータが本来持