willsのアンテナ

すべて | グループ指定なし | game | study | others

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2020/07/31 16:12:50 内田樹の研究室含むアンテナおとなりページ

    「愛の不時着」コメント
    朝日新聞の「耕論」という欄に『愛の不時着』についての電話インタビューの記事が載った。 記事は記者がインタビューにもとづい...
    2020-07-31 vendredi

  2. 2020/05/03 20:32:01 はてなダイアリー - 哲劇メモ含むアンテナおとなりページ

    映画『犬ヶ島』オフィシャルサイト
    映画『犬ヶ島』オフィシャルサイト。2018年8月1日(水)先行デジタル配信。2018年8月22日(水)ブルーレイ&DVDリリース。『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督が描く“未来の日本”。愛犬を探す少年のワンダフル!!アドベンチャー!
    www.foxmovies-jp.com

  3. 2020/04/11 20:37:27 はてなダイアリー - 作品メモランダム含むアンテナおとなりページ

    数学セミナー2020年5月号|日本評論社
    数学セミナー2020年5月号の詳細。特集「微分積分・線形代数のここが知りたい」日本評論社は1918年創業。法律時報、法学セミナー、数学セミナー、経済セミナー、こころの科学、そだちの科学、統合失調症のひろば、など評価の高い雑誌を定期刊行しています。

  4. 2020/04/02 00:46:43 はてなダイアリー - Nachklang /日々の残響含むアンテナおとなりページ

    はてなブログ タグ

  5. 2020/03/05 18:24:57 JJ’s blog 自分のぺえじ含むアンテナおとなりページ

    第二点は出演している企画者としての役割を与えられた鈴井さん、藤村さんに対してのものである。上述したように、出演者である大泉さんは徹底した受身の役割を背負わされており、結果、企画の段階で何かをしようとするときはこの2人が企画を始めなければいけないようになってしまった。その最たる例が「対決列島」であろう。ここでは出演者である大泉さんはむしろ進行に徹さざるを得ず、実質的な主役はディレクターであるはず(!)の藤村さんと企画を決められるはずの(!!)鈴井さんであり、2人の対決が企画のメインとなっている(そしてこの企画の一部は最新作にも生かされることになる)。また、可感覚化された2人にはもう一つ、「失敗がさらされる」という役割がついてまわることになる。従来の裏方は出演しない、出演しないということは視聴者側には彼らの失敗もまた視聴することができない、ということである。これに対し、『水曜どうでしょう』では

  6. 2019/10/31 21:41:43 水野雅美爆裂ボディ含むアンテナおとなりページ

    「最新トラックバック」は提供を終了しました。

  7. 2019/10/31 17:05:01 黒い手帳含むアンテナおとなりページ

    「最新トラックバック」は提供を終了しました。

  8. 2019/08/02 08:59:02 Doctor’s Left Eye 文系科学技術研究者の備忘録 含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  9. 2019/07/20 19:35:12 Perduranceな日々含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  10. 2019/07/09 14:30:29 はてなダイアリー - ハメコラム。@web含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  11. 2018/11/17 15:15:33 Doctor’s Left Eye 2含むアンテナおとなりページ

    *講演内容については、講演原稿を加筆したものが小田亮氏のHPに掲載されています→http://www2.ttcn.ne.jp/~oda.makoto/nijuusyakai.html

  12. 2017/07/15 04:35:21 Research Papers of Hideaki Shirata含むアンテナおとなりページ

    性表現規制の文化史, 亜紀書房, 2017年7月 2010年頃から書き始めて、何度も「完成した。これでおしまい」と思っていた『性表現規制の文化史』がついにちゃんとした本となりました。7年もかかったわけです。最初は、ネット向けのエッセイとして、次にはコミケで頒布していた「ロージナ茶会誌」の連載として、そののちには「うぐいすリボン」の講演での資料として、少しずつ世の中に出回っていたわけです。本書は一般向けの書籍として、ほとんど書き直しに近い状態で手を入れたものになってます。これで本当に、このテーマについては「おしまい」にしたいと思ってます。
    共和制は可能か? in 東浩紀 and 北田暁大 編, 思想地図 特集・日本, NHK出版, 2008年4月, pp. 379--404. 昨年末のある日、東さんから「『思想地図』っていう新しい雑誌に論文を書いてください」と依頼された。テーマを訊ねたら「共

  13. 2013/03/05 10:11:12 retrosection-lesimage2のブログ含むアンテナおとなりページ

    Not Found
    The requested URL /blog-plugin was not found on this server.
    Apache/1.3.42 Server at 10.130.66.46 Port 8080

  14. 2011/07/22 18:13:50 大阪形而上学研究所含むアンテナおとなりページ

    コメント( 50 )