openptwoのアンテナ

すべて | グループ指定なし | PC | NEWS | OTA | HOBBY | GAMES | COOL | blog

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2019/08/23 20:28:36 CNN.co.jp含むアンテナおとなりページ

    美しくも不気味、ゲームデザイナーカメラが捕らえた東京ネオン街
    野生のヒョウに歩行障害の症状、当局調査フロリダ州
    香港総領事館職員の拘束、容疑は売買春 中国国営
    1歳の娘に菜食主義徹底、極度の栄養不良に 両親に社会奉仕命令 オーストラリア
    野生のヒョウが歩行障害に 米フロリダ08/22
    自然に帰る、海辺の水浴びスポット12選08/16
    封鎖された鉱山の町を撮る、S・ローレス氏の作品08/09
    美しくも不気味、ゲームデザイナーカメラが捕らえた東京ネオン街
    野生のヒョウに歩行障害の症状、当局調査フロリダ州

  2. 2019/08/23 20:00:20 スラッシュドット ジャパン: アレゲなニュースと雑談サイト含むアンテナおとなりページ

    13988057 story
    市販薬と同成分の花粉症薬を医療保険対象外にすべきとの提言、診察料を考慮すると負担額は市販薬と同程度との試算も 9
    ストーリー by hylom 2019年08月23日 18時35分
    安く見えるけど安くないのか 部門より
    健康保険組合連合会が、市販薬と同じ成分の花粉症治療薬については医療保険適用対象外にすべきとの提言をまとめた(時事通信日経新聞)。
    健康保険組合連合会によると、医療機関花粉症治療薬を処方して貰う場合必要な診察料や調剤料を考慮すると、医療機関で診察してもらって花粉症治療薬を処方してもらうのに必要負担金額と、市販の花粉症治療薬を購入する場合の金額は大差が無いという。
    たとえば「アレグラ」14日分を医療機関で処方してもらった場合自己負担金の総額は2003円だという。一方、市販薬の場合は1554〓2036円だったそうだ。
    医療機関での診断や調剤については患者負担こそ少ないものの、公的医療保険によってその費用の多くが負担されている。そのため花粉症治療薬を保険適用外にすべきという提言に至ったようだ。
    ただ、これによる保険費用削減効果は非常に小さいという(日経ビジネス)。
    japanmedicinemoney
    13987889 story
    Chrome/Firefox/Safariカザフスタン政府証明書ブロック政府による傍受に対処 6
    ストーリー by hylom 2019年08月23日 17時09分
    そんなことがあったのか 部門より
    Anonymous Coward曰く、
    一党独裁が続く中央アジアカザフスタンでは、2016年より国民政府発行のルート証明書インストール義務付けられている。これに対しては政府HTTPS通信を傍受できるのではないかと危惧されていたが、今年7月に実際にカザフスタン政府による中間者攻撃が報告されたことから、主要ブラウザが一斉にこの証明書ブロックする事態となっている(GIGAZINEITmediaZDNet Japan)。
    ブロックを行ったのはFirefoxおよびGoogle ChromeSafari。また、Chromiumソースコード内に含まれているブロックリストにこの証明書が追加されているため、ほかのChromiumベースWebブラウザでもブロックが行われるとのこと。
    chromefirefoxinternet
    13987880 story
    ChromiumベースMicrosoft Edgeベータ版提供が始まる 5
    ストーリー by hylom 2019年08月23日 17時07分
    ついにベータ部門より
    headless曰く、
    Microsoft20日、Chromiumベースの新Microsoft Edge初のベータ版提供開始した(Windows Experience BlogMicrosoft Tech Communityダウンロードページ)。
    対応OSは既にCanary/Dev版が提供されているWindows 710およびmacOS。新機能Canary/Dev版での品質テスト完了したものけが追加され、メジャーアップデートの間隔は約6週間おきとなる。これとは別にバグセキュリティ修正のためのマイナーアップデート提供される。現在提供されているバージョンは77.0.235.9で、Canary/Dev版(現在バージョン78.0.2xx.x)では1か月ほど前のバージョンになる。新Microsoft Edgeはまだプレビューの段階ではあるものの、ベータ版日常の使用に耐えるものになっているとのこと。
    ベータ版提供開始に合わせ、Microsoftでは新Microsoft Edge脆弱性発見に対する新報奨金プログラムMicrosoft Edge Insider Bounty Program」を発表している。新報奨金プログラムChrome Vulnerability Reward Programを補完するのが目的とのことで、最新のパッチがすべて適用されたWindowsWindows 7 SP1/8.1/10)またはmacOS上の最新版Microsoft Edge(Dev/Beta)でのみ再現し、Google Chromeでは再現しない脆弱性が報奨金(最高30,000ドル)の対象となる。なお、Windows 10 Insider Preview上の現行版Microsoft EdgeEdgeHTML)を対象としたMicrosoft EdgeEdgeHTMLon Windows Insider Preview Bounty Program(報奨金最高15,000ドル)も引き続き実施されるとのことだ。
    chromiumedgeinternet
    アマゾン炎上ブラジル大統領曰く「環境団体補助金削減の腹いせに放火した可能性がある」 24
    ニコンようかん」が9月30日で販売終了、品切れ状態に 19
    LINE、新機能OpenChat」を公開。さっそく大量の投稿出会い系投稿といったトラブルが出る 20
    ハイパーカミオカンデ、実現へ 48
    IOC東京五輪は高温高湿度環境下で行われるとして選手対策を求める 62
    Slashdot、非ログインユーザー投稿ブロック中 36
    努力して得た報酬の方が主観的価値が大きくなるという脳メカニズム発見される 46
    パスワードリセット要請された英ISP、なぜか元のパスワードを郵送する 52
    政府京アニへの寄付を「地方公共団体への寄付金」に位置付け税務上の優遇措置を受けられるよう検討 82