dzd12061のアンテナ

すべて | Museum

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2020/10/20 00:12:50 東京都写真美術館 年間スケジュール 2006-2007含むアンテナおとなりページ

    本日は開館しております(10:00〓18:00)
    本日は開館しております(10:00〓18:00)

  2. 2020/10/19 12:17:22 SHISEIDO GALLERY 今後の展覧会予定含むアンテナおとなりページ

    2020/10/19
    2020/10/19
    CINRA.NETに橋本 晶子展のインタビュー記事が公開されました。

  3. 2020/10/19 01:24:29 横浜美術館 YOKOHAMA MUSEUM OF ART含むアンテナおとなりページ

    ミュージアムショップは臨時休業です。

  4. 2020/10/19 00:32:58 年間スケジュール - 世田谷美術館含むアンテナおとなりページ

    10.19
    区民ギャラリー(世田谷美術館、清川泰次記念ギャラリー) 令和3年度前期分の利用者募集【終了】のお知らせ

  5. 2020/10/13 21:15:45 HOUSE OF SHISEIDO - 企画展スケジュール含むアンテナおとなりページ

    サービス停止中
    下記の期間、システムメンテナンスのため、サービスをご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
    メンテナンス期間
    10月13日 午前0時 〓 10月14日 午前6時
    ※状況により時間が前後する場合がございますので予めご了承ください。
    Under Maintenance
    Sorry for the inconvenience and

  6. 2020/09/18 12:54:13 森美術館|展覧会一覧含むアンテナおとなりページ

    森アーツセンターギャラリー
    ミッキーマウス展
    THE TRUE ORIGINAL & BEYOND
    2020.10.30(金)〓 2021.1.11(月)

  7. 2020/09/10 16:59:41 企画展:国立新美術館(THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO)含むアンテナおとなりページ

    ※会期変更 2021年6月9日(水)〓9月6日(月)
    国立新美術館 企画展示室1E

  8. 2020/09/01 00:25:33 展覧会カレンダー 川村記念美術館含むアンテナおとなりページ

    The DIC Way
    The DIC Way

  9. 2020/04/01 17:57:45 東京国立近代美術館−本館含むアンテナおとなりページ

    美術館の春まつり 中止

  10. 2020/03/04 16:27:58 SOMPO JAPAN MUSEUM OF ART含むアンテナおとなりページ

    2020年03月04日
    FACE展2020の「オーディエンス賞」が決定しました。(PDF)

  11. 2020/01/01 14:05:25 埼玉県立近代美術館 年間スケジュール含むアンテナおとなりページ

    © 2020 Momas.jp. All Rights Reserved.

  12. 2018/09/01 01:42:47 Hara Museum含むアンテナおとなりページ

    リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」
    Meet the Artist:
    リー・キット
    2018/9/16
    リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」
    リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」
    リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」
    (展示替休館 2018/12/25-1/4)
    「ソフィ カル―限局性激痛」原美術館コレクションより(仮題)
    2019/1/5-3/28(予定)

  13. 2011/12/27 00:43:07 これからの展覧会|東京オペラシティアートギャラリー含むアンテナおとなりページ

    040 「私」を知るための問い

  14. 2009/03/18 21:49:16 東京都現代美術館:MOT含むアンテナおとなりページ

    → 「メアリー・ブレア展」

  15. 2007/09/13 12:40:40 Bunkamura含むアンテナおとなりページ

    19世紀スイスの自然主義の画家アルベール・アンカー(1831〜1910年)。彼は国民的画家としてスイスの人々に愛され、その作品は多くの美術館に所蔵されています。スイスで生まれたアンカーは、パリに30年も住んでいたにもかかわらず、故郷スイスの村の人々や日々の暮らしを描き続けました。今でもスイスの人々の心を捉えて離さない、その描かれた情景は、私たち日本人が見てもどこか懐かしく、ぬくもりを感じさせます。