Hatena::Antenna

 「 冨士大石寺顕正会 」 のアンテナ

        顕正会(関連)について語っている、各ブログの更新状況のウオッチにお役立てください。

すべて | 顕正会(現) | 顕正会(元) | その他

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2019/11/20 23:03:04 巌虎独白 零落れ顕正会員の愚癡日記 (巌虎)含むアンテナおとなりページ

    11/20 顕正会、妙観講の馬…
    on サンバイ
    詳細ページ - コメント(6) | トラックバック(0)

  2. 2019/11/20 07:28:26 広宣流布を実現させよう! (第21隊長)含むアンテナおとなりページ

    〓〓〓〓〓〓0
    〓〓〓〓〓〓0
    〓〓〓〓〓〓0

  3. 2019/11/15 07:05:29 広宣流布 (地湧の菩薩)含むアンテナおとなりページ

    3
    浅香あき恵

  4. 2019/03/22 07:31:33 両眼滝の如し (のぶりん)含むアンテナおとなりページ

    いよいよ男子三万結集の大会が近づいてきた。私は、組織にはまったく出ないので、すでに化石と呼ばれているかもしれない。今回はついに誰からもお呼びがかからなかった。お呼びがあっても行く気はなかったのだが。今まで私を誘ってくれていた人は、もう私のことをあきらめたか、はたまた退転したか。
    前回、千葉の大会に出て以来の大規模会合だが、あの時の期待はずれの失望感と、倦怠感を思い出すと、やはりどうしても行く気にはなれない。私もこのまま退転なのかな。所属組織もいつのまにか、組織替えやら何やらで、わからなくなってるし。
    それより今、このような会合よりも政治のほうが面白い。政権交代が起こるのか、二大政党の流れの中で、公明党が埋没するのか。はたまた存在感を示すのか。どこに投票しようか、創価学会の友達からは、いつものごとく公明党を推された。いつもなら、「はい分かりました」で、公明党に投票するのだが、今回ばかりは、も

  5. 2018/12/26 23:48:30 顕正会是正協議会 (是正協議会)含むアンテナおとなりページ

    Copyright 2007 -顕正会是正協議会- All rights reserved.
    冨士大石寺顕正会是正協議会
    NEW
    人目の訪問者です。
    表紙
    目次
    由縁
    連絡
    記帳
    履歴
    書簡
    提言(コラム)
    平成19年8月妙信講再建50周年の日に、冨士大石寺顕正会是正協議会サイト開設以来
    「公開お伺い書」の提出を始めとして、是正の為の行動を開始いたしました。
    携帯閲覧で上手く閲覧出来ない方はこちらから
    (本日は番目のアクセスです。また昨日は人のご来場者がありました)
    無料 アクセス解析

  6. 2018/01/08 15:17:10 自由な茶寮掲示板 2F大講堂 (茶寮)含むアンテナおとなりページ

    この掲示板は閉鎖されています。
    もしかすると、したらば掲示板に引越し先や避難所があるかもしれません。

  7. 2017/07/15 03:10:15 自由な茶寮掲示板 1F (茶寮)含むアンテナおとなりページ

    ERROR !
    この掲示板は管理者によって削除されました
    管理者モード
    無料レンタル掲示板ADVEN BBS

  8. 2016/05/25 12:55:57 現役顕正会員パラパラ茜の好きな事喋りまくろう (パラパラ茜)含むアンテナおとなりページ

    2016年5月25日 (水)
    警察の職務怠慢ぶり
    東京都小平市で起きた、ストーカーによるアイドル刺傷事件。
    警察に相談したにも関わらず、たらい回しって。
    桶川市で起きたストーカー殺人事件からちっとも学習してないですね。
    桶川市で起きたストーカー事件の警察の対応、酷かったの覚えてますよ。
    被害者とその家族は、切羽詰まって警察に相談したのに、警察側は、うやむやにするかはぐらかして、その場しのぎだったね。
    その結果が、刺殺という最悪な結果になりました。
    被害者の女子大生の御家族の方は、その後も大変だったんですよ。
    被害者なのに、世間から冷たい視線を浴びたりして。
    逆に、その後自殺した張本人のストーカー男に対しては、ひどい人じゃないとか、姉に至っては、弟は暴力振るったり嫌がらせの電話をしたり、そんなことする人じゃないと、記者に悪態ついたりして、被害女性を悪者扱いして、あれは酷い事件と腸煮えくり返る


                                                            by 櫻川 忠