kurageruのアンテナ RSS OPML

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2020/12/01 17:50:27 偽日記@はてな含むアンテナおとなりページ

    ●とはいえ、ぼくがこの小説で最もリアルだと感じるのは、(「新人小説月評」にも書いたが)様々な仕掛けの隙間から聞こえてくる、濃厚な欠落の気配であり、語り手自身が、自分自身の語り---覚醒した意識---を制御できず、信用もできていないという感触だ(追記、周到で綿密な意識的企みと、意識に対する根本的な不信との、両方がある)。たとえば、内田百〓、鈴木清順、山本直樹、七里圭の作品を貫いている共通の場面(瀕死

  2. 2020/11/29 15:50:33 Economics Lovers Live含むアンテナおとなりページ

    2020-11-29
    数年前のできごとなど。(田中vers.)
    twitterでふと思い出して書いたことに関連して、フェイスブックの方で山形浩生さんに同様事例を教えられた。
    山形浩生の「経済のトリセツ」
    id:wlj-Friday
    数年前のできごとなど。
    数年前に、確かあれは何かアート系の宴会だったと思うんだが、顔を出したことがある。ぼくはあまり有名ではないし、あまり知った顔もいなかったんだけれど

  3. 2020/11/17 21:54:56 Ohnoblog 2含むアンテナおとなりページ

    2020-11-17
    アッパーミドル主婦の性的混迷をシニカルに描く『午後3時の女たち』(連載更新されました)
    告知 映画
    お知らせ、遅くなりました。
    「シネマの女は最後に微笑む」第73回は、アメリカ大統領選の報道で耳タコなほど聞いた「分断」という言葉を枕に、『午後3時の女たち』(ジル・ソロウェイ監督、2013)を取り上げています。

    専業主婦とセックスワーカーから見た アメリカ社会の小さな「分断

  4. 2020/11/01 19:33:30 荻上式BLOG含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。
    もうひとつ、報告書で触れられていない論点について指摘しておきます。記事中に「専門家」のコメントもありました。いかなる「専門家」を選ぶのかという段階からして、そのメディアの特色が出ますし、記事の方向性にも大きな影響が出ます。また、コメントをとる際、「専門家」に、記者がいかなる情報を与えるのかによっても、コメントの質が変化します。さらには「

  5. 2020/09/29 12:53:07 キリンが逆立ちしたピアス含むアンテナおとなりページ

    2020-09-29
    『環境と対話』第二号を発行いたしました。
    私は「環境と対話」研究会という小さなグループの代表を務めているのですが、このたび報告集である、『環境と対話』第二号を発行いたしました。今回は100ページほどの小冊子となっており、水俣についてのインタビュー調査や英語文献史料の紹介、動物倫理に関するエッセイ、ライフヒストリーを元にした哲学的考察、詩など、多彩な原稿を掲載しています。
    冊子

  6. 2020/09/02 12:56:14 macska dot org 含むアンテナおとなりページ

    2020年6月23日 - 3:25 PM by admin
    - 2:57 AM by admin
    2020年6月11日 - 9:05 AM by admin
    2016年8月5日 - 12:27 PM by admin
    2016年7月22日 - 3:31 AM by admin
    2016年4月18日 - 8:58 PM by admin
    2016年4月8日 - 9:24 PM by admin
    20

  7. 2019/07/15 01:39:35 *minx* [macska dot org in exile]含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  8. 2012/11/11 04:47:04 仮想算術の世界含むアンテナおとなりページ

    前日の閲覧数:
    169PV
    +SHARE
    Twitter Facebook RSS
    トップ
    トップ
     
    最近の原稿など
    最近の仕事など
    最近の原稿等
    仕事の告知
    最近の原稿等
    近々の原稿など
    トークイベント日程
    最近の原稿
    家の裏
    カテゴリー
    Weblog(10)
    仕事(0)
    原稿(1)
    バックナンバー
    2012:123456789101112
    2011:123456789101112