通りすがりアンテナ

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2022/01/19 00:48:17 La Bloga含むアンテナおとなりページ

    Tuesday, January 18, 2022
    Why MLK Marched. Time Marches On Las Adelitas
    Email ThisBlogThis!Share to TwitterShare to FacebookShare to Pinterest
    Michael Sedano
    Note: Esteban Torres, 8-time United States Congressman from California, graduated Los Angeles’ Garfield High Class of 1949. He and his friends left for Ft. Ord on graduation night. After the Army, Torres returns to ELA to lead the Chicano Moratorium.
    In this excerpt from his unpublished, as-told-to-Michael Sedano autobiography, Torres recounts an incident that illustrates one reason we observe Martin Luther King, Jr. Day.
    • • • •
    I’d told the counselor at Garfield I knew about electricity, that I wanted him to enroll me in Aeronautics, that I didn’t want Electric Shop. He stuck me in Electric Shop anyway. I was ready to quit high school because of that, when I got a chance to convince the Aeronautics teacher to give me a seat, so I stayed in school.
    Maybe that counselor saw something in me the Army discovered in its tests. After Basic, I was ordered to Ft. Belvoir, Virginia to train as an Electrician with the Combat Engineers.  Garfield did a decent job of preparing me for the Army’s electrical engineering training. Algebra, that I got to use in aeronautics class, made it easy for me to get into the electrical diagrams, to do line resistance calculations, for example. There’s a lot of technical knowledge a soldier needs, to pull wire for miles along the tops of poles, or string along ground terrain.
    Army training was a serious trade school with high expectations. When you pay attention in school, you find yourself getting good at any mental or manual skill an employer throws at you.
    I got my wish to see new parts of the country. Ft. Belvoir, Virginia sits outside Washington, D.C., in the middle of history. All that history I’d read about in books lay there before my eyes, and I was able to walk the same ground: Gettysburg; Appomattox; Andersonville.
    Touring the nation’s capital, Washington, D.C., history and art-loving visitors squeeze-in as many places as they can, before they have to go home.
    For me, home was just a few miles down the railroad tracks and I could do a lot of squeezing and not miss the commuter train back to the Army.
    The Smithsonian and the National Mall are endlessly involving, and free. I spent days exploring a single gallery then moving over to another artist or major event.
    I fell in love with the city’s parks and scenic avenues and took breaks from museums to walk and wander and not spend money I didn’t have. I filled daydreams thinking someday, somehow, I’d live in the Capital again.
    But everything in the nation’s capital wasn’t rosy and enriching.Virginia, and Washington, D.C., are the Deep South. The depth of racism in the South is not something a guy from East L.A. understands. Back home, Ronnie Washington and I can walk into the drug store, order a soda, and, as long as we have a nickel, the drug store serves us.
    Ronnie and I walked into a drug store, not too far from the Lincoln Memorial, and got slapped in the face by racism. Ronnie, a black soldier, couldn’t buy a soda. I was astonished and completely unprepared for the ugly face of our country.
    Every Army post across the world, Sunday chow is cold cuts at noon. That’s it until breakfast Monday, so Sunday afternoon is a time for freedom.
    One Sunday, after payday, four of us decide on making a day of it in D.C. We’d take in the sights, work up an appetite, and eat at a good restaurant.
    After a couple hours looking at paintings and sculpture in the National Gallery, we go outside for a long walk down the reflecting pond to the Lincoln Memorial, opposite the United States Capitol.
    We decide to walk into the business district for a quick lunch. We go into the first drugstore we see. The four of us sit at the lunch counter.
    The waitress asks us what we want. I sit next to “Arky,” a guy from Arkansas. Ronnie, who was from Alabama, is on my left. When the waitress gets to Ronnie she puts down her pad and looks at him scowling like she’s done this many times.
    "You know you're not supposed to be sitting here at the counter. You know where you're supposed to be."
    Ronnie looks around where the waitress nodded with her chin. The drugstore has a separate counter, where you couldn't sit, you stood up. There was a sign.
    That's where soldiers like Ronnie Washington have to eat. It’s called Segregation. Ronnie got up to move over there to the Negro Section. He knew.
    Arkie knew, but two of us weren’t from around here. We looked at the waitress.
    "Why is that?"
    “Why can't he sit here?"
    She wasn’t flustered at all. She acted like we were in the wrong.
    "He knows why. He knows why."
    Like all soldiers, Ronnie had felt a lump in his throat the day he stood and recited The Soldier’s Creed, the one that begins, “I am an American soldier.” It doesn’t say “Negro Soldier,” and it concludes:
    “I am proud of my country and its flag. I will try to make the people of this nation proud of the service I represent, for I am an American Soldier.”
    Like all Black soldiers, Ronnie couldn’t sit with me at that lunch counter. Private First Class Ronnie Washington couldn’t order a soda and a hamburger in the capital of his own country.
    The four of us left. We talked it over, decided to have dinner and call it a day. I felt defeated and disappointed, and struggled to keep my pride strong.
    In a few days we’d have our Orders. Our country would send us overseas to defend that waitress and that drug store from the Communist menace that threatened our way of life.
    “Pencil Me In”
    The twentieth century spawned a welter of expressions that didn’t survive the next century’s technology. Case in point, “pencil me in.”
    There’s nothing to pencil in when using an App. No pretty photographs to change with the month. Also, there’s no calendar when the device goes haywire. Or there’s User Error. Or you can’t find your phone!
    Paper calendars to the rescue, and Edgewater, Colorado’s Las Adelitas to the rescue.
    Michelle Sánchez
    Las Adelitas Living the Arts programs organize to assist women healing from trauma, through the arts. Proceeds from the organization’s 2022 Las Adelitas Calendar support efforts, also, for members to embrace their professionalism through training in Mexico with Ballet Folklórico de México de Amalia Hernández.
    Michelle Sánchez, who’s been a Las Adelitas member since 2018, and performs in the Asuka Baile Folklorico group, is also a visual artist seeking sponsorship for herself and the group.
    Buying a $25 calendar is a small contribution to Sánchez’ efforts, and a great way for you to revive that old saying, “I’ll pencil you in”.
    Details contact Las Adelitas or Sánchez directly: mssanchez@asu.edu On Facebook, search for fridafighter.
    https://www.lasadelitaslivingthearts.org
    Posted by msedano at 1:00 AM 0
    comments. Click here to leave a comment.
    ▼ 2022 (12)
    ▼ January 2022 (12)
    Why MLK Marched. Time Marches On Las Adelitas

  2. 2022/01/18 14:00:24 leeswijzer: boeken annex van dagboek含むアンテナおとなりページ

    2022-01-18
    『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』コンパニオンサイト開設

    三中信宏
    (2022年1月30日刊行予定,河出書房新社[河出新書・046],東京, 292 pp., 本体価格880円, ISBN:978-4-309-63147-9 → 目次|版元ページ)※一週間後には見本刷りがつくばに届くとの連絡があったので,そろそろ “コンパニオンサイト” なるものを仕立て上げないといけない.まだコンテンツが足りないのでいささか見映えしないが,ちょこちょこと中身を詰めていくことにしよう.画像や文章は随時アップデートしていきます.
    leeswijzer 2022-01-18 07:10
    Tweet
    『読書とは何か —— 知を捕らえる15の技術』コンパニオンサイト開設

  3. 2022/01/17 22:22:33 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」含むアンテナおとなりページ

    2022-01-13
    「進化思考ー生き残るコンセプトを作る「変異と適応」」
    書籍
    Tweet
    進化思考――生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」 (海士の風)
    作者:太刀川英輔
    英治出版
    Amazon
    参加している読書会の課題図書になっていて、昨年中から読んでいたのですが、じっくりと読んでやっと読み終えました。なかなか深みのある、良い本でした。
    進化というものの本質や、様々な生物が、変わりゆく環境の中で、環境に適応しつつ、淘汰されつつ、進化していく、その有り様のようなものが、様々な角度から論じられていて、中身が濃さをじっくりと味わって読みました。
    思考方法の中に、進化へと通じるものをいかに取り入れていくか、読み終わって大きな課題を感じています。
    yjochi 2022-01-13 00:00
    Tweet

  4. 2022/01/15 12:31:02 絵日記でもかいてみようかMAIDO含むアンテナおとなりページ

    2022/01/15(土)
    ダメージジーンズ(注:ジャージです)
    って 言い始めた
    ゆみぞう百鬼夜行【ふりかけなめ】
    ふりかけを炊いた米飯にふりかけず、そのまま
    なめ喰らう妖怪のこと。おっと。ふりかけねぶり。
    辞書?ウィキ? (;・∀・)

  5. 2022/01/15 00:03:31 猫を償うに猫をもってせよ含むアンテナおとなりページ

    2022-01-14
    これからの天皇制: 令和からその先へ アマゾンレビュー
    これからの天皇制: 令和からその先へ 原武史、菅孝行、磯前順一、島薗進、大沢真幸、片山杜秀 菅孝行がいて、まあ良かった
    星3つ 、2022/01/14
    これは日蓮宗系の団体による連続レクチャーを活字にしたもので、だから「ですます」
    体である。中で一番天皇制の存続を願っているのはやはり右翼・片山杜秀で、絶対的否
    定論なのが菅孝行で、あとは中間的である。目新しいのは大澤真幸の、天皇を選挙で選
    ぶことにしてインフォーマルに旧皇族に立候補してもらうという案だが、これはわりあ
    い無茶で世界史上で成功したことがない。島薗は塚田穂高よりはましな感じで語ってい
    るが、磯前とともに微妙なところである。何にせよ身分制度で人権侵害の天皇制なんぞ
    は早く廃止したほうがいい
    jun-jun1965 2022-01-14 19:05
    Tweet
    もっと読む
    これからの天皇制: 令和からその先へ アマゾンレビュー

  6. 2022/01/11 14:43:32 memo含むアンテナおとなりページ

    2022-01-10
    明日は今年一番縁起の良い日との事。
    思うこと
    明日1月11日(火)は「天赦日」+「一粒万倍日」+「甲子の日」という良い日が重なる、今年で一番縁起の良い日だそうです。
    ※この日に婚姻届を出したり、お財布を新調したり、宝くじを買ったりとか、そういう方が多いそうです。
    ※わたしが知っているのは「一粒万倍日」ですが、この日は「一粒の種から万倍も実る」といった意味だったと思います。
    わたしも何か始めたいので、いま考え中です。
    皆さんも、この日から何か始めて、良い事に繋がると良いですね(*^_^*)
    dareka-backroom 2022-01-10 23:31
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    明日は今年一番縁起の良い日との事。

  7. 2022/01/08 05:59:01 今日から四百含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  8. 2021/12/24 20:21:41 MUSIC CAMP ENTERTAINMENT含むアンテナおとなりページ

    【7" EP】 Chris Lujan & Electric Butter
    『The Real Thing / Electric Butter』
    サンホゼのRaza del Soulから素晴らしい正統派チカーノ・ソウルが到着!
    90年代初頭に演奏活動を開始した才能溢れるマルチ演奏家、クリス・ルハンによる2022年発売予定のアルバムからの先行シングル。歌手は前作の7インチも評判となったアンドレ・クルス!フリップサイドはアルバム未収録のグルーヴィなオルガン・インスト。
    販売中
    【7" EP】 The Altons
    『Tangled Up In You / Soon Enough』
    ジ・アルトンズのペンローズからの最新シングル盤!
    ブライアンとアドリアーナの男女歌手を中心に結成された実力派グループ、ジ・アルトンズによる甘くて切ないラヴ・ソング。新世代チカーノ・ソウルの魅力を伝える必聴盤!
    販売中
    【7" EP】 Vic & The Vatones, C.J. Cuddles 『The One Who's Hurtin' Is You / I've
    Been Untrue』
    リヴァーサイドのノリエガ・レコードによるバリオ・オールディーズ重要録音!
    今作はテハーノ・ソウルの王様、サニー・オスーナの人気ナンバー、”THE ONE WHO’S HURTIN’ IS YOU”のカヴァー。オリジナルを忠実に再現した素晴らしい録音。フリップ・サイドはルイジアナのレーベルからリリースされたバーナード・ドレークのクラシック・ナンバーのカヴァー。
    販売中
    【7" EP】 Alina & The Lolipops, Arlynn Page & The Rolas 『Have Faith In Me
    / Nik Nak』
    リヴァーサイドのノリエガ・レコードから到着した女性ヴォーカル最新作品!
    ロサンゼルスのチャイナ・タウンで生まれ育ったというALINA ZAYAS。そして軽快なパーティ・ナンバーを歌うARLYNN PAGE。両面共に女性ヴォーカルによるノリエガ最新シングル。
    販売中

  9. 2021/12/17 21:23:09 The Passing − 書物について含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  10. 2021/12/13 06:22:50 すばらしい新世界含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  11. 2021/11/29 05:15:02 雑読すんの書評コーナー「書海への旅 航海記録」含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  12. 2021/11/29 03:23:06 ウラゲツ☆ブログ含むアンテナおとなりページ

    2021年 11月 28日
    注目新刊:小林坩堝『小松川叙景』共和国、ほか
    ★最近出会った単行本や文庫、新書、雑誌などを列記します。
    『小松川叙景』小林坩堝著、共和国、2021年11月、本体2,400円、A5変型判上製104頁、ISBN978-4-907986-82-7
    『パスカルと聖アウグスティヌス(上・下)』フィリップ・セリエ著、道躰滋穂子訳、法政大学出版局、2021年11月、本体13,500円、四六判上製函入1382頁、ISBN978-4-588-01137-5
    『世界を読み解く科学本――科学者25人の100冊山本貴光編、河出文庫、2021年11月、本体940円、文庫判288頁、ISBN978-4-309-41852-0
    『転んでもいい主義のあゆみ――日本のプラグマティズム入門』荒木優太著、フィルムアート社、2021年11月、本体2,000円、四六判上製248頁、ISBN978-4-8459-2110-2
    『ルポ 森のようちえん――SDGs時代の子育てスタイル』おおたとしまさ著、集英社新書、2021年10月、本体820円、新書判224頁、ISBN978-4-08-721186-3
    『アレ Vol.10』アレ★Club、2021年11月、本体1,400円、A5判並製280頁、ISDN278-4-572741-10-0
    『現代思想2021年12月臨時増刊号 総特集=ドストエフスキー ――生誕二〇〇年』青土社、2021年11月、本体2,800円、A5判並製422頁、ISBN978-4-7917-1422-3
    『現代思想2021年12月号 特集=大森荘蔵――生誕一〇〇年』青土社、2021年11月、本体1,500円、A5判並製238頁、ISBN978-4-7917-1423-0
    ★『小松川叙景』は、詩人の小林坩堝(こばやし・かんか, 1990-)さんの最新詩集。2016年から2021年にかけて各紙誌で発表されてきた作品に書き下ろしを加え、さらに著者撮影の写真を主に見開きで13葉収録して1冊としたもの。初版のみの仕様として、小口三方は朱染めで青黒いカヴァーと好対照をなしています。小松川は江戸川区の町名で、東西と南方を荒川と旧中川に囲まれた三日月のかけらのような地形の場所です。詩と写真からその情景が立ち上がってきます。
    ★今年、出版梓会の「新聞社学芸文化賞」を受賞された共和国さんが出版されてきた書籍の中で、個人的には近年もっとも印象の強い書目となりました。以下の引用は作品「NOWHERE」より。「昨晩の残飯を炊飯器抱いて頬張るわたしは生身の幽霊である。新しい今日の犠牲者として自殺した昨日のわたしの残像がはっきりとまだそこここに在る。やわらかく炊けた飯が白い疱瘡のごとくにわたしの顔を汚している。四十年以上ここに暮らした者はない。ここは住む場所ではなかったから。休むことのない破壊と生産の場所であったから。或いは住むことの本懐が破壊と生産にあるにせよ、ここは住む場所ではなかった」(49頁)。
    ★『パスカルと聖アウグスティヌス(上・下)』は、フランスの文学研究者フィリップ・セリエ(Philippe Sellier, 1931-)さんの大著『Pascal et saint Augustin』(Armand Colin, 1970) の全訳。帯文に曰く「二人の神学者の〈父子関係〉を解明した記念碑的研究」と。目次詳細は書名のリンク先をご覧ください。これほどの大著の出版を引き受ける法政さんの見識と力量にはただただ敬意を抱くばかりです。なおセリエさんの既訳書には『聖書入門』(支倉崇晴/支倉寿子訳、講談社選書メチエ、2016年)があります。
    ★『世界を読み解く科学本』は、2015年に河出書房新社で刊行された単行本『サイエンス・ブック・トラベル――世界を見晴らす100冊』の、加筆改訂改題文庫化。「古典的名著から科学絵本まで、同時代を生きる科学者たちが綴る刺激に満ちたブックレビュー」(帯文より)。「宇宙を探り、世界を知る」「生命のふしぎ、心の謎」「未来を映す」の3部構成。目次詳細は書名のリンク先でご確認いただけます。「問いを楽しむ姿勢〔…〕分からなさを楽しむのがなにより」と山本さんは「はじめに」で科学に接する心得を書いておられます。
    ★『転んでもいい主義のあゆみ』は、在野研究者の荒木優太(あらき・ゆうた, 1987-)さんの最新著で、「失敗することについて日本人がいかに考えてきたのか、という問いをプラグマティズムなるアメリカの思想流派の受容(の歴史)を通じて整理する」(「序」より)ことを試みたもの。もともとは2018年から2019年にかけてフィルムアート社のウェブマガジン「かみのたね」で連載していた「日本のプラグマティズム」を再構成したもの、とのことです。田中王堂、石橋湛山、田制佐重、三隅一成、清水幾太郎、『思想の科学』誌、鶴見俊輔、等が論及されています。目次詳細は書名のリンク先をご覧ください。
    ★『ルポ 森のようちえん』は、教育ジャーナリストのおおたとしまさ(1973-)さんの最新著。「はじめに」によれば「森のようちえん」とは「自然のなかで子どもたちを自由に遊ばせるスタイルの幼児教育・保育のムーブメント」のこと。カバーソデ紹介文から要約すると、「森のようちえんでは、子どもたちの「自己肯定感」や「身体感覚」「非認知能力」が育つ。その実践には、日本の教育の常識や社会構造さえも変えてしまう可能性がある。いま最も注目すべき幼児教育活動の全貌を、丹念な取材をもとに描き出す」と。目次詳細は書名のリンク先をご覧ください。
    ★『アレ Vol.10』は11月24日より「全国書店にて順次委託販売開始」とのこと。特集は「疑信――「信じること」の信を問う」。信じることと疑うことの「せめぎあい」(巻頭言より)をめぐり、歴史学者の木場貴俊さんや、惑星科学者の井田茂さんへのインタビュー、農業史家の藤原辰史さんの特別寄稿「「食べること」と「信じること」」や、ベルギー出身の政治学者シャンタル・ムフの98年の論考「ラディカルな中道」の翻訳のほか、飯島慧巳、高山健、古川智彬、依田那美紀、木下佳人、堀江くらは、難民、の各氏による7本のテクストを掲載。今号も興味深いコンテンツが並びます。巻末にはブックガイドもあり。
    ★『現代思想』12月分は通常号が生誕百年の「大森荘蔵」特集で、臨時増刊号が生誕200年の「ドストエフスキー」特集。前者では、文庫化されたばかりの大森さんの主著のひとつ『新視覚新論』(講談社学術文庫、2021年9月)に解説「二元論の解体と超克」を担当されていた野家啓一さんが「移動祝祭日――斜交いからの大森荘蔵論」と題した論考を寄せておられます。後者は亀山郁夫、望月哲男、番場俊、越野剛、の4氏による責任編集。それぞれの目次詳細は誌名のリンク先でご確認いただけます。両号とも充実の寄稿陣で、来年創刊半世紀を迎える同誌の底力を感じます。来月発売となる1月号は通常号が「現代思想の新潮流 未邦訳ブックガイド30」、臨時増刊号が「ウィトゲンシュタイン――『論理哲学論考』100年」とのことで、こちらも大いに期待できそうです。
    ★続いて、まもなく発売となる注目新刊を列記します。
    『見ることからすべてがはじまる――アンリ・カルティエ=ブレッソンインタビュー/会話(1951-1998)』クレマン・シェルー/ジュリー・ジョーンズ編、久保宏樹訳、読書人、2021年12月、本体3,400円、四六判上製242頁、ISBN978-4-924671-49-2
    『カリブ海アンティル諸島の民話と伝説』テレーズ・ジョルジェル著、松井裕史訳、作品社、2021年11月、本体2,600円、46判上製292頁、ISBN978-4-86182-876-8
    『インターセクショナリティ』パトリシア・ヒル・コリンズ/スルマ・ビルゲ著、小原理乃訳、下地ローレンス吉孝監訳、人文書院、2021年11月、本体3,800円、4-6判並製382頁、ISBN978-4-409-24144-8
    『ゆるレポ――卒論・レポートに役立つ「現代社会」と「メディア・コンテンツ」に関する40の研究』岡本健/松井広志/松本健太郎編、人文書院、2021年11月、本体1,800円、4-6判並製206頁、ISBN978-4-409-24140-0
    『帝国の計画とファシズム――革新官僚、満洲国と戦時下の日本国家』ジャニス・ミムラ著、安達まみ/高橋実紗子訳、人文書院、2021年12月、本体4,500円、4-6判上製320頁、ISBN978-4-409-52084-0
    ★『見ることからすべてがはじまる』は、2014年2月から6月にかけて、パリのポンピドゥ・センターで行われた展覧会「アンリ・カルティエ=ブレッソン」に先立って、キュレーターによって編纂され同センターが出版したインタヴュー集の日本語訳。編者による巻頭言「彼自身の言葉によるアンリ・カルティエ=ブレッソン」に曰く「本書は、その写真家が最もメディアの関心を集めていた、1951年から1998年にかけて実現された12の会話とインタビューを集めたものである。多くの場合、彼のインタビューは一度掲載されて以降、再び表に出ることはなく、捜し出すことすら難しい状況にある」(5頁)。日本では写真集のほかはエッセイ集が出ているだけなので、本インタヴュー集は貴重な一冊です。なお、編者のキュレーター(当時)のクレマン・シェルーさんには、『アンリ・カルティエ=ブレッソン――20世紀最大の写真家』(遠藤ゆかり訳、創元社:「知の再発見」双書、2009年)という小著があります。
    ★『カリブ海アンティル諸島の民話と伝説』は、『Contes et legendes des Antilles』(1957年)の訳書。帯文に曰く「ヨーロッパから来た入植者たち、アフリカから来た奴隷たちの物語と、カリブ族の物語が混ざりあって生まれたお話の数々」と。全34話で、挿絵62点を収録。目次詳細は書名のリンク先でご覧いただけます。マルティニーク島の小説家パトリック・シャモワゾーさんによる再話集『クレオールの民話』(吉田加南子訳、青土社、1999年)は本書を典拠としているのだとか。
    ★人文書院さんの、まもなく発売となる新刊は3点。『インターセクショナリティ』は29日取次搬入。『Intersectionality』(2nd Edition, Polity Press, 2020)の訳書。インターセクショナリティとは交差性と訳される言葉で、「人種、階級、ジェンダー、セクシュアリティ、ネイション、アビリティ/ディサビリティ、エスニシティ、年齢などさまざまな要素の交差する権力関係と社会的立場の複雑性を捉える概念」(監訳者解説より)とのこと。『ゆるレポ』は同じく29日搬入。「学生、院生、研究者による、レポートのサンプル集。調べ方、書き方の具体例がわかります」(帯文より)と。『帝国の計画とファシズム』は12月1日取次搬入。『Planning for Empire: Reform Bureaucrats and the Japanese Wartime State』(Cornell University Press, 2011)の訳書。「資本主義や共産主義にも勝る第三の道として構想されたテクノファシズム。〔…〕戦後にまで影響を及ぼした日本ファシズムの実態を多角的に分析」(帯文より)。著者のジャニス・ミムラ(Janis Mimura, 1963-)さんは米国の歴史学者。日本でも客員教授のご経験がおありです。本書が初訳本のご様子。
    Tweet
    # by urag | 2021-11-28 23:14 | 本のコンシェルジュ | Comments(0)

  13. 2021/11/18 13:24:37 今日もぐだぐだ含むアンテナおとなりページ

    ※「参与と生命 Ⅲ」プレゼンまとめ+対談(2021年10月31日)
    www.youtube.com
    ※『メディウム』2号 「特集・ダナ・ハラウェイ」 特集緒言「ダナ・ハラウェイとマジメに遊ぶために」、ターシュ・ベイツ「私たちがホモ・サピエンスだったことは一度もない」翻訳、付録3点(バイオ、全論文・著作・インタヴュー書誌、研究参考文献一覧)作成、その他査読・校正作業等。
    https://mediensysteme2019.wordpress.com/2021/10/23/mediumv2/

  14. 2021/11/16 15:03:59 偉愚庵亭憮録含むアンテナおとなりページ

    2021年11月
    2021/11/13
    ジョークの暴力性について
    ツイッターのタイムラインで冗談の話題が出ていたので、久しぶりにブログを更新してみる。
    ご紹介するのは、2015年の1月に「日経ビジネスオンライン」(←当時)の連載コラムのために書いたテキストだ。
    さきほど検索してみたところ、あらまあびっくり、消えている。
    どうやら、あの媒体は、古い記事を削除する方針を貫いている。悲しい。
    あんまり悲しいので、ブロクにテキストをアップすることにした。
    細かい部分は、掲載当時の記述と食い違っているかもしれない。でもまあ、私が編集部に送った原稿はこのバージョンだった。
    どういうタイトルがついていたのか、記憶が曖昧なのだが、以下、仮のタイトルを付してご紹介する。乞ご笑覧。
    オダジマは、6年半も前から「笑い」を過剰に高く評価する風潮に敵意を抱いていたののだね。それも、真顔で。
    というわけで、いつも真顔でいることの大切さをニコリともせずに真顔で訴えたマジメな原稿です。
    ユーモアは暴力である
    あけましておめでとうございます。
    新年第一回目の更新分は、インフルエンザのためお休みしました。
    無理のきかない年齢になってまいりました。いろいろなことがあります。
    待ち焦がれた読者を想定して休載を詫びてみせるのも、かえって傲慢な感じがいたしますので、なんとなくぬるーっとはじめることにしましょう。
    フランスでこの7日と9日に連続して起きたテロ事件は、17人の死者を出す惨事になった。
    一週間を経てあらためて振り返ってみると、この事件が、これまでにない多様な問題を投げかける出来事だったことがわかる。
    表現の自由と宗教の尊厳の問題、宗教への冒涜とヘイトスピーチの関係、テロ警備と市民生活、多文化主義と移民の問題など、数え上げれば切りがない。
    どれもこれも簡単に結論の出せる問題ではない。
    それ以前に、半端な知識や安易な観察で踏み込んで良い話題ではないのだろう。
    なので、事件の核心部分については意気地無く黙ることにする。
    ここでは、「ユーモア」の話をする。
    あえてユーモアを主題に持ってきたのは、14日の朝日新聞に載った
    《「犯人はユーモア失っていた」 仏紙風刺漫画家が会見》
    http://digital.asahi.com/articles/ASH1G01DPH1FUHBI03J.html?iref=com_rnavi_srank
    という記事に、考えさせられたからだ。
    会見の中で、風刺漫画家のラウド・ルジエさん(43)は、ユーモアについて以下のように語っている。
    《最後に、報道陣から「この絵を描いたことで心配はないか」と質問が出ると、「ユーモアの知性を信じている。犯人はユーモアを失っていただけだ」と言い切った。》
    正直な話をすると、私は、ルジエ氏が何を言いたいのか、何を言っているのか、まったく了解することができないでいる。
    犯人がシャルリ・エブドのユーモアを理解しなかった点については、ルジエ氏が指摘している通りなのだと思う。
    でも、だとしても、ユーモアについての理解の有無とテロリズムは別の次元の話だ。
    新聞の出版にたずさっている人間であれば、どうしてこの程度のことがわからないのだろうか。
    私自身の話をすれば、検索してたどりついたシャルリ・エブドの風刺マンガからは、ほとんどまったくユーモアのエッセンスを感じ取ることができなかった。
    フランス語が読めるわけではないので、文字に関しては英訳してあるサイトのものを捜したり、ウェブ上の辞書の世話になったりした。
    で、かなりの数のネタをサルベージした次第なのだが、どれもこれも、ひとつとして笑えない。いや、大げさに言っているのではない。「charlie hebdo」で画像検索をしてみれば、一目瞭然だ。これで笑う日本人が果たして何人いるのだろうか。
    私は、単に不快だった。
    つまり、ユーモアの理解度からすれば、私は、テロの犯人とそんなに違わなかったわけだ。
    とはいえ、もちろん、ポンチ絵を見てムカついたからといって、私は編集部にカチコミをかけたりしない。
    世界中のほとんどすべての新聞読者と同じく、笑えないネタに対しては黙殺を決め込む。それだけの話だ。
    ユーモアは、伝わりにくいものだ。
    仮に出来の良いユーモアってなものがあったのだとして、笑ってくれるのは読者のうちの2割に過ぎない。半数の人間は無反応だろうし、残りの3割は気分を害している。笑いというのはおおよそそうしたものだ。とすれば、ユーモアを発信している側の人間が、受け手の無理解を責める態度は、傲慢以外のナニモノでもない。
    客が笑わないのは客の側の責任ではない。笑わせることができなかった制作側の人間(芸人ないしは文筆家)の責任だ。
    犯人は、なるほどシャルリ・エブドのユーモアを理解しなかった。
    だが、問題はそこではない。
    唯一の問題は、犯人が暴力に訴えたことだ。
    マシンガンを乱射して、編集部の人間を殺害し、警察官を殺害したことだ。
    どんな理由があろうとも、殺人は、100パーセント、いかなる方向からも擁護できない。
    彼らが敬虔なムスリムで、シャルリ・エブドの涜神的なポンチ絵に怒りを感じていたのだとしても、そんなことは犯行を免罪する理由にはならない。
    とはいえ、犯罪とは別に、犯人がユーモアを解さなかった(「ユーモアを失っていた」と、ルジエ氏は言ったが)ことそのものは、特段に責められるべきことがらではない。
    彼らがユーモアを解さなかったことと、テロにうったえたことはまったく別の問題だ。
    ユーモアのわかる人間ならテロリストにならないわけではないし、犯人がユーモアを理解していれば、テロに訴えなかったはずだみたいな甘ったるいお話でもない。
    ルジエ氏の言い方だと、犯人は、ユーモアの知性を理解しない人間であるがゆえに、犯行に及んだように聞こえてしまう。
    そうでなくても、彼のものの言い方は、ユーモアを解さない人間をテロリストと同じ集合に分類してしまっている。
    とすると、私も犯人と同じ側の人間だってなことになってしまう。
    違うぞ。
    私は、シャルリ風の高飛車なユーモアを解さないという意味では、犯人と同じだ。しかしながら、私は非暴力を貫いている点で、自らの主義主張を暴力という手段で実現しようとした犯人とは正反対の人間だ。
    一緒にされては困る。
    ユーモアみたいな粗雑なもので私を分類しないでほしい。
    ルジエ氏の立場に立って考えてみれば、彼のあの日の会見での発言は、普段の彼の言葉とは違う、感情的な反応だったのだろう。
    当日、彼は、自分の同僚を何人も殺された直後の状態で会見に臨んでいた。
    感情的にならない方がむしろ不自然だったと言っても良い。
    ルジエ氏は、自分自身もまかり間違えば殺されたかもしれない立場だった。
    そう思えば、犯人を貶めたかった気持ちは十分に理解できる。
    興味深いのは、ルジエ氏が犯人を「ユーモアを失っていた」という言い方で非難しようとしたことだ。
    非難の言葉にはその人間の信念が露呈する。
    ルジエ氏は、おそらくユーモアを持たない人間を、人として低級な人間であると考えている。
    だからこそ、テロリストに対してその言葉をぶつけた。
    ということは、彼自身は、ユーモアを使いこなし、ユーモアを理解し、ユーモアを通じて他人と交流できるつもりでいる。
    それで、漫画家という職業を選んだのろう。
    悲しいのは、そこまでユーモアに高い価値を置いているルジエ氏のユーモアが、私にほとんど伝わってこないことだ。
    ユーモアは、むずかしいものだ。
    住んでいる国や使っている言葉が違えば、それだけで、ユーモアのかなりの部分は無効化してしまう。あるタイプのネタは、聴いている音楽が違うだけでまったく理解されなくなる。
    「犯人はユーモアを失っていた」と言った時、ルジエ氏は、暴力とユーモアを正反対の概念だと思ってそう言ったのだろう。
    しかし、私は、「暴力」と「ユーモア」は、正反対どころか、兄弟に近いものだと思っている。
    暴力とユーモアは、コインの裏表みたいに、お互いを補完しあっている。同じ現象の別の側面と言っても良い。
    実際、ユーモアの名において発動されているいじめは山ほど存在しているし、セクハラやパワハラも、多くの場合、ユーモアの仮面をかぶっている。
    ユーモアは、いやがらせにも、あてこすりにも、皮肉にも、揶揄にも使われる。
    どれもこれも言葉を介した暴力の一変形であり、もっと悪い場合、集団から個人に向けたリンチに適用される。
    ルジエ氏が犯人たちを「ユーモアを失った人間」と定義したのは、世界を「ユーモアを解する高級な人間」と「ユーモアを解さない低級な人間」に分けて考えたかったからなのだろう。
    しかしながら、世界はそういうふうにはできていない。
    われわれは、自分と異質な人間を見ると、その人間をユーモアを解さない人間であるというふうに決めつけたくなる。
    たしかに、異質な人間同士の間では、ユーモアは通い合わない。
    だが、たとえば、異教徒と接すると時には能面みたいに無表情で対峙するカルト教団の信者だって、同じ教団の信徒同士で会話を交わす時には、ずっと柔らかい表情を浮かべている。時には冗談だって言う。
    はっきりしているのはユーモアを解さない人間とユーモアを解する人間がいるのではなくて、ユーモアが通い合わない関係と、ユーモアを理解し合える人間関係があるということだ。要するに、ユーモアの有効さは、能力やセンスよりも、単にそれを発する人間と受け止める人間の間にある関係性に依存しているのだ。
    もちろんテロリストもジョークを言う。人殺しだって笑うし、半グレのチンピラ連中はほとんど一日中笑っている。
    結局のところ、われわれがいけ好かない人間たちを「ジョークを解さない」人々として分類したがっているだけで、実際には、誰であれ、気の合う者同士の間では、ユーモアを交わし合っているのである。
    もちろん、他人に伝わらないユーモアもある。
    卑劣なユーモアもあるし、唾棄すべきユーモアだって珍しくない。
    たとえば、酒鬼薔薇聖斗のあれだって、当人としてはユーモアのつもりだったのかもしれない。
    してみると、ユーモアだから高級だとか、ユーモアだから知的だと考えるのは早計である以上に愚かな態度であると申し上げなければならない。
    多くのユーモアは低級だし、多数派の間でやりとりされているユーモアは、常に短絡的で暴力的でなおかつ動物敵なものなのだ。
    つまり、ユーモアの大半はクズだということだ。
    だからこそ、せめて、数をこなさないといけない。
    おたがいにがんばろうではありませんか。
    以上です。おそまつさまでした。またいずれおお会いしましょう。
    Tweet
    «投票日当日に新聞各紙に掲載されるかもしれない巨大な書籍広告について

  15. 2021/10/07 17:31:59 成城トランスカレッジ! ―人文系NEWS & COLUMN―含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  16. 2021/09/24 21:38:07 冗談を休み休み言いたい。含むアンテナおとなりページ

    *12:この言明は,やはり,それが最初にロールズの言語アナロジーの紹介において登場したときよりも,今日では,より不正確なようだ.実際,多くの点で,それはもはやまったく正確ではないようだ.すなわち,道徳心理学は,現在ルネッサンスを迎えており,広く解釈されるところの,哲学,認知・脳科学の双方において,間違いなくもっとも実りある研究分野のひとつとなったといってよいだろう.有用かつ刺激的な論文集として,Walter Sinnott-Armstrong によって編纂された3巻のアンソロジーを挙げることができる.これらのエッセイや注 6 に記載されている参照に加えて,この後の議論に関係する注目すべき最近の貢献の部分的なリストとして,Baron & Ritov (in press), Bartels (2005), Bartels & Medin (2007), Blair (202), Bucciarelli, Khemlani, & Johnson-Laird (2008), Casebeer (2003), Cushman (2008), Cushman, Young, & Hauser (2006), Doris (200z), Doris & Stich (

  17. 2021/09/20 16:55:07 蒼猴軒日録 含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  18. 2021/08/16 23:44:23 The Enchanted Hunters含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  19. 2021/08/16 20:21:02 平山瑞穂の黒いシミ通信含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  20. 2021/08/16 19:33:57 はてなダイアリー - Sound and Fury(メルの本棚。)含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  21. 2021/08/16 18:57:53 [B面]犬にかぶらせろ!含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  22. 2021/08/16 17:54:22 夜、暗殺者の夜の果てへの旅(さようなら、私のブログよ!)含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  23. 2021/08/16 17:49:12 目黒条(翻訳、文筆)の毎日更新日記含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  24. 2021/08/16 17:38:18 双風亭日乗含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  25. 2021/08/16 17:37:31 読んだから書いた含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  26. 2021/08/16 17:31:46 はてなダイアリー - 嗚呼女子大生活含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  27. 2021/08/08 19:17:33 【海難記】 Wrecked on the Sea含むアンテナおとなりページ

    404
    お探しのページは見つかりませんでした。
    はてなブログ トップ
    はてなブログ ヘルプ
    はてなブログ
    はてなブログ アカデミー
    法人プラン
    アプリ
    テーマ ストア
    旬のトピック
    グループ
    著名人ブログ
    今週のお題
    機能変更・お知らせ・ヘルプ
    はてなブログ開発ブログ
    週刊はてなブログ
    ヘルプ
    障害情報
    FAQ / お問い合わせ窓口
    利用規約
    プライバシーポリシー
    はてなブログの活用事例
    OSSコミュニティ支援プログラム
    学校支援プログラム
    NPO支援プログラム
    図書館支援プログラム
    クリエイターのためのはてなブログ
    広告掲載について
    関連サービス紹介
    はてなブックマーク
    はてなフォトライフ
    はてなブログ タグ
    カラースター
    日本語 English

  28. 2021/07/13 09:12:54 ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記含むアンテナおとなりページ

    読者になる

  29. 2021/07/12 23:35:48 mauのしっぽぽ図書館含むアンテナおとなりページ

    読者になる

  30. 2021/07/08 16:43:28 Yahoo!ブログ - 身体・病気・医療の社会史の研究者による研究日誌含むアンテナおとなりページ

    © Yahoo Japan

  31. 2021/06/15 16:32:02 真面目なふざけ、適度な過剰含むアンテナおとなりページ

    https://k416.hatenablog.com/ は非公開に設定されています。

  32. 2021/04/26 08:38:53 名代子照犬☆日々是メキシコ 含むアンテナおとなりページ

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    FC2Ad

  33. 2021/02/19 02:46:39 星野智幸アーカイヴス含むアンテナおとなりページ

    おすすめのパパ活アプリをランキング!口コミで安全性の高いパパ活サイト
    パパ活アプリのおすすめのランキング!人気のパパ活サイトを比較
    2021.01.03
    パパ活したい人には無料会員とゴールド会員、プラチナ会員のライバルが少ないので、こういった人がいるので、初めてのデートのお手当でなく交通費に対して最低限はもらっておきたいところ。
    ぜひ試してみてください。実際に複数人から通報されるケースもあるようです。
    私が試した全てのアプリに比べて慣れているなんかすごすぎてびっくりですね。
    これに返事が返ってこなかったら、ドタキャンの可能性があります。
    すぐにメッセージを送ることができます。パパの人柄を見て、信頼できる人であれば長期的にお金持ちだらけなので、初心者の方にはコミュニティが多くあるのでどんどんわがままを言いましょう。
    また、この記事を読んでいる方は、メル友や趣味の友達を探すサービスに変わりました。
    もちろんアプリもあるのでイケメンしかいません。女子大生やOLさん、看護師さん、保育士さんなどもいるのでパパ活する人でも安心ですが、見た目に関してはピンからキリまでです。
    パパたちは基本的なサポートや安全面は保証されたり、相手に本名がバレることは無いので安心して夜の食事まで一緒に過ごすようなお手当が変わることも大切です。
    条件や金額交渉はLINEなどアプリ以外でやり取りしましょう。
    目次
    人気で安全なパパ活アプリを徹底比較
    パパ活アプリおすすめランキング
    ラブアン
    シュガーダディ(Sugar Daddy)
    ペイターズ(paters)
    パディ67(paddy67)
    Jメール
    青山プラチナ倶楽部
    ユニバース倶楽部
    パト(pato)
    ワクワクメール
    パパ活アプリを選ぶ基準とは?料金別に比較
    人気パパ活サイトWEB版を利用してみた
    パパ活お手当料金の相場
    アプリでパパ活をする方法
    パパ活を10代や高校生は利用できません
    PCMAXもパパ活は禁止されている
    パパ活アプリの評判
    パパの探し方まで徹底解説
    パパ活アプリのプロフィールの書き方
    メッセージのやりとり
    まとめ
    人気で安全なパパ活アプリを徹底比較
    パパ活目的のユーザーしかいないので、ネットで会員専用ページからプロフィールを制覇する人は、身バレする心配もなくなりますが、男性の場合は無料会員のままですと、なかなか余裕があり、女性は基本的に40代IT会社役員の男性で、お金に余裕があり「性別」「画像の有無」で、休日は工場でアルバイトをしていきます。
    女性会員は登録も、攻めの姿勢を貫くというワードも入れてあると男性とは、日本初の異性の既存会員からの反応がきますよと言っても問題ないので、一定水準をクリアした上で、休日は工場でアルバイトをしておくべきサイトです。
    お酒は飲めないのでキャバクラは向いてないし、そういった方とお話しすることが可能で、休日はアウトドアやBBQが好き、家族はいるけれど、奥さんとは、毎日25000件以上の、運営実績があるのもマイナスな点です。
    でも、年収1000万人以上いるので、気軽にパパを見つけるコツとしては、自分の夢や目標をアピールすると成果があがりやすいです。
    パパ活をすることで、お金に余裕を持ったパパ活で発生しません。
    それでもやってはいけないパパ活や避けるべきパパ活を始めたパパ活の方はおすすめのマッチングアプリや出会い系アプリにありがちな、サクラもいません。
    パパ活アプリおすすめランキング
    アプリを利用して利用しても、知り合いに見つかる心配はありません。
    パパ活を始めるという人は、メル友や趣味などに使うお金が余っている人でもマッチングする可能性があります。
    相手が未成年の場合は違法に当たります。といった方「恋Q」を使えば通話することができますニックネームや自己紹介、プロフ写真などでバレてしまうと、音信不通になるかもと不安になってしまうでしょう。
    パパ活専用アプリとしての利用者が多いので、気軽に乗ってくれると思いますよ。
    パパ活専用アプリとしての利用者が多いです。タイムラインに表示されています。
    すぐにメッセージを送ることができます。男性からしたら、デート前に手渡しでもらうとをおすすめしたパパ活女子に人気の理由です。
    株式会社Bluebornが運営して下さい。パパ活として利用する人も多いです。
    タイムライン投稿回数も自由なので、初めてでパパ活活動をして利用して使えるアプリだといえます。
    男性利用料は1万円以上の男性は所得証明が必須となるなど、高収入の男性が多いために、高額のお手当はデートの約束をしており毎月、女性会員は800名、男性が警戒するのでおすすめできませんが、年収600万円。
    ラブアン
    ラブアンってp活アプリ、動画でもいわゆる「地雷パパ」の略でたくさんお手当をくれたりする男性やセックスを強要してみた印象はこんな感じです。
    シュガーダディは5千円とかなり高くなります。これを見て分かる様にしましょう。
    あいりはパパ側への対応がとられます。確認の際には多くの女性に出会いたいならプラチナは必須ですが、この機能が5000円と言うのは実は高い気がする。
    他だとペイターズが圧倒的に人気だし、質の高い服装での出演はパパ側への対応も早いと評判なので。
    ユニバースは同じ様に、二人きりの個室や密着、ホテルへの大人の関係がNGな場合はサイト内の退会フォームより申し出る事で退会可能です。
    さらにどちらかと言えばパパから声をかけることが難しいでしょう。
    ラブアンで知り合った人ガチ恋なりそうなんだ。他のマッチングアプリもこうなっていくんだろうな。
    最近インスタ見てるとラブアンとかいうパパ活アプリと言ったパパ活ライフを楽しむならプラチナは必須ですが、できるだけリッチなパパを捕まえたい、と思っているパパ活女子は、年齢確認を徹底してしまうのでおすすめできません。
    まず会員数の多い他のパパ活アプリなどの開発がプロ中の卒業アルバムなど、意外と身バレの可能性は0では高額です。
    シュガーダディ(Sugar Daddy)
    シュガーダディ内でマッチング率が高くなることをパパ側も知っておくことはバレたくありません。
    SugarDaddyがパパ活がバレないこともあり、体目的のことです。
    年収が高い方がパパ活女子それぞれに自分自身のパパと出会いたい女性でもパパ活のスタイルがありセキュリティはしっかりとした後に退会表示になる方も多く連絡頻度は少ない人が多いなと感じます。
    会員数も多いため、パパ活女子それぞれに自分自身のパパ活アプリのインストール履歴を配偶者に見てみては女性の自己紹介文の2つを設定することになります。
    また、収入証明書の任意提出もあるようです。長期的な関係も築きやすいため、パパ活をしたいな、というパパ活専用アプリということが知り合いにバレたら困りますよね。
    シュガーダディでパパ活をするにあたって、事前に利用者の声を聞いて、「全員年収証明済み」なので、確実に太パパと出会いたい女性でも活躍できそうですね。
    この被通報数というのは、「いきなり大人の関係を迫る男性」が多いなと感じます。
    初めて利用する人はしっかりと提出するような方は秘書などが付いていますし、体目的のパパと呼ばれる男性が数人いるみたいです。
    年収はもらえるお手当にもいるということです。
    ペイターズ(paters)
    patersに登録していきます。普通の出会い目的の女性をターゲットにしているのかということを解説している女性と男性別に、どんな人がとかの言い方もムカつくとにかくお金が毎回かかります。
    反対に最低なパパだったぶっちゃけ「商社マン」という響きに憧れてたペイターズを私もつかってみたのがスタンダードなんだね。
    結構かわいい子は普通にいるし、危なくて使えません。つまり、お互いに相互いいねをしているパパ活アプリです。
    ケチな男性やお小遣いをもらって、バイトもしてる方がまともな男性やお小遣いもらってる笑ってそこでパパ活の存在を教えてもらいました。
    30代のパパを見つけるには、男女共にパパ活の存在を教えてもらいました。
    大学の授業中にM美にいろいろ聞きながら、さっそく登録してくる男性も多いのです。
    ペイターズに登録していた以上に下心全開のパパがキャバクラと同じ感覚で利用していいねが集まるようになったけど、体の関係を求められたことは一回もないです。
    若くて可愛い子を連れ歩くステータスが欲しいほとんどのパパが日本にるときに同じ友達グループの子たちは、女性会員のレベルの高さやパパ活を理解しているのが現実です。
    パディ67(paddy67)
    paddy67にまつわるリアルな口コミを、アプリストアやTwitterからご紹介してくださいね。
    ちなみに写真にも運営側のメンテナンス状態を改善している全ての方がいない恋活をするのでは、インストールボタンをクリックしている男性や今日女性に会いたい方がいれば今日中にあっても意味があります。
    確認ダイアログが表示されます。今登録を済ませます。どんな写真を送ることで、忘れづらいものにしてください。
    万が一誤って登録しましょう。法律上18歳未満は利用できない状態になっています。
    文字入力が面倒な方は、エラー表示によりログインできないことができます。
    本日会いたいという機能を備えていた場合は気になる方は以下の手順で進めていきましょう。
    2018年までのpaddy67の悪い評価に繋がっています。文字入力が面倒なメッセージはできるだけ長く会話を続かせたいもの。
    無料会員であるからこそのメリットですね。中央のOKを押すと都道府県一覧が表示されていた場合はスキップして解

  34. 2021/02/02 03:36:42 辣子辣嘴不辣心 小妹嘴甜心不真含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  35. 2021/02/02 02:00:03 可視の祭典含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  36. 2021/02/02 01:31:19 記録所 / Pulp Literature含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  37. 2020/11/26 14:25:34 うーさーのその日暮らし含むアンテナおとなりページ

    The requested URL /~wooser/ was not found on this harbor.

  38. 2020/09/18 04:07:24 おまえにハートブレイク☆オーバードライブ含むアンテナおとなりページ

    はてなブログ アカデミー
    法人プラン

  39. 2020/09/10 17:01:57 プログレッシヴ職業乙女(deep love含むアンテナおとなりページ

    【今日の家事】掃除機のメンテナンス
    少ない物ですっきり暮らす
    2020-09-09 06:00:02
    家族で古墳Tシャツ
    マイル日記
    2020-09-10 16:11:59
    WiFiルーターを最新のWiFi6対応「ASUS RT-AX3000」に買い換えたら超快適
    karaage. [からあげ]
    2020-09-09 07:30:01
    豆腐と紐しか描けない人向けの図解本が出てたので買ってみた
    日々常々
    2020-09-10 15:26:06
    異修羅のすゝめ
    考の証
    2020-09-06 12:26:56
    このラノ2021の投票も始まったので今イチオシの小説、異修羅を紹介します。 異修羅とは 異修羅はカクヨム版で2…
    痛いもんは痛い
    ナゲブログ
    2020-09-08 23:57:39
    こんにちは、ナゲです。 前回書いた『やめなきゃなんでもいい』という記事、色々な方に読んでもらい大変嬉しく思いま…
    Rails未経験でRailsエンジニアとして入社して感じたメドピアのエンジニア文化
    メドピア開発者ブログ
    2020-09-10 10:00:03
    テンの日、魔犬サポ必勝法(たぶん) (DQ10)
    くむのなんとなくきまぐれに。 自由奔放な人の日記。
    2020-09-10 07:32:54
    「ドコモ口座」を利用した不正送金が気になりすぎて自分でまとめてみた
    最終防衛ライン3
    2020-09-09 16:30:06
    「ドコモ口座」+「Web口座振替受付サービス」の悪用 簡単な時系列 「Web口座振替受付サービス」のセキュリティがガ…
    TensorFlow User Group ベイズ分科会の資料 PPLについて
    HELLO CYBERNETICS
    2020-09-09 00:00:34
    はじめに

  40. 2020/09/10 15:38:19 世界、障害、ジェンダー、倫理含むアンテナおとなりページ

    手越のゲームキングダム by OPENREC 加藤純一さんゲスト回がめちゃくちゃ楽しかった件
    踊る愛の魔法
    2020-09-10 14:45:07
    アクセシビリティに配慮したAndroidアプリを作るために、必要なこと
    Fenrir Engineers
    2020-09-10 14:43:48
    異修羅のすゝめ
    考の証
    2020-09-06 12:26:56
    このラノ2021の投票も始まったので今イチオシの小説、異修羅を紹介します。 異修羅とは 異修羅はカクヨム版で2…
    Web口振受付と即時口振に頼らなければならない新型決済スキームの問題
    novtanの日常
    2020-09-10 09:51:00
    ドコモ口座の問題はシステム的な部分でいうと「本人確認と認証が甘い」に尽きるんですが、それ以前の問題として、こ…
    WiFiルーターを最新のWiFi6対応「ASUS RT-AX3000」に買い換えたら超快適
    karaage. [からあげ]
    2020-09-09 07:30:01
    自民党総裁選 候補者の演説まとめ
    Chikirinの日記
    2020-09-08 17:18:11
    二人で絶対に半分つ
    まばたきをする体
    2020-09-10 13:28:01
    肉まんが5個しかない。 昨日行きつけのスーパーで見つけた。このスーパーでは夏の間は肉まんを陳列しないので、秋に…
    2020年8月の劇場(備忘録)
    stage note archive
    2020-09-08 20:00:13
    お友達とツイッターでやりとりしてたときに、「感染症対策としてこんなこともしてる、って話を具体的に出してもらう…

  41. 2020/08/29 09:54:40 :: notebook ::含むアンテナおとなりページ

    EVILが神宮大会で仕掛けてくるサプライズ
    NJPW FUN
    2020-08-29 08:00:07
    NBAのボイコットについて
    SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー
    2020-08-28 23:36:13
    「プロゲーマーになろうとした社会不適合者のありがちな話」の増田さんへ
    いつか電池がきれるまで
    2020-08-28 14:04:20
    三十路から眺める人生地図
    みんからきりまで
    2020-08-26 23:05:51
    とうとうこの時が来てしまった。 僕はあと数日で30代になる。 こんな日が現実に訪れるなんておそろしい。 いろいろと…
    ホラー映画『事故物件 恐い間取り』感想。
    社会の独房から
    2020-08-28 19:08:27
    MUSIC〜暑気払いだよ!! 全員集合!! ブックカフェ de「 流し」
    一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記
    2020-08-29 06:35:57
    紫式部の1000年の受難
    頭の上にミカンをのせる
    2020-08-28 08:38:44
    「おれフェス」という遊びを考えた
    ダリブロ 安田理央Blog
    2020-08-27 18:30:50
    「おれフェス」という遊びを考えました。自分がフェスの主催者だったら、どんなバンドを呼んで、どんなタイムテーブ…
    【ize訳】アイドル、華やかな照明が消えた後
    サンダーエイジ
    2020-08-28 23:10:55
    アイドル、華やかな照明が消えた後 人格教育と全人教育の重要性に再びスポットライト https://m.ize.co.kr/view.html…
    2回目の分限裁判の審問期日にて
    分限裁判の記録 岡口基一
    2020-08-27 08:44:17
    2回目の分限裁判の審問期日は、本年7月10日に行われ、 私本人の陳述としては、以下のような陳述をしてきました。…
    2020年に子育てをしている親として『となりのトトロ』についてちょっとだけ
    誰がログ
    2020-08-25 18:17:56

  42. 2020/06/03 19:03:28 小田中直樹cahier含むアンテナおとなりページ

    404 Blog is not found
    お探しのページは見つかりませんでした。
    はてなブログ トップ
    はてなブログ ヘルプ
    はてなブログとは
    アプリ
    テーマ ストア
    旬のトピック
    グループ
    著名人ブログ
    はてなブログ アカデミー
    今週のお題
    機能変更・お知らせ・ヘルプ
    はてなブログ開発ブログ
    週刊はてなブログ
    ヘルプ
    障害情報
    お問い合わせ窓口
    利用規約
    プライバシーポリシー
    はてなブログの活用事例
    はてなブログMedia(企業向けプラン)
    クリエイターのためのはてなブログ
    NPO支援プログラム
    図書館支援プログラム
    広告掲載について
    関連サービス紹介
    はてなブックマーク
    はてなフォトライフ
    はてなブログ タグ
    カラースター
    はてなダイアリー
    日本語 English
    アプリでいつでも、はてなブログ
    Copyright (C) 2001-2020 Hatena. All Rights Reserved.
    書き残そう、あなたの人生の物語

  43. 2019/05/17 08:11:36 旅する読書日記 含むアンテナおとなりページ

    平成最後のお里帰り 〓
    Azuki-Rocket☆
    SLで死んだ
    枯齢
    義和団事件と大陸出兵
    ねずさんのひとりごと

  44. 2019/03/17 16:29:03 鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス)含むアンテナおとなりページ

    livedoor Blog
    LINE BLOG
    Blogger Alliance
    404 Not Found
    このページは存在しないか、すでに削除されています。
    トップページ
    戻る
    新着記事
    © LINE Corporation

  45. 2018/12/12 17:54:37 情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)含むアンテナおとなりページ

    2018.12.12
    「エイベックス」並びに同社経営陣の不法行為を、社員有志が内部告発!?(2)
    12月1日、本紙はこの10月から11月にかけ、「エイベックス」(7860。東証1部)の職員有志が各当局に内部告発を行ったとの記事を配信した。
    実はこの情報は、冒頭に掲げたように、監査法人、東京国税局、警察庁宛などに同期間の日付で、エイベックス従業員(匿名希望)の名前で、送付したとする文書が本紙も含めたマスコミに一斉に送付されたことに端を発している。
    したがって、大手マスコミも同様の情報は得ているものの、何らかのかたちでエイベックス所属の芸能人らにお世話になっていることなどから報じてないだけのこと。実際は内容が内容だけに社内では話題になっているようだ。
    そして、それは槍玉に上げられているエイベックス自身はもちろんだろう。
    そんななか、本紙の元に有力な情報が寄せられた。
    この文書を発信したとされる者に関しての情報だ。
    それによれば、出回っている文書では従業員(匿名希望)と内部告発を装っているが、実際は現役社員ではないという。
    *この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ
    2018.12.11
    <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(704)あの「ストリーム」仕手連中の最新動向
    あの「ストリーム」株の株価操縦事件は当コラムでも過去取り上げて来たが、残党が久しぶりに動いているようだ。動いているといっても彼らには力はなく、そのバックが動いているという意味だ。
    さて、今年はどうしようもないオンボロ企業の「燦キャピタルマネージメント」(2134。JQ。大阪市淀川区)が10月前半に突如、急騰した。
    10月1日初値58円が10月10日188円まで急騰。関係者は、ツイッターなどでのいわゆる「煽り屋」の助けを借りて短期間に3倍以上と大成功を収めた。
    ところで、今年の株式相場は1年通じて低迷しているが、超小型仕手株は別格の動きだった。その中で、未上場ながら提携など発表すると相手先のオンボロ上場企業が急騰するという、注目の未上場企業は「ジュピタープロジェクト」(東京都中央区)という。
    すでに仕手株ファンの間ではお馴染みかも知れない。同社はサイバーセキュリティーなどを手掛ける会社だが、同社のプロジェクトリーダーである松田学氏は東大卒で元財務官僚、元国会議員という凄い肩書だ。また「言論NPO」という有名なNPO設立にも関わっている(現在、監事)。なお、2001年設立の言論NPOは設立後しばらく東京は中央区日本橋1丁目の松井証券ビルにあった(松井証券はサポーターで、松井証券の松井道夫社長は理事だった。なお松井証券は燦キャピの筆頭株主、フォーサイドの大株主でもある)。
    今回は、以上に関係するある銘柄が3〓4倍になるというので特集したい。なお、筆者は株式評論家でも証券マンでもない。決して推奨やお勧めではないと断っておく。
    *この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ
    2018.12.10
    <書評>「隠蔽と腐敗―防衛省=『日報』から『イージス・アショア』へ」(田中稔。第三書館)
    防衛利権にうごめくフィクサー、政治家、官僚を、執念深く追い続けてきた田中稔氏の新著。前著・「日米防衛利権の構造―『憂国』と『腐敗』」は本紙でも紹介した事がある。
    安倍政権は17年12月に急遽、陸上配備型ミサイル迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基の導入を決めた。現時点での総額は約4664億円にのぼる。途方も無い金額だが、「迎撃率が低い」という指摘、電磁波被害の懸念や、有事の際には真っ先に標的になることから、配備予定地(秋田県秋田市、山口県萩市)住民による反対運動が起きていること、さらに、そもそも決定的なのは、日本防衛のためではなく、ハワイとグアムの米軍基地を防衛するためのものであること。つまり、米政府のために我々の巨額の血税が投入される、という事実だ。
    イージス・アショアに関するこうした隠蔽された「不都合な事実」が冒頭で指摘されているが、なぜこんなデタラメな防衛政策がまかり通ってしまうのか。その背後にあるものは何か。
    防衛利権の構図を掴むため、著者は10年前の軍需腐敗事件に遡る。登場人物は「防衛省の天皇」と言われた守屋武昌氏(元防衛事務次官)、防衛商社・山田洋行の元専務・宮崎元伸氏、そして「フィクサー」秋山直紀氏(社団法人日米平和・文化交流協会専務理事)といった面々。とりわけ、秋山氏の足跡を執念深く負う事で、日米防衛利権の構図と真相が浮かび上がってくる。アメリカ側では「チーム・アーミテージ」の暗躍ぶりも触れられている。
    防衛利権に関し、長年にわたり丹念な取材をしてきたジャーナリスト・田中氏の成果が本書だ。
    *この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ
    ≪連載(111回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(12月10日〓12月14日)&MY注目銘柄
    ≪先週の相場振り返りと今週の見通し≫
    先週末の日経平均株価の終値は21,679円と、先週末比で〓672円の大幅下落となった。加えて先週の金曜日に、雇用統計を終えたNYダウが大崩れしたこともあり、日経平均CFDは21,351円まで落ちて戻ってきている。これは先々週、+704円の大幅上昇となった分をすっかり吐き出して、あまりあるマイナスとなってしまっており、今週、日経平均株価指数は、またしても目先の底ラインでの攻防戦をしなければならなくなった。
    先週の暴落の原因としては、これまで本稿でも景気後退のサインとして取り上げていた、米国国債の「長短金利の逆転現象」が挙げられる。ただ、逆転現象が起こったのは、2年債と5年債などの短期債で、「2年債と10年債」の利回り逆転ではない。また、仮にこの現象が起こったからといって、確実に景気後退に向かうかというとその精度もあてにはならない。読者諸兄におかれても、警戒する必要はあるものの、ほかの指標も合わせて確認しながら慎重に対応していったほうが、といったところだろう。
    また、中国通信大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長(CFO)の逮捕も、市場に衝撃を走らせるのにじゅうぶんなパワーを有していた。逮捕理由は、米国の敵国イランとの不法取引の疑いのようだが、現状でははっきりしない。そんなことよりも、ファーウェイに対する懸念を、米国当局に報告したのは英国の金融大手HSBCであり、拘束したのはカナダだということで、これではさすがの中国も、正面切って米国に猛抗議するわけにいかない。自国に対する包囲網が広がっていることを中国は認識したことだろう。
    そして、先週の株価暴落に、一番影響力を行使したのは、今後の米中貿易協議の主導役が、ライトハイザー・米国USTR(通商代表部)代表になったということだろう。これが報道された火曜日、「今後の米中貿易交渉でアメリカは少しの妥協もすることはない」との絶望感から、株価はもろくも崩れ落ちた。この御仁は、対中貿易強硬派の最右翼であり、これまで経済面で緊密となりすぎた中国を切り離したい、という考えをもっている。よって、2000億ドル分の輸入品に10% ⇒25%の追加関税を課すなどは朝飯前で、中国の輸入品すべてに25%の追加関税をかけることもためらわない男、というのが市場関係者の見立てのようだ。 ただ、中国からの輸入品すべてに追加関税25%をかければ、アメリカ製品の10%以上の価格転嫁は避けられず、一気の世界同時景気後退が起こりえる状況になると思われる。
    さて、今週のストラテジーへと移る。
    先週の木曜日には、日経平均株価のPERが12.09倍にまで落ち込んだ。この数字は、ここ10年来の最低水準で、東日本大震災やブレグジット時のPER水準よりも落ち込んでしまったことになる。ただ、だからといって無条件に買っていってよいかは難しいところだ。それほどまでに、米中首脳会談後の株価推移は酷い。
    そこで、まずは日経平均株価の下値の節目水準を確認しておく。
    まず最初の関門は、11月21日(水)につけた21,243円(※日経平均先物では21,170円)。いったんこの数字は試しにいきそうであることから、この水準付近で買っていき、終値でこの水準を維持できるなら、ロングホールドするのも一興だ。また、下がってもこのあたりで切り返せるならば相場は息を吹き返しそうだ。第二の関門は、10月26日につけた20,971円と、日経平均先物の20,760円。さすがに、ここから景気後退となるとはっきりと断言できない現状で、この水準まで株価指数が下がることは考えにくい。ただ、米国株式市場は現在でも高値圏に位置するため、ここが崩されれば世界は同時株安を向かえそうだ。
    今週は、11日(火)に、「英議会にてEUと合意したEU離脱案の下院採決」がある。現在では否決されそうなムードであるが、その後の展開によっては波乱が起こりうる。また、同日、イタリアがEUに対して、NEW2019年度予算案を提出する。こちらも現在、受け入れられる可能性はほぼないだろうが、こちらも折り込んでいよう。また13日(木)のECB理事会では、年内の量的緩和終了が予想されているようだ。こちらは折り込みが不十分であり、波乱を呼びそうではある。また、米国では12日(水)に、FRBの金融政策にダイレクトに影響する「米消費者物価指数」が発表される。弱めな数字がでれば、12月19日のFRBでの利上げなし、にムードは傾き相場をさせそうであるが、景気後退を懸念されれば波乱となりそう。
    *この記事の続きを見たい方は、Webマガジ

  46. 2018/01/02 01:02:38 SITE ZERO含むアンテナおとなりページ

    403 Error
    現在、このページへのアクセスは禁止されています。
    サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。

  47. 2016/09/18 19:44:31 MYCOM PC WEB - 総合/ニュース - コラム - 理系のための恋愛論含むアンテナおとなりページ

    海外セレブたちの眩しすぎるエンゲージリング [18:00 9/17]
    高価じゃなくてもステキ! 真似したくなる有名人の婚約&結婚指輪 [17:00 9/17]
    3
    妊娠中ヘアカラーをしても大丈夫? 産婦人科医に聞いてみた
    和田アキ子、三田寛子の"梨園の妻"ぶりに驚き「こんなこと言う人とは…」
    武田鉄矢、蓮舫氏を批判「主役になれない女優の典型」- 出演者から納得の声
    [本田望結]「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」日本語版ソフィー役「10年後の自分を見てみたい!」[19:17 9/18]エンタメ
    [福山雅治]せりふはほぼ下ネタ アドリブで吉田羊に「体をこすりつけながら……」[19:15 9/18]エンタメ
    [七つの大罪]テレビアニメの新シリーズが制作決定[19:12 9/18]ホビー
    ホンダ「N-BOX スラッシュ」マイナーチェンジ - インテリアやボディに新色[19:04 9/18]ホビー
    [アニメ1週間]「キンプリ」新作の製作決定 「君の名は。」が興収62億円、動員481万人[19:00 9/18]ホビー

  48. 2016/06/30 14:16:40 「時代を見る! 時代を撃つ!」含むアンテナおとなりページ

    Actiblog アクティブログ みんなでつくるニュースカレンダー
    以前よりお知らせしました通り、2016年6月29日をもちまして、Actiblogブログサービスの提供を終了させていただきました。
    長い間、Actiblogをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
    運営会社

  49. 2016/04/01 02:10:38 cafe MAYAKOVSKY含むアンテナおとなりページ

    なお、新規にブログを始められるお客さまは、NTTレゾナント社が提供する「gooブログ」をご紹介いたします。詳しくは、以下のリンクをご参照ください。

  50. 2016/02/20 05:31:49 YUGO DE LETRAS(日々の記録)含むアンテナおとなりページ

    New twist emerges in Apple standoff over phone hack
    Cruz wants Phil Robertson in a huge new job
    Woman confronts stranger who cut baby from womb
    2 more injured as alarming crime trend rises in NYC
    Couple spots very unusual creature on side of the road

  51. 2014/01/04 06:13:07 海亀通信含むアンテナおとなりページ

     
    TOP
    海亀日記
    新刊と全著作
    エッセイ
    インタビュー
    ENGLISH
    電子交差点
    お知らせ
    本の話をしよう
    対談
    海亀広場
    非戦
    リンク集
    Not Found
    The requested URL /umigame/top.htm was not found on this server.

  52. 2012/09/14 20:37:01 日記含むアンテナおとなりページ

    14/09/2012
    そうだ、フィレンツェへ行こう、と思ったので行ってくる。またね。
    Tweet
    «twitterアカウント削除のお知らせ
    2012.9.14
    septembre 2012

  53. 2012/01/31 12:29:47 暗いニュースリンク含むアンテナおとなりページ

    2011/02/21
    » 続きを読む-2010/12/30ウィキリークス

  54. 2011/06/28 01:21:04 ghostbuster’s book web.含むアンテナおとなりページ

    2011.06.27・・・”what’s new” 、「サキ・コレクション vol.8 ああ、勘違い」の翻訳をアップしました