通りすがりアンテナ

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2020/09/18 18:44:18 La Bloga含むアンテナおとなりページ

    Friday, September 18, 2020
    Puppy Love Solves Pandemic Fatigue
    Email ThisBlogThis!Share to TwitterShare to FacebookShare to Pinterest
    Melinda Palacio
    When Pandora sleeps, it’s time to write.
    I can check all the boxes: zoom fatigue, social distancing fatigue, mask fatigue, fatigue of feeling fatigue. However, adopting a puppy has filled me with a welcome muscle fatigue brought on by a dog bred for retrieving ducks. This puppy can play fetch until your arm feels as if it will fall off if you have to throw the ball, stick, or toy one more time. I named the two-month old Labrador Retriever Pandora, meaning all gifts, and she is certainly a gift to cure all sorts of malaise that can come with life in Covid-19 lockdown.
    The sight of her eager face in the morning sets things right in the world and makes me forget about the pandemic she was born into. Since early May, the nation has experienced a shortage in dogs and puppies. Shelters report no available dogs. I know of at least four friends who have adopted puppies. La Bloga’s own Michael Sedano took in a gray kitten. After my dog Montezuma passed, almost eight years ago, I thought I’d never get another dog, the heartbreak is too much, but I had been missing having a furry companion to fuss over. I’ve come very close to rescuing dogs who seem to have the type of personality similar to my old dog, a beagle crossed with a Labrador Retriever. Montezuma was a smart dog and won the sit-stay competition at PetSmart during his puppy training class.
    Having a pet makes staying at home a lot easier. On occasions when I venture out in the real world, I can take my dog with me since most restaurants and cafes are now outdoor only establishments.
    There are downsides to having such a young creature. Puppies don’t come with automatic training. There’s potty training and rules to teach, such as no biting, no chewing on shoes or tables or hair. People have warned me that having a puppy means losing a pair or two of good shoes. My strategy has been to hide my shoes away from puppy level, but, so far, I’ve only succeeded in hiding my shoes from myself. The social distancing imposed by life during a pandemic also poses conundrums for puppies. How can you socialize dogs when people can’t socialize. Places such as PetCo and Petsmart no longer offer group puppy training classes.
    Today, Pandora is three months old. I look forward to beginning her puppy training this weekend. She’s pretty smart and learned how to use a doggie door in two weeks. I trust she’ll pick up basic commands easily, especially walking on leash. At least, that’s what her trainer told me. With the abundance in people adopting pets, dog trainers are in high demand. Nathan, the dog trainer, tells me puppy training is more for the human than the puppy. I’ll let you know how that worlds. One thing I have learned is the full extent of the word Retriever. Pandora is the perfect example of a yellow Labrador Retriever.
    Posted by Melinda Palacio at 1:00 AM0comments. Click here to leave a comment.
    Links to this post
    Labels:#writing,Pandemic puppy,puppies,puppy training
    SECOND PLACE Brujiponcia, Liana Fornier De Serres; ; Uruguay; Miami; ’Cada vez que terminaba de leer un capítulo quería leer

  2. 2020/09/18 17:43:09 可視の祭典含むアンテナおとなりページ

    はてなブログ アカデミー
    法人プラン
    OSSコミュニティ支援プログラム
    学校支援プログラム
    クリエイターのためのはてなブログ

  3. 2020/09/18 17:12:10 真面目なふざけ、適度な過剰含むアンテナおとなりページ

    はてなブログ アカデミー
    法人プラン
    OSSコミュニティ支援プログラム
    学校支援プログラム
    クリエイターのためのはてなブログ

  4. 2020/09/18 13:08:49 絵日記でもかいてみようかMAIDO含むアンテナおとなりページ

    2020/09/18(金)
    紺や黒の服が増えたため
    色移り防止シート的なものを
    洗濯時に使っているのですが
    とても良い!オススメ!
    プラス本人の体温
    (こんなに暑いのにベタベタ触ってくるし・・・)
    ンマッ!ごちそうさま!(*´∀`)
    オットも二の腕とか触ってきますよ…涼を取りに…

  5. 2020/09/18 06:42:18 leeswijzer: boeken annex van dagboek含むアンテナおとなりページ

    2020-09-18
    『都市で進化する生物たち: “ダーウィン” が街にやってくる』目次

    メノ・スヒルトハウゼン[岸由二・小宮繁訳]
    (2020年8月18日刊行,草思社,東京, 335+14 pp., 本体価格2,000円, ISBN:978-4-7942-2459-0 → 版元ページ)
    【目次】
    はじめに:都市生物学への招待 9
    第 I 部:都市の暮らし
    Chapter 1: 生態系を自ら創り出す生物たち 24
    Chapter 2: 都市という生態工学技術の決勝 37
    Chapter 3: 繁華街の生態学 46
    Chapter 4: 都市の自然愛好家 59
    Chapter 5: 「都会ずれ」したものたち 74
    第 II 部:都市という景域
    Chapter 7: 進化にかかる時間はどれくらい? 100
    Chapter 8: 生物学で最も有名なガ 109
    Chapter 9: いま、ここにある進化 125
    Chapter 10: 都市生物の遺伝子はどこから来たのか 141
    Chapter 11: 汚染と進化 150
    Chapter 12: 巨大都市の輝く闇 173
    Chapter 13: それは本当に進化なのか? 186
    第 III 部:都市は出会いだ
    Chapter 14: 思いがけない出会い、思いがけない進化 200
    Chapter 15: 生物たちの技術伝播 215
    Chapter 16: 都市の歌 235
    Chapter 17: セックス・アンド・ザ・シティー 250
    Chapter 18: 都市の種の分化 266
    第 IV 部:ダーウィン的都市
    Chapter 19: 遠隔連携する世界 286
    Chapter 20: ダーウィンとともに都市を設計する 300
    おわりに:都市で生物を進化させるために 316
    謝辞 323
    訳者あとがき 328
    著者注 [1-14]
    leeswijzer 2020-09-18 06:21
    『都市で進化する生物たち: “ダーウィン” が街にやってくる』目次
    Tweet
    もっと読む
    コメントを書く
    『都市で進化する生物たち: “ダーウィン” が街にやってくる』目次

  6. 2020/09/18 04:07:24 おまえにハートブレイク☆オーバードライブ含むアンテナおとなりページ

    はてなブログ アカデミー
    法人プラン

  7. 2020/09/17 21:16:55 ウラゲツ☆ブログ含むアンテナおとなりページ

    2020年 09月 17日
    月曜社2020年10月末新刊:ジェイソン・ワイス編『スティーヴ・レイシーとの対話』
    ■ 2020年10月27日取次搬入予定 *音楽、ジャズ
    スティーヴ・レイシーとの対話
    スティーヴ・レイシー著 ジェイソン・ワイス編 小田中裕次訳
    月曜社 本体3,500円、46判(縦188mm×横130mm)並製448頁 ISBN:978-4-86503-102-7
    アマゾン・ジャパンにてご予約受付中
    ジャズ・モダニスト第二世代の中でも、ひときわ特異なキャリアと音楽性をもったミュージシャンの音楽哲学と音楽人生! デューク・エリントン、セシル・テイラー、セロニアス・モンクをリスペクトしながら、よりフリーへ、フリーダムへと、「常に深く個人に根差し、常に新たな道筋を模索し」(リー・コニッツ)、「芸術を誠実に追求すべく戦った人物」(ソニー・ロリンズ)を、作家、批評家、ミュージシャン、哲学者、建築家などによるインタビューによって明かされる、日本では未だ知られることの少ないレイシーの全体像! 1959年(25歳)から、亡くなった2004年(69歳)までの45年間に、フランス、米国、イギリス、カナダで受けたインタビューから34編 + 13編の自筆メモ + 3曲の自作曲楽譜を収載。【特別寄稿】大谷能生「「レイシー・ミュージック」の複層性」。
    「胸が張り裂けるような、驚くべき本だ。非の打ちどころのない、レイシーが吹くラインのような本。ディキシー、セシル・テイラー、セロニアス・モンク、ギル・エヴァンス、ムジカ・エレットロニカ・ビバ、巡業、ローマ、パリ、ニューヨーク、アジア、ボストン、内面の哲学、画家たち、詩人たち、コーデュロイ――それらで満載になった本。舞台で、路上で、美術館で、自宅で、音楽修業のために歩き回った人生――この本には、負け惜しみも感傷旅行もない。あるのは、まぎれもない真実だけだ」
    ― Alvin Curran, New York Times
    原著:Steve Lacy Conversations, Edited by Jason Weiss, Duke University Press, 2006.
    目次:
    謝辞
    PART1〓 対話
    編者まえがき
    1 スティーヴ・レイシー紹介(一九五九年)
    2 いちばん好きなもの(一九六一年)
    3 モンクの国(一九六三年)
    4 さよならニューヨーク(一九六五年)ガース・W・ケイラー・ジュニア
    5 誠実なるレイシー(一九六五年)フィリップ・カール
    6 二十六人の新人ジャズメンへの質問(一九六五年)
    7 スティーヴ・レイシーは語る(一九七一年)ポール・グロ=クロード
    8 インプロヴィゼーション(一九七四年)デレク・ベイリー
    9 証言〔Evidence〕と省察〔Reflections〕(一九七六年)アラン=ルネ・ハーディ/フィリップ・クィンサーキュ
    10 演奏とプロセス、音楽的本能について(一九七六年)レイモン・ジェルヴェ/イヴ・ブリアン
    11 心の中に(一九七六年)ロベルト・テルリッチ
    12 ひらめき、隔たり、跳躍(一九七九年)ブライアン・ケース
    13 道を探して(一九八〇年)ジェイソン・ワイス
    14 『ソングス』スティーヴ・レイシーとブライオン・ガイシン(一九八一年)ジェイソン・ワイス
    15 知られざる巨人?(一九八二年)グザヴィエ・プレヴォ
    16 “フューチャリティーズ”(一九八四年)イサベル・ガローニ・ディストリア
    17 長距離プレイヤーの孤独(一九八七年)ジェラール・ルイ
    18 楽器の練習と探求について(一九八八年)カーク・シルズビー
    19 芸術に悩みは尽きず(一九九〇年)クリスチャン・ゴーフル
    20 専門的な話〔ソプラノサックス〕(一九九〇年)メル・マーティン
    21 生き生きとしていなければ(一九九一年)ベン・ラトリフ
    22 声について スティーヴ・レイシーとイレーヌ・エイビ(一九九三年)ジェイソン・ワイス
    23 “小さな花”をS・Bへ(一九九四年)フィリップ・カール
    24 彫刻とジャズ(一九九四年)アラン・キリリ
    25 余計な音はいらない、もう十分だ(一九九五年)フランク・メディオニ
    26 “リヴィング”・レイシー(一九九五年)ジェラール・ルイ
    27 スクラッチング・ザ・セヴンティーズ(一九九六年)エチエンヌ・ブリュネ
    28 パリのことは忘れよう(一九九六年)ジョン・コーベット
    29 若かりし日々(一九九七年)リー・フリードランダー/マリア・フリードランダー
    30 素晴らしき三十年(二〇〇〇年)フランク・ベルジェロ/アレックス・デュティ
    31 パリよさらば(二〇〇二年)ジェラール・ルイ
    32 透明ジュークボックス(二〇〇二年)クリストフ・コックス
    33 ボストンからの挨拶(二〇〇三年)フランク・メディオニ
    34 芸術としての歌曲 スティーヴ・レイシーとイレーヌ・エイビ(二〇〇四年)エド・ヘイゼル
    PART2〓 文章
    MEVノート
    ローバ
    ガーデン・バラエティ
    FMP十周年記念
    モンクはどうしているだろうか?
    彼は飛んでいた
    高層大気圏にて アルバート・アイラー
    四郎と私
    ショート・テイクス
    吉沢
    メイド・イン・フランス
    曲の引用源
    合宿研修者の募集
    PART3〓 楽譜
    Dreams(一九七五年)
    Mind of Heart(一九八二年)
    3〓Haiku(一九九八年)
    訳者解説
    大谷能生|「レイシー・ミュージック」の複層性
    ディスコグラフィー選/クレジット
    索引
    スティーヴ・レイシー(Steve Lacy:1934年7月〓 2004年6月)ソプラノサックス奏者。ディキシーランド・ジャズから出発し、セシル・テイラー、ギル・エヴァンス、そしてセロニアス・モンクとの邂逅を経て、60年代フリー・ジャズの世界へと向かい、ヨーロッパへ移住。70年代ポスト・フリー時代以降は、作曲家としてもインプロヴィゼーション音楽の領域で、詩、歌曲、ダンスを融合させた独自の音楽世界を探求し続けた。1975年以降、幾度か来日し、佐藤允彦、富樫雅彦、高橋悠治、小杉武久らと共演している。
    ジェイソン・ワイス(Jason Weiss)著書に、アルバート・アイラーなどで知られるフリー・ジャズ、NYアンダーグラウンドの重要レーベルESP-DISKについてのオーラル・ヒストリーや『ブライオン・ガイシン読本』がある。訳書に『危険を冒して書く――異色作家たちへのパリ・インタヴュー』(浅野敏夫訳、法政大学出版局、1993年)。
    小田中裕次(おだなか・ゆうじ)翻訳家。訳書に、アンディ・ハミルトン『リー・コニッツ――ジャズ・インプロヴァイザーの軌跡』(DU BOOKS、2015年)、ロビン・ケリー『セロニアス・モンク――独創のジャズ物語』(シンコーミュージック、2017年)、『パノニカ――ジャズ男爵夫人の謎を追う』(月曜社、2019年)がある。
    Like
    Tweet
    表示できません
    コメントしました
    # by urag | 2020-09-17 20:19 | Comments(0)
    星々の遺りもの?|ジャン=リュック・ナンシー|時田圭輔・松本鉄平・市川

  8. 2020/09/17 19:50:35 記録所 / Pulp Literature含むアンテナおとなりページ

    はてなブログ アカデミー
    法人プラン
    OSSコミュニティ支援プログラム
    学校支援プログラム
    クリエイターのためのはてなブログ

  9. 2020/09/17 18:26:21 猫を償うに猫をもってせよ含むアンテナおとなりページ

    2020-09-17
    キマっている歌・補遺
    jun-jun1965の日記
    id:jun-jun1965
    音楽には物語がある(13)キマっている歌 中央公論2019年12月
    石原慎太郎が作詞し、山本直純が曲をつけた「さあ太陽を呼んでこい」という 歌があり、少年合唱曲として「みんなのうた」で一九六三年に放送された。「太 陽の季節」の石原だから、朝がた、太陽を呼び迎える歌になったのだろう。人生 の比喩になっているとするのが一般的な解釈らしい。 私は中学生のころにこの歌を聴いて…
    2020-09-14 13:37
    jun-jun1965.hatenablog.com 以上の記事について、作曲家・ピアニストの野田憲太郎氏より以下のとおりご教示いただきました。
    >西洋音楽の和声学の術語で説明すると、ドッペルドミナントが出てきて、ドミナント
    が出てきて、トニックで終わるというテクニックです。それが「さあ太陽を呼んでこい
    」の「キマった感じ」ではないでしょうか?
    >
    >「ジャイアントロボ
    >ソング」にもドッペルドミナントからドミナント、そのあとトニックの進行が使用さ
    れております。どうやら、この種のコード進行が1960年代の教育音楽には流用されてい
    たようです。
    >
    >ドッペルドミナントが出てきて、ドミナントが出てきて、トニックで終わるネタは、
    ミヒャエル・ハイドンがグレゴリオ聖歌に和声付けを行った際のテクニックだと言われ
    ております。以前図解音楽事典:
    >dtv-Atlas zur Musikで読んだことがあります。しかし、一音づつでやるのではなく、
    一小節あるいは二拍かけてやる点が、違います。
    >
    >「行くぞ!ライオン丸」のコード進行はドッペルドミナントからサブドミナントに移
    ってドミナントですので、前の二者とはやや違います。
    >
    >この種のコード進行にあった歌詞が、たまたま選ばれていたということではないでし
    ょうか?昭和の時代はコード進行が単純で、日本語の抑揚が反映しやすかったのです。
    南米の商業音楽が、スペイン語やポルトガル語の抑揚のため、どうやってもスリーコー
    ドから出られないというのと似ています。
    jun-jun1965 2020-09-17 17:52
    キマっている歌・補遺
    Tweet
    もっと読む
    ところが、それから十年たって王が刊行した二冊目の著作『多民族国家 中国』(岩波新書、二○○五)では、中華思想は漢民族ではない異民族が受け入れたために生まれたものであると述べられ、目立たない文言を用いつつも、よく読めば中華思想を肯定的にとらえ、中共の独立運動弾圧を支

  10. 2020/09/17 18:18:42 辣子辣嘴不辣心 小妹嘴甜心不真含むアンテナおとなりページ

    はてなブログ アカデミー
    法人プラン
    OSSコミュニティ支援プログラム
    学校支援プログラム
    クリエイターのためのはてなブログ

  11. 2020/09/17 12:59:47 偉愚庵亭憮録含むアンテナおとなりページ

    2020年9月
    2020/09/17
    「娘呼び」の呪いについて
    2010年の1月に「日経ビジネスオンライン」上での連載、「ア・ピース・オブ警句」のために書いた文章を再掲します。
    残念なことに、古いテキストはリンク切れになっていますもので。
    バンクーバー五輪について書いた文章で、全体として、ダラダラと雑感を書き並べているわりと焦点の定まらない原稿なのですが、後半部にある女性アスリートを「娘呼び」にする習慣についての考察には、見るべきものがあると思っています。
    よろしくお願いします。

    バンクーバー五輪は2月の12日に開幕するのだそうだ。
    なんと、開幕まで二週間を切っている。
    全然知らなかった。なんとなくオリンピックがあるらしいぞという感じは抱いていたのだが、まさかこんなに間近に来ていたとは。
    この盛り上がりの無さは、いったいどうしたことなのであろうか。
    あるいは醒めているのは私の周辺だけで、世間は五輪景気に沸いていたりするのだろうか。
    バンクーバー特需、と?
    どうもそういう感じはしない。土日の午前中は相変わらず駅伝だらけだし。液晶テレビが飛ぶように売れているという話も聞かない。むしろ、エコポイントの効果切れで、市場には禁断症状が出ている。売り場はエコエコポイントを待っている。わかっていたことだが。
    とにかく、今回のオリンピックに関しては、日本中がなんとなく乗り切れずにいる。隣町の運動会。他人事。そんな感じだ。
    なにしろ、恒例のメダル数え上げ報道が無い。
    これまでのオリンピックでは、誰が何色のメダルで、どの競技でどんなメダルがいくつ期待できるのかといったような先走ったカウントアップ報道が、それこそ開幕一月前から繰り返されていたものなのだが、今回はそれが聞こえてこない。
    なぜだろう。
    メダルが期待できないからだろうか。
    それとも、過去の経験から、メダル獲得を煽るテの報道が、選手団に無用のプレッシャーをかけるということが学習されて、それで、今回は、メディアもメダルの数をあらかじめ数えるみたいな伝え方を自粛している、と、そういうことなのであろうか。
    いずれも考えられる。
    確かに、今回は、鉄板の金メダル候補(←という言い方もなんだか安っぽくて変だが)が居ない。
    議論のハードルを「メダル圏内」と、比較的低いところに設定してもなお、見たところ、確実な選手は見あたらない。
    とすれば、開幕前からメダルを話題にするのは、かえってあとあとの興ざめの素になる。ここは一番、黙っておくに限る。その方が無難だ。
    見ない夢は醒めない。
    受けない学校は落ちない。
    さよう。打たないシュートは外れず、振らないバットは空振りをしない。不滅の安全策。区役所の相談窓口担当者みたいなリスク回避哲学。リーマンショックによるギョーカイ人のサラリーマン化。かくして、鉄火場であったはずのテレビ現場さえもが萎縮している。淋しい展開だ。
    競技団体(あるいはJOC)がメディアに報道の自粛を示唆した可能性もある。
    事実、オリンピックではないが、昨年の8月に行われた世界陸上では、陸連が放送を担当するTBSに対して「キャッチフレーズの自粛」を強く迫ったことがあった。
    無理もない話だ。
    「モザンビークの筋肉聖母」「追い込み白虎隊」「侍ハードラー」「エチオピアのゴッド姉ちゃん」「ツンドラのビッグママ」
    こうしてあらためて並べてみると、彼らが案出したキャッチフレーズは、どれもこれも恥ずかしい。
    一視聴者に過ぎない私が、思い出しただけでこんなにも恥ずかしいのだから、当事者であった選手は、どれほど屈辱を感じたことだろう。想像するにあまりある。
    いや、キャッチフレーズの出来不出来について、センスが良いだとか悪いだとか、優れているとか劣っているとか、そういうことを言うつもりはない。
    でも、さるマラソンの女子選手に対して「走るねずみ女」という言葉を使ったのは、いくらなんでもあんまりだったと思う。
    ヘタでも面白くなくてもダサくても、アスリートに対する敬意が感じられるのなら、別にかまわないのだ。多少ハズれていても。でも、「走るねずみ女」は、生身の女性に対して使って良い言葉ではない。私は彼女の親戚でも何でもないが、これを聞いた時には血の気が引いたよ。
    で、とにかく、去年の中継は、たしかに控えめだった。オダさんも静かだったし、TBSのお家芸だった選手紹介キャッチも発動されなかった。おかげで、ここ数回の放送に比べて、電波の質は非常に上品なものになった。
    が、一方で、盛り上がりに欠けていたのも事実だった。
    淡々とした中継で深夜の陸上競技を見てみると、これがどうにも寒々しかったりする。
    単純に言って、淋しいのだね。孤独感。
    これは、わたくしども視聴者の側にも責任があるのだと思う。
    つまり、われわれは、スポーツ中継がバラエティー化する以前のごく当たり前な視聴態度を、どうやら失ってしまったのだ。奇妙な方向であれ、下品なカタチであれ、一度アオり系の放送に慣れてしまうと、そこから脱却するのは、われわれ受け手の側にとっても容易なことではなかったということですね。
    結局、やかましくて大仰で演出過剰な、縁日の口上みたいな放送は、いつしかわれわれの感覚をも鈍磨させていたわけだ。快楽中枢における限界効用逓減の法則。だから、TBSのうるさい実況を嫌っていた私のような視聴者でさえ、前回の中継には、物足りなさを感じずにはおれなかった。
    「あれ? オダさん、もしかして情熱無くしてる?」
    と、私は、挙動不審でないオダユージを見て、ハシゴを外された気分を味わった。
    ニッポンの陸上界全体が突然にトシをとったみたいな感じ。
    「そうだよな。いつまでもガキみたいにはしゃいでられないし」
    と、一度そう思ってしまうと、真夜中に競技を見るためのテンションを維持するのは、困難な仕事になる。
    「寝よ」
    そうだよな。どうせ海の向こうでやってる他人の駆けっこなんだし。
    かくして、放送現場におけるグレシャムの法則(←「悪貨は良貨を駆逐する」)は、いつしか良心的なスタッフを業界から閉め出してしまった。具体的に申し上げるなら、声のデカい芸人がゴールデンタイムを占拠し、声優あがりのナレーターがベテランのアナウンサーから職場を奪う事態が続くうちに、スタジオはいつしか、昼下がりの魚河岸みたいな荒んだ場所に変貌していたわけだ。売れ残りの魚を商う業者と、安物を買いに来る志の低い商売人。捨て値モノを扱うセリ市では、最も強力なダミ声を放つ買い手が価格をコントロールする。うむ。ありそうな話だ。
    オリンピックが、愛国イベントになったのは、おそらくここ数回のことだ。
    長野オリンピックあたりからだろうか? あるいはもっと以前のロス五輪ぐらいに遡って考えるべきなのかもしれないが。
    とにかく、私が若者だった頃、オリンピックは、「ニッポン応援イベント」ではなかった。むしろ「世界のスポーツの祭典」という位置づけで、それゆえ中継の華は、あくまでも、「その時点での世界最高のアスリート」だった。「ニッポンのメダル」は、注目要素ではあったものの、話題の中心ではなかった。僥倖。もしくは、一種の天佑。それぐらいの扱いだった。
    冬季オリンピックの場合は、日本人選手の競技レベルが低かったせいもあって、特に外国人の一流選手に注目が集まる傾向が顕著だった。
    トニー・ザイラー、ジャン・クロード・キリー、インゲマル・ステンマルク、アルベルト・トンバ……と、古手のスキーファンは、これぐらいの名前はソラで暗記している。そうだよ。外国人の名前をたくさん知っていることが自慢だった時代があったのだよ。
    さすがにトニー・ザイラーの現役時代は覚えていないが、名前だけは知っていた。それこそ、中学生の頃から。
    ザイラー氏は、「白い恋人たち」という映画に主演していた。私は、その映画のサウンドトラックのシングル盤のレコードを持っていた。45回転のドーナツ盤。フランシス・レイ。ああ、どうして私は毎度毎度思い出話ばかりを語っているのだろう。ここは特別養護老人ホームの昼食テーブルなのか?
    とにかく、当時、アルペン競技のトップ選手は、そのまま世界のスターだった、と、そのことを私は言おうとしている。そう思って聞いてほしい。
    グルノーブル大会のスターだったジャン・クロード・キリーの名前もよく覚えている。
    競技の映像をナマで見たわけではないと思う。でも、’70年代を通じて広告や映画やニュース映像の中で、「キング・キリー」の名前は常に鳴り響いていた。
    キリーのような存在は、現在では、誰に相当するのだろうか。
    クリスティアーノ・ロナウド?
    ちょっと違う。もう少しコマーシャル寄りだ。一時期のデビッド・ベッカム、あるいはF1ドライバーの立ち位置に近いかもしれない。キリーは、そういうファッショナブルでおしゃれで輝かしい存在だった。
    私が最も熱心にスキーを見ていた時代の最大のスター選手は、インゲマル・ステンマルクだった。
    この人の滑りは、いまでも覚えている。とにかく速かった。そして奇跡みたいになめらかで優雅だった。
    滑っているだけでBGMが流れてきそうな、そんな感じだ。
    だから、ステンマルクの時代、冬季オリンピックの中継スタッフは、ステンマルクの姿を追うことを、第一優先として、放送番組を制作していた。
    視聴者も同様。
    日本人選手の活躍もアタマの片隅で期待していないわけではなかったが、画面で見たいのは、なによりステンマルクだった。まあ、ミーハーだったと言ってしまえばそれまでだが。
    であるから、その当時、日本人選手の試合結果は、ダイジェスト版のニュースに委ねられていた。
    「なお、○○競技に出場した○○選

  12. 2020/09/17 03:09:30 雑読すんの書評コーナー「書海への旅 航海記録」含むアンテナおとなりページ

    2020-09-17
    86歳のTwitterおばあちゃん
    ミゾイキクコ『何がいいかなんて終わってみないとわかりません。』KADOKAWA、2016年より。

    86歳のTwitterおばあちゃんとしてテレビで何度も紹介されているミゾイキクコさん。インパクトの大きいつぶやきの中から選ばれたものを収録している。

    中には今の自分の状況にぴったりのものもあり、そのたびにこれらの言葉の裏にどれほどのすさまじい経験があったのだろうと想像する。

    以下は印象に残ったつぶやき。

    自立には二種類あります。一つは物事ができること。一つは精神の問題。確たる自分がある人は自分を大切にします。そして他人のことも認めます。自分の無い人は、覚悟ができずに愚痴ったり、世迷言をいいます。そして他人を批判します。だから大人には自立して欲しいですね。(p.6)

    自分のしたことは自分に返る、
    それは当たり前のことなのだ。
    その人が生きたように死んでゆくのだ。(p.9)

    自立もできない人に本当の愛情などありません。
    それに気づかない人がいる。
    自分のこともできない人に
    他人のことなぞ理解できません。
    そしてそういう人は、他人に多くの迷惑をかけるのです。(p.11)

    自分がされて嫌だったことは、
    人にもしないと考える人と、
    自分がされたんだから
    今度は私がやる番だと思う人。
    後者は品性下劣。(p.17)

    攻撃すれば、反撃にあう。
    これは当たり前のことです。
    だからそういうことは呟きたくない。(p.26)

    若い時は周りの人にいろいろ注文をつけたがりますが、
    それって自己中心的なんですよ。
    相手を自分と同じにしたい、
    同じでなければ認められない的な。
    でも年とともに気がつきます。相手もそうなんだ、
    だったら認め合うしかないんだと。
    そうすることで人を理解できるのだと。(p.38)

    考え方が違うといっても、
    それに関する知識をより多く持つと、
    考え方が変わることはままあります。
    つまり自分が持っている知識を基に
    考えるわけですから、考えが違うからといって
    対立するのは下の下と思っています。(p.40)

    いつの世も弱者は切り捨てられます。
    決して良いことではありません。
    まず自分がそれにならないように頑張る、
    その上でできる手助けはする。(p.63)

    人には生まれながらに差がある。
    それを認識することは必要だ。
    それを知らせることと差別とは別なのだ。(p.66)

    子供に先立たれることはどんなに辛いことでしょう。
    亡くなられる方もどんなにか
    心残りだったと思われます。
    戦争にはそういう辛いことが多いのです。
    決して勇ましい話などないのです。
    相手の国もそうなのですよね。(p.115)

    私が嫌いなセリフ。
    「私は尽くすタイプ」「ずっと尽くしてきた」。
    こんなこと言うのは何なのだ。
    支え合い補い合って生きる二人(男女)が
    尽くし合うのは当たり前。
    ことさらにそれを言われると吐き気がする。(p.133)

    男と女の違いを考えてみると、
    男はあれも欲しい、これも欲しい、女は欲しい物は一つ。
    だから、いらなくなった物はきれいサッパリ捨て切れる。
    男はこれも、あれも、手にしていたい。
    だから切れないのだ。別れなければならない相手とでも。(p.136)

    変な男とかかわって、とんでもない被害にあう女もいるが、
    逆に変な女に捕まって、とんだ目にあう男もいる。
    離婚裁判している俳優なんかその類かも。
    大変だなと同情もするが、半面、
    なぜそんな女と結婚したのか、と思ってしまう。
    19歳や20歳ならいざ知らず、四十面下げて。(p.143)

    遊び相手や恋愛対象にいい男と、
    結婚相手としていい男とは
    少し違います。
    相手の人生を背負うかどうか、
    その重みを嫌う人は
    結婚相手には不向きです。(p.146)

    相手をよく知らなかったから
    好きだったということはよくあること。
    好きだから乗り越えられるのではなく、
    信頼があるから乗り越えられるのです。(p.151)

    好きなんてこと、そうそう続かないよ。
    信頼は時間とともに深まるもの。
    信頼できる人を選ぶことが肝心要。(p.152)

    自分が大切にしてこなかった者に、
    大切にしてもらおうなんて思うな。
    身勝手というもの。(p.160)

    今朝NHKで、
    40代夫婦の60%がセックスレスと言っていた。
    ゲストの女性たちも、相手とどうコミュニケーションを
    取ったらいいかわからないと言っていた。
    言葉ですることはないと私は思う。
    言いにくいが、
    優しく性器をなでてやったらいいのにと思った。(p.167)

    幸せなんて
    普通わからないものなんですよ。
    無くなってわかるようなね。
    当たり前になってしまうこと。
    それはすごく幸せなことなのです。(p.184)
    sunchan2004 2020-09-17 02:41
    86歳のTwitterおばあちゃん
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    86歳のTwitterおばあちゃん

  13. 2020/09/15 22:14:20 今日から四百含むアンテナおとなりページ

    ◆Newsweek
    新自由主義が蝕んだ「社会」の蘇らせ方 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

    第4回
    04_「主体性評価」が進めば、階層の分断を固定化することになる|光文社新書

  14. 2020/09/15 21:09:18 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」含むアンテナおとなりページ

    河井前法相が弁護士全員を解任 当面 裁判開けなくなる可能性も
    刑事事件
    Tweet
    河井前法相が弁護士全員を解任 当面 裁判開けなくなる可能性も | 河井前法相夫妻 公選法違反事件 | NHKニュース
    15日は午前中、東京地方裁判所で8回目となる審理が開かれましたが、裁判の後、河井前大臣が弁護士の6人全員を解任しました。
    捜査、公判を担当している弁護人と被告人の間で、意見が食い違ったり信頼関係がなくなったりして、途中で弁護人が交代することは時々あります。ただ、その場合、被告人がその旨言って弁護人が辞任することが多いですね。被告人が辞任してほしいと言っているのに辞任しない弁護人というのはまずいないですし(しなければ解任されるだけ)、一応の礼は払っておくということで辞任という形を取ることが多い、ということだろうと思います。その意味で、解任というのは、時間的な余裕がなかったのかもしれませんが、唐突感があります。
    裁判所は、私選弁護人を改めて選任するか、被告人に意向を確認して、そのような意向があれば少し待ちますが、選任されなければ国選弁護人を付する手続に入ります。今後はそのような流れになりますし、弁護人が付かなければ公判は開けませんから、当面、公判は中断し、既に決まっていた証人尋問の日程は組み直さなければならなくなるでしょう。
    被告人は早期の保釈を望んでいるようですが、裁判所は、多数の証人尋問が未了な状態では罪証隠滅の恐れが大きいと判断しているはずで、この弁護人解任が、保釈をさらに遠のかせることになったということは確実に言えると思います。


    yjochi 2020-09-15 20:19
    河井前法相が弁護士全員を解任 当面 裁判開けなくなる可能性も
    Tweet
    2020-09-15
    河井前法相が弁護士全員を解任 当面 裁判開けなくなる可能性も
    刑事事件 (3046)

  15. 2020/09/14 18:52:24 MUSIC CAMP ENTERTAINMENT含むアンテナおとなりページ

    販売中 SOLD OUT
    販売中 ※残り僅少
    メキシコ中部のオアハカを拠点に活躍する8名編成の人気スカ・バンド。完璧なリズム・ワーク、ハートウォー

  16. 2020/09/10 17:01:57 プログレッシヴ職業乙女(deep love含むアンテナおとなりページ

    【今日の家事】掃除機のメンテナンス
    少ない物ですっきり暮らす
    2020-09-09 06:00:02
    家族で古墳Tシャツ
    マイル日記
    2020-09-10 16:11:59
    WiFiルーターを最新のWiFi6対応「ASUS RT-AX3000」に買い換えたら超快適
    karaage. [からあげ]
    2020-09-09 07:30:01
    豆腐と紐しか描けない人向けの図解本が出てたので買ってみた
    日々常々
    2020-09-10 15:26:06
    異修羅のすゝめ
    考の証
    2020-09-06 12:26:56
    このラノ2021の投票も始まったので今イチオシの小説、異修羅を紹介します。 異修羅とは 異修羅はカクヨム版で2…
    痛いもんは痛い
    ナゲブログ
    2020-09-08 23:57:39
    こんにちは、ナゲです。 前回書いた『やめなきゃなんでもいい』という記事、色々な方に読んでもらい大変嬉しく思いま…
    Rails未経験でRailsエンジニアとして入社して感じたメドピアのエンジニア文化
    メドピア開発者ブログ
    2020-09-10 10:00:03
    テンの日、魔犬サポ必勝法(たぶん) (DQ10)
    くむのなんとなくきまぐれに。 自由奔放な人の日記。
    2020-09-10 07:32:54
    「ドコモ口座」を利用した不正送金が気になりすぎて自分でまとめてみた
    最終防衛ライン3
    2020-09-09 16:30:06
    「ドコモ口座」+「Web口座振替受付サービス」の悪用 簡単な時系列 「Web口座振替受付サービス」のセキュリティがガ…
    TensorFlow User Group ベイズ分科会の資料 PPLについて
    HELLO CYBERNETICS
    2020-09-09 00:00:34
    はじめに

  17. 2020/09/10 15:38:19 世界、障害、ジェンダー、倫理含むアンテナおとなりページ

    手越のゲームキングダム by OPENREC 加藤純一さんゲスト回がめちゃくちゃ楽しかった件
    踊る愛の魔法
    2020-09-10 14:45:07
    アクセシビリティに配慮したAndroidアプリを作るために、必要なこと
    Fenrir Engineers
    2020-09-10 14:43:48
    異修羅のすゝめ
    考の証
    2020-09-06 12:26:56
    このラノ2021の投票も始まったので今イチオシの小説、異修羅を紹介します。 異修羅とは 異修羅はカクヨム版で2…
    Web口振受付と即時口振に頼らなければならない新型決済スキームの問題
    novtanの日常
    2020-09-10 09:51:00
    ドコモ口座の問題はシステム的な部分でいうと「本人確認と認証が甘い」に尽きるんですが、それ以前の問題として、こ…
    WiFiルーターを最新のWiFi6対応「ASUS RT-AX3000」に買い換えたら超快適
    karaage. [からあげ]
    2020-09-09 07:30:01
    自民党総裁選 候補者の演説まとめ
    Chikirinの日記
    2020-09-08 17:18:11
    二人で絶対に半分つ
    まばたきをする体
    2020-09-10 13:28:01
    肉まんが5個しかない。 昨日行きつけのスーパーで見つけた。このスーパーでは夏の間は肉まんを陳列しないので、秋に…
    2020年8月の劇場(備忘録)
    stage note archive
    2020-09-08 20:00:13
    お友達とツイッターでやりとりしてたときに、「感染症対策としてこんなこともしてる、って話を具体的に出してもらう…

  18. 2020/09/07 01:11:45 名代子照犬☆日々是メキシコ 含むアンテナおとなりページ

    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

  19. 2020/08/29 12:49:17 【海難記】 Wrecked on the Sea含むアンテナおとなりページ

    3,000円くらいで QOL が上がったグッズ
    最終防衛ライン3
    2020-08-27 09:06:08
    最近購入して、Quality of Life(QOL) が向上したものが大体3,000円くらいとお安かったので紹介します。29日からAmaz…
    読書メモ:『ブルシット・ジョブ:クソどうでもいい仕事の理論』
    道徳的動物日記
    2020-08-29 08:45:21
    M4とSuper Angulon 21mm f3.4で手賀沼周辺を撮ってきたが・・・
    カメラが欲しい、レンズが欲しい、あれもこれも欲しい
    2020-08-28 20:30:00
    最近の冷凍食品うますぎてこわい
    kansou
    2020-08-28 18:09:12
    飛魚!
    Re:0KTオフィシャルブログ『Fami-Re:0(ファミリオ)』
    2020-08-29 00:00:21
    【8/31まで】63時間のビッグセール Amazonタイムセールを淡々とチェックする【随時更…
    山と旅とカメラのブログ。
    2020-08-29 09:47:29
    ステイホーム購入記録(2020年8月)
    bluelines
    2020-08-29 11:34:27
    【文徒】2020年(令和2)7月29日(第8巻138号・通巻1795号)
    文徒アーカイブス
    2020-08-29 08:48:30
    Index------------------------------------------------------1)【記事】注目!「博報堂DYメディアパートナーズ…
    絵で読む広島の原爆
    おたまの日記
    2020-08-29 08:43:03
    またあの日がやってきました。広島の空は晴れ上がり、暑い一日が始まろうとしています。平和記念公園の木立からはア…
    あの頃私は買いだめして、本能を充たし不安を防衛していた
    シロクマの屑籠
    2020-08-27 23:30:02
    暑いのか秋っぽいのかわからない夜長に眠れなくなってしまった。少し前の思い出を書きたくなったので、新型コロナウ…

  20. 2020/08/29 09:54:40 :: notebook ::含むアンテナおとなりページ

    EVILが神宮大会で仕掛けてくるサプライズ
    NJPW FUN
    2020-08-29 08:00:07
    NBAのボイコットについて
    SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー
    2020-08-28 23:36:13
    「プロゲーマーになろうとした社会不適合者のありがちな話」の増田さんへ
    いつか電池がきれるまで
    2020-08-28 14:04:20
    三十路から眺める人生地図
    みんからきりまで
    2020-08-26 23:05:51
    とうとうこの時が来てしまった。 僕はあと数日で30代になる。 こんな日が現実に訪れるなんておそろしい。 いろいろと…
    ホラー映画『事故物件 恐い間取り』感想。
    社会の独房から
    2020-08-28 19:08:27
    MUSIC〜暑気払いだよ!! 全員集合!! ブックカフェ de「 流し」
    一日一冊一感動!小野塚テルの『感動の仕入れ!』日記
    2020-08-29 06:35:57
    紫式部の1000年の受難
    頭の上にミカンをのせる
    2020-08-28 08:38:44
    「おれフェス」という遊びを考えた
    ダリブロ 安田理央Blog
    2020-08-27 18:30:50
    「おれフェス」という遊びを考えました。自分がフェスの主催者だったら、どんなバンドを呼んで、どんなタイムテーブ…
    【ize訳】アイドル、華やかな照明が消えた後
    サンダーエイジ
    2020-08-28 23:10:55
    アイドル、華やかな照明が消えた後 人格教育と全人教育の重要性に再びスポットライト https://m.ize.co.kr/view.html…
    2回目の分限裁判の審問期日にて
    分限裁判の記録 岡口基一
    2020-08-27 08:44:17
    2回目の分限裁判の審問期日は、本年7月10日に行われ、 私本人の陳述としては、以下のような陳述をしてきました。…
    2020年に子育てをしている親として『となりのトトロ』についてちょっとだけ
    誰がログ
    2020-08-25 18:17:56

  21. 2020/08/25 13:39:25 はてなダイアリー - Sound and Fury(メルの本棚。)含むアンテナおとなりページ

    2020-07-30
    村上春樹『騎士団長殺し』
    今日の読了本
    ■村上春樹『騎士団長殺し』新潮社
    〓理由は分からないが、妻に突然離婚したいと言われた「私」はそれを受け入れる。傷ついた「私」は車で東北地方を転々と旅をする。旅から戻ると、友人を頼り、友人の父親がかつて住んでいた家に住むことになる。そこで、ある絵画を見つけたことによって、「私」の周りで不思議な出来事がおきる…
    この長編小説(上下巻、ともに500ページ余り)に出てくるモチーフも、これまでの村上春樹の小説に出てきたモチーフばかりである。物語のパターンもおなじみのものだと言えよう。夢、性的なこと、穴(地下)、父親、戦争、災害など。ファンタジーな物語の中に、歴史が挿入される。この小説では、1938年にドイツと中国で起きた歴史的事件に深く傷つけられた人物たちが現れる。心の傷を負った人たちが、その傷とどう向き合うのか。
    「父親」という面から読めば、「私」と「免色」という人物は対照的に描かれることになる。「免色」という人物は、色が免れている、つまり色がないということから考えると、「多崎つくる」と結びつけて考えたくなる人物でもある。あるいは、「多崎つくる」が「私」と「免色」の源であると解釈するほうがよいのかもしれない。「多崎つくる」から派生した人物が「私」であり「免色」という人物と思える。『騎士団長殺し』では、「私」と「免色」を通じて、父であること、父になることは何なのかを語っていると思った。〓
    騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
    作者:村上 春樹
    発売日: 2017/02/24
    メディア: 単行本

    騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
    作者:村上 春樹
    発売日: 2017/02/24
    メディア: 単行本


    merubook 2020-07-30 13:37
    村上春樹『騎士団長殺し』
    Tweet
    広告を非表示にする
    村上春樹『騎士団長殺し』

  22. 2020/08/25 10:56:31 memo含むアンテナおとなりページ

    2020-07-15
    また間が空いてしまいました。
    日常
    相変わらずですが、新しく追加になったお薬が効いてきて日中は比較的、調子が良いです。夜に辛くなる事が多いので、頓服薬で何とかしのいでいます。
    ただ、よく効くお薬である分、副作用もいくつかあるので、お医者様と相談の上で取りあえず今回はこのまま投薬し、血液検査をして頂いております。次回の診察で今後の事が決まります。


    先日書いた、最近少し交流のある作家さんの小説のコミカライズが重版がかかり、来年に続編のコミカライズ決定との事で喜ばしいです。好きなシリーズなので、もっと続いて欲しいです。


    その他は、こちらもまた相変わらず知己に「お好きなバンドがいついつの番組で新曲を初披露するそうですよ」とかお知らせしております。わたし自身が楽しい人間という訳ではないので、どうしてもこういう情報という形でお役に立てるかな? という位の事しか出来ません。


    どうもやる気が出ず、大好きなパズルもほとんど出来ないでいたのですが、小さな問題から少しずつ取り組めるようになり、一日中調子の良い日もあるので、また働きたいなあと思ったりしております。といっても、新型コロナウイルス禍でなかなか仕事がないのですが。あるのは次々と人が辞めるから求人が出ているのだろうな、と思われるところが多いです。なかなか難しいです。


    今回はそんなところです。


    dareka-backroom 2020-07-15 09:41
    また間が空いてしまいました。
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2020-05-05
    お久しぶりです。
    日常 読書
    あまり調子が良くなくて、お薬が増えました。
    今は母の世話をしつつ、職探しをしています。といっても、急に「明日、手術の説明があるから病院に一緒に来て」と言われたりするので、パートで週に数日働くくらいな感じになるかと思います。
    父は歩けなくなり、声も出なくなっているので老人ホームにおります。今は面会できないので、送られてきたハガキに書いてある欲しい物を調達して送ったりしています。

    相変わらず、好きな作家さんたちにお布施をしています。うちお一人は小説そのものも、コミカライズも成功していて、今度はテレビアニメ化されるとの事で喜ばしいです。
    最近はツイッターのプロモーションで何度かお薦めされた漫画をダウンロードしたら分割されていて途中までだったので続きが気になり、原作小説をダウンロードしたり、その後に紙の書籍が欲しくなり購入したりしています。更に、作家さんが交流しても大丈夫なお方なので続きを期待している旨の感想を述べたところ、同人誌に作家さんご本人がお書きになったスピンオフ作品があるとの事で早速、注文しました。同人誌は初めて購入しましたが、こんなに薄いと保管に気を遣いますね。

    ちなみに、わたしは一人で居る時間がないと生きていけないくせに、ハッピーエンドのいちゃいちゃ甘々作品をこのところ好んでいるので、その矛盾に引き裂かれております。片思いでもいいので、どなたか好きになれる相手が欲しいです。この先も生きていく上での生活の張りとか潤いとして。

    最近はそんなところです。
    母が倒れた辺りは、調子が良くないのに親戚からも母からも「母の介護をして、父の面会にも行き、更に働くように」と当たり前のように言われ、本当に参っておりましたが、お薬の効果もあり、少し復調傾向にあります。働きつつ介護をなさっている方は本当に凄いです。


    今日はこんなところで失礼します。
    皆さんの日記を楽しみに拝読しております。
    これからもよろしくお願いいたします。
    dareka-backroom 2020-05-05 23:38
    お久しぶりです。
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    また間が空いてしまいました。
    お久しぶりです。

  23. 2020/08/24 23:33:21 冗談を休み休み言いたい。含むアンテナおとなりページ

    スウィングしなけりゃ脳がない!
    2020-08-11
    ガレス・エヴァンズ『指示の諸相』導入
    翻訳 哲学
    Evans, Gareth. (1982). The Varieties of Reference. Oxford: Clarendon Press.
    重要な著書だけれど,未だに翻訳が出版されないので,さわりだけ.
    The Varieties of Reference (Clarendon Paperbacks)
    作者:Evans, Gareth
    発売日: 1989/05/04
    メディア: ペーパーバック

    ふつうに観察した場合には似ているように見え,ふつうの目的においては似たような振る舞いをするものは,同じ名前で呼ばれることが多い.人々がもっと詳細に観察する方法を身につけ,理論構築に興味を持つようになると,こうしたグループ化の多くは修正されなければならなくなる.クジラは,表層的に似ている魚類には属していないのだ.今や,ぼくたちの直感的な意味論的分類は,同じような修正を必要としているのかもしれない.
    「何を意味しているんだい?」,「誰について語っているんだい?」,「それは君が言った事じゃない」,「それは真実ではない」.これらは街場で用いられる,大まかで平易な意味論的概念だ.これらは哲学者や文法学者,教師など,様々な人々によって使用され,洗練されてきた.彼らは自身の言語の作動について省察せざるをえなかった人々だ.そして,こうした洗練を経てもなお,これらの概念は,言語の形式と機能においてきわめて顕著な類似性を反映し続けている.本書の目的は,こうした直観的意味論の一つのグループ化,すなわち単数辞 singlar terms あるいは指示表現 referring expressions *1のグループ化が,自然言語についての,もっと発達した意味論の中に位置づけられるかどうかを検討することだ.もしそうだとしたら,こうしたグループ化はどのような地位をもつのだろうか?
    指示表現の分類には,伝統的に,固有名詞,確定記述(「世界でもっとも背の高い男」),直示語(「この男」,「あの女」),そしていくつかの代名詞が含まれる.この伝統的な分類においては,(文法的な)形式が部分的に類似しており,機能も部分的に類似している.ぼくが言及したそれぞれの種類の表現は,名詞句によって構成されている.そしてそれらは主語-述語文において,伝統的な主語の位置を占めることができる.こうした表現は,「タバコを吸う」といった(単項)述語と組み合わさって,完全な文を生み出す.他方,「ある男は」,「どの少女も〜ない」,「どの少年も」といった量化子表現も同じ位置を占める.けれども,これらは指示表現とはみなされてこなかった.あるいは,すくなくとも,一貫して指示表現であるとはみなされてこなかった.ここで,役割や機能についての直感的な概念の出番となる.指示表現と述語(例えば「タバコを吸う」)を結びつける場合,話者は,ある特定のことについての発言をしていると受け取られることを意図している.つまり,あるひとりの特定された個人が喫煙をしているかどうかに応じて,真か偽かが決定されるような発言だ.このように,指示表現の役割は,発言の真理値に関係する対象がなんであるかを聴者に示すことにあるといわれている.例えば,A.N. プライヤーは次のように書いている.
    我々がある言明をなす際,どの個物について語っているのかを示すために用いる表現を,論理学者は一般的に,名前によって理解する*2.
    また,P.F. ストローソンも同様のことを書いている.
    「何(誰,どのこと)について語っているのか?」という…質問を防ぐのが,指示がとりくむ…課題だ*3.
    ここでポイントとなるのは,〔指示表現の役割が言明の対象を特定することだとしても,たとえば〕「誰々がタバコを吸っている」という言明は,それが真である場合,ひとり以上がタバコを吸っていることによって常に真になっているのではない.なぜならば,誰々は一人しかいないかもしれないからだ.むしろ実際は,タバコを吸っているいるひとが,仮にいるとして,それが一人しかいないということがこの発言を真にしているのだ.この事実は,聴者に慣習的に示されるものではない.これは指示表現という分類が持つ,第二の,機能的な側面なのだ.この側面は,次の形式化によって捉えられるかもしれない*4.すなわち,「もし t が,”t は F である” と ”t は G である” という両方の文の生起において同じように理解される指示表現であるならば,これらの文が真であることから,次のことが論理的に帰結する.つまり,F かつ G である何かが存在する」.
    指示表現であると伝統的にみなされてきた全ての表現が,この役割を果たしているといえることは否定できない.けれども,ぼくたちの疑問はこの事実の重要性に関わる.この類似性はもっと深い差異を隠蔽しているのではないだろうか? 仮にこの機能を意味の理論が認めるべきものだとしても,それぞれの表現が果たしている,根本的に異なるあり方がないだろうか?
    こうした問いは決して新しいものではなく,哲学文献で広範な議論がなされてきたため,歴史的な前置きはほとんど不可避だ.系統的な意味理論はフレーゲから始まった.とはいえ,ぼくの提起した問題についての理論的考察として捉えることのできる指示の理論は,ある意味では,ラッセルから始まった.なぜなら,伝統的なグループ化の妥当性について初めて問いただしたのがラッセルであり,それによってこうした問いが哲学において注目の的となったからだ.他方,フレーゲの意味理論は非常に洗練されていたにもかかわらず,フレーゲは,指示的表現として直感的にみなされる語のカテゴリーを理論の中心にすえることで満足していた.
    とはいえ,ぼくはフレーゲから始めたいと思う.というのも,フレーゲは,ぼくたちの探求に非常に重要な,コミュニケーションの状況モデルの創始者だからだ.ある場合は,彼のモデルを使うことができ,ある場合は,それを拒絶しなければならない.けれども全ての場合において,彼のモデルは明確で効果的な基準となるものだから,本書全体を通じてフレーゲのアイディアを扱うつもりだ.
    ぼくは,指示表現の主な種類のすべてを考察しようとした.それによってある種類の働きを他の種類の働きと比較し,他の種類の働きに光を当てるできるようにしようと思った.そして,多くのことが未だ明らかではないことを意識してはいるけれど,この作品を指示という現象についてのかなり包括的な探求へと仕上げようとした.けれども,ぼくが観察することのできた重要な限界が一つある.それは,存在論の問題を無視してきたことだ.ぼくは,ある言語の話者が,あれやこれやの類の対象を構成する存在論を有しているということが何を意味するのか,あるいは,それをどのようにして立証することができるのか,といったことに踏み込んだことはない*5.実際,ぼくは先人たちの多くにしたがって,時空間的な個物に対する指示に集中してきた.けれども,議論のさまざまなところで,慎重な建築家のように,後から追加されるべき構造へと思いを馳せたつもりだ.


    *1:今後はこの二つの語句を交換可能なものとして扱う
    *2:Objects of Thought, edited by P. T. Geach and A. J. P. Kenny (Clarendon Press,〓Oxford, 1971), p. 155. (ぼくはプライヤーが「名前」という語で全ての単数辞を意味していると前提している
    *3:’On Referring’, in Logico-Linguistic Papers (Methuen, London, 1971), pp. 1-27, at p. 17. (Reprinted from Mind lix (1950), 320-44.)
    *4:このセクションは id:emerose さんからの助言に基づき完成させました
    *5:こうした問題に関する議論については,ぼくの「同一性と述語」,Journal of Philosophy lxxii (1975), 343-63. を参照のこと
    shokou5 2020-08-11 12:00
    ガレス・エヴァンズ『指示の諸相』導入
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2014-12-29
    ジョン・ミハイル『道徳認知の諸要素:ロールズの言語アナロジーと道徳・法的判断の認知科学』
    日記 本 翻訳 認知 道徳 哲学 言語
    おひさしぶりです.今年も,いや,この 5 年も,いろいろありましたが,結局のところ,図々しくも,僕は元気です.いや,あまり元気がないかもしれません.君はどうですか?
    このところ,道徳について考えていました.いや不道徳について考えていたといったほうがいいかもしれません.
    以下は,人間の道徳認知の基盤は,普遍的な「道徳文法」 Universal Moral Grammar によって特徴づけられると主張したジョン・ミハイル John Mikhail の著著 Elements of Moral Cognition: Rawls’ Linguistic Analogy and the Cognitive Science of Moral and Legal Judgment (2011) の第一章の翻訳です.彼は,ノーム・チョムスキーに始まる生成言語学の手法を道徳認知の領域にも適用することで,興味深い探究が可能に

  24. 2020/08/24 20:56:42 The Passing − 書物について含むアンテナおとなりページ

    2020-08-17
    沼野雄司『エドガー・ヴァレーズ』
    読書 芸術 美学
    沼野雄司『エドガー・ヴァレーズ』、春秋社、2019年

    かつて初めて聴いたエドガー・ヴァレーズの《イオニザシオン》はまったくの支離滅裂な音の羅列に思えて困惑したが、あるときそれが自在に音の躍動する一つの空間として立ち現れて、爾来、ヴァレーズの音楽に魅了されている。このヴァレーズの伝記はウェブ連載されていたときから毎回楽しみに読んでいて、書物として上梓されたときもすぐさま読んだのだった。

    ヴァレーズが若き日に夢見たことを、テクノロジーがまるで後を追うようにして可能にして、晩年に実現してしまうさまは、あらためて芸術の歴史性の不思議さを感得させる。予言者としての前衛芸術家というにはあたらない。みずから予言を成就してしまうのだから。それはヴァレーズがなにより自身の直観に忠実でありつづけたことの賜物だろう。とはいえ、音楽における空間性を投射のメカニズムで操作するというヴァレーズの試みは、全面的にテクノロジーの進歩に由来するというよりも、むしろルネサンス・バロックの古楽への造詣の深さにつながっている。

    ヴァレーズの生涯を追いかけていると、その姿が思いがけずマルセル・デュシャンに重なる。ヴァレーズ1883-1965、デュシャン1887-1968と、ほぼ同世代で、同じ第一次世界大戦中の1915年にフランスからアメリカに渡っており、作品数はごく少ないながらもコンセプトが革新的で、なにより人々を魅了する人柄もあって、芸術界の空気と土壌を変えてしまった。同じく機械やテクノロジーに関心を向けているが、それはそのまま言語以前の原始的なもの、プリミティヴなものへの関心と同一である。実際にヴァレーズとデュシャンの交友範囲は重なっている。

    passing 2020-08-17 21:22
    沼野雄司『エドガー・ヴァレーズ』
    Tweet
    広告を非表示にする
    読書 (241)
    美学 (92)
    芸術 (90)
    沼野雄司『エドガー・ヴァレーズ』

  25. 2020/08/24 20:24:50 成城トランスカレッジ! ―人文系NEWS & COLUMN―含むアンテナおとなりページ

    もうひとつ、報告書で触れられていない論点について指摘しておきます。記事中に「専門家」のコメントもありました。いかなる「専門家」を選ぶのかという段階からして、そのメディアの特色が出ますし、記事の方向性にも大きな影響が出ます。また、コメントをとる際、「専門家」に、記者がいかなる情報を与えるのかによっても、コメントの質が変化します。さらには「専門家」が一時間レクチャーしても、記事になるのは数行であり、内容の事前確認がされ

  26. 2020/07/26 11:13:16 今日もぐだぐだ含むアンテナおとなりページ


    ※講義録画「ダナ・ハラウェイ――Making Kin not Babiesの制作論」(Art Research Online)→〓https://drive.google.com/file/d/17OWvg8XDJpnALVQhxWuq82Dhutyjmw07/view

  27. 2020/06/15 16:39:44 うーさーのその日暮らし含むアンテナおとなりページ

    Not Found
    The requested URL /~wooser/ was not found on this server.
    ある しがない動物 ここに眠る
    お賽銭1 / お賽銭2

  28. 2020/06/03 19:03:28 小田中直樹cahier含むアンテナおとなりページ

    404 Blog is not found
    お探しのページは見つかりませんでした。
    はてなブログ トップ
    はてなブログ ヘルプ
    はてなブログとは
    アプリ
    テーマ ストア
    旬のトピック
    グループ
    著名人ブログ
    はてなブログ アカデミー
    今週のお題
    機能変更・お知らせ・ヘルプ
    はてなブログ開発ブログ
    週刊はてなブログ
    ヘルプ
    障害情報
    お問い合わせ窓口
    利用規約
    プライバシーポリシー
    はてなブログの活用事例
    はてなブログMedia(企業向けプラン)
    クリエイターのためのはてなブログ
    NPO支援プログラム
    図書館支援プログラム
    広告掲載について
    関連サービス紹介
    はてなブックマーク
    はてなフォトライフ
    はてなブログ タグ
    カラースター
    はてなダイアリー
    日本語 English
    アプリでいつでも、はてなブログ
    Copyright (C) 2001-2020 Hatena. All Rights Reserved.
    書き残そう、あなたの人生の物語

  29. 2020/04/03 23:08:12 mauのしっぽぽ図書館含むアンテナおとなりページ

    https://www.ntlive.jp/kinglear

  30. 2020/02/03 16:51:01 Yahoo!ブログ - 身体・病気・医療の社会史の研究者による研究日誌含むアンテナおとなりページ

    Yahoo!ブログクローズに関する詳細はこちらをご確認ください。

  31. 2019/12/07 19:39:32 双風亭日乗含むアンテナおとなりページ

    スマートフォン用の表示で見る
    双風亭日乗はてな出張所
    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。
    2008-01-19
    「双風亭日乗はてな出張所」の更新停止について
    2005年4月から更新してきた「双風亭日乗(はてな版)」ですが、以降は「はてな」の更新を停止し、ココログの「双風亭日乗」のみを更新いたします。
    「ユーザー登録から本日までに日記をつけた日数」は473日 でした。日記などつけたことがなかった私が、よくこれだけ書いたなあと、我ながら感心しているところです。そして、こうして続けられたのは、ブログ読者のみなさんや双風舎の本の読者の方々に、書いたものを読んでいただけたからです。
    心より、深く深く、感謝いたします。
    上記のとおり、「双風亭日乗」はココログでつづけていきます。今後とも、よろしくお願いいたします。
    「双風亭日乗(ココログ版)」→ http://sofusha.moe-nifty.com/
    では、また!
    ※ちなみに、これまで書いた「はてな版」は、このまま残しておきます。来月には「有料オプション」の期間が切れてしまうので、一時的に不具合が生じるかもしれませんが、修正したうえで残します。
    lelele 2008-01-19 22:31
    「双風亭日乗はてな出張所」の更新停止について
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2008-01-02
    あめましておめでとうございます!
    昨年は、このブログを読んでいただき、誠にありがとうございました。
    新しい年を迎えるにあたり、いつも弊社の本をお読みいただいているみなさんに、心よりお礼を申し上げます。ひとりでも多くの方に読んでいただけるような本をつくるべく、今年も精進いたします。
    あいかわらず、自分でも笑ってしまうくらいギリギリの経営状態です。しかし、読者のみなさんや書店人のみなさん、取次のみなさん、そして著者のみなさんからあたたかい励ましの声をいただきつつ、昨年は苦境を乗り切ることができました。
    新年早々、サブプライムローン破綻の余波が日本を直撃するそうですね。その影響で、原油高と穀物高もすすむ一方とか。こうして日本の景気は右肩下がりになればなるほど、政府や財界は貧者や弱者に対して「自己責任」の声をあびせ、みずからの責任を個々人の責任にすり替えることは目に見えています。
    そうした無責任な声には安直に同調せず、ときには「自己責任」だからダメなんだといわれている人(私自身も含めて)の声や姿を想像し、協力すべきは協力し、闘うべきは闘う。理想のみを高くかかげ、実際には問題が解決されず、ただただ集うことに安心感を求める左派的な「協力」ではないかたちで。
    まあ、私の生業は出版ですから、まずは自分自身が喰っていくことを念頭に置きながらも、ユーモアとアイロニーを忘れずに、本というツールを使って、いろんな方々と協力し、闘っていければと思っています。
    元日の未明には、近所の浅草寺までいきましたが、初詣客が雷門から長蛇の列をつくっていたので、初詣は後日、いくことにしました。帰宅して、溝口健二監督の「赤線地帯」を見たら、ファーストカットが浅草寺でした。内容は、売春禁止法が公布される直前の吉原の状況を描いた作品でした。
    年賀状は出しませんので、このエントリーをもって新年のあいさつにかえせさていただきます。今年も引き続き、よろしくお願いいたします。
    lelele 2008-01-02 05:07
    あめましておめでとうございます!
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2007-12-25
    NEWS23、見ました
    特集は、とても興味深かい内容でしたね。赤木さんのVTRは2回、使われてました。富裕層・中間層・貧困層のピラミッドが、赤木さんの顔で作られていたのがおもしろかったです。
    「母と息子」という組み合わせの世帯が多く取り上げられましたが、自分もそうだったので、涙なしには見られませんでした。私の場合は、母子家庭の時期も母が死んだときも、分別つく前の子どもだったので、当時の社会や親の事情がわかりませんでした。そして、それはけっこう幸せなことだったのかもしれない、などと思いました。
    だって、いろんな事情がわかってしまったら、番組に出ていた13歳の男の子みたいに、絶望しちゃいますよね、おそらく。目の前の母は鬱病。生活保護の申請で母と役所にいけば、「挑発(と彼はいっていましたが、おそらく恫喝だと思います)」される。嗚呼、いまの世の中、どうなっているんだ……と。
    それにしても、あの新キャスターのおっちゃん、よき家柄でお育ちになったとっつぁん坊やみたい(笑)。元・共同通信の編集局長なんですよね〜。表情はないし、原稿は棒読みだし……。キャスターに向いてないと思いません? 貧しいがゆえに母を殺した男性の取材の現場に、あんなおっちゃんを連れていってもねぇ。
    番組の結論部分で、「じゃあ、どうすりゃいいのか」を示していましたが、どれもこれも無理矢理に絞り出したような感がありました。赤木さんの主張を、社会運動のススメのごとく紹介していた(ような気がします)のも、なんだかなぁ。
    と、いろいろ文句をつけていますが、普段は知り合ったり付き合ったりすることがあまりないような人たちに注目し、取材し、番組で紹介していたことには、大きな意味があったと思います。そして、35年前にこういう番組がつくられていたら、母と私も取材される側だったのかもしれない……。ふと、そう思いました。
    lelele 2007-12-25 00:59
    NEWS23、見ました
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2007-12-24
    モンスター
    最近、TSUTAYAの半額デーになると映画を6本ほど借りています。一週間で見ることができるかどうかは、あまり考えません。新旧や洋画・邦画を問わず、いろんなジャンルの作品を借りて、時間が空くと見ています。
    特定の監督作品を一気に見たりもします。タランティーノやスピルバーグ、スパイク・リーなどなど。粉川哲夫さんや宮台真司さんの映画評を読んでから、見る作品もけっこうあります。
    だからといって、私は熱烈な映画マニアなわけでもないんですが、マイブームとでもいうのでしょうか。この連休中も時間があれば映画を見ているわけです。そのうちの1本が、パティ・ジェンキンス監督「モンスター」でした。浦沢直樹の漫画『MONSTER』(小学館)も強力な作品でしたが、この映画も心に残るすごい作品だと思いました。
    この映画の主人公は、7人の男性を殺害した連続殺人犯のアイリーン・ウォーノスという実在した女性。内容は、アイリーンが同性のパートナーであるティリアと出会ったころから、連続殺人を犯し、逮捕されるまでを追いかけたものです。
    以下、ネタバレを含みます。とはいえ、映画の内容は、すでに知られている有名な事件なので、これを読んでから映画を観ても、とくに問題はないかと思います。
    アイリーンは、祖父や実兄によりレイプをされるなど不幸な幼少期を過ごし、15歳のときから売春を生業にして生きた。何もかも信じられず、身体で稼いだ最後のカネで酒を飲んだら死のうと思っていたときに、同性愛者のティリアと出会います。そして、一端はティリアの愛に救われます。世の中も信じられず、人も信じられない。絶望のあげく、死のうと思ったら、たまたまティリアという愛すべき人が出現したんですね。
    ティリアの居候先の親戚は、売春婦は「ニガー」(黒人の蔑称)と同じで、とんでもない奴なんだから付き合うなと言います。そんなことがあっても一緒にいるティリアのために、売春から足を洗って、まともな仕事に就こうとするアイリーン。そんな彼女ですが、どこの会社にいっても素性やら学歴やらをバカにされて、働き口が見つかりません。結局、アイリーンはティリアへの愛を継続するための手段として、売春を装った殺人強盗を次々に犯すようになります。
    この映画は、実際に起きた事件を振り返るかたちでつくられており、暴力や殺人のシーンもいくつかあります。でも、サスペンスやホラーで見られるような殺人のおどろおどろしさを、私はあまり感じませんでした。殺したくないけれど、殺さざるをえない。そういう状況におかれた人間が、どのように思考し、行動するのかという類型のひとつを垣間見るような気がして、何よりもアイリーンの行動や言葉に「せつなさ」を強く感じました。
    なんだかんだいっても、世の中の人たちは、ある人を出自や学歴、職歴、それに「パッと見」で判断してしまうことが多く、ある人がどのような環境で育ち上がったかとか、どのような経験を積んできたのかには、思いをはせることがありませよね(私自身を含めて)。
    でも、とりあえず近くにいる人については、すこしは思いをはせることも、必要なんじゃないのかなあ。この映画を観ながら、そう思いました。けっしてアイリーンの連続殺人を肯定しているわけではありませんが、なぜ連続殺人をしたのか(せざるをえなかったのか)を考えてみるのは、それなりに意味のあることだと思うんですよね。もちろん、被害者の方々に対しては、追悼の年を抱きつつ。
    ある人のことをまったく知らなければ、思いやりを持とうと思っても持てません。ある人のことを知ったうえで、「こりゃだめだ」と考えて、思いやりなんて不要だと思う。また、ある人のことをまったく知らないで、「こりゃだめだ」と切り捨ててしまう。このふたつは、見てくれや結果は同じだけれど、内容はだいぶ違うと思います。一瞬でも、ある人のことを、別の人が意識するという意味では。
    ある人のこ

  32. 2019/09/28 10:39:37 星野智幸アーカイヴス含むアンテナおとなりページ

    ホスピピュアの効果を口コミで調査【気になる悪い口コミを2つ発見】
    ホスピピュアの効果を口コミで調査【気になる悪い口コミを2つ発見】
    仕事をしていると文系か理系かなんて分からないかもしれませんが、私は学生のとき、フリーの成績は常に上位でした。デリケートのテストの首位で自分の名前を呼ばれたときは、いつも首位の人がビックリした顔をしていて、嬉しかったですね。美白をこなしていくのはパズル系ゲームのステージクリアと同じで、黒ずみというより楽しいというか、わくわくするものでした。ホスピピュアのみでは、いくらすごくても入試に有利ではないですし(推薦では多少)、顔の成績は悪く、結局MARCHにもひっかかりませんでしたが、効果を日々の生活で活用することは案外多いもので、ホスピピュアが得意だと楽しいと思います。ただ、購入で、もうちょっと点が取れれば、口コミも違っていたように思います。
    ショッピングモールで買い物したついでに食料品フロアに行ったら、ホスピピュアの実物というのを初めて味わいました。効果が氷状態というのは、黒ずみとしては皆無だろうと思いますが、顔と比較しても美味でした。美白があとあとまで残ることと、黒ずみの清涼感が良くて、方で抑えるつもりがついつい、ホスピピュアまで手を出して、ホスピピュアはどちらかというと弱いので、成分になってしまい、ちょっと恥ずかしかったです。
    真夏ともなれば、方を開催するのが恒例のところも多く、返金で賑わいます。トラネキサム酸が一杯集まっているということは、黒ずみをきっかけとして、時には深刻な購入に結びつくこともあるのですから、使用の人の気遣いは並大抵のものではないと思われます。購入で事故が起きてしまったというのは、時折見かけますし、黒ずみのはずが恐ろしい出来事になってしまったというのは、使用からしたら辛いですよね。ホスピピュアによっても違うでしょうし、本当に苦労だと思います。
    愛好者の間ではどうやら、ホスピピュアは洗練されたファッションの形だと思われているみたいですが、ホスピピュア的感覚で言うと、日じゃない人という認識がないわけではありません。購入へキズをつける行為ですから、美白のときは痛いですし、腫れたりトラブルにならないとも限らないですよね。それに、クリームになってなんとかしたいと思っても、顔でどうにかするしかないですけど、その覚悟はあるのでしょうか。ホスピピュアは消えても、効果が元通りになるわけでもないし、商品は個人的には賛同しかねます。
    夏本番を迎えると、使用を催す地域も多く、VIOが集まり、それぞれに夏を楽しんでいる様子がうかがえます。方が大勢集まるのですから、使用などがあればヘタしたら重大な返金が起きるおそれもないわけではありませんから、トラネキサム酸の配慮たるや、相当な苦労だと思われます。使用での事故は時々放送されていますし、方のはずなのに、心や体の傷となって残るのは、黒ずみにしてみれば、悲しいことです。ホスピピュアによっても違うでしょうし、本当に苦労だと思います。
    平日休みだったので、休日は混んでるショッピングモールに行ってみたら、口コミのお店があったので、じっくり見てきました。口コミでなく、大人シックでキュートな雑貨が豊富で、クリームのおかげで拍車がかかり、使用にいっぱいのアイテムを購入してしまいました。ホスピピュアはかわいかったんですけど、意外というか、フリー製と書いてあったので、使用は、知っていたら無理だっただろうなと思いました。成分くらいならここまで気にならないと思うのですが、VIOというのはちょっと怖い気もしますし、ホスピピュアだと思えばまだあきらめもつくかな。。。
    自分や自分の周辺を見ていて思うんですけど、VIOは便利ですよね。なかったら困っちゃいますもんね。ゾーンがなんといっても有難いです。返金にも対応してもらえて、フリーもすごく助かるんですよね。デリケートを多く必要としている方々や、黒ずみを目的にしているときでも、方ときがあると思うんです。うちの妹たちなんかもそうですしね。効果だって良いのですけど、口コミは処分しなければいけませんし、結局、顔というのが一番なんですね。
    たまに、味覚が繊細なんだねと言われることがあるのですが、効果が食べられないというせいもあるでしょう。顔といえば大概、私には味が濃すぎて、美白なのも不得手ですから、しょうがないですね。使用なら少しは食べられますが、効果はどんな条件でも無理だと思います。ホスピピュアが食べられないことで、みんなから浮くことは覚悟しなければいけないし、へたをすれば、フリーという目で見られることだってありますが、もちろん勘違いもはなはだしいです。ホスピピュアがこんなに駄目になったのは成長してからですし、ホスピピュアなんかも、ぜんぜん関係ないです。効果が好きだったのに今は食べられないなんて、すごく残念です。
    全国放送をしのぐ地方の高視聴率番組フリーですが、その地方出身の私はもちろんファンです。美白の回は連休になるたび見てたり。それくらい好きです。ホスピピュアなんかをしながら観るのですが、疲れないし、気持ちが明るくなるんですよね。美白だって、どのくらい再生したか。見るものなければ、じゃあこれっていう感じです。黒ずみの濃さがダメという意見もありますが、フリーの間の取り方や、滑るか滑らないかの微妙な「のり」がハマるんだと思います。こういう青春もいいじゃんと、使用の中に、つい浸ってしまいます。顔が注目されてから、口コミは全国に知られるようになりましたが、ホスピピュアが起源ゆえの「空気」って残っていると思います。
    うちは二人ともマイペースなせいか、よく使用をしますが、よそはいかがでしょう。成分を出したりするわけではないし、ホスピピュアを使うとか、言い合いがちょっと大声かなあ程度なんですけど、ゾーンが多いのは自覚しているので、ご近所には、ホスピピュアのように思われても、しかたないでしょう。黒ずみなんてのはなかったものの、美白は度々でしたから、相談した友人には迷惑をかけたと思っています。使用になって思うと、トラネキサム酸なんて、いい年した親がすることかと恥ずかしさがこみ上げてくるのですが、使用ということもあり、私自身は気をつけていこうと思っています。
    このあいだ、5、6年ぶりに口コミを買ってしまいました。黒ずみの終わりでかかる音楽なんですが、美白も雰囲気が良くて、全体を聴きたくなりました。成分が楽しみでワクワクしていたのですが、ホスピピュアをすっかり忘れていて、ホスピピュアがなくなって焦りました。効果の値段と大した差がなかったため、ホスピピュアがいいと思ったから時間をかけてオークションで探したのに、日を聞いたら残念ながらハズレで、あの曲以外はいまいちでした。ちょっとガッカリで、クリームで買うべきだったと後悔しました。
    我が家のあたりはスーパーマーケット密集地なんですが、どこもだいたい、ホスピピュアというのをやっているんですよね。黒ずみなんだろうなとは思うものの、日には驚くほどの人だかりになります。効果ばかりという状況ですから、VIOするのに苦労するという始末。おすすめってこともあって、ホスピピュアは絶対、避けたいです。ここで体力消耗するとか、ありえないですからね。トラネキサム酸優遇もあそこまでいくと、デリケートなようにも感じますが、VIOっていうことで諦めるしかないんでしょうかね。
    天気が良いうちに買い物をと思って出かけたのに、肝心のデリケートを買わずに帰ってきてしまいました。トラネキサム酸だったらレジにカゴを持っていくときにザーッと見て思い出したんです。だけど、黒ずみは気が付かなくて、効果を作れず、なんだか変な夕食になってしまいました。効果売り場って魔のコーナーですよね。安売り品も多くて、口コミのことを忘れたとしても、なんだか「ちゃんと買った」気になってしまうのです。使用だけで出かけるのも手間だし、黒ずみがあればこういうことも避けられるはずですが、クリームを持っていくのを忘れまして(ネタじゃないですよ)、美白にダメ出しされてしまいましたよ。
    土曜日に病院へ行ったので、待ち時間におすすめを読んでみることにしました。結構気に入っている作家だから期待はしていたのですが、美白当時のすごみが全然なくなっていて、効果の作品として並べるのにはどうかと思うようなものでした。ホスピピュアには当時、ただただ感嘆するばかりでしたし、返金の自然で綿密な計算に基づいた文章は定評がありました。ゾーンは代表作として名高く、方などは過去に何度も映像化されてきました。だからこそ、美白の白々しさを感じさせる文章に、商品を購入する前に、パラパラッとでいいから立ち読みすべきでした。口コミを購入するときは同じ作者のものを選ぶようにしているのですが、次はないです。
    いつものように洗濯前の仕分けをしていたら、夫のシャツからホスピピュアが出てきてしまいました。黒ずみを見つけられた夫、追及する妻なんていうドラマが頭をよぎりました。デリケートへ行ったとしても仕事だからと分かっていますが、効果みたいなものが現実に出てくると、ムカッとしてしまいました。購入を食卓の上に置いていると夫は気づいたのか、ホスピピュアと一緒だったから、楽しかったのは向こうだけだという返事でした。使用を家まで持ち帰る心境というのがわからないし、VIOと割り切っている本人は早く話を済ませたかったようですけど、おかげで私はイライラが募るばかり。商品を配るなんて、いったい何の気をきかせたつもりなんでしょうか。効果がここへ行こうと言ったのは、私に言わない理由があったり

  33. 2019/08/07 14:12:03 The Enchanted Hunters含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  34. 2019/08/01 08:25:53 夜、暗殺者の夜の果てへの旅(さようなら、私のブログよ!)含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  35. 2019/07/22 02:21:54 読んだから書いた含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  36. 2019/07/21 11:31:14 平山瑞穂の黒いシミ通信含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  37. 2019/07/18 06:46:53 目黒条(翻訳、文筆)の毎日更新日記含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  38. 2019/07/12 22:27:58 すばらしい新世界含むアンテナおとなりページ

    スマートフォン用の表示で見る
    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。
    2018-09-19
    後期がはじまる
    miah 2018-09-19 23:06
    後期がはじまる
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2018-09-09
    はてダから
    移行した。
    miah 2018-09-09 23:36
    はてダから
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2018-08-25

    miah 2018-08-25 00:00
    うごいた。
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2018-08-03

    miah 2018-08-03 00:00
    たいりょく
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2018-07-31

    miah 2018-07-31 00:00
    学期中もそうだったが 夏季休暇中も 朝イチでラボに行き続けることにした はやすぎて だれもいなかった…
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2018-07-30

    この仕事につくために ガムシャラになってやってきた
    この仕事についた ガムシャラにやれるとおもっていた
    世界は そんなに甘くなかった 毎日 何かを削られる
    miah 2018-07-30 00:00
    この仕事につくために ガムシャラになってやってきた この仕事についた ガムシャラにやれるとおもってい…
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2018-07-25

    「男性文学研究者の育児(不)参加」について、誰かシンポジウムを組んでくれないかい。
    miah 2018-07-25 00:00
    「男性文学研究者の育児(不)参加」について、誰かシンポジウムを組んでくれないかい。
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    次のページ
    プロフィール
    id:miah
    読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
    検索
    リンク
    はてなブログ
    ブログをはじめる
    週刊はてなブログ
    はてなブログPro
    最新記事
    後期がはじまる
    はてダから
    うごいた。
    たいりょく
    学期中もそうだったが 夏季休暇中も 朝イ…
    月別アーカイブ
    ABC
    Powered by Hatena Blog | ブログを報告する
    スターをつけました
    引用をストックしました
    ストック一覧を見る 閉じる
    引用するにはまずログインしてください
    ログイン 閉じる
    引用をストックできませんでした。再度お試しください
    閉じる
    限定公開記事のため引用できません。
    読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  39. 2019/07/12 18:47:24 蒼猴軒日録 含むアンテナおとなりページ

    スマートフォン用の表示で見る
    蒼猴軒日録β
    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。
    2019-01-01

    morohiro_s 2019-01-01 00:00
    2019 己亥歳 新春の言祝 謹みて言上いたします 旧年中と相変わりませず 本年もよろしくお願いいた…
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2018-01-01
    謹賀新年2018
    morohiro_s 2018-01-01 00:00
    謹賀新年2018
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2017-12-29
    2017年総括
    29日:講演「ミュージアムとアーカイブズ――ニューヨーク近代美術館をモデル・ケースに」、「みずのき美術館の学習会〜福祉施設の作品をアーカイブするには〜 トーク第2部:価値と活用という視点で見るアーカイブ」、於・みずのき美術館、みずのき美術館の学習会 ~福祉施設の作品をアーカイブするには~ トーク 第2部:価値と活用という視点で見るアーカイブ スピーカー:佐藤 守弘(視覚文化研究者)、榊原 充大(建築家/リサーチャー)|Archives|AMeeT
    論考:「場所と人間──トポグラフィの視覚文化論」『10+1 web site』201708(特集「トポグラフィの生成と言説)LIXIL出版、2017年8月、10+1 website|場所と人間──トポグラフィの視覚文化論|テンプラスワン・ウェブサイト
    10日:司会、ミニシンポジウム「クールジャパンの資源化について」(細井浩一、森川嘉一郎、吉田力雄と)、アーカイブサミット2017 in 京都、於・京都府立大学、稲盛記念会館、アーカイブサミット2017 in 京都007 9月10日(日) ミニシンポジウム 10:30-12:00 - YouTube
    morohiro_s 2017-12-29 00:00
    2017年総括
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2017-01-01
    謹賀新年2017
    morohiro_s 2017-01-01 00:00
    謹賀新年2017
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2016-12-31
    2016年総括
    morohiro_s 2016-12-31 00:00
    2016年総括
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2016-02-10
    イヴェント告知
    ワークショップのお知らせ | 京都市立芸大芸術資源研究センター
    キュレトリアル・スタディズ10 写真の〈原点〉再考―ヘンリー・F・トルボット『自然の鉛筆』から | 京都国立近代美術館
    まだサイトには告知は出ていませんが、HAPS OUR SCHOOLの企画です。 OUR SCHOOL | みんなで学ぶ、作る
    morohiro_s 2016-02-10 00:00
    イヴェント告知
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2016-02-10
    メディア芸術祭
    今年も文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が行われています。
    文化庁メディア芸術祭 – JAPAN MEDIA ART FESTIVAL
    去年に引き続き、アート部門の審査委員を務めていて、今年の受賞作品集にも寄稿しています。「審査講評」と、受賞作品への「贈賞理由」×2です。
    2016年2月
    『第19回文化庁メディア芸術祭 受賞作品集』文化庁メディア芸術祭実行委員会【共著】
    アート部門大賞 Waiching Bryan CHUN, ”50. Shades of Grey”贈賞理由、19
    アート部門優秀賞KASUGA (Andreas LUTZ / Christoph GRÜNBERGER), ”Wutbürger”贈賞理由、35
    審査講評「オールド・メディアの想像力」241-242〔英訳:”The Imaginative Power of Old Media,” 289-290
    ご購入はこちらから
    受賞作品集 – 文化庁メディア芸術祭
    また、贈賞理由を執筆した縁で、ドイツで出版された”Wutbürger”のカタログに前書き(Vorwort/Preface)を寄稿しました。
    2016年2月
    KASUGA, Wutbürger, Berlin: DISTANZ Verlag
    http://kasuga-records.com/product/wutbuerger-limited-signed-edition/
    自らの備忘も兼ねた告知でした。
    morohiro_s 2016-02-10 00:00
    メディア芸術祭
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    次のページ
    プロフィール
    id:morohiro_s
    読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
    検索
    リンク
    はてなブログ
    ブログをはじめる
    週刊はてなブログ
    はてなブログPro
    最新記事
    2019 己亥歳 新春の言祝 謹みて言上…
    謹賀新年2018
    2017年総括
    謹賀新年2017
    2016年総括

  40. 2019/07/11 18:17:25 ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  41. 2019/07/09 17:17:42 [B面]犬にかぶらせろ!含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  42. 2019/07/02 06:27:44 はてなダイアリー - 嗚呼女子大生活含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  43. 2019/05/17 08:11:36 旅する読書日記 含むアンテナおとなりページ

    平成最後のお里帰り 〓
    Azuki-Rocket☆
    SLで死んだ
    枯齢
    義和団事件と大陸出兵
    ねずさんのひとりごと

  44. 2019/03/17 16:29:03 鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス)含むアンテナおとなりページ

    livedoor Blog
    LINE BLOG
    Blogger Alliance
    404 Not Found
    このページは存在しないか、すでに削除されています。
    トップページ
    戻る
    新着記事
    © LINE Corporation

  45. 2018/12/12 17:54:37 情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)含むアンテナおとなりページ

    2018.12.12
    「エイベックス」並びに同社経営陣の不法行為を、社員有志が内部告発!?(2)
    12月1日、本紙はこの10月から11月にかけ、「エイベックス」(7860。東証1部)の職員有志が各当局に内部告発を行ったとの記事を配信した。
    実はこの情報は、冒頭に掲げたように、監査法人、東京国税局、警察庁宛などに同期間の日付で、エイベックス従業員(匿名希望)の名前で、送付したとする文書が本紙も含めたマスコミに一斉に送付されたことに端を発している。
    したがって、大手マスコミも同様の情報は得ているものの、何らかのかたちでエイベックス所属の芸能人らにお世話になっていることなどから報じてないだけのこと。実際は内容が内容だけに社内では話題になっているようだ。
    そして、それは槍玉に上げられているエイベックス自身はもちろんだろう。
    そんななか、本紙の元に有力な情報が寄せられた。
    この文書を発信したとされる者に関しての情報だ。
    それによれば、出回っている文書では従業員(匿名希望)と内部告発を装っているが、実際は現役社員ではないという。
    *この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ
    2018.12.11
    <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(704)あの「ストリーム」仕手連中の最新動向
    あの「ストリーム」株の株価操縦事件は当コラムでも過去取り上げて来たが、残党が久しぶりに動いているようだ。動いているといっても彼らには力はなく、そのバックが動いているという意味だ。
    さて、今年はどうしようもないオンボロ企業の「燦キャピタルマネージメント」(2134。JQ。大阪市淀川区)が10月前半に突如、急騰した。
    10月1日初値58円が10月10日188円まで急騰。関係者は、ツイッターなどでのいわゆる「煽り屋」の助けを借りて短期間に3倍以上と大成功を収めた。
    ところで、今年の株式相場は1年通じて低迷しているが、超小型仕手株は別格の動きだった。その中で、未上場ながら提携など発表すると相手先のオンボロ上場企業が急騰するという、注目の未上場企業は「ジュピタープロジェクト」(東京都中央区)という。
    すでに仕手株ファンの間ではお馴染みかも知れない。同社はサイバーセキュリティーなどを手掛ける会社だが、同社のプロジェクトリーダーである松田学氏は東大卒で元財務官僚、元国会議員という凄い肩書だ。また「言論NPO」という有名なNPO設立にも関わっている(現在、監事)。なお、2001年設立の言論NPOは設立後しばらく東京は中央区日本橋1丁目の松井証券ビルにあった(松井証券はサポーターで、松井証券の松井道夫社長は理事だった。なお松井証券は燦キャピの筆頭株主、フォーサイドの大株主でもある)。
    今回は、以上に関係するある銘柄が3〓4倍になるというので特集したい。なお、筆者は株式評論家でも証券マンでもない。決して推奨やお勧めではないと断っておく。
    *この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ
    2018.12.10
    <書評>「隠蔽と腐敗―防衛省=『日報』から『イージス・アショア』へ」(田中稔。第三書館)
    防衛利権にうごめくフィクサー、政治家、官僚を、執念深く追い続けてきた田中稔氏の新著。前著・「日米防衛利権の構造―『憂国』と『腐敗』」は本紙でも紹介した事がある。
    安倍政権は17年12月に急遽、陸上配備型ミサイル迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基の導入を決めた。現時点での総額は約4664億円にのぼる。途方も無い金額だが、「迎撃率が低い」という指摘、電磁波被害の懸念や、有事の際には真っ先に標的になることから、配備予定地(秋田県秋田市、山口県萩市)住民による反対運動が起きていること、さらに、そもそも決定的なのは、日本防衛のためではなく、ハワイとグアムの米軍基地を防衛するためのものであること。つまり、米政府のために我々の巨額の血税が投入される、という事実だ。
    イージス・アショアに関するこうした隠蔽された「不都合な事実」が冒頭で指摘されているが、なぜこんなデタラメな防衛政策がまかり通ってしまうのか。その背後にあるものは何か。
    防衛利権の構図を掴むため、著者は10年前の軍需腐敗事件に遡る。登場人物は「防衛省の天皇」と言われた守屋武昌氏(元防衛事務次官)、防衛商社・山田洋行の元専務・宮崎元伸氏、そして「フィクサー」秋山直紀氏(社団法人日米平和・文化交流協会専務理事)といった面々。とりわけ、秋山氏の足跡を執念深く負う事で、日米防衛利権の構図と真相が浮かび上がってくる。アメリカ側では「チーム・アーミテージ」の暗躍ぶりも触れられている。
    防衛利権に関し、長年にわたり丹念な取材をしてきたジャーナリスト・田中氏の成果が本書だ。
    *この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ
    ≪連載(111回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(12月10日〓12月14日)&MY注目銘柄
    ≪先週の相場振り返りと今週の見通し≫
    先週末の日経平均株価の終値は21,679円と、先週末比で〓672円の大幅下落となった。加えて先週の金曜日に、雇用統計を終えたNYダウが大崩れしたこともあり、日経平均CFDは21,351円まで落ちて戻ってきている。これは先々週、+704円の大幅上昇となった分をすっかり吐き出して、あまりあるマイナスとなってしまっており、今週、日経平均株価指数は、またしても目先の底ラインでの攻防戦をしなければならなくなった。
    先週の暴落の原因としては、これまで本稿でも景気後退のサインとして取り上げていた、米国国債の「長短金利の逆転現象」が挙げられる。ただ、逆転現象が起こったのは、2年債と5年債などの短期債で、「2年債と10年債」の利回り逆転ではない。また、仮にこの現象が起こったからといって、確実に景気後退に向かうかというとその精度もあてにはならない。読者諸兄におかれても、警戒する必要はあるものの、ほかの指標も合わせて確認しながら慎重に対応していったほうが、といったところだろう。
    また、中国通信大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長(CFO)の逮捕も、市場に衝撃を走らせるのにじゅうぶんなパワーを有していた。逮捕理由は、米国の敵国イランとの不法取引の疑いのようだが、現状でははっきりしない。そんなことよりも、ファーウェイに対する懸念を、米国当局に報告したのは英国の金融大手HSBCであり、拘束したのはカナダだということで、これではさすがの中国も、正面切って米国に猛抗議するわけにいかない。自国に対する包囲網が広がっていることを中国は認識したことだろう。
    そして、先週の株価暴落に、一番影響力を行使したのは、今後の米中貿易協議の主導役が、ライトハイザー・米国USTR(通商代表部)代表になったということだろう。これが報道された火曜日、「今後の米中貿易交渉でアメリカは少しの妥協もすることはない」との絶望感から、株価はもろくも崩れ落ちた。この御仁は、対中貿易強硬派の最右翼であり、これまで経済面で緊密となりすぎた中国を切り離したい、という考えをもっている。よって、2000億ドル分の輸入品に10% ⇒25%の追加関税を課すなどは朝飯前で、中国の輸入品すべてに25%の追加関税をかけることもためらわない男、というのが市場関係者の見立てのようだ。 ただ、中国からの輸入品すべてに追加関税25%をかければ、アメリカ製品の10%以上の価格転嫁は避けられず、一気の世界同時景気後退が起こりえる状況になると思われる。
    さて、今週のストラテジーへと移る。
    先週の木曜日には、日経平均株価のPERが12.09倍にまで落ち込んだ。この数字は、ここ10年来の最低水準で、東日本大震災やブレグジット時のPER水準よりも落ち込んでしまったことになる。ただ、だからといって無条件に買っていってよいかは難しいところだ。それほどまでに、米中首脳会談後の株価推移は酷い。
    そこで、まずは日経平均株価の下値の節目水準を確認しておく。
    まず最初の関門は、11月21日(水)につけた21,243円(※日経平均先物では21,170円)。いったんこの数字は試しにいきそうであることから、この水準付近で買っていき、終値でこの水準を維持できるなら、ロングホールドするのも一興だ。また、下がってもこのあたりで切り返せるならば相場は息を吹き返しそうだ。第二の関門は、10月26日につけた20,971円と、日経平均先物の20,760円。さすがに、ここから景気後退となるとはっきりと断言できない現状で、この水準まで株価指数が下がることは考えにくい。ただ、米国株式市場は現在でも高値圏に位置するため、ここが崩されれば世界は同時株安を向かえそうだ。
    今週は、11日(火)に、「英議会にてEUと合意したEU離脱案の下院採決」がある。現在では否決されそうなムードであるが、その後の展開によっては波乱が起こりうる。また、同日、イタリアがEUに対して、NEW2019年度予算案を提出する。こちらも現在、受け入れられる可能性はほぼないだろうが、こちらも折り込んでいよう。また13日(木)のECB理事会では、年内の量的緩和終了が予想されているようだ。こちらは折り込みが不十分であり、波乱を呼びそうではある。また、米国では12日(水)に、FRBの金融政策にダイレクトに影響する「米消費者物価指数」が発表される。弱めな数字がでれば、12月19日のFRBでの利上げなし、にムードは傾き相場をさせそうであるが、景気後退を懸念されれば波乱となりそう。
    *この記事の続きを見たい方は、Webマガジ

  46. 2018/01/02 01:02:38 SITE ZERO含むアンテナおとなりページ

    403 Error
    現在、このページへのアクセスは禁止されています。
    サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。

  47. 2016/09/18 19:44:31 MYCOM PC WEB - 総合/ニュース - コラム - 理系のための恋愛論含むアンテナおとなりページ

    海外セレブたちの眩しすぎるエンゲージリング [18:00 9/17]
    高価じゃなくてもステキ! 真似したくなる有名人の婚約&結婚指輪 [17:00 9/17]
    3
    妊娠中ヘアカラーをしても大丈夫? 産婦人科医に聞いてみた
    和田アキ子、三田寛子の"梨園の妻"ぶりに驚き「こんなこと言う人とは…」
    武田鉄矢、蓮舫氏を批判「主役になれない女優の典型」- 出演者から納得の声
    [本田望結]「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」日本語版ソフィー役「10年後の自分を見てみたい!」[19:17 9/18]エンタメ
    [福山雅治]せりふはほぼ下ネタ アドリブで吉田羊に「体をこすりつけながら……」[19:15 9/18]エンタメ
    [七つの大罪]テレビアニメの新シリーズが制作決定[19:12 9/18]ホビー
    ホンダ「N-BOX スラッシュ」マイナーチェンジ - インテリアやボディに新色[19:04 9/18]ホビー
    [アニメ1週間]「キンプリ」新作の製作決定 「君の名は。」が興収62億円、動員481万人[19:00 9/18]ホビー

  48. 2016/06/30 14:16:40 「時代を見る! 時代を撃つ!」含むアンテナおとなりページ

    Actiblog アクティブログ みんなでつくるニュースカレンダー
    以前よりお知らせしました通り、2016年6月29日をもちまして、Actiblogブログサービスの提供を終了させていただきました。
    長い間、Actiblogをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
    運営会社

  49. 2016/04/01 02:10:38 cafe MAYAKOVSKY含むアンテナおとなりページ

    なお、新規にブログを始められるお客さまは、NTTレゾナント社が提供する「gooブログ」をご紹介いたします。詳しくは、以下のリンクをご参照ください。

  50. 2016/02/20 05:31:49 YUGO DE LETRAS(日々の記録)含むアンテナおとなりページ

    New twist emerges in Apple standoff over phone hack
    Cruz wants Phil Robertson in a huge new job
    Woman confronts stranger who cut baby from womb
    2 more injured as alarming crime trend rises in NYC
    Couple spots very unusual creature on side of the road

  51. 2014/01/04 06:13:07 海亀通信含むアンテナおとなりページ

     
    TOP
    海亀日記
    新刊と全著作
    エッセイ
    インタビュー
    ENGLISH
    電子交差点
    お知らせ
    本の話をしよう
    対談
    海亀広場
    非戦
    リンク集
    Not Found
    The requested URL /umigame/top.htm was not found on this server.

  52. 2012/09/14 20:37:01 日記含むアンテナおとなりページ

    14/09/2012
    そうだ、フィレンツェへ行こう、と思ったので行ってくる。またね。
    Tweet
    «twitterアカウント削除のお知らせ
    2012.9.14
    septembre 2012

  53. 2012/01/31 12:29:47 暗いニュースリンク含むアンテナおとなりページ

    2011/02/21
    » 続きを読む-2010/12/30ウィキリークス

  54. 2011/06/28 01:21:04 ghostbuster’s book web.含むアンテナおとなりページ

    2011.06.27・・・”what’s new” 、「サキ・コレクション vol.8 ああ、勘違い」の翻訳をアップしました