「アンテナは絶対」とはあぶらだこの曲名から取っただけで深い意味はありません(´ー`)

すべて | 日記 ・ ニュース | 繪・漫畫 | ゲーム | PC・便利ソフト | かわいいお洋服 | お人形さん | あやしい | 音楽 | GID

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2019/12/06 14:15:33 Anno Job Log 含むアンテナおとなりページ

    2019-12-05
    急速発症性性別違和
    訳by AJ+google
    急速発症性性別違和の兆候を示すと思われる青年および若年成人の親の報告

    要旨

    目的
    オンラインフォーラムで、両親は、子供が性別違和の突然または急速な発症を経験してるように見え、思春期中または思春期後に初めて現れるように見えると報告しています。両親は、性別違和の発症は、同じ時間枠の間に1人、複数、またはすべての友人が性別違和とトランスジェンダー自認である仲間グループに属する状況で発生したようだと説明しています。また、両親は、トランスジェンダー自認を明らかにする前に、子どもたちがソーシャルメディア/インターネットの使用が増加したことを報告しています。最近、臨床医は、生物学的女性で、思春期後に急速に性別違和を発症する現象が、クリニックにおいてどんどん増加していると報告しました。学者は、性別違和感の発達におけるソーシャルメディアの役割について疑問を投げかけています。この研究の目的は、思春期中または思春期後に始まった性別違和の明らかな突然または急速な発症の兆候を示している思春期および若年成人(AYA)の子供に関する両親の観察、経験、および展望に関するデータを収集することと、この人口統計学的グループの中で性別違和感の発症および/または発現に寄与する可能性のある要因について、仮説を立てることです。

    方法
    この記述的で探索的な研究のために、複数選択、リッカート型、および自由回答型の質問で構成される90の質問調査へのリンクを含む募集情報が、両親が、十代か若い青年の子供で、性別違和の突然または急速な発症を報告した3つのWebサイトに掲載されました。この研究の適格性基準には、子どもが性別違和を突然または急速に発症したという親の反応と、思春期中または思春期後に子どもの性別違和が始まったという親の指摘が含まれていました。適格基準を満たすケースを見つける可能性を最大化するために、3つのWebサイト(4thwavenow、トランスジェンダートレンド、および若者トランスクリティカルプロ)が対象の募集のために選択されました。ウェブサイトのモデレーターと潜在的な参加者は、スノーボールサンプリングテクニック(雪だるま式に参加者を増やす)を通じてプロジェクトの範囲を拡大するために、適格な参加者を含むと考えられる個人またはコミュニティと募集情報および調査へのリンクを共有することが奨励されました。データはSurveyMonkeyを介して匿名で収集されました。定量的な調査結果は、頻度、割合、範囲、平均、中央値として表示されます。2つの質問からの自由回答は、テーマの定性分析の対象となりました。


    結果
    調査基準を満たした256の親が記入した調査結果が得られた。記載されているAYAの子供たちは主に出生時女性(82.8%)であり、調査完了時の平均年齢は16.4歳で、トランスジェンダー自認を発表した平均年齢は15.2歳でした。親の報告によると、AYAの41%がトランスジェンダーと自認する前に、異性愛者ではない性的指向を表明していた。AYAの多く(62.5%)は、性別違和が始まる前に、少なくとも1つの精神障害または神経発達障害と診断されていた(既往障害は0〜7つの範囲)。記載されている仲間グループの36.8%で、親の参加者は、メンバーの大半がトランスジェンダー自認であったことを示しました。親は、AYAのメンタルヘルスの主観的な低下を報告した(47。2%)。およびAYAが「カムアウト」したため、親子関係の低下があった(57.3%)。また、AYAは以下を含むさまざまな行動を示した。非トランスジェンダーの人々への不信感の表現(22.7%)、トランスジェンダーではない友人と過ごす時間を止める(25.0%)、〓家族から自分自身を隔離しようとし(49.4%)、トランスジェンダーの情報源からの性的不快に関する情報のみを信頼している(46.6%)。両親のほとんど(86.7%)は、性的不快感の突然または急速な発症に伴い、ソーシャルメディア/インターネットの使用が増加し、1人または複数の友人がトランスジェンダーになった友人グループに属していると報告しました。同様の期間に特定される、またはその両方〓トランスジェンダーではない友人と過ごす時間を止める(25.0%);〓家族から自分自身を隔離しようとし(49.4%)、トランスジェンダーの情報源からの性的不快に関する情報のみを信頼している(46.6%)。両親のほとんど(86.7%)は、性的不快感の突然または急速な発症に伴い、ソーシャルメディア/インターネットの使用が増加し、1人または複数の友人がトランスジェンダーになった友人グループに属していると報告しました。同様の期間に特定

  2. 2014/07/02 20:01:57 おかまの品格含むアンテナおとなりページ

    お知らせ
    平素より「ぷらら」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
    この度、「ぷらら」ではお客さま向けオプションサービスのひとつである、Broach(ブログ)サービスの提供を終了させていただくことになりました。
    2014年6月30日をもってエクスポート機能を除く一切の機能を終了いたしました。
    エクスポート機能は2014年7月31日をもって提供終了とさせていただきます。
    ご利用中のお客さまには大変お手数をおかけいたしますが、引き続きブログを継続できますよう他社事業者のブログを開設の上、エクスポート機能をご利用ください。
    長らくご愛顧ありがとうございました。
    ログイン
    ブログデータのエクスポートはこちらから
    Copyright 2005-2014 NTT Plala Inc. All rights reserved.