Hatena::Antenna

sowacytaのアンテナ RSS OPML

すべて | 涅槃研究 | 音楽 | 論の学 | 商売 | まつとたり |

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2019/10/23 18:31:15 ”It’s a privilege, not a right.”含むアンテナおとなりページ

    (リアクション: 173)

  2. 2019/10/23 17:07:06 インド論理学研究会含むアンテナおとなりページ

    今週のお題「#秋の味覚」をチェック

  3. 2019/10/23 06:03:41 What’s New (Stanford Encyclopedia of Philosophy)含むアンテナおとなりページ

    Supervenience in Ethics (Tristram McPherson) [REVISED: October 22, 2019]
    Changes to: Main text, Bibliography
    Max Stirner (David Leopold) [REVISED: October 22, 2019]
    Changes to: Main text, Bibliography

  4. 2019/10/23 03:52:13 人民新聞 ピープルズニュース含むアンテナおとなりページ

    沖縄STOP! HENOKO LANDFILL 連続5日大行動 2019年10月21日
    関東2019年度日消連の連続講座 種子はだれのもの?〓市民として考える 2019年10月22日
    関西】 第11サポセン講座 2019年10月23日
    関西労働組合つぶしを許さな兵庫集会 2019年10月23日
    関東大西暢夫写真展「ひとりひとりの人ー精神科病棟取材17年の記録」/【同時

  5. 2019/10/22 19:41:14 Pratibhanusarini --- 九州インド哲学ブログ2 含むアンテナおとなりページ

    文献に揉まれ
    インド哲学プロパーの文献の場合,和訳となると,実際はかなり難しいものです.
    テクニカル議論が続きますし,専門家専門家向けに書いたものであって,一般読者を予想して書かれたものではありませんから初見でいきなり読めるようなものではありません.
    やさしいものも,先生が解説して分かるくらいのレベルで書いてあります
    やさしいというのも,実際には,あれこれの議論を凝縮してるので,逆に,難

  6. 2019/10/19 13:36:49 最新刊(書肆心水)含むアンテナおとなりページ

    2019年10月
    書影クリックで本の詳細紹介ページへ移動)
    高柳賢三『極東裁判国際法――極東国際軍事裁判所における弁論』
    東京裁判における検察側の主張は、国家ではなく個人を国際法で、かつ事後法で裁こうとする不法行為であるとして、倫理上の罪悪、国政上の責任と、国際法上の犯罪混同法廷批判した弁論。人類近代法治歴史に深い傷とわだかまりを残した一大事件の現場である東京裁判法廷で、簡潔に

  7. 2019/10/19 10:54:32 Логика 〓 Поиск 〓 RGhost 〓 файлообменник含むアンテナおとなりページ

    All typesDocumentsArchivesVideoAudioImagesOthers

  8. 2019/10/19 07:49:15 Steffen Lewitzka - Semantic Scholar含むアンテナおとなりページ

    A modal logic amalgam of classical and intuitionistic propositional logic
    Steffen Lewitzka
    J. Log. Comput.
    2017
    A famous result, conjectured by G¥"odel in 1932 and proved by McKinsey and Tarski i

  9. 2019/10/18 16:19:34 blog 水声社 含むアンテナおとなりページ

    ソル・ケー・モオ『穢れなき太陽』(吉田栄人訳)、日本翻訳家協会翻訳特別賞を受賞
    2019年 10月 18日
    小社より2018年8月に刊行した、ソル・ケー・モオ『穢れなき太陽』(吉田栄人訳)が、2019年日本翻訳家協会翻訳特別賞を受賞しました。訳者吉田栄人さん、おめでとうございます。また、選考委員の皆様をはじめ、海里燭咾選考に関わられた皆様に感謝申し上げます
    10月の新刊:福永武彦詩学
    2

  10. 2019/10/17 10:22:23 気まぐれな小部屋ブログ 含むアンテナおとなりページ

    25228
    6258位

  11. 2019/10/16 16:43:22 書肆侃侃房含むアンテナおとなりページ

    2019.10.11出版社書き手書店、読者。 今、本ができること」で弊社代表田島安江お話します。 2019.10.10岡野大嗣『たやすみなさい』刊行記念フェア&展示が開催されます2019.10.03『四隣人の食卓』刊行記念 ク・ビョンモさん×深緑野分さんトークイベントを開催します。 2019.10.02K-BOOKフェスティバルに書肆侃侃房のブースを出します。 2019.09.27

  12. 2019/10/01 09:56:38 前略、俺飯モラリティ@仙台 含むアンテナおとなりページ

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

  13. 2019/09/27 11:25:27 新刊案内 | 航思社含むアンテナおとなりページ

    靖国を問う――遺児集団参拝と強制合祀
    【著者】松岡
    【判型】四六判上製、スピン
    【頁数】232頁
    【定価】本体2,200円+税
    コードISBN978-4-906738-40-3
    詳細を見る

  14. 2019/09/16 00:12:00 こぬか雨はコーヒーカップの中へ含むアンテナおとなりページ

    others (162)
    September 2019 (2)
    2019.09.15 Sunday
    author : Lamp 染谷大陽
    S箱〜通販限定販売〜音楽LOVEであるという話し
    最近頭の中で考えたことを、どうでもいい順に。
    S箱
    音楽ファイルなどをメンバーに送信するときオンラインサービスを使うことが多いのですが、
    ふと、昔、ファイル送信サービスの一つに「S箱」というものがあったなぁと

  15. 2019/07/01 13:04:02 小泉義之の仕事 | 立命館大学大学院 先端総合学術研究科含むアンテナおとなりページ

    2019年度公開文書
    デカルト科研費報告「順序・論証方式・叙述様式」「永遠真理創造説」(1998年PDF File
    共通善宗教性文部省開発研究報告(1999年PDF File

  16. 2019/03/03 20:26:59 ああいえば ayiva (from Japan)含むアンテナおとなりページ

    This old-fashioned private site is presented by "Ayiva", my alternative name on the Net, from Tohoku region in Japan. Most pages in this site are written in Japanese language.

  17. 2017/11/28 16:21:17 Q大印哲黙認ブログ 女子院生の印哲日和含むアンテナおとなりページ

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています
    新しい記事を書く事で広告が消せます
    --------(--:--) :
    スポンサー広告 :
    このページのトップ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます

  18. 2017/02/04 03:21:37 記録と記憶と含むアンテナおとなりページ

    未分類 (0)
    日誌 (0)

  19. 2016/07/22 09:20:41 Telek et Stilla含むアンテナおとなりページ

    skip to main | skip to sidebar
    Telek et Stilla
    lundi 18 avril 2011
    La beauté du laid se voit sans délai : Les charmes ingrats d’un Gras
    Que les ricaneurs se taisent: les rondeurs de l’obèse se regarde

  20. 2016/07/22 09:12:33 no title含むアンテナおとなりページ

    2016年
    1月1日(金)アホぬかせ
    すかしたヒュームじゃないので、夜が明けないとか考えたりしないわけで、だとすると別にめでたいわけでも何でもないです。立憲主義が死んだことを思うと、むしろ喪に服さないといけないところかもしれないくらいですが、しか国旗国歌法が成立したあたりから、ずーーーっと喪中といえば喪中ですからねー。「イギリスだって国旗国歌をもってるじゃないか」と言われたことがありますが、ア