<前の10件 1 2 3 4 次の10件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2019/02/04 13:41:09 プレイスペース広島含むアンテナおとなりページ

    このページを表示するには、フレームサポートしているブラウザ必要です。

  2. 2018/09/28 04:11:12 大塚角満の ゲームを“読む!”含むアンテナおとなりページ

    2009&#24180;02月

  3. 2018/09/03 11:46:52 スカッとゴルフ パンヤ - 無料で楽しめるオンラインゴルフゲーム!含むアンテナおとなりページ

    Not Found
    HTTP Error 404. The requested resource is not found.

  4. 2018/07/12 03:49:11 ゲームストア・バネスト:ボードゲームの通販含むアンテナおとなりページ

    こちらのお店のURLhttps://banesto.nagoya/に移転しました。
    5秒後にhttps://banesto.nagoya/へ移動します。

  5. 2017/11/11 02:39:16 パンヤ不定期日記[PangYa]含むアンテナおとなりページ

    パンヤ (3370)

  6. 2016/07/16 07:17:25 HL-imgdiary含むアンテナおとなりページ

    犬種で選ぶ
    小型犬専用
    中型犬専用
    大型犬専用
    子犬専用
    年齢別ドッグフード一覧
    今ではペットを飼っている家庭が増えました。
    そのペットの中でも犬を飼っている家庭がかなりの割合を占めています
    犬の寿命は、犬の種類によってかなりの差が生まれます
    短い場合7年から、長くても15年ぐらい寿命が平均的であるといわれています
    しかし犬の寿命に関しては、毎日食べるドックフードによっても大きな差が生じてきます
    それは人間食生活を変えることで健康長生きできることと同じです。
    犬にとってもドックフードは、健康につながる大事栄養素だといえます
    ペット大事家族の一員ですから、一日でも長く一緒にいたいという思いが強いです。
    ドックフードでは、年齢に合わせて何種類かのドックフードに分かれます
    幼犬用、成犬用、妊娠授乳期用、シニア犬用という成長段階によって分けられている場合が多いです。
    人間と同じで小さいころほど、しっかりとした栄養必要になります
    そして妊娠授乳期には不足しがちな栄養素が出てきてしまます
    シニアでは、消化器官の老化などを配慮した、ドックフードが販売されています
    ドックフードに関しては、以前は幼児用と成犬用の二種類になっていました。
    しかし、犬も年齢を重ねるごとに、様々な体の変化があります
    それに対応したペットフードを改良していくことで、犬の寿命がどんどん延びて行くようになりました。
    特に2009年施行されたペットフード安全法により、原材料などの規制表記をしなくてはいけないと定められました。
    なのでドックフードを購入する際には、原材料などから自分判断して購入しなくてはいけません。
    それだけの知識と犬の特徴を考えたうえで選んであげなくてはいけません。
    年齢別のドッグフードで見てみると、最近では格安ものからプレミアムフードと書かれたドックフードまで多種多様になっています
    かなり多くの選択肢から選ぶことは大変で、基準を設けなければいけません。
    材料にこだわるのか、価格にこだわるのかいによって選ばれるドックフードは、かなりの質の違いがあります
    ドックフードを扱っているところでは、成長別で多くのドックフードが並んでいます
    価格の違いは、必ず原材料にあります
    なので、どこまでこだわるべきか、その時の犬の体調などを考慮して選んでいきましょう。
    何よりも喜んで食べているかどうかが重要になります
    今人気があるものは、原材料にこだわりのあるプレミアムドックフードを選択する家庭が増えてきています
    SITE MENU
    犬種で選ぶ
    小型犬専用
    中型犬専用
    大型犬専用
    子犬専用
    国産ドッグフード
    傷病犬専用
    年齢別一覧
    オーガニック食材
    老犬専用
    国産ドッグフード
    傷病犬専用
    年齢別一覧
    オーガニック食材
    老犬専用
    Copyright(C) 2013 愛犬の健康管理 All Rights Reserved.

  7. 2014/09/30 16:29:04 ゆかいなさかな通信含むアンテナおとなりページ

    【お知らせ】 2014年7月1日 更新
    LOVELOGサービス終了について
    au one netブログサービスLOVELOG』は2014年6月30日をもちまして提供を終了致しました。
    永らくのご利用、誠にありがとうございました。
    引き続きau one netをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます
    ※お手数ではございますが、新ブログにて閲覧の皆さま向けにブログURL変更等をご周知いただけますよう、お願い申し上げます
    お問合せ

  8. 2014/09/30 15:29:12 ☆ALMANAC風花だより☆含むアンテナおとなりページ

    【お知らせ】 2014年7月1日 更新
    LOVELOGサービス終了について
    au one netブログサービスLOVELOG』は2014年6月30日をもちまして提供を終了致しました。
    永らくのご利用、誠にありがとうございました。
    引き続きau one netをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます
    ※お手数ではございますが、新ブログにて閲覧の皆さま向けにブログURL変更等をご周知いただけますよう、お願い申し上げます
    お問合せ

  9. 2012/06/04 01:19:27 あねろぐ。 〜俺、ちゃんとしようぜ〜 -…含むアンテナおとなりページ

    姉俺日記(姉ちゃんもちゃんとしようぜと言いたい所だがそんな事言わなくても彼女結構ちゃんとしている) [全1029件]

  10. 2011/12/31 23:57:48 HAL99の徒然日記含むアンテナおとなりページ

    2011-12-31 (Sat) [長年日記]
    2011年振り返り
    2011年自分を振り返ってみると、今年は「停滞」という言葉になると思う(2010年は「変化」、2009年は「疲労」)。思ったほどやりたかった事が出来ておらず、その原因も分かっているものであっても旨く対処できていないものも多い。2012年年始から1年の計画を考えて飛躍の年に変えられるようチェンジして行きたい。
    好例の、今年気になった「物・サービスメソッド」を振り返って見る。
    ■ 1.パソコンソフト関連
    2010年末を振り返って見るとWindowsソフト特にないと割愛されていたが、2011年Windows機が手元から無い(仮想又はMacBootcampのみ)状態になったのが大きな変化といえば変化だろうか。Windowsは3.1から使い始めて(MS-DOS時代はまた別として)、もう随分な年になるけど、Windows端末が手元に無い状態がくるとはあまり想像していなかった。
    というわけで、今年はMacを中心に今年気になったソフトピックアップ
    夜フクロウ
    MacTwitterソフトは、この夜フクロウが昨年に続き定番
    昨年も書いたけど、「ブロックイング設定」が強力なため、フィルタを十分に設定できて感心の無い話題一時的にあふれ出した呟きをシャットアウトできるのがポイント特定テレビ番組炎上ネタが出たときにTLが埋め尽くされるのをさっと回避できるのもいい。見たくない新製品情報名を登録しておくと、読みたくない噂もシャットアウトできるのにも便利
    AppStore経由で入手/アップデート管理できるようになったのも便利。こまめにアップデートされていることからちょっとした不具合も短期間で改修されているのもいいところ。このアプリと同じぐらいの使い勝手FacebookGoogle+リーダーが出てくれないかと夢想
    Alfred
    今年切り換えたキーワードランチャー
    Macを使い始めてからQuickSilver -&gt; QuickSearchBoxに続く3つめ。Mac内に格納したファイルの検出が非常に早いことと、Webサービスとの連携が行いやすい口が用意されている(他の2つもできるのかもしれないけれど、私には理解しずらかった)ところがポイントが高い。
    delicious等のブックマークとの連携Amazonでの書籍検索、各種情報専用サイト検索窓への検索依頼がローカルアプリケーション検索・起動と同じインターフェイスで出来るのは秀逸。AppStore経由で入手すると、上位機能版へのアップグレードトラブルがあるようなので、購入者は購入時に要チェック(私はアップデート版は未使用)
    Reeder
    RSSを読む頻度は下がっているというものの、確実に読むツールとしては定着しているので、今年もReederを愛用中。
    他のRSSリーダーも相変わらず見つけては試して見るものの、まだReederより使い勝手良い物には出会っていない。現在バージョン(1.1.4)でも未読数の数が何倍にも計上されたり(更新処理の時に、前回の未読数を残したまま足し算してる感じ)、既読の同期がうまくいっていなかったりすることがあるので(これはGoogel側の問題かも)、まだ改善して欲しい。他の優良ソフトのチェックも行いつつ、しばらくはReederを使い続けて行くかなという感じ。
    メール関連
    メールソフト混沌としている状態。GMail専用のSparrowと同じくGMail専用のMailPlane、そして標準のMailの3種類が常に起動中。
    こういう人は非常に少ないと思うのであまり参考にならないとおもうけれど、どれも一長一短あって集約しづらい。
    Sparrowはメインのメールアドレスを1つ登録しているのだけど、「Evernote」や「Remember The Milk」等のメールから登録できるWebServiceに発信する専門に使っている。キーボードから全く手を離すこと無く、アプリケーションの切り換えからメール送信まで素早くできるのがお気に入り。他のメールソフトでも出来るのだけど、1つしかメールアドレスを登録しないソフトとして固定してあるので、発信元が変わらないのがいい。
    MailPlaneはGMailアカウントを全て登録しておいてとりあえず来たメール収集に徹している。Mailは必要メールアカウントのみを登録して、直近14日のみとかフラグが立っているメールのみといったメールを後から追いやすくしていて、基本的に保存用。この3つを統合できるメールソフトが出現してくれるのがいいのだけれど、まだ今のところお目にかかりそうにない。
    1Password
    パスワード管理定番は今年も変わらず。次々登場するWebサービスアカウントを登録する時には、ほとんど1Password自動生成するパスワードを使うようになった(本人は全く覚えていません)。
    自分が登録するパスワードだと、同じても単調になってしまうので、その点の対策としても妥協してしまったところ。気になっているのが最新バージョンからAppStore経由での販売となったので、旧ユーザは買い直しをしないといけないことと、最新版はLionしか動作しないので(Lionでないとダウンロードもできない)、SnowLeopardをまだ使っている私は悩ましいところ。
    ファイラー関連
    ファイラーFinderは今年も使っておらず、PathFinder + Default Folder Xの組み合わせで利用中。
    PathFinderは、ファイルコピー圧縮コピーファイルの一時退避など細かいファイルのやりとりをMacですればするほど使い勝手の良いファイラー
    本家Finderから乗り換えると最初の取っつきが悪いので損をしているとおもわなくもないけれど、スルメのように噛むほど良い味が出てくる。
    Defalut Folder Xは、直接ファイラーというワケでは、ないけれど「ファイルを保存する時に出てくるダイアログ拡張」してくれるツール。たとえば、よく使うフォルダを記録させておいて、何かを保存した時に、そのフォルダを読み出したりできる。特に便利なのが、作業フォルダPathFinder等で開いておいて、別のソフトで何かを保存するときに保存先として、PathFinderの画面をクリックしてやると、その時見ているフォルダ名がスッとコピーさてるのが秀逸。
    地味に見えるソフトだけど、確実に作業の効率をアップしてくる憎いやつです。
    Macソフト関係として、気になったのはこんな所。ほかにもGrowl,ATOK Pad,Evernote,Dropbox,MacJournal(今もこの原稿を書いてる),Parallels,ClamXav,VLC,Skitch,Adium等は常用してるけれど、特に大きな変化が無かったかなという感じですね。
    Mac全般ソフトを通じて感じるのはAppStoreへの集約がいよいよ本格化してきて、多くのソフトAppStoreで配布されるようになって便利になった反面、アプリケーションバックアップを手元に残しておけないので、配布が終了してしまうと以前のバージョンでもいいからインストールしたい、といった要望には対応できなくなってくることには少し不安も覚えますバージョンアッププランが無いことやファミリーライセンス等もまだまだ不透明です)。こうした点を少しずつでも解決して、2012年はより使いやすアプリケーション誕生してきてほしいものです。
    ガジェットは毎年入れ替わりの激しいジャンルですが、ここ数年はApple社製品が多くなってきいて、バリエーションという面では少し寂しくなってきているかもしれません。
    さて、今年気になったガジェットを列挙していきます
    Kindle
    今年最も活躍したガジェットといえば、Kindleでした。Kindle KeyboardKindle4を入手して1年使いましたが、すっかり手放せないガジェットになっていますね。
    国内で実物が触れない(米国Amazonから通販のみ)、電子書籍流通が少ないなどの弱点はありますが、自炊していてPDFデータが手元にあるユーザには必須ガジェットではないでしょうか(国内で類似物といえば、Sony Readerがありますので、こちらでも良いかもしれませんね。ただ、円高のせいで価格差が2倍近くありますので、その点をどう考慮するかでしょうね)。
    Kindle4になって、日本から購入できる基本モデルが容量の少ないモデルになってしまったのが少し残念ですが、この点は2012年改善してくれるといいですね。もちろん、2012年にはAmazonKindle Storeが日本でもオープンしてくれると、さらに便利でしょうから期待したいところです。
    自炊をしていて、パソコンしか読んでないよという方は是非検討してみてください(お勧め)。
    iPhone4Sがでたものの、iPhone4を夏前に修理交換して貰ったばかりで新品同然だったことから、今ひとつ乗り換える気にならず、そのまま利用しています。去年末同様にアンドロイドの端末で気になる物が無いワケでは無いのですが、ソフトウェア資産が多くなってくると、平行運用はできても、簡単に乗り換えは難しそうです。
    iPhoneシリーズは、それなりに完成度が高くなってきているので、毎回買換えというサイクルから、欲しい製品が出たときに買い換えるというサイクルに私の中では変わってきたのかもしれません。
    Bose

<前の10件 1 2 3 4 次の10件>