viva128jpのアンテナ

すべて | AKIBA | PHOTO

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2024/07/18 05:11:55 DigitalCamera.jp含むアンテナおとなりページ

    Last Update 2024/07/17
    19:30
    07/17
    (水)
    ●キヤノン
    新開発の高速読みだし裏面照射型CMOSと新画像処理「Accelerated Capture」搭載した
    2,400万画素CMOSを採用。秒40コマ連写フラッグシップモデル「EOS R1」(実売1,089,000円)
    4,500万画素CMOSを採用。秒30コマ連写を実現したプロ・ハイアマチュア向けモデル「EOS
    R5MarkII」8実売654,500円)発表
    -キヤノン、フラッグシップモデル「EOS R1」、プロ・ハイアマチュア向けモデル「EOS
    R5 MarkII」、世界同時発表。
    -「EOS R1」はRシリーズ初のフラッグシップモデル。「EOS R5 MarkII」は同社の5シリーズ初のプロ・ハイアマチュア向けモデルに。
    -イメージセンサーと処理エンジンを新開発。
    -イメージセンサーは高速読みだしの新開発の裏面照射型に。高速連写はもちろん、電子シャッター時の歪みもフォーカルプレーンシャッターの匹敵するレベルに軽減。
    -「EOS R1」は新開発の2,400万画素裏面照射CMOS。常用感度はISO100~102,400。デュアルピクセルで、AFはクロス測距に。
    -画像処理エンジンには、新開発の「新画像処理「Accelerated Capture」システムを搭載。画像処理の高速化、カメラ内部での高画質処理、静止画動画の同時撮影なども可能に。
    -AFのトラッキング性能を向上。頭部領域認定トラッキングにより、前を横切るシーンでも追従。特定人物だけの追尾AFも可能。
    -AF測距エリアには視線入力を搭載。「R3」よりさらに進化。
    -「R1」は電子シャッターで秒40コマ。ローリングシャッター歪みを、EOS-

  2. 2012/02/10 18:49:23 映像情報メディア学会 情報センシング研究会含むアンテナおとなりページ

    映像情報メディア学会 情報センシング研究会のホームページは2012年2月10日に移動しました。新しいホームページはこちらです。ブックマーク等をされている方は変更をお願いします。 (30秒後に、新しいホームページへ移動します。) 自動的に移動しない場合はこちらをクリックしてください。