Hatena::Antenna

longlongloveletterのアンテナ RSS OPML

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2023/01/27 23:45:55 はてなアンテナ - long hope含むアンテナおとなりページ

    2023/01/27 22:26:15 Larval Subjects .
    4,711,868 hits
    Create a free website or blog at WordPress.com.
    Create a free website or blog at WordPress.com.

  2. 2023/01/27 23:20:55 日々不穏 含むアンテナおとなりページ

    Visitors today : 69
    Page views today : 73
    Total visitors : 128,464
    Total page view: 256,809

  3. 2023/01/27 22:41:59 this is a what含むアンテナおとなりページ

    Create a free website or blog at WordPress.com.

  4. 2023/01/27 22:34:16 nmnm-i - はてな含むアンテナおとなりページ

    創発的研究支援事業に採択されました
    id:yokazaki
    入浴剤を間違えた話【4コマ漫画】
    id:tukatukasa
    寒き日に暦を読む男
    id:mpdstyle
    はてな匿名ダイアリー
    怒りが合算形式になっている人が嫌い
    5 users
    anond:20230127135914
    はてなブックマーク
    3万円で買えるPanasonicのミニコンポSC-PMX90はPCやテレビの高音質化ができてオーディオ入門に最適 - ARTIFACT@はてブロ
    74 users
    kanose.hateblo.jp
    はてな匿名ダイアリー
    家族で温泉に行ったときに嫁が急に体調が悪くなって
    111 users
    anond:20230127171058
    はてなブックマーク
    C++でOpenCV完全入門!
    48 users
    zenn.dev
    はてなブックマーク
    Twitter、案件ツイートには#ad などの明示を義務付け
    104 users
    pc.watch.impress.co.jp
    15 users
    3 users
    はてなブックマーク
    AIで画像のウォーターマークを無料で削除できるツール「Watermark Remover」が登場して新たな議論が勃発
    78 users
    gigazine.net
    はてなブックマーク
    「ルフィ」ら比収容の日本人4人に逮捕状 引き渡し要請 警視庁 | NHK
    49 users
    www3.nhk.or.jp
    20 users
    5 users
    id:Pasta-K
    はてな匿名ダイアリー
    1秒でバレる嘘をつくんじゃねえ頃すぞ
    4 users
    anond:20230127161429
    141 users
    275 users
    6 users
    108 users
    140 users
    180 users
    133 users
    137 users
    12 users
    ドラえもんもAIだと思ったら怖くなってきて、そういやコロ助もAIだと気付き、次に
    12 users
    anond:20230126235103
    はてな匿名ダイアリー
    109 users
    366 users
    12 users
    155 users
    116 users
    151 users
    104 users
    はてなブログ
    そして列車は"時"を運ぶ。『エンドロールのつづき』感想&レビュー(ネタバレあり)
    id:numagasa
    284 users
    30 users
    469 users
    247 users
    30 users
    104 users
    245 users
    はてなブックマーク
    自宅保育中の子供との過ごし方に悩んだら「おもちゃ作り」がオススメ。0〜5歳向け工作を紹介 - りっすん by イーアイデム
    107 users
    www.e-aidem.com
    18 users
    75 users
    185 users
    176 users
    はてなブログ
    「オブザーバビリティ・エンジニアリング」という本が出版されました #o11yeng
    22 users
    id:ymotongpoo
    16 users
    123 users
    101 users
    213 users
    291 users
    154 users
    176 users
    28 users
    317 users
    135 users
    16 users
    449 users
    386 users
    250 users
    680 users
    38 users
    368 users
    595 users
    プリキュアの「女の子だって暴れたい!」が独り歩きしていないか問題
    113 users
    id:kasumi19732004
    49 users
    13 users
    153 users
    44 users
    165 users
    144 users
    263 users
    13 users
    756 users
    「プログラマーのためのCPU入門」を買いました
    56 users
    id:msyksphinz
    はてなブログ
    ネットの音楽オタクが選んだ2022年のベストアルバム 50→1
    959 users
    はてなブログ
    テストコードがコードの冗長化であることについて
    48 users
    id:nowokay
    はてなブログ
    「診療時間表」に見る医者の人間らしさ
    1 user
    id:chocoxina

  5. 2023/01/27 21:50:37 石井ゆかり 公式ブログ Powered by LINE含むアンテナおとなりページ

    2023/1/28の星占い
    2023/1/27 20:00
    ☆☆
    年報(筋トレ年報)、無料公開されました!
    こちらからどうぞ!
    figaroでも読めます!
    毎朝7時「今日の占い」をLINE公式アカウントで無料配信中!
    https://line.me/R/ti/p/%40ishiiyukari
    ☆☆
    28日の星占いです。
    ****
    月は朝9時前に牡羊座から牡牛座に移動する。
    魚座の金星とセクスタイル、ため息が出るほど美しい絵画!みたいな配置。
    魂の芸術の美。
    牡羊座は「飲んだら悩みが消える魔法の薬!」みたいなものが手に入るかも(ヤバイものではなく)。
    牡牛座はものすごくハッピーな日。なんだかなんでもかんでもうまくいってコワイ、みたいな日。
    双子座は直観的にパッとつかんだものが大チャンスだった!みたいな日。心に響くもの。キラッとするもの。
    蟹座はとても嬉しいことがありそう。閉塞感がパッと消えるようなこととか。かなり賑やか。
    獅子座はバリバリ忙しい日。人からどんどん嬉しいオファーが来るとか。「解ってくれてるな」と思える申し出。
    乙女座は素晴らしい追い風の吹いてくる日。行きたかった場所に行けるし、会いたかった人に会える、みたいなこと。
    天秤座はあまりキチキチ線引をしないことでうまく行く、みたいな日。ちょこちょこ越境する。
    蠍座は昨日からの「キラキラの愛と創造の時間」にぐっとアクセルを踏み込むような日。手応えがバリバリ来る。
    射手座は身近なことや小さなことをちゃんとしよう、と思えるような日。手元や足元に、キラッと光るものがある。
    山羊座は自分からどんどん愛を打ち出していくような日。愛情ある「動き」を生み出す。
    水瓶座は安定感のある日。集中力がある。手の中にちゃんといいものがある。
    魚座は待っていた連絡が来るとか、何かホッとすることがあるかも。「あれでよかったんだ」みたいなこと。
    今夜金曜21時〜 #フラレディ
    UA @UA__KA がお届け📻🚩
    マンスリーゲストは
    星読みで知られる #石井ゆかり さん
    ラストの今週は
    「魚座の中の魚座、UAの2023年」
    について
    魚座さんは特に要チェックです!
    2023年の
    星の動きを毎週3星座づつ紹介
    今週は
    やぎ座 みずがめ座 うお座🌟
    お楽しみに✨ pic.twitter.com/Hxr19So6TG
    — α-STATION FM KYOTO (@fmkyoto) January 27, 2023
    いいね数:
    0
    46
    2023/1/28の星占い

  6. 2023/01/27 21:46:40 Neurology 興味を持った「脳神経内科」論文含むアンテナおとなりページ

    作品マーケット「マルシェル」でお買い物

  7. 2023/01/27 21:17:26 お気に入り いろいろ含むアンテナおとなりページ

    【干柿好きに朗報】干柿食べ比べセットが特価

  8. 2023/01/27 20:57:28 九螺ささら(くら ささら)??含むアンテナおとなりページ

    映画の小部屋☆『メリーポピンズ』☆☆☆☆☆
    今夜は『メリーポピンズ』
    アカデミー賞(R)受賞、ディズニー永遠の名作
    『メリー・ポピンズ 50周年記念版』
    <ストーリー>
    ロンドンに住むバンクス氏は、娘ジェーンと息子マイケルのために“厳しい乳母"を捜していました。ところが、“優しくて若くて美人で親切"な乳母を求める子供たちの願いが届き、ある朝、パラソルを開いた女性が東風に乗って現れます。その名はメリー・ポピンズ。彼女がやって来た途端、子供たちは大喜び。大道芸人のバートと美しい絵の国で遊んだり、空中に浮いたままお茶会を楽しんだり…。しかし、いつも気難しいバンクス氏は、メリー・ポピンズをよく思っていません。はたして、メリー・ポピンズは、バンクス氏の心を見事にほぐすことができるのでしょうか?
    メリー・ポピンズ - Wikipedia
    『メリー・ポピンズ(Mary Poppins)』 予告編 Trailer 1964年『メリー・ポピンズ(Mary Poppins)』 予告編 Trailer 1964年 ウォルト・ディズニー・カンパニー製作のミュージカル映画第37回アカデミー賞13部門にノミネートされ5部門受賞主演女優賞:ジュリー・アンドリュース(Dame Julie Elizabeth Andrews)作曲賞:リチャード・シャ...youtu.be
    1964年公開。
    東京オリンピックの年にこういう映画を観たのか、と思う。
    実写とアニメが共演している。シームレスに。
    当時のこどもたちの「こうだったらいいな」が全部映像化されている。
    原作本は1934年から1988年にかけて執筆された。
    執筆当時、大英帝国の厳格な規律、規則、ルールに、ロンドンの大人もこどもも息苦しかったのか。押し潰されそうだったのか。
    そういう重苦しい気分からロンドンの人々を解放するために、作家の頭の中からメリー・ポピンズが生まれた。
    必然として、メリー・ポピンズが作者パメラ・トラバース▼に宿ったのだろう。(1924年頃の写真だという)
    メリー・ポピンズは、銀行員の役員のお父さんのいる、その名もバンクス家に、風が東向きになったときに乳母として傘で飛んでやってくる。
    近くの、退役軍人のおじいさんは、海軍時代が抜けず、家の屋上を戦艦にしている。これはパメラ・トラバースの、クリスマス・キャロルの流れの風刺で、こういう抜けない、引きずる人は当時たくさんいたのだろう。
    このおじいさんが、毎日きっかり同じ時間に鉄砲を鳴らす。その様子がまるでレレレのおじさんのように近所の見慣れた光景としてユーモアをもって描かれる。
    パンクチュアル、時間厳守とはビジネス成功の基本だが、当時のロンドンの特に銀行員は、うんざりするほど、24時間戦えますか、な仕事漬け時代だったのだろう。
    その風刺は不思議の国のアリスの急ぐうさぎにも出ていたのだろう。
    イギリス人の真面目な気質、ということでもあり、良さでもあるのだろうが。
    メリー・ポピンズというネーミングがまず大成功。楽しいMerryに、弾む音のポピンズ。
    (▼こちらは似た音のボビン。こちらは糸巻。)
    もう、メリー・ポピンズと言うだけで、魔法がかかる。楽しいスイッチが入る。
    乳母としてやってきたメリー・ポピンズが指南するのも正にそういうやり方で、部屋の片づけに関して二人のこどもに言っていることはこんまりさんと同じ。ときめけば効率良く回り、万事うまくいくでしょう?ということ。
    メリー・ポピンズは「砂糖一杯でうまくいく」、苦い薬がおいしくなる、小麦粉がお菓子に、水が甘い紅茶になる、と歌うが、それはもちろん砂糖一杯さえあれば他に何もなくても何でもうまくいくという訳ではなく、そんな都合よくはなく、そんなうまい話はなく、比喩で、最後の仕上げレベルの話だ。
    また、そういう最後の仕上げのことを思えば、それまでの地道な作業に耐えられるでしょ?また、作業呼ばわりしている、すっかり体内に入った動きも、だったら流れを音楽にして楽しい気分でこなす工夫をしましょうよ。
    そんな日常革命。
    メリー・ポピンズにかかれば、煙突掃除も楽しいよ。日本の寿限無みたいなスーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Supercalifragilisticexpialidocious)を唱えれば、無意味に意味が出る、殺伐に味が付く、殺風景が絶景になる、いつもの道が虹の橋になる……は、まるで赤毛のアンだが、赤毛のアンなのだろう。物は考え様、思ったように、そう見える、という自分騙しマジック。そもそも、生きているというこの現象自体が自分騙しマジックなのだから。
    メリーポピンズの友人バートが大道芸人というのが腑に落ちる。
    何でも前向きに考える大道芸人のバートと、こんな楽し気なルックスのメリーポピンズなら、
    そんな魔法が使えても納得、と思える。
    そして、このバートと、▼
    お父さんの銀行の頭取▼を同じ俳優ディック・ヴァン・ダイクが演じているというのも、一周回っている感じで腑に落ちる。
    この頭取は、メリーポピンズが来てから色々緩んで厳格な銀行員らしからぬお父さんを首にするが、その場でお父さんは変になり、というか本来の自分に戻り、こどもたちが言っていたジョークや寿限無言葉を口にして笑い、首になって良かったよ、さようなら、と銀行を後にする。その後、ずっと厳格だったレジェンド頭取も変になり、というか本来の自分に戻って、首にされたお父さんが言っていたジョークを口にして、最後笑いながら他界した、というのだ。それで良かった、それが良かったから復職して重役になってくれと、頭取の息子は首になったお父さんに言う。
    それが言われる現場が、冒頭の、こどもたちが迷子になる原因となった切れた凧を再び揚げているシーンなのだ。
    この凧は、こども心を取り戻して気楽で自由になった、お父さんが直したのだった。
    ここに感動した。忘れた頃に回収される、ヘンゼルが落としていった白い石のようで。ああ、あの凧か!という(笑)。
    物語に入る楽しみとは例えばこういうことだろう。
    ああ、それが?あれが?あの子が?あの人が?と、架空の、未知だったはずの色々が馴染みに、自分事になってゆく、世界の広がりの獲得。
    新雪に足跡をつけてゆくような、新鮮な喜び。
    企業戦士のバンクス家のお父さんのように、うまくいかない全てをメリーポピンズのせいにするのは簡単。メリーポピンズは余暇や楽しみや贅沢の比喩。
    酒(、趣味、恋、文学など、ここはあらゆるものに置き換えが可能)を薬にするか毒にするかは、使う当人の才能にかかっている。「私は〇〇のせいでダメになった」「○○は人をダメにする」と言うのは簡単。しかしそれは幼稚な責任転嫁で、酒とうまく付き合って人生を豊かにしたいなら、量も時間もほどほどの摂取が必須。溺れて文句を言うのは、酒がダメなのではなく、それを自分がダメになるまで使って溺れたその人の自制心のなさがダメなのだ。
    この映画ではそのような自制心が、メリーポピンズが風向きが変わったら家を去ることで表現されている。
    このままメリーポピンズが家に居続けたら、こども二人は何でもメリーポピンズに頼ろうとして、主体性のないダメな大人になってしまうかもしれない。
    こどもたちのお母さんも、家政婦たちも、メリーポピンズがずっといたら、この期間はリフレッシュにはならなかっただろう。
    メリーポピンズの存在は、終わらない日常のなかでは奇怪な人物、魔女狩りの対象、格好の不満のはけ口、になってしまう恐れがある。
    もしかするとメリーポピンズとは、バンクス家全員が見た幻だったのかもしれないし、幻を共有しなければならないほど、この一家は全体で病んでいたのかもしれない。
    メリーポピンズは、風の又三郎的、
    爽やかな季節風なのだ。よって然るべき時期が来たら、忽然と消えねばならない。あの人なら、きっとどこかでうまくやっているよ。そんな気配と一抹のロスを残して。
    ねえ昔メリーポピンズという人がうちに来た日を覚えてる?
    この映画の、メリーの白に赤リボンのドレス▼にインスピレーションを得て、
    小峰リリーさん▼は
    聖子ちゃんのこの衣装▼を作ったのだという。
    青い珊瑚礁(1980)/松田聖子youtu.be
    ディック・ヴァン・ダイクは、「できるかな」でノッポさんを演じた、高見映さん的でもある。
    ディック・ヴァン・ダイクが動くと、とたんに周りは、セサミストリートっぽい自由空間になる。そんなところでそんな風に踊っていいの?踊れるんだ!
    え、それをそんな風に使っていいの?使えるの?ゴミ箱が家?素敵!
    ジュリー・アンドリュースは、1964年に『メリー・ポピンズ』のメリーポピンズ役、1965年に『サウンド・オブ・ミュージック』のマリア役。自分らしい良さを濃密にとことんアウトプットした期間だったのだろう。
    Julie Andrews Wins Best Actress | 37th Oscars (1965)Sidney Poitier presenting Julie Andrews the Oscar® for Best Actress for her performance in "Mary Poppins" at the 37th Academy Awards® in 1965. Introduced by ...youtu.be
    ジュリーアンドリュース(Julie Andrews)スター千一夜  1977年ジュリーアンドリュース(Julie Andrews)が1976年に初来日時、関口宏のスター千一夜に出演した映像です。通訳はオードリーヘプバーンとの交流でも知

  9. 2023/01/27 20:55:49 蚊居肢含むアンテナおとなりページ

    2023年1月27日金曜日
    矢野義昭と用田和仁の分析
    YouTubeにて【討論】桜国防戦略会議「ウクライナ、台湾...世界大戦の予兆?」[桜R5/1/24]をざっと眺めた。とても長い動画で3時間半もあり、いくらか集中的に見たのは前半部分だけだが。
    討論メンバーは次の通り。
    パネリスト:
    用田和仁(元陸上自衛隊西部方面総監 陸将)
    矢野義昭(元陸上自衛隊小平学校副校長 陸将補)
    山口敬之(ジャーナリスト)
    ロバート・D・エリドリッヂ(エルドリッヂ研究所代表)
    司会:水島総
    最初の矢野義昭元陸将補の話は、氏がツイッターで語っている内容とほぼ同一であり、ここではツイートをいくつか列挙する。
    2023年01月19日
    矢野義昭(Yoshiaki Yano)@LB05g
    ゼレンスキーは500両の戦車を要求していますがショルツ独首相はNATOとロシアの全面戦争に発展するのを避けるためレオパルトの供与を拒否しました。ダボス会議はDSの施策を徹底するための場で独に圧力を加えていますが、独は背景を知っていて巻き込まれるのを回避しようとしています。賢明な判断です。
    1月20日@LB05g
    宇軍は12.2万人が戦死し3.5万人が行方不明になり、計15.7万人の3倍が通常負傷するので計62.8万人の損耗が生じたと見積もられます。これは予備役も含めた宇軍総兵力の約6割となり壊滅に等しい損耗です。宇軍にポーランド軍約4万人などNATO軍約9万人が参戦しているとの情報もありますが西側は劣勢です。
    1月21日@LB05g
    露軍は7千万発を撃ち宇軍はその10分の1で戦死率は露軍の8倍です。NATOの武器弾薬の在庫は尽き増産は間に合いません。宇軍はこれ以上戦っても犠牲者を増やし領土を失うだけです。NATOは敗北し、DSは力を失いNATOもEUも解体しバイデンは弾劾されます。DSは奢りで自壊しました。
    1月24日@LB05g
    ドイツはレオパルトの供与を拒否し、露軍は3日前から南部正面で奇襲攻勢を開始し、バフムート正面に兵力を抽出し手薄な宇軍陣地を突破して局地的な包囲を併用しつつ東西の後方連絡線遮断のため北上中です。東部ソレダルは占拠されバフムートも包囲され、北部でも偵察活動等全面攻勢の兆候があります。
    1月25日@LB05g
    米独政府がウクライナへの戦車供与に同意しました。残念な決定です。これで戦争は長引きウクライナの犠牲はさらに増えます。しかしどれだけの数が兵員や整備用部品などと共に他の兵器システムと一体で送られるかが問題です。航空優勢がなければ戦車は脆弱です。数百両では戦勢挽回は困難でしょう。
    1月26日@LB05g
    バイデン政権はエイブラムズ戦車31両等約3億ドル相当の対ウクライナ安全保障支援の追加契約開始を決定し、ドイツは60数両2個大隊のレオパルト戦車の供与を決定しました。英国のチャレンジャーも合わせて約百十両に過ぎず、宇軍の乗員で航空劣勢下に2千両以上の露軍戦車に勝てる見込みはありません。
    1月26日@LB05g
    露軍は東部でバフムートを包囲中で、
    南部、北部、ベラルーシ国内に各約10万の兵力を展開し南部はすでに攻勢を開始し北上中です。露軍は情報警戒偵察システムで目標を評定後精度の高い長距離火力で制圧し宇軍の兵力装備を減殺する消耗戦略をとっており、前進は遅いが宇軍の損耗は確実に増えます。
    この矢野義昭氏の見解は、少し前に掲げたスコット・リッターの記事「ウクライナに送られるNATO装備の悪夢(2023年1月24日)」での観点とほぼ同一である。
    矢野氏に引き続き語っている用田和仁元陸将はいままで何度かその名を掲げてきたーー例えば➡︎「アメリカがウクライナ戦争の一番の悪党(用田和仁元陸将)」ーー。用田氏はパネルを使って話の内容を要約している。
    ここではそのパネルのみをいくつか列挙する。
    近未来において最も恐れなければいけないのは、3番目のパネルの内容だろう。集団的西側は負け戦さを挽回するために自作自演、つまり偽旗にて核使用をしロシアのせいにするということさえやりかねない。矢野氏が言うように、このままなら《NATOは敗北し、DSは力を失いNATOもEUも解体しバイデンは弾劾されます。DSは奢りで自壊》する可能性が大いにあるだろうから。
    投稿者 蚊居肢 時刻: 17:40
    01/22 - 01/29 (7)

  10. 2023/01/27 19:41:01 社会分析学ウェブサイト @中野昌宏研究室含むアンテナおとなりページ

    https://t.co/1vOacUavaL
    New!: 島薗 進 (編) 『政治と宗教』岩波書店、2023 https://t.co/cUlzBoOEvg
    升と丼: https://t.co/Emd3I7qE7F
    みつを_Mitsuwo🌻@ura5ch3wo·
    GONZO氏は、参政党のイベントに参加したことを今も何の問題もないと思っているとのこと。 https://twitter.com/gonzotambourine/status/1618897690850635776
    Reply on Twitter 1618900073710235648Retweet on Twitter 16189000737102356486Like on Twitter 161890007371023564817Twitter1618900073710235648
    みつを_Mitsuwo🌻@ura5ch3wo·
    え!GONZO!?
    参政党のイベント出てた人やん https://twitter.com/izmkenta/status/1618427698120110081
    Reply on Twitter 1618896211741904896Retweet on Twitter 161889621174190489646Like on Twitter 161889621174190489670Twitter1618896211741904896
    ウーハ店長@cafeuha·
    10h
    30代の頃にカナダに永住しようと考え、トロントの学校に入る寸前までいったが(カナダの学校を出ると、移民申請の際、ポイントになる)、トロントの冬の寒さを知って、断念した。
    寒さが大丈夫なら、カナダを勧める。米国やオーストラリアより差別が少なくて、居心地が良い。 https://www.asahi.com/articles/DA3S15538849.html
    Reply on Twitter 1618765239851569152Retweet on Twitter 16187652398515691527Like on Twitter 161876523985156915226Twitter1618765239851569152
    柿直人@kakki_nao·
    「公金チューチュー」は絶対にいけない事なので、是非取材してそんな事してる連中を証拠と共に白日の元にアバして欲しいですね。
    まぁ、そこでアバき出されるのが「左翼ネットワーク」であるとは限りませんが😁 https://twitter.com/kageshobo/status/1618828341456568320
    Reply on Twitter 1618890063684976640Retweet on Twitter 16188900636849766403Like on Twitter 16188900636849766406Twitter1618890063684976640
    じぶん@ea07i0okyfqrshu·
    19h
    ナチス協力者というか、アメリカに移住した元ナチス、だね。
    こいつら元ナチスが、CIAに巣喰い、反共、アカ狩りの主役になっていく。
    Reply on Twitter 1618631708412379136Retweet on Twitter 161863170841237913696Like on Twitter 1618631708412379136152Twitter1618631708412379136

  11. 2023/01/27 19:34:49 マフスのはてな含むアンテナおとなりページ

    2023-01-28
    先日亡くなったリサ・マリー・プレスリーの娘であるライリー・キーオは、架空のロック・バンドを題材とした小説『デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ・シックスがマジで最高だった頃』を原作とする同名TVシリーズ(3月から配信開始)に主演するんだけど、よく考えたら彼女の役者としてのキャリアはランナウェイズの伝記映画でのマリー・カーリー役(シェリー・カーリーの妹役)から始まっているのだった。円環が一回りした感がある。
    監督はジェームズ・ポンソルト(『人生はローリングストーン』)、脚本はスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバー(『きっと、星のせいじゃない。』)、つまり『いま、輝くときに 』のチーム。サウンドトラックにはブレイク・ミルズやフィービー・ブリジャーズが参加しているとのことです。
    pikao 2023-01-28 00:00
    2023-01-27
    『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』を観て気付いたけど、 ニューヨーク・タイムズ紙によるハーヴェイ・ワインスタインの告発記事が出たのが2017年10月、加賀賢三氏が池袋シネマ・ロサの舞台上で松江哲明による性行為強要を告発したのが2017年8月でほぼ同時期だったんすよね。当時の日本で松江哲明を擁護する人間がいかに多かったか、加賀氏による告発を咎める人間がいかに多かったかを思い出すとマジで絶望的な気持ちになりますね。これによって日本の映画業界の人間および映画マニアにいかにヒューマニズムに欠けている人が多いかが露わになった感がある(気持ち悪い発狂映画おじさんの可視化)。映画よりも大切なことが世の中にはいっぱいあるよ!
    pikao 2023-01-27 10:00
    2023-01-26
    ジュニパーの新作『She Steals Candy』収録の「Baby Doll」はエイミー・リグビーのデモ音源集『A One Way Ticket To My Life』に収録されていた楽曲のカヴァー。渋いチョイスだ。エイミー・リグビーはパブ・ロック/パワー・ポップ界の愛されシンガー・ソングライターことレックレス・エリックの奥さんですね(彼等はデュオとして何枚かアルバムをリリースしている)。レックレス・エリックの「Whole Wide World」はライトニング・シーズの初来日公演でも聴けた思い出深い1曲。ちなみに坂井真紀はレックレス・エリックのファンとして有名。
    坂井真紀姉さんに以前「STIFFで一番のお気に入りは?」とリプライとばしたら「江戸っ子ならレックレス・エリックでキマリでいっ!」と返事があって興奮したなーw。
    — あんこすきの守 (@ankosuki) 2011年10月18日
    pikao 2023-01-26 11:51
    2023-01-25
    カネコアヤノの新作『タオルケットは穏やかな』収録の「眠れない」って、このビートと12弦ギターの使用で分かると思うけど、要するにビートルズの「Ticket To Ride」ですよね。
    pikao 2023-01-25 11:00
    2023-01-24
    ニコール・ホロフセナーの最新作『You Hurt My Feelings』のレビューで、Netflixで独占配信されている『コネチカットにさよならを』が彼女の唯一の失敗作として扱われているー。まあ、確かにその通りではあって、日本だとこれが一番広く見られる状況にあるってのはなかなかにまずい状況だと思う。だからこそ「サム・フリークス Vol.23」で『ウォーキング&トーキング』を上映する意義もあるはずだ。
    pikao 2023-01-24 20:15
    2023-01-23
    『ザット'90sショー』の第1シーズン最終話はマフスの「Kids In America」を大フィーチャー。つまりマフスの「Sad Tomorrow」で始まり「Kids In America」で締め括るシーズンだったわけで、これは完全に意図的な構成だと思う。先日も書いたように、大元の『ザット'70sショー』自体が超パワー・ポップなTVショーだったのだから、その90年代版にマフスが起用されるのは必然。
    pikao 2023-01-23 00:00
    先日亡くなったリサ・マリー・プレスリーの…
    『SHE SAID/シー・セッド その名…
    ジュニパーの新作『She Steals …

  12. 2023/01/27 18:25:37 はてなアンテナ - jtmのアンテナ含むアンテナおとなりページ

    2023/01/27 15:50:23 natsuno hiraiwa news
    1 米国株
    2 鉄道・飛行機
    3 金融・マネー
    4 健康・医療
    5 留学
    6 法律・裁判
    7 病気・闘病
    8 イベント・祭り
    9 教育・学校
    10 語学

  13. 2023/01/27 16:42:13 Current - The Criterion Collection含むアンテナおとなりページ

    Jan 27, 2023

  14. 2023/01/27 16:37:50 Ryota Sakanaka:none;含むアンテナおとなりページ

    2023-01-24
    寒い夜
    明らかに今シーズン一番の寒さだった。会社を出たらとんでもなく冷たい風を受けて、身体の輪郭が無理やり際立たせられた感じで、呼吸をくりかえしてるだけで、体温がみるみるうちに外へ逃げてしまいそうだ。
    ふと見たら、コートの表面に白い小さなゴミがいっぱい付いていて、うわ、なんだこれはと思って、手ではらったらゴミではなくて雪だった。見上げると、ビルに挟まれた狭い夜空から、微細な塵のような雪が宙を舞いながらゆっくりと落ちてくるのだ。たぶん長く降り続く雪ではなさそうだけど、それにしても厳しい夜になった。きっと開けられたドアや、窓や、仕切りのない部屋のことごとくが、その場にいる人にとっては辛い。誰かが出入りして、何かが動く、そのたびに冷気がさーっと入り込んでくるのを、黙ってじっと耐える夜になるだろうと思った。
    Ryo-ta 2023-01-24 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    2023-01-23
    ナイト・フィーバー
    「サタデー・ナイト・フィーバー」でのジョン・トラボルタのダンスは、たとえば同時代のマイケルジャクソンなどとくらべたら、まったく大したことないだろうし、フレッド・アステアのような華麗で完璧でひたすら観る者を魅了するような技量とセンスに満ちているというわけでも勿論ない、ということになるかもしれないが、しかしそういうことではなくて、たぶんあのダンスで彼はあの店のヒーローで、それはある酒場とか、あるゲーセンとか、あるバッティングセンターのヒーローのようなもので、それはもとより大した凄さではないのかもしれないけど、でもその店だけであるならば、彼は確実にヒーローだ。
    そしてディスコにおいては、ヒーローみたいな人とそうじゃない人の間に、おそらくそう大きな格差があるわけではない。もちろんヒーローはモテるし人気者だけど、それ以外の者の居場所がないわけでは全くない。ヒーローじゃない人が自分なりのやり方で踊ってもいいし、ときにはそんな人の踊りで、周囲が大いに沸いて、盛り上がってしまうこともあるだろう。もちろん(彼の兄のように)、その場所がまったく肌に合わない人もいるだろうし、ときには喧嘩とか、集団が個人を侮蔑するとか、くだらないことも起こるだろう。しかしディスコは原則として、よりふさわしい者とふさわしくない者が分別される場所ではなくて、できるだけ多くの人がそれぞれ楽しむためにある場所で、だからダンスの上手下手の尺度だけではない、もっと前向きに楽しさや気持ちよさをとらえようとする共通の意志にもとづいた集団意志で、そうであるかぎりディスコは天国のような場所になるのだろう。
    まあ「サタデー・ナイト・フィーバー」で、ディスコは天国のような場所のようには描かれているとは言えないというか、あのディスコは天国でも地獄でもなくて、もしかするとジョン・トラボルタは場合によっては、結果的にいつかディスコを卒業してしまう可能性も、なきにしもあらずなのだけど、しかしジョン・トラボルタのダンスは、そこが天国のような場所(だった/であろう)かもしれないという、その片鱗というか予感というか、そうであったら素敵なのに…という幻想的期待を、観ているこちらに喚起させるものはあったと思う。(それにしても、今となってはもはや、さすがに古いのだろうけれども…)
    Saturday Night Fever (Bee Gees, You Should be Dancing) John Travolta
    https://www.youtube.com/watch?v=LUID0jSh2Ic
    Saturday Night Fever - Night Fever (Bee Gees)
    https://www.youtube.com/watch?v=2tG5SllettU
    Ryo-ta 2023-01-23 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    寒い夜
    ナイト・フィーバー

  15. 2023/01/27 13:51:47 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ含むアンテナおとなりページ

    順番
    【順番】
    画角に全身ふたつをいれ
    ころものほうがさらにゆらぐ
    ともどもがかたわらである典雅
    じゅんばんのないけつらくが
    あいだあいだをうたにして
    たびをしているとおもいたくなる
    ひとのあいだがもはや使徒で
    先行と後続すらわからなくなり
    ふたりをつなぐ金鎖がみえた
    ひびきがあり、ひびきをのこした
    それもまちかどのさつえい
    けれど、じゅんばんがないんだ
    スポンサーサイト
    以前
    【以前】
    たえまなく、以前がすきで
    ひゆ以前などもみがいている
    まどぎわのからだひとつは
    さしこむひかりに半身をうばわれ
    はんぶんがだれだかわからない
    あのひとの以前だ、そうおもうと
    こぼたれの語もうごいている
    ひとのなかをひとがつうかするまえに
    つうかそのものがつうかして
    部屋いぜんをさまよいなおすと
    まどわくげんざいもばしょじゃない
    境をすぎた時とは一体なんなのだ
    順番 (01/26)
    以前 (01/24)
    2023年01月 (2)
    日記 (1946)

  16. 2023/01/27 09:43:30 偽日記@はてな含むアンテナおとなりページ

    ●里見龍樹『不穏な熱帯』、第二部「歴史」第四章から引用、メモ。「忘れっぽい景観」および「人間以前でもあり、人間以後でもあるものとしての自然」について(人間以後の「自然」とは、関係性からの脱落によってあらわれる「自然」である)。
    《右の水路が、半ば人為的に、しかし河川の氾濫という自然の現象にあくまで沿った仕方で掘削され、そのため自然に形成された水路と区別不可能であったように、ここでは、人々が切り拓いた道が、放棄された、もはや道ではなくなりつつある道と、意図的に区別不可能にされている。》

  17. 2023/01/27 09:21:04 boid net含むアンテナおとなりページ

    MOVIE
    2023.1.26
    1/28-29シネクイントにて『ノースマン 導かれし復讐者』boidosound上映、トーク付き上映!

  18. 2023/01/27 08:07:08 ギャラリー ときの忘れもの - livedoor Blog(ブログ)含むアンテナおとなりページ

    2023年01月27日|関根伸夫と「もの派」 , 関根伸夫のエッセイ
    関根伸夫のエッセイ「<発想>について」第1回
    〈発想〉について 第1回(全5回)  関根伸夫 (1976年執筆の再録)  この大切な紙面で、数ヵ月にわたり私の駄文に付き合わざるをえない読者に、寛容の精神を先ずはお願いさせていただきたい。それと、昨年のクロス・カントリー7,500kmでは全国行脚の途上で皆様に多大な …
    続きを読む
    関根伸夫のエッセイ「<発想>について」第1回
    関根伸夫と「もの派」 (90)
    関根伸夫のエッセイ (8)

  19. 2023/01/27 04:23:18 魅惑の名画座 〜東京の名画座/上映スケジュール〜含むアンテナおとなりページ

    2/03(金)~2/09(木)
    「1640日の家族」 メラニー・ティエリー 監督:ファビアン・ゴルジュアール
    「ふたつの部屋、ふたりの暮らし」 バルバラ・スコヴァ 監督:フィリッポ・メネゲッティ
    ※上映時間など詳細は、公式サイトをご参照ください。
    2/10(金)~2/16(木)
    「ちょっと思い出しただけ」 池松壮亮/伊藤沙莉 監督:松居大悟
    「手」 福永朱梨/金子大地 監督:松居大悟
    ※上映時間など詳細は、公式サイトをご参照ください。
    2/17(金)~2/23(木)
    「ランボー ラスト・ブラッド」 シルベスター・スタローン 監督:エイドリアン・グランバーグ
    「ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV」 監督・出演:シルベスター・スタローン
    ※上映時間など詳細は、公式サイトをご参照ください。
    2/24(金)~3/02(木)
    「流浪の月」 広瀬すず/松坂桃李 監督:李相日
    「死刑にいたる病」 阿部サダヲ/岡田健史 監督:白石和彌
    ※上映時間など詳細は、公式サイトをご参照ください。

  20. 2023/01/27 03:53:23 The Stuff Dreams Are Made Of含むアンテナおとなりページ

    New & Upcoming Classic Film Books (20)

  21. 2023/01/27 00:50:21 本はねころんで含むアンテナおとなりページ

    2023-01-26
    すこし緩んだかな
    終日マイナス10度くらいの気温が二日間ほど続きましたが、本日はすこし
    気温はあがって、最高がマイナス4度くらいでありました。日中がマイナス10度
    と4度では、まるであったかさが違うことです。
    この時間も昨日より2度くらい気温は高くて、三寒四温のサイクルは四温にむ
    かっていくのでありましょう。
    本日は図書館へといって、借りている本の半分を入れ替えることにです。なんと
    か最後のページまでたどりついたものを返し、未読のものをまた借りて、二冊を
    新たに借りることになりました。
    これはと思うものはなかったのですが、新刊棚にささっていた井上ひさしさん
    の「発掘エッセイセレクション」の二冊であります。
    客席のわたしたちを圧倒する (井上ひさし発掘エッセイ・セレクションII)
    作者:井上 ひさし
    岩波書店
    Amazon
    まるまる徹夜で読み通す (井上ひさし 発掘エッセイ・セレクションII)
    作者:井上 ひさし
    岩波書店
    Amazon
    ここのところ、すっかり井上ひさしさんのものはご無沙汰をしていたのですが、
    まあたまには読んでみましょうかです。
    最近になって未刊行であったものがまとまってでるようになったのは、井上ひさ
    しさんの研究家であるところの井上恒(いのうえひさし)さんの存在が大きいよう
    です。この発掘エッセイセレクションは、全部で6冊なのでしょうか、これに引き
    続きで未完であった小説なども世にでていますので、これらのなかにはご本人が
    生きていらしたら、日の目をみなかったものもありますでしょうね。
    それにしても、井上ひさしさんの研究家が井上ひさしさんというのは、できすぎ
    た話ですが、同姓同名であったことが、井上作品にひかれる遠因でもあったのです
    から、これから子どもに名前をつけようという親たちは、よくよく考えなくては
    いけないようです。
    井上ひさし 同姓同名 川西町遅筆堂研究員 発掘エッセイ
    vzf12576 2023-01-26 22:48
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    すこし緩んだかな

  22. 2023/01/26 22:21:54 Internet Archive Blogs | A blog from the team at archive.org含むアンテナおとなりページ

    Archive for Amateur Radio Grows to 51,000 Items
    Posted on January 24, 2023 by kaysavetz
    Internet Archive’s Digitial Library of Amateur Radio & Communications is quickly growing to become an important archive of radio’s past and present. The collection has blossomed to well over 51,000 items related to ham radio, shortwave listening, scanners, and related communications. The newest additions include books, journals and magazines, newsletters, and archives of early Internet discussion lists.
    More than 3,300 books and magazines are now available via controlled digital lending in the DLARC lending library. These materials, including hundreds of magazine and journal issues including Popular Electronics, RF Design, and General Radio Experimenter, can be borrowed for online or offline reading, one reader at a time, by anyone with a free Internet Archive account. DLARC has also added amateur radio magazines QST from 1912-1961, Radio & Television News from 1919-1959, and Radio magazine from 1920-1947.
    Nearly 1,300 episodes of The RAIN Report, an audio program that aired news and interviews relevant to the amateur radio community from 1985-2019, are now available, including hundreds of lost episodes, thanks to the help of the program’s producer, Hap Holly. DLARC has also added the 700-episode library of the National Radio Club DX Audio Service, which reported radio-related news from 1985 through 2015.
    The archive of radio-related podcasts now includes QSO Today, Linux in the Ham Shack, RAIN Hamcast, Amateur Logic, and others.
    Radio clubs are utilizing the DLARC archive to provide long-term backup of content and increase their visibility to new audiences. The Milwaukee Radio Amateurs’ Club, one of the oldest ham radio groups, is uploading its entire historical archive, an unparalleled collection of newsletters, correspondence, newspaper clippings, and meeting minutes documenting the group’s history.
    Other group newsletters include British Amateur Television Club’s CQ-TV, the CWops Solid Copy newsletter for Morse code enthusiasts, Boulder Amateur Television Club TV Repeater’s REPEATER, and Scope, the newsletter of the Palomar Amateur Radio Club. The DLARC library has also added newsletters from radio clubs around the world, including the Dutch Amateur Radio Union, the Chester & District Radio Society (England), and the defunct Canadian Amateur Radio Operators’ Association.
    DLARC now archives papers and presentation slides from 41 years of TAPR conferences, including the ARRL and TAPR Digital Communications Conference, and the Computer Networking Conference. The collection is accessible like never before, full-text searchable and with detailed metadata. In addition, TAPR’s Packet Status Register newsletter, published since 1982, is also archived.
    DLARC has also begun archiving amateur radio email discussion lists, so far making tens of thousands of discussion threads available and searchable — going as far back as the late 1980s — for the first time in decades. The selection includes INFO-HAMS Digest, Boatanchors (a mailing list for fans of vacuum tube radios), Packet-Radio Digest, and Ham-Digital Digest.
    DLARC is funded by a significant grant from Amateur Radio Digital Communications (ARDC) to create a digital library that documents, preserves, and provides open access to the history of this community.
    The Digital Library of Amateur Radio & Communications invites radio clubs and individuals to submit collections of material, whether they are already in digital format or not. Anyone with material to contribute, questions about the project, or interest in creating a digital library for other professional communities, please contact:
    Kay Savetz, K6KJN
    Program Manager, Special Collections
    kay@archive.org
    Mastodon: dlarc@mastodon.radio
    Posted in News | Tagged amateur radio, DLARC, ham radio, shortwave | Leave a reply
    View all of the submissions at archive.org.
    Posted in News | 4 Replies
    Posted in Books Archive, Event, Movie Archive, Music | Ta

  23. 2023/01/26 20:11:58 生きるからにはそれなりに含むアンテナおとなりページ

    2023-01-26
    活動可能時間が短い
    日記 本
    一月二十五日、晴れ。
    ドイツがレオパルド2の提供に腹をくくる。西日本が寒波で大変なことに。
    8時起床。朝カスタマーサポート。
    なんだか目が覚めていたので午前中からDAWと向き合う。
    キリが良いところまでできたので提出して昼。
    お茶漬けに餅を放り込んで主への宥めの香りとする。
    どうしても眠い、寝ようかと寝室へ行くが『神々の山嶺』を読破してしまう。
    ピアノの練習をする。
    夕食の仕込み、大根3本目を煮る。イワシに塩を振って臭み取りをする。
    夕方カスタマーサポート。
    風呂吹き大根、鰯の塩焼きを主への宥めの香りとする。
    昼寝していないのでとても眠い。
    mochilon 2023-01-26 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    活動可能時間が短い

  24. 2023/01/26 17:31:17 犬かきワンワン含むアンテナおとなりページ

    手づくりオペラ
    21日は茂原オペラ本番無事終演。
    前回のボエームに続いて蝶々夫人にも参加させてもらった。
    ボンゾ役。
    おっ開場時間前からおおぜいのお客さんが並んでくれてる。
    こののんびりした街ではそこそこの催しなのじゃ。
    ブイブイ気合いが入る。
    舞台上の障子と畳は地元の出演仲間が自宅から持ってきた。
    茂原の出身の数名がたちあげたイケイケ企画。
    マジもりあがって大拍手もらった。
    楽屋の内線電話機もバッチグー!

  25. 2023/01/26 15:38:45 難波和彦+界工作舎含むアンテナおとなりページ

    2023年01月25日(水)
    ピーカンの冬晴れだが北風が強く、この冬一番の寒さの一日。8時半出社。朝一番の9時過ぎに入った〈箱の家〉に関する電話の問い合わせに10分間対応した後、急いで日記をまとめて書き込む。11時に事務所を出て表参道経由で青山の銀行へ。冷たい北風が吹き凍えるような寒さの中、表参道を歩く通勤の人たちの足取りも早い。今年から銀行の窓口受付の予約システムが変わったようだ。前もって何の知らせもなかったので予約せずに行くと、窓口でしばらく足止めされる。対応もまったく不親切である。15分間も待たされて振り込みを済ませ12時前に帰社。午後はNHKラジオのテキストを少々。少しずつ視界が広がってくる。このまま徐々にペースを上げていこう。『我々はどこから来て』は、第16章「直系家族型社会―ドイツと日本」を読み終わり、第17章「ヨーロッパの変貌」に進む。第16章では、核家族型の英米や北欧とは異なる直系家族型の日本とドイツに焦点を当て、個人主義的な自由を追求しない両国の共通性と差異について詳細に検証している。直系家族型ではあっても、プロテスタンティズムを通して内面を確立したドイツと、そのような経験を経ないで近代化を成し遂げた日本との相違に注目した上で、両国の共通性についてトッドはこう指摘している。「直系家族は、社会的規律と個人的内向を同時に強化する。今日、日本でもドイツでも、社会生活のすべての次元において、問題を内面に抑圧する力と外からの圧力が高いレベルで結びついていることに疑問の余地はない」。そして直系家族型社会である日本とドイツは、グローバリゼーションの拡大を受けて、経済的な面では成功を収めたけれども、核家族型社会の個人主義的で、自由主義的で、女権拡張的な価値観に適応しようとしたために、人口面においては機能不全を来たし始めていると指摘している。というのも核家族型社会である英米やヨーロッパ諸国では、ホモ・サピエンスの原初的家族型に近いために、2000年代になっても出生率は人口を維持する2.0に近いのに対して、直系家族型社会では、一様に出生率が1.5よりも低くなっているからである。そうした危機的状況への対策として、ドイツは徹底した移民の受入政策によって国力すなわち労働力を確保することに向かっている。これまでトッドは、事あるごとに日本社会に対してその点を警告してきたが、日本政府は聞き入れてこなかった。その結果トッドは「日本は世界から身を引くことを願望しているようである」と指摘している。本章のトッドの結論はこうである。「グローバリゼーションの中で最もよく成功した先進国は、貿易における効率性に話を限定するならば、自らの人類学的システムによってウルトラ個人主義から護られた国、ホモ・エコノミクスのモデルの合致していない国、グローバリゼーション基本的前提として押しつける命題を拒否した国だということになる」。時代の潮流を分析するトッド理論の説得力は、この辺りにあるようだ。つまり経済力だけでなく、経済・政治行動の底に潜む、教育・宗教・家族という人類学的な要因まで遡って、時代の潮流をとらえようとする視点である。したがって経済よりも後者こそがマルクスのいう〈下部構造〉と呼ぶに相応しいように思う。現在開催中の通常国会で、岸田首相は〈異次元の子育て支援政策〉を打ち上げたが、とても本気とは思えないし、焼け石に水だろう。今日の全国のコロナ感染者数は79,354人。
    曇りのち晴れで、夜には一時雨の寒い一日。8時半出社。9時過ぎに、自己紹介もなく〈箱の家〉の設計条件だけを尋ねる人から電話が入る。問い返しても、現在、新居の設計者を調査中という回答だけである。しかし僕の本を何冊か読んで〈箱の家〉のことはよく知っているようだ。時々こうした電話があるが、あまり細かなことは話さずに一般的な回答に止めるようにしている。完成後のメンテナンスやアフターサービスについても問われるが、都内と近郊には〈箱の家〉の工事を請け負った工務店が数社いるので、問題なく対応できると答える。10分ばかり話して、再度連絡するといわれて電話は切れる。家早南友、少し敬遠されているような気分である。その後はNHKラジオのテキストを少々。いつもながら書き出しの言葉に頭を捻り100字程度を書いたところで頓挫し一旦休止する。依頼原稿の執筆は日記を書くのとは大違いでスムースに進まないのはなぜだろう。構えてしまうからかもしれない。DEZEENでフランク・ロイド・ライトの後期のアンビルト・プロジェクトが、新しいレンダリング技術によって再現されているのを発見する。ライト自筆のパースとは異なり、CADで描いたカラーの精細画だが、原板よりもリアルになっているようには到底見えない。思わず連想したのは、最近の最先端CGを使ったSF映画が、模型を使って撮られたスタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』(1964)やリドリー・スコットの『ブレードランナー』(1982)よりもアンリアルに見えることである。多分、見る人の想像力に働きかける強度の相違のせいではないだろうか。見るという行為は対象と見る人の相互作用だからである。建築模型においても同じような気がする。

  26. 2023/01/26 07:03:07 kitchenhouse selector blog含むアンテナおとなりページ

    展示会 (473)
    パリのキッチンストリート (01/25)
    2023年1月パリ、メゾンドオブジェ (01/24)
    パリのキッチンストリート
    2023.01.25 Wednesday
    0
    メゾンドオブジェ開催中、街中のキッチン、家具、インテリア
    ショップは、サローネの頃と同じく展示会を開いています。
    イタリアのボッフィーですが、最近デ パドバと一緒に新しい
    ショールームに移転しました、ミラノのショールームとは少し
    違うキッチンが展示されていました、このキッチンは日本的?
    と言うか?日本にも合いそうな色合いだと思いました。
    サンジェルマン通りのキッチン屋さん街は、小規模なショールームが
    多く、やはり地代の高いパリには小型キッチンのニーズも多いのか?
    それにしても、どのショールームも白いキッチンが多いです。
    写真では判りにくですが、このキッチンはライトグレーでした、
    光の加減で白に見えますが実際は使いやすそうなキッチンだと思いました。
    日本の住宅は木の床が大半なので、単色のキッチンもとても合います。
    イタリアバルクッチーナ社は、独特の金物を製作していて
    この白いキッチン天板の小口も、これは木製ですが、他に陶器とか
    金属、色々な素材が選べる様になっています。。。。
    白+ブラックのキッチンは定番ですが、パリにもモダンなインテリアが
    増えたのだな〜と思います。数少ないコロナのポジティブな影響は
    キッチン、家具、インテリアに世界の人々が興味を示し、
    少しでも前向きに改善している姿勢だと思います。
    実際北イタリアでは売り上げを伸ばしている企業が大半だそうです。
    Tweet
    展示会
    18:37
    comments(0)
    -
    by khselection
    2023年1月パリ、メゾンドオブジェ
    2023.01.24 Tuesday
    0
    物価の高騰、コロナ等々、世界を取り巻く環境は厳しくなって
    パリでは大きなストライク!公共交通機関は完全に閉鎖、
    到着時にそんな状況で、困り果てていました。が、長い友人
    坂茂氏がいつも使うドライバーを紹介してくれて、助かりました。
    今年もこのコロナ後のニューライフスタイルには多彩な色!
    どんよりとしたライトグレイから濃いネズミ色の空の下、
    気が滅入りそうですが、このカラフルな展示で元気になります。
    メゾンドオブジェ展示会側からの提案コーナー!
    同系色で纏まっていますが、商品ひとつずつは違うメーカー
    興味を持ったら、書いてあるパビリオン、展示ブースに行ける
    様になっています。ミラノサローネに追いつけ追い越せを
    今も頑張っています。
    小さなブースですが、色合いが綺麗で、足を止めたら、
    壁に掛かっているが、一つずつダストボックス!
    スウェーデンのメーカーと言うか、女性が一人で  CEOも
    全て兼ねている様子です。北欧はパリより北なので、もう少し
    寒さも厳しい筈、色彩は、本当に生活に必修なのでしょう。
    このブースも、メゾン側の展示です、背景にある微妙なモスグリーン
    今年は商品がカラフルになっているのと、壁面に、グリーン系の
    色を配してパステルカラーを際立たせるのが、目立ちました。
    キッチンハウスショールームも、少し色を散りばめたいので、
    ナプキンを選びました。微妙な色合いのリネンのナプキン
    最近、日本で、ナプキンを探したら、全く見つからなくて、
    日本ではナプキンの慣習が無いのに気が付きました。
    食器にも色をなるべく選んで、もうすぐやって来る春に準備します。。。
    Tweet
    展示会
    15:23
    comments(0)
    -
    by khselection
    2023年01月 (8)
    パリのキッチンストリート (01/25)
    2023年1月パリ、メゾンドオブジェ (01/24)

  27. 2023/01/26 03:44:34 裕’s Object Relational World含むアンテナおとなりページ

    2023-01-26
    2023年1月25日(水)のツイート履歴
    ツイート お気に入り フォロー フォロワー
    63953(0) 13966(0) 4957(+1) 3254(+1)
    delivered by Twieve
    you999 2023-01-26 02:45
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2023-01-25
    2023年1月24日(火)のツイート履歴
    ツイート
    ジョー・ヨースケ RX-7 @xiR6q2AqumjtTjm
    永井豪「デビルマン」誕生50周年記念、細野不二彦が新たに描くデビルマンの物語(コミックナタリー) https://news.yahoo.co.jp/articles/de8ad10cb9eb51738381458d7d1ff42755723e95
    11:47
    Miho Kuroda, Ph.D. @pr6m
    スカッとする学会声明文です!エビデンスもないことを、どうしてもっともらしく文科省が主張するのかよく解りません:ゲーム・ネット・スマホが発達障害的な児童を増やすとする文科省調査報告書への学会声明文 https://jssba.org/?p=1459
    11:46
    NHKスペシャル公式 @nhk_n_sp
    【 #映像の世紀 一挙再放送】
    全11作を[総合]で再放送
    放送後はNHKプラスで配信も。
    番組HP▼ https://www.nhk.jp/p/ts/4NGRWX2RRL/schedule/ #映像の世紀バタフライエフェクト https://twitter.com/nhk_n_sp/status/1617518515556081664/photo/1
    11:44
    裕 @you999
    【本棚登録】『コロナと精神分析的臨床: 「会うこと」の喪失と回復』 https://booklog.jp/item/1/4909862188?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:32
    裕 @you999
    【本棚登録】『哀しむことができない: 社会と深層のダイナミクス』荻本 快 https://booklog.jp/item/1/4909862234?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:31
    裕 @you999
    【本棚登録】『レクチュア こころを使う: 日常臨床のための逆転移入門』祖父江 典人 https://booklog.jp/item/1/4909862242?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:31
    裕 @you999
    【本棚登録】『精神療法でわたしは変わった: 苦しみを話さずに心が軽くなった』増井 武士 https://booklog.jp/item/1/4909862250?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:31
    裕 @you999
    【本棚登録】『三歳までの子どものこころ相談室: 子育て支援センターQ&A』小柳 晴生 https://booklog.jp/item/1/4909862269?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:31
    裕 @you999
    【本棚登録】『サバイバーとセラピストのためのトラウマ変容ワークブック―トラウマの生ける遺産を変容させる』ジェニーナ・フィッシャー https://booklog.jp/item/1/4753312135?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:26
    裕 @you999
    【本棚登録】『精神分析のパラダイム・シフトーアンドレ・グリーンの精神分析』館 直彦 https://booklog.jp/item/1/4772419314?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:26
    裕 @you999
    【本棚登録】『精神分析のゆくえー臨床知と人文知の閾』十川 幸司 https://booklog.jp/item/1/4772419322?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:26
    裕 @you999
    【本棚登録】『トラウマセンシティブ・マインドフルネスー安全で変容的な癒しのために』デイビッド・A・トレリーヴェン https://booklog.jp/item/1/4772419039?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:26
    裕 @you999
    【本棚登録】『子ども虐待を防ぐ養育者支援―脳科学,臨床から社会制度まで』 https://booklog.jp/item/1/4753312151?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:26
    裕 @you999
    【本棚登録】『女性のこころの臨床を学ぶ・語るー心理支援職のための「小夜会」連続講義』笠井 さつき https://booklog.jp/item/1/4772419381?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:26
    裕 @you999
    【本棚登録】『復職のためのセルフ・トレーニング・ワークブックーメンタル不調に陥ったときの処方箋』中村 美奈子 https://booklog.jp/item/1/4772419217?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:26
    裕 @you999
    【本棚登録】『PTSD治療ガイドライン[第3版]』飛鳥井 望 https://booklog.jp/item/1/4772419268?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:25
    裕 @you999
    【本棚登録】『親子は生きづらいー“トランスジェンダー”をめぐる家族の物語』勝又 栄政 https://booklog.jp/item/1/4772419349?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:25
    裕 @you999
    【本棚登録】『心理療法的関係性ー「現代的不幸」の時代における人と人との小さな対話』渡辺 雄三 https://booklog.jp/item/1/4772419403?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:25
    裕 @you999
    【本棚登録】『臨床心理学スタンダードテキスト』 https://booklog.jp/item/1/4772419160?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:25
    裕 @you999
    【本棚登録】『ナラティブ・エクスポージャー・セラピー[第2版]ー人生史を語るトラウマ治療』マギー・シャウアー https://booklog.jp/item/1/4772419438?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:25
    裕 @you999
    【本棚登録】『臨床心理学 第23巻第2号 中井久夫と臨床心理学』 https://booklog.jp/item/1/4772419543?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:25
    裕 @you999
    【本棚登録】『神経性やせ症治療マニュアル 第2版ー家族をベースとする治療』ジェームズ・ロック https://booklog.jp/item/1/477241858X?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:25
    裕 @you999
    【本棚登録】『ポリヴェーガル理論で実践する子ども支援──今日から保護者・教師・養護教諭・SCがとりくめること (ブックレット:子...』伊藤 二三郎 https://booklog.jp/item/1/486616154X?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:13
    裕 @you999
    【本棚登録】『子どもと親のためのフレンドシップ・プログラム』フレッド・フランクル https://booklog.jp/item/1/4866161582?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:13
    裕 @you999
    【本棚登録】『解離性障害と他者性―別人格との出会いと対話』岡野 憲一郎 https://booklog.jp/item/1/475331216X?type=post_social&ref=twitter&state=add #booklog
    10:13
    裕 @you999
    【本棚登録】『図解 ケースで学ぶ家族療法──システムとナラティヴの見立てと介入』横谷謙次 https://booklog.jp/item/1/486616

  28. 2023/01/26 03:28:28 btx21の日記含むアンテナおとなりページ

    2023-01-25
    動きすぎてしまう
    動きすぎてはいけない ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学 (河出文庫)
    作者:千葉雅也
    河出書房新社
    Amazon
    タイトルから敬遠して読んでいなかった。
    「動きすぎてはいけない」といってしまうと、私とは立場が違う。
    私の考えでは、もっと動いて、〈動きすぎて逆に動いていない〉ように見えるほど早く動くのが、ちょうどいいと思っている。
    エリック・クラプトンみたいに、指の動きが早すぎて逆にゆっくり見える、くらいがベストである。
    だから「動きすぎてはいけない」という本を手に取らなかったのだが、図書館で借りてみた。
    そしたら、なかなか面白いことが書いてあったので、接続過剰して読んだ。
    しかし難しくて、理解できない箇所も多々あり、非意味的切断されてしまった。
    要するに、「動きすぎてはいけない」という主張に、私は納得した。
    動きすぎると死んでしまうのだと、気づいてしまったのである。
    btx21 2023-01-25 01:20
    Tweet
    広告を非表示にする
    動きすぎてしまう

  29. 2023/01/25 18:01:17 秋日和のカロリー軒含むアンテナおとなりページ

    2023年01月23日
    『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』Stranger
    この厳しい時代にあって素敵なミニシアターがオープン。名前もミニシアタースピリットを感じさせる。菊川って駅はじめて降りたけど、映画館駅から近いし、オシャレだし、いいね。
    しかも、ドン・シーゲル!まだやってないんだよねどこも、シーゲル特集って。
    今回50~60年代と60~70年代の二段構えとなっており、狙い目はもちろん60~70年代であるが、『ボディ・スナッチャー』ははずせない。
    この作品は、いつの時代の状況とも重ね合わせて解釈ができる凄さがあるが、とりわけ今という時ほど現実とリンクする時代はないだろう。掛け値なしの恐怖だ。
    なかなか大きな声ではいえないことであるが、
    例の顔の半分を覆う四角くて白い紙ぺらとか、具合が悪くなるお注射とか、生活環境の中でただ自分一人だけが従ってないという状況の中で毎日暮らすことの強烈なアウェイ感。
    身内からですら異物扱いされ、ハントされそうな前代未聞の異様なこの空気も、最近ようやく逃げ切れそうだというっすらとした希望の光を感じはじめたところ。だから、主人公が他人とは思えないのだ。
    映画は、そういった状況をゲームの設定として受け入れ、楽しむことを教えてくれる。
    ボクには『ボディ・スナッチャー』や『ゼイリブ』といったすげえ虎の巻があるのだ。あともう少しの辛抱だと信じて、最後まで戦うよ。
    左右黒帯有
    コメント数:
    0 コメント
    by ASHIKAWA TOMOKAZU
    ア〇ズレのことを映画においては“恋多き女”と呼ぶが、一人の女が三人の男の間をいこかもどろか。しかし、ファムファタールの趣はなくキツネかタヌキかでいえば後者であるシュジー・ドレールがルノワール的な奔放さで画面を我がものとする。
    『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』Stranger

  30. 2023/01/25 14:14:34 The Art Divas含むアンテナおとなりページ

    Give us a call (781) 373-6820
    Please contact sales@buydomains.com or call (781) 373-6820
    Please contact sales@buydomains.com or call (781) 373-6820

  31. 2023/01/25 13:27:32 世田谷村スタジオGAYA日記含むアンテナおとなりページ

    日報
    山の姿11
    車輪3点
    ことさらな儀式は行われなかった。円環の炎と高く昇る煙を我々が眺め続けただけだ。親子二代の鍛冶屋と、馬車の御者とが見続けた。それぞれが何を想ったのかはわからない。でもラジギールの御者町中に、円環の煙が立ち昇ったのである。煙は空高くに消えた。
    インド領チベット、アルチ村アルチ寺院には妙な灯明小屋があった。坊主が油を小さく炊いて、その煙が小煙突を通して空に登るのだ。今の我々に普遍がある火葬場の煙突に同じである。
    視えない都市のもう一つの現実である。情報は今、電子化されて映像としての記号となる。必ず消滅する。記憶から失せる。
    人間の眼には、しかし諸記号はコンピュータ・スクリーンを介して伝達される。スイッチを切ればなくなるし、電気が失くなれば消える。それにスクリーンには必ず材(フレーム)がある。フレームは現実の極小点でもあり、生な現実ではない、極めつけに怪しいのだ。
    その先はまだわからない。

  32. 2023/01/24 16:46:40 La.La.La含むアンテナおとなりページ

    『ワイルドシングス』
    ⇒ せつら (01/22)
    『 THE POOL ザ・プール』
    ⇒ せつら (01/22)
    『ワイルドシングス』
    ⇒ 鷹さん (01/21)
    『 THE POOL ザ・プール』
    ⇒ 鷹さん (11/01)

  33. 2023/01/24 02:44:20 [おじさん天国][R18 LOVE CINEMA SHOWCASE VOL.2]公式BLOG含むアンテナおとなりページ

    2023年1月23日 (月)
    あふれる熱い涙
    朝飯食う。コメダ珈琲、考える。「ココイチ」チキンカツカレー食う。コメダ珈琲、考える。豚肉とキャベツとニラの鍋食う。子供と風呂入る。仕事場、DVDで「あふれる熱い涙」田代廣孝監督、見る。ルビー・モレノが初々しくて可愛い。90年代の大久保が懐かしい。あれこれ考える。酒飲んで寝る。
    昔、鴨さんが机に向かうことが大事って言ってたなと思い出した。
    ※名古屋シアターカフェにて1月21日(土)より「遠くへ、もっと遠くへ」「あいたくてあいたくてあいたくて」「甲州街道から愛を込めて」「神田川のふたり」4本連続上映あります。ホントありがたいです。みなさんよろしくお願いします。
    ※明日1月23日(月)から始まるワークショップ・シネマインパクト・コア、まだまだ空きあります。直前駆け込みオッケーです。27日(金)までの5日間。連日18時から22時まで。場所は新宿です。よろしくお願いします。
    2023年1月23日 (月) 09時02分 いまおか日記 | 固定リンク | コメント (0)
    Tweet
    2023年1月22日 (日)
    たまには
    朝飯食う。コメダ珈琲、考える。「ディビー」チキンカレー食う。オンライン試写見る。コメダ珈琲、考える。チャーハンとか中華惣菜食う。子供と風呂入る。仕事場、考える。酒飲みつつ夜更かし。たまにはいい。
    配信で「ブギーナイツ」の最後のとこだけ見直して、うるうるしてる。
    ※名古屋シアターカフェにて1月21日(土)より「遠くへ、もっと遠くへ」「あいたくてあいたくてあいたくて」「甲州街道から愛を込めて」「神田川のふたり」4本連続上映あります。ホントありがたいです。みなさんよろしくお願いします。
    ※明日1月23日(月)から始まるワークショップ・シネマインパクト・コア、まだまだ空きあります。直前駆け込みオッケーです。27日(金)までの5日間。連日18時から22時まで。場所は新宿です。よろしくお願いします。
    2023年1月22日 (日) 09時35分 いまおか日記 | 固定リンク | コメント (0)
    Tweet
    «映画三昧
    あふれる熱い涙
    たまには

  34. 2023/01/23 20:01:04 Some Came Running含むアンテナおとなりページ

    Posted at 12:28 PM in Year End Best Ofs | Permalink | Comments (21)
    Titch on Notable Films of 2022

  35. 2023/01/21 02:17:52 Naked Cafe含むアンテナおとなりページ

    2023-01-20
    ケイコ 目を澄ませて/岸井ゆきの✕三宅唱
    推薦
    映画『ケイコ 目を澄ませて』公式サイト
    yokota_hajime 2023-01-20 17:07
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    ケイコ 目を澄ませて/岸井ゆきの✕三宅唱

  36. 2023/01/20 15:21:40 明るい部屋:映画についての覚書含むアンテナおとなりページ

    神戸映画資料館「連続講座 20世紀傑作映画再(発)見」第15回
    国辱映画『チート』とサイレント時代の知られざるデミル
    詳細はここで。

  37. 2023/01/20 15:20:00 『建築と日常』編集者日記含むアンテナおとなりページ

    それから内藤さんは機能主義と資本主義を重ね合わせて批判しているけど、基本的に資本主義で優先されるのは実際の機能よりも商品価値につながるイメージや記号性のはずだし、建築に限れば建物の機能よりも面積や立地が身もフタもなく決定的な要素になるだろうから、ここにも言葉の微妙なずれがある(たぶんどちらかと言うと、機能主義と相性がよいのは資本主義よりも社会主義だろう)。このあたりの「機能」や「倫理」、「資本主義」といった概念を整理することで、紀尾井清堂の存在がより明確に見えてくるのではないかと思う。
    以上、建築(および展覧会)の実体から離れて、観念的なことをとりとめなく書き連ねたけど、たぶん根本には実際に建物を観たときの経験があるのだと思う。もし見学時に違った印象を抱いていたなら、この文章/思考はなかった気がする。
    建築そのものとしては、できるなら人工照明を落として自然光だけで体験してみたかった。建築における光には「空間を満たす光」と「物体に射してくる光」の2種類があると言われるけど(香山壽夫『建築意匠講義』東京大学出版会、1996年)、四周を閉ざしてトップライトで採光する紀尾井清堂の光は明らかに後者に分類できる。ただ後者の場合、パンテオンでもルイス・カーンでも鈴木恂でも安藤忠雄でも、射してくる光を受けとめるための広い面(主として壁)をつくるのがオーソドックスな手法であるのに対し、紀尾井清堂ではそれはなく、多層の回廊形式によって光を拡散、断片化させている(トップライトの数も1つではなく9つ)。その効果がそれぞれの場所においてどう表れるのか、より素朴な光の有り様を見てみたいと思った。

  38. 2023/01/20 04:15:41 映画ストラット含むアンテナおとなりページ

    読書メモ(小津語録)
    「泥中の蓮ーーこの泥も現実だ。そして蓮もやはり現実なんです。そして泥は汚いけれど蓮は美しい。だけどこの蓮もやはり根は泥中に在るーー私はこの場合、泥土と蓮の根を描いて蓮を表わす方法もあると思います。しかし逆にいって蓮を描いて泥土と根をしらせる方法もあると思うんです」
    (田中眞澄編『小津安二郎戦後語録集成 昭和21年〜昭和38年』フィルムアート社)
    ※與那覇潤著『帝国の残影 ―兵士・小津安二郎の昭和史』(文藝春秋)より。
    蓮、蓮の根、泥土にたとえて映画制作のアプローチについて語った小津のこの発言は、戦後間もない空気とそれに相反するような形で屹立する小津作品のことをぴたと言い表しているように思った。
    タグ:
    小津安二郎
    読書メモ
    みんなの小津安二郎をまとめ読み
    0
    # by asa_naka | 2023-01-18 21:52 | 本

  39. 2023/01/19 04:40:38 えめばら園含むアンテナおとなりページ

    2023-01-18
    現象的意識と道徳的地位の関係 Shepherd (2022)
    https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/21507740.2022.2148770
    Shepherd J. (2022). Non-human moral status: problems with phenomenal consciousness. AJOB Neuroscience, 1–10. Advance online publication. https://doi.org/10.1080/21507740.2022.2148770
    マッピング
    現象的意識と道徳的地位の関係について、6つの立場を分類することができる。〔要約者注:以下、「意識」は現象的意識を指す〕
    1: 意識は道徳的地位の必要条件である。だが、十分条件ではない。
    意識に加えて、より高次の認知能力が必要とする立場や、有感性(快・不快を感じる能力)を必要とする立場など
    2: 意識は必要十分条件である。だが、道徳的地位の高低を決める要因が他にもある。
    意識だけでも一定レベルの道徳的地位を持てるが、高次の認知能力をもつものはより高いレベルの道徳的地位にある、といった立場
    3: 意識は必要十分条件である。そして、道徳的地位の高低を決める要因は他にはない。
    福利に関する経験主義(Experimentalist)の立場
    4: 意識は関係ない
    現象的意識は錯覚であるという見解(幻想主義)と親和的
    5: 意識は必要条件でも十分条件でもない。だが、道徳的地位の高低を決める要因かもしれない。
    リスト説のうち、意識とその他の要因の共存を挙げるものなどがありうる(実際に提唱している人はいない)
    6: 意識は必要条件ではない。だが、十分条件かもしれない。
    意識の必要性を否定する場合に最もよくある立場。現象的意識が道徳的に重要であることは認めるが、危害や欲求充足などは現象的意識とは無関係であり、前者があれば道徳的地位をもつには十分だとされる(Carruthers 1999; Levy 2014; Shevlin 2020; Sinnott-Armstrong & Conitzer 2021)。
    1-3は「意識が道徳的地位の必要条件である」という判断(必要性判断)を共有しており、「意識ベースのアプローチ」と呼べる。このアプローチは、ゾンビに関する直観を引き合いに出して支持されることが多い(Siewert 1998)。すなわち、現象的意識を欠く哲学的ゾンビの利害関心は、道徳的に重要ではないと思われる。
    ゾンビは現実的な政策問題とは関係ないものの、意識ベースのアプローチが正しければ、非人間(AIや動物)が意識を持つかどうかが重要な問題になる。
    意識は道徳的地位の必要条件か?
    「意識が道徳的地位の必要条件である」という必要性判断は、しかしそこまで強固なものではない。ここでは3つの反論を示し、必要性判断の信頼性を低下させることを目指す。
    1. 幻想主義による議論
    まず、現象的意識については上述した幻想主義が正しいのかもしれない。このとき必要条件判断の処遇については2つの選択肢がある。
    (a)必要性判断は正しい。だが、現象的意識はこの世界には存在しないので(幻想主義)、道徳的地位を持つ存在もこの世界には存在しない。
    (b)必要性判断も幻想である。道徳的地位には本当は別の根拠がある。
    (a)はここでは扱わない。(b)の場合、「ではなぜ人は必要性判断を行ってしまうのか」を説明する必要がある。これは内観の信頼性の低さによって説明できるだろう。すなわち、我々は、真に道徳的重要性を持つ特徴と、それに付随するように思われる現象的性質とを、明確に区別できないのである、と。
    2. 無知による議論
    現象的意識を欠いた心に道徳的重要性があるかどうかを考える場合、私達はまず自分自身の心について考え、そこで重要だと思われるものが、現象的意識を欠く存在にもあるかどうかを考える。
    しかし、内観は心の意識的側面しか捉えられない。そこで、もし非意識的な特徴が道徳的重要性を持つとしても、私達はそのことを知ることができないかもしれない。ここで「心の無意識的な側面には道徳的重要性がない」という反論が想定されるが、これは疑わしい。
    3. 積極的善による議論
    福利の客観的リスト説は、欲求充足、達成、知識などが福利に寄与すると認める。人間の場合、これらには様々な仕方で意識が伴う。だが、その意識こそが福利に寄与するものだ、というのはまた別の主張である。
    ここで、現象的意識をもたないが、欲求充足や知識の獲得が可能な、比較的洗練された心をもつ存在を考えてみる。「意識ベースのアプローチ」によれば、これらの生物は石や木と等しい存在であり、人間の便宜のために駆除しても構わないことになる。
    だが、これらの存在の目標や計画の達成は、そこに付随する意識とは無関係に、その存在の生を価値あるものとするように思われる。そしてその場合、目標・計画の追求は妨げられるべきでない。これはつまり、その存在は何らかの道徳的地位を持つということだ。
    以上の「積極的善による議論」は、心の価値ある特徴のうちには、意識に依存しないものがあることを示す。
    信頼性と妥協
    「意識ベースのアプローチ」はたしかに非常にもっともらしい。だが、もし以上の指摘によって必要性判断の信頼性が低下したならば、次のような選択肢がありうる。すなわち、道徳的地位について暫定的には意識ベースの見解を取りつつも、政策的問題については、より自由度の高いアプローチを取る、というものである。
    哲学的立場を現実問題に適用するさいには、妥協が必要となることが多い。「多くの人に受け入れられる」見解を選ぶことが望ましいが、それは単なる多数決の話ではない。一般に、ある見解に確信を持てない場合、また間違っていた場合の損失(つまり掛け金)が大きい場合には、より妥協すべきであろう。
    ただし、どの程度信頼性が低ければ妥協するべきかを決めるのは難しい。この論文の目的はただ、生命倫理学者や政策立案者に、意識以外の特徴が価値を生む可能性について再考を促すだけである。
    またさらに難しいのは、意識以外の具体的に何が、道徳的地位にとっての十分条件なのかを決定することだ。よく使われる「洗練された認知」といった概念はあまりにも曖昧である。それ自体として道徳的価値のある特徴は何なのかを考えたり、欲求充足や知識の獲得に必要な能力は何なのかについて考えたほうが良い。
    実践的帰結
    必要性判断の信頼が低下するとどのような実践的含意があるか。ここでは二つの具体例を示す。
    まず、近年、動物の意識にかんする不確実性を前にして、動物の道徳的地位について予防原則を用いることが提案されている(Birch 2017)。だが必然性判断の信頼性が低くなった場合、意識以外の特徴についても予防的に考える必要がある。
    また脳オルガノイドを巡る政策的議論では、重要なのはそれが意識を持つことだと考えられている。しかし、脳オルガノイドと人工物との統合が可能になった場合、それが道徳に関連する非意識的特徴を示すかもしれない。必然性判断の信頼性が低くなった場合、こうした特徴にも注目する必要がある。
    emerose 2023-01-18 03:35
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    現象的意識と道徳的地位の関係 Shepherd (2022)

  40. 2023/01/18 09:06:03 http://d.hatena.ne.jp/k11/含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  41. 2023/01/17 12:42:35 ぐ戒含むアンテナおとなりページ

    2023-01-11

    洞窟を降りていったらなんか開けた場所に出て高床式の建物があったので地下世界に誰かが住んでいるんだろうかそれは四肢のある生物なのかと興奮したので広範囲の写真を撮るために調査チームと山に登ったんだけど実は海すらあってじぶんたちの出てきた穴も島だったけど周りの島と共にその島も津波に飲まれてはまた浮上するという環境だったため山に登っていて助かったけどこれ帰れるのかと心配になったけど溢れた海水はひとつの島が吸い込んでいるらしくそれがさっき調査した儀式の島でだからあの島には空高く伸びる石造りのパイプがあったんだと感心しつつあれを地上まで噴き上げてるってことかと携帯で地上と連絡を取って現在の状況を確認させてたのだがなんで地下世界で携帯が通じるのかも分からずさらには充電できる施設もないため早めに重要な映像を押さえようということで一致団結する夢を見た。これもうちょっと覚えてたんだけどな~。この時期は布団の中と外の気温が違い過ぎてショックでちょっと忘れちゃうみたいなことが多くてねえ。起き抜けには、建築系の芸能人が違法建築で逮捕されたというニュースでその芸能人の自宅が公開されてたけど地上七十八階まで増築されており規模が違うなあと驚く夢を見た。
    今日は四十日ぶりぐらいに雲ひとつない晴れになったので、全植物に水やりをした。パソコンの電源を入れるのがかなり遅れたけど、さすがに今日は水やりをしないとなあ。マジでこんなにしっかり晴れてるのってノースポール買うちょっと前辺りだったから四十日ぶりぐらいだろうな、十二月はこんな晴れたことないんじゃないのか、それぐらい晴れていた。天気予報にも実際の天気にも裏切られ続けて来たからね。ちなみに週間天気予報を見る限り、金沢は金曜日辺りまで晴れで、そのあとまた闇に包まれるらしい。文字通り闇だよ。晴れが続くんだったら落ち葉も拾わなきゃな、と思って外を見たら違和感。そういえば木を剪定したら実もできなくなって、その結果ヒヨドリが来なくなったんだった。鳥は好きだけどこれは嬉しい。
    今日は久しぶりの晴れの日、意気揚々と街の方面に出かけて、ガレージで日本文学の文庫を二冊購入。それからやまやで炭酸水を二本購入した。水曜日なので新竪には行けませんでしたね、休んでるし。帰宅後は苔の葉水をした。今日は晴れたけど、ここ一か月の天気の悪さでさすがに苔も弱ってきている。スナゴケが半分ぐらい枯れているかもしれない。せめて週の半分ぐらいは太陽が出てくれたらスナゴケも元気になるんだけど。あとエアプランツの水やりもした。それから、やっとインターネットのニュースを読んだけど、またシュリンクフレーションの波が来たらしい。主題はとんがりコーン一割減だったけど、その横にはオーザック二割減とも書いてあった。それはさすがに減り過ぎじゃない? 夜中にはダンベルを振り回したりした。何が効果あったか知らないけど、背中はちょうどいい感じで筋肉痛になっている。
    kkshow 2023-01-11 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする

  42. 2023/01/17 04:48:13 岩 崎 建 築 研 究 室 ・ 日 誌含むアンテナおとなりページ

    奈良のKさんにお誘いいただき善田昌運堂さんの初釜へ。前は何度も通るお店ですが、お道具の価格の0が多すぎて私の経済力では一生買い物をすることはないと思うので、こうしてお誘いいただき中に入ることができるのは大変有り難く、嬉しい。Kさんいつもありがとうございます。
    写真はお店のHPより拝借。にじり正面に床の間。床柱は天然絞。床框は溜塗り。給仕口は上部が半円の花灯口で紺色の湊紙が貼り廻される。見付け四分ほどか。普段、給仕口を花灯口で設ける時はどちらかを柱にして、曲線も円弧にならないようにフリーハンドで決めたりしているが、こうして壁の真ん中に円弧で穴を刳り貫くのは、シンメトリーかつジオメトリカルで、侘茶の茶室とはちょっと異なった雰囲気。
    茶道口の方立てが竹、というのは燕庵を想起させ、中柱の吊棚は、下の段は千家流のチラ見せになっていながら、上の段は武家流の雲雀棚。ちなみに棚板は、棒端喰ではなく留端喰だった。落天井は真菰、竿の白竹が七分~八分ほどありちょっと太いか。平天井の板はへぎ板でなく中杢、掛け込みの垂木は芽付きでなく、床柱の天然絞とともに、手がけた棟梁は茶室が専門でなく座敷や書院を得意とした方なのではと言う印象。床の間の上のコブシの廻縁の上に枕竹を入れるのは古い手法。

  43. 2023/01/15 10:45:29 in and out program含むアンテナおとなりページ

    01.14
    Sat
    叱る依存がとまらない
    アディクション
    村中直人 著 『 叱る依存がとまらない』
    続きを読む
    0 0
    01.13
    Fri
    WISC-Ⅴ
    ウェクスラー
    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    ⇒パスワード入力
    精神科的問題 (155)
    ┣アディクション (26)
    心理検査 (42)
    ┣ウェクスラー (7)
    叱る依存がとまらない (01/14)
    WISC-Ⅴ (01/13)

  44. 2023/01/15 07:59:49 new century new cinema含むアンテナおとなりページ

    2023.1.12 text 3,4,6,18,51~56 New!

  45. 2023/01/11 18:56:26 今日もぐだぐだ含むアンテナおとなりページ

    ※連載「ウゾウムゾウのためのインフラ論」
    →https://webmedia.akashi.co.jp/categories/786
    ※対談連載「ガイアの子どもたち」
    →https://hagamag.com/category/series/ss0066
    ※連載「自由と不自由のあいだ 拘束をめぐる身体論」
    →https://ikinobirubooks.jp/series/sakamaki-shitone/87/
    ※「湾の果てで撫でる」ソー・ソウエン個展「どうしてわたしの手は、目は、乳首は2つあるの?」@ Gallery Soapに寄せて
    ソー・ソウエン個展「どうしてわたしの手は、目は、乳首は2つあるの?」@Gallery Soapフライヤー掲載、逆卷しとね「湾の果てで撫でる」

  46. 2023/01/11 14:46:50 Self-Styled Siren含むアンテナおとなりページ

    ► 2014 (20)
    ► September (1)

  47. 2023/01/10 14:14:30 Les jardins suspendus de Babylone含むアンテナおとなりページ

    2023-01-07
    エゴン・シーレ:拷問を受ける肉体
    シーレとロダンの連関に最初に着目したのはウェルナー・ホフマンであろうが[…]はじめてムードンのロダンのアトリエを訪れたときの、ガラスのケースに収められていた人体の断片のかずかずが唐突に視界に飛び込んできたのは、強い衝撃だった。肉体の細分化、フラグメント。残念ながら、ぼくらは指や手や足首を、独立したフォルムとして眺めることが稀なのだが、ロダンの石膏の断片の前では、一本の指にも脚があり胴があり、乳房にも眼があり頭があるのを直感し、戦慄的であった。シーレはこのことも知っていたのである。肉体の各部分は主たる部分に隷属して生きているのではなく、細部がふるえおののいて、はじめて全体が有機的に動くのを。線はけっして消滅することがないのだ。肉眼で見えないシーレの線はきっと皮下を走っているので、線はふたたび皮膚を破って急激に浮上する。
    (坂崎乙郎『エゴン・シーレ:二重の自画像』岩波書店、1984年、142ページ。)
    baby-alone 2023-01-07 21:09
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    エゴン・シーレ:拷問を受ける肉体

  48. 2023/01/09 11:03:40 猫を償うに猫をもってせよ含むアンテナおとなりページ

    2023-01-08
    著書訂正
    「徳川時代はそんなにいい時代だったのか」
    p、74「沖方丁」→「冲方丁」
    jun-jun1965 2023-01-08 18:02
    Tweet
    もっと読む
    著書訂正

  49. 2023/01/08 19:58:13 ロワジール館別館含むアンテナおとなりページ

    tatarskiyの部屋(18)「”Sh.. RT @tanadana...
    tatarskiyの部屋(22)‐1 今年7月の10日過ぎ頃に...
    tatarskiy ドイル/ホームズ 映画 フェミニズム クィア 文学 性 やおい 批評 家族

  50. 2023/01/08 15:25:35 Simply Dead 含むアンテナおとなりページ

    『犬王』を除くと、いちばん感動したアニメーションは『古見さんは、コミュ症です。』第2期のエンディングかもしれません。演出は藤本航己。アニメーターとして近年『劇場版 呪術廻戦 0』『チェンソーマン』などでバッキバキに活躍されている方ですが、『古見さん』2期では演出家としての才能も強く感じました。
    作りとしては、主人公の古見さんと只野くんが通う高校の教室のようすを、定点カメラ映像のように見せる非常にシンプルなもの。春と冬、ふたつの季節で構成されていて、カット数としては2カットですが、大勢の登場人物が動き回る姿を同画面内で映し出すという、アニメーションとしてはかなり大変な内容です(しかも普通のモブシーンではなく、それぞれが個性とバックグラウンドをもつキャラクターとして動く)。作画はライブアクションを下敷きにしたロトスコープ風タッチで、それでいて作画枚数を抑えたリミテッドアニメ感があり、随所にデフォルメもきかせていて映像としても面白い仕上がりですが、何より良かったのは演出です。
    ふたつの季節でクラスメイトの関係性や人間性が大きく変化しているようすが、ちゃんと登場人物たちの個性をそれぞれ反映して描き込まれていて(しかも顔の表情を書略した動きだけで)、それまで古見さんたちのドラマを見守ってきたファンであればあるほど細部まで楽しく観られるように作られていることに、毎回じんわりと感動していました。個人的にちょっとしんどい時期に観ていたせいもあって、本当に生きる支えになっていた作品です。

  51. 2023/01/08 09:44:20 Shyamalanian含むアンテナおとなりページ

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    << January 2023 >>
    (C) 2023 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

  52. 2023/01/06 10:43:44 眠り姫含むアンテナおとなりページ

    そう思われていたと、客観的に知らされる状況。

  53. 2023/01/06 10:43:36 Übungsplatz〔練習場〕含むアンテナおとなりページ

    2023-01-02
    メモ
    ◇ 『映画の理論』──物理的現実の救済|東京大学出版会|note
    https://note.com/utpress/n/nd28edda645ed
    ◇ Arata Isozaki - YouTube
    Architect, Arata Isozaki and Associates, Tokyo
    Built/Unbuilt
    11/19/2007
    https://youtu.be/FK3tdABZ5CU
    ◇ 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ/磯崎新オーラル・ヒストリー
    https://note.com/utpress/n/nd28edda645ed
    ◇ 2022年度学術フロンティア講義「30年後の世界へ——「共生」を問う」 第11回 文学研究と「ポストクリティーク」 ― 批判は共生のための技術になり得ないのか?|村上 克尚 | メディア・ライブラリー | 東アジア藝文書院 | 東京大学
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/koshient/27/0/27_91/_article/-char/ja/
    ◇ 2022 Noise | (sona) formo
    https://sonaformo.bandcamp.com/album/2022-noise-2
    ◇ 後期資本主義:現代美術用語辞典|美術館・アート情報 artscape
    https://artscape.jp/dictionary/modern/1198519_1637.html
    ◇ 後期資本主義 | 現代美術用語辞典ver.2.0
    https://artscape.jp/artword/index.php/%E5%BE%8C%E6%9C%9F%E8%B3%87%E6%9C%AC%E4%B8%BB%E7%BE%A9
    ◇ エルネスト・マンデル - Wikipedia
    1962年のフランス語のマルクス主義者経済理論の出版まで、マンデルのマルクス主義者としての記事は様々なペンネームで書かれた。また、経済学者としての彼の活動は左翼運動の外部でほとんど知られていなかった。彼は1967年に大学研究を再開し、1968年には社会主義、帝国主義および革命に関する討論会をヨーロッパとアメリカの学生キャンパスで開催し、マルクス主義政治家として有名になっていく。1968年4月、彼は労働者階級に代わって学生が前衛的役割をはたすことを期待した講演をおこなった。1968年のパリ五月革命に際して、群集に自らの車を燃やされてしまったマンデルが「これが革命だ!」と叫んだ、というエピソードが残されている。
    西ドイツ(またアメリカ、フランス、スイスおよびオーストラリアを含むいくつかの国々)から公式に入国を禁止されたが、マンデルは著作『後期資本主義』によって、1972年にベルリン自由大学からの博士号を獲得した。また、彼は、続いてブリュッセル自由大学で講師となる。1978年には『資本主義発展の長期波動』のトピックで、 ケンブリッジ大学で講義を行った。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB
    ◇ 作家別作品リスト:中井 正一 - 青空文庫
    https://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1166.html#sakuhin_list_1
    n-291 2023-01-02 19:53
    Tweet
    もっと読む
    コメントを書く
    メモ

  54. 2023/01/04 21:17:16 Art de Vivre アール・ド・ヴィーヴル 含むアンテナおとなりページ

    12 | 2023/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

  55. 2023/01/04 02:45:55 傷んだ物体/Damaged Goods含むアンテナおとなりページ

    << 2023年01月 >>
    2023年01月(1)
    Movie/Memo(1552)
    (01/02)happy new year 2023
    2023年01月02日
    happy new year 2023
    sometime somewhere somebody
    posted by orr_dg at 21:10
    | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie/Memo | |

  56. 2023/01/03 18:25:35 Contre Champ含むアンテナおとなりページ

    2023-01-01
    Happy New Year !
    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 早速2022年のベストテンを。今回もあえて時流に逆らい、スクリーンで見たもの限定で。
    その前に特別賞を。
    青山真治、ジャン=リュック・ゴダール、ジャン=マリー・ストローブの全作品。
    理由はここに記すまでもないだろう。なお、ここに吉田喜重を付け加えないのは必ずしもその全作品を肯定している訳ではないため。
    まずは新作映画ベスト。先達に敬意を表し、生年順。
    『クライ・マッチョ』(クリント・イーストウッド)
    『ウエスト・サイド・ストーリー』(スティーブン・スピルバーグ)
    『あなたの顔の前に』(ホン・サンス)
    『アネット』(レオス・カラックス)
    『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(ウェス・アンダーソン)
    『炎のデス・ポリス』(ジョー・カーナハン)
    『ツガチハ日記』(ミゲル・ゴメス/モーレン・ファゼンデイロ)
    『パシフィクション』(アルベルト・セラ)
    『みんなのヴァカンス』(ギヨーム・ブラック)
    『グリーン・ナイト』(デヴィッド・ロウリー)
    次に旧作映画ベスト。選んだら十本では収まらなかったので、初見のものに限った。製作年度順。
    『ドン・カルロスのために』(ミュジドラ、1921)
    『13人の女』(ジョージ・アーチェインバウド、1932)
    『結婚適令記』(青山三郎、1933)
    『おせん』(石田民三、1934)※断片のみ
    『明日は日本晴れ』(清水宏、1948)
    『こだまは呼んでいる』(本多猪四郎、1959)
    『女ばかりの夜』(田中絹代、1961)
    『ブラッド・ブラザース 刺馬』(張徹、1973)
    『無気力症シンドローム』(キラ・ムラートワ、1989)
    『語る建築家』(チョン・ジェウン、2011)
    ベスト短編は『愛の果実』(アレクサンドル・ドヴジェンコ、1926)
    コントレ賞こと新人監督賞は『Human Flowers of Flesh』のヘレナ・ヴィットマン(Helena Wittmann)。また奨励賞に『日本原 牛と人の大地』の黒部俊介。
    hj3s-kzu 2023-01-01 00:34
    Tweet
    広告を非表示にする
    2022-12-31
    よいお年を!
    大晦日なので一年を振り返る。春に自分の映画人生において大きな存在であった青山さんが急逝してしまったので、「中央評論」に書くつもりで準備していたカラックス論を止めて、弔い合戦のつもりで急遽、青山論を書くためにGW中ずっとホテルでカンヅメをし脱稿。おかげで原稿料の二倍もホテル代がかかった…。春学期が終わったタイミングでコロナに罹り、妻子に感染しないように細心の注意はしていたものの、やはり狭いマンション暮らし故それも無理で一家全滅。ゾンビだらけの世界では、ゾンビから身を守るよりも、ゾンビになった方が楽という妙な感慨を覚えた。高齢者や基礎疾患持ちでない限り、一週間ほどで呆気なく社会復帰できるので、双六の「一回休み」みたいなもんだなとも。ただアテネフランセでの十数年ぶりのトークは、万全を期して数日前から近くのホテルで準備していたものの、病み上がりの身体のためか、当日微熱があったために、結局ホテルからのオンライントークとなってしまったのが心残り。秋から年末にかけてはTIFFやアテネの中原さんの特集に通いながら、去年の今頃は青山さんとこの辺で普通に会話してたんだよなとしんみり。青山さんの他にも年末にかけてゴダール、ストローブ、吉田喜重とやはり自分の映画的形成に強い影響を与えた映画作家たちが次々と亡くなり、現代映画の第一期の終焉をつくづく感じるとともに、彼らの新作をもう見ることが永久に叶わないのは悲しいことだが、老人ばかりに過大な期待をせずに、自分を含め、彼らより若い連中たちが新しいものを生み出すべく努力しなくてはいけないのだなどとも改めて思った。
    hj3s-kzu 2022-12-31 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    Happy New Year !
    よいお年を!

  57. 2023/01/02 08:31:55 Blog | Society6含むアンテナおとなりページ

    © 2023 Society6, LLC. LG Commerce. Some rights reserved. Privacy Policy | Terms of Service | Copyright & Trademark Policy | Accessibility

  58. 2023/01/02 08:05:11 読書猿Classic: between / beyond readers含むアンテナおとなりページ

    2022/10/26 14刷決定 累計260,000部(紙+電子)

  59. 2023/01/02 05:49:44 maplecat-eveの日記含むアンテナおとなりページ

    2022-12-31
    2022年ベストシネマ
    Annette
    Annette
    2022年はCINEMOREさんで32本、otocotoさんで4本、リアルサウンドさんで2本、『レオス・カラックス 映画を彷徨うひと』、キネマ旬報さん、かみのたねさん、劇場用パンフレット、オピニオンコメント等に寄稿させていただきました。今年好きだった映画については、ほとんど書けたんじゃないだろうか?という一年でした。これはとても幸せなことです。充実感と同時に、もっとできたんじゃないかな感もあります。リツートやふぁぼ、本当にありがとうございます。普段なかなか言えないので、この場を借りて感謝を伝えたいです。いつも心から助けられております。
    恒例のベスト10。1位はもう自分にとってはこれしかないという作品です。2022年のというよりも、21世紀の私的ベスト1です。その気持ちは昨年内覧試写で見たときから変わりません。5日連続で同じ作品を見るために劇場に駆け付けたのも人生で初めてのことでした。立川シネマシティ極音上映最終日で起こった思いがけない拍手。嗚咽のように涙したのが忘れられません。そして来日したレオス・カラックスと話せたこと。なによりこの本に『ポーラX』について書きましたと伝えられたこと。それはもうなんと言ったらいいか分からない。言葉にしようのない特別な体験です。
    1位~5位までがとにかく固いです。好きな映画に出会えた一年だったと言えます。自分の書いた記事と併せて紹介します。劇場公開作だけにしようと思いましたが、一本だけ公開前の作品をフライングで入れておきます。レア・セドゥとクリステン・スチュワート。この作品を入れないわけにはいかなかった。
    1.『アネット』(レオス・カラックス)
    Annette
    cinemore.jp
    2.『リコリス・ピザ』(ポール・トーマス・アンダーソン)
    Licorice Pizza
    cinemore.jp
    3.『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(ウェス・アンダーソン)
    The French Dispatch
    otocoto.jp
    4.『Crime of the Future』(デヴィッド・クローネンバーグ)
    Crimes of The Future
    5.『ケイコ 目を澄ませて』(三宅唱)
    Small, Slow But Steady
    cinemore.jp
    6.『彼女のいない部屋』(マチュー・アマルリック)
    Serre moi fort
    cinemore.jp
    7.『あなたの顔の前に』(ホン・サンス)
    In Front of Your Face
    cinemore.jp
    8.『秘密の森の、その向こう』(セリーヌ・シアマ)
    Petite Maman
    cinemore.jp
    9.『猫たちのアパートメント』(チョン・ジェウン)
    猫たちのアパートメント
    10.『MEMORIA/メモリア』(アピチャッポン・ウィーラセタクン)
    MEMORIA
    cinemore.jp
    11.『あのこと』(オードレイ・ディヴァン)
    L'événement
    cinemore.jp
    12.『グリーン・ナイト』(デヴィッド・ロウリー)
    Green Knight
    cinemore.jp
    10本に絞れず12本。以下に漏れた作品。いずれも大好きな作品です。他、ダヴィ・シュー『ソウルに帰る』のすべての瞬間が忘れられません。『やまぶき』(山﨑樹一郎)の馬や斜面。『裸足で鳴らしてみせろ』(工藤梨穂)における二人の肌が触れる瞬間が忘れられません。そして墓を掘ったらとんでもない生き物=ゾンビがうじゃうじゃ甦りました感満載な『マッドゴッド』(フィル・ティペット)の志の高さ。至高の『トップガン マーヴェリック』(ジョセフ・コシンスキー)。
    ベストヒロイン賞は『ケイコ 目を澄ませて』の岸井ゆきの、『彼女のいない部屋』のヴィッキー・クリープス。もう一人のベストヒロイン賞は『そばかす』の前田敦子、『アネット』のデヴィン・マクダウェルです。カラックスの言うように『アネット』の運命は彼女が握っていた。
    『みんなのヴァカンス』(ギヨーム・ブラック)
    L'événement
    cinemore.jp
    『スペンサー ダイアナの決意』(パブロ・ラライン)
    Spencer
    cinemore.jp
    『麻希のいる世界』(塩田明彦)
    The World with Maki
    cinemore.jp
    『ドント・ウォーリー・ダーリン』(オリヴィア・ワイルド)
    Don't Worry Darling
    otocoto.jp
    『そばかす』(玉田真也)
    そばかす
    cinemore.jp
    真に恐るべき傑作イエジー・スコリモフスキの『EO』は来年に回します。アルベルト・セラの『パシフィクション』は見逃しました(痛恨)。
    次に旧作ベストリスト。今年はリバイバル上映という名の「読み直し」が活況でした。昨年のベストリスト記事にも書きましたが、この動きは個人的な気分とも合致しています。歪になっている評価の体系軸をいろいろ読み直さなければならない。いつの間にか出来上がっている価値観や体系軸を疑うことから出発したい。外部の評価軸だけではなく、自分の評価軸の見直しも含みます。何も終わっていないどころか、始まってさえいないのです。その意味ですべての旧作は新作だと思っています。
    maplecat-eve.hatenablog.com
    以下、劇場公開作品を初見、再見関係なくリストにします。順位というよりリストです。マーメイドフィルムさんやクレプスキュールさん、ザジフィルムさんをはじめとする配給会社の「旧作を新作のように読み直す」試みに、心からのリスペクトを贈ります。
    1.『ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地』(シャンタル・アケルマン/1975)
    JEANNE DIELMAN 23 QUAI DU COMMERCE 1080 BRUXELLES
    maplecat-eve.hatenablog.com
    2.『WANDA/ワンダ』(バーバラ・ローデン/1970)
    WANDA
    cinemore.jp
    3.『デュエル』(ジャック・リヴェット/1976)
    Duelle
    cinemore.jp
    4.『ディーバ』(ジャン=ジャック・ベネックス/1981)
    DIVA
    realsound.jp
    5.『冬の旅』(アニエス・ヴァルダ/1985)
    Sans toit ni loi
    cinemore.jp
    6.『ノロワ』(ジャック・リヴェット/1976)
    Noroît
    7.『ロックンロール・ハイスクール』(アラン・アーカッシュ/1979)
    ROCK'N ROLL HIGH SCHOOL
    cinemore.jp
    8.『アトランティックス』(マティ・ディオプ/2019)
    Atlantics
    9.『地獄』(セルジュ・ブロンベルグ&ルクサンドラ・メドレア/2009)
    Henri-Georges Clouzot's Inferno
    cinemore.jp
    10.『ノベンバー』(ライナル・サルネット/2017)
    November
    cinemore.jp
    11.『たぶん悪魔が』(ロベール・ブレッソン/1977)
    LE DIABLE PROBABLEMENT
    12.『囚われの女』(シャンタル・アケルマン/2000)
    LA CAPTIVE
    13.『伴奏者』(クロード・ミレール/1992)
    L' ACCOMPAGNATRICE
    14.『子猫をお願い』(チョン・ジェウン/2001)
    Take Care of My Cat
    cinemore.jp
    15.『ゲット・クレイジー』(アラン・アーカッシュ/1983)
    Get Crazy
    パゾリーニの『テオレマ』『王女メディア』、フランソワ・トリュフォー映画祭の『私のように美しい娘』、ピエール・エテックスの全作品、ロバート・ダウニー・シニアの『パトニー・スウォープ』、パンフレットに寄稿させていただいたジャン=マルク・ヴァレ『C.R.A.Z.Y.』他、すべて挙げたらキリがなくなります、、。
    劇場公開と関係ない旧作ベストも記録として残しておきます。初見の作品が多い。原稿のリサーチで見た作品です。あまり記事に反映されてないのですが。チョン・ジェウンとデル・トロの作品は共に学生時代の映画。才能が爆発しています。デル・トロは特に『クロノス』が好きです。パウロ・ブランコのプロデュース作品と言っても通じてしまいそうな趣きがあります。
    Tale of Cinema
    George Qui?
    1.『映画館の恋』(ホン・サンス/2005)
    2.『渇き』(グル・ダッド/1957)
    3.『ガールズ・ナイト・アウト』(チョン・ジェウン/1999)
    4.『ブンミおじさんへの手紙』(アピチャッポン・ウィーラセタクン/2009)
    5.『George Qui?』(ミシェル・ロジエ/1973)
    6.『ウォー・レクイエム』(デレク・ジャーマン/1989)
    7.『アヴァ』(レア・ミシウス/2017)
    8.『ブリュッセル、60年代後半の少女のポートレート』(シャンタル・アケルマン/1994)
    9.『不変の海』(D・W・グリフィス/1910)
    10.『Dona Lupe』(ギレルモ・デル・トロ/1985)
    2022年、もっとも原稿を書く喜びを感じたのは『ナイトメア・アリー』の記事でした。書くことの会心というか、快楽があった。そしてもっとも書いてよかったと思ったのは『ロンリー・ブラッド』でした。たぶん一番反応が薄かった記事なのですが、とても強い思い入れがありま

  60. 2023/01/01 15:38:42 Tokyo Fashion Diaries含むアンテナおとなりページ

    2023 Tokyo Fashion Diaries 東京ファッションダイアリー

  61. 2022/12/31 01:49:45 The Red Diptych 含むアンテナおとなりページ

    東京創元社を告発するための短文での要約集 (12/30)

  62. 2022/12/30 11:26:00 音甘映画館含むアンテナおとなりページ

    2022-12-29
    12月の終わり。
    小屋 音 館
    ・AIに過去の日記を読み込ませて、過去の自分と対話させる試みがあるらしい。ヨシッ!音甘映画館も……って、恐ろしいよ!(震え)
    12月5日 グッと寒くなった。遂に冬のコートを着てしまう。
    12月6日 オフィスビル電気代節約のためか廊下が異様に寒いし、トイレの手洗い水栓は水しか出ない。/ 夕方の会議と不備指摘でドッと疲れて夕飯は買ったコロッケ。/ 気候変化のせいかY氏珍しく体調不良
    12月7日 午後はお休みして、三菱一号館美術館の「ヴァロットン―黒と白」へ。何年か前もここで一部作品を見たけれど、やっぱり良いなあ。黒と白のバランスがバシッと決まっててカッコいい。木版なんて信じられない!でも今回は群衆や子供を描いた作品に目が行って、表情の描き方が愛らしい。それにしても平日午後なのにけっこう混んでてびっくりした。
    mimt.jp
    そのあとは銀座の外れにある森岡書店で「ポール・ヴァーゼンの植物標本」の展示を見た。標本の現物が並べられていて、枯れているのに生々しくて、豊かで、気品があって、100年の時がぎゅっとやってきて、素晴らしかった。彼女の、自分だけの、ささやかな愛おしさ、その喜びが伝わってきた。
    12月8日 本日父81歳。今年はいろいろ大変だったけど、今もひとりで店に立ち、菓子を作る日々。今が一番楽しいと言うのはすごいとつくづく思う。長年作り続けている商品も材料を変えて去年の3倍売れてると嬉しがり、若い人から年配夫婦までお客様とお話しすることが楽しいし、生活費は自分で稼がなきゃとまで言っていて、尊敬する。
    12月9日 ナンバーガールが朝の情報番組に出演でビックリだけど、キャラが出来上がっているのもやっぱりすごいなあと改めて思うのであった。こういう愛嬌と存在感ってロックミュージシャンに必要よね……(虚空に向かって)そのあと24時間限定配信のライジングサンでのライブを見た。ヒサコちゃんかっこいい〜〜。熱量を剥き出しにしてるからこそ、グッと惹きつけられるのだよなあとこの間観た某バンドのライブを思い返す・・・。ナンバーガールやミッシェルの演奏を聴くと、剥き出しな感情の激しい熱量とクールでソリッドな佇まいが同居してて胸の奥がカーッと熱くなる。オンタイムでは既に若かりし青春を過ぎていたこともあって、その熱に触れることをためらっていた。
    『ライジングでのNUMBER GIRL』 24時間限定配信決定! | RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO
    12月10日 夏の終わりに実家に帰ったときに廊下に掛けてあったコート、「あ、これお母さん着てたなあ」って見てたら父が「持っていって」と言うので有り難く頂戴した。着てみると不思議な気分。
    この間レコ屋で迷ったけど買わなかったhis name aliveの12inchをY氏が買ってきたのでビックリした。
    12月11日 広い公園の銀杏の黄色は青空に映えていて、隣の巻き貝な滑り台は愛らしかった。いつも1人では楽々と歩く距離もY氏とだとドッと疲れる謎(笑
    12月12日 マニュエル・ゲッチングの訃報を知ったのち、「東京物語」を見ている。久しぶりに見たけど、変な映画だなあ。画面はキメキメなのに、のんびりしたテンポで淡々と人の心の奥底を射抜く。以前よりも画面構成にハッとするようになった。小津安二郎の生誕120年であり命日でもある日だった。
    12月13日 仕事で依頼メールをしたところ、返答に「その人」が見えて面白い。目的や解答例を記しているのに、指示通りの回答をしない人がいる。回答に不足があったり、不要なことを書いたり。なんなんだろうか。わかりあえないことをわかりあうのさって気分である。/ エルピス第8話、重い暗さが増し続けるところにひょっこり飛び込んだ武田"松尾スズキ"信玄のテンション高い明るさに笑って泣いた。このシーン差し込んで終わりってすごい。
    12月14日 業務に疑問を持つって大切だし、その意識を共有して動くことができる人が同僚にいるのは精神衛生上ありがたい。
    12月15日 今朝の空は雲と光が織りなす模様が美しい。オレンジの光が隙間からくっと出ていて目の奥底に焼きついた。
    12月16日 今日も仕事で笑ったり怒ったり呆れたりして1日終わった。
    12月17日 昨日の昼から消化不良が始まって、朝はボーッとしてダメダメだったので腰湯して、昼は近所のカレー屋さん行ってスパイス効果で血が巡る。/ 父から電話「人には笑いがあるのが一番だよ」/「おんがくこうろん」ジョン・ケージの回。司会進行は勿論、ゲストの人選(失礼ながら高橋アキさん存じ上げず、Y氏に驚かれた。お恥ずかしい)も的確で、意志が隅々にまで行き届いている番組だと改めて。「たくさんの音をこだわりなく聴いて耳の筋力を鍛える」という言葉にも納得。
    12月18日 dipのライブを夢で見た。ステージに女性ゲストがいてスーサイドのカバーをしてた。今までと違うアプローチにめちゃくちゃ感激して興奮してるという夢が現実になるといいな。/あまり来ないエリアである石神井公園駅でチャーミーちゃん展を見てから、バスに乗った。歩きとは高さの違う風景も楽しいし、バス停の名前は街の歴史を考えてしまう興味深さがあった。/ バスを降りたのはなかなか足を運ばなくなった街で、通りの店舗の変化を感じながら珈琲屋へ。小さな店内は音楽を鳴らさず、湯を沸かす音、豆を挽く音、クーラーのモーター音が静かに響く。オレンジの灯の向こうのじんわりと結露する窓を眺めながらぼんやりしたり本を読んだり。不思議なクセのあるモカ、美味しいな。こんなひとときを有り難く思う。/ 夜は鎌倉殿最終回。開始前は三谷脚本に小栗くん主演がピンと来なかったことをお詫びしたい。たった1年で年十年も歳を重ねた説得力。凄まじい最期だった。チーム感は小栗くんだからこそ培われたものだろうな。笑いはもちろんのこと、サスペンスにも造詣の深い三谷さんだからこその展開。歴史として語られる縦線はスキマだらけなわけで、それを想像という糸で編み上げた1作。「真田丸」よりも明らかに作風が深まってた。2022年は「鎌倉殿の13人」を観た、という歴史が残ったのだなあ。
    12月19日 鎌倉殿の残像のせいか、全然眠れなかった。たくさんの出演者すべてがあの時代に生きてて、その複層が楽しかったし、でも姉弟の物語として終わるという閉じ方 、1年間に何十年もの歳月が流れながらバッと幕を下ろした様がかっこよかった。
    12月20日 テリー・ホールの訃報を知り、信じられない気持ちを抱えたまま帰宅時間になり家へ向かう電車の中で気持ちを書き留めたと同時に、マーティン・ダフィの訃報を知ったタイミングで最寄駅に着いた。テリー・ホールは私にとってはカラーフィールドが最初で、当時知ることはみなキラキラしていて、憧れに手を伸ばす感覚だったなあと思い返す。岡崎京子が描いたテリー・ホール思い出すよ。マーティン・ダフィはプライマルがオンタイムで、同時に「え、フェルトの人なの?」って驚いた気がする。どちらも高校の時からずっと私の近くにいた人たち。これからもずっとここにいていつも素晴らしき音を奏でてくれるのだ。
    12月21日 同年代の同僚3人とも、1人でラーメンも牛丼もマックも入るの無理と言っていて驚愕。/ 歩き方教室、姿勢が良くなったのは確かだけどまだまだ課題が山盛りで、厳しいのぅ。
    12月22日 朝方目が覚めると頭の奥がチリチリした。雨で暗く寒い。しかし今日は仕事を休んだので、ゆっくりと過ごした。そうだ、と思って柚子の絵を描いた。/ 昼前に外出すると雨足は弱まっていて、大きな街へ着くとほぼ止んでいた。今年開店したカレー屋さんへ。よく行く店の元スタッフさんで、常に丁寧で優しい接客のお人柄が滲み出ている味わいでとても美味しい。/ 移動して湯島のギャラリーにて「ユートピアのテーブル」、多摩ニュータウンを舞台にした展示ということで見たのだけど、参加者が語りたい"ナラティブ"の記号として団地を用いているだけと感じた。団地といっても住宅の区分で異なる生活を一括りには出来ないのに語り口が一辺倒なのも気になった。/ そして表参道へ。年末恒例のお二方の個展。HBギャラリー:牧野伊三夫さんの深く重い色味、OPAギャラリー:平岡瞳さんの柔らかなグラデーション、静寂で寡黙な風景画がじんと豊かにむねに響くのはお二方それぞれの心象が伝わるからだろうか。歳の瀬感が年々薄くなるけれど、このお二人の作品をしみじみ感じて毎年師走を過ごすのです。
    HB Gallery | Blog /お知らせ1 - hitohito1103 ページ!
    12月23日 会社、他部署の無責任な対応に激オコ / 馴染みの店で晩御飯、しみじみ美味しい。良いお年を、とご挨拶。脂ほぼ未使用だからか、私でも消化が早くて驚いた。
    12月24日 クッキリ晴れた空の散歩は楽しい。立ち寄った店で本を買ったり、ギャラリーで絵を見たり。夜は近所のカレー屋さんでテイクアウトしてお皿に盛り付けて。/ ほりはたまお展「親愛なるもの」好き!こういう線と色、良いなあ。
    ほりはたまお展「親愛なるもの」 | nidi gallery
    12月25日 ケーキもチキンも食べないしプレゼントもしないけど。
    昨日よりはあたたかく、カイロ無しで外出。/ 時折行く街でご飯食べて、今までならば西の大きい街まで歩くけれど人多そうだしつかれそうなので、東へ歩いた。私の中の選択の変化を感じる。今まで歩いたことない道の新たな発見もあり楽しかった。/ 小山田くん、元旦のラジオ

  63. 2022/12/30 11:12:46 ことばの映画館 web含むアンテナおとなりページ

    2022年12月27日火曜日
    東京国際映画祭2022〜映画『隠し砦の三悪人』[4Kデジタル・リマスター版]トークショーレポートtext藤野 みさき
    もしも黒澤明監督の映画と出逢わなかったら、私は映画監督になっていなかったと思います——ジュリー・テイモア
    『隠し砦の三悪人』©︎ 1958 東宝
    本年で35回目を迎えた東京国際映画祭。
    新型コロナウイルスの影響が懸念されるなか、本年は海外からの審査委員・ゲストがおおく来日をされ、連日さまざまなトークショー、質疑応答などがおこなわれました。本年より「黒澤明賞」が東京国際映画祭に14年ぶりに復活。「黒澤明賞」は世界の映画界に貢献、またはこれから世界に羽ばたく輝きをひめた映画人に贈られる賞とし、本年は、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、深田晃司監督の2名が受賞されました。同賞の連携企画として、「黒澤明の愛した映画」と題された合計9本の映画が上映。そのなかのひとつである『隠し砦の三悪人』は、第9回ベルリン国際映画祭で監督賞、国際映画批評家連盟賞に輝き、黒澤明監督の代表作のひとつとして、世界中の人々から愛されている作品です。アフタートークでは、本年の東京国際映画祭の審査委員長であり、映画監督・舞台演出家のジュリー・テイモアさんをまねき、黒澤監督への熱き想いを語りました。ここにその模様の全文を記します。(東京国際映画祭2022公式Youtubeアーカイヴ動画より。構成・文:藤野 みさき)
    ©︎ 2022 TIFF
    Ⅰ 黒澤明監督の映画との出逢い
    ジュリー・テイモアさん(以下JT):こんにちは。本日は黒澤明監督の映画を観るには完璧な日だと思います。私は実は15歳のときに初めて『羅生門』(1950年)を観ました。当時、私はパリでパントマイムの勉強しておりました。そして毎日のようにパリのシネマテークに通っては、外国の映画、そして日本の映画も観ておりました。外国の映画には字幕はついていませんでしたが、字幕がついていなくても、黒澤明監督の作品はちゃんと理解できました。私は、『羅生門』は、最高のものがたりのひとつだと思っております。我々はいままさに『羅生門』で描かれている世界を生きています。「誰のいう真実が、本当の真実なのか?」ということです。そして、私がもうひとつ黒澤監督の映画から感銘を受けたのは、かれの描くビジュアルの才能でした。無声映画を通して、いかに映像が力をもつのか、また劇中の「動き」、キャメラとレンズの使いかたなど、そのようなことから、私は、黒澤明監督は世界のなかで最高の巨匠であると思っております。現代でかれのような領域に達しているひとは誰もいないと思うのです。そして、三船敏郎さん、最高ですよね!
    Ⅱ 黒澤明監督の映画 シェイクスピアをはじめ、海外からの影響について
    市山尚三さん(以下市山):いま『羅生門』のお話しを伺いましたが、もちろん、ジュリー・テイモアさんは他の黒澤監督の映画もご覧になられていると思います。みなさまもテイモアさんのことをご存知と思いますが、舞台演出家としても『ライオン・キング』(1997年)を演出なされたことが有名です。そして映画監督としても作品を発表していらっしゃいます。『フリーダ』(2002年)や、最近ですと『グロリアス 世界を動かした女たち』(2020年)という作品が本年公開されたばかりです。そして、テイモアさんはシェイクスピアの作品も何本か監督されておられます。『タイタス』(1999年)、『テンペスト』(2010年)、『夏の夜の夢』(2014年・舞台演出)など。これはある意味で非常に黒澤監督と共通している部分だと思いますが、黒澤監督の撮られたシェイクスピア(の戯曲がベースとなっている)作品はご覧になられていますか?
    JT:はい、シェイクスピアの作品に基づいている作品はすべて観ております。まずは『蜘蛛巣城』(1957年)ですね。黒澤監督のすばらしいところは、かれのシェイクスピアに基づいた作品は、シェイクスピアを超越しているといいますか、シェイクスピアの作品ではないのです。言語がもちろん違いますし、翻訳ものでもないと思います。かれはシェイクスピアの題材をしっかりと捉えており、日本の文化にあうように脚色をしています。これはすばらしい偉業だと思うのですが、現代では批判を受けてしまうかもしれません。
    『乱』(1985年)を例にあげますと、三人の娘が、(黒澤監督の作品のなかでは)男性に変えられています。おそらく日本の文化のなかでは女性がそこまで権力を持つことがないことに基づいているのだと思いますが、それは本当に関係のないことなのです。こどもであるということ、親や目上のひとにたいしての尊敬もあります。ですが、何よりシェイクスピアの作品を忠実に描いているということが、世界中の人々の心に、作品が、そしてものがたりが響くのです。シェイクスピアは世界で最も優れた脚本家であると思います。世界にはかれの作品に基づいた映画が900本以上存在する、ということがそれを証明しています。シェイクスピアの作品にある人間性というものを、黒澤監督はしっかりと捉えられていたと思います。
    Ⅲ 海外から見る黒澤明監督の作品 映画監督同士がおたがいに影響を与えあうこと
    市山:黒澤監督は、シェイクスピアだけでなく、海外、とくにヨーロッパの文学作品に基づいた作品も撮られています。例えば、ドストエフスキーの小説の映画化である『白痴』(1951年)、『どん底』(1957年)などがあげられます。現在、国立映画アーカイブでは「脚本家 黒澤明」という企画展がおこなわれているのですが、そこでバルザックがお好きだったということも展示物のなかで明らかにされておりました。我々日本人からしますと、海外の方々には黒澤監督の作品はわかりやすいのか、それとも日本的な部分があるのか、そのことについてはどのように思われますか?
    JT:非常にわかりやすいと思います。
    市山:わかりました。もうひとつ話題をあげますと、黒澤監督の撮られたもののなかに『生きる』(1951年)という作品があります。本作はイギリスを舞台に『生きる—LIVING』(2022年)という題名でリメイクがなされて、あすの東京国際映画祭のクロージングを飾る作品になっております。そのように、黒澤監督のオリジナルの作品が、海外でリメイクをされるということも起こっております。テイモアさんは『生きる』はご覧になられていますか?
    JT:はい、『生きる』はもちろん観ているのですが、何年も前のことのためコメントを述べることができないのです。リメイク版はまだ観ておりません。
    市山:私は『生きる—LIVING』を観ているのですが、非常に忠実に追っており、イギリス映画として成立しているように思えました。ですので、私が考えたのは、もしかすると黒澤監督のオリジナルの作品は、海外でリメイクがしやすいのかなと思ったのです。
    ©︎ 2022 TIFF
    Ⅳ 『隠し砦の三悪人』について
    JT:『羅生門』は『暴行』(1964年)としてリメイクをされています。これは南北戦争後の時代に基づいており、人種差別の問題も扱っていますが、根本的な題材は「誰が殺したのか? 誰の視点を信じるのか?」という、まさに『羅生門』で描かれていることです。この『隠し砦の三悪人』は、ジョージ・ルーカス監督が『スター・ウォーズ』(1977年)を制作するときのインスピレーションになったというのは非常に有名な話です。ですが、実は私は『スター・ウォーズ』を観ていないので、なんとも言うことができません。しかし、もともと黒澤監督は、この『隠し砦の三悪人』をジョン・フォード監督の作品からインスパイアされて製作したとも言われております。ですので、映画監督同士が、おたがいに他の監督の作品から影響を受けて製作するというのは、セルジオ・レオーネ監督の『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』(1966年)も該当します。この作品もまた黒澤監督の作品に影響を受けたと言われています。ですので、それぞれの国、文化にあわせて、他の監督からインスパイアされている作品というのは多いのです。
    市山:いま『隠し砦の三悪人』をご覧になられたばかりですが、本作は以前にご覧になられていますか?
    JT:はい、何年も前に観ています。実は昨夜と今朝観直したのですが、最初は音声のある状態で観ていました。二回目は音声を消して観たのですが、これは本当に映画を製作したい、勉強したい方々にとっては、最高の教科書になると思いました。大変衝撃を受けたのです。やはりフレームのつかいかたや構成、そしてどのように動きを見せるのか、というところまで。まさに絵画を描くような、かれはまさに画家なのではないかと、そして振付師でもあると思うのです。また能の音楽を侍の戦の場面などで用いていますが、最近このようなことを若い映画監督はやらなくなっていると思うのです。キャラクターを表現するために、音楽をつかうですとか。これはもしかするとテレビが関係しているのかもしれませんが、現在は本当に娯楽性、商業主義に走り過ぎていると思います。ですので、みなさんは是非とも、一度目は音声のある状態で、二度目は音声を消して映画を観ていただけると、黒澤監督がいかに優れた映画監督であるのか、ということがわかると思います。天才的だと思います。
    ©︎ 2022 TIFF
    Ⅴ 黒澤明監督の表現力 キャメラワーク、演出方法について
    (観客のみなさんは)いまご覧になられたばかりですのでおわかりになると思いますが、馬を追いかけている三船敏郎さんがいて、かれから逃げてゆくふたりの男を映すとき

  64. 2022/12/19 19:08:06 長谷川町蔵の文章含むアンテナおとなりページ

    2022/12/01
    今後、 仕事報告はフェイスブックで告知します。 https://www.facebook.com/machizohasegawa
    雑記などはインスタグラムに書いています。 https://instagram.com/machizo3000/
    on 12月 01, 2022 0 件のコメント:
    メールで送信BlogThis!Twitter で共有するFacebook で共有するPinterest に共有
    ホーム
    登録: 投稿 (Atom)
    「シンプル」テーマ. Powered by Blogger.

  65. 2022/12/02 15:18:38 トップページ - Mr. Alan Smitheeの“時には映画の話を”含むアンテナおとなりページ

    かんみ:[No.14] 4デイズ(UNTHINKABLE) <84点> 【ネタバレ感想】 (11/30)

  66. 2022/12/01 14:16:08 Silva Speculationis 含むアンテナおとなりページ

    2022年12月
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

  67. 2022/11/27 02:06:23 LABYRINTHUS IMAGINATIONIS含むアンテナおとなりページ

    2022-11-24
    ライプニッツ「より深遠な起源に由来する機械論の原理」(1702.5)の翻訳・訳解
    久しぶりのブログ更新.
    先日,日本ライプニッツ協会第11回大会にて,「延長とは何か?──連続体の本性と起源をめぐるライプニッツの考察──」と題して,研究発表をしてきました.
    実は,初めて世に出した論文の中で,連続体の迷宮に対する積極的な回答が,力の概念にあると述べ,ライプニッツが形相的な原理を要請した理由を,彼の数学的自然学の基礎をめぐる力の形而上学の展開において考察することが今後の課題である,としたものの,最近までこの課題に取り掛かれていませんでした(池田真治,「ライプニッツの無限論と「連続体の迷宮」」,『哲学論叢』第31号,2004, p.47-48).
    自身のこれまでの怠惰と,困難な課題に対する気概のなさを恥じるばかりですが,先の発表は,初心に帰って(?),その研究の再開としてあります.
    研究熱が冷めないうちに,そのとき資料として付した,ライプニッツの1702年の論稿,「より深遠な起源に由来する機械論の原理」の翻訳を公開することにしました.以下より,ダウンロードできます.
    池田 真治 (Shinji Ikeda) - 資料公開 - researchmap
    ライプニッツがデカルト哲学に対する反論を,主に物体の本性に関する考え方の違いを中心に,彼自身の動力学とその形而上学の発展との関連で簡潔にまとめたものです.とりわけ,ライプニッツはデカルト派の物体則延長の学説を批判し,それに対して自身は物体のうちに自然生得的に植え付けられている動力学的な基礎を主張しています.その意味で,ライプニッツにおける物体や延長・連続性の概念と,力の概念との関係を伺う上でも,本稿は重要なテキストです.
    まだ暫定版なので,訳語や訳解の検討を含め,この後もう少し修正すると思います.
    今後の研究ですが,ライプニッツと「連続体の迷宮」に関する自身の研究を,アップデートしつつ,なんとかまとめられればと考えています.博論の書籍化ができていないので,それを目指したいものです.
    後は,「連続体の迷宮」に関わるライプニッツのテキストや,普遍数学関連のテキストを翻訳していき,いずれどこかから,ライプニッツの数学論・自然哲学論集というかたちで,あるいは別のかたちでもいいので,何か出せればと思っています.
    ライプニッツ デカルト 哲学 自然哲学 動力学 形而上学
    theseus 2022-11-24 03:30
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    ライプニッツ「より深遠な起源に由来する機械論の原理」(1702.5)の翻訳・訳解

  68. 2022/11/25 00:14:36 夜明けのフィラメント含むアンテナおとなりページ

    2022-11-23
    [告知]座談会「クィア演劇史は可能か 劇を書く、抵抗を読む(欲望)」に、参加します。
    2月3日に、早稲田のアーカイブカフェShyにて、こちらの座談会に参加させていただくことになりました。他の方とは違い私は演劇の専門ではないので、違う角度から色々と語れれば、と思っております。是非お越しください!
    ----------------------
    座談会
    「クィア演劇史は可能か 劇を書く、抵抗を読む(欲望)」
    スピーカー 関根信一、宮崎玲奈
    コメント 外島貴幸
    司会 飛田ニケ(キューピー)
    日時
    2022.12.03(土) 15:00-18:00
    会場
    室伏鴻アーカイブカフェShy(新宿区早稲田鶴巻町557-12)
    https://kkunstwatanabe.wixsite.com/shys
    料金
    1000円
    予約
    qp.joho@gmail.com
    お名前・人数を明記の上、ご連絡ください。
    その他、お問い合わせも受け付けます。
    主催
    キューピー
    https://docs.google.com/document/d/1HDcV12hWbma88H1p7Yo557lD9badx5GEdUl9dYfP9wA/mobilebasic
    tkayk 2022-11-23 23:05
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    [告知]座談会「クィア演劇史は可能か 劇を書く、抵抗を読む(欲望)」に、参加します。

  69. 2022/11/13 12:33:26 Takumi Ikeda | Performances/Events – Archive含むアンテナおとなりページ

    村田 厚生 ソロ・パフォーマンス “Motion”
    投稿日時: 2022/12/13 投稿者: tikeda
    プログラム:
    ・アンドレアス・エドゥアルド・フランク / 私と私自身の狭間に I
    トロンボーンとエレクトロクス、ビデオのための (2015-2016)
    ・後藤 英 / Collidebone
    トロンボーンとライブ・エレクトロニクス、ビジュアル・メディアのための(委嘱初演)
    ・佐原 洸 / 連歌 II
    トロンボーンとエレクトロクスのための(委嘱初演)
    ・池田 拓実 / par fumée
    9軸センサモジュールを伴うトロンボーンのための (2020)
    ・村田 厚生・磯部 英彬 / Fall
    トロンボーンとレーザー距離計のための (初演)
    出演者:
    トロンボーン:村田 厚生
    エレクトロニクス:佐原 洸
    技術:磯部 英彬
    映像:横山 徹
    レーザー:秋山 大知
    協力:鄭 瑀
    日時:
    2022年12月13日(火)
    18:30開場 19:00開演
    会場:
    杉並公会堂 小ホール
    料金:
    前売り・予約 3,000円
    当日 3,500円
    学生 2,000円
    前売り: https://teket.jp/4420/15193
    予約・問い合わせ:1213@sonata.jp
    カテゴリー: composition
    村田 厚生 ソロ・パフォーマンス “Motion”

  70. 2022/11/13 06:24:52 谷中オペラ日記含むアンテナおとなりページ

    2022年11月10日19:11
    カテゴリ
    ナタリー・デセイ来日公演 そして シャルル・クロ
    ナタリー・デセイが来日した。11月9日の東京公演を聞いた。前半はモーツァルトのオペラアリアを中心としたもの、そして後半はフランスの歌曲を歌うというものだった。この公演は、最近デセイと一緒に活動しているピアニスト フィリップ・カサールとのデュオコンサートであり、カサールのピアノの美しい音にデセイのドラマが共鳴しあうというものだった。
    さて、デセイを生で初めてきいたのは、2003年12月9日のガルニエでの「ナクソス島のアリアドネ」だった。あの、チャーミングなツェルビネッタがビキニ姿で難曲を見事に歌った。
    そして、2006年のルチア、2009年のメリザンドを聞いたけど、それしか聞けなかったのは今でも後悔している。ジュネーブでホフマンの三役を歌うというアナウンスが出たときは、チケットを買う直前だったが、それはキャンセルになったり、彼女自体の声の問題は、予想以上にシリアスだったのだろう。
    そもそも、僕がデセイを初めて聞いたのは、モーツァルトのオペラアリア集ではあったけど、彼女が女優歌手であることを知ったのは、オッフェンバックの「天国と地獄」だった。(とくにナウリとの「ハエの二重唱」は本当にすばらしい)それは、アリアドネ同様、ローラン・ペリが演出したもので、彼とデセイはいくつもの名舞台を作ってきたのだ。そして、そこにミンコフスキーが絡んでいた。さらに、新国立劇場のヘンデルのチェーザレは、デセイのクレオパトラだから成立したような演出であって、東京の公演から僕はデセイの舞台の残り香を感じられたら良いかなとも思っていた。
    それで、久しぶりに今回の来日公演に接して、僕はデセイはデセイでしかなく、デセイ教という信者でありつづけるしかないことを自覚するしかなかった。僕にとってデセイはデセイ様でありつづけている。そんな盲目的なデセイ信者として、聞いた今回の一番は、ショーソンからプーランクへの流れであり、それはシャルル・クロからジャン・コクトーという詩人たちの言葉の連なりだ。
    先ず、クロの著名なナンセンス詩「燻製ニシン」が収録されている、1873年の『白檀の小箱』の冒頭「占い」という章に掲載されている「夜想曲」(ちなみに、この詩はアルセーヌ・ウーセイに捧げられている)からとられている「終わりなき歌」だ、ここでは、3行ごとのブロックが16つまり、48行の詩はフランス詩のお約束どおり、見事な脚韻が綴られている、ただその内容は高尚な詩というのではなく、流行歌の世界であって、それがコクトーのモンテカルロと呼応する。それに女優デセイの見事な声が重なっていく、それは本当に幸せな時間であり、このままデセイのフランス語を永遠に聞いていたくなるが、最後にMonte Carloと発した瞬間、僕は映画のワンシーンを見ているような気持ちになった。
    それは、シャルル・クロでも同様で、ジャン・リュック・ゴダールが『フランス映画の2×50年』で、ミッシェル・ピコリという役者の身体を通して発せられた「真の映画のきざし」39:20あたり:という言葉の意味を、デセイの歌唱 否 演技をとおして発せられた声で再確認することになったのだ。
    ゴダールは、そのとき、二人のシャルルの名をあげいている、つまり、クロとボードレールであるのだが、それはラヴェルの「マ・メール・ロワ」の音楽とともに、マキシム・デュ・カンに捧げられた詩「旅」の朗読を導く、それはジュリー・デルピーの声なのだが、そこには歌がない。
    そして、女優にして歌手としてのデセイ、僕らは彼女に嘗てのオランピアや夜の女王を求めることはないし、今のデセイの声と演技を通して、彼女と共に生きている悦びを感じていくのだ。
    dessay
    コメント( 0 )
    ナタリー・デセイ来日公演 そして シャルル・クロ

  71. 2022/11/01 23:04:39 ハナログ含むアンテナおとなりページ

    宇宙船みたいなフタのガラス面に風景が映り込む
    2022/10/29 コインランドリーに二回行った日
    今週は仕事が忙しくて生活リズムが大崩壊し、混じりけのない純粋な完徹までしてしまったため「今日は絶対仕事しないぞ」と心に決めて過ごした。とても良かった。フリーランスなので濃度は違えど毎日何かしら働いているような感じで、たまに寝床から起き上がれない日が…
    蜂インザヘッド
    日記
    “芋と小豆の戦いは拮抗している。”
    浅草 満願堂 芋きんどら焼き
    浅草 満願堂 芋きんどら焼き 浅草満願堂の芋きんを閉じ込めたどら焼き。 運営会社は本高砂屋なので製造も本高砂屋。 238円(税込) 浅草 満願堂 芋きんどら焼きのスペック 重量:94g 最大高さ:3.5cm 横幅:9.5cm 浅草 満願堂 芋きんどら焼き 実食 生地は空気たっぷり…
    どら焼きを食べる
    はてなブログPro
    和菓子屋さんのどら焼き
    「こういう人のために旅行代理店があるんだなと思った」
    苦手が連続[2022年10月18日(火)曇り]
    今日はこまごまとした連絡をたくさんする日。具体的にはメールをして、必要な情報を確認したり教えてもらったりしてシートに記入していく。こうした事務作業があまり得意ではなくて、いつもつい先延ばしにしてしまう。そしてもう後がなくなっている。 たくさんメールを…
    ヌマ日記
    “これは私のための花束だ、とおのずから独り言が出た”
    221026 竜胆
    人にあげるための小さい花束を駅前の花屋で作ってもらったが、自分の不手際で渡せなかったからそのまま持ち帰ってきた。誰か知らない道行く人にでもあげたかったけどそんな機会はなかった。知らない人間から急に花束を渡されて怖くないシチュエーションはそうかんたん…
    アフターダーク
    この筋書きが、ここまで四畳半世界になじむとは。
    夏の終わりの悲しさ、タイムマシンとしての映画——映画『四畳半タイムマシンブルース』感想
    ひさしぶりに映画館にいって、『四畳半タイムマシンブルース』をみました。以下、感想。
    宇宙、日本、練馬
    アニメ
    「すっかり垢抜けた同級生」みたいな名村造船所跡地
    20221022 さっきまで100あったのにゼロになるやる気はフリーフォールのごとく
    朝から洗濯、掃除、シャワーを浴びて朝ごはんを済ますもそこで力尽きてだらだらとnoteを書くだけで昼になってしまった。100あったやる気がフリーフォールのごとく限りなくゼロまで落ち込んだ。やる気ってそんな一瞬でなくなることあるんだ。 昼からは北加賀屋の名村造…
    ふんがふんがブログ(仮+)
    編集部が選んだ
    これまでのおすすめ
    もっと読む
    “私はもう最初から決めていた。「全部は見ない」と。”
    国立歴史民俗博物館であらかじめ負けている戦いに挑む
    国立(こくりつ)の「みんぞく博物館」で有名なのは、大阪府にある「国立民族学博物館」通称「みんぱく」と、千葉県にある「国立歴史民俗博物館」通称「れきはく」である。 これは、「民俗」のほうの博物館で心が盛り上がりすぎてわちゃわちゃになった報告である。 全…
    (新しい)置き場
    神戸サウナと“最後の試合”の思い出
    初めて神戸サウナに泊まった日
    初めて神戸サウナに泊まったのは2004年9月27日のことだった。 具体的な日付が出てくるのは、検索すれば出てくるから。 これは神戸でオリックスブルーウェーブと近鉄バファローズの最後の試合が行われた日なのだ。 まだ妻ではなかった頃の妻から「行ってきたら」と背中…
    府中白糸台日記
    日常
    「ラーメン二郎にハマり過ぎた人みたいな」
    まずそうな餌をうまそうに食って幸せな猫になれ
    うちの猫はいつの頃からちょっと吐き戻しが増えた。 食べた直後に、ほとんど未消化、なんならほぼ原型の餌をケロっと吐いて 「今の吐いたんでもう一回ください」 くらいのことを言いに来るぐらいのガッツである。 それらを考えるに内蔵の病気などではなくて、おそらく…
    晴天の霹靂

    朝、「ラップで包んだ白米をポケットに入れて家を出た」
    自分用の雑な温もりと可笑しみ
    いろんな事情が重なって経済的な余裕がなくなったので、この頃はなるべくお金を使わないように、特に食べるものを工夫している。そんな日々を共にしている「弁当」とは呼びにくいような雑な食糧があるのだけど、これがなんだか可笑しいので、今回はそのことから書いて…
    Blog
    人に対するものは「期待値じゃなくて、単に期待」かも
    期待値
    優秀な人とか、仕事のできる人がいて、ちょっといいことをしてくれると、ありがたい、と思いつつ、そこまでできるんだったら、もうちょっと、こんなこともやってくれると、もっと良い状態になれそうですね、って言ってしまう。 一方で、この人はまだまだがんばってほし…
    hitode909の日記
    はてなブログPro
    ありがたい「お節介」があった日の日記
    大きい犬、小さい犬
    お節介な人というのはいて、夫がだいたいそうである。今日は寒いから上着を着ろだの、あるいは入れた覚えのない折り畳みが鞄に入っていたり、てきぱきあれこれ、わたしや子どもの世話を焼いている。ありがたいこともあれば、正直ちょっと鬱陶しいときもあり、しかしそ…
    いつも胸やけ
    自分を必要以上に過小評価することは、あなたを認めてくれている人にとっても失礼だよって話
    そーだいなるらくがき帳
    フォーム入力支援やサイト最適化サービスの改ざんについてまとめてみた
    piyolog
    『ソフトウェアアーキテクチャ・ハードパーツ』
    Don't Repeat Yourself
    「血圧200を放っておいたが問題なかった」などと放言する医者を信じてはいけない!
    NATROMのブログ
    井伊商店さんの麦味噌が味噌と名乗れない問題についてちょっと解説
    醤油手帖
    「生きづらい私は発達障碍者でした」を読んで
    小学校笑いぐさ日記
    有事に備えて家族のパスポートを更新しつつ、日本人のパスポート保有比率を調べてみたら低すぎて驚いた
    斗比主閲子の姑日記
    「プリキュアファン」がAdoさんを批判した、は本当なのか?の検証
    プリキュアの数字ブログ
    qwik の発明、及びマイクロフロントエンドへの活用について
    mizdra's blog
    JavaScript における文字コードの初歩
    30歳からのプログラミング
    Feature
    執筆ツールを選んで、楽に文章を書こう
    筆を選ばない弘法大師も、テキストエディタは選ぶかも毎日さまざまな話題のエントリーが生まれるはてなブログの中から「旬な話題」をピックアップする企画「はてなブログで話題」。今回は「執筆ツール」をテーマに記事を紹介します。 編集という仕事柄、テキストエディタは毎日触る大事な仕事道具です。仕事の内容にあわせて設定などを変えると非常に捗ります。 VSCodeをメインのエディタにして半年たったので入れてある拡張機能を紹介します - 壁に飾られた絵画を見ようとしてその絵に近寄ってはいけない blog.ayak…
    ブクマ数ランキング
    今週のはてなブログランキング〔2022年10月第5週〕
    はてなブログ独自の集計による人気記事のランキング。10月23日(日)から10月29日(土)〔2022年10月第5週〕のトップ30です*1。 # タイトル/著者とブックマーク 1 自分を必要以上に過小評価することは、あなたを認めてくれている人にとっても失礼だよって話 - そーだいなるらくがき帳 by id:Soudai 2 フォーム入力支援やサイト最適化サービスの改ざんについてまとめてみた - piyolog by id:piyokango 3 『ソフトウェアアーキテクチャ・ハードパーツ』 - D…
    liの黒丸や数字のサイズはフォントファミリーに依存する 😱
    いままで意識しとことがなかったですが、フォントファミリーを変更すると、liの黒丸やサイズが結構変わります。 DEMO では「Noto Sans JP」と「san-serif」を並べていますが、黒丸は「Noto Sans JP」の方が大きく、数字は「san-serif」の方が大きく見えます。 なので…
    みかづきブログ・カスタム
    CSS
    誠実に答えます
    おっと、サブチャンネルに動画が。これにより、本日連投となります。こちとら、明日も朝早いんだよwついに、くっそ誠実、もといバカ真面目ちゃんねるの動画が公開された。議題は給与明細について。いきなり、嘘泣きからスタート。いや、泣いてません。かなり明るいので…
    人生系YouTuber やっちゃんねる について考える
    YouTuber
    癖の強すぎる人たちと世界の終末
    メランコリア 上 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) タイトル:メランコリア 作者:道満清明 年代:2018年 巻数:全2巻 あらすじ・概要 道満清明先生のショートショートストーリー集。上下巻の2冊構成。各話12ページのオムニバス形式です。 ポップで軽やかな画風に、…
    コミックコーナーのモニュメント
    漫画紹介
    クリスマスアイスケーキお取り寄せ!全品宅配OK!通販で購入できるテレビで紹介された人気店のアイス【7選】2018年
    リスマスアイスケーキお取り寄せ!全品宅配OK!通販で購入できるテレビで紹介された人気店のアイス【7選】 おしゃれで美味しいテレビでも紹介された人気店のアイスクリスマスケーキが通販で早くも販売されております! お取り寄せを利用すればご自宅まで宅配で届けても…
    美味しいスイーツとグルメ日記
    お取り寄せスイーツ
    【閉店】『agato(アガート)』地産地消にこだわった両替町のダイニングバー!
    地場食材使用の無添加グルメ繁華街

  72. 2022/10/25 05:48:29 ボウバク日記含むアンテナおとなりページ

    トップ
    グループ
    NEW みんなのお題(β版)
    はてなブログを楽しむヒント
    トップ 購読リスト グループ トピック NEW みんなのお題(β版)
    お知らせ リニューアルした「グループ」を紹介。同じ趣味・興味のブログとつながろう!
    若者たちよ
    ラジオのように書き出してもよい:若さが邪魔 / 若さを使い切る / 靴を磨く
    たまに朝早く起きてスポーツジムのようなところに行くと、帰り道の電車にはたいてい中高生が乗っている。みんなの通学時間と被るらしい。 いまも毎日苦しいけど、学生の頃よりはマシかもしれない、と思う。あの頃、なぜかよくわからないけど未来がないという閉塞感が今…
    ネコミミにひかりあれ
    よみもの
    昆布と鰹でキッチリ出汁を取ったおでん
    やる気出ぬ、唐辛子干す、低温調理
    10/12(水) やらねばならぬ仕事は山積みなのだが、一向に手が付けられない。これはかなり悪い感じのゾーンに入っているぞという感じ。プライベートでやりたいこともたくさんあるのに、仕事に引っ張られて動き出せないもどかしさもある。 やりたくないことばかりの中で…
    石記
    料理
    いつしか「町中華」は一人歩きをはじめた
    名前をつけてやる
    名前は大事だ。 何故大事かというと、名前が付くことによって人々の間である概念や物事について認識し、共通の議題に載せることが出来るからである。 そう、この世の中には実は名前のないもので溢れている。たとえば読者の皆様も、胸に抱いた感情が既存の言葉──つまり…
    インターネット
    ビブラムのごつごつしたコマンドソールに目がない!
    ジャランスリワヤ×UA ブラウンスエードモカシン
    妻が結婚式用のお呼ばれの服を探しているのに付き合っている中で、ユナイテッドアローズのグリーンレーベルリラクシングに入ったら、この靴を発見。 先週の投稿にもあるように、ジャケパンとかモダンカントリーなんかが気になる気分でもあったので、ビビっと来ました。…
    get ready(30代男の服と山道具とQOL)
    "彼らは本当の意味でボーイにさよならしているのだった"
    この一年何をしていたか - 『さよならシティボーイ』刊行一周年に寄せて
    2022年10月8日、『さよならシティボーイ』が刊行から一年を迎えた。その日僕は後輩の恋人が出演する声楽のリサイタルを聴きに行っていて、この重要な記念日のことは綺麗に忘れており、後から聞いてみれば編集者の西川タイジさんも例外ではなかった。九月辺りから、「も…
    僕の詩を返せ
    映画もアニメも本も音楽も「なんかカロリーが高い」
    11
    中学生ぶりくらいに足を捻挫した。歩くと痛くてムカつく。捻挫した足を庇うからもう片方の足がやたらと怠くなる。歩き方もいつもと違うから腰がいたい。全部自分が悪いけど鬱陶しい。 あれから色んなポッドキャストを聴いてる。音楽はあんま聴いてない。ポッドキャスト…

    “私は小さい時からアルプスの少女ハイジに憧れてたんや。”
    ヤギ
    こないだ友達と、 太陽光パネルの下とかに生えてる雑草をヤギが食べるエコな除草方法があるらしい! って話になった。 ヤギ?除草? なんじゃそれとおもってググったら、淡路島の景観園芸学校のページにたまたまたどり着いた。そしてさらに、2週間後にヤギ除草の講義を…
    namoの毎日
    “僕は、いつかの僕とはすっかり別人になっている。”
    2022-10-18
    もし、ひとりのさみしさが終わったとしても、また別の種類のさみしさがはじまるだけだと思っていたし、実際のところそうだし、だから死ぬまでずっとなんらかのさみしさを感じているのだろうけど、しかし「ひとり」をやめたことが無駄だったのかというと、そうではなか…
    studies.shikakun.com
    全くと言っていいくらいに完成後のサイズ感がわからん
    予想外なのが面白すぎる、プラモデルという趣味
    プラモデルのマジでやばいところは箱からは全くと言っていいくらいに完成後のサイズ感がわからんところだと思う。箱の側面、公式サイトの商品説明。縦横何センチと書いてくれるのはマジでありがたい。いつも参考にしている。ただ、そこからイメージしたって完成後の大…
    Re:11colors
    模型
    その開示ぶりに壮絶な決意を見る
    三十路からの垢抜けチャレンジ001
    おひさしぶりです こさいです みんな~~~~~~ 長いこと闘ってた疾患が治ったよ~~~~~~~!!! やったーーーーー!!!!!! ウッ 重ッ… ……?! おかしい…健康に戻ったはずなのに 体がやたら重たいような… ……まさかこの下に… な、なんだこれは!! 肉だ!!…
    こさのこさいさい
    検証
    燃やした諭吉の数だけ身体と心が癒される
    2022年9月 美味いもん消費
    もう10月も後半だと思うとびっくりですね、2022年の残機減るの早すぎてワロタ。 9月は楽しい夏休み旅行から帰ってきたらチーム内で退職者が発生、お世話になった方だったのですごく悲しいネ…とかシュンとしていたのですが、その時のあたくしはそのすべてを自分が引き継…
    稼いだ金全部使うウーマン
    美味いもん消費
    今すぐ弁当持って外に出よう!!
    10/20
    御苑でピクニックした。レジャーシート敷いて、昼寝もした。
    2ハンバーグ
    夏の夜、鴨川デルタは発光する
    明るさ
    “自分はできるだけコミュニティの外側にいたい。”
    221017 背高泡立草
    かつて住んでいた場所に行き、少しの間会っていなかった人たちと会った。感染症の流行によって、時間が引き伸ばされているのか、縮められているのだかわからなくなることがある。いざ顔を合わせると、この人に会うのは久しぶりだ、と自分を感動させたがっている自分が…
    アフターダーク
    大相撲ファン感謝祭、行かぬ!などと思っていたが……
    日記
    大相撲ファン感謝祭に行く。あんなご機嫌取りみたいな企画、行かぬ!などと思っていたのだが、ちょっと見てみるだけと言い訳をして言ってしまう。そして!楽しんでしまった……。 土俵への塩まき体験、誉富士との手押し相撲、限定グッズ、オークション……。課金すれば呼び…
    Nu blog
    理解できないことも、どのみち考慮に入れなくてはいけない
    ここ1ヶ月の良かった本3選(2022/09)
    『他者の靴を履く』/ ブレイディみかこ 他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ (文春e-book) 作者:ブレイディ みかこ 文藝春秋 Amazon 久々ブレイディみかこさん。恥ずかしながら知らなかった「エンパシー」と、著者が他著作でもちょくちょく触れる「アナキ…
    bookworm's digest
    引っ越して1年経った大阪、離れるほど愛着が増す川崎
    いたって普通の街なのにね
    大阪に住みはじめて約1年が経った。 去年の日記のバタバタ加減が我ながらおもしろくて(滑稽という意味でも、こんなにバタバタすることって今後ないだろうなという意味でも)今でもたまに読み返す。 家、ちゃんと手に入ったよ。よかったね。しかもめっちゃめちゃ住みよ…
    真夜中の洗濯機
    「自分の人生なのにどこか他人事でブログを読む」。
    映える映えない生活
    久しぶりの更新。 10月からゆるくウォーキングを始めた。Twitterのコミュニティ機能で「何でもいいから継続しましょう」を掲げているグループに入れてもらって、コツコツとメンバーと励まし合いながら、時には挫折しながらボチボチと歩いている。夫も誘って一緒に歩い…
    A Song for you
    なぜスタバのセイレーンは股を広げているのか
    本しゃぶり
    ドル円150円の話については正体不明の増田の説明みてアレコレ語るよりプロの人の解説動画見たほうがいいと思います
    頭の上にミカンをのせる
    英語圏の冗談の意味が分からないので調べる
    nomolkのブログ
    おれたち、黙って死んでくれると思われてませんか?
    32歳、新しい技術を習得する余裕がなく昔取った杵柄でいつまで食えるか不安です
    star__hoshi's diary
    はてなブログPro
    ヒューゴー&ローカス賞受賞の、対話が可能なのかすらもわからぬ相手との決死の外交を描く宇宙・ファーストコンタクトSF──『平和という名の廃墟』
    基本読書
    ウィキペディア的に信頼できる/信頼できない情報源一覧が壮観だ
    YAMDAS現更新履歴
    鈴木エイト『自民党の統一教会汚染 追跡3000日』雑感
    誰がログ
    はてなブログPro
    データサイエンティストという職業の10年間の変遷を振り返る
    渋谷駅前で働くデータサイエンティストのブログ
    今後、色んな所が「取材は受けるがこちらも録画録音・配信するよ」と言い出すだろう…これは”奇人の奇行”ではない(ひろゆきvs琉球新報)【全文革命】
    INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-
    Feature
    「ときめきやきらめき」を探求する体験で、中年期の行き詰まりから抜け出す!!!
    真摯に人生と向き合っています毎日さまざまな話題のエントリーが生まれるはてなブログの中から「旬な話題」をピックアップする企画「はてなブログで話題」。今回は「中年の危機」をテーマに記事を紹介します。「何もやる気が起きないのに、何もしていないことに焦りを感じ」ることに危機感を抱く id:fujipon さんによる、「煮詰まった中年」の気分転換の方法を募るエントリーが、2022年10月第1週のはてなブログランキングにランクインしました。シロクマ(id:p_shirokuma)さんは、「行き詰った中年男性…
    ブクマ数ランキング
    今週のはてなブログランキング〔2022年10月第4週〕
    はてなブログ独自の集計による人気記事のラン

  73. 2022/09/30 20:18:19 I Believe To My Soul含むアンテナおとなりページ

    9月 27, 2022
    大阪には通わないと
    共有
    リンクを取得
    Facebook
    Twitter
    Pinterest
    メール
    他のアプリ
    コメントを投稿
    2022 6
    9月 2022 1
    大阪には通わないと

  74. 2022/09/30 19:02:49 i got ID含むアンテナおとなりページ

    記事を書く
    トップ
    ダッシュボード
    購読リスト
    NEW グループ
    トピック
    編集部おすすめ
    ランキング
    週刊はてなブログ
    今週のお題
    アカウント設定
    初めての方へ(個人の方)
    プランを比較
    はてなブログを楽しむヒント
    使い方講座
    法人プラン
    機能変更・お知らせ
    ヘルプ
    FAQ / お問い合わせ窓口
    トップ 購読リスト NEW グループ トピック
    ダッシュボード
    思いは言葉に。
    はてなブログは、あなたの思いや考えを残したり、
    さまざまな人が綴った多様な価値観に触れたりできる場所です。
    無料ではじめる
    はてなブログとは
    まず読むならここから! 編集部お気に入りの記事を日替わりで紹介
    毎日更新!
    きょうのはてなブログ
    もっと読む
    今まで見たことないサイズの「スーパープリン」
    焼津観光では「さわやか」と巨大プリンを食え【グルメ】
    東西に伸びる静岡県のちょうど真ん中あたりにある街、焼津市。2つの大きな港湾があり、カツオやマグロが名産となっている。 さてそんな焼津市に、先日ドライブがてら寄ってきた。比較的栄えている様子だったので、特にプランも立てずに行ったが、着いて早々気がついて…
    本と絵画とリベラルアーツ
    はてなブログPro
    グルメ
    満足できるおいしい料理を手軽に楽しめる
    ロイヤルホストへの愛
    ファミレス全般好きだが、中でもロイヤルホストが好きだ。 行くだけでテンション上がる。 行く度に愛が溢れるので文章に残しておく。 好きな点その1:ちょっといいご飯が気軽に食べられる ロイヤルホストはファミレスにしては少しお値段が高め。 でもそのお値段以上の…
    にっこりブログ
    食生活
    コメディ調な筆致とは対照的に物語が暴くのは愛という欺瞞
    病める時も健やかなる時も、彼女がフェミニズムにめざめた時も、あなたは愛を誓えますか? ミン・ヒジョン『僕の狂ったフェミ彼女』
    ラブ・ロマンスは永遠の命題だ。 家同士の対立のなかで愛を貫いた「ロミオとジュリエット」、画家志望の少年と上流階級の娘の悲恋を描いた「タイタニック」、韓国で実業家として活躍する社長と北朝鮮の軍人が恋に落ちる「愛の不時着」。 ラブ・ロマンスの主役のふたり…
    東京で暮らす女のとりとめのない日記
    読書
    マンゴーの「あのカットの仕方」の理由が分かった
    キッチンで立って半額のマンゴーを食べる/種
    ↑残骸の写真 カットフルーツじゃなく果物から果物を食べたいっていう欲望を友達と叶えるために買った半額マンゴー、熟しすぎて半額かと思いきや違って、かたくてちょっと酸っぱいマンゴーを友達と食べた。半分だけ友達と食べたのでその残りをひとりで食べた。マンゴー…
    どうしようもないままで美しい僕ら
    その短い制限に慣れてしまうのがこわい
    140字に踊らされたくない
    ツイッターは反知性主義的である。140字の制限のなかでいかに「それらしい」ことが言えるかの勝負の場と化している。しかも「議論」ができるなんてかんがえる輩もいる。 議論というものはほんらい緻密に調査検討がなされたうえで成り立つものだ。140字の連なり程度でど…
    絶対運命黙示録
    パッケージが美しいので緊張感がある
    iPad(第9世代)開封の儀! 電化製品というより彫刻みたい。
    iPadの外箱は透明フィルムで覆われています。 iPad(第9世代)開封してみました。開けてみた感想は「電化製品というより彫刻みたい」ですね。iPad本体が、じゃなくてパッケージが。⇧の画像を見てる段階ではそう思わないんですが。iPadの外箱は透明フィルムで覆われて…
    ロマンというほどでもない
    アイテム
    編集部が選んだ
    これまでのおすすめ
    もっと読む
    本を読むことは生きることに直結している
    本をなぜ愛するか、と言う問題。
    もう既にご存知の方もいらっしゃるかとは思うが、私は司書を生業としている。 色々あって今は、学校図書館司書だ。 今日、三つある兼務校のうちの一つで働いていると、小学生にこんなことを尋ねられた。 「どうしてそんな本を大切にするの?」 と。 私は言葉に詰まった…
    KUROMIMIには本が足りない。
    "職場で「スパゲティー」と言ったら若い人に笑われた"
    パスタをつくる
    母「(宅配タイプの)生協で生パスタかった。賞味期限が思ったより短い」父「パスタそんな好きじゃない」妹「私ベジタリアン」 私「父、妹がいない今度の休みの昼になんか作るよ(よくわからんもの買わないでほしい)」 生パスタに合うメニューレシピ検索高齢、中年女性の…
    りんごの日記

    2歳の君が獲得していく常識はどんなものなんだろう
    折り紙で鶴を折れたことがない
    違法建築とか違法増築に憧れる。中国のごちゃごちゃした高層ビル群にも憧れる。特にそんな建造物が廃墟となっていたりしたら最高だよ。そこに一体何が、どんな生活が存在していたのだろうとか、考えただけで胸が張り裂けそうだ。羨望と言って過言ではない。無機質な五…
    町田kkkk
    A5ノートがちょうどいい。頭がよく回る気がする。
    ノートの大きさと用途
    A5のルーズリーフとそれ用のファイルを買った。母親が前にA5の分厚いノートをくれて、最近使ってみたらその大きさが丁度良かったから。何をしていたかと言うと、ゼミの準備。所属している自主ゼミが夏休みも活動していて、その1回を担当することになった。あみだくじみ…
    ブログ
    新入社員が自分の子どもより年下でショックだった
    若者の勢いは凄いなあ
    こんにちは。 私は50歳になったのだが、諸先輩方にとっては私はまだまだ若僧なんだと思うが、すっかり歳を感じることが増えてきた。会社でもいつの間にか年下のほうがはるかに多くなり、2~30代の同僚の会話や動きについていけない自分に歯がゆさを感じる。 一番シ…
    habhakaseのブログ
    普通は売り物にならない牛すじを煮込んでうま味を引き出す
    始末で贅沢なカレーライス
    国産牛すじ、柔らかくならないもの1キロ 普通は売り物にならないもの、でも近所のお肉屋さんのお肉は上質でとてもいいブイヨンとれます じっくり煮込みお肉の旨味を引き出します きれいに越して出汁を使います 大玉の玉ねぎ3個はプロセッサーでみじん切り しっかり炒め…
    ほんの少し
    シンプル
    「やっぱり私は旅のために生きていたんだよな」
    3年ぶりに海外航空券を買うのが怖すぎた
    やっと!トルコの航空券を取りました。本当に怖くて数時間ポチる勇気がまるで出なかった。3年ぶりの海外航空券。ヤヴァイ価格でした。アブダビ経由トルコ便で18万はちょっと昔じゃ考えられない額。7月に9月の航空券を予約したら10万くらいで済んだという情報を見かけた…
    ザザイズム
    はてなブログPro
    旅行
    ようやくTwitterアプリをアンインストールできた
    手帳でお金管理&秋服&Twitter
    まだ昼間は暑さが残っているとはいえ、だいぶ涼しくなりましたね。冷房をつけることもなくなって、よく寝られるようになった気がします。秋が一番好きなので、夏がなくなって秋がもっと長くなればいいのに… 先月からお金の管理をちゃんとしようということでSpread shee…
    怠け猫日記
    普段から出席している学生はレポートの出来がいい
    この2か月
    まだまだ残暑が続くけれど朝晩はすっかり秋の風。 諸々一段落し、次に進むためにブログを更新することにした。 まず、7月後半には前期の大学授業を終え、学生からレポートを回収し、成績付けをした。 学生のレポートを読んでいて改めて思ったこと二つ。 一つは、普段か…
    Agenda de tous les jours
    「もう立派なスイーツ」しっとりねっとりな焼き芋!
    大変美味しゅうございました 「壺焼き芋」
    お土産に「つぼ焼き芋甘い和 川崎大師店」の 焼き芋をいただきました。 焼き芋屋さんの店舗は珍しいな、と思ったのですが 最近、「焼き芋」流行っているのでしょうか。 私は「くちどけシルク」をいただきました。 これがめちゃめちゃ美味しい! しっとりねっとり濃厚な…
    ヒトヤスミ
    長野でスキーをしたい!その後は、温泉でゆっくりします!
    卒業旅行で行きたいところ
    先輩からお題を頂いたので、卒業旅行で行きたいところについて書きます。 みんなと一緒だったらどこでも楽しいとは思うのですが、私は長野に行ってスキーをしたいです。スキーをした後は温泉でゆっくりして、次の日は部屋でぬくぬくボードゲームを楽しみたいな~~~。…
    のとノート
    海辺で飲むビールがうますぎて噛みしめて飲んだ。
    弾丸沖縄中部
    まだこれの石垣島編も終わってないのに、また沖縄行ってきたよ。今回は本島の中部を攻めたので内容はまったく違う旅だったけど。 しかし旅に出る間、食事とトレーニングどうしよう…と。 トレーナーにダマ(って死語らしい)で行くこともできたけど、やっぱそれって信頼…
    失語
    旅のこと
    もっと読む
    毎週月曜更新
    週間人気記事ランキング
    もっと読む
    登らずに絶景を見て温泉まで楽しめる!公共交通機関で行ける山岳リゾート15選
    温泉ブログ 山と温泉のきろく
    はてなブログPro
    スプラトゥーンの特許
    naoya2kの日記
    「水着でも男女混浴不可?」の東京都の条例についてあれこれ調べたら面白いことになってきた。
    ヨッピーのブログ
    「[試して理解]Linuxのしくみ ~実験と図解で学ぶOS、仮想マシン、コンテナの基礎知識【増補改訂版】」が発売されます
    覚書
    systemd serviceから呼ぶシェルではsudoではなくsetprivを使う
    赤帽エンジニアブログ
    はてなブログPro
    いまどきな JavaScript に入門しよう!『流麗な JavaScript』を読

  75. 2022/09/24 02:43:38 Daily Life含むアンテナおとなりページ

    September 21, 2022
    知られざるコンピューターの思想史
    小山虎さんの『知られざるコンピューターの思想史 アメリカン・アイデアリズムから分析哲学へ』は、いろいろな意味で刺激的な本である。もっと話題になってもいいと思うのだが、今のところあまり話題に取り上げられている様子がない。それは理由がないことではないだろうと思う。以下、この本を読んで思ったことをつらつらと書き留めておきたい。
    1 学術的な思想史の本として
    いきなりであるが、この本を学術的な思想史の本として扱うのは現時点ではむずかしいと思う。「学術的な思想史の本」でないとしても、あとで述べるように、ある種の歴史観についての学術書として、あるいは思想史に関する一般むけの著作としてはまた評価が異なってくると思う。しかし、歴史そのものを学術的に扱う場合にはそれなりの作法があり、本書がその作法に従っているとはいいがたい。あとがき(p.353あたり)から判断すると、著者の小山さん自身も一般向けメルマガの書籍化として(つまり思想史の学術書とは一線を画すものとして)本書をとらえておられるようであるが、あまり思想史の著作を読み慣れない読者はそのあたりの境界がよくわからずに読んでしまうようにも思う。以下に書くことはもちろん小山さん自身はよく自覚しておられることだと思うが、どちらかというと本書の一般読者むけの念押しとして書いておきたい。
    こうした歴史系の著作を読む際、研究者仲間はたいていは文献表や注から読み始めるのではないかと思う。そうするとまず驚かされるのが、本書巻末の参考文献表に挙げられている本が7冊しかない(英語5冊、日本語2冊)ことである。実際には7冊しか参照されていないということはなく、章末注の中でのみ名前が挙がっている書籍や論文も多くある。ただ、その典拠情報を巻末に整理しないことによって、同業者に学術的な思想史の本として読んでもらうつもりはない、というサインを送っているようにも読める。
    次に、典拠に関連する注を見ていったときに驚くのは、人物や組織についての事実関係の注で英語版Wikipediaをはじめとする二次的・三次的資料ばかりが参照されているという点である。二次的・三次的資料といってももちろんいろいろなものがあり、一概に典拠として使えないということはもちろんない。たとえば本書では哲学者についてはスタンフォード哲学百科事典(Stanford Encyclopedia of Philosophy、SEPとよく略称される)というオンラインリソースも多く参照されている。SEPの記事はその分野の第一人者が書いていることが多く、私自身もとりあえずの典拠として挙げることがよくある。これは特に問題視することではないと思う。ただ、SEPの記事もバランスがとれたものばかりではなく、著者の関心が色濃く反映された記述がされることがあるので、もうすこし視点の違うものや一次資料に近いものをあたれるならそれにこしたことはない。
    そのSEPと比べても、英語版Wikipediaを堂々と典拠として挙げることには反対せざるを得ない。英語版Wikipediaが日本語版と比べてはるかに情報の精度が高く、調べ物の際に大変有用であることは否定しない。しかし、英語版Wikipediaの記述はSEPにくらべればはるかに玉石混交で、記述のバランスがとれてないことも多いというのが私の印象である。それとは別に、いたずらの対象となりやすいことも日本語、英語を問わずWikipediaの弱点だと思う。以前、ある概念についての英語版Wikipediaの項目を読んでいて、それを最初に使ったとされる人物の名前がまったく見覚えがない名前で、調べてもまったく関連情報が出てこなかったということがあった。さらに調べると大学の学生らしき同名の人物が検索にひっかかった。おそらく本人か友人かがいたずらしたのではないかと推測される。そのいたずらはすぐに削除されたが、似たようないたずらはけっこう頻繁に目にする。そういうこともあって、学生にレポート課題を出させるときにもWikipedia 情報には注意するように毎回注意喚起している。少し長くなったが、歴史記述の学術的な典拠として、私自身の判断としては、現時点では英語版Wikipedia は使えないし、学生にもそう指導している。(「現時点では」使えない、という但し書きをつけた理由だが、こうしたことについてのスタンダードは時とともに変わるものなので、たとえば30年後に本書を振り返ったときには英語版Wikipediaを典拠とすることに何の違和感もないかもしれないし、この文章を30年後に読んだ人は「昔の人は頭が硬かったんだな」と言うかもしれない。)そういう観点からは、本書の典拠のとり方が一つのメッセージとなってしまわないかというのを危惧している。
    なお、典拠として何を使うかということと情報の質は必ずしも相関しない。本書の記述についてわたしがチェックできる範囲でいくらか調べた限りでは、むしろ内容の正確さには非常に注意が払われていると感じた。あとで数件疑問に思った点を挙げるけれども、これだけ膨大な情報を扱っている書籍であればもっと多く疑問点があるのが普通である。小山さんは二次資料に依拠するとしても、依拠すべき二次資料の選択については信用できる人なのだと思う。
    何を典拠とするかということは本書の性格とも関わる。本書はこれまであまり光が当てられてこなかった、現代英米哲学やコンピュータ・サイエンスの思想的背景の東欧における起源(特にフォン=ノイマンやタルスキの生い立ち)に光をあてることを一つの眼目にしている。あまり光があてられてこなかったのには理由があって、この歴史を本気で(つまり学術的に認められる思想史研究として)語ろうとすれば、英独仏の3カ国語に加えてハンガリー語やポーランド語の文献を読みこなす必要がある。要するにハードルが高すぎて誰にも手が出せない状態にあったわけである。私自身『科学哲学の源流をたどる』では主に英語圏とドイツ語圏の話をし、すこしだけフランス語圏の話をするというバランスになったが、それは私自身の語学能力から言ってそれ以上のことはできなかったからというのもある。
    小山さんはもしかしたらハンガリー語やポーランド語も堪能な上であえてわれわれ読者にもわかるように英語の文献のみを挙げてくれているのかもしれない。一般向け書籍であればそれも十分ありだろう。ただ、研究者仲間からすれば、英語文献だけを手がかりにしてこの問題を論じている(ように見える)こと自体、本書を学術的な思想史としては読めない一つの理由になるだろう。
    2 本書の提示する「歴史観」ないし「視点」について
    さて、最初に述べたように、本書は実証的な思想史研究というよりは、「ある種の歴史観についての学術書」として読むべき本だろうと思う。その歴史観の要点は2つある(他にもあると思うが以下で取り上げるのはこの2つである)。一つは、英米の分析哲学とコンピューター・サイエンスという2つの学問について「一見何の関係もなさそうに見える二つの学問の複雑に絡み合った成立史」(p.19)を描くことができるという歴史観であり、もう一つはその絡み合った成立史を読み解く鍵となるのが「19世紀から20世紀にかけて行われた「オーストリア的」なもののヨーロッパからアメリカへの移行」という視点だという歴史観である。「歴史観」という言葉が大げさなら「視点」くらいでもいいかもしれない。いずれにせよ、小山さんがやろうとしているのは、実証研究から一歩距離をおくことでかえって見えてくる大きなパターンをとらえる「視点」を提示することだと思われる。それ自体は非常におもしろい試みであり、わたしも触発されるところが大きかった。
    本書が扱う膨大な話題のうち、私自身の専門と多少なりともかかわるのはウィーン学団の成立やそのアメリカでの受容にまつわる一部分だけであり、小山さんの語るストーリーの全体像の評価はわたしにはできない(できる人が誰かいるのかというのは疑問である)。しかし、わたしに多少なりともわかる範囲で考えたとき、「コンピューターサイエンスと分析哲学の複雑な絡み合い」と「「オーストリア的」なものの移行」という2つの視点が本当に有益なのかということにはちょっと疑問がある。それについて少し話したい。
    2-1 「オーストリア的」なものについて
    「オーストリア的」なものの方から取り上げる。小山さんの言う「オーストリア的」の具体的な意味は44-46ページあたりで説明されている。それによると、カント的、プロテスタント的な考え方がドイツ的であるのに対し、カトリック国家であるオーストリアの文化はアリストテレス的である。そして、カントとアリストテレスはプロテスタントとカトリックの争いを反映して「両立しえない哲学者」(p.46)になったという。以上のような説明のあとで、「このドイツとプロテスタントを否定するという点にこそ、「オーストリア的」の本質があるといえよう。」(p.46)と小山さんはまとめる。
    この考えを援用して、小山さんはウィーン学団といわゆるベルリン・グループ(ライヘンバッハやヘンペルのグループ)の関係を以下のようにまとめる。
    「「オーストリア的」な知的伝統と「ドイツ的」な知的伝統を特に区別しないのであれば、ウィーン学団とベルリン・グループの違いはぼやけて見えなくなってしまうだろう。しかし、プロテスタント哲学者として哲学に科学や数学の基礎づけという役割を与えたカントが大きな影響力を持っていたドイツと、ブレンターノにせよマッハにせよ科学と哲

  76. 2022/09/18 16:44:00 project suara■■含むアンテナおとなりページ

    さとうじゅんこ 9/15up!
    2022.9.24
    ジャワの影絵芝居・舞踊・ガムラン
    武蔵野スイングホール(武蔵境)/14:00-
    2022.10.8-9
    すみゆめ踊月夜
    隅田公園そよ風ひろば(本所吾妻橋)/14:00-

  77. 2022/09/03 18:34:06 オシテオサレテ含むアンテナおとなりページ

    2022-09-02
    改革派神学における理性の役割 Muller, Post-Reformation Reformed Dogmatics
    Richard A. Muller, Post-Reformation Reformed Dogmatics: The Rise and Development of Reformed Orthodoxy, ca. 1520 to ca. 1725. 4 vols. 2nd ed. (Grand Rapids, MI: Baker Academic, 2003), 1:398–402.
    改革派の神学者たちは、理性が神学の教えを提供するとは認めなかった。それができるのは、聖書だけである。理性ができるのは、神学のうちに論理的な誤りや、端的に非理性的な事柄が入り込むのを防ぐことである。それによって、聖書から結論を引き出したり、その結論を適切に定式化したり、神学の教えを論敵から擁護することに理性は貢献する。このように、理性はあくまで道具として重要である。
    道具としての理性の役割は、聖書でも肯定されている。たとえば、レオンハルト・ファン・リーセンによると、第一に理性は啓示を認識するのに役立つ。『マタイ福音書』第13章51節では、「これらのことがすべてわかったか」とキリストが問い、弟子たちが「はい」と答える。このように、理性によって、弟子たちは教えを認識した。
    第二に、理性は他人と議論したり、論争したりするときに役立つ。『使徒行伝』第17章11節では、ベロイアのユダヤ人たちが「非常に積極的に御言葉に耳を傾け、果してそういうことなのかと、日々書物を検討した」とある。この検討の結果、彼らの多くがキリストの教えを信じるようになった。
    第三に、理性は啓示を説明するにあたって役立つ。『ネヘミヤ記』第8章9節では、「彼ら[=エズラとネヘミヤ]は神の律法の書をはっきりと朗読し、また意味を明らかにしたので、人々はその朗読を理解した」とある。彼らは理性によって、律法の書の意味を明らかにしたのである。
    第四に、理性は誤ったことを見分けるのに役立つ。『フィリポイ』第1章10節には、「そしてその結果あなた方が、何がすぐれたことなのか自分で検証して」云々とある。キリスト教徒は、理性による検証で誤ったことを見出すのである。
    第五に、理性は反論に答えるのに役立つ。『ローマ』第9章19〜20節には、「ではあなたは私に言うだろうか、『それなら(神は)なおも(我々に対して)一体何を非難するのか。誰も神の意志に逆らうことなどなかったではないか』と。おお、人よ。神に対して言い返そうなどとは、あなたはいったい何者なのだ。彫刻の像が制作者に対して、『あなたは何故私をこういう風に作ったのですか』などと言えるだろうか」とある。ここでパウロは理性によって反論に答えている(以上の議論は、Leonard van Rijssen, Summa theologiae elencticae [Bern: Georgius Sonnleitnerus, 1676), I.10, 6に基づく)。
    このように理性の使用の意義を聖書によって裏付けることで、改革派の神学者たちは自分たちの神学が聖書に基づいているという原則を守ろうとしている。このような方針を、盛期正統主義の最後の世代に属するリーセンやマストリヒトも守っている。
    ベネディクト・ピクテーは次のように論じている。理性は信仰の原理 principium でも規準 regula でもない。それは聖書である。しかしそれでも理性は神学において大変役に立つ。
    理性は精神の目のようなものである。対して聖書は、それに沿って目が測るべきものを測る測定具である。理性は道具であり、それによって信徒は、信じるべきこととして示されたことを、真理の曲げられることのない定規 norma としての聖書で測る。それはちょうど私たちが測りたいものを手と目によって公の前腕尺で測るようなものである。だが理性は信じるべきことの定規そのものではない(Benedictus Pictet, Theologia christiana, 2 vols. [Geneva: Cramer et Perachon, 1696], I.14.7, 1:96)。
    この意味で理性は、ハガルと同じく侍女でなければならない。パウロが宗教を理性的な崇拝 cultus rationalis と『ローマ』第12章1節で呼んでいるのも、その源泉が理性だからではなく、宗教を実践するのが理性的な存在者だからである(Turretin, Institutiones I.8.8)。
    トゥレティーニによれば、神学における理性の役割は、公の場で論争を決着させる審判者のそれではない。そのような権威は、神の言葉とそれを伝える牧師にある。理性の役割は、ある個人のうちで真と偽を区別することである(I.9.2)。また理性は、理性には理解不能なこと(たとえば三位一体)についてはいかなる権威も持たない。しかし、カトリックの実体変化の教説やルター派の聖餐におけるキリストの身体の遍在の教えを、物体についての理解と両立不能だという理由で否定することはできる(I.9.8)。また理性は信仰に関する教えを獲得することはできない。しかしそれらが一度啓示によって獲得されれば、それらの間のつながりをつけていくことはできる(I.8.11-12)。
    トゥレティーニはこのような神学における理性の位置づけを、2つの極端な立場の中道を行くものと理解していた。一つはソッツィーニ派によるもので、理性によって基礎づけられないことはすべてひていしまう。もう一つは、相矛盾する言明の間でどちらが正しいかを決める役割を理性から奪ってしまうルター派によるものである(1.8.2-3; I.10.1-16)。
    nikubeta 2022-09-02 14:54
    Tweet
    広告を非表示にする
    改革派神学における理性の役割 Muller, Post-Reformation Reformed Dogmatics

  78. 2022/08/19 16:53:45 常石史子のウィーン(近郊)日記含むアンテナおとなりページ

    記事を書く
    NEW トップ
    ダッシュボード
    編集部おすすめ
    ランキング
    アカウント設定
    初めての方へ(個人の方)
    プランを比較
    法人プラン
    FAQ / お問い合わせ窓口
    NEW トップ 購読リスト トピック
    ダッシュボード
    まず読むならここから! 編集部お気に入りの記事を日替わりで紹介
    毎日更新!
    きょうのはてなブログ
    もっと読む
    「相方」が気になる。「使っていいのは芸人だけだろ!」
    2022-08-10
    なんとなくのネタ帳というか、やりたいことや思いつきをメモしてるノートがある。見せたら無くなってしまう気がして誰にも見せないが、あることはある。自分一人で見て、いいじゃないの と笑っている。そういうの、みんなにもあるのかな。あったらいいな。なくてもいい…
    昨々品々
    子育て日記、息子の「いいところ」を日々見つけます
    コンポスト
    わたしの教育方針として、子供たちに、小4の夏休みに必ずさせると決めてることがある。 なーんて。カッコよく言うたけど、そんなたいしたことではない。 市のリサイクルのプロジェクトに応募すると、段ボールコンポストの材料がもらえる。お姉の時もやったので、namoに…
    namoの毎日
    下調べなしに、ぶらり歩く
    街をあるけば「北鉄野町駅」
    金沢 曇り、夜中に強い雨が降りましたが今は曇っており、今日一日曇り予報で、夏休み最終日です。真夏の「にし茶屋街」から「北鉄野町駅」まで、ぶらぶらネタ仕入れです。いつもの通り下調べなしでしたが、なかなか面白うそうです。北鉄野町駅は鉄砲足軽の組地「石坂角…
    金沢おもしろ発掘
    はてなブログPro
    金沢おもしろ発掘
    Switchで、ソリティアと麻雀ソリティアを遊ぶ
    狂ったようにソリティアばかりやさられて戸惑っているだろうな
    Switchのゲームソフト、アソビ大全を買った。ボードゲームをはじめとした古今東西のさまざまなゲームが遊べるやつだ。だいぶん前に発売されたものだし今更感もあるけど、ずっと気になってて。 このタイミングで踏み切ったきっかけとしては「麻雀を覚えたい」という話か…
    映日堂
    書くことをあきらめないために、自分への縛りを解除する
    ブログを書くハードル
    なんか最近ブログを書けない、というか、書きたいことがないようなあるような、まとまっているようないないような、はたしてこれをブログに書いたところで喜んでくれる人がいるのか、傷つく人がいないだろうか、というようなことをつらつらと考えている。要するにブロ…
    思ったこととか
    AIに作らせたい、「変なTシャツ」を……
    理想のプリントTシャツを求めてmidjourneyを使い始めた
    ぼくが世間一般で言われるところの変なプリントTシャツの収集癖がある、ということはあまり疑う余地がないことであると思う。 このTシャツは随分前に買ったが未だ日常的に着ているし、思い出深いものなのでたぶん5枚から10枚ぐらいは人にプレゼントしている。 www.mine…
    ミネムラ珈琲ブログ
    はてなブログPro
    Tシャツ
    編集部が選んだ
    これまでのおすすめ
    もっと読む
    戦いの中にこそ「日常」は輝く説、あります
    バトルものの日常回(アニオリ)からしか摂れない栄養がある
    日常ものも良いが、バトルものの日常回もいいよね。 というわけで、アニメONE PIECEの懐かしい回と、アニメBORUTOの最近の回のお話をします。 (先にワンピの話から書くので、BORUTOの話が読みたい人はスクロールしてね。すまんな)
    わくわく公式派生作オタク
    他ジャンプ系
    南極で過ごす最後の日。め〜〜〜〜っちゃきれいです
    クライストチャーチの植物園
    南極大陸をついに出るエントリーです。 マクマード基地では相変わらず天候不順やら機体の故障やらで、クライストチャーチ行きの便がひたすら遅れ、なんやかんや1週間くらい滞在しました。 帰還組の僕たちはマクマードではとくに仕事もなにもないので、昼間はずっとイン…
    南極点でくらす1年間のきろく
    はてなブログPro
    つまらない飲み会を脱獄して、雨にうたれる
    ショーシャンクの蕎麦に
    大学1年生の夏、入っていたサークルを辞めた。特別何かを嫌なことがあったとか、異常に尖っていたとか、そういう訳ではない。ただ1人で思い詰めてしまう悪い癖が出ただけだった。 数多ある団体の中から僕は学祭を運営するサークルを選んだ。4月の新歓は皆勤賞、先輩と…
    誰も口癖を知らない
    ドキドキしてほしい・傷つけたい、2つはそう遠くない概念
    短歌や詩のモチベーション
    自分が短歌や詩を書く目的やモチベーションについて結構ずっと考えていて、 ・整理され得ない感情をなるべくそのままの形で発現させることを自分や世界に許していくこと(ここにこれがあるが?ということをしない限り無かったことにされてしまうから) ・希望や幻想に…
    🏳
    誕生日の日記を詳しく書いて、定点観測してみる
    d.o.b.(2022)
    ・202208071959。帰宅して汗を流してソファに座りラジオ番組を待ちながら書いても良い。数年前から誕生日の出来事をできる限り詳細に書いてみている。たとえば正月と同様に誕生日を定点観測することで、何かの変化や傾向が浮かび上がってくるかもしれない。そして毎年…
    &
    はてなブログPro
    ライブも編集も「自分も仲間に加わりたい」感がかっこいい
    柴田聡子 in FIREと『編集の提案』
    昨日は初めて、柴田聡子(正確にはバンド隊も含めて「柴田聡子 in FIRE」)のライブに足を運んだ。 最近リリースしたニューアルバム「ぼちぼち銀河」のレコ発ライブ。別に僕は柴田聡子の熱心なリスナーというわけではまったくなくて、前作の「がんばれ!メロディー」は…
    Masaki Koike's blog
    雑文
    瓶ポカリの食品表示はぜんぶ王冠に書いてある
    瓶ポカリと曇りのひまわり
    瓶ポカリ 前回探しに出かけた瓶ポカリは売り切れてた。 bibinbaday.hatenadiary.jp もうそろそろ在庫復活したかなと思ってTwitterで調べたら無事復活したっぽい!! 友人に頼まれて瓶ポカリを入手しに来た。発売当初のような品薄状態ではないことがこの画像から分かる…
    トマシープの日記
    はてなブログPro
    買い物
    「ワンテンポ遅れるくらいでちょうどいい」。
    自分自身をニュースサイトにしない
    SNSでもブログでも、時事的な事柄・ホットな話題への反射的な言及が自分自身では減ったと感じている。気を付けてそうしているというより、そうすると自分が嫌になる・苦しくなる、という心理的なハードルが上がって勝手にやらなくなってきている。 この「気分」は個人…
    やしお
    所感
    「くるくる回るレコードを見ながら」飲むのもポイントです
    レコードをつまみに飲む
    レコードがブーム、CDの売り上げを上回った、なんて話を聞いても「ふーん」と他人事でした。 レコードプレーヤーを手放したのは、たぶん二十代半ばくらい。引っ越しの時に、もう使わないと思って処分しました。思い入れがあったり、貴重だったりするものを数十枚だけ…
    ダリブロ 安田理央Blog
    音楽
    どんどん文章を書くために「アウトライナー」を使う
    もうWordには戻れない
    昨年の夏、『ライティングの哲学』をよんですぐに「アウトライナー」を使い始めました。アウトライナー(アウトラインプロセッサ)とはその名の通り、文書のアウトラインをざっくりと作るためのツールで、思いついた端からどんどん入力していき、かつあとから文書の体…
    インタプリタかなくぎ流
    はてなブログPro
    しごと
    70代の母とリングフィットに学ぶ、「成長」
    70代の母がリングフィットアドベンチャーをクリアした話。
    以前の記事の続きです。 70代の母にリングフィットを勧めた話。 - 小学校笑いぐさ日記 ……実を言うと、正確にはまだクリアしてないのでタイトルは釣りになるのかも知れない。 とはいえ、母曰く、 「あとは最後のドラゴを倒せばクリアなんだけど、せっかくだから服を全部…
    小学校笑いぐさ日記
    私事
    「彼女を中心にしたひとつの宇宙(コスモス)」
    さらば我が青春のアルティメットまどか
    私が彼女と出会ってもう7年以上が経つ。 彼女が我が家にやってきたのは、私が大学1年生の時のことだった。 “彼女”とはもちろん、グッドスマイルカンパニーより2012年12月に発売された1/8スケールフィギュア「アルティメットまどか」のことに他ならない。
    深呼吸の時間
    はてなブログPro
    自分語り
    もっと読む
    毎週月曜更新
    週間人気記事ランキング
    もっと読む
    「酒場で見ず知らずの人と親しく話し、取材する方法」を書いた朝日新聞記者の記述が面白かった(「ルポ トランプ王国2」)
    INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-
    ひろゆきとガーシーとFC2高橋氏について
    続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記
    はてなブログPro
    ひろゆきの賠償金未払いの真相について(追記あり)
    続・はてなポイント3万を使い切るまで死なない日記
    はてなブログPro
    『チェンソーマン』藤本タツキ先生が影響受けた、オススメしている作品【漫画編】
    社会の独房から
    はてなブログPro
    もう読んでくれる人がいなくなって、話題にも、お金にもならない『ブログ』というもの
    いつか電池がきれるまで
    はてなブログPro
    『リコリコ』のかわいさ・気味悪さ、それからいまどきの搾取
    シロクマの屑籠
    はてなブログPro
    リファクタリングはエンジニアの福利厚生であり管理指標への影響はほとんどないんでは
    きしだのHatena
    はてなブログPro

  79. 2022/07/31 04:52:32 Living Well Is the Best Revenge含むアンテナおとなりページ

    アラヴィンド・アディガ『グローバリズム出づる処の殺人者より』
    「The White Tiger」、白い虎という原題がどうやったらこんなに長く、意味不明のタイトルとなるのか、読み終えてもよくわからないが、本書はインド在住でアメリカに学び、経済ジャーナリストとしても活躍する作家の処女作、かつブッカー賞受賞作である。インド人作家のブッカー賞受賞作といえば直ちにサルマン・ラシュディの傑作「真夜中の子供たち」が連想される。ラシュディの小説がインドの現代史を魔術的リアリズムの手法で再構築するのに対して、アディガはインドの現在、いやむしろ私たちが生きる世界が現在陥っている状況をインド人運転手の語りによってみごとに浮かび上がらせている。
    まず語りの形式が奇抜だ。この小説は初めから終わりまで主人公であるホワイト・タイガーことバルラム・ハルワイが同じ相手に語りかける形式をとっているが、その相手はなんと翌週にインド訪問を控えた中国の実在の首相、温家宝なのだ。バルラムは実に慇懃に自分の半生、現在の境遇を語り続ける。例えばこんな調子だ。例によって冒頭部を抜き書きする。
    首相殿もわたしも英語を話しませんが、世の中には英語でしか言えないこともあります。その一つをわたしは、雇い主だった故アショク様の元奥様、ピンキー奥様に教わりました・(中略)だから本当にいらっしゃるのかどうか、じかにお訊きしたいんです。いらっしゃるのであれば、大切なことをお伝えしておきたいもので。
    続いてバルラムは自分の指名手配のポスターが街中に貼り出されていることに触れたうえで、時間を遡り、幼少時から自分の半生を語り始める。インドには闇と光という二つの国がある。端的に言えば貧しい農村部と豊かな都市部の区別だ。ガヤ地方ラクスマンガール村という闇の中に車夫の息子として生まれたバルラムは細民として苛酷な少年時代を送る。この村は「スイギュウ」「コウノトリ」「イノシシ」と呼ばれる地主たちによって支配され、村人たちは生活のすべての面において彼らに収奪されている。バルラムは父の希望でかろうじて学校に通うが、教師さえも生徒たちの給食費をくすね、職業への倫理感がない。給料が出ないので医者たちは病院に来ないため、実直な人力車夫であった父は職業病ともいうべき結核に罹患し、まともに治療を受けることさえないまま病死する。ハルワイというのはカースト名であり、菓子作りの職能を意味するからハルワイは兄とともに茶店で働き、わずかな収入を得ていたが、才気煥発で野心に満ちたバルラムはまもなく故郷を捨て、ダンバートという街へ出て運転手の職を得る。偶然ではあるが苦労して得た運転手の職はラクスマンガール時代の強欲な地主「コウノトリ」の息子アショクに仕える仕事であった。インドで運転手を務めるということは単に車の運転をするだけでなく主人に対して食事の世話からマッサージまでその生活の全てに奉仕することを意味する。ピンキーという妻とともに最近ニューヨークから戻ったアショクは開明的な思想の持ち主であり、バルラムを一人の独立した人格として扱う。バルラムが何かの罪を犯して指名手配されていることは最初から明らかにされているが、冒頭の章の末尾で意外な罪名が暗示される。すなわち「そして八か月後、アショク様の喉を切りさいたのです」という一文だ。
    かかる先説法によって物語の輪郭は比較的早くから明らかとなる。そして続いて語られる細部、つまりインドにおける階級間の格差と相互の憎悪の描写は戦慄的である。「光」であるアショクとピンキーは「バッキンガムタワー」なる高級マンションに住むが、「闇」出身のバルラムを含む運転手たちは同じ建築の中のスラムのごとき区画、ゴキブリが這い回る共同寝室に共同トイレや共同シャワーといった一画に押し込められている。優雅な家具、複数の高級自動車、ウイスキーや音楽に彩られた「光」の世界と、不潔で不快な住環境、交通渋滞、読む雑誌といえば『週刊殺人事件』しかない「闇」の世界、全く異なった二つの世界が運転手という仕事を通して執拗に交錯する。バルラムは次第にアショクと(マングースという別名をもつ)ムケシュ兄弟、そしてピンキーからの信頼を得て、彼らの私生活や隠された行動、政治家たちとの癒着の場面に立ち会うこととなる。「光」に属する者たちは「闇」に出自をもつ者を人間とみなさない。アショクやピンキーらはバルラムの前で平気で性的な営みを行い、暴力をふるい、贈賄行為を行う。それは彼らがバルラムに対して人間としての恥を感じないからであろう。かかる退廃がいかにしてもたらされたかを考えることは意味がある。インドにはカースト制度が厳存しているが、少なくとも本書においてカーストが前景化されることはない。バルラムがハルワイ(彼の姓でもある)というカーストに属し、それが菓子職人を意味すること、ムケシュがバルラムに対してお前のカーストでは飲酒が許されているか尋ねる場面などで読者はかろうじてカースト制度の存在を意識するが、少なくとも物語の内容と直接関わることはない。おそらくかかる退廃の直接の由来は植民地という制度に求められよう。アショクはイギリスではなくアメリカと関係があるが、アショクとバルラムの関係を宗主国と植民地の関係とみなすならば、かかる非対称を理解することは容易だ。そしてここで重要なのは、同じインド人であるはずのアショクとバルラムがかかる関係をすでに内面化している点だ。バッキンガムタワーの豪奢とその横で建設労働者たちが一列に並んで野外で排便しているスラムとの対比はかかる関係の象徴であろう。バルラムは支配/被支配の内面化が支配側だけでなく被支配側にも進んでいることを洞察している。バルラムはそれを「鳥籠」と呼ぶ。
    こんなにわずかの人間がこんなに多くの人間をこんなにこき使うのは、人類の歴史でも初めてのことです、温首相。この国では、一握りの人間が残りの99.9パーセントの人間をあらゆる面で協力に、巧妙に、狡猾に教育して、永遠の奴隷にしたてあげてきたのです。その奴隷根性のすさまじさたるや、自由への鍵を渡してやっても、悪態とともに投げ返されるほどです。
    バルラムが鳥籠と呼ぶインド社会の秘密は「家族」にある。家族という紐帯によって人々は鳥籠に縛りつけられ、そこから逃げ出すためには家族が主人によって皆殺しにされても平気な覚悟が必要なのだ。実際にバルラムは都会に出てからもラクスマンガールの家族との関係を断ち切ることができない。物語の終盤でバルラムは自分を監視するために家族から送り込まれた甥とともに生活することになる一方、自分の罪のために家族が皆殺しにされる恐怖に怯える。このようなエピソードが現実のインド社会をどの程度反映しているかについて私はよくわからない。そして語り手の常に慇懃な文体がかかる隷属意識の内面化を形式的に保証している。
    ニューヨークでの生活を経験したアショクは開明的であり、人権や倫理について多少の常識を持ち合わせているかにみえる。しかしインドに戻ってムケシュの指示で政治家や有力者に贈賄工作を続け、彼らとともに非行を繰り返すうちに、次第に生活は荒み、ピンキーとの関係も緊張をはらむ。語り手であり運転手たるバルラムはその過程を冷徹に観察する。酒に酔ったピンキーは車を運転して子どもを轢き殺すが、ムケシュはバルラムを身代わりにしようとする。この不祥事は結局もみ消されるが、ピンキーはアショクのもとを去り、アショクの生活はさらに乱れる。主人と運転手、二人の関係は愛憎入り混じった独特の陰影を帯びる。そして赤い鞄に賄賂の大金を詰め、大臣のもとに運ぶアショクを乗せた車内で一つのカタストロフィーが訪れる。先に述べたとおり、このカタストロフィーは冒頭で予告されていたが、その後、物語は意外な展開を遂げる。強奪した賄賂を元手に事業を起こしたバルラムは汚職と犯罪が横行する薄汚い「光」の世界で得た知識を駆使して、殺人者ならぬ成功者となり、かつての自分のような者たちを使役する身分へと入れ替わるのだ。ひたすら使役される者であったバルラムがついには温家宝に語りかける語り手たる位置を手に入れたたことは、支配と隷属、主人と奴隷の関係が再生産されていることを暗示している。しかし鳥籠から逃げ出したことを誇るバルラムの語りがなおも隷属意識と諂(へつら)いに貫かれている点は、語り手の置かれた屈折した位置を暗示している。解説によると作者アディガは本書を構想するにあたって、ラルフ・エリスンらの黒人文学を念頭に置いたというが、十分に理解できる説明であり、現在であれば一連のサバルタン文学との関係も指摘することができるだろう。
    手紙のかたちをとったバルラムの語りはバンガロールから発せられる。現在のインドに詳しくない私でも、この年がインドのシリコンバレーと呼ばれアメリカの大企業がかつての宗主国のごとく進出していることは知っている。実際に本書の中にはヤフーやらIBMやら「グローバル企業」の名も頻繁に登場する。私たちはグローバリズムが世界を全く新しい位相へと変えたことを知っている。グローバリズムとは最安価で手に入れた商品を最も高価で売りさばく市場のメカニズムの別名であり、商品に最も高い値段がつけられるのがアショクのニューヨークであり温家宝の北京であるのに対し、最も安く供給することが可能な場所はインドでありパキスタンであるはずだ。この時、「グローバリズム出づる処の殺人者より」というタイトルもかろうじて理解することが可能だ。バルラムはグローバリズムを最底辺で支える(=出づる)階級であったからだ。先にごく少数の人間が大多数の人間を奴隷として扱う社会という発言を引いた

  80. 2022/07/07 06:56:14 わたしのひみつのせいかつ含むアンテナおとなりページ

    広告を非表示にする
    広告を非表示にする
    広告を非表示にする
    広告を非表示にする
    広告を非表示にする
    広告を非表示にする
    広告を非表示にする

  81. 2022/05/28 12:46:06 The Official Community of Rufus Wainwright含むアンテナおとなりページ

    Rufus Wainwright, Lea Michele, and Molly Ringwald in Conversation with Jordan Roth: Judy Garland at 100
    Judy Garland was a legend. But her legacy goes beyond film and music. Join Grammy-nominated singer-songwriter Rufus Wainwright with acclaimed actresses Lea Michele and Molly Ringwald as they talk to Jordan Roth...
    Read More

  82. 2022/05/17 19:14:04 some of them are old含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  83. 2022/04/11 22:45:24 土居義岳のリハビリ建築ブログ含むアンテナおとなりページ

    website on パリのラ・ヴィレット公園がたいへんなことになっているらしい

  84. 2022/04/09 05:25:07 経済学101 〓 経済学的思考を一般に広めることを目的とした非営利団体です含むアンテナおとなりページ

    ブランコ・ミラノヴィッチ「ロシア経済の展望:長期の問題」(2022年3月11日)
    2022年4月8日 by optical_frog コメントを書く
    [Branko Milanovic, “Long term: Difficulties of import substitution and delocalization,” Global Ine […]
    Filed Under: Branko Milanovic, 翻訳記事
    2022年4月  (6)
    ブランコ・ミラノヴィッチ「ロシア経済の展望:長期の問題」(2022年3月11日)

  85. 2022/03/24 15:52:31 保立道久の研究雑記含むアンテナおとなりページ

    東大寺大仏と新羅出兵計画  『 歴史地理教育』 673号2004-08)
    東大寺大仏と新羅出兵計画ーー
    歴史地理教育 / 歴史教育者協議会 編 673号2004-08)
    「戦後」の歴史教育において、奈良時代のイメージは、しばしば山上憶良の「貧窮問答歌」、そして反乱を起こして拷問をうけた橘奈良麻呂が語ったという「東大寺を造り、人民辛苦す」という言葉によって語られた。
    このような筋書きを歴史教育に最初に持ち込んだのはおそらく羽仁五郎であろう(羽仁「大化改新」、『羽仁五郎歴史論著作集』3、青木書店)。私は、羽仁の歴史学の意味を全否定するものでも、また羽仁の言説の根拠となった北山茂夫「奈良前期における負担体型の解体」(『歴史科学大系3』校倉書房)の研究史上の意義を否定するものでもない。しかし、「戦後歴史学」を考える場合、この種の羽仁の文章が学問的論文としての体をなしていないことは確認しておくべきだと思う。
    たしかに、はじめての本格的な統一国家として登場した律令制王国の下で、人々が新たなきびしい条件におかれたことは事実である。しかし、それは共同的な性格をもった社会から階級的社会が確立した社会への歴史の変化を、より理論的かつ具体的に論じるなかで自然に理解されるべき問題であるはずである。右の奈良麻呂の言葉をとくに取り出し、必然的に「人民辛苦」を東大寺大仏の歴史的評価の問題と関係させて議論するというのは、あまりに安直・狭隘な「人民史観」である。
    そして、現在からみると、何よりも問題なのは、その視野があまりに「自国史」の枠内に局限されていることである。私は、東大寺大仏の意味を考えるにあたっては、八世紀、二度にわたって高まった新羅出兵計画との関連をふまえなければならないと思う。これを八世紀政治史の最重要点として強調したのは、石母田正『日本の古代国家』であり、その指摘の鋭さはさすがに「戦後歴史学」の主流をになった歴史家にふさわしいものである。そして、この石母田の指摘は、さらに意識的に、同時代の安禄山の反乱をはじめとするユーラシア全体の歴史の理解のなかで生かされてねばならない。この点は、最後に若干ふれるとして、まず東大寺大仏の建立と新羅出兵計画の絡み合いの様子をみてみよう。
    新羅出兵計画は、旧高句麗地域において建国された渤海が、その勢力を拡大し、七二七年、日本に遣使し、自己が高句麗の跡をうける地位にあると称し、「親仁、援を結び、庶くは前経に叶わん」と、日本との同盟を申し入れたことがきっかけとなった。この使者を渤海まで送っていった遣渤海使・引田朝臣虫麻呂が、七三〇年(天平二)八月に帰国して渤海の現況を報告して以降、新羅侵略の議論が一挙に沸騰したのである。同年九月の大納言藤原武智麻呂の大宰帥兼任、十一月の畿内惣官職・諸道鎮撫使の設置、さらにその翌年七三二年(天平四)の諸道節度使の補任は、新羅に対する戦争体制の構築そのものである。その中心に藤原不比等の四人の子供、藤原武智麻呂・房前・宇合・麻呂、いわゆる藤原四卿が位置していたのはいうまでもない。そして、同じ年、七三二年に渤海が山東半島登州を攻撃し、唐が新羅に援軍派遣を要求する。こうして、七三五年、新羅は唐から渤海と境を接する唄江以南の地の割譲をうけ、唐との連携を強化しつつ、渤海との戦争状態の前線に立った。
    この中で、七三六年(天平八)に発遣された日本の遣新羅使が、新羅の接遇を「常礼を失う」ものと咎めるという事件が発生した。帰国した彼らの報告をうけた朝廷は、翌七三七年(天平九)二月、主要な官人四十五人を内裏に招集し、意見を開陳させたが、その中には、使者を新羅に遣わして問詰するという意見のほかに、「兵を発し征伐を加えん」というものがあったという。石母田『日本の古代国家』は、この出兵路線を主唱した人物こそ藤原広嗣であったと推定している。こうして、夏四月、伊勢・大神・筑紫住吉・八幡・香椎の諸社に奉幣し「新羅无礼の状」を報知するという状況が展開したのである。
    しかし、奉幣の直後の夏四月から秋にかけて藤原不比等の四人の息子が疫病で全員死去するという事件が発生し、この対新羅戦争の動きは一頓挫することとなる。しかも、翌七三八年(天平一〇)には、長く空位であった皇太子に、阿倍内親王がつき(後の孝謙=称徳女帝、時に二〇歳)、橘諸兄が右大臣となった。これによって王権と廟堂の構成は大きく切り替わったのである。石母田が「諸兄政権の対新羅政策は消極的であるのが特徴」であるとするように、この時期、新羅出兵という衝動は確実に希薄になった。その中で、同年十二月に、広嗣は、大和守から大宰少弐に左遷される。そして孤立した広嗣が「時政の得失を指し」た上表を提出し、反乱に踏み切ったのは、七四〇年(天平一二)のことであった。
    私は、このような動きの背景として、東大寺大仏の造立に結果した聖武の宗教的諸事業の位置を無視できないと考える。まず注目すべきなのは、前述の対新羅政策が議題となった太政官論議の翌月、七三七年(天平九)三月、聖武が国毎に釈迦仏像を造り大般若を写せという命令を発布したことである。『続日本紀』をみれば、これ以降、宮中および諸国での読経・造塔、僧侶への布施などが連続し、聖武が宗教事業に熱中していく様子が明らかである。その中で、七四〇年(天平一二)二月、聖武が河内国の知識寺に詣でて廬遮那仏を見たことが大仏建立の祈願を導いた。結局、新羅出兵の雰囲気を希薄にさせたのは、聖武の宗教事業であったのであり、それにともなう人的・物的負担が、もう一つの国家事業としての新羅出兵の条件を掘りくずしたのである。
    もちろん、新羅出兵という軍事計画の頓挫の理由は、それ自身としては政治史の内部に理由をもとめねばならず、決定的であったのは、新羅出兵を主唱した広嗣の反乱にあった。とくに、聖武の宗教的行動のもう一つの起点が、七四〇年(天平一二)、広嗣の乱の真っ最中、伊勢神宮を「増飾」するために平城京を離れて伊勢に向かったことにあったことは重要であろう。この伊勢行が有名な聖武の「彷徨五年」といわれる遷都・造宮行動につながったのであるが、最近、仁藤智子『平安初期の王権と官僚制』(吉川弘文館、二〇〇〇)は、この東国行幸は、壬申の乱における天武勝利の「由緒」の道を歩み直し、支配の正統性を再確認しようとしたもの、一種の王自身によるデモンストレーションであったという説得的な見解を提出した。それを前提として、さらに、私は、この行動が聖武自身によって伊勢の「増飾」ー「天下神宮」に対する信仰の表出であると明言されていること、そして、この彷徨の最後に到着した紫香楽宮において「大仏建立」の詔が発せられたことに注目したい。「古代史」の研究状況は承知してないが、「廬遮那仏者、聖武皇帝勧進天下衆庶、祈請伊勢大神宮」(「東大寺八幡大菩薩験記」)と言い伝えられ、東大寺と伊勢をつなぐ神話的諸観念が繰り返し想起されたことは、東大寺史の問題としては著名な事実である(永村真『中世寺院史料論』吉川弘文館、二〇〇〇、三五頁)。
    聖武の彷徨は、天武の「由緒」をたどりながらの伊勢巡礼から大仏造立の適地を探り歩くというものであった。聖武は天武の東征神話の上に伊勢信仰と大仏信仰を積み上げ、王権中枢の矛盾を宗教的に救済しようとしたのである。その中で、王家の「氏寺」としての東大寺が完成するとともに王家の「氏神」としての伊勢神宮の地位も確立したというのが、さまざまな議論のある王家宗廟としての伊勢神宮の位置の確立についての私見である。そして、東大寺大仏が、陸奥黄金によって全身を塗金された姿を現したのは、七五二年(天平勝宝四)四月の大仏開眼会であった。そのメインイヴェントとなった五節舞が、天武天皇が吉野山中で幻視したという天女の舞を模したものであること、そのようなものとして『竹取物語』の原風景というべきものであったようするに、この経過のなかには、『続日本紀』には十分には記録されていない伊勢・吉野・大仏・黄金をつらぬく天武王統の神話が表現されているとみなければならないというのは、別に論じた通りである(保立「『竹取物語』と王権神話」『物語の中世』東京大学出版会、一九九八年)。
    この開眼会には新羅王子の金泰廉をトップとする総勢七〇〇余人からなる新羅の大規模な参詣使節団が参加した。これは東アジアの国際政治のなかで現実的な外交政策を追求せざるをえない立場にあった新羅が、日本との間に仏教的・宗教的な親和をはかろうとしたものであろう。そして、このような行動の背景には、新羅が大仏建立をみちびいた華厳宗の一大拠点であったことがあったにちがいない。しかし、日本国家はこの宗教的なメッセージをうけとめようとはしなかった。しかも、東大寺大仏の建造が新羅出兵計画の中断の重要な条件であったということは、その完成が日本と韓半島の関係にきなくさい雰囲気を呼び戻すことを意味したというのが東アジア政治史の実際であったのである。新羅の参詣使節の帰国と入れ替わるようにして、十余年ほど途絶えていた渤海使が来日し、長期間にわたって日本に滞在し、彼らは、唐・新羅に対抗するために、ふたたび日本との軍事的提携の確認を申し入れたのである。これが新たな二度目の新羅出兵計画のきっかけとなったのであり、そして、その中軸をになったのが、藤原武智麻呂の子供、仲麻呂であった。
    この後の詳しい経過については、行基の渡来人としての素性の問題をふくめて、拙著『黄金国家ー東アジアと平安日本』(青木書店、二〇〇四)の第一章「奈良時代の東アジアと渡来人」を御参照願いたいが、この二度目の新羅出兵計画も、出兵の直前までいきながら、幸いに

  86. 2022/03/18 08:18:05 まぜるなきけん含むアンテナおとなりページ

    2022年3月16日水曜日
    遂に日本でも電懋ブームが?
    (えいが)(しようもない日常)
    〈「はじめに」という名の言い訳〉
    下記の記事は、2月はじめに書いたものです。
    当ブログ(Blogger)は、スマホでの更新が恐ろしくしにくい設定のため(ハイパーリンクもロクに貼ることができない)、下書きのまま放置しておりました。
    その後、楚原監督の訃報もあり、その件も加筆してからと思いながらずるずると時は流れ、気付けば3月半ばになっておりました。
    そんなわけで、今回は敢えてそのままアップいたします。
    悪しからず、ご了承下さいませ。
    ↓↓↓ここから↓↓↓
    どうも。
    いつの間にやら2022年でございます。
    おかげさまで、昨年暮れにお知らせした研究会でのおしゃべりも無事に終了いたしました。
    さて。
    今年初め、国立映画アーカイブで開催された特集上映「香港映画発展史探究」。
    前身のフィルムセンター時代も含め、国立映画アーカイブでは初めて(!)の香港映画に関する大規模特集上映でした。
    その中で、満を持してというべきか、ようやくというべきか、遂に上映されたのが王天林&葛蘭の最高傑作である『野バラの恋(野玫瑰之戀)』。
    これが予想通り(当たり前よねー)大変な好評でして、電懋(國泰。キャセイ・オーガニゼーション)作品に興味を持つ方も増えている模様です。
    思えば、不肖せんきちがメインサイト「旅荘  愛のさざなみ」(永遠の未完成サイトw)を立ち上げ、インターネット上で電懋作品の紹介を始めたのが2004年のこと。
    それから20年近くの歳月を経て、ようやく時代がオレに追い付いたか!(大げさ)と感慨に耽っております。
    まあ、ライバルである邵氏に関しても、日本における享受は新派武侠映画以降の作品が中心で、それ以前の「女優の時代」の作品は殆ど顧みられることがないのも残念なのですが、今回の特集をきっかけに、電懋や邵氏の女優メイン作品が日本でももっともっと見られるようになって欲しいものです。
    そういえば、なぜに上映されなかったのかしらん、李麗華様の作品……。
    投稿者 せんきち 時刻: 11:45 0 件のコメント:
    ラベル: えいが, しようもない日常, たび
    ▼ 2022 (1)
    ▼ 3月 (1)
    遂に日本でも電懋ブームが?
    ► 2021 (4)
    ► 12月 (1)

  87. 2022/02/01 00:15:09 日暮し地図含むアンテナおとなりページ

    < February 2022 >

  88. 2022/01/31 10:45:14 Tactile Fragments含むアンテナおとなりページ

    @niftyトップ
    ページが見つかりません。
    ブラウザで再読み込み(Reload)や再起動していただいても表示されない場合は、
    URLが間違っているか、ココログ開設者がココログを閉じた可能性があります。
    秒後に、自動的にココログトップページにジャンプします。
    すぐにココログトップページを見る
    すぐにココログにログインする
    ウェブサイトの利用について 個人情報保護ポリシー
    ©NIFTY Corporation

  89. 2022/01/27 15:36:36 daily report from mt.olive含むアンテナおとなりページ

    Forbidden
    You don't have permission to access /applet/unspiritualized/archive
    on this server.

  90. 2022/01/24 12:20:07 HELLOGOODBYE含むアンテナおとなりページ

    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2011-09-13
    デンゼルの不思議
    映画 雑記
    デジャヴ [DVD]
    出版社/メーカー: ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
    発売日: 2007/08/03
    メディア: DVD
    購入: 3人 クリック: 145回
    この商品を含むブログ (143件) を見る
    サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD]
    出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
    発売日: 2010/02/24
    メディア: DVD
    購入: 2人 クリック: 24回
    この商品を含むブログ (31件) を見る
    アンストッパブル [DVD]
    出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
    発売日: 2011/08/03
    メディア: DVD
    クリック: 5回
    この商品を含むブログ (15件) を見る
    『デジャヴ』(2006)
    『サブウェイ123 激突』(2009)
    『アンストッパブル』(2010)
    トニー・スコットのここ3作の流れに不思議な印象を受ける。いずれの主人公もデンゼル・ワシントンであるが、主人公は、作品ごとにだんだん「動かなくなって」いく。『デジャヴ』では、主人公はまさにアクションによって本来不可逆であるものに突き進んでいく。デンゼルは車で過去にいる犯人を追いかけるのだが、ある装置によって、片方の目は過去(数日前)の映像を見て犯人を追跡しており、現在を見ているもう片方(肉眼のほう)は、高速道路を逆走する。一見むちゃくちゃである。理論としての過去、逆方向に進んだ先の場所というより、過去が歴然と過去である場所。僕らにすでに「起きてしまった」ことの場所。それを変えるということはどういうことだろうか。高速道路の暴走が何であるかと言えば、そこには過去への信頼があり、現在へのまっすぐな意志があった。常に過去が先にあるように、すべては後悔から始まる。もし現在のこの意志を過去に届けることが出来たならば、それを受け取った過去が現在の私に追いついたとき、私はそれを信じることができるのだろうか。この言葉を、あなたの進行方向に引き伸ばしてほしい。それこそが未来を想像することではないか。高速道路の逆走をもう一度言うなれば、そこには今への信頼があり、未来への確かな意志があったのだ。
    『サブウェイ123 激突』ではどうだろう。デンゼルはトラボルタ(犯人のボス)を追う。一般市民の彼にトラボルタを追う理由は無い。彼を突き立てるものは何なのか。トラボルタに追いつく場面。デンゼルは線路を横切りトラボルタに近づこうとするが、同じタイミングで電車が向かってくる。ちょっとためらった後、電車が来る前にひょいと線路をこえる。一瞬我に返ってこのまま進む理由を失った時にも、人はそのまま歩みを止めない。そこでは『デジャヴ』のような切迫も熱情も無い、言わば普通の日常の動作である。『アンストッパブル』では、更に「到達」すらも為されないままである。暴走列車を止めようと、彼は最後部から貨物の上を渡って運転席に向かおうとする。だが、やがて行き止るのだ。それ以上は進めなくなる。彼は運転席にたどり着けない。そこにはTV局のカメラによって立ち止まる彼の姿が映し出されるだけであった。
    『デジャヴ』で在ったデンゼルのそれは、デンゼル本体のみではなく、一部を別の何かへ「外部化」したのかもしれない。横切る電車。踏み越えられるレール。あるいは、それは誰かに託され、いつか振り返ったときにやっと世代交代と呼ばれるような類であったと認識されるようなささやかさで、下の世代の誰かがそれを引き受けたのかもしれない。わからないが、いずれにせよ『デジャヴ』で感じたデンゼルのそれは、『サブウェイ123 激突』『アンストッパブル』においても少しも後退していないと思われた。
    デンゼルは、作品ごとにだんだん「動かなくなって」いく。けれども『デジャヴ』も後2作も、デンゼルは相変わらずである。そこには信頼があり、未来への意志があったのかはあなたに確かめてほしいのだが、もしかしたらアクションを置いたままトニスコは映画をすごいところへ連れていくかもしれない。
    hke1120 2011-09-13 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2010-08-10
    『ウォンテッド』
    映画 映画ア行
    ウォンテッド [DVD]
    出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
    発売日: 2010/04/02
    メディア: DVD
    クリック: 25回
    この商品を含むブログ (20件) を見る
    『ウォンテッド』 監督:ティムール・ベクマンベトフ
    『ウォンテッド』のラストは、物語の不信によって、世界はお前に関係しないということを、世界は接点でしかないことを知る。運命は絶対だけど、何らかの形であれ己は運命に介入できる、その主体性を放棄したところに着いて、物語ははじめて映画を背負えることができるんではないか。ここでもまたひとつ決別が生まれたのだ。「自分を知りたい」という願望は、すなわち自分で自分を裏切り続けることであると、この映画ははっきりと言っているのだ。主人公の前にあらわれる物語は、押したら倒れるような薄情さで、彼の運命を証明してはくれないだろう。だがたとえ前から真実が現れたとしても、主人公には、俺には、それを信じることができるのだろうか。主人公は自分の才能に目覚めてからも「自分がわからない」と言った。主人公は2度ほど裏切られる。ひとつはサミュエル・L・ジャクソンの謀略。もうひとつはヒロインとの決別だ。アンジェリーナ・ジョリーの自死は、主人公と彼女の信じるものが、一度も、少しも、交わっていなかったことを告げる。そしてそれは、彼が依った親子の物語もまた何ら証明されるものではない、と思い知ることに等しい。
    ファミコンのカセット取りかえるみてーに軽薄に、いつか自分は自分の物語もまた裏切るだろう。
    hke1120 2010-08-10 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    次のページ
    プロフィール
    id:hke1120
    読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
    このブログについて
    検索
    リンク
    はてなブログ
    ブログをはじめる
    週刊はてなブログ
    はてなブログPro
    最新記事
    『クロニクル』
    『オブリビオン』
    『ウルヴァリン SAMURAI』


    月別アーカイブ
    hke1120の日記
    Powered by Hatena Blog | ブログを報告する

  91. 2022/01/17 00:00:20 〈B術の生態系〉Bな人のBな術含むアンテナおとなりページ

    そしてその1秒後の23秒=「1917年」4月10日に、フランスの “Société des Artistes Indépendants" を模した “Society of Independent Artists(「独立芸術家協会」:「1916年」設立)" が主催する「第一回年次展」(注15)が、北北東5キロ(画面左)の「グランド・セントラル・パレス(The Grand Central Palace)」で開かれ、「地上世界」に於ける「人類」共通の「美術史」上の「常識」とされる「泉」騒動が起きる。

  92. 2022/01/01 12:23:57 観る含むアンテナおとなりページ

    Copyright (C) 2001-2022 Hatena. All Rights Reserved.

  93. 2021/12/10 12:53:20 News (Before- & Afterimages)含むアンテナおとなりページ

    「カミ」なき時代の影向図──「かげ」の論理
    田中純 (2021年12月 2日 19:58)
    Tweet
    『UP』12月号に寄稿しました。連載「イメージの記憶」の第66回です。 書誌情報は田中純「「カミ」なき時代の影向図──「かげ」の論理」、『UP』590号(2021年12月号)、東京大学出版会、2021年、41〜47頁。
    2021年12月
    26 27 28 29 30 31
    「カミ」なき時代の影向図──「かげ」の論理
    2021年12月 (1)
    Essays (189)

  94. 2021/11/07 03:01:57 数えられなかった羊含むアンテナおとなりページ

    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/rlink/www/kharuuf/wp-content/plugins/category-order/category-order.php on line 284

  95. 2021/09/15 20:01:02 昨日は必然、今日は偶然。含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  96. 2021/08/29 10:02:06 開発チエの日記含むアンテナおとなりページ

    404
    お探しのページは見つかりませんでした。
    はてなブログ トップ
    はてなブログ ヘルプ

  97. 2021/08/16 21:38:47 あたらしいひ含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  98. 2021/08/16 21:14:01 shiraishitの日記含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  99. 2021/08/16 20:50:52 専念 Q含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  100. 2021/08/16 20:26:17 The Red Diptych含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  101. 2021/08/16 20:13:54 港の人日記 含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  102. 2021/08/16 20:13:25 日曜日の朝から憂鬱な僕は人生の七分の一を損している含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  103. 2021/08/16 20:06:07 Atelier Manuke含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  104. 2021/08/16 19:39:48 香港電影迷宮+blog含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  105. 2021/08/16 19:08:05 なにがし庵日記含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  106. 2021/08/16 18:31:19 Transparence含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  107. 2021/08/16 18:18:06 bigger than life含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  108. 2021/08/16 18:10:57 雨宮まみの「弟よ!」含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  109. 2021/08/16 17:54:22 はやくブロガーになりたい含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  110. 2021/08/16 17:49:12 目黒 条の目含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  111. 2021/08/16 16:33:41 日日銀盤含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  112. 2021/08/16 16:30:25 不美人の力含むアンテナおとなりページ

    このブログについて

  113. 2021/07/26 21:12:06 映画芸術含むアンテナおとなりページ

    2021年07月21日
    7月30日発売!映画芸術476号
    2021年07月21日
    7月30日発売!映画芸術476号
    ドライブ・マイ・カー
    巧みな演出法と話法で新作毎に注目される俊英・濱口竜介が村上春樹の短編に挑んだ『ドライブ・マイ・カー』、チェーホフの「ワーニャ叔父さん」の舞台劇を交差させ、登場人物の多重な心理に繊細な眼差しを向ける濱口演出、本領発揮の出来。その背景を探る
    【インタビュー】濱口竜介
    現場で何かが起こる、その可能性を高めるためにはできるだけ準備をすることに尽きます
    サンマデモクラシー
    1963年の沖縄、サンマにかかっていた関税の還付を求めてひとりの女性・玉城ウシが裁判を起こした――「ウシがアメリカに喧嘩を売った」、この過去の出来事を突破口にして、複雑な沖縄自治の課題に挑んだひとりのテレビマン・山里孫存に、数々の秀作を作り、現在はNHK沖縄に在籍する渡辺考が熱い思いを寄せる
    【対談】山里孫存×渡辺 考
    こんな沖縄があった、こんな人たちが生きていた……。復帰以前の沖縄を伝えていくのは、自分の宿命だという思いがあります
    音 好宏 半植民地的な米軍統治への怒りがここに
    緊急特集
    遠ざかるピンク映画 その見えざる現場でいま何が起こっているか?
    内藤忠司 『ハレンチ君主 いんびな休日』に早くから関わってしまった私の、裁判傍聴記
    いまおかしんじ 痴漢保健室
    菅 孝行 週刊新潮が「作った」不敬映画 『ハレンチ君主 いんびな休日』を読む
    井上淳一 私の初めてのピンク映画の行方
    坂本 礼 『まったくなぁ。』
    [シナリオ]ハレンチ君主 いんびな休日 荒木太郎+いまおかしんじ
    東アジア反日武装戦線をめぐって、ふたたび
    [再録] 鈴木邦男 『テロ 東アジア反日武装戦線と赤報隊 新版』第2部 戦争・原罪意識そして〈狼〉
    稲川方人 黒川芳正『母たち』を見る 政治的戦略としての「母性」
    インタビュー フランソワ・オゾン 取材・文 魚住桜子
    一途な感情や幻想、思い込みによる失望、そこには普遍性があり、ホモセクシュアリティとは直接的な関係はありません
    アイダよ、何処へ?
    後藤和夫 事実を直視せずに明日はない
    MINAMATA-ミナマタ-
    代島治彦 ドキュメンタリーとは異なる地平へ
    北園現代史 自由の裏に隠された衝撃の実態 一般公開Ver.
    桃井 章 学校の外は、政治の嵐の只中にある
    浜の朝日の嘘つきどもと
    大内 靖 映画は今日も嘘をつく。だって何もはじまっていないのだから
    キネマの神様
    荻野洋一 現代日本映画にとって山田洋次とは何なのか?
    特別座談会 配給会社はいまどうしている?
    私たちがいま担うべきもの
    志村大祐(ザジフィルムズ) 加藤武史(アンプラグド)
    村田敦子(ミモザフィルムズ) 小林三四郎(太秦)
    田井 肇(シネマ5支配人) 北條誠人(ユーロスペース支配人)
    寺脇 研(映画運動家)
    連載トーク第2回 映画たちよ!私たちのディスクール
    映画はどこで自由となりどこで不自由となるのだろうか
    川口敦子 児玉美月 岩槻 歩 近藤希実
    追悼 清水邦夫
    石橋蓮司 蜷川さんが去って、蟹江もいなくて、清水さんも逝ってしまって、甘美な時は終わった
    追悼 谷口晃
    吉村英夫 好敵手谷口晃との40年
    いまおかしんじ 倫理の先生
    林 久登 脚本から見えてくる景色
    [遺文] 谷口 晃 シナリオ修業体験記
    [谷口晃遺稿シナリオ] ブント・ノスタルジア
    追悼 李麗仙
    足立正生 わが時代の女王は、最後には能楽劇を演じつつ、逝ってしまった
    太陽肛門スパパーン 新作アルバムを聴け!
    花咲政之輔 円谷幸吉の魂を先頭に、東京オリンピックを阻止し、近代オリンピックを廃絶しよう!
    うみべの女の子/サマーフィルムにのって/かば/最後にして最初の人類/素晴らしき、きのこの世界/東京自転車節/黄龍の村
    岩槻歩/菊井崇史/桝田 豊/武隈風人/大久保渉/柴垣萌子/磯田 勉
    Books Reviews
    佐藤美鈴 荒井晴彦、森 達也、白石和彌、井上淳一著「映画評論家への逆襲」
    高橋伴明 藤森益弘著「夢の炎 映画に恋した男たち」
    松岡錠司 岸惠子著「岸惠子自伝」
    坪井里緒 川本三郎著「映画のメリーゴーラウンド」
    児玉美月 西森路代+ハン・トンヒョン著「韓国映画・ドラマ──わたしたちのおしゃべりの記録2014〜2020」
    井上淳一 安井国穂著「仮面の狂騒 警視庁機動捜査隊216」
    川口敦子 猿渡由紀著「ウディ・アレン追放」
    編集部の一冊 寺脇 研著「西部邁が支持したアメリカ映画論」
    菅孝行の戦後史 ことにおいて後悔せず
    大木雄高 「LADY JANE」又は下北沢周辺から
    わたなべりんたろう 日本未公開傑作ドラマ紹介
    邦洋★映画合戦 荒井晴彦×寺脇 研
    春日信一 雀の涙
    posted by 映芸編集部 at 15:55 | レポート| |

  114. 2021/07/19 15:37:32 トレードと日常含むアンテナおとなりページ

    子供をつくること
    リンクを取得
    Facebook
    Twitter
    Pinterest
    メール
    他のアプリ
    7月 18, 2021
     最近今までとは違う考え方になってきたことがあって、それは子供についてです。 私は約20年前に、妊娠したことがありますがその際は、人工妊娠中絶しています。 自分が妊娠を途中でやめて出産しなかったことについて、なぜなのだろうとか、一般的に信じられている倫理観を背景に自分を責めたりとかもずっとしてきましたが最近思っているのは全く違うことです。 子供産まなくてよかったな、こう思うようになりました。 ものすごくあからさまに言ってしまえばこの世は苦しみに満ちていて、 その苦しみの中で子供を産んで その子供に「幸せになってね」っていうこと自体、かなりの無理ゲーを強いていますし また、「幸せになってね」っていう親本人が、 何が幸せか全然わかってないケースがほとんどです。 たかだか2世紀ちょっとの歴史の資本主義のドグマに、人生の時間を全振りしろ、という 親が多いように思いますが、資本主義の本質は、 不要なものを必要なことに見せかけて経済を拡大しながら、より多くの分け前をとる ということだと思いますがその中で必須なスケールは「人と比べる」ということです。 あの人に比べて多い、少ない(優越、劣等)、これをやり続けるとどうなるかというと 一番このスケールにおいて「勝ってる人たち」だと思われるイギリス王室でさえ、 ダイアナさんがメンヘラになるとか、結局どこまで行っても 幸せになれてないわけで、終わりがないし、果たしてそれは幸せなのか?という。 話は変わりますが、人の行動の原動力になる唯一のもの、 それは「孤独感」です。 最近、占いの仕事をさせていただくことが結構あるのですが、 みんな、一言で言うと孤独になりたくなくて悩んでいる。 お金がないのも、友達がいないのも、恋人と別れたのも、 なぜ悩むかというと孤独を想起させるから。 孤独感を覚えると死を連想して恐れるんだと思います。 子供を作る行為、その動機の中にまったく、一切 「自分の孤独感を軽くしてくれる存在」が欲しい、 これを思わない親はいないんじゃないかなと思うと、 「孤独ぐらい自分で向き合いなさいよ」 と思ったりするのです。 あと、何度かこのような発言を聞いたことがあります。 「自分一人だけだと自殺してしまうと思ったから、子供を産んだ」 「子供がいるから頑張れる、子供がいなかったら離婚していた」 これって美談じゃないと思うんですよね。 子
    コメントを投稿
    続きを読む
    7月 20219

  115. 2021/07/13 00:41:30 電文、幾つか含むアンテナおとなりページ

    読者になる
    作品の作品存在に関しては、それはまず、おのれがおのれとは別のものであることを告示するものとして把握されているだろう。それはアレゴリーやシンボルとして、物それ自体の水準として与えられてある自己の限定を超え出る何かとして、作品であるおのれを、物の物的存在や道具の有用的限定の水準からみずから引き抜き、そのようなおのれのありかたを声をもって公表する存在の開示だとされている。「あらゆる芸術は根源的には(狭い意味での詩作品ということではなくて、広義の)詩作である」というようにハイデッガーは発言しているけれど、そういうような断定もひょっとしたら、作品存在のおのずからなされるこの別のものの告示であるような物的なものによる自己超克的な宣言性の水準とどこかでかかわっているものなのかもしれないけど、そこらへんはよくはわからない。それはともかく、ここではたとえば、ディディ=ユベルマンのような人が芸術の表象再現性という通念を否定するために語っていたはずの「描くことは宣言することではない」というあの強い語調の言葉をハイデッガーの声の上にかぶせて二重に響かせておくべきなのだろうし、さらにその響きに「これはパイプではない」でのフーコーによる、あの「描くことは断言することではない」という言説とイメージからなる類似性の回路に踏み迷った者から届くかのような声を混入させるべきなのだろう。(そのうえで、いったん混和したそれらの声をあらためて識別しなおし、それぞれの響きがそれぞれの向かう先にどのように響くことになるのか、ひとつにはおそらく、そのような複数の相互に微細な差異をはらむ異質な機微の重なりやズレの数々から発する軋みのような雑音を聴き取ることこそがここでの課題になるんじゃないかなとも思える)。ハイデッガーにおいて芸術作品の作品存在がある別のものの開示の水準を開くとされるとき、真理の空け開けの場所に詩作と

  116. 2021/07/12 20:54:02 paint/note含むアンテナおとなりページ

    読者になる

  117. 2021/07/12 19:48:49 生きてみた感想含むアンテナおとなりページ

    読者になる
    ももクロの5人の魔法は解けてしまった。では、これからは4人の魔法がつづいていくのか。それは正直、わからない。これまでの5人の魔法の裏側に、じつはメンバーを苦しめる残酷さが潜んでいたということを知ってしまったいま、それと同じか、また別種の残酷さが、他の4人のメンバーを苦しめているのではないか、やはりどうしても考えてしまう。たんに魔法に甘えるというのは無責任なのではないか。間違いないことは、ももクロファンとして、ぼくたちはさらに一段成熟する必要がある、ということだと思う。ぼくたちは無邪気だった。無邪気に魔法を信じていた。その無邪気さが誰かを苦しめているかもしれない、なんて思いもせずに。この無邪気さを部分的にであれ失ったあとに、どういう形でファンたりうるのか。その具体的な姿はまだわからないけれど、ファンとし

  118. 2021/07/08 22:15:33 木下長宏のウェブログ - Yahoo!ブログ含むアンテナおとなりページ

    © Yahoo Japan

  119. 2021/07/08 17:43:03 Yahoo!ブログ - 猫とダンボール城含むアンテナおとなりページ

    © Yahoo Japan

  120. 2021/07/08 16:07:51 秋日和のカロリー軒 - Yahoo!ブログ含むアンテナおとなりページ

    © Yahoo Japan

  121. 2021/06/09 13:07:06 革命の日の朝の屑拾い日記含むアンテナおとなりページ

    人気ブログランキング | 話題のタグを見る

  122. 2021/03/09 13:27:13 The Good Life is out there, somewhere含むアンテナおとなりページ

    ※https://blog.goo.ne.jp/marion2000neoは、見つかりませんでした。

  123. 2021/03/09 13:19:19 仮想算術の世界含むアンテナおとなりページ

    ※https://blog.goo.ne.jp/f-ryotaは、見つかりませんでした。

  124. 2021/03/04 13:49:43 Uoh!含むアンテナおとなりページ

    ’);}//-->
    404 Not Found
    お探しのページは見つかりませんでした。
    削除または非公開に設定されている可能性があります。
    URLに誤りがないかもご確認ください。
    トップページへ戻る
    利用規約
    プライバシーポリシー
    広告掲載について
    シーサーについて
    スタッフ募集
    お問い合わせ
    Copyright © 2003 Seesaa Inc. All Rights Reserved.

  125. 2021/02/26 02:52:58 いぐちぶろぐ « IndieTokyo含むアンテナおとなりページ

    新文芸坐シネマテーク/オンライン映画塾

  126. 2021/02/02 09:24:03 私のように美しい含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  127. 2021/02/02 07:49:24 映画侠客伝 三代目襲名含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  128. 2021/02/02 07:33:47 帰ってきたハナログ含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  129. 2021/02/02 05:41:56 shin422の日記含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  130. 2021/02/02 05:13:01 toomuchofnothing含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  131. 2021/02/02 04:00:08 ベルリン・レター・パート 2含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  132. 2021/02/02 03:52:24 記号とか事件。含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  133. 2021/02/02 03:36:42 辣子辣嘴不辣心 小妹嘴甜心不真含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  134. 2021/02/02 02:48:04 真魚八重子 アヌトパンナ・アニルッダ含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  135. 2021/02/02 02:28:52 ものがたり百科含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  136. 2021/02/01 23:18:09 longlongloveletterの日記含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  137. 2021/02/01 18:51:47 ワニ狩り連絡帳含むアンテナおとなりページ

    FAQ / お問い合わせ窓口

  138. 2021/01/28 16:17:02 偽日記含むアンテナおとなりページ

    このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にしてご覧ください。
    設定方法は「JavaScriptを有効にする方法を知りたい」でご案内しております。
    インターネット接続
    SIM・スマホ
    会員特典・ポイント
    オプションサービス
    サポート
    ログイン
    さん
    メンバーステータス
    メール通
    ポイントpt
    ログアウト
    閉じる
    マイページ
    お知らせ
    So-netトップ
    お知らせ
    2020年
    詳細
    2020年9月18日
    ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
    「U-Page+」サービス提供終了について
    平素はSo-netをご利用いただき、誠にありがとうございます。
    このたび、誠に勝手ながら、2021年1月28日(木)をもちまして、「U-page+」サービスの提供を終了させていただくこととなりました。
    サービスをご利用いただいておりますお客さまには、ご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げますとともに、これまでのご愛顧に厚くお礼申し上げます。

    ■提供終了サービス名
    U-Page+
    ■提供終了日
    2021年1月28日(木) 15:00
    提供終了日以降、お客さまのWebコンテンツの表示、FTPからのデータダウンロードができなくなります。
    ■解約のお手続きについて
    2021年1月28日(木)をもって自動解約となりますので、お客さまご自身での解約のお手続きは必要ございません。
    サービス終了日以前に解約をご希望のお客さまは、解約のお手続きが必要です。
    下記のWebページよりお手続きください。
    解約手続き
    ※上記Webページの「解約」ボタンをクリックした後に表示される画面の案内にそって、
    So-netのユーザーID、ユーザーIDパスワードを入力してください。
    ■ご利用料金について
    2020年12月度のご利用分まで
    ※サービス提供終了月となる2021年1月分のご利用料金は無料となります。
    ■代替サービスについて
    誠に申し訳ございませんが、弊社での代替サービスはご用意しておりません。
    他社様のサービスへの移行をご検討ください。
    ■類似サービスについて
    代替サービスのご用意はございませんが、独自ドメインを取得していただければ、新たなWebスペースをご利用できる類似サービスを提供しております。(現在ご利用されているURLとは異なります)
    So-net レンタルサーバーHS
    ■よくあるご質問
    Q:ホームページはいつまで公開されているの?
    A:お客さまのホームページは、2021年1月28日(木)15:00まで公開させていただきます。
    サービス終了後は、サービス終了案内に切り替えさせていただきます。
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
    Q:データはいつまでダウンロードできますか?
    A:2021年1月28日(木)15:00までFTPへログインし、データのダウンロードや削除が可能です。
    サービス終了時刻以降は、FTPへログインすることができなくなります。
    お手数をおかけしますが、サービス終了日までに必要なデータのダウンロードをお願いいたします。
    なお、サービス終了後にデータを削除させていただきます。
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
    Q:エクスポート機能などは提供されますか?
    A:誠に申し訳ございませんが提供の予定はございません。
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
    Q:URLを延長して利用したい
    A:大変恐れ入りますが、ご利用されているURLで表示されているWebコンテンツは、
    2021年1月28日(木)15:00をもってサービス終了案内に切り替わり、
    その後はURLをご利用いただくことはできません。
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
    Q:サービス終了案内の内容と掲載期間は?
    A:お客さまのWebコンテンツに関連した情報は表示せず、
    U-Page+サービスを終了した旨のみをご案内をさせていただきます。
    サービス終了案内は2月末まで表示させていただきます。
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
    Q:サイト訪問者へ告知を出したい
    A:他社様のサービスにて新サイトを作成いただき、
    「U-Page+」側に新サイトのURLをご掲載することをおすすめいたします。
    2021年
    2020年
    2019年
    2018年
    2017年
    2016年
    会社情報
    個人情報保護/情報セキュリティ
    ウェブサイトご利用条件
    © Sony Network Communications Inc.

  139. 2020/12/17 05:51:23 石版!含むアンテナおとなりページ

    アンナ・カレーニナ(上) (新潮文庫)
    ¥ 935
    アンナ・カレーニナ(中) (新潮文庫)
    ¥ 1,155
    アンナ・カレーニナ(下) (新潮文庫)
    ¥ 979
    狂気の巡礼
    ¥ 4,000
    やってはいけないデザイン
    ¥ 1,980
    虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)
    ¥ 990
    吉兆味ばなし〈2〉
    ¥ 3,520
    ゴダール全評論・全発言〈1〉1950‐1967 (リュミエール叢書)
    ¥ 3,550
    学生時代に

  140. 2020/12/14 07:51:20 独解、吉本さん含むアンテナおとなりページ

    2020年12月
    12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031
    心的現象論の読者には基礎知識でしかないことですが、哲学をはじめさまざまな思索が自己言及の不可能性ゆえにアンタッチャブルのままきたものがここにあります。少なくともポストモダンやニューアカや自己言及というものがブレークスルーすべきものであることは見出していました。その後の沈黙は方法が見当

  141. 2020/08/26 02:47:55 北沢かえるの働けば自由になる日記含むアンテナおとなりページ

    自動的に移動しない場合はをクリックしてください。

  142. 2020/08/03 11:44:59 Dravidian Drugstore含むアンテナおとなりページ

    2020年8月
    1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031

  143. 2020/05/05 15:12:14 アブラブログ含むアンテナおとなりページ

    04| 2020/05 | 06
    -----12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31------

  144. 2020/03/13 13:37:18 東京国立近代美術館〓フィルムセンター含むアンテナおとなりページ

    臨時休館延長のお知らせ

  145. 2020/01/01 05:22:36 もぐらだってそらをとぶ含むアンテナおとなりページ

    Copyright (C) 2001-2020 hatena. All Rights Reserved.

  146. 2019/07/08 13:26:28 DESIGN IT! w/LOVE含むアンテナおとなりページ

    ×
    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

  147. 2019/06/07 22:36:45 江川純一のブログ - storia delle religioni, come mai? -含むアンテナおとなりページ

    ご指定のページが見つかりません。
    URLをもう一度お確かめ下さい。
    新しいブログサービス「はてなブログ」を始めてみませんか?
    はてなブログは、はてなが新しくオープンしたモダンでシンプルなブログサービスです。 これからブログをはじめる方は、ぜひはてなブログをご利用ください。
    ブログを開設する
    Copyright (C) 2001-2019 hatena. All Rights Reserved.

  148. 2019/05/14 21:12:32 every japanese woman cooks her own curry含むアンテナおとなりページ

    スマートフォン用の表示で見る
    Forbidden
    https://matsue.hatenadiary.org/ は非公開に設定されています。
    はてなブログ
    はてなブログとは
    はてなブログPro
    アプリ
    テーマ ストア
    旬のトピック
    グループ
    著名人ブログ
    はてなブログの目指す場所
    今週のお題
    機能変更・お知らせ・ヘルプ
    はてなブログ開発ブログ
    週刊はてなブログ
    ヘルプ
    障害情報
    お問い合わせ窓口
    はてなブログの活用事例
    はてなブログMedia(企業向けプラン)
    クリエイターのためのはてなブログ
    NPO支援プログラム
    図書館支援プログラム
    広告掲載について
    関連サービス紹介
    はてなブックマーク
    はてなフォトライフ
    はてなキーワード
    カラースター
    はてなダイアリー
    日本語 English
    アプリでいつでも、はてなブログ
    Copyright (C) 2001-2019 Hatena. All Rights Reserved.
    書き残そう、あなたの人生の物語

  149. 2019/04/11 20:34:50 新着切手情報 一覧 - 日本郵便含むアンテナおとなりページ

    x
    日本郵便トップ > 切手
    普通切手をはじめ、人気のキャラクターや美しい自然・風景など、さまざまな題材を描いた特殊切手や、地域の特色に富んだオリジナル フレーム切手など、バラエティ豊かな切手をご用意しています。
    また、お気に入りの写真などから自分だけのオリジナル切手を作成できる、オリジナル切手作成サービスもご利用いただけます。
    郵便局で常時販売している切手です。さまざまな郵便料金に対応した切手のほか、慶事用・弔事用の切手もご用意しています。
    特殊切手・ふるさと切手・グリーティング切手
    季節のデザインの切手や様々なテーマのシリーズ切手など、最新の切手情報をご紹介します。
    オリジナル フレーム切手
    全国の郵便局で販売するフレーム切手の販売開始日や販売郵便局、商品画像等の情報を掲載しています。
    オリジナル切手作成サービス
    あなたのお気に入りの写真や手書きのイラストで、世界に一つだけの切手シートを作成しませんか?
    1997年〓2017年度に発行した特殊切手や、地方の特色ある風物を題材にしたふるさと切手の発行一覧と発行計画をご覧いただけます。
    関連情報・サービス
    郵便局にゆかりのある風景や名所を描いた風景印を紹介します。
    イベントや催物にちなみ、期間限定で押印できる小型印の情報を掲載しています。
    郵便局で常時販売している通常はがきや、年賀はがきなどのくじ付きはがき、郵便書簡などをご紹介します。
    ゆうパックスマホ割
    ゆうパックがトク・ラク・ベンリになる
    スマホアプリができました!
    母の日ギフト
    定番のカーネーションや季節の花、スイーツ等
    おすすめのギフトを豊富にご用意しています。
    配達のお申し込み
    配達のお申し込み
    検索したい文字列を入力してください
    よくあるご質問・お問い合わせ

  150. 2019/01/22 11:32:09 映画評論家緊張日記含むアンテナおとなりページ

    2019-01-21
    2018年映画ベスト10
    映画秘宝2019年3月号が発売になりましたんで、2018年の映画ベストを転載させていただきます。
    2 『ブリグズビー・ベア』(2017 デイヴ・マッケイ)
    3 『パディントン2』(2017 ポール・キング)
    4 『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017 ギジェルモ・デル=トロ)
    5 『覗かれる人妻 シュレーディンガーの女』(2018 城定秀夫)
    6 『Dimension』(1991-7 ラース・フォン・トリアー)
    7 『快楽の漸進的横滑り』(1974 アラン・ロブ=グリエ)
    8 『レディ・プレイヤー・ワン』(2018 スティーブン・スピルバーグ)
    9 『ボトロップの120日』(1997 クリストフ・シュリンゲンジーフ)
    10『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(2018 パノス・コスマトス)
    去年は城定監督で何を選ぶかというのが頭のひねりどころだったかと思いますが、ここはあえて『恋の豚』をはずしてこれ。狙いすぎですね。トホホ、コメントその他は本誌をどうぞ。なぜこれが一位なのかという話も含め、冒頭で町山と対談しております。対談の中で高橋洋さんの名前を出してしまってますが、これぼくの勝手な思い込みですんで、高橋洋さん(本人)にはなんの関係もありません。お詫びして、すべての責任はわたくしにあることを言明しておきます。

  151. 2018/12/27 01:03:04 別冊 東京直撃地獄拳! あなたになら言える秘密色のはちみつ。〜 日曜日が待ち遠しいと思った、わたしのたった365日の中の野良猫ロックな日々と映画たちは 意外とオルカよりも速く泳ぐ。痛いほどきみが好きな金魚のしずくは、バトルクリーク・ブローな皆殺しの天使。含むアンテナおとなりページ

    スマートフォン専用ページを表示
    別冊 東京直撃地獄拳! あなたになら言える秘密色のはちみつ。(日曜日が待ち遠しいと思った、わたしのたった365日の中の野良猫ロックでつぐみな日々と映画たちは、皆殺しの天使と 痛いほどきみが好きな金魚のしずく、もしくは 悲しみも喜びも幾年月な 桜咲く頃、俺の背中にこんなに陽が当るわけがなかったり、俺の彼女は16トンなわけがない。)
    - 1 2 3 4 5.. 次の7件>>
    2055年10月11日
    おしらせ。
    おはようございます。
    えっと‥ 引越しました。
    .
    【関連する記事】
    532/550「モテキ」。
    531/550「紙兎ロペ(回覧板)」#2。
    530/550「神様のカルテ」。
    529/550「紙兎ロペ(試食コーナー)」#5。
    528/550「8 1/2」。
    posted by 東京こじか(とえいが)。 at 09:00| Comment(0)| TrackBack(0)| 2011| |
    2011年10月05日
    532/550「モテキ」。
    こんにちは。
    えっと、久保ミツロウさんが書いた原作漫画の映画化作品を観て来ました。10月3日。
    「モテキ」。
    (2011年/日本)
    舞台は 東京(野外フェスの場面はどこか)。とある31歳の青年の 恋と仕事と音楽な日々をツイットに描いた、甘酸っぱい青春恋愛音楽映画。または、とある31歳の青年と出会った女性らのそれぞれの恋模様ほかの日々を描いた 青春映画。または、ツイッターな人々の日々を描いた ツイット映画。もしくは、音楽に情熱を傾けた ミュージシャンらの音楽との日々を描いた 青春恋愛音楽映画。大根仁監督作品。
    懐かしさでいっぱいな映画でした。(物語後半のたるみがちょっと残念でしたけれど)すっごく元気が出ました。
    (機会があれば再度観に行こうと思います。)
    (わたしの中では)麻生久美子さんと仲里依紗さんがとてもキュートでした。
    (たぶん さいたまスーパーアリーナっぽい場面での「イッツ・オー・ソー・クワイエット」なシーンは ずうっとエンドレスで観ていたいくらいに素晴らしいものでした。)
    .こめもえのいりぐち。
    posted by 東京こじか(とえいが)。 at 14:43| Comment(0)| TrackBack(0)| 2011| |
    2011年10月04日
    531/550「紙兎ロペ(回覧板)」#2。
    こんばんは。
    えっと、某テレビ局で放送中の「スイートプリキュア」の第12話はちゃんと見ました。
    (#12「リンリーン!キュアミューズのこと教えてニャ!」。)
    さて、今回わたしが観てしまった映画は、TOHOシネマズとROBOTによる「Gift Movie」プロジェクトの第一弾(TOHOシネマズで映画本編が始まる前に上映される短編映画)です。10月4日。
    「紙兎ロペ(回覧板)」。
    (2011年/日本)
    舞台は 日本(下町)。紙兎のロペと紙リスのアキラ先輩の日常を描いた短編アニメーション映画。内山勇士監督作品。
    TOHOシネマズでしか観ることのできない短編映画「紙兎ロペ」は TOHOシネマズで映画を観る時はいつも(早めに席について)拝見しています。いつも楽しみにしています。
    .こめもえのいりぐち。
    ラベル:内山勇士 青池良輔 2011 篠田麻里子 AKB48
    posted by 東京こじか(とえいが)。 at 21:49| Comment(0)| TrackBack(0)| 2011| |
    2011年10月03日
    H#1176「DISCO ディスコ」。
    おはようございます。
    えっと、我が家でこちらの作品が上映されました。9月26日。
    「DISCO ディスコ」。
    (「DISCO」。2008年/仏)
    .
    posted by 東京こじか(とえいが)。 at 10:16| Comment(0)| TrackBack(0)| 2010 - 11 とわがや| |
    H#1175「波の数だけ抱きしめて」。
    おはようございます。
    えっと今日は、スティーヴィー・レイヴォーンさんの ××回目の誕生日です。
    (Stevie Ray Vaughan。)
    さて、我が家では こちらの作品が上映されました。9月26日。
    「波の数だけ抱きしめて」。
    (1991年/日本)
    .
    posted by 東京こじか(とえいが)。 at 10:13| Comment(0)| TrackBack(0)| 2010 - 11 とわがや| |
    H#1174「コール」。
    おはようございます。
    えっと今日は、エディ・コクランさんの ××回目の誕生日です。
    (Eddie Cochran。)
    さて、我が家では こちらの作品が上映されました。9月26日。
    「コール」。
    (「TRAPPED」。2002年/米)
    .
    posted by 東京こじか(とえいが)。 at 10:11| Comment(0)| TrackBack(0)| 2010 - 11 とわがや| |
    H#1173「花と蛇2 パリ 静子」。
    おはようございます。
    えっと今日は、ジュリアン・デュヴィヴィエさんの ××回目の誕生日です。
    (Julien Duvivier。)
    さて、我が家では こちらの作品が上映されました。9月26日。
    「花と蛇2 パリ 静子」。
    (2005年/日本)
    .
    ラベル:2005 石井隆 今田茂 愛葉るび 狩野千秋 明石きぶし 杉本彩 遠藤憲一 宍戸錠 不二子 荒井美恵子 伊藤洋三郎 山口祥行 中山俊 飯島大介 品川徹 クラッシャー高橋 akira
    posted by 東京こじか(とえいが)。 at 10:09| Comment(0)| TrackBack(0)| 2010 - 11 とわがや| |
    - 1 2 3 4 5.. 次の7件>>
    [PR] カウンター
    広告
    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。
    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。
    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。
    posted by Seesaa ブログ
    ×
    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

  152. 2018/05/14 10:14:00 The Beach : October 2010含むアンテナおとなりページ

    Not Acceptable
    An appropriate representation of the requested resource /diary.html could not be found on this server.

  153. 2018/01/24 16:45:12 ふし日記 弐含むアンテナおとなりページ

    404 Blog is not found
    お探しのページは見つかりませんでした。
    はてなブログトップ
    はてなブログヘルプ
    はてなブログ
    はてなブログとは
    はてなブログPro
    アプリ
    テーマ ストア
    旬のトピック
    グループ
    著名人ブログ
    はてなブログの目指す場所
    今週のお題
    機能変更・お知らせ・ヘルプ
    はてなブログ開発ブログ
    週刊はてなブログ
    ヘルプ
    障害情報
    お問い合わせ窓口
    はてなブログの活用事例
    はてなブログMedia(企業向けプラン)
    クリエイターのためのはてなブログ
    NPO支援プログラム
    図書館支援プログラム
    広告掲載について
    関連サービス紹介
    はてなブックマーク
    はてなフォトライフ
    はてなキーワード
    カラースター
    はてなダイアリー
    日本語 English
    アプリでいつでも、はてなブログ
    Copyright (C) 2001-2018 Hatena. All Rights Reserved.
    書き残そう、あなたの人生の物語

  154. 2018/01/06 20:56:05 憂愁の美含むアンテナおとなりページ

    ページが見つかりません。
    ブラウザで再読み込み(Reload)や再起動していただいても表示されない場合は、 URLが間違っているか、
    ココログ開設者がココログを閉じた可能性があります。
    ココログトップへ戻る >>
    個人情報保護ポリシー
    ©2008 NIFTY Corporation

  155. 2017/11/16 19:26:15 魅惑の名画座 〜東京の名画座/上映スケジュール〜含むアンテナおとなりページ

    Forbidden
    You don’t have permission to access /~mizurin/joho.htm on this server.
    Additionally, a 403 Forbidden error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.

  156. 2017/04/25 12:18:01 シリーズ・ギリシア哲学講義(Schola Philosophiae Graecae)―日下部吉信:公式ブログ― 含むアンテナおとなりページ

    お早めのダウンロードをお願いいたします。

  157. 2016/12/23 18:02:15 こころ学含むアンテナおとなりページ

    こころ学
    Home
    About
    Archives
    こころ学
    指と科学とお相撲と(2)
    2012-02-08 (水)
    前回の記事から時間がたってしまいましたが、指と日本の伝統的格闘技、すなわち「大相撲」の関係について、ご紹介したいと思います。実はのんびりしている間に、大手ブログサイトで論文が紹介されてしまったり、研究チームのリーダーである大竹文雄先生ご自身がブログで紹介されたりしたので、研究結果の大枠について、すでにご存知の方も多いと思います。そこで、それらの記事で触れられていない、論文の細部、重箱の隅の味わい方をご紹介しようかと思います。
    Continue reading
    Comments (Close): 1
    TrackBack (Close): 0
    亀の甲より年の功
    2011-12-03 (土)
    皆さんは年を取るということにどういうイメージを持っているでしょうか。
    記憶力は衰え,思考能力は鈍くなり,気力も低下する,といったネガティブな印象を持たれるかもしれません。
    ところが実際はそうとばかりは言えないようです。
    今日は,老人たちが若者たちよりも的確な判断を行っているということをお話ししたいと思います。
    Continue reading
    Comments (Close): 0
    TrackBack (Close): 0
    指と科学とお相撲と(1)
    2011-12-02 (金)
    皆さん「科学」というものに、どのようなイメージをお持ちでしょうか。
    これは科学者の側の被害妄想かも知れませんが、しばしば「科学的」というと「ゼッタイに正しい」「ゼッタイとは言わないまでも、かなり正しい」と思われていたり、そこから逆に「こんな妙な話を”正しい”というのだから、科学は怪しい」とか思われることがあるように感じます。被害妄想かも知れませんが。
    「科学の定義」については、色々な意見があることと思います。ただ一つ言えることは、「一人の天才科学者によって、世紀の大発見がなされる」という科学へのイメージは、しばしば誤りである、ということです。
    Continue reading
    Comments (Close): 0
    TrackBack (Close): 0
    怖い顔の目的、あるいは楳図かずおについての一考察
    2011-11-30 (水)
    楳図かずおでも何でも良いので、ホラーやサスペンスの漫画や映画で、恐怖に襲われて叫んでいる被害者の顔を想像してください。感情の心理学という研究領域では、それを「恐怖顔」 fearful face とか「恐怖表情」fearful facial expression などと呼びます。人類学的な調査に基づいて、この「恐怖表情」をはじめ、「怒り」、「嫌悪」、「幸福」、「悲しみ」、「驚き」といった表情は、文化や民族によらず人間一般に共通していると考えられており、「基本6感情」と呼ばれることもあります。
    さて、仮にこうした顔表情がヒト一般、すなわちホモ・サピエンス Homo sapiens という種一般に見られるとすると、そこには何らかの進化的背景がありそうだ、という気がしてきます。事実、進化理論を最初に唱えたチャールズ・ダーウィン Charles Darwin も、既にこの点に気付いていたようで、『人及び動物の表情について The Expressions of Emotions in Man and Animals』という著作で、人間の顔表情が動物のそれから連続的に進化してきた可能性を提唱しています。
    しかしそれにしても、それぞれの表情は、なぜ「この形」になったのでしょうか?
    Continue reading
    Comments (Close): 0
    TrackBack (Close): 0
    能面の笑み、能面の憂い
    2011-02-15 (火)
    子どもの頃のある冬の晩、ふと見上げた夜空に三つの明るい星が並んでいることに気が付きました。きれいな星を見つけたことを親に得意げに伝えたら「あれはオリオン座だよ」と簡単に返されました。その時に「ああ、みんな思うことは同じなんだな」と感じたことを覚えています。
    オリオン座という名前は知っていました。でも、それがどんな星座かは知りませんでした。それでも、あの三つ星は「特別なもの」としてヒライシの目に映ったのです。20世紀のアジアの片隅に住む少年にも、古代ギリシャの人々にも、あの三つ星は特別に見える。古代のシュメール文化、エジプト、中国などでも、オリオンの三つ星は特別なものと考えられていたそうです(Wikipeida; オリオン座)。時代も言葉も文化も違う人々が、同じものをみて同じように感じる。人間にはさまざまな違いがあるけれど、同じ「こころ」もあるのだと思うと、ちょっと嬉しくなります。今回はそんな研究を紹介しましょう。テーマは日本文化。能です。
    Continue reading
    Comments (Close): 0
    TrackBack (Close): 0
    More...
    Home
    Recent Entries
    指と科学とお相撲と(2)
    亀の甲より年の功
    指と科学とお相撲と(1)
    怖い顔の目的、あるいは楳図かずおについての一考察
    能面の笑み、能面の憂い
    Recent Comments
    Kai 2012-02-15 (水) 18:14
    Kai 2012-01-24 (火) 12:06
    たける 2012-01-24 (火) 10:07
    Kai 2010-10-04 (月) 12:03
    alegre 2010-10-03 (日) 21:20
    Categories
    平石 界
    池田 功毅
    田村 亮
    Archives
    2012-02
    2011-12
    2011-11
    All
    Search
    こころ学内の検索
    Feeds
    RSS2.0
    Atom
    Page Top
    Copyright © 2008- Kokoro Research Center,Kyoto University. All Rights Reserved.

  158. 2016/09/21 00:53:17 akttkc.com含むアンテナおとなりページ

    2016年9月21日
    さっきかあ突然眼精疲労というのか目の億とかがなんかじんじんと、パソコンから離れて他の仕事をしてr9うあいだにというかそのあとからじんじんとしてきて、と同時に手の指の先に軽いしびれを感じて、それが2度怒ったかrこれは眼精疲労と手先のしびれなんだろうということにして、ここ一週間くらい慣れないことというか要らrをうっずっと見ていたりhtmlとかのコードとかをずっと改定有りとかそいういうことというかとにかくずっとパソコンの画面を司祭にいてみていたという感じがあるからrそれで疲れがきたのかmそいrねあい。今日も営業が終わったrコードをどうこうちしようかとか思っていたけれどこれはやmておいた方がいいというkとなのかmしれないと思ったのでやめることにした。きょうは本を読もう、とも思ったここのところでzん前読んでいない。それよりもやらないとというか熱中してしまったことがあったからで、だから全然読んでいない。フォークナーも寝る前に少し読むくらいでzねえね進まない。クリスマス。が表に出ていた。それから今日は必死ぶりに承前とした日だった。雨のせいと思う。雨が降っているのがしんどいかなしいつらい。お客さんが来ないとかそいうう影響とかそいう話ではなくて津雨が辛い。暗い。目が疲れた。だからさっきからこれは一度もディスプレイを水にウッチ得るわけなんだけどどうなっているのだろうjかウッチ得るし指が疲れたから可動域が少ないというか力みがゼロな家事で打っているからさっきからう¥打ち間違いはたくさんしていると思っている。目が疲れた。夢ばかり見る。ジェットコースターに乗らなかった夢とかを最近は見た。今朝はうどん屋だか蕎麦屋だかを紹介してモラタ夢を見た着たする。うまく、ふるまえなかったな、と反省した夢を見た。うまk振る舞うことなんてできやしない。うまくふるまえてい。いややめておこう今日はネガティブな気分におかされている。いつからか、昼くらいからか。忘れた。昼寝したあとからか。zすごく眠かった。昼も夜も暇だった。それでいて雨だた。昨日やれることは一通りやった気がした。だからもう何もやれることが、10日後くりあまっでは何もというくぁえではないけれど些細なことしかできないから、sの虚脱感もあったのかもしrない。なんせ、hamlなんて僕には打てない。いや打てないわkではないだろうけれど、僕がちまちまtお打つよりも教わった方がずっと早いことというのが世の中にはクソほどあるわけで、コードを打つことはまったくそれdから昨日、だいたいできるとこrっは終わったkラ、気持ちも一緒に終わったのかsも淹れない。
    表現。という言葉を思う。読書日記をつけたい。書き出しはこうなる。htmlのコードとかをずっと書いていた、だから本はmるで読んでいない。たまに暇なときに岸政彦と雨宮、雨宮姓の著名な人って何人かいて僕は違いが知らないからやっぱりw擦れてしまった。岸政彦と雨宮さんの対談というか雑談の本をたまにめくった。岸政彦の視線はほんとうに、僕は本当に真摯というか優しさというか凛とした優しさというか倫理的な態度だと、とても強く思う。広さがあるし、それでいて同時に、なんだろう感情みたいなものに大して嘘を言わない感じというか、とにかく信用というか信頼できる、好き。あとバールボッサの方の最近出た本もちまちま読んでいる。だいたいnoteに一回書いてあった呼んだことのある内容になっている。noteもこうやっていつか本になるのか、と思うとなんかすごいなと思う。バールボッサの方も僕はどうも妙にリスペクトみたいなものおをしているところがあり、楽しく読む。あとフォークナーも読んでいる。クリスマsが何か表にでてきた。日記、日付を最初に淹れないと。忘れてた。9月19日か20日、本を読んでいない。ああたmが気持ち悪い。眼精疲労。指先のしびれ。医女。
    Tweet
    text
    1721

  159. 2016/06/22 14:24:52 Toward the Sea 含むアンテナおとなりページ

    1 受験・勉強
    2 ライブ・バンド
    3 介護
    4 病気・闘病
    5 金融・マネー
    6 スピリチュアル
    7 科学
    8 健康・医療
    9 コスプレ
    10 コレクション
    11 イベント・祭り
    12 メンタル
    13 ゲーム
    14 時事・ニュース
    15 部活・サークル
    16 スクール・セミナー
    18 車・バイク
    19 ブログ
    20 競馬・ギャンブル

  160. 2014/09/30 22:17:11 傷んだ物体/Damaged Goods含むアンテナおとなりページ

    【お知らせ】 2014年7月1日 更新
    LOVELOGのサービス終了について
    au one netのブログサービス 『LOVELOG』は2014年6月30日をもちまして提供を終了致しました。
    永らくのご利用、誠にありがとうございました。
    引き続きau one netをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
    ※お手数ではございますが、新ブログにて閲覧の皆さま向けにブログURL変更等をご周知いただけますよう、お願い申し上げます。
    お問合せ

  161. 2014/02/18 18:13:52 Tex の独断フィルムレビュー&More - livedoor Blog(ブログ)含むアンテナおとなりページ

    「livedoor ブログ検索」ブログパーツは、サービスを終了しました。

  162. 2014/01/21 01:01:58 秋日和のカロリー軒含むアンテナおとなりページ

    2014/01/20
    引っ越し
    こちらに引越しました。
    http://blogs.yahoo.co.jp/akibiyori0919/
    ひきつづき、宜しくお願いします。
    投稿時刻 22:20 | 個別ページ | コメント (0) | トラックバック (0)
    | Tweet |
    引っ越し

  163. 2013/11/01 06:05:45 映画備忘録:So-netブログ含むアンテナおとなりページ

    お客さまがお探しのページは見つかりませんでした。
    指定されたアドレスにお間違いがなければ、ページが別にアドレスに移動している、または削除されていることが考えられます。
    So-net blogトップへ戻る

  164. 2013/03/05 10:11:12 retrosection-retrosection-lesimage2のブログ含むアンテナおとなりページ

    Not Found
    The requested URL /blog-plugin was not found on this server.
    Apache/1.3.42 Server at 10.130.66.46 Port 8080

  165. 2012/04/27 12:34:15 荻野洋一 映画等覚書ブログ含むアンテナおとなりページ

    現在アクセスが集中しており、
    接続しづらい状況になっております。
    恐れ入りますが、しばらく時間がたってから、
    アクセスいただきますよう、よろしくお願いいたします。

  166. 2008/11/20 04:58:18 仕事部屋 含むアンテナおとなりページ

    [PR] 英会話 生命保険 アルバイト仕事

  167. 2008/01/16 00:48:53 HOW TO BE A DETECTIVE含むアンテナおとなりページ

    2007-08-19
    告知です。
    『映画の離陸 コンドル篇』
    ■日時 8月19日(日)13:30〜
    ■開場 映画美学校 第一試写室
    ■プログラム
    13:30〜『日記/ネバーセイ・ネバーアゲイン』監督:西山洋市(ゲスト交渉中)
    『ファララ』監督:塩田明彦(ゲスト交渉中)
    15:05〜『アリス・イン・ワンダーランド』監督:筒井武文(来場決定!)
    16:35〜『四つ数えろ』監督:万田邦敏(来場決定!)
    『女の子はみんな双子である』監督:万田邦敏
    17:30〜ゲスト監督によるトークショー
    ■料金 全回入場無料
    主催はB学校同期のKさんとOさん。ほんと素晴らしい企画っす。
    僕は行けないのが残念(なんとかして観たい…)。次回がナニ篇なのか今から気になります。