Links

すべて | グループ指定なし | 法務

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2020/11/23 07:37:52 Practice of Law含むアンテナおとなりページ

    「動機」は伝統的な意思表示理論からいえば、意思表示の構成要素の外にあるものにすぎない。だから、動機に錯誤があったとしても意思表示の錯誤、つまり、表示上の錯誤、表示行為の意味の錯誤(内容の錯誤)の問題は生じない。従って、動機が表示されたとしても、当然に意思表示の「内容」になるわけではない。この意味で、動機が表示されると意思表示の内容になる、という説明は正確ではない。正確にいうと、その動機となった事実

  2. 2020/11/06 20:33:15 壇弁護士の事務室含むアンテナおとなりページ

    壇 俊光: Winny 天才プログラマー金子勇との7年半 (NextPublishing)
    私の最初で最後の小説です。

  3. 2017/01/24 10:04:57 法務省 What’s New含むアンテナおとなりページ

    お知らせ
    ただいまメンテナンス中です。メンテナンス終了まで今しばらくお待ちください。
    メンテナンス期間:本日午前10時〓午後1時

  4. 2010/08/04 15:25:40 くらしの判例集含むアンテナおとなりページ

    住宅用火災警報器の訪問販売トラブルにご注意!(2010年8月4日)

  5. 2010/03/23 10:07:20 ニュース六法含むアンテナおとなりページ

    NPOコーナー
    ニュース六法はこちら
    市民社会と論憲(NPO学会ニュースレター巻頭言)(2004.06)
    「市民社会と論憲」
    論憲
    最近、論憲として日本国憲法の改正論議が盛んである。時代に合わせた議論がなされること自体は結構なことと思う。環境権や知る権利、プライバシー権などの新しい権利の明記もどんどん議論されるべきである。ただ、せっかく論憲するならば、未来を見据えたダイナミックな観点を持った21世