mttのアンテナ

すべて | グループ指定なし | 書評 | (古)本 | 映画

1 2 3 4 5 次の50件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2022/12/01 15:51:45 Yahoo!天気情報 神奈川県の天気含むアンテナおとなりページ

    2022年12月1日 15時00分発表
    9℃[-5]
    降水 --- --- 20% 20%
    北の風海上でははじめ北の風やや強く
    8℃[-1]
    2022年12月1日 15時00分発表
    晴時々曇
    気温(℃) 16
    6 18
    8 12
    8 13
    7 15
    確率(%) 10 30 30 20 10 20
    2022年12月1日 15時00分 発表
    洗濯指数30
    外干しは厳しそう
    乾燥指数60
    リップやクリームを持ち歩こう
    再生する12/1(木)7時 全国的に気温ダウン 真冬の寒さも 北海道は吹雪・内陸中心に積雪増

  2. 2022/12/01 15:31:22 ヨコハマ経済新聞 - 横浜都心臨海部のビジネス&カルチャーニュース含むアンテナおとなりページ

    速報1日:市内2398人を確認・12人死亡、いざ、神奈川!期間延長、県のLINEコロナお知らせシステム運用停止へ【#新型コロナウイルス まとめ】横浜市・神奈川県・国からの最新情報、統計、支援施策:12月1日15時05分更新

  3. 2022/12/01 14:56:58 越川芳明のブログ、<ロベルト>のカフェ・ノマド含むアンテナおとなりページ

    【訳あり】おいしい有田みかん5㎏1,790円

  4. 2022/12/01 12:04:33 毎日の本棚 - 毎日jp(毎日新聞)含むアンテナおとなりページ

    ヘイトスピーチ
    入管・難民問題
    安倍晋三元首相銃撃
    円安と物価高
    異次元の10年
    アフガン政権崩壊
    サッカーキング
    高校駅伝
    第95回センバツ高校野球
    もっと社会人野球
    拡張する脳
    宝塚歌劇
    第81期名人戦
    夢・華やかに
    中村文則の書斎のつぶやき
    おとなの週末
    ヤングケアラー
    拡張する脳
    女の気持ち
    思い出ノートの作り方
    14色のペン
    中村文則の書斎のつぶやき
    流行作家・瀬戸内晴美が「寂聴」になった理由 元秘書・長尾玲子さん
    2022/12/1 08:30 2608文字
    流行作家・瀬戸内晴美は、なぜ出家し、「瀬戸内寂聴」になったのか。長年にわたって秘書として創作を支え、親族でもある長尾玲子さんがこのほど刊行した「『出家』寂聴になった日」(百年舎)は、その謎に迫る評伝小説だ。「寂聴さん」として多くの人に慕われた作家の、知られざる内面に光を当てた。【関雄輔】「はあちゃ
    2冊目エッセー集を刊行 広島女学院大名誉教授 原田佳子さん /広島
    2022/12/1 05:14 437文字
    広島女学院大名誉教授の原田佳子(よしこ)さん=安佐南区=が、ペンネーム「加田佳子」として2冊目のエッセー集「言霊はゆく」(土曜美術社出版販売)を刊行した。言葉の大切さが忘れられている時代、身の周りや世相に思うことをつづった30編を収録している。 1941年生まれ。美術館の学芸員を務めた後に大学教員
    琵琶湖と太湖で環境分析 琵琶博・楊さんと嘉田さん共著 周辺地域の力に焦点 /滋賀
    2022/12/1 05:08 466文字
    琵琶湖博物館専門学芸員で中国出身の楊平(ようへい)さん(47)と参院議員の環境社会学者、嘉田由紀子さん(72)が、共著「水と生きる地域の力―琵琶湖・太湖の比較から」(サンライズ出版)を出版した。琵琶湖周辺の「地域の力」に焦点を当て、生活環境主義の視点から環境問題を分析している。272ページ、308
    帯広の出版社と書店がタッグ 地元目線で編集、販売 第一弾は昭和の写真集 /北海道
    2022/12/1 05:02 1014文字
    本を手に取る人が減っている。どのような本を並べたら、読んでもらえるのか――。本離れに歯止めを掛けて、地域の「読書文化」を守ろうと、帯広市の書店「ザ・本屋さん」と出版社「クナウパブリッシング(旧社名・ソーゴー印刷)」が業務提携し、地元企業ならではの視点の書籍編集、販売に乗り出した。試行錯誤しつつ、第
    中村文則の書斎のつぶやき
    芥川賞作家・中村文則さんが、いろいろな場所の「書斎」から、さまざまなことをつぶやきます。
    ウクライナ侵攻
    ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。
    米仏首脳、1日に会談 バイデン政権初の国賓、中露対応を協議NEW
    12/1 11:19
    円安と物価高
    日本の物価が上がり始めました。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、商品・サービスの値上げラッシュが続いています。
    物価高の春闘「特別な年」 “1%超えベア”大手企業は慎重姿勢NEW
    12/1 11:00
    新型コロナ感染、日本が4週連続で世界最多 前週比18%増NEW
    12/1 08:36
    14色のペン
    国内外の異なる部署で取材する14人の中堅記者が交代で手がけるコラム。原則、毎日1本お届けします。
    台湾有事 「国境の島」で感じた安全保障の現実NEW
    12/1 06:00
    サッカーW杯・カタール2022
    サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。日本はスペイン・ドイツと同じ1次リーグE組に。
    久保建英の東京五輪の涙 「意外」に感じた恩師の思い W杯NEW
    12/1 05:00

  5. 2022/12/01 08:29:25 新潮社含むアンテナおとなりページ

    祝宴
    温又柔/著
    1,650円
    2022/11/30

  6. 2022/12/01 07:49:44 NIKKEI NET含むアンテナおとなりページ

    欧州で「移民危機」再燃 ウクライナ発の混乱波及
    ウクライナ侵攻下田 敏ヨーロッパ中東・アフリカNikkei Views編集委員
    5:00
    NISA、24年1月に恒久化 与党が政府案を大筋受け入れ
    税・予算NISA予算・税制2023経済金融機関政治金融
    1:00
    ドス黒い孤独 岸田文雄首相の例外と原則
    Angleコラム政治世論調査国際
    5:30
    パナソニックHDの「匠」、常識疑い新技術
    日経産業新聞関西エレクトロニクス
    2:00
    海外勢の不動産投資、富裕層も「港区タワマン現金一括」
    金融機関金融
    5:00
    30日 20:53更新
    「保険は四角」の生かし方 死亡や医療のリスクに備え
    マネーのとびらライフプラン生・損保医療費コラム
    テック
    データは自ら管理 DNPや富士通系、脱巨大テック新基盤
    エレクトロニクスネット・ITテック
    2:00
    30日 18:08更新
    共同
    スペシャルCK、三笘のドリブル 対スペイン必勝法
    日本サッカー世界への挑戦サッカーワールドカップサッカー日本代表サッカーコラムスポーツ
    共同
    風流踊、ユネスコ無形遺産に 24都府県41件の盆踊りなど
    社会・調査
    30日 19:09
    阿波銀行、金融教育は任せろ 出前・セミナーが盛況
    地域金融地域総合徳島四国
    4:00
    宅地に浮かぶ公民館は元海防艦 「こじま」の記憶次代へ
    西武HD社長・後藤高志氏 朝の来ない夜はない
    私のリーダー論サービス・食品生活ライフスタイル
    [FT]米インフレ抑制法、脱炭素に効果 欧州と貿易課題に
    金融最前線北米FT
    2:45更新
    NFTで変わる顧客との関係 東海自動車も凸版印刷も
    日経ビジネスWeb3コラムネット・IT自動車・機械コラム
    30日 11:10更新
    30日 19:44
    11月28日
    危うくなった貨物路線 函館―長万部、費用分担定まらず
    30日 22:22
    ホンダ工場閉鎖で空洞化懸念 川越市、産業創出が急務
    5:00
    長野・飯綱の林檎学校醸造所 リンゴの個性生かし発泡酒
    5:00
    11月30日
    福井の恐竜博物館しばしお別れ 来夏新装開業へ休館
    4:00
    南都銀行、経営者保証に頼らず 紀陽銀行は観光支援に力
    5:00
    岡山・井原発アウトドア製品 多目的蒸し器やどてら
    4:00
    阿波銀行、金融教育は任せろ 出前・セミナーが盛況
    4:00
    洋上風力開発、産学連携でキャッチアップ 九大や長崎大
    5:00
    南都銀行、経営者保証に頼らず 紀陽銀行は観光支援に力
    5:00
    11月25日

  7. 2022/12/01 06:57:42 古本買取・古書買取・販売/オンライン古書店しましまブックス含むアンテナおとなりページ

    2022年11月28日 買取した古本のご紹介(ご購入できます)
    2022年11月28日 古本新入荷42点です

  8. 2022/12/01 06:27:52 偽日記@はてな含むアンテナおとなりページ

    2022-11-27
    2022/11/27
    ●お知らせ。アートトレイスギャラリーで行われる、HOxRN(小野弘人 x 西尾玲子)による展覧会「遠回りの作法―ミース・オン・ザ・グラウンド」のトークイベントに、上田和彦さんと、ゲストとして参加します。テーマは「絵画の透明性・建築の透明性」で、つまり「虚の透明性」の話です。とはいえ、コーリン・ロウ+ロバート・スラツキィの論文をガッツリ読む、というようなことではなく、今更感がありありかもしれない「虚の透明性」という概念の現代的な拡張可能性について考えるということと、もう一つ、もはや多くの人にとっては自明ではないかもしれない(というか、関心がないかもしれない)「虚の透明性」という概念を、(啓蒙的な意味で)改めて知ってほしいな、という素朴な動機もある感じです。
    展覧会の会期は、今年の12月23日から来年の1月22日まで。トークイベントは、来年の1月9日と1月19日の二回行います(二回ともテーマは同じですが、同じ内容を繰り返すわけではないです)。
    www.gallery.arttrace.org
    追記。小野さんと西尾さんは、atelier nishikataというユニットで建築家として活動していて、今回がアートデュオHOxRN(ホーン)としての初めての展覧会です。
    atelier-nishikata.info
    ●RYUTistすごいな。尖っているのに丸い、攻め攻めなのにゆるさを忘れない。深いところにまで切り込みながら、しかし、決め決めにならず(ゆるさを失わず)、先鋭化しない、ということは、自分にとっても重要な問題(課題)だ。圧倒したり、ねじ伏せたりしようとしてはいけないのだ。
    RYUTist - PASSPort 【Official Audio】 作詞・作曲・編曲 : 蓮沼執太 - YouTube
    RYUTist - オーロラ 【Official Audio】 作詞・作曲・編曲 : 柴田聡子 - YouTube
    RYUTist - 朝の惑星 【Official Audio】 作詞・作曲・編曲 : 君島大空 - YouTube
    RYUTist - しるし 【Official Audio】 作詞・作曲・編曲 パソコン音楽クラブ - YouTube
    RYUTist - うらぎりもの 【Official Audio】 作曲・編曲:石若駿、 作詞:没 a.k.a NGS、 演奏:SMTK - YouTube
    RYUTist - 水硝子【Official Video】作詞・作曲・編曲:君島大空 - YouTube
    furuyatoshihiro 2022-11-27 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    2022-11-26
    2022/11/26
    ●下の画像は、小鷹研究室の「注文の多いからだの錯覚の研究室2」に参加した水野勝仁さんのnotoの記事から勝手にスクショしたもので、宇佐美日苗さんと小鷹研理さんの「あなたは今、している。A3」という作品なのだが、これ、シンプルだけどすごくヤバそう。この写真を見ただけで、今にも意識が飛びそうな予感がきて、動揺する。
    (写真の角度のせいかもしれないが、このシンプルな図が、真上というより、やや後方からの視点に見えることがヤバさを増幅させているように感じる。)
    note.com
    上の記事で水野さんは次のように書いている。
    《(…)今回の木を使った作品は,木に描かれているポーズをとった瞬間に,自分の意識というか視点が,そのポーズをしている自分を眺める位置に瞬時に移動するという体験をさせてくれた.それは,ほんの一瞬だけ,幽体離脱をして,木に描かれたポーズをしている自分を木に描かれたイラストに再帰的に見るような奇妙な感じであった.しかも,それは一度のみならず,何度も訪れた.木に描かれたポーズと同じポーズを自分がしていると思った瞬間に,私の意識は木に描かれたポーズを見る場所に飛ばされる.私の意識は,私の視界の中心にあると思っているのが,ポーズが同じになったと思った瞬間に,私の視界はそのままで,意識だけが,頭の位置を飛び出して,後頭部の少し後ろに移動する.それは1秒もない感じだけれど,私の意識は確かに移動して,私が木に描かれたポーズをしているのを見ている.私の視界と私の意識とが引き離される感じがとても奇妙だった.》
    ●水野さんも書いているが、シンプルさと共に、この平面性がヤバい感じ。
    《(…)意識から視点が切り離されて,頭の後ろにいったときに.視点から捉えられる私の意識は木に描かれたイラストのような平面的なものになっていて,そこでは私の三次元的な厚みは失われた感じになっている.もちろん,実際に三次元の厚みを失っているわけではない.けど,視点が後ろに引き離せれたそのときだけは,私が木のイラストに重ね合わされて,平面的な存在になっていると感じたのは,私のなかの事実となっている.》
    furuyatoshihiro 2022-11-26 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    2022-11-25
    2022/11/25
    ●議論は、ディベートではないし、折衝でもない。ディベートは、勝ち負けを争う論破ゲームだ。折衝は、相容れない相手との間に妥協点を見出すための話し合いだ。議論には、勝ち負けはないし、結論(落としどころ)も必要ではない。異なる意見を持つ人が、議論をすることを通じて、それぞれが、議論の前にはなかったアイデアなり、視点なり、気づきなり、自論の盲点や弱点なり、を得るために行う。だから、議論においては、どちらが優位かを判定する必要もなく、一方が他方を説得する必要もない(「決定」はまた別のプロセスだ)。
    相手の意見に説得されることもあるし、されないこともある。議論は、争いでもなく、折衝でもないので、説得されることは負けではないし、一致点を見出せなくても失敗ではない。事前になかった「新たな何か」が議論によって生まれるかどうかが重要になる。
    議論ができる人は稀だ。理論的な思考ができるというのは最低条件でしかない。相手の意見に対して疑義を示すことが、相手への否定でもなく、攻撃でもないということを、互いに共有していないと、自由に発言できなくなる。上下関係とか師弟関係とかが介入すると面倒だ。意識せずとも湧いてきてしまう闘争心(相手に勝ちたいという気持ち)も障害となる。オーディエンスがいる場合は「ウケ」を狙ってしまうことを抑制することが難しい。有名人の場合は、自分のファンに対してカッコつけなくてはならないということもある。
    それらの困難をクリアするには、事前に互いに相手を尊重し合える友好的な空気が成立していないと難しい(空気を読まなくてもいいという「空気」が必要)。意見の否定を人格の否定や攻撃と受け取らずに冷静に吟味し、闘争心やウケ狙いが発動するのを抑制することができる自由で柔軟な心を、友好的な空気が成立していない場でも持ち続けることは難しい。
    だから、気軽に議論ができる相手がいる人はとても幸運なのだ。そしてその幸運は、けっこう努力してでも探す価値があると思う。
    furuyatoshihiro 2022-11-25 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    2022-11-24
    2022/11/24
    ●『閃光のハサウェイ』を改めて観直した。一回目に観たときには、なんでガンダムが宇宙に浮いていてそれをわざわざ取りに行かなくてはならないのかよく分からなかった。二回目で、発注したガンダムを、用心のために「空中受領」する事にしたとセリフでチラッと触れられているのを確認したが、それ以上の状況説明はないようだ。あたかも専門用語であるかのように「空中受領」という言葉がいきなり出てくるがおそらく造語で、あらゆる説明をザクッと省いて、たった一言の造語をもってそのシチュエーションの根拠としてしまうというところに、この作品の基本的な方針が表れているように思う。ガンダムが宙に浮いていて、人員が出払った後での緊急事態のため、ハサウェイがガンダムを技量が充分でないパイロットと一緒に取りに行かなくてはならなくなる、という流れからの空中戦が、この映画のクライマックスなのだが、そのクライマックスを支える状況の根拠が、説明抜きで示されるたった一言の造語であるというところに痺れる。
    交わされる会話も、物語の進行も、説明抜きで最小限のしるしだけを示して、「これで察しろよ」というような感じで進んでいく。それでいて、テンポ良くサクサク進んでいくというより、とても完成度の高いビジュアルでじっくり見せていく感じ。ギギというヒロインは、ニュータイプ的な能力なのだろうが、過剰に勘が良く、ちょっとした徴候や少ない言葉から、相手の置かれた状況や考えを素早く察知する。故に、会話において説明や前置きをせずにいきなり核心だけを言う。だから、会話の相手(そして観客)は、その唐突な言葉、文脈を欠いて気まぐれに移ろうようにも見える言葉の推移から文脈や意図を探らなければ(察しなければ)ならなくなる。このことがこの作品の「会話」を、紋切り型ではない魅力的なものにしていると思う(一見気まぐれのように見えて、実はとてもハイコンテクストな会話、これはギギが参加する会話に限らない)。そして、この作品そのものも、ギギの言葉と同調するように説明を最小限に省く。それによって観客に強いられる軽い緊張と集中が、隅々まで丁寧につつくられたこの作品をより丁寧に味わうことを促すように思う。
    ただ、「察する」には最低限の知識は必要で、この作品の「奥行き」を感じるためには「逆襲のシャア」を観ている必要はあるだろうと思う。ぼくもガンダムオタクではないので、ハサウェイという人物について「逆シャア」で描かれている以上のことは知らないのだが。いや、違うか。「逆シャア」を観ていなくても、ハサウェイという人物に、何かしらの深い奥行きがあることは、この作品だけで察せられるか。
    (『閃光のハサウェイ』を観てハサウェイという人物に惹かれて「逆シャア」に遡行する、ということも普通にあり得るか…。)
    furuyatoshihiro 2022-11-24 00:00
    Tweet
    広告を非表示にする
    2022/11/27
    2022/11/26
    2022/11/25
    2022/11/24

  9. 2022/12/01 06:09:40 CINRA.NET-シンラ- 音楽,アート,デザイン,映画,演劇のニュースサイト含むアンテナおとなりページ

    Pick Up
    #Music #Movie,Drama #漫画連載:『美術のトラちゃん』 #気候変動
    Life&Society
    メタ・サピエンス
    インターネットは「作者」を増大させた。やがて訪れる大発明時代をどう生き抜く? 武邑光裕が考える
    生物の進化の過程から、現在・未来の私たちに必要なことは? デジタルネイティブ世代のなかで淘汰されないためには
    Sponsored by トヨタ・コニック・アルファ株式会社
    by 野口理恵
    2022.11.30
    グローバルな視点で見つめる、東京のフォークロア。UQiYOはその時代の「臨場感」をどう伝えたか
    Sponsored by UQiYO
    by 大石始
    2022.11.30
    「芸術のデパート」没後60年ジャン・コクトー映画祭が12月30日から開催
    2022.11.30
    Music
    誰もが平等に楽しめるパーティーを。CYKが6周年を迎えて語る、活況を呈す東京のクラブシーンのいま
    by 田中亮太
    2022.11.29
    ファッションの撮影に興味のある方を募集します
    未経験
    新卒
    語学を活かせる
    リモート面接・説明会可
    株式会社ベースファイブ・プロダクション
    LUMINEのキャンペーンを手がける
    株式会社terminal
    東京塩麹、SPACE SHOWER MUSIC移籍後第1弾“Mosquito”本日リリース&PV公開 2022/11/30 19:00
    長場雄の個展『A PIECE OF PAPER』が12月9日から渋谷PARCO MUSEUM TOKYOで開催 2022/11/30 18:53
    Subway Daydream、ラジオ愛を込めた新曲“Radio Star”を12月7日に配信リリース 2022/11/30 18:04
    シャルロット・ゲンズブール主演×ミカエル・アース監督『午前4時にパリの夜は明ける』来年4月公開 2022/11/30 15:19
    グローバルな視点で見つめる、東京のフォークロア。UQiYOはその時代の「臨場感」をどう伝えたか
    Sponsored by UQiYO
    2022.11.30
    Music
    Life&Society
    インターネットは「作者」を増大させた。やがて訪れる大発明時代をどう生き抜く? 武邑光裕が考える
    Sponsored by トヨタ・コニック・アルファ株式会社
    2022.11.30
    本格ミステリー『8人の容疑者~誰がオット・ミュラーを撃ったのか~』が映す、エストニアの社会像
    Sponsored by WOWOW
    by 村尾泰郎
    2022.11.30

  10. 2022/12/01 04:58:31 シネマヴェーラ含むアンテナおとなりページ

    本日の上映時間 11:00
    本日の上映時間 13:00
    『マダム(94分)』
    本日の上映時間 15:05
    『自分の穴の中で(125分)』
    本日の上映時間 17:00

  11. 2022/12/01 01:02:57 The New York Times: Sunday Book Review含むアンテナおとなりページ

    CreditSakshi Jain
    The 10 Best Books of 2022
    The staff of The New York Times Book Review choose the year’s standout fiction and nonfiction.
    By The New York Times Books Staff
    Photo
    CreditRozalina Burkova
    100 Notable Books of 2022
    The year’s notable fiction, poetry and nonfiction, selected by the staff of The New York Times Book Review.
    By The New York Times Books Staff
    Photo
    Up Close
    The Shortlist
    Photo
    CreditJohn Gall
    Story Collections That Ask: ‘How Did I Get Here?’
    From farmworkers in California’s Central Valley to vacationers in Jamaica and Connecticut, these protagonists find themselves in lives they don’t quite recognize.
    By Brenda Peynado
    Nonfiction
    How America Became Addicted to Exercise
    In “Fit Nation,” Natalia Mehlman Petrzela charts the evolution of our national attitudes toward fitness.
    By Yasmine AlSayyad
    Nonfiction
    Arctic Explorers Trapped in a Frozen Hell
    “Empire of Ice and Stone” tells the terrifying story of a 1913 expedition gone wrong.
    By W. M. Akers

  12. 2022/11/30 23:03:02 【THE MUSIC PLANT】 アイリッシュ ケルト 北欧 伝統音楽 CD 通販含むアンテナおとなりページ

    いよいよ「ケルト終活?」 出版事業を始めます!
    長い長い秋のツアーが終了し、その後、秋のケルト市も終了し、やっとほっとしています。次の来日もの発表までは一息つきたいところですが…
    まだまだポール・ブレイディ本のプロモーションがあるので、あまり気はぬけません。
    なんとTHE MUSIC PLANTは、この秋、出版事業を始めたのです。
    いや〜、本好きなんですよね。だからいつか自分が働いてるうちに、出版プロデュースにトライしてみたかった。その夢を叶えました!! 嬉しい!
    2022年11月29日 THE MUSIC PLANT 野崎洋子

  13. 2022/11/30 22:17:30 HMV Japan - Homepage含むアンテナおとなりページ

    12/01(木)まで
    【特典絵柄公開】NiziU 4thシングル『Blue Moon...
    NiziU初のウィンター・バラード。NiziU 4th Single 『Blue Moon』2022年12...
    【特典付き@Loppi・HMV限定盤】ASTRO 映画『ST...
    ASTROが3年5ヶ月ぶりに開催した単独コンサート<The 3rd ASTROAD to Seoul ...
    初回盤Bのボーナス...
    《HMV限定特典あり》LE SSERAFIM JAPAN 1st Sin...
    韓国1st Mini Album 'FEARLESS' のタイトル曲「FEARLESS」と、収録曲「Blue...
    【ダイジェスト映像公開】櫻坂46 渡邉理佐・卒...
    Mr.Children デビュー30周年を記念したメモリア...
    特典として先着で「オリジナルステッカー」プレゼント。「Mr.Children 30th...
    【Dance Practice Video公開】米津玄師 ニュー...
    【全特典絵柄公開】なにわ男子 3rd Single 『ハ...
    なにわ男子 3rd Single『ハッピーサプライズ』2022年11月16日(水)発売。
    ...
    「呪術廻戦×サンリオキャラクターズ」ローソン...
    TVアニメ『呪術廻戦』とサンリオの人気キャラクターたちがコラボレーション...
    アニメ『チェンソーマン』ブルーレイ&DVD|特...
    「少年ジャンプ」の超話題作『チェンソーマン』がTVアニメ化、Blu-ray&DVD...
    TVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』ブルーレイ&...
    「まんがタイムきららMAX」連載中の大人気バンド4コマ『ぼっち・ざ・ろっく...
    【オリジナルボイスドラマ付き】声優コラボイヤ...
    操作をサポートしてくれるボイス機能搭載のワイヤレスイヤホンに、今回初と...
    【HMV限定特典デザイン一部公開】ヒプノシスマ...
    『ヒプノシスマイク』初のディビジョン別ライブ「8th LIVE≪CONNECT THE LI...
    『アイドルマスター シンデレラガールズ』より...
    11月に11周年を迎える『アイドルマスター シンデレラガールズ』とローソン...
    TVアニメ『ブルーロック』ブルーレイ【HMV限定...
    累計発行部数1000万部突破の大人気コミック『ブルーロック』がTVアニメ化、...
    EXILE LIVE TOUR 2022 “POWER OF WISH” 写真...
    全15公演を行った「EXILE LIVE TOUR 2022“POWER OF WISH”」の模様を余す...
    超特急 新体制初の書籍『超特急ライブ図鑑~Epi...
    【HMV限定特典:ポストカード】さらなる高みを目指すため9人体制となった超...
    永野芽郁 2023年カレンダー2タイプ&クリアファ...
    『永野芽郁オフィシャルカレンダー2023』が、「ポスター」「デスク」の2タ...
    和田雅成 2023年カレンダー&ミニフォトブック...
    『和田雅成2023カレンダー』が卓上Wリング・卓上ハガキケース入り・A4壁掛...
    ジャニーズ掲載雑誌コーナー(11/28更新)
    CDシングル
    Blue Moon 【初回生産限定盤A】(...
    NiziU
    ¥1,890
    Blu-ray Disc
    B’z presents LIVE FRIENDS (2B...
    B'z
    ¥6,890
    Blu-ray Disc
    カートに入れる
    欲しい物に追加
    KANJANI∞ STADIUM LIVE 18祭 【...
    関ジャニ∞
    レビューを書く
    ¥8,000
    Blu-ray Disc
    カートに入れる
    欲しい物に追加
    KANJANI∞ STADIUM LIVE 18祭 【...
    関ジャニ∞
    レビューを書く
    ¥7,000
    CD
    カートに入れる
    欲しい物に追加
    Nocturnal 【初回限定盤】(CD+B...
    錦戸亮
    レビューを書く
    ¥4,752
    LPレコード
    カートに入れる
    欲しい物に追加
    ほうろう 【2022 レコードの日 ...
    小坂忠
    (3)
    ¥4,070
    12/1(木)まで
    本・コミック・雑誌3冊以上でPontaポイント30倍

  14. 2022/11/30 19:00:24 CDJournal.com - ニュース含むアンテナおとなりページ

    (2022/11/30掲載)
    葉菜子、EP『MoB』から収録曲「強くてニューゲーム」先行配信開始 リリース記念イベント開催も
    (2022/11/30掲載)
    EGOISTヴォーカルchellyのソロ・プロジェクト・reche、連続リリース第3弾「RAKUEN」配信開始
    (2022/11/30掲載)
    Noise On Trash、再始動第2弾シングル・リリース&MV公開 MIDI時代の作品もサブスク解禁
    (2022/11/30掲載)
    T字路s、日本テレビ系『スッキリ』で生パフォーマンス
    (2022/11/30掲載)
    黒川侑司(ユアネス)、松本大、森山公稀(odol)出演 アコースティック・ライヴ・イベント開催決定
    (2022/11/30掲載)
    ピアニスト“まらしぃ”、新曲2曲を緊急配信リリース&3年ぶり全国ツアー・スタート
    (2022/11/30掲載)
    オルタナティブ・シンガー・ソングライター“ん・フェニ”、若手女優・佐藤七海が出演する「こっちの生活」MV公開
    (2022/11/30掲載)
    ぼっちぼろまる、メジャー1st EP『ぼっちのうたI』配信開始
    (2022/11/30掲載)
    nobodyknows+、ベスト盤の発売を記念してソニーミュージック在籍時代のMVを(ほぼ)全曲公開
    (2022/11/30掲載)
    遊助、槇原敬之の「冬がはじまるよ」をサンプリング・カヴァー 「冬がはじまるよ~手紙~」を配信リリース
    (2022/11/30掲載)
    ケラーニ、2023年2月に5年ぶりの来日公演を開催
    (2022/11/30掲載)
    熊木杏里、配信限定リリース作品第9弾「雅かなしや」配信スタート
    (2022/11/30掲載)
    森永陽実、9thシングル「恋のはじまり」リリース
    (2022/11/30掲載)
    森山威男らベテランと若手のジャズ・ミュージシャンが一堂に会する〈Jazz Momentum〉開催
    (2022/11/30掲載)
    SSW / プロデューサーとして活躍するmashoe’、多幸感溢れる新曲「Stroll」を配信リリース
    (2022/11/30掲載)
    リュックと添い寝ごはん、ミツカン「味ぽん®」とコラボした「Familia」のMVを公開
    (2022/11/30掲載)
    奇妙礼太郎、すき家TV-CMで話題となった「I LIKE」配信開始 『たまらない予感』アナログ盤発売も
    (2022/11/30掲載)
    宅録SSWの新世代“カワサキケイ”、2ndアルバム『Elephant』リリース
    (2022/11/30掲載)
    『アイドルマスター シャイニーカラーズ』楽曲サブスク解禁&プレイリスト順次公開
    (2022/11/30掲載)
    ビューティフルハミングバード、ニュー・アルバム『Sincere』より「傘」配信開始
    (2022/11/30掲載)
    女性向けCDレーベル「MintLip」より、新作シリーズ『花笑む彼と』vol.2発売 鈴木崚汰インタビューも
    (2022/11/30掲載)
    映画『東京リベンジャーズ2』特報&ティザー・ヴィジュアル公開 “最強リベンジャーズ”がパワーアップして再集結
    (2022/11/30掲載)
    スティーヴン・スピルバーグ初の自伝的作品『フェイブルマンズ』3月公開決定 場面写真公開
    (2022/11/30掲載)
    トラックメイカー・デュオ“906 Nine-O-Six”、mabanuaやOMSBら参加のアルバムをリリース
    (2022/11/30掲載)
    NGT48、8thシングル「渡り鳥たちに空は見えない」アートワーク&収録曲公開 SHOWROOM生配信も
    (2022/11/30掲載)
    EYE、1stフル・アルバム『GRAffITI』リリース 「女のROCKに定義はいらない」
    (2022/11/30掲載)
    氷川きよし、未配信楽曲全589曲が一斉配信解禁スタート
    (2022/11/30掲載)
    TK from 凛として時雨、『チェンソーマン』ED曲「first death」配信開始&MVティザー公開
    (2022/11/30掲載)
    BE:FIRST、1stアルバムの360 Reality Audio/Dolby Atmos音源が配信開始
    (2022/11/30掲載)

  15. 2022/11/30 13:35:03 webちくま含むアンテナおとなりページ

    コラム 2022/11/30
    Aマッソ 加納
    第58回「まじでウケてた」
    ためし読み 2022/11/29
    疋田 隆康
    神話と歴史から古代ケルトの実像に迫る 『ケルトの世界』はじめに

  16. 2022/11/29 16:57:24 みすず書房含むアンテナおとなりページ

    トピックス
    2022.11.29
    早間玲子さんトークイベント「ジャン・プルーヴェと共に」リポート
    2022年11月16日、神保町ブックセンターにて

  17. 2022/11/29 13:22:28 日本の古本屋 / 古本まつりに行こう含むアンテナおとなりページ

    east TOKYO BOOK PARK
    期間:2022/12/09~2022/12/25
    場所:錦糸町パルコ 3階特設会場  墨田区江東橋4-27-14号
    第143回 倉庫会 古書即売会(愛知県)
    期間:2022/12/16~2022/12/18
    場所:名古屋古書会館 2階 名古屋市中区千代田5-1-12 TEL 052-241-6232

  18. 2022/11/29 07:32:04 jun-jun1965の日記含むアンテナおとなりページ

    2022-11-28
    昭和の「まじめ」
    阪大へ就職してひと月ほどした五月ごろ、言語文化部が教養部から独立した十周年祝賀パーティーというのが開かれて、生協の二階の食堂に集まった。私らみなスーツにネクタイ姿だったが、一人だけ、ネクタイをしていない40代くらいの教員がいた。ヨコタ村上ら30代半ばの連中が、ひそひそと、あれはどうなんだ、などと話していて、ヨコタは50代くらいの教授に文句を言ったりしていた。冗談めかしてではあったが、変なことにこだわるやつだと私は思った。「(彼は)くそまじめだから」と言う人もいたが、男女問わず性的な話をしかけ、女性職員に酔って「あんたとセックスしたい」とか言い、女子学生を研究室に連れ込んでセックスしてしまうこの男は、なるほど「昭和のまじめ男」なのだなと私は今にして思うのである。
    jun-jun1965 2022-11-28 20:00
    Tweet
    もっと読む
    昭和の「まじめ」

  19. 2022/11/28 19:27:03 (゜(○○)゜) プヒプヒ日記含むアンテナおとなりページ

    この「謎の男」を書いたK. A. フォン・ヴァクスマン(1787-1862) は当時は人気作家だったみたいですが今はほとんど忘れられているようです。ただ「謎の男」だけは、おそらくモンタギュー・サマーズ編の『ヴィクトリア朝幽霊譚』に"The Mysterious Stranger, from the German"と題された英訳(1860)が収録されたおかげもあって未だバリバリの現役です。仏訳 (2013)も西訳 (2022)も今でも新刊としてアマゾンで手に入ります。
    下楠昌哉氏も解説で「読みどころ溢れる大活劇で、吸血鬼が当時のエンタメを支える怪物の一翼を担っていたことがよくわかる」と褒めてくださっています。12月1日発売予定です。乞うご期待!
    【11/26追記】下楠氏のお名前を誤記しておりました。大変失礼しました。

  20. 2022/11/28 11:11:16 漁書日誌ver.β含むアンテナおとなりページ

    2022-11-27
    寒暖差と芝居
    三島由紀夫 古書展 演劇
    急にコートが必要になったり、かと思うと昼間は薄いジャケットでも暑かったり。調節がなあという季節。先月末から三島由紀夫関係の舞台が立て続けでチケット代が懐を直撃している。
    それはそうと、週末は和洋会に五反田遊古会と古書展があったのだが、前回の扶桑目録での買い物もありかなりケチケチとしたモードで古書展に赴いた。といっても、金曜日は古書展自体に立ち寄れず、結局土曜日一つのみということで、五反田に行く。
    やはり黒っぽいものが多くて、漁りがいがあるのが五反田。1階ガレージで1冊、2階会場で2冊。たまたま全部200円であった。
    宮崎湖処子「帰省」(民友社)明治23年8月6日3版200円
    岡本綺堂訳「世界怪談名作集」(改造社:世界大衆文学全集)カバ欠200円
    小川菊松「日本出版界のあゆみ」(誠文堂新光社)昭和37年6月1日初カバ200円
    「帰省」は持っているのは確か奥付欠と奥付はあるけど裏表紙欠というもので今回のも安いけどこれは背欠。小川菊松のだが、「出版興亡…」は既にあるけれどもこれは週刊誌ブームについての記述があるため。今回は、トロワの棚が面白かった。
    **************************
    花組芝居公演「鹿鳴館」(加納幸和演出)@あうるすぽっと
    22日の夜に仕事の後駆けつけて観劇。一瞬もダレさせないテンポ良い演出さばきでユーモラスにディフォルメして、今までの「鹿鳴館」を花組スタイルで塗り替えようとする感じ。一方でこれは役者の力量がモロに問われる芝居だなあとも。
    CroixProject公演「班女・熊野」(鶴見直斗演出)@アポックシアター
    25日夜に観劇。戯曲の台詞が始まる前に、面をつけた舞があり、二胡の演奏があって始まり、「熊野」「班女」と続いた後に、天井から吊るした布でクルクルするパフォーマンスが続くというもの。
    taqueshix 2022-11-27 21:11
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    寒暖差と芝居

  21. 2022/11/27 18:00:41 Mon pays natal含むアンテナおとなりページ

    Thursday, 24 November 2022
    「朝日新聞」2022年11月19日
    朝日新聞の読書欄「つんどく本を開く」のコーナーに寄稿しました。部屋にあふれている積読本から3点を選ぶと...
    すでにオンラインで読めるようになりましたので、ぜひどうぞ!
    https://book.asahi.com/article/14773469
    Posted by KS at 17:47
    ▼ 2022 (45)
    ▼ November (4)
    「朝日新聞」2022年11月19日

  22. 2022/11/27 09:20:52 yomunelの日記含むアンテナおとなりページ

    2022-11-25
    じゃむパンとモヤモヤの日
    本当は怖い助六寿司
    昼休み、助六寿司が配給された。巻き寿司といなりが同数の場合は、どちらから食べ始めるか悩むところだが、今日のは、迷わず巻き寿司からだ。巻き寿司スタート巻き寿司フィニッシュ。食後、一緒に配給された柏屋の薄皮饅頭を手に、茶をすすりつつ、宮崎智之『モヤモヤの日々』(晶文社)をちびちび読む。著者がインタビューで、イメージにあったのが〈大正時代~昭和初期に薄田泣菫が書いた『茶話』とか、吉田健一が西日本新聞に連載していた新聞短文連載『乞食王子』でした。僕は本で読んだんですけど、そういった新聞コラムが大好きで、同じようなことができたらと思ったんです。〉と語っている。ここのところ山本文緒のエッセイや日記に出てきた小説、平野啓一郎『決壊 上・下』(ヘヴィーだった!)、吉川トリコ『余命一年、男をかう』、島本理生『星のように離れて雨のように散った』と続けて読んできたので、いまは短いコラム集がなんともいい塩梅だ。
    「ミステリマガジン」1月号の特集が今年のベスト10ランキングで、ああもうこんな時期なんだと思った。アンケート集計スタイルのベスト物は、ランキング順位より、各人のリストやコメントをじっくり眺めるのが楽しい。これからいろんな媒体でベスト本が続々発表され、毎年12月の中旬頃には満腹になってしまうのだけれど、始まりは、やはりわくわくする。
    個人的に今年いちばんの事件は赤染晶子のエッセイ集『じゃむパンの日』(palmbooks)が出たこと。これまで書籍という形で読める赤染晶子のエッセイは『ベスト・エッセイ2011』所収の「かまい」と『ベスト・エッセイ2013』所収の「書道ガール」(村上弘明!)の2編のみで、京都新聞の連載とか全部本になればいいのにとずっと願っていたのでめちゃくちゃ嬉しい。夏に、駒沢敏器『ボイジャーに伝えて』(風鯨社)が出たときもびっくりした。願っていれば案外叶っちゃうものなんだ。
    yomunel 2022-11-25 00:42
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    じゃむパンとモヤモヤの日

  23. 2022/11/26 22:51:32 ゆるふわ愛され音楽ニュースサイト - ナタリー含むアンテナおとなりページ

    リリース / 動画あり
    ももクロ×デレステのコラボ曲配信&MV公開決定
    ももいろクローバーZの新曲「Majoram Therapie」が11月30日0:00に配信リリースされる。
    22:35
    音楽
    BiSH主催の音楽フェス出演者第2弾発表
    2月20日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されるBiSH主催の音楽フェスティバル「BiSH FES」の出演アーティスト第2弾が発表された。
    22:11
    音楽
    Travis Japanの全国ツアー「THE SHOW~ただいま、おかえり~」開催決定
    Travis Japanのツアー「Travis Japan Debut Concert 2023 THE SHOW~ただいま、おかえり~」が2023年1月から3月にかけて開催される。
    21:54
    音楽
    TV・ラジオ出演
    KinKi Kids「ベストアーティスト」でデビュー曲含むスペシャルステージ披露
    KinKi Kidsが12月3日に日本テレビ系で放送される音楽特番「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2022」に出演することが発表された。
    21:54
    音楽
    完結 / 付録 / アライブ
    「豚公爵」「おさまけ」スピンオフなどアライブで完結、付録にめぐみんスマホリング
    合田拍子原作によるfujy「豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい」が、本日11月26日発売の月刊コミックアライブ2023年1月号(KADOKAWA)で完結した。
    21:52
    ライブレポート / 写真いっぱい
    いぎなり東北産、中野サンプラザで大一番公演!みんなで手を取り合いさらなるステージへ
    いぎなり東北産のワンマンライブ「サンプラ大一番 いぎなりメジャーデビュー」が11月23日に東京・中野サンプラザホールで開催された。
    21:36
    音楽
    Mori Calliope新曲をTHE ORAL CIGARETTES山中拓也がプロデュース
    Mori Calliopeの新曲「Wanted, Wasted」を山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)がプロデュースしていることがわかった。
    21:30
    音楽
    動画あり
    INI、新曲「SPECTRA」MVのティザー公開
    INIの新曲「SPECTRA」のミュージックビデオのティザー映像がYouTubeで公開された。
    21:25
    音楽
    ガンダムエース / 新連載 / ガンダム
    小説「水星の魔女」ガンダムエースで開始、アニメのSF考証担当する高島雄哉が執筆
    TVアニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の小説が、本日11月26日発売の月刊ガンダムエース2023年1月号(KADOKAWA)で連載開始された。
    21:15
    リリース
    FLOWが3年ぶりアルバム発売、全国20都市回るツアーも決定
    FLOWのニューアルバム「Voy☆☆☆」(ヴォイ)が今冬に発売される。
    21:00
    音楽
    halca、2ndアルバム「nolca solca」発売決定
    halcaの2ndアルバム「nolca solca」が2023年1月25日に発売される。
    21:00
    コメントあり / ANN / TV・ラジオ出演
    ツユが「オールナイトニッポン0(ZERO)」初登場
    ツユの3人がパーソナリティを務めるニッポン放送「ツユのオールナイトニッポン0(ZERO)」が12月3日27:00より生放送される。
    21:00
    音楽
    リリース
    THE MICETEETH初の配信シングル「屋根の上のピーナ」リリース
    THE MICETEETHの配信シングル「屋根の上のピーナ」が本日11月26日にリリースされた。
    21:00
    osage初のフルアルバム「23=」発売決定、バンド史上最大規模となる23本の全国ツアー開催
    osageの自身初となるフルアルバム「23=」(ツースリー)が2023年2月23日にリリースされる。
    21:00
    コラボレーション
    「ちみも」×「PUI PUI モルカー」カナヘイ描き下ろしのコラボビジュアル到着
    テレビアニメ「ちみも」と「PUI PUI モルカー DRIVING SCHOOL」のコラボビジュアルが到着した。
    21:00
    映画
    映画賞 / 受賞 / イベントレポート
    広瀬すずがTAMA映画賞で最優秀女優賞に輝く、倍賞千恵子はトロフィー手にして笑顔
    第14回TAMA映画賞の授賞式が本日11月26日に東京・パルテノン多摩で行われ、最優秀女優賞を獲得した広瀬すずと倍賞千恵子が登壇した。
    20:57
    クリスマス / カウントダウン
    真っ白なキャンバスが無料東名阪ツアー、クリスマスライブ、年越しライブの開催発表
    真っ白なキャンバスが12月に3本の主催イベントを開催することを発表した。
    20:30
    音楽
    1巻 / 4コマ
    ゾンビは回復魔法で一撃!異世界から来た白魔導士少女×終末世界を描く新刊1巻
    バニライタチ「白魔導士はゾンビの夢を見るか?」1巻が、本日11月26日に発売された。
    20:28
    映画賞 / 受賞 / イベントレポート
    佐藤二朗「さがす」でTAMA最優秀男優賞に輝き「初めて褒められた」、松坂桃李も受賞
    第14回TAMA映画賞の授賞式が本日11月26日に東京・パルテノン多摩で行われ、最優秀男優賞を獲得した佐藤二朗と松坂桃李が登壇した。
    20:26
    映画
    山崎まさよし「ロマサガRS」CMで松山ケンイチと初共演
    山崎まさよしが出演するスマートフォン向けRPG「ロマンシング サガ リ・ユニバース」のテレビCM「4周年はミンサガ祭」編が11月27日から放送される。
    20:02
    古川琴音の主演作「みなに幸あれ」2023年公開、日本ホラー映画大賞を長編化
    第1回日本ホラー映画大賞で大賞を受賞した下津優太の短編「みなに幸あれ」が長編映画化。古川琴音主演で2023年に劇場公開される予定であることがわかった。
    20:00
    1巻 / ガンダム / 限定版
    平行世界から歴史改変攻撃をしてくる敵と戦う「ガンダム N-EXTREME」1巻、PVも
    チーム・バレルロールのシナリオ協力による水口鷹志「機動戦士ガンダム N-EXTREME」1巻が、本日11月26日に発売された。
    20:00
    イベントレポート
    ミックステープを一緒に作ろう!カレン・ギランが日本の「GotG」ファンへ感謝
    カレン・ギランが、本日11月26日に千葉・幕張メッセで開催中の「東京コミコン2022」のセレブステージに登壇した。
    19:35
    映画
    映画賞 / 受賞 / イベントレポート
    横浜流星、磯村勇斗、伊東蒼、河合優実がTAMA映画賞で最優秀新進男優賞・女優賞受賞
    第14回TAMA映画賞の授賞式が本日11月26日に東京・パルテノン多摩で行われ、最優秀新進男優賞を獲得した横浜流星、最優秀新進女優賞を獲得した伊東蒼、河合優実が登壇した。
    19:32
    降幡愛、誕生日前日と当日にビルボード東京でライブ
    降幡愛のライブ「Ai Furihata “Trip to LOVE”」が2023年2月18、19日に東京・Billboard Live TOKYOで開催される。
    19:30
    音楽
    リリース / コメントあり
    超学生、メジャー1stアルバム「超」発売&初のワンマンライブ「入学説明会」開催決定
    超学生のメジャー1stアルバム「超」が2023年2月15日にリリースされる。
    19:30
    音楽
    1巻
    理想の体型したあの子を俺が自由にコーデ!「ポーカーフェイス女装男子と。」1巻
    くらの「ポーカーフェイス女装男子と。」1巻が、本日11月26日に発売された。
    19:21
    コミック
    ジャン・ランベール=ヴィルドが立ち上げる、SPAC「守銭奴 あるいは嘘の学校」幕開け
    SPAC秋→春のシーズン2022-2023 #2 モリエール生誕400年記念 / 新作 SPAC版「守銭奴 あるいは嘘の学校」が、本日11月26日に静岡・静岡芸術劇場で開幕した。
    19:04
    ステージ
    リリース
    亜沙の傘、販売決定
    亜沙(和楽器バンド)のアクセサリーブランド・Automata Crownよりオリジナル傘が発売される。
    19:00
    音楽
    1巻 / コミカライズ / 動画あり
    中華後宮ミステリー「後宮の検屍女官」1巻、市ノ瀬加那と三浦勝之共演のPVが公開
    おの秋人「後宮の検屍女官」の1巻が、本日11月26日に発売。小野はるかの小説を原作にした、コミカライズ作品だ。
    18:47

  24. 2022/11/25 14:50:44 内田樹の研究室含むアンテナおとなりページ

    守さん12月のご予定

  25. 2022/11/24 14:00:14 キリキリソテーにうってつけの日含むアンテナおとなりページ

    ☆☆☆☆☆:個人ベスト本 (107)
    海外文学アワード (6)

  26. 2022/11/24 06:34:23 イチニクス遊覧日記含むアンテナおとなりページ

    2022-11-23
    11月18日/パフェとTwitter
    有休をとったので、いつもより1時間遅く起きてミロを飲みながら放鳥。
    予約をしたパフェに間に合うよう支度をして家を出る。
    向かったのは西荻窪の金木犀茶店というお店で、前回は入院中に予約し退院直後に来たのだった。その時は偶然友達も同じ時間に予約していて久しぶりに会えたのも嬉しかった。
    あの日もそれなりに元気にはなってはいたけれど、今はもう手術部位の動かしづらさもほぼなくなっていて人体というものの頼り甲斐を感じる。
    金木犀茶店のパフェは、いつもどこかに初めての味があって楽しい。素材を引き出す程度の甘みなのも、甘いものがそれほど得意ではない(量が食べられない)自分には嬉しい。
    お店ではいつも90年代のクリエイションレーベルっぽい雰囲気のギターポップがかかっている。店主の方の好みなのかなと思っていたのだけど、食べながらふと英語がとても聞き取りやすいことに気づく。
    ということはもしかしてこれアジアのバンドなのかも…と歌詞で検索してみたところ、中国のバンドだということがわかった。検索してみつけたyoutubeをブックマークしてお店を出る。
    パフェの後、ひと月ぶりの病院へと向かう。
    先月からしつこい肩こりに悩んでいて、最初は季節の変わり目だからとやり過ごしていたのだけれど、次第に焦燥感のようなものも出てきて、もしかして今の薬の副作用なのかもと思い至った。そこで、今飲んでる薬と合わせて飲まれることが多いという漢方を買ってみたところ、これがてきめんに効いた。ので、約2週間ほど飲み続けていた。
    本来追加で薬を飲んだりするときは主治医に報告すべきなのだけれど、漢方に対してはそれほど積極的ではなさそうな雰囲気を勝手に感じていたため、ついにこの日まで連絡できずにいた。
    なので少し気が重かったが、症状と漢方が効いた旨を説明するとあっさり「ではそれをだしましょう」と言ってくれたのでほっとする。
    次は3か月後なので3か月分の薬をもらったのだが、受け取ったら漢方は箱ごとで笑ってしまった。写真をとって友達に見てもらう。

    買収のニュース以降、Twitter関連の不穏なニュースが続いているけれど、この日は朝から「ついに近々機能停止に陥るのではないか」というような話題でもちきりになっていた。
    せっかく買ったのだから完全になくなるというようなことは(少なくとも当分は)ないだろうけれど、何らかの障害が起きた際に対応する体制が整っていないという状況ではあるのだろうな、と思う。
    コロナ禍におけるTwitterは、正直あまり居心地の良い場所ではなくなりつつあったような気がする。ただ、いざなくなるかも、と想像してみるとそれはそれでさびしい。
    いろんな使い方があるとは思うけれど、私にとってのTwitterは「いろんな人が今日何をして、何を考えていたのか」というのを知れる場所であり、それはかつてはてなアンテナだった。
    アンテナのスピードに戻るのも悪くないような気はするけれど、あの頃のように、毎日大量の日記が更新される時代はもう来ないような気もする。
    夕方、金木犀茶店で知ったバンドorange oceanについてツイートする。
    あの人に聞いてみて欲しいな、と思っていた方がいいねをしてくれていて、こういう嬉しさもTwitterのありがたみだなと思ったりした。
    youtu.be
    ichinics 2022-11-23 21:05

  27. 2022/11/22 22:56:35 zokkonの日記含むアンテナおとなりページ

    2022-11-20
    呼吸法の改善で再び走力アップを目指す
    邦訳される前からyomoyomoさんが紹介していて気になっていた本、ジェームズ・ネスター『BREATH 呼吸の科学』が近藤隆文さんの訳で早川書房から発売されました。刊行は今年の6月ですが、このほどやっと読みました。
    雑にまとめると、鼻呼吸を徹底すること、1分間に5.5回というゆっくりとした呼吸を心がけること、そして息を吐き切ることを心がければ健康に過ごすことができそうだというのが現時点で自分の役に立ちそうな結論です。
    なお、一世を風靡した美木良介のロングブレスへの言及は訳者あとがきにもありません。もちろん言及する義理はありませんし、この本に書かれていることがロングブレスの誕生につながったのかどうかはわかりませんが、どういったメソッドを用いるにしろ、理にかなった呼吸法を身につけることができれば身体の機能が向上するのは確実のように思えます。石原慎太郎が生前、ロングブレスによって寿命を延ばすことができたと語っていました。
    我が身を振り返ってみれば、幼い頃から花粉症などで鼻がつまっていることが多く、喘息持ちでもあったので口呼吸で過ごす時間が長かった。鼻の粘膜を鍛えて鼻呼吸を身につけることができるとわかったのはここ数年のことです。なんと人生を無駄にしてきたことか!
    ランニングに取り組むようになってからも、鼻だけで呼吸をするのは苦しいと思っていて、ふだんの生活とは違う例外的な場面だからという理由で、口で呼吸することを自分に許してきました。しかし、ジョギングのような低強度の運動なら、鼻呼吸を貫くべきなのですね。
    というわけで、ここ数回のジョギングは口をしっかり閉じて行うようにしています。まだこの呼吸法に慣れていないので、今のところ3kmだけ。徐々に距離を延ばしていこうという算段です。
    口呼吸を封じてからの変化はいくつかあります。まず、呼吸のリズム。これまで、3拍で吸って4拍で吐くというリズムで走ってきました。3拍で吸うのはこれまでと変わらず、それほど困難は感じません。しかし、鼻から吐き切るのが4拍では難しい。今までは十分に息を吐き切っていなかったのを改めるのと、鼻の気道を使うことの二つを同時に新しくしないといけない難しさがあるかもしれません。5拍にすると呼吸1回のサイクルが偶数拍になってしまうので避けるとすると、6拍で吐き切ることになります。数えるのが面倒になりますが、当面はこれでやっていきます。
    もう一つの変化は、心拍数です。ジョギングの際の心拍数は1分間あたり「180−年齢」に抑えるのが望ましいとされますが、これまで意図したわけではないにしろ永遠の18歳になってしまっていました。鼻で深い呼吸をする走り方に転換すると、やはり多少は息苦しさを感じるので、それを緩和しようとこれまでよりテンポを落とすことになります。結果として、心拍数を抑えるのに今のところ成功しています。それでも実年齢よりずいぶん若い数字になっていますが……。
    ランニングを始めてからこれまでに2回、大きな走法の転換を行いました。着地をつま先に近い側にするフォアフット走法にした時と、腰への負担を減らすための姿勢の矯正(骨盤を前傾させる)です。二つ目はそれほど長距離を走ったことがなく、まだまだ身についたとは言い切れない部分がありますが。呼吸法の改善が加われば3回目になります。成功すればより負荷の小さい走り方になっていると信じて、じっくり取り組んでいこうと思います。
    日没がずいぶん早くなった
    zokkon 2022-11-20 23:20
    Tweet
    もっと読む
    コメントを書く
    呼吸法の改善で再び走力アップを目指す

  28. 2022/11/21 11:47:16 American Literature - American Literary Classics -- A Chapter A Day含むアンテナおとなりページ

    Christmas
    Halloween
    Halloween for kids
    Thanksgiving
    Authors
    Famous Authors
    O. Henry
    Anton Chekhov
    Edgar Allan Poe
    Ernest Hemingway
    Guy de Maupassant
    Kate Chopin
    Edith Wharton
    Mary E. Wilkins Freeman
    H.H. Munro (SAKI)
    Jack London
    Ambrose Bierce
    Sherwood Anderson
    Susan Glaspell
    Mark Twain
    Nathaniel Hawthorne
    Herman Melville
    Louisa May Alcott
    Oscar Wilde
    Stephen Crane
    Charles Dickens
    Rudyard Kipling
    All Authors
    Female Authors
    African American

  29. 2022/11/21 04:49:44 北烏山だより含むアンテナおとなりページ

    2022-11-20
    『無人島のふたり』読了 妹のこととYちゃんのこと
    先日、山本文緒『無人島のふたり』を読了。同じ病気で同じような経緯で世を去った妹のことを否が応でも思い出してしまう。妹も病気が見つかったときはすでにステージ4だった。山本さんと同様、それまで体に悪いようなことは何もしていないし、定期健康診断も受けて、二人目の子供を妊娠中の幸せ真っ只中のことだった。
    山本さんは「突然死ぬのは私じゃない。私は、友人知人、夫や家族、全部看取って死ぬのかと思っていた」と書いている。これはほんとうにそうで、健康そのものでふっくら体型の妹は、直前にパラグライダーから墜落するという事故に遭ったにもかかわらず大事に至らなかったので、なんなら自分は不死身だ、くらいに思っていたんじゃないか。私もいま、漠然と将来のことを考えて、自分が同居人より先に逝く、というのはあまり想定していないように思う。もしそうなったら、この人をひとり残すことになったら、大変だなあ、かわいそうだなあ、と思う。山本さんは体調のよいある日、夫とお気に入りのカフェに行き、「葬儀のことはどんなふうに考えているの?」とたずねる。「案の定涙ぐむ夫。」とある。それから、夫が自分で作ったグラタンをひっくり返してしまって呆然とし、泣き出してしまったというエピソード。いま思い出しても切なくて、悲しくて、涙が出てしまう。
    妹は少なくとも私の前では模範的な患者だった。ステージ4と告げられても「私は死ぬ気がしないの」と言って、つらい抗がん剤治療に挑んでいた。休職の手続きをし、きっちりと後輩の男性に引き継ぎをして、「絶対戻ってくるから」と笑顔で言ったら、後輩のほうが滂沱の涙だったという。入院中は「会いたい人はみんな呼ぶんだ」と言って連絡をしまくったから、見舞客がたえず、いつも賑やかだった。旦那さんの希望もあって、最期は自宅でなくなったのだけれど、かなり具合が悪くなってからも、あまり愚痴も言わず、取り乱すこともなかった。私との最後の会話は、亡くなる数日前に、見舞いから帰る私の背中に「おねえちゃん、ありがとうね」と言った。それはたぶん、今日きてくれてありがとう、というだけではなくて、今までのいろんなことに言っているような気がして、私は妹のマンションの廊下に出てから号泣した。翌日だったか、その次に見舞いに行ったときはもう意識がなくて、言葉をかわすことはできず、そのまま旦那さんと私と旦那さんのお母さんの見守る中で息をひきとった。
    そんな模範患者だった妹が、一度だけ、過剰に見えるほど激昂して、病院にクレームをつけたことがある。入院して1ヶ月か2ヶ月くらい経ったころだっただろうか。担当の看護師さんの一言がどうしてもゆるせない、その人の顔も見たくないから、担当を変えてほしい、という。その一言というのが、「Eさん(妹の苗字)は、家庭裁判所調査官だったんですってね」だ。
    若い看護師さんからすると、何がいけなかったのか、すぐにはわからなかったかもしれない。妹は、「だった」という過去形に反応したのだった。妹は仕事を辞めたわけではなく、「休職中」なのだ、それなのに、「だった」とは何事だ、まるでもう、自分には復職の見込みがないという前提だと言わんばかりじゃないか、と怒った。それは尋常ではない怒り方で、実家の母などはあまりぴんときていなかったようだけれど、妹の旦那さんと私は、妹がなぜそんなに怒っているのかが痛いほどわかり、ほんとうは泣きそうだったけどそしらぬふりで「ほんとひどいね、サイテーの看護婦!」などといっしょにぷんぷんしてみせたのだった。(妹はその後も復職したときのためにと語学の勉強を始めたり、車椅子生活が決まった際にも「車椅子の家庭裁判所調査官ってかっこよくない?」などと気丈にふるまっていた。すごすぎる。)
    妹が高校生の頃、私は同じ高校のテニス部のコーチをしていた。そのときの教え子で妹と同学年の子が、数年前にやはり癌でなくなった。Yちゃんが闘病しているらしい、という話を同期の子から聞いた。お見舞いに行きたいと思ったけれど、時期をみているうちにその日がきてしまった。Yちゃんはすらりと背が高く、やさしくはにかんだ笑顔が印象的な可愛らしい高校生だったけれど、実はチームメイトの誰よりも負けん気が強く、プライドも高かったのではないかと思う。ほかの同期の前衛3人が華々しい戦績だったのに対し、Yちゃんはテニスの実力はだいぶ落ちる、というか、ほとんど初心者というくらいのレベルだった。それでも毎日欠かさず練習に参加し、ともに泣いたり笑ったりの日々を過ごした。ところが2年生になってから、彼女は腰を痛めてしまい、通常の練習プログラムをこなせなくなる。夏の合宿ではほとんど練習に参加することができず、2学期に入ってテニス部を辞めたい、と言ってきた。
    私はびっくりして、もう一人の大学生コーチといっしょにYちゃんの家に行った。腰は辛抱強く治せばいい、いつか必ず復帰できると信じて、できることをやっていこう、と話したら、彼女はハラハラと泣き出した。「先輩がそう言ってくれるなら」と言って、なぜテニス部を辞めようと思ったかを話してくれた。夏合宿の際、年配のOBから、「マネージャーになるとか、みんなをサポートするような形でテニス部を続けるという道もある」というような言葉をかけられたのがショックだったのだという。自分はもう、選手としてはいらないと思われているんだ、と感じたらしい。「私はYちゃんにマネージャーになってほしいなんて思ったことは一度もないよ」と言ってその日は結論を出さずに帰った。Yちゃんは結局、引退まで選手としてテニス部を続けた。たしか一勝もできなかったと思うけれど、引退したときは最高の笑顔だった。
    妹のことも、Yちゃんのことも、今はもうこの世にいなくて、こういう昔話について詳細を確認しようと思っても、もう確認できない。だからもしかしたら私の思い込みや記憶違いがあるかもしれなくて、もしかしたら私の作り話かもしれなくて、でもだれもそれを訂正してはくれない(いや、そのときいっしょにいた人は訂正できるのか、妹の旦那とか、いっしょにYちゃん宅に行ったコーチ←誰だったか思い出せない。R先輩かA子かK先輩のだれかだ、とか)。だからこそ、できるだけいろんなことを、書き残しておこう。大きなことも、小さなことも、あとで読み返したり、思い出したりできるように。山本さんが『無人島のふたり』(ああ、なんていいタイトルなんだろう)を書き残したように。
    無人島のふたり―120日以上生きなくちゃ日記―
    作者:山本文緒
    新潮社
    Amazon
    mari777 2022-11-20 00:19
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    『無人島のふたり』読了 妹のこととYちゃんのこと

  30. 2022/11/19 01:52:54 不連続な読書日記含むアンテナおとなりページ

    記事を書く ダッシュボード
    トップ
    グループ
    NEW みんなのお題(β版)
    編集部おすすめ
    ランキング
    こだわりブログ
    ようこそブログ
    初めての方へ(個人の方)
    法人プラン
    プランを比較
    はてなブログを楽しむヒント
    FAQ / お問い合わせ窓口
    トップ 購読リスト グループ トピック NEW みんなのお題(β版)
    記事を書く ダッシュボード
    お知らせ はてなブログプロデューサーより、みんなのお題(β版)についてのお知らせです。
    まず読むならここから! 編集部お気に入りの記事を日替わりで紹介
    毎日更新!
    きょうのはてなブログ
    もっと読む
    「お得に済ませる」テクニックを募集したら246件!
    ジャニオタに聞いた!ドーム遠征時のホテル&交通手段アンケート
    ドーム遠征時、ホテルの予約を取るのが早すぎて旅行支援を取り逃したり、パックツアーの存在をいつも忘れてお得なプランを取り損ねたり… ホテルも交通手段も取れるけど「お得に済ませる」というのが本当にヘタクソなのが悩みで、ツイッターでこんなアンケートを募集し…
    これは厄介だっていう説もあるけど
    ジャニーズ
    "客と演者の相互コミュニケーションを含めたライブショー"
    やさしさ
    昨日は山下達郎のライブに行きました。 テレビで県内公演の存在を知り、一瞬悩んだもののすぐに申し込みありがたく当選、新しくできた駅西のホールにも初めて足を踏み入れました。 始まるまではすごくいい音とすごくいい演奏だろうから頑張って受け止めるぞ、と緊張し…
    Typhoon Love
    高いノートは解体していてありがたい気持ちになる
    半端なノートを全部解体するマン(2022/11/14)
    来年からは、手帳的な役割を『365デイズノート』に担っていただく事した。 これでバレットジャーナル的なことをするのである。 ニトムズ STALOGY ノート 365デイズノート A5 方眼 ブラック S4101ニトムズ(Nitoms)Amazon 結局ノートはコスパよりは「好き」と感じられる…
    投壜通信
    日常
    「お摘みはかうでなくちやあといふ味が口中に広がつた」
    825 順序立て
    過日、某所にある某呑み屋に足を運んだ夜の短い話。 焼酎や泡盛がうまい。蒸溜酒なんてどこで呑んでも一緒ですよと思ふのは間違ひで、ヰスキィのソーダ割りがありますな。あれは上手なバーテンダーが作ると實にうまい。ヰスキィとソーダがひとつになつて、炭酸の刺戟が…
    閑文字手帖
    ”苦みがパッと広がる”けれど飲みやすい「正気のサタン」
    クラフトビールを飲んでみた・その3
    飲んだクラフトビールの感想をブログの下書きに書き溜めておこうシリーズ、その第3回目でございます。 sister-akiho.hatenablog.com sister-akiho.hatenablog.com 10月30日、新宿ピカデリーに『RRR』を観に行った後のことなんですけどね、その近くで立ち寄った場所…
    つれづれぶらぶら
    食べるという幸せ
    "長年売られ続けている商品のオーラ"を感じる
    海外仕様 ぺんてる ケリー 0.7
    9本目のケリーを手に入れました。 上の4本は限定品です。 5本目はクラフトデザインテクノロジー版ケリーで、6本目は通常品のネイビーです。 この2本は50周年記念モデルのケリーです。 ケリーを買う前は、古臭いデザインのシャープペンシルというイメージしかありません…
    ステーショナリー研究室日報
    はてなブログPro
    文房具
    編集部が選んだ
    これまでのおすすめ
    もっと読む
    “まあアド街はそうゆう番組やからな〜。”
    11.7〜13日記
    11.7月 7時に起きて、シャワー、コーヒー、日記を更新してちょっとだらだらして、昨日の平本蓮の試合を何回も見てはうっとりして、12時から美容院。白髪染めしてもらって早めに終わったので、渋谷に出て出勤前に人間関係。カフェラテ飲みながらしばしiPad開いて原稿。…
    北村早樹子日記
    気が済むまで公園で個人的な清掃活動を続けてみよう
    最近のあれこれ
    1万年ぶりにブログのアプリを開いた。 ずっと放置していたが、最近は育児・家事の合間の"暇じゃないけど暇"な時間があり、忘れっぽいので備忘録的に日記のようなものを書いてみようと思う。いつまで続くやら… まずは子どものこと。早いもので1歳2ヶ月になった。 よく食…
    S.S.W(仮)
    「演劇の可能性について」
    世界はここから変えていくことができるはず
    高校演劇、青森中央高等学校『俺とマリコと終わらない昼休み』を総文祭の配信で観たよ。この作品は、今後も折に触れて思い出す気がする。
    はせる
    はてなブログPro
    カルチャー・アクティビティ
    “声かけたら「にゃー」と返事してくれる” 猫が近所にいる
    「人の胃は本来、拳大程度」という言葉を見て暴食が少し減りました
    書いては下書きへ保存、書いては「あんまりだな」と思って破棄、をしていたら間が開いてしまった。 特に誰が読んどる訳でもない、路地裏の小さい客の全くこないどうやって生計をたててるのか分からない店みたいなブログだ。 リハビリがてら色々書いてみよう。 ・今年に…
    I swam in the ocean
    ブラウザのブックマークを動的なものとして扱う
    Chrome仕事術
    いろいろ工夫した結果、最近 Chrome さばきが良くなってきた気がするので、やっていることを書いておく。 タブが必要になる時刻でグループ化しておく 忙しい一日の予定を立てる際に、あらかじめ必要な資料・会場をタブで開いて時刻を打っておくと便利。終わったらまと…
    詩と創作・思索のひろば
    はてなブログPro
    読みながら、自分の旅行体験記と照らし合わせる
    最近の読書 ver.2
    9月〜10月にかけて図書館で本を借りて読むのが自分の中で定着してきました。これまでは「本は買う!買って書籍の経済を動かす!」と思っていたけれど、買ったまま手が伸びない本が多いこと...。ハードカバーを買うのも大事だけど自分が気軽に読みたい環境もないと本を…
    情緒が基準で
    読書
    タコライス、野菜たっぷりなので「カロリーゼロ」
    11/3 晴れ
    今日は家でのんびり過ごしました。 夕食はタコライスとアスパラベーコン。 ベーコンがあまり美味しくないなぁ…ベーコンジプシーなのです。 つぶつぶ刻み野菜入りサルサソースとシラチャーソースをかけて。 野菜たっぷりなのでカロリーゼロです。 夜は楽しみにしている…
    ぽち語録
    日常
    あだ名をつけられているとしたらきっと「ほうじ茶」
    入院中の生活とほうじ茶
    朝、6時少し前に目が覚める。 トイレに行き、顔を洗って歯磨きをして、向かいにある談話室までお湯を汲みに行く。 入院前、なんとなく荷物に入れたタンブラーだったけれど、入院中ずっとこの「お湯を汲む」という用途に大活躍してくれた。 汲んできたお湯で、自宅から…
    イチニクス遊覧日記
    日記
    ユニットの3人が共同でつづる日記です
    11月13日(日)
    11月13日(日)【かとう】〇長い日記に文句を言わないふたりは神。根暗日記をオープンにしないままため込んでいるので、こちらに影響を及ぼしています。〇土日とも人と会う予定がないのはひさびさだ。〇午前中、徒歩で星野珈琲店へ。あたたかくてアイスコーヒーを注文し…
    lulululunlulululun’s diary
    Why Japanese Dojin People?
    どうにかなれ
    上司に退職の意向を伝えた。人生どうにかなってほしい。どうにかなってほしい、は2つの捉え方がある気がしていて、「なんとかなるようになってほしい」という意味と「めちゃくちゃに破滅的な結末をむかえてほしい」という意味がありませんか?私の場合、後者寄りの前…
    狂気の沙汰も萌え次第
    念願の中華鍋、ガンガン油を使って料理
    山田工業所の中華鍋(30cm、1.6mm厚)を買う
    11/3(木) 久しぶりにお好み焼き食べたいね、となって昼食に作る。ちょうど海老やイカがあったので豪華になった。卵多め、小麦粉少なめで作ると結構ふっくら仕上がる。 子供たちも喜んで食べてくれたので良し。 PM、注文していた中華鍋が届く。Amazonのほしい物リスト…
    石記
    買った
    「足りていない」と思うのはなぜ?
    「努力が報われます」が恐ろしい
    星占いを見るのが趣味なので、色々な星占いを見る。 だいたい1日や15日という節目の日、もしくは月曜日にアップされるそれらの運勢を見て、ああ今こういう時期なんだ、と自分を納得させる材料にしている。 たとえば暴飲暴食や眠気、根拠のない落ち込みについて「ああ、…
    ネコミミにひかりあれ
    yomimono
    もっと読む
    毎週月曜更新
    週間人気記事ランキング
    もっと読む
    Elon Musk は Twitter で何をしようとしているのか
    The Decisive Strike
    はてなブログPro
    『Linuxのしくみ』は、アプリケーションの向こう側を知るために読むべき
    Magnolia Tech
    はてなブログPro
    最近文章が書けなくなった
    phaの日記
    はてなブログPro
    Stable Diffusionを使って「いらすとや風画像生成モデル」を作った話
    ぬいぐるみライフ?
    はてなブログPro
    たかやん考:ネットラッパーの揺曳する身体と「病み」の美学、そして「エンパワメント」
    ハイパー春菊サラダボウル
    チェンソーマン シュメル起源説
    本しゃぶり
    はてなブログPro
    「ザ・ルンペンブルジョワジー」
    tarafuku10 の作業場
    コードは2回書きたい
    Mitsuyuki.Shiiba
    はてなブログPro
    一般企業であまり前例がない「認証VLAN」を導入した、その後の学び
    MonotaRO Tech Blog
    はてなブログ for DevBlog
    「新自由主義」批判がグダグダになりがちな理由(ジョセフ・ヒース論文「批判理論が陰謀論になるとき」メモ)
    清く正しく小賢しく
    もっと読む
    もっと読む
    Information
    【第8回】はてなブログお知らせレター:「はてなブログの日記本」に、たくさんのご応募ありがとうございました
    日記本掲載が決定した方にはメールをお送りしておりますこんにちは、週刊はてなブログ編集部の藤沢智子です。 いよいよ来月に迫った「第2回日記祭」と、日記祭で配布する「はてなブログの日記本」に関するお知らせです。 「はてなブログの日記本」に、たくさんのご応募ありがとうございました もっと純日記でつながりたい。純日記グループ作りました おわりに これまでの純日記特集 「はてなブログの日記本」に、たくさんのご応募ありがとうございました はてなブログでは、第2回日記祭で配布する、はてなブロガーの日記を集めた…
    「編み物ブログ」で毛糸と共に日常を編む
    いまから編み始めれば、きっと今冬には完成するはず少しずつ寒くなる外の気温と反比例するように、この時期から続々と投稿が増えて熱い盛り上がりを見せるのが、編み物関係のブログが集まる「あみもの部」グループ。 今年も美しい完成品の発表記事や、制作状況の報告記事が投稿され始めています!実は「編み物」は、はてなダイアリー時代から密かに大人気のジャンル。はてなブログには数々の力作が投稿されていますが、今回はその中でも「編んだ人の生活」が垣間見えるブログをご紹介します。 編み物との出会い、教えて! とある漫画が…
    自分を必要以上に過小評価しないで、「コミュニケーションを頑張る」。
    コミュニケーションをサボらない毎日さまざまな話題のエントリーが生まれるはてなブログの中から「旬な話題」をピックアップする企画「はてなブログで話題」。今回は「自分を必要以上に過小評価しない」をテーマに記事を紹介します。 しかし少なくとも社会で働く上で 自分の能力を適切に評価する ことは自分にとっても会社にとっても重要なことだ。 自分を必要以上に過小評価することは、あなたを認めてくれている人にとっても失礼だよって話 - そーだいなるらくがき帳 こちらは 2022年10月第5週のはて

  31. 2022/11/19 00:18:17 circustown.net index含むアンテナおとなりページ

    Thu Nov 17 10:24:17 JST 2022
    2022.11.17 (#948) - Songwriter
    It's Christmas Time
    Anita Kerr
    記事を読む
    2022.11.13 (#947) - Magic Voice
    2022.11.03 (#946) - Songwriter
    2022.10.27 (#945) - Songwriter
    2022.10.20 (#944) - Songwriter
    2022.10.10 (#943) - Songwriter
    2022.10.03 (#942) - Songwriter
    2022.10.02 (#941)
    2022.09.19 (#940) - Songwriter
    2022.08.25 (#939) - Cinema Music Composers
    2015.02.06
    特集 Jimmy Webb 特集

  32. 2022/11/18 17:55:29 新曜社 ホームページ sin-yo-sha-homepage含むアンテナおとなりページ

    2022.11.16
    『集団浅慮』書評が公明新聞に掲載されました
    書評・メディア

  33. 2022/11/18 11:49:51 新文化含むアンテナおとなりページ

    【本紙11月17日号のご案内】
    「再始動」したフランクフルトBF/寄稿:昨年の2.5倍規模で活況に/フォルトゥーナ代表取締役社長・榎本麻衣子
    今年もドイツの「フランクフルトブックフェア」が開催された。>>つづきを読む
    第26回「手帳大賞」、名言大賞は「幸せだよ、だって私だもん!!」
    高橋書店は11月15日、東京・千代田区の帝国ホテルで第26回「手帳大賞」を発表した。>>記事全文
    (11月17日)
    AKUSHU BOOK&BASE(福井)12月に閉店、事業継続者を探索中
    12月15日を最終営業日として閉店する。>>記事全文
    (11月17日)
    ブティック社初のゴルフレッスン書、発売2週間で1万部超
    倉持雅樹『シンゴルフにおけるクララ先生のIQゴルフ』が好調な売行きで、発売して約2週間で発行部数が1万部を超えた。>>記事全文
    (11月17日)
    図書館等公衆送信補償金管理協会(SARLIB)、文化庁から認可
    一般社団法人図書館等公衆送信補償金管理協会は11月7日、来年5月の開始に向けて整備されている図書館等公衆送信サービスにおける、補償金の額の決定、徴収、分配などを行う団体として文化庁から認可された。>>記事全文
    (11月17日)
    図書館総合展、来年は4年ぶりにパシフィコ横浜で
    図書館総合展運営委員会はこのほど、来年の第25回「図書館総合展」を4年ぶりにパシフィコ横浜(横浜・西区)で開催すると発表した。>>記事全文
    (11月17日)
    第85回 書店研修の彼(11/17up) New!
    三洋堂ホールディングス、中間連結決算は減収減益(11/16)
    11月17日号
    「再始動」したフランクフルトBF/寄稿:フォルトゥーナ代表取締役社長・榎本麻衣子《1面特集》

  34. 2022/11/17 20:16:04 blog 水声社 含むアンテナおとなりページ

    11月の新刊:金融人類学への誘い――トレーダーたちの日本と夢の終わり《人類学の転回》
    2022年 11月 15日
    金融人類学への誘い
    トレーダーたちの日本と夢の終わり
    《人類学の転回》
    宮崎広和(著)
    木村周平+深田淳太郎+早川真悠+高野さやか(訳)
    判型:四六判上製
    頁数:300頁
    定価:3200円+税
    ISBN:978-4-8010-0673-7 C0010
    装幀:宗利淳一
    11月下旬発売!
    ▶試し読み◀▶直接のご注文はこちらへ◀︎
    《信じること》と《疑うこと》の狭間で
    裁定取引とはなにか? 日本の証券トレーダーたちの思考と実践から、「終わり」の感受性に迫る。
    アービトラージに夢を託し、その終焉に自らの人生を重ねる金融トレーダーと人類学者との邂逅が生み出した最高峰のモノグラフ。
    ――岩井克人
    Read the rest of this entry »
    11月の新刊:評伝ジャック・ヴァシェ
    2022年 11月 15日
    評伝ジャック・ヴァシェ
    後藤美和子(著)
    判型:A5判上製
    頁数:457頁
    定価:6500円+税
    ISBN:978-4-8010-0683-6 C0098
    装幀:宗利淳一
    11月下旬頃発売!
    ▶試し読み◀▶直接のご注文はこちらへ◀︎
    伝説的人物の全貌
    黒いユーモアの体現者、戦場から謎めいた手紙を送り、作品を残さずして早世した伝説のシュルレアリスト――しかし、それはブルトンによって偶像化された姿だった。故郷ナントでの文学活動、苛酷な従軍生活、死の真相……様々な記録や証言、発見された手紙や草稿をもとに、知られざる生涯を克明に辿る。
    Read the rest of this entry »
    新刊紹介 (724)

  35. 2022/11/15 01:55:34 ultravisitor含むアンテナおとなりページ

    2022-11-14
    金沢マラソン2022 走った
    さる10月30日,金沢マラソン走ってきました。
    金沢マラソンは地方大会としては人気が高いマラソンで,今回も,こわださん,けん玉ランナーさん,タカヤマラソンさん,POPLINE竹本さんなど,有名ランチューバーが多数参戦していました。(こわださんとはツーショット写真撮らせていただいて嬉しかったです!)
    結論から言うと,さすが人気のある大会だけあって,非常に運営がシステマティックかつ丁寧で,おもてなしの雰囲気も満載で素晴らしかったです。また,コースも,スタート地点よりゴール地点のほうが標高が低く,また,12k地点まで少し登りがあるものの,残りはずっと下り基調という非常に走りやすそうなコース。
    さあ,実際どうだったのでしょうか。
    天候は快晴,もうすぐ11月だというのに気温も上がり,天候のコンディションとしては絶好。しかもスタート地点のお立ち台には,浜辺美波さん(石川出身)が立って声援を送ってくれるというテンション上がりっぱなしの状況。
    では,そんななかでの走りを6分の動画でごらんください↓
    www.youtube.com
    結論から言うと,撃沈ですね。
    シーズン最初のフルマラソンで,かつ,この秋はシゴトが忙しくて練習もちゃんとできていないので,PB更新とかは考えていなかったんですが,3h40mくらいで走れたらいいなーと思っていたのですが,そんな目標にも遠く及ばず。
    下り基調のコースで走りやすいと思っていたのですが,これがわりと落とし穴だったなと思いました。登りに関しては,今回は獲得標高が122mということで,2週間前に走った淡路くにうみマラソンがハーフなのに獲得標高289mという過酷さだったのを経験しているので,大したことないと思いました。
    で,下りも別に脚に来ているという実感もなかったんですが,30k過ぎてかなりキツくなって,35k過ぎて,脚が攣りそうになっては歩き,攣りそうになっては歩きの連続。練習不足ということもあるかと思いますが,やはり下りが続いたことで地味に脚に負担がかかっていたのかなと思います。
    実際,ランチューバーの方も,ぼく以上に大撃沈したPOPLINE竹本さんはじめ,30k過ぎで撃沈したランナーが多かったように思います。
    しかし,ぼくは記録考えていなかった3年前までは脚攣りなんてなかったんですけど,記録頑張ろうと思ってから脚が攣ることが多くなりました。良くないですね。対策したいところです。
    ちなみに,今回の金沢マラソン,給食も多彩で充実しているということで,今回はランナーズ・バックパックを背負って,「全給食ゲット」を目指しました。それもあったので,記録はそんなに真剣にめざしていなかったんですが,それにしてももうちょっと頑張れよ,という感じですね(笑。
    いじょ。次は神戸マラソン!
    ・12/04 武庫川リバーサイドマラソン(10k)←NEW!
    56) 2022.11 第8回 金沢マラソン2022 3h51m09s
    過去の記録(ハーフ):
    Date Name Net Time
    46) 2022.09 第38回 淡路国生みマラソン 1h47m58s
    45) 2022.09 第2回 NAGAIランナーズトライアル 1h45m42s
    44) 2022.04 2022 芦屋さくらファンラン 1h42m25s
    43) 2022.02 2022 神戸バレンタイン・ラブラン 1h55m32s
    42) 2022.01 第48回 武庫川新春ロードレース 1h39m10s *PB*
    41) 2021.10 2021 にしのみや武庫川ハーフマラソン 1h41m09s
    40) 2021.10 第23回大阪チャレンジマラソン 1h47m51s
    39) 2021.01 第14回浜寺公園ふれあいマラソン 1h42m47s
    38) 2021.01 第37回大阪新春マラソン 1h43m59s
    37) 2020.11 第2回加古川みなもチャレンジ記録会 1h44m41s
    2020.11 第21回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h47m05s
    2020.10 第18回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h51m09s
    2020.08 第9回TATTAサタデーラン(GPSレース) 2h05m33s
    2020.08 第8回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h59m48s
    2020.08 第7回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h57m22s
    2020.07 第5回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h59m50s(信号込)
    36) 2020.01 第44回十津川 昴の郷マラソン 1h41m27s(グロス)
    35) 2020.01 第46回武庫川新春ロードレース 1h43m44s(グロス)
    34) 2019.12 第31回三田国際マスターズマラソン 1h44m21s
    33) 2019.10 大阪スポーツ祭典 第46回 大会 1h48m23s
    32) 2019.04 2019 芦屋さくらファンラン 1h44m52s
    31) 2019.02 長居公園節分ハーフマラソン 1h43m47s(グロス)
    30) 2019.01 第45回武庫川新春ロードレース 1h44m45s(グロス)
    29) 2018.12 第30回三田国際マスターズマラソン 1h45m04s
    28) 2018.07 第1回神戸ベイエリアマラソン 1h57m54s
    27) 2018.04 2018 芦屋さくらファンラン 1h44m38s
    26) 2018.02 2018 神戸バレンタイン・ラブラン 1h42m22s
    25) 2018.01 第44回武庫川新春ロードレース 1h43m11s(グロス)
    24) 2017.12 第29回三田国際マスターズマラソン 1h45m12s
    23) 2017.10 第7回おんたけ湖ハーフマラソン 1h53m00s(グロス)
    22) 2017.10 第38回能楽の里池田マラソン 1h52m03s
    21) 2017.04 芦屋さくらファンラン 1h46m44s
    20) 2017.02 第6回すもとマラソン 1h44m21s(グロス)
    19) 2017.1 第43回武庫川新春ロードレース 1h46m19s(グロス)
    18) 2016.12 第28回三田国際マスターズマラソン 1h46m00s
    17) 2016.10 南魚沼コシヒカリRUN in 石打 1h47m57s
    16) 2016.04 芦屋国際ファンラン 1h48m30s
    15) 2015.10 Rock 'n' Roll Marathon Los Angeles 1h55m54s
    14) 2015.07 Rock 'n' Roll Marathon Chicago 2h08m04s
    13) 2015.02 第4回すもとマラソン 1h43m54s
    12) 2015.01 第43回たつの市梅と潮の香マラソン 1h41m58s
    11) 2015.01 第41回武庫川新春ロードレース 2h49m27s
    10) 2014.12 第26回三田国際マスターズマラソン 1h44m33s
    9) 2014.10 和歌浦ベイマラソン 1h53m59s
    8) 2014.04 芦屋国際ファンラン 1h42m46s
    7) 2014.02 第3回すもとマラソン 1h45m20sぐらい
    6) 2013.10 第4回軽井沢リゾートマラソン 棄権(19.6km 2h17m32s)
    5) 2013.10 碓井峠ラン184 1h47m26s
    4) 2013.04 芦屋国際ファンラン 1h43m28s
    3) 2013.02 第2回すもとマラソン 1h45m41s
    2) 2012.04 芦屋国際ファンラン 1h46m11s
    1) 2011.10 和歌浦ベイマラソン 1h57m23s
    ultravisitor 2022-11-14 00:09

  36. 2022/11/14 20:50:14 筑摩書房含むアンテナおとなりページ

    人類精神史 ─宗教・資本主義・Google
    山田 仁史
    筑摩選書  
    12/14
    9784480017611
      JANコード 9784480017611
    1,980円(税込)
    公衆衛生の倫理学 ─国家は健康にどこまで介入すべきか
    玉手 慎太郎

    筑摩選書  
    四六判
      304頁  刊行 
    12/14
      ISBN 
    9784480017628
      JANコード 9784480017628
    ※発売日は地域・書店によって前後する場合があります
    1,870円(税込)
    タイム・オブ・デス、デート・オブ・バース
    窪 美澄
    単行本  
    四六判
      224頁  刊行 
    12/15
    9784480805096
      JANコード 9784480805096
    1,540円(税込)
    幕末・明治期の国際関係再考 年報政治学2022-2
    日本政治学会
    編集
    単行本  
    A5判
    12/15
    9784480867414
      JANコード 9784480867414
    4,180円(税込)
    建築家は住まいの何を設計しているのか
    藤山 和久
    単行本  
    四六判
      240頁  刊行 
    12/15
    9784480874122
      JANコード 9784480874122
    1,980円(税込)
    スプーンはスープの夢をみる ─極上美味の61編
    早川 茉莉
    単行本  
    四六判
      304頁  刊行 
    12/19
    9784480815699
      JANコード 9784480815699
    1,980円(税込)
    660円(税込)

  37. 2022/11/14 03:25:51 Ann Sally含むアンテナおとなりページ

    Ann Sally LIVE ~秋の音楽旅行~ at YUKUIDO(完売御礼)
    Kardemimmit Japan Tour 2022 「北欧のクリスマス支度」カルデミンミット & アン・サリー(大人の部 完売御礼)

  38. 2022/11/13 14:31:01 Ann Sally含むアンテナおとなりページ

    Ann Sally LIVE ~秋の音楽旅行~ at YUKUIDO(完売御礼)
    Kardemimmit Japan Tour 2022 「北欧のクリスマス支度」カルデミンミット & アン・サリー(大人の部 完売御礼)

  39. 2022/11/06 21:46:30 東京猫の散歩と昼寝含むアンテナおとなりページ

    2022-10-30
    経典というテクスト〜外部不在
    2022-10-29
    超過死亡の理由は?
    2022-10-28
    2022年 夏の宿題「宗教」
    2022-10-24
    山際経済再生相 辞任へ
    2022-10-23
    経済と政治の基本構図
    2022-10-22
    戦と休日
    2022-10-18
    小川淳也氏
    2022-10-17
    割れて砕けて裂けて散るかも
    2022-10-16
    マインド ワンダリング
    2022-10-15
    グレタの神託

  40. 2022/11/05 14:43:46 バベルの図書室:So-net blog含むアンテナおとなりページ

    共通テーマ:本
    共通テーマ:本
    共通テーマ:本
    共通テーマ:本
    共通テーマ:本
    共通テーマ:本
    共通テーマ:本
    共通テーマ:アート
    共通テーマ:本
    共通テーマ:本

  41. 2022/11/05 04:13:16 なるほど!訳語発見 〜英語翻訳の現場から 含むアンテナおとなりページ

    202210«
    »202212

  42. 2022/11/01 15:18:26 アブソリュート・エゴ・レビュー含むアンテナおとなりページ

    2022年11月
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30

  43. 2022/10/29 14:53:13 La Porte Rouge含むアンテナおとなりページ

    2022-10-29
    最近見た夢

    昨日見た夢
    あたしは透明で人からは見えない。暗い大きな倉庫の中で、その一角の仕切られた所へ3人の男が復讐のために武器を持ってそっと入って行くのを眺めていた。
    母方の祖母の家に母と一緒に来ている。お風呂に先に入るか勉強をするかと訊かれる。
    少し前に見た夢
    何年も会っていない知人を含めた何人かを家に招いて、食事会のようだった。誰も喋らずに黙々と食べている。ふと見下ろすと、あたしはパジャマを着ていた。ピンク色に黒猫が散らされたファンシーなもの。別の部屋で着替えて振り返ると、アメリカの映画に出てきそうなコストコで売っているような大きな派手な色のケーキがあって、デザートに出さなくてはと思う。戻ると皆帰った後だった。色々喋りたかったのに、ケーキも出していなくて終わっていないし、挨拶もしていないのに。大きな声で泣きながら家を出て歩いていた。声を張り上げて涙を流しながらずっと歩き続けて、住宅地から混雑したパサージュを通り、今の知人に何か声を掛けられても、そのまま歩き続けた。
    tsubaqui 2022-10-29 03:45
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    最近見た夢
    夢 (116)

  44. 2022/10/28 07:38:09 キッチンに入るな 含むアンテナおとなりページ

    2022/10/27
    (8)山本一生『百間、まだ死なざるや』(2021)
    (前回の続き)
    中央公論新社
    こういう本が出たことは、出てすぐに書店で実物を見かけて知った。表紙に「内田百間伝」とある。大著だし、「百閒」ではなく「百間」としているのも本気がうかがえる(後述する)。これを読めば、きっと百閒の生涯の細かいところまでわかるにちがいないと思わせる頼もしさがあって、だから、まだ読まないことにした。
    何をどう読むかに決まりなんてあるはずもないが、百閒の書いたものをたいして読んでいない段階でこの本を読み、作品よりも先に実人生に詳しくなってしまうのはなんか違うというか、もったいないとわたしは感じる者である。
    もちろん、実人生を知ることで奥行が増す作品もあるだろうし、もしかしたら、そういう作品はいま予想している以上に多いのかもしれない。だったらなおさら、なるべく多くの作品 → この評伝 → なるべく多くの作品(2周め)の順番で読むのがいいんじゃないか、と、そんなふうに考えたのだった。実人生はまずスルー。
    でも今回、「蜻蛉眠る」に足を取られたばっかりに、自分から進んで年譜や関連本をあれこれめくったりしてしまった。ぜんぜん、実人生をスルーできていない。そして(1)を書き始めたあたりで、わたしが知りたい情報の山だろうこの評伝を読まないままにしておくのもどうなんだ、という気がしてきた。
    あの1冊があれば、気になっていることはみんなわかっちゃうんじゃないだろうか。そうなると何も書かなくてよくなるな。読んだうえで書けばいい。でもでも、読んじゃったら、そこにあることしか書けなくなるんじゃないか……
    というわけで、結局前回の(7)まで、読まずに書いた。書き終えたので、(1)からアップする前に、ちょっとだけ読むことにした。というのは、
    ■ わたしの書いたことに明らかな間違いがあったとして(いかにもありそう)、それに気付かず公開するのはよいことではない。答え合わせに使わせてもらおう。
    ■ 逆に(逆に?)わたしが書いたなかに万が一、この本の一部とすごく似通った部分があったりしたら、「写してやがる」と思われるのは残念なのでそこは重ならないよう直してから公開しよう。
    理由はこのふたつで、こう書いてみると引くほど動機が不純だが、何をどう読むかに決まりなどないのだった。以下は、このような偏った目的を持つ人間が、拾い読みだけして書いた偏った感想になる。そんなだから、箇条書きっぽくする。
    ・やはりめちゃめちゃ詳しくて、すんごい面白い。どうやって調べたんだ。
    ・わたしが確認したいのは『増補版 戀文・戀日記』に関わる中学時代から結婚にいたるまでと、「蜻蛉眠る」執筆に関わる期間の2ヶ所。ほかは読まないぞ。
    ・それなのに目に入ったところから引き込まれそうで危険。
    ・目次にある《第十一章 『冥途』と殺人事件》って何。だが読まない。
    ・第二章~第五章が、清子との出会いから結婚までにあたる。栄造と同じ年に第六高等学校に合格したなかにどんな人間がいたか、多士済々の紹介が楽しい。何人かは入試の席次までわかっていって笑う。どうやって調べたんだ。
    ・内田家が堀野家に縁談を持ち込む際、仲介を頼んだ大阪の牧師・桑田氏がそれからしばらく恋文のキーマンになる。「桑田氏、だれ?」というのがずっと気になっていた。この本は、当時のキリスト教の年鑑から調べてこの人の素性と内田家との関係を突きとめてくれている。
    ・簡単にいえば、栄造の祖父の兄の娘が後妻として嫁入りした相手の、先妻との間に生まれていた子供があの桑田氏だった(第四章pp.85-87)。
    ・ぜんぜん簡単じゃない。本当にありがたいよ。
    ・1911年8月、帰省した岡山で清子から手紙が来ないことにイライラしつつ、だが夏目漱石が明石に来るからそれには行く、というくだりはこの本でもやっぱり(「明石の漱石先生」とからめて)拾ってあった(第五章pp.92-94)。あれはどうしたって面白い。
    ・堀野家からの拒絶の手紙に対し、栄造の手紙20より前に太宰施門の手紙が届いていて…とわたしが(7)で書いたあたりは、この本の記述(第五章pp.98-99)と話の運びも引用箇所もけっこう似てしまっていた…
    ・手紙20からの引用もけっこう共通する…
    ★ わたしが書いたものにこの本の記述と似ている部分があったらぜんぶ直すつもりでいたが、無理。出来事にしろ手紙にしろ、だれにとっても面白いところはある。重なるよ。
    ・とはいえ2ヶ所は直した。わたしの目からも、わたしが真似したように見えたので。
    ・真似はしていない。
    ・結婚はいつなのか問題。恋文最後の手紙50は1912(明治45)年7月1日の日付があって、このとき栄造は岡山の実家におり、清子も岡山に来ている。手紙のなかで栄造は「7月5日というのは間違いで6日だった。はやく友達に連絡しないと」と書いている。何が?と思いながらわたしは読み終えたが、この本は《七月六日、無事に祝言をあげたようである。》と書いている(第五章p.106)。あ、それでいいのかと腑に落ちるいっぽう、これまでに見たほかの年譜類(これとかこれとか)は揃って結婚(婚儀)を9月としていた。これってこの本の新説なのかな。むしろ、これまでの9月説の根拠は何だったんだろう。ひと口に婚儀といってもいくつかステップがある?
    ・「実人生はまずスルー」とか言っといてこれですよ。
    ・結婚からぐっと飛び、清子との不和と早稲田ホテルのことは第十三章、長男・久吉の死から「蜻蛉眠る」(初出タイトル「相克記」)発表にいたる時期は第十九章だった。
    ・うーん…
    このあたりの書き方は、ちょっとどうなのかと思った。栄造/百閒が早稲田ホテルに入る1925年ごろから長男が亡くなる1936年までの家庭内のごたごたについて、百閒本人が書いたものでは『百鬼園日記帖』と『百鬼園 戰前・戰中日記』を資料に使っているけど、それら日記と並べて「相克記」も利用している。それはどうだろう。
    百閒と清子に子供は5人いたが、「相克記」の語り手「私」と妻・町子の間にいるのは3人である。現実を素材にしているとしてもそれくらい改変を加えてある「相克記」を、それでも、そこに描かれた夫婦の確執と込められた心情は現実の反映であると判断し、その判断のもとで日記のように使うのは「あり」だと思う。思うが、そうするには、そのように判断したということと、そもそもの「相克記」のあり方を読者に説明する必要がぜったいにある、とも思う。
    第十三章、1924年ごろの百閒と清子を描くあたりでは、その少し前の日記である『百鬼園日記帖』からの引用と並べて、「相克記」の語り手と妻(町子)がギスギスしている描写が引用されている(p.239)。1936年発表の「相克記」がどういう作品か、その前後に説明はない。
    ややこしいことに『百鬼園日記帖』で百閒は清子のことを仮名で書いており、その仮名がまた「町子」なので、なおさら「相克記」は日記とシームレスに見えてしまう。でも『百鬼園日記帖』は子供の名前は本名だったはずで、それと「相克記」は拠って立つ場所が異なる別種の文章だろうとわたしは思う。
    第十九章、1936年3月に久吉が亡くなる時期でも同様に、『百鬼園 戰前・戰中日記』と並べて「相克記」からの引用も使われている。出来事の大きさに対して、前者だけでは記述が簡素すぎるからだろう。
    「相克記」の子供のうち、長男だけが現実の百閒夫妻の長男と同じ「久吉」と名付けられているために、久吉についての記述を「相克記」から取り出すと、日記からの引用と区別がつかなくなる。わたしはこのネーミングが「相克記」に百閒が仕組んだ最もわかりやすい(そのぶん最もしたたかな)トリックだと思うんだけど、この本は久吉の臨終の場面で「相克記」の記述を(引用でさえなく)地の文に混ぜて、あの作品が描く通りの“事実”を語っていく(pp.358-360)。これは言い方が悪くなるが、百閒のトリックに便乗した書き方に見える。
    第十九章の終わりに、久吉臨終前後の現場にいた出隆が「相克記」を「いつわりのない実話」だと証言していることは書いてある(p.365)。いくらなんでもそれは“この場面に関しては”と限定がつくのでは?
    これらの時期を語る際に「相克記」を使うのがぜんぶアウト、なんてわたしだって思わない。でも、「相克記」を日記と同じように扱うなら、それがどんな作品であるかということと、それを日記と同じように扱うと判断したことを、どこかに書いておくべきだろうと何度でも繰り返したくて、いま繰り返した。序章の最後にはこうあるのだけど、個々の作品の使い方すべてについて、これで説明が足りているとはわたしには思えなかった。
    《百間の場合、日記とともに作品がある。小説のような随筆、随筆のような小説といわれたその作品は、すべてが事実とはいえないが、すべてが創作ともいえない。日記をもとに物語を書き進めたが、日記のない期間については、危うさをともなうことは否定しない。》p.15
    ・この件は以上。
    ・表記について書くんだった。
    ・この本が「百閒」ではなく「百間」表記である理由は序章にちゃんと書いてある。
    ・百閒本人も戦前は「百間」のほうを多く使っていた。
    《戦後になってからは正字である「閒」を使って「百閒」と表記することが多くなったが、この物語の扱う範囲は大半が戦前のため、あえて「百間」で通したい。》p14
    ・「百閒」としておけば無難なのに、あえて「百間」を選んだのがこの本だということ。見識。
    ・『冥途』(1922)にしても『旅順入城式』(1934)にしても『百鬼園随筆』(1933)にしても、戦前の作品の多くはまず「内田百間」表記で世に出ている。亡くなる直前の芥川龍之介が書いた推薦文が「内田百間氏」なのも、あれで正しかったはず。
    ・でも芥川は推薦文で「旅順入城式」を「旅順開城」と誤記している…のはいま関係がないな…
    ・戦前/戦後できれいに線が引けるわけでもなく、本の表紙は「百間」でも自筆署名は「百閒」だったり、ルーズ極まりないらしいことは旺文社文庫巻末の雑記(平山三郎)や、この本に入っている出隆の文章で知ることができる。
    ・また出隆だった。
    ・なんかわたしが「百閒にうるさい人」みたいな書き方になっていて、非常によくない。うるさくないし、詳しくない。うるさくないし、詳しく、ない。
    ・ここまでふたつした引用の両方に大事なことが書いてあった。強調する。
    《[…] 日記をもとに物語を書き進めたが、日記のない期間については、[…] 》p.15
    《[…] この物語の扱う範囲は大半が戦前のため[…] 》p14
    ・山ほどの資料――巻末のリストは20ページを越える――を駆使して編まれた、これは著者による物語であると、序章で明示している。真摯じゃないか。
    ・材料に百閒の日記だけでなく、日記ではない作品(ノンフィクションであると謳っているわけではない作品)も使うことをこの著者は選んでいる。
    ・日記ではない作品、「相克記」(「蜻蛉眠る」)にわたしが引っかかりすぎている気もしてきた。でもなあ。
    ・「日記」として発表しているならそのままノンフィクションとして受け取っていい、とはならないわけで、だったら、ノンフィクションであると謳っていないものにはいっそう慎重であるべきじゃないだろうか。
    ・ノンフィクションであると謳っているわけではない作品は、“事実かどうかを考えることに意味のない文章”として読むのがいいんじゃないかとわたしは考えているけど、これはわたしの考えだった。
    ・自分でなるべくたくさん百閒作品を読んだあとで、この評伝を通して読みたい。面白くて読み甲斐があるのはもうわかった。
    ・あとがきがとてもいい。他人の評伝を書く動機の根っこに、完全に個人的な体験がある。先に読んでしまって申し訳なかったと思ってから、先に読んでよかったと考え直した。
    ・それにしても、わたしが拾い読みしたところだけでも、野上弥生子は“日記を大量に書いて残す”ことでものすごく貢献しているんだな…
    ・「「蜻

  45. 2022/10/22 10:08:26 風使いの伝記含むアンテナおとなりページ

    トップ
    NEW グループ
    はてなブログを楽しむヒント
    トップ 購読リスト NEW グループ トピック
    お知らせ リニューアルした「グループ」を紹介。同じ趣味・興味のブログとつながろう!
    トナカイ、リス、生ガキ、ヒツジの尻尾、ハミウリなどなど
    最も美味しい料理(1)序章
    よく他人に質問をします。「今まで食べた中で一番美味しかった料理って何ですか」と。その中で印象的な答えをいくつか。海外生活中に聞いたので、外国での経験が多めです。 ■トナカイカナダエスキモーの調査で現地に滞在中、ずっと食べていたトナカイの生肉が殊の外美…
    A Dog's World
    海外の生活
    褒められたい気持ちが寸胴いっぱいに溢れるわが家のもつ鍋
    大根を煮る
    わが家では月に2〜3回モツ煮を食べる。 モツ煮を定期的に食べるようになったのは、ここ1〜2年なのだが、『美味しいモツ煮がたべたいねっ』と言う彼女のひと言で、近場でテイクアウトできるお店を探したのが始まりだ。 私にとっては小料理の一品として、モツ煮を食…
    oppataのブログ
    “起床しました。 (4:32)” 時間と一緒につづる日記
    2022/10/18
    起床しました。 (4:32)雨は降っていない。 (5:13)ちょうどいい時間の電車とバスがない。 (6:18)選択肢が多いとか、やることが多いとか、比較的めんどくさいことが趣味になりうるのだな。 (9:23)一日雨予報だから走らなくて良いんだ〜って思ってたのに晴れてる。 (16:22…
    日録のPM6
    もう「惑えない」「迷えない」のが不惑?
    「不惑」について考える
    先週末、ふと「不惑が近づいとるなあ」と思った。 朝起きて「絶好調!」という日は少なくなり、身体か頭のどちらかか、両方が重い。身体を動かし始めるとそうでもないが、疲れは抜けにくくなっている。 これが不惑というものだろうか。 最近読み直した服部文祥さんの本…
    クモノカタチ
    雑文
    VTuberの「カリンバ雑談」には言外のメッセージがある
    カリンバと(見えない)指先
    ここ数日間、眠るときには春日部つくしの「カリンバ雑談」の再生リストを流している。 youtu.be 私が春日部つくしの配信を観るようになったのはごく最近のことである。もともと熱心に視聴のフィールドを拡げるようなタイプではないので、黎明期から活動している人の周…
    石少Q
    VTuber
    「ふたりで一緒に食べて」ともらった爽やかなポテトサラダ
    最近の食事のこと
    10月11日 徳島の田舎から届いた、讃岐うどんの打ちたて生麺をゆがいて釜玉うどんに。道の駅で買ったものらしい。大量の大根おろしと生卵を乗せて、刻み海苔をまぶし、すだちをたっぷり絞って食べた。丸亀製麺とか冷凍の讃岐うどんを日々よく食べているけど、それとは比…
    いぬごや
    幻の真っ黒なそば「音威子府そば」の幕引きを見届ける。
    No.227【東京都・北海道】幻の黒い音威子府そば!生産終了でこの世から消える前に食べる!
    // 幻の真っ黒なそば、音威子府そば。 知らないと絶対読めないと思うが、音威子府(おといねっぷ)と読む。 北海道で一番小さな自治体、音威子府村で作られていたそばだ。 うん、「作られていた」と過去形で書いてしまった。 もう作られていないんだ。 2022年8月末で、そ…
    週末大冒険
    東京都
    「父が楽しそうにしててワシはとても嬉しいです」
    父、東京へゆく
    というわけで。父、意気揚々と東京へ行きました。 羽田まで実弟一家がお迎えに来てくれて、有楽町でランチしたようです↓ しかし、思えば… こんな出来事も、母が亡くなったから出来ているんですよね。 すごく変な話なんであまり人に言ったことがないんですけど。 ワシの…
    山麓日記帳
    家族
    「でも一個だけ言うと、いいねもスターも付け得だよ!」
    20221017日記 日記を読まれること、にゅうめん、鈴のイラスト
    テレワアク。調査系の仕事は苦手。別の仕事をやってお茶を濁す。上司の手が空き次第一緒に調べてもらうのが良さそう。35点。 思ってたよりもかなりたくさんの友人たちが日記を読んでくれているようでうれしはずかしの気持ち。それが刺激になって何か行動的なことを連鎖…
    猫耳少女の手記
    タッチパネルだと料理の名前を覚える気にならない
    タッチパネル
    午後から池袋で仕事があるというHさんに、じゃあその前に火焔山で蘭州拉面と羊肉串を一緒に食おうと誘い、電車を乗り継いで久々この街に降り立った。彼女がいつも最短距離で店にたどり着けないと言うからおれが前を歩く。すると、遠目にもなにやら店の様子がおかしい…
    川の照り
    食べ物
    自分のペースで歩くのは楽!「ひとり時間でたっぷり回復」
    こんなひとり時間を過ごしました
    毎日毎日、いつもいつも、子ども達と一緒。 それがとても幸せなことだと分かってはいるんです。 それでも時々息抜きにひとりになりたくなるのが私です。 しかし夫さんのお休みは基本的に週1回。 そのお休みも家族の用事で終わってしまうことがほとんどです。 最近ひと…
    おともの暮らしを整える
    考えること
    よく家で作っている「ひじきとお豆のサラダ」を紹介します
    簡単で栄養もとれるサラダ
    こんにちは、きなこです。 気持ち良い秋晴れが続いていましたが、今日は雨ですね。この後、一気に秋が深まるそうです。あっという間に冬になるんだろうな。 今日は、よく家で作っているサラダを紹介します。 これは、どこかのレシピを参考にしたものではないので、皆さ…
    きなこのゆるゆる養生日記
    養生食
    「どんな運動においても暴力行為はゆるされない」のか
    社会運動と暴力
    沖縄の反基地運動が話題になっています。座り込み(シットイン)の定義が議論になっていましたが、ものすごくよくある運動戦術なので、規模や場所や時間の長さなどがバラバラなのは当たり前だろうと思います。ところで、反基地運動であれ、どんな運動においても暴力行…
    キリンが逆立ちしたピアス(ブログ版)
    社会
    動物はたくましい。短い間に成長したことを感じた。
    2022.10.09 -10保護猫の冴ゆちゃんをお迎えしました
    10/9、近縁でご縁があり、保護猫のキジシロの子猫をお迎えしました。 名前は冬の季語で、月冴ゆなどに用いられる「冴ゆ」と命名しました。 冴ゆは連れられてきてしばらくの間は、ソファの下に潜り込んだり、洗濯機の下に入り込んで 出られなくなってしまい、主人に救出…
    雪兎の小部屋
    冴ゆちゃん
    「あるいは」という言葉なしには一人の人間を語れない
    経験と偶然のコラージュ
    人前では明るく気丈に振る舞っている勤め人が、自宅に帰り玄関のドアを閉めた途端に明かりの無い部屋の暗闇の中でふと溜息をつき、その後ただ黙々と、炊事やら洗濯やらといった身の回りの家事を真剣な目つきと丁寧な手捌きでこなしていく。あるいは、人前では無口で感…
    雑感日記
    「私基準で」成長を喜ぼう
    とろろ蕎麦も捨てがたい
    朝の公園は意識高い系の若者だけ、なんてことはなく、普通のおじさん、おばさん、おじいさん、おばあさんたちが走っている。 それが、早いのだ。 普段着の延長のようなTシャツにジャージでも、足元はごっつい本格的なスニーカーである。それが「本物だ」と思わせる。 …
    それでもやっぱりお気楽日和
    暗い部屋から燃え盛る炎を眺めるサウナは最高!
    【祝! DIY大賞2021受賞!】65000円で格安プライベートサウナ小屋をDIYする  まとめ
    自分はサウナが好きで10年前からよく通っていたんですが、ここ最近はコロナの影響もあって、サウナに行く回数も減っていました。密室にマスクをつけずに入るわけだから怖いです。サウナではおしゃべり禁止の貼り紙がしてあるのですが、おじさんたちはおかまいなしにお…
    令和の鴨長明ですが?
    DIY
    "香りには記憶がもれなく付いてくる。"
    金木犀は二度咲く
    すっかりご無沙汰してしまった。ブログを書くタイミングを習慣化したいと思い、あれこれ考えつつトライするうちに完全に迷走してしまっている。 題名だけや、1〜2行だけ記した下書きだけが増えていくうちに、すっかり季節が変わってしまったね。 当地におけるここ数…
    たわむれ日記
    diary
    「マネージャーは1時間単位でタスクにあたるが、エンジニアはまとまった半日単位の時間がある方が良い」話について
    SaaS企業で働くプロダクトマネージャーのブログ
    はてなブログPro
    沖縄の基地問題について
    ヨッピーのブログ
    Twitterを4ヶ月凍結されて、弁護士に依頼して凍結解除してもらった話
    gecko655のブログ
    ごくごく普通のノートパソコンにGPUボックスとRTX3060をつないで、お絵かきソフト(Stable Diffusion)を動かしてみました
    勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
    われわれは運動をするために進化してきたわけではない──『運動の神話』
    基本読書
    コードレビューのときに見ているところ
    詩と創作・思索のひろば
    Facebookが開発した圧縮アルゴリズムZstandardについて調べた(非常に高速)(今日から使えます)
    Lambdaカクテル
    チャイニーズ・シューゲイザー・レポート
    はてなダイアリー
    中年がスプラトゥーン3をやりこむ際に注意すべきこと
    「地政学」そのものを認めない”反地政主義”(造語)派っているよね…「どいつじんのおしごと!」氏(※微妙に違う)のコラムで思い出す。
    INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-
    全て自分が経験してきたこと! 誰かの「半生」をブログで読む。
    誰かの人生をのぞき見する感覚毎日さまざまな話題のエントリーが生まれるはてなブログの中から「旬な話題」をピックアップする企画「はてなブログで話題」。今回は「半生をつづるブログ」をテーマに記事を紹介します。 最近僕と同じ筑駒→東大のフォロワーのきらじゃんさんが半生を振り返る記事を書いていて、めちゃめちゃ経歴が似ててビックリしたので僕もリスペクトして主にペーパーテストから半生を回顧する文章を書こうと思います。 22/9/17 小二で全国模試一位を取った男の半生 - LWのサイゼリヤ 冒頭に引用したのは…
    今週のはてなブログランキング〔2022年10月第3週〕
    はてなブログ独自の集計による人気記事のランキング。10月9日(日)から10月15日(土)〔2022年10月第3週〕のトップ30です*1。 # タイトル/著者とブックマーク 1 「マネージャーは1時間単位でタスクにあたるが、エンジニアはまとまった半日単位の時間がある方が良い」話について - SaaS企業で働くプロダクトマネージャーのブログ by id:naomasabit 2 沖縄の基地問題について - ヨッピーのブログ by id:yoppymodel 3 Twitterを4ヶ月凍結されて、弁護…
    Editor’s Pick
    ミニカー、かき氷、池やダム――「とにかく情報がいっぱい集まっているブログ」の魅惑の世界
    ブログは「自分のデータベース」になれるのだ週刊はてなブログを運営する「週刊はてなブログ編集部」と、クライアントのオウンドメディア記事を制作する「はてな編集部」が合同でブログを紹介する連載企画「編集部が気になるブログ」。今回ははてな編集部の万井がはてなブログの中から「とにかく情報が集まっているブログ」を紹介します。こんにちは、はてな編集部の万井です。前回の記事で、私は図書館について「『知識や知恵が整然とした状態で詰まっている』ことに感動した」と書きました。私にはちょっとした収集癖がありまして、面白…
    Topic
    ビカクシダには「すごい迫力」がある。板付けや苔玉に挑戦する、ビカクシダ生育記録
    存在感、あります独特なフォルムで存在感を放つ「ビカクシダ」は、熱帯に生息するシダの仲間*1。鉢に植えて栽培するだけでなく、板付けしたり苔玉にしたりして、飾り方を工夫できるのも醍醐味のひとつ。部屋にあるだけで、場の雰囲気をがらりと変えるビカクシダ、かっこ

  46. 2022/10/21 18:38:10 Opus40含むアンテナおとなりページ

    トップ
    NEW グループ
    はてなブログを楽しむヒント
    トップ 購読リスト NEW グループ トピック
    お知らせ リニューアルした「グループ」を紹介。同じ趣味・興味のブログとつながろう!
    幻の真っ黒なそば「音威子府そば」の幕引きを見届ける。
    No.227【東京都・北海道】幻の黒い音威子府そば!生産終了でこの世から消える前に食べる!
    // 幻の真っ黒なそば、音威子府そば。 知らないと絶対読めないと思うが、音威子府(おといねっぷ)と読む。 北海道で一番小さな自治体、音威子府村で作られていたそばだ。 うん、「作られていた」と過去形で書いてしまった。 もう作られていないんだ。 2022年8月末で、そ…
    週末大冒険
    東京都
    「父が楽しそうにしててワシはとても嬉しいです」
    父、東京へゆく
    というわけで。父、意気揚々と東京へ行きました。 羽田まで実弟一家がお迎えに来てくれて、有楽町でランチしたようです↓ しかし、思えば… こんな出来事も、母が亡くなったから出来ているんですよね。 すごく変な話なんであまり人に言ったことがないんですけど。 ワシの…
    山麓日記帳
    家族
    「でも一個だけ言うと、いいねもスターも付け得だよ!」
    20221017日記 日記を読まれること、にゅうめん、鈴のイラスト
    テレワアク。調査系の仕事は苦手。別の仕事をやってお茶を濁す。上司の手が空き次第一緒に調べてもらうのが良さそう。35点。 思ってたよりもかなりたくさんの友人たちが日記を読んでくれているようでうれしはずかしの気持ち。それが刺激になって何か行動的なことを連鎖…
    猫耳少女の手記
    タッチパネルだと料理の名前を覚える気にならない
    タッチパネル
    午後から池袋で仕事があるというHさんに、じゃあその前に火焔山で蘭州拉面と羊肉串を一緒に食おうと誘い、電車を乗り継いで久々この街に降り立った。彼女がいつも最短距離で店にたどり着けないと言うからおれが前を歩く。すると、遠目にもなにやら店の様子がおかしい…
    川の照り
    食べ物
    自分のペースで歩くのは楽!「ひとり時間でたっぷり回復」
    こんなひとり時間を過ごしました
    毎日毎日、いつもいつも、子ども達と一緒。 それがとても幸せなことだと分かってはいるんです。 それでも時々息抜きにひとりになりたくなるのが私です。 しかし夫さんのお休みは基本的に週1回。 そのお休みも家族の用事で終わってしまうことがほとんどです。 最近ひと…
    おともの暮らしを整える
    考えること
    よく家で作っている「ひじきとお豆のサラダ」を紹介します
    簡単で栄養もとれるサラダ
    こんにちは、きなこです。 気持ち良い秋晴れが続いていましたが、今日は雨ですね。この後、一気に秋が深まるそうです。あっという間に冬になるんだろうな。 今日は、よく家で作っているサラダを紹介します。 これは、どこかのレシピを参考にしたものではないので、皆さ…
    きなこのゆるゆる養生日記
    養生食
    「どんな運動においても暴力行為はゆるされない」のか
    社会運動と暴力
    沖縄の反基地運動が話題になっています。座り込み(シットイン)の定義が議論になっていましたが、ものすごくよくある運動戦術なので、規模や場所や時間の長さなどがバラバラなのは当たり前だろうと思います。ところで、反基地運動であれ、どんな運動においても暴力行…
    キリンが逆立ちしたピアス(ブログ版)
    社会
    動物はたくましい。短い間に成長したことを感じた。
    2022.10.09 -10保護猫の冴ゆちゃんをお迎えしました
    10/9、近縁でご縁があり、保護猫のキジシロの子猫をお迎えしました。 名前は冬の季語で、月冴ゆなどに用いられる「冴ゆ」と命名しました。 冴ゆは連れられてきてしばらくの間は、ソファの下に潜り込んだり、洗濯機の下に入り込んで 出られなくなってしまい、主人に救出…
    雪兎の小部屋
    冴ゆちゃん
    「あるいは」という言葉なしには一人の人間を語れない
    経験と偶然のコラージュ
    人前では明るく気丈に振る舞っている勤め人が、自宅に帰り玄関のドアを閉めた途端に明かりの無い部屋の暗闇の中でふと溜息をつき、その後ただ黙々と、炊事やら洗濯やらといった身の回りの家事を真剣な目つきと丁寧な手捌きでこなしていく。あるいは、人前では無口で感…
    雑感日記
    「私基準で」成長を喜ぼう
    とろろ蕎麦も捨てがたい
    朝の公園は意識高い系の若者だけ、なんてことはなく、普通のおじさん、おばさん、おじいさん、おばあさんたちが走っている。 それが、早いのだ。 普段着の延長のようなTシャツにジャージでも、足元はごっつい本格的なスニーカーである。それが「本物だ」と思わせる。 …
    それでもやっぱりお気楽日和
    暗い部屋から燃え盛る炎を眺めるサウナは最高!
    【祝! DIY大賞2021受賞!】65000円で格安プライベートサウナ小屋をDIYする  まとめ
    自分はサウナが好きで10年前からよく通っていたんですが、ここ最近はコロナの影響もあって、サウナに行く回数も減っていました。密室にマスクをつけずに入るわけだから怖いです。サウナではおしゃべり禁止の貼り紙がしてあるのですが、おじさんたちはおかまいなしにお…
    令和の鴨長明ですが?
    DIY
    "香りには記憶がもれなく付いてくる。"
    金木犀は二度咲く
    すっかりご無沙汰してしまった。ブログを書くタイミングを習慣化したいと思い、あれこれ考えつつトライするうちに完全に迷走してしまっている。 題名だけや、1〜2行だけ記した下書きだけが増えていくうちに、すっかり季節が変わってしまったね。 当地におけるここ数…
    たわむれ日記
    diary
    空港に行くだけで”旅行のふわふわした気持ち”を味わう
    2022-10-12
    「旅行に行く気持ちで空港に行こう」と誘って家から出てきてくれる友人がいる。 幸せだ。 行きたい場所を決めて、フライトの時間を確認し、乗る予定の飛行機を決めた。行かないし、乗らないけど、この”旅行のふわふわした気持ち”から降りないことを約束した。 午後1時…
    昨々品々
    結局、相手とどういう会話をするかによりますよね
    「恋人を作る」のは語学上達の近道か
    語学の、特に聞いて話す能力、まあ会話力と言ってもいいですけど、それを向上させるためには、その言語の母語話者の「恋人を作る」といい、などという説が世上流布されていますよね。私も留学しているときによく聞かされました。フィンランド語の以前の教科書にも、こ…
    インタプリタかなくぎ流
    はてなブログPro
    ことば
    自転車は便利すぎ。ポケモンみたいにリュックから出したい
    どんなみちもスイスイはしるよ
    『#ふらっと』を聴きながら家事をする。ゲストの加藤清史郎さんがあまりにも好青年で目が覚める。実家から大きめの荷物が届く。開けると食料品がたくさん入っていた。実家で生活していたときに好んでいたものが入っていて嬉しい。自分が買い物に行って選ばないようなも…
    水っぽい星
    家計簿をつける人は、お賽銭を何に分類するのだろう?
    2022/10/09
    神社に行く。 家計簿をつける人は、お賽銭を何に分類するのだろう?とふと思う。 「その他」はあまりに味気ないので無し。
    本みりんごくごく日記
    色々試した結果「ノンアルがいい!」という考えになった
    【飲めるけど飲まない選択】ノンアル飲料を楽しむ生活
    もともとお酒は好きだし飲めないわけじゃないけど、翌日の体調のことを考えたり睡眠の質を気にしたりして、飲酒があまり楽しめなくなってきました。 それでも家に帰ってから一杯やりたい!ということで、最近は色々なノンアルコールドリンクを楽しんでいます。 そして…
    ひとり暮らしを楽しむブログ
    はてなブログPro
    すきなもの
    "願い事って叶った後も叶い続けるのかな?"
    美味しい梨
    パート2って感じでまた今度はお母さんがもらってきて、丸い梨2つ食べることができました。 願い事って叶った後も叶い続けるのかな? 自分は食べ物の神さまがついてるって思うからかな? 何はともあれ食べれて良かった。
    Nekota riri.
    「マネージャーは1時間単位でタスクにあたるが、エンジニアはまとまった半日単位の時間がある方が良い」話について
    SaaS企業で働くプロダクトマネージャーのブログ
    はてなブログPro
    沖縄の基地問題について
    ヨッピーのブログ
    Twitterを4ヶ月凍結されて、弁護士に依頼して凍結解除してもらった話
    gecko655のブログ
    ごくごく普通のノートパソコンにGPUボックスとRTX3060をつないで、お絵かきソフト(Stable Diffusion)を動かしてみました
    勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
    われわれは運動をするために進化してきたわけではない──『運動の神話』
    基本読書
    コードレビューのときに見ているところ
    詩と創作・思索のひろば
    Facebookが開発した圧縮アルゴリズムZstandardについて調べた(非常に高速)(今日から使えます)
    Lambdaカクテル
    チャイニーズ・シューゲイザー・レポート
    はてなダイアリー
    中年がスプラトゥーン3をやりこむ際に注意すべきこと
    シロクマの屑籠
    「地政学」そのものを認めない”反地政主義”(造語)派っているよね…「どいつじんのおしごと!」氏(※微妙に違う)のコラムで思い出す。
    INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-
    全て自分が経験してきたこと! 誰かの「半生」をブログで読む。
    誰かの人生をのぞき見する感覚毎日さまざまな話題のエントリーが生まれるはてなブログの中から「旬な話題」をピックアップする企画「はてなブログで話題」。今回は「半生をつづるブログ」をテーマに記事を紹介します。 最近僕と同じ筑駒→東大のフォロワーのきらじゃんさんが半生を振り返る記事を書いていて、めちゃめちゃ経歴が似ててビックリしたので僕もリスペクトして主にペーパーテストから半生を回顧する文章を書こうと思います。 22/9/17 小二で全国模試一位を取った男の半生 - LWのサイゼリヤ 冒頭に引用したのは…
    今週のはてなブログランキング〔2022年10月第3週〕
    はてなブログ独自の集計による人気記事のランキング。10月9日(日)から10月15日(土)〔2022年10月第3週〕のトップ30です*1。 # タイトル/著者とブックマーク 1 「マネージャーは1時間単位でタスクにあたるが、エンジニアはまとまった半日単位の時間がある方が良い」話について - SaaS企業で働くプロダクトマネージャーのブログ by id:naomasabit 2 沖縄の基地問題について - ヨッピーのブログ by id:yoppymodel 3 Twitterを4ヶ月凍結されて、弁護…
    ミニカー、かき氷、池やダム――「とにかく情報がいっぱい集まっているブログ」の魅惑の世界
    ブログは「自分のデータベース」になれるのだ週刊はてなブログを運営する「週刊はてなブログ編集部」と、クライアントのオウンドメディア記事を制作する「はてな編集部」が合同でブログを紹介する連載企画「編集部が気になるブログ」。今回ははてな編集部の万井がはてなブログの中から「とにかく情報が集まっているブログ」を紹介します。こんにちは、はてな編集部の万井です。前回の記事で、私は図書館について「『知識や知恵が整然とした状態で詰まっている』ことに感動した」と書きました。私にはちょっとした収集癖がありまして、面白…
    Topic
    ビカクシダには「すごい迫力」がある。板付けや苔玉に挑戦する、ビカクシダ生育記録
    存在感、あります独特なフォルムで存在感を放つ「ビカクシダ」は、熱帯に生息するシダの仲間*1。鉢に植えて栽培するだけでなく、板付けしたり苔玉にしたりして、飾り方を工夫できるのも醍醐味のひとつ。部屋にあるだけで、場の雰囲気をがらりと変えるビカクシダ、かっこいいですよね! この記事では、ビカクシダを育てるはてなブロガーのエントリーを紹介します。 板付け すごい迫力になる 壁に緑が掛かっていると結構目立つ 貯水葉か

  47. 2022/10/20 05:02:50 BOOKS ルーエ !発売予定表 コミック 文庫!含むアンテナおとなりページ

    2022年11月コミック
    2022年10月コミック
    2022年11月文庫
    2022年10月文庫
    2022年11月コミック文庫
    2022年10月コミック文庫
    ましろのおと 全巻 (1-31)31巻10/17発売
    乙嫁語り 全巻 (1-14)14巻10/20発売
    K2 全巻 (1-43)43巻10/21発売
    クッキングパパ 全巻 (1-163)163巻10/21発売
    はたらく魔王さま! 全巻 (1-20)20巻10/27発売
    釣りバカ日誌 全巻 (1-110)110巻10/28発売
    HUNTER×HUNTER 全巻 (1-37)37巻11/4発売
    ONE PIECE 全巻 (1-104)104巻11/4発売
    青の祓魔師 全巻 (1-28)28巻11/4発売
    アサギロ~浅葱狼~ 全巻 (1-26)26巻11/10発売
    はじめの一歩 全巻 (1-136)136巻11/17発売
    東京卍リベンジャーズ 全巻 (1-30)30巻11/17発売
    グッドモーニング・キス 全巻 (1-21)21巻11/25発売
    ボクラノキセキ 全巻 (1-27)27巻11/25発売

  48. 2022/10/18 19:36:30 日々のあわ.。o○含むアンテナおとなりページ

    2022-10-17
    平民金子
    平民金子『ごろごろ、神戸。』
    たまに平民金子の文章をむしょうに読みたくなる。
    ありえたかもしれない人生について想像する時は甘美な光景ばかりが浮かぶのに、実際にあった日々の中には痛みだけがあった。「クソみたい」そうつぶやいた私の胸に抱かれて、子供はいつの間にかおだやかに眠っている。(「私の東京」より)
    平民金子は物事の本質を柔らかな文章で書きあらわし、それを読んでいると心地よく、心穏やかになる。「これは最早文学だ!」などと云うつもりは毛頭ないけれど、とても気持ちのよい文章だと思う。
    ただ、ひとつ残念なのは平民金子の本が、まだ一冊しか出ていないこと。
    平民金子さん、次の本を早く出してください!
    nitobesan 2022-10-17 16:55
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    平民金子

  49. 2022/10/11 11:59:19 ENDING ENDLESS 雑記帖含むアンテナおとなりページ

    2022-10-09
    『新八犬伝』
    近石真介死去のニュースを知る。
    https://www.oricon.co.jp/news/2252456/full/
    子どもの頃、テレビが壊れ、映らないけど音声だけ聞こえる状態になったことがあった。その期間の夕方、たまたまチャンネルをあわせ、音だけなのに引きこまれたのが、NHK人形劇『新八犬伝』だった。すでに序盤の伏姫のエピソードは終わっており、ストーリーの途中からだったのに、面白く聞けたのだ。語り手だった坂本九の上手さゆえだったと思うけど、あの時の犬塚信乃の声が近石真介だったことを思い出す。テレビが修理されて以後は熱中して見ていて、最終回はラジカセで録音した。
    人形劇クロニクルシリーズ4 新・八犬伝 辻村ジュサブローの世界 (新価格) [DVD]
    NHKエンタープライズ
    Amazon
    ほかにもいろんな番組でも彼の声に接してきた。ありがとうありがとう。
    最近の自分の仕事
    -MRCミステリーガイド 書評配信――片岡翔『その殺人、本格ミステリに仕立てます』/矢樹純『残星を抱く』/詠坂雄二『5A73』 → メフィストリーダーズクラブ
    -「コラム <今年見たミュージカル映画をめぐって 2> 『シラノ』の美醜 → 「ちくま」9月号
    -逸木裕『祝祭の子』レビュー → 「週刊現代」9月24日・10月1日合併号
    -芦沢央『夜の道標』、宇野碧『レペゼン母』の書評 → 「小説宝石」10月号
    -五十嵐律人『幻告』の書評 → 「ミステリマガジン」11月号
    -「コラム <今年見たミュージカル映画をめぐって 3> 『アネット』の子ども → 「ちくま」10月号
    -「アフタートーク 著者×編集者」第5回『大鞠家殺人事件』芦辺拓(作家)×古市怜子(東京創元社)の聞き手・構成 → 「ジャーロ」No.84
    -「コラム <今年見たミュージカル映画をめぐって 3> 『アネット』の子ども → 「ちくま」10月号
    -早川書房「HAYAKAWA FACTORY」担当者が語る、攻めたSFアイテムを生み出し続ける理由(取材・構成)
    https://realsound.jp/book/2022/10/post-1142135.html
    -『地図と拳』小川哲×『満州アヘンスクワッド』門馬司 特別対談 いま満州を舞台にフィクションを描く意味(取材・構成)
    https://realsound.jp/book/2022/10/post-1137304.html
    ending 2022-10-09 19:07
    Tweet
    広告を非表示にする
    『新八犬伝』

  50. 2022/10/08 19:03:34 「この門をくぐる者はすべての高望みを捨てよ」(仮)含むアンテナおとなりページ

    それはともかく、明日から来場者特典として、「ポンコツ映画宣言-ニッポンの夜明けぜよ-」が配布される。作中で明石さんが撮影しているポンコツ映画について、城ヶ崎氏・相島氏・小津・羽貫さん・樋口氏・明石さん・私がざっくばらんに語り合う、座談会形式の掌編である。ポンコツな人々によるポンコツなやりとりを、ゆるゆるとお楽しみいただければ幸いです。

1 2 3 4 5 次の50件>