mttのアンテナ

すべて | グループ指定なし | 書評 | (古)本 | 映画

1 2 3 4 5 次の50件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2021/11/27 08:47:55 Yahoo!天気情報 神奈川県の天気含むアンテナおとなりページ

    2021年11月27日 8時00分発表
    15℃[-2]
    14℃[-1]
    2021年11月27日 8時00分発表
    2021年11月27日 8時00分 発表
    洗濯指数90
    洗濯日和になりそう
    11月27日 8:40
    神奈川県に関する話題のワード
    地震速報
    11月27日 8:40
    再生する11/27(土)7時 日本海側は不安定な天気 太平洋側 晴れても北風強まる

  2. 2021/11/27 08:29:26 越川芳明のブログ、<ロベルト>のカフェ・ノマド含むアンテナおとなりページ

    【新米特集】生産者さんこだわりの美味しいお米販売中

  3. 2021/11/27 07:47:11 毎日の本棚 - 毎日jp(毎日新聞)含むアンテナおとなりページ

    熱海土石流
    世界の雑記帳
    都市対抗野球2021
    全日本学生音楽コンクール
    カルチャープラス
    わざおぎ登場
    みっちん大変・石牟礼道子物語
    キャンパる
    おとなの週末
    人生相談
    みっちん大変・石牟礼道子物語
    石牟礼道子さんの伝記です。道子さんのそばにはいつも猫がいました。道子さんの代々の“側近猫”の語りで構成します。
    デルタ株は従来株より病原性高く 動物実験で確認 東大などチームNEW
    11/27 06:45
    /20 復活のミキハウス 廃部知る2人が抱いた若手への危機感NEW
    11/27 06:30イチオシ

  4. 2021/11/27 00:58:19 ヨコハマ経済新聞 - 横浜都心臨海部のビジネス&カルチャーニュース含むアンテナおとなりページ

    エリア特集
    【#横浜動画】横浜の今を伝えるYouTube最新動画:ハマ経編集部PICK UP

  5. 2021/11/27 00:25:07 新文化含むアンテナおとなりページ

    ◆同文舘出版【人事】(11/26UP)
    【本紙11月25日号のご案内】
    独立系書店、仕入れ協業の方策/対談:NET21社長・今野英治氏×書店コンサルタント・久禮亮太氏
    〝独立系〟と呼ばれる書店はセレクトショップ型が主流だが、地元客のニーズに応えて、品揃えの幅を広げたいという機運が高まりつつある。>>つづきを読む
    サインポスト「ワンダーレジ-BOOK」、教文館に導入
    11月24日、同社が提供する書店向けセルフレジ「ワンダーレジ-BOOK」が、教文館(東京・中央区)2階に設置されることが決まったと発表した。>>記事全文
    (11月26日)
    「学参・辞典勉強会」、ウェブ併用で開催へ
    学習参考書協会と辞典協会は来年2月9・10日、書店と取次会社などを対象に「2022年度 新学期 学参・辞典勉強会」をオンラインと併用して開催する。>>記事全文
    (11月26日)
    ◇◆保存版「出版販売会社職制一覧2021冬」発売のご案内◆◇
    ◇◆ 新文化通信社 ◆◇
    トーハンの連結中間決算、増収減益に(11/24)
    日販GHDの連結中間決算、増収増益に(11/24)
    【人事】同文舘出版 (11/26UP)
    「出版販売会社職制一覧2021冬」
    11月26日発売
    11月25日号
    独立系書店仕入れ協業の方策/対談:NET21社長・今野英治氏×書店コンサルタント・久禮亮太氏《1面特集》

  6. 2021/11/26 21:43:36 CINRA.NET-シンラ- 音楽,アート,デザイン,映画,演劇のニュースサイト含むアンテナおとなりページ

    「イライラ」から真のコミュニケーションが生まれる。臨床心理士・東畑開人と見るアート展
    相互の理解は「わからなさを共有すること」からしか始まらない。
    Sponsored by 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 東京都渋谷公園通りギャラリー
    by 中島晴矢
    連載:K-POPから生まれる「物語」
    日中韓合同K-POPオーディション『ガルプラ』に見た課題と可能性
    by 後藤美波
    コロナ禍で生まれたニーズと潮流。北欧『Design Matters』の議論
    テキスト by ジョージア・ロンバルド・編集:柏木良介 リードテキスト・編集:後藤美波
    のん、最初で最後のZepp Tokyoワンマンライブを緊急発表 19:10
    やくしまるえつこ『わたしは人類』を360°3Dサラウンド&レーザー体験 19:04
    薪テントサウナ『サウナタウン下北沢』が1月から期間限定登場 18:25
    ケンドリック・ラマー初の本格評伝が12月2日刊行 18:20
    青木ロビン×Manukanによるzezecoのアルバム『燦然』1月19日発売 18:16
    『シティ・オブ・ジョイ』4Kリマスター版で30年ぶりリバイバル上映 18:12
    コロナ禍で生まれたニーズと潮流。北欧『Design Matters』の議論
    テキスト by ジョージア・ロンバルド・編集:柏木良介 リードテキスト・編集:後藤美波

  7. 2021/11/26 19:56:20 CDJournal.com - ニュース含むアンテナおとなりページ

    (2021/11/26掲載)
    Deep Sea Diving Clubら参加コンピ作『NEXT UP COMPILATION』第2弾リリース
    (2021/11/26掲載)
    水いらず、戦前の産業遺構で撮影された「su-mu」のMV公開
    (2021/11/26掲載)
    エンニオ・モリコーネが2020年に完成させた「シネマ組曲」が次男アンドレアの指揮で初録音
    (2021/11/26掲載)
    Jambo LacquerとNagipanの兄弟バンドMIIDA2、新曲「日影」MV公開
    (2021/11/26掲載)
    本間愛花、ブラザー・コーンとのデュエット作品「流星群-再会-」がコーンのアルバムに収録決定
    (2021/11/26掲載)
    サステナブル・ソロ・シンガー“Mamana”、新曲「Farewell」配信リリース
    (2021/11/26掲載)
    本仮屋ユイカ、アーティスト“ゆいか”として2nd配信シングル「この夜のラブストーリー」リリース&MV公開
    (2021/11/26掲載)
    MUTA(JUMANJI)、最新曲2曲「GUN POWDER」「BLUE CREAM」のビデオを公開
    (2021/11/26掲載)
    TM NETWORKのライヴの魅力をたっぷり語り尽くすニコ生特番決定 特設サイトにて事前コンテンツ限定公開
    (2021/11/26掲載)
    FLOW、新曲「モメント」先行配信&プリオーダーキャンペーンもスタート
    (2021/11/26掲載)
    YOASOBI、日本武道館ライヴのグッズラインナップ公開&事前決済会場受取りサービス / ECサイト販売決定
    (2021/11/26掲載)
    木村拓哉、2ndアルバム『Next Destination』“購入者限定プレミアムイベント”開催決定
    (2021/11/26掲載)
    内田理央もパントビスコも驚き「めっちゃ画期的!!」 Qoo10 コーデ「今日のりおポチ」ストール風カーデ
    (2021/11/26掲載)
    Pinkish Crown、1stアルバム『NEW DAWN』リリース
    (2021/11/26掲載)
    女性向けCDレーベル「MintLip」より、新作CDシリーズ『Night owl』発売決定
    (2021/11/26掲載)
    タヒチ 80、2022年春発表予定の新作アルバムより新曲「HOT」を先行配信
    (2021/11/26掲載)
    向井太一、ドライフラワーブランド「flowen」とコラボしたクリスマスリース販売 リース紹介動画も公開
    (2021/11/26掲載)
    アイナ・ジ・エンド、オリックス劇場にて2ndソロ・ツアー完走 大阪城ホール公演の発表も
    (2021/11/26掲載)
    『ブロメイト2022』開催決定 限定商品の販売&ヴィジュアルパネルなどの各種展示を実施
    (2021/11/26掲載)
    『ザ・ビートルズ:Get Back』最速上映会開催 ザ・ビートルズとPUFFYの知られざる縁に場内騒然
    (2021/11/26掲載)
    HAIIRO DE ROSSI、『The Time Has Come』を12inchヴァイナルでリリース
    (2021/11/26掲載)
    ギルバート・オサリバン、日本初となる弾き語り公演を来年4月に開催
    (2021/11/26掲載)
    ロック・バンド“アマアシ”、ニュー・シングル「染まる白」配信開始&MV公開
    (2021/11/26掲載)
    日韓ユニット“DURDN”、初となる有観客ライヴ開催決定
    (2021/11/26掲載)
    宇多田ヒカル、「君に夢中」配信開始&MVプレミア公開 「One Last Kiss」EU輸入アナログ盤発売も
    (2021/11/26掲載)
    ジョー・ライト監督映画『シラノ』2月日本公開決定 予告編公開
    (2021/11/26掲載)
    BLVCKBERRY、1stシングル「2035」MV公開&1stワンマン・チケット即完

  8. 2021/11/26 13:42:54 HMV Japan - Homepage含むアンテナおとなりページ

    ライブ・スペクタル「NARUTO-ナルト-」~うずま...
    注目キャラが多数登場!4年ぶりとなるシリーズ最新作のオフィシャルグッズ...
    テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編 ブルーレ...
    テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編 ブルーレイ&DVDが、2022年1月26日発...
    『劇場版 銀河鉄道999』4Kリマスターブルーレイ...
    2022年1月に順次公開となる『劇場版 銀河鉄道999』ドルビーシネマ版2作の4K...
    【特集】『鬼滅の刃』関連本まとめ!公式スピン...
    話題作の原作コミックやファンブック、サイドストーリーが楽しめるノベライ...

  9. 2021/11/26 10:01:48 シネマヴェーラ含むアンテナおとなりページ

    『セックス・ライダー 濡れたハイウェイ(68分/デジタル)』
    1971年
    蔵原惟二
    田中真理、吉沢健、瀬戸ユキ、高橋明、梅治徳彦、溝口拳
    結婚式前日、男と逢引した帰りにうっかり見知らぬ男を轢いてしまう。死体を始末しようとしたが、男は生きており…過去も未来も振り切り刹那的な快楽を求める2人のロードムービー。初主演・田中真理の若さと美しさがまばゆい。スピードの恍惚の中、強烈なカタルシスで迎えるラスト!*公開時と異なるモザイクが入っています。
    『恋狂い(74分/35mm)』
    1971年
    加藤彰
    白川和子、葵三津子、左京未知子、大泉隆二、横田楊子、久遠利三
    船員の夫が帰港すると、新婚の妻が消えていた。夫を待ちきれず男を求め続ける白川和子版『ニンフォマニアック』とも言えるが、妻を探してひたすら都会を彷徨う夫の姿を追うカメラはアントニオーニ。浅川マキの「夜が明けたら」が印象的。
    12:25
    『絶頂姉妹 堕ちる(68分/デジタル)』
    1982年
    黒沢直輔
    倉吉朝子、江崎和代、絵沢萠子、趙方豪、中丸信、小林稔侍
    「スクラップ場にいると落ち着く」。売春で生きて来た家族から抜け出せず、母と姉の犠牲になる妹・倉吉朝子。廃車の中で売春する母(絵沢萌子)を見る彼女の冷たい眼差しに震える。姉の結婚が嬉しくて母娘3人で大合唱するシーンの多幸感と、遠くに見える高層ビルの灯の虚しさ。いどあきお脚本による、もうひとつの『㊙色情めす市場』。
    14:00
    『赫い髪の女(73分/35mm)』
    1979年
    神代辰巳
    宮下順子、亜湖、石橋蓮司、阿藤海、三谷昇、山口美也子、絵沢萠子、山谷初男、石堂洋子、庄司三郎、高橋明、佐藤了一
    ある雨の夜、赫い髪の女を拾ったトラック運転手の光造は女を部屋に連れ込み…。憂歌団の物憂いブルースが流れる中、ただただ体を合わせる光造と女の姿に男女の性愛の極北が映し出される。中上健次の原作をみごとに昇華させた、言わずと知れた日本映画史上の名作!
    『悶絶!! どんでん返し(73分/デジタル)』
    1977年
    神代辰巳
    谷ナオミ、鶴岡修、遠藤征慈、粟津號、宮井えりな
    東大卒のエリートサラリーマン・北山が、ヤクザに掘られたことをきっかけに、地位もプライドも、そして男もかなぐり捨てて、めくるめく性の世界に突き進む! ヒロイン(!?)の鶴岡修が歌う「愛あればこそ」(ベルばらのテーマ)を聴け!!
    『少女暴行事件 赤い靴(71分/デジタル)』
    1983年
    上垣保朗
    井上麻衣、小泉ゆか、島崎加奈子、中根徹、深見博、渡辺とく子、相川圭子、野上正義、阿部雅彦
    東京へ引っ越した高校生マミは、週末になるたび地元の古河に戻り恋人やヤンキー仲間と過ごすが、少しずつ自分の居場所が失われていくのを実感する。「新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件」を題材に、東京の夜をさまよう行き場のない少女たちをドキュメンタリータッチで捉えた、極上の80‘sガールズムービー。*ORGASMセレクション*公開時と異なるモザイクが入っています。
    『蜜のしたたり(97分/デジタル)』
    1973年
    ソルベイ・アンダーション、ペーデル・シンバーリ、レナ・ベックマン、エーゲル・ホルムセン
    アイス・ホッケーのスター選手アランは、ファンだというエヴァと官能の一夜を過ごす。アランは新妻に飽き足らず乱交パーティに参加するが、そこにはエヴァが…。運命の女、美しく荒涼とした風景、流麗な音楽。加藤彰の繊細な演出が愛にひた走る主人公の心象を見事にとらえ、スウェーデンでも評価が高い。
    20:05
    (終映21:42)

  10. 2021/11/26 08:18:53 (゜(○○)゜) プヒプヒ日記含むアンテナおとなりページ

    2021-11-26
    日本三大ゆたか
    ・埴谷雄高
    ・麻耶雄嵩
    ・玉袋ゆたか
    なぜこんなことをいきなり言い出したかというと、今書いているペルッツ新企画のあとがきで『夏と冬の奏鳴曲』にちらっと言及したからなのです。でも最終的には消すかもしれません。黒死館からもさりげなく引用しましたが、これもやはり消すかもしれません。
    puhipuhi 2021-11-26 08:07
    もっと読む
    コメントを書く
    2021-11-25
    米澤屋書店
    米澤屋書店
    作者:米澤 穂信
    文藝春秋
    Amazon
    米澤穂信さんが新刊『米澤屋書店』で、わたしが昔訳した『両シチリア連隊』を紹介してくださっています。それも「詩のように美しい滅びの小説」という絶妙な評言とともに。米澤さん、ありがとうございます。この本は東京創元社の "in print"リストから消えてだいぶんになるのですが、今でもときどきこのように言及してくださる方がいて、訳者冥利に尽きると感じています。
    当時は担当編集者の方が相当に販促に奔走してくださり、これも嬉しい思い出です(今でも覚えているのは新宿紀伊国屋と川崎ラゾーナ内丸善のフェア)。ただ売れ行きは残念ながら東京創元社の期待には達しなかったようで、二冊目のレルネット=ホレーニア訳出の野望はいまだかなえられていません。しかしまだまだあきらめていませんよ。彼のたくさんある長篇の中にはペルッツ並みに面白いものもあるのでなんとか紹介したいものです。
    puhipuhi 2021-11-25 20:43
    もっと読む
    コメントを書く
    2021-11-26
    日本三大ゆたか
    2021-11-25
    米澤屋書店

  11. 2021/11/26 00:22:33 Mon pays natal含むアンテナおとなりページ

    Wednesday, 24 November 2021
    研究室紹介動画
    ぼくの研究室(明治大学総合芸術系)を紹介するビデオを、篠田優くんを中心とする博士後期課程のみんなが作ってくれました。
    https://www.youtube.com/watch?v=VvmZk4AbawI&t=237s
    ぜひごらんください。大学院進学を考えている人が身近にいたら、勧めてあげてください。
    Posted by KS at 02:24
    ▼ 2021 (481)
    ▼ November (11)
    研究室紹介動画

  12. 2021/11/25 20:51:43 NIKKEI NET含むアンテナおとなりページ

    [社説]コロナ後の国土像描く「田園都市国家」に
    社説
    19:05
    個人消費「持ち直しの動き」に判断上げ 11月の月例報告
    対中国、欧・アジア結束狙う 首相「自由と公正」主張へ
    新型コロナ経済中国・台湾東南アジアヨーロッパ北米政治
    20:47更新
    東ガスが小型LNG発電所、再生エネのぶれ解消し導入加速
    カーボンゼロ千葉関東環境エネ・素材
    19:50
    金融庁、社外取の責任言及 みずほ 26日処分へ
    経済金融機関金融
    19:00
    警察手続き、オンライン化加速 使い勝手に課題も
    17:56
    24日
    ゼロゼロ融資後どう生きる? 北海道3信金理事長に聞く
    宮城県、福島原発処理水巡り要望 海洋放出の代替案など
    18:57
    海なし県でサバやウニ 埼玉県内で養殖広がる
    19:25
    リートで東海道エリア開発 ヨシコン、収益を地域循環
    19:42
    寒ブリ不漁か、20年冬から半減予測 正月商戦は魚高騰
    自治体GoTo、観光に薄日 阪急交通社は団体予約2倍
    19:46
    オタフクソース、3年で海外売り上げ5割増 現地店を開拓
    19:13
    九州の宿泊、20年秋のGo To超え 鹿児島・宮崎がけん引
    19:47
    DXで地域を元気に 大分銀行とオーイーシーが協定
    19:58

  13. 2021/11/25 16:15:25 イチニクス遊覧日記含むアンテナおとなりページ

    (追記:ひと月後に訪れた際は同じくらいの時間帯でもたくさんの野鳥を見ることができたので単に季節もしくは天気の問題だったのかもしれない)

  14. 2021/11/25 13:26:00 The New York Times: Sunday Book Review含むアンテナおとなりページ

    Advertisement
    Continue reading the main story

  15. 2021/11/25 12:11:42 筑摩書房含むアンテナおとなりページ

    新興デモクラシー諸国の変貌 年報政治学2021‐2
    日本政治学会
    編集
    シリーズ・全集  
    A5判
      496頁  刊行 
    12/20
      ISBN 
    9784480867384
      JANコード 9784480867384
    ※発売日は地域・書店によって前後する場合があります
    5,280円(税込)
    山下 清海

    自分自身にやさしくすれば悩みの出口が見えてくる ─マインドフルネスと心理療法ACTで人生のどん底からはい上がる
    北欧スタイルでたのしむインテリア ─新鮮な暮らしをつくるわたしのアイデア
    おさだ ゆかり
    B5判
      128頁  刊行 
    9784480879127
      JANコード 9784480879127
    1,980円(税込)

  16. 2021/11/25 12:05:25 古本買取・古書買取・販売/オンライン古書店しましまブックス含むアンテナおとなりページ

    2021年11月25日 買取した古本のご紹介(ご購入できます)

  17. 2021/11/25 03:21:33 漁書日誌ver.β含むアンテナおとなりページ

    2021-11-24
    本と雑誌の11月
    ここのところ入手したもの。
    酒井潔「薫苑夜話」(三笠書房)昭和8年6月5日初版カバ2760円
    リー「詩は絵のごとく/絵は詩のごとく」(アートワークス)定価1800円+税
    酒井潔のはカバー欠ならばだいぶ前に買って持っていたけれども、ようやくカバー付きを入手。リーの絵画論は、学生の頃にラオコーンを論じた際に参照したことがあり、その後、既訳本(中森義宗編「絵画と文学」)を入手していたが、みっちりした解説とともに直接注文のみで刊行されるというので注文したもの。パラゴーネ関連ではマスト文献。
    *************************
    文学フリマ東京2021に赴いた。文学フリマの存在は前から知っていたけれども、実際に会場に行ったのは初めてである。浜松町からモノレールに乗って、東京流通センターへ。文学系の同人誌即売会である。
    「機関精神史」4号2500円
    「Tri」9号500円
    「機関精神史」を入手するために赴いたのである。特集は「東アジア・マニエリスムの迷宮」。帷子耀.の書き下ろし作品の他、四方田犬彦ロングインタビューに加え、毎度毎度この雑誌は意欲的で水準の高い論稿がギュッと詰まっているマストバイな雑誌である。とても一気には読めないので、これからポチポチ読んでいく。ちなみに帷子耀.は(車谷長吉。みたいに)今は「.」がつくそうである。Triは知人が関わっている短歌系雑誌。雑誌掲載座談会についての論考など。あまりない特集だし興味深い。
    taqueshix 2021-11-24 06:21
    本と雑誌の11月
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    本と雑誌の11月

  18. 2021/11/25 00:50:00 みすず書房含むアンテナおとなりページ

    トピックス
    2021.11.24
    娘たちは、父親はふつうの勤め人だと思っていた
    ダニエル・リー『SS将校のアームチェア』庭田よう子訳
    トピックス
    2021.11.24
    何が達成されたのか 軍事研究の視点から
    S・C・M・ペイン『アジアの多重戦争1911-1949――日本・中国・ロシア』荒川憲一監訳 江戸伸禎訳
    トピックス
    2021.11.24
    「ノスタルジックな世界を撮る巨匠」からの転換(市山尚三「解題」より)
    『侯孝賢の映画講義』卓伯棠編 秋山珠子訳
    2021.11.22
    古関彰一・豊下楢彦 日本平和学会平和賞 受賞

  19. 2021/11/24 19:21:31 偽日記@はてな含むアンテナおとなりページ

    2021-11-16
    2021-11-16
    ●「無断と土」、「pot hole(楽器のような音)」を読んでから、改めて『半睡』(佐々木敦)を読んだのだが、つづけて読んで感じたのは、山本さんの仕事と佐々木さんの仕事との意外なくらいの共鳴だった。「pot hole(楽器のような音)」の冒頭には、《人間は他人を救うのとおなじ次元で、じぶんを救うというようにはできていません》という吉本隆明の言葉が置かれているのだが、この言葉は『半睡』の冒頭に置かれていてもおかしくない。あるいは、山本さん(たち)の小説と佐々木さんの小説の間に、山本さんの大林宣彦論を置くと、二つはきれいにつながるようにも思われる。
    (一人二役と二人一役の問題、そして作品が慰霊のようなものとしてあること、そして、わたしからこぼれ落ちる他人としての「わたし」と並行世界の感触など…)
    ●『半睡』の主人公で話者である「わたし」は、2012年3月1日から2020年3月11日まで、八年の時間をかけて11日(10+1日)分の日付つきの手記を書くのだが、そこに書かれていることはほとんど、2012年以前に起こった事柄だ。手記を書いている8年間に(手記を書く以外に)「わたし」が何をしているのかはほとんど分からない。この手記が書かれるきっかけとなった2012年2月29日以降に起こったことで手記に書かれているのは、2012年にアピチャッポンの(2002年につくられた)映画を観たことと、2016年に東京都現代美術館で「キセイノセイキ」を観たこと、Y・Yと定期的に会っていたこと、そしておそらく2019年にY・Yが亡くなったことくらいだろうか。この手記に日付がついているのは、この手記に書かれているのは、過去の出来事だけでなく、過去の出来事を書くために必要だった時間でもあるということを示すためだろう。だかその「時間」は、その時間に起きた出来事や、その時間の間に「わたし」が行った事柄によって表現されるのではなく、ただ、四年に一度「うるう年」が巡ってくるという、時間を外側から規定する反復的な「形式」によって表現されるのだ。
    また、この手記が、十日(+一日)分の手記という形をとっているのは、この手記が夏目漱石の「夢十夜」の形式を借りているからでもある。つまりこの手記は、うるう年という暦の形式、「夢十夜」という文学史上で有名なテキストの形式を借りることによって、そのようにして外側から「形」を強いられることによって、(書くことへの抵抗感に抗して)書くことの持続させる力を得ているということだ。
    (つまり、この饒舌にも感じられる手記には「書かれていないこと」欠落が多くある。むしろ、書かれていないことを書かないために饒舌であるかのよう感じられる。というか、「書かれていないことを書かないために書く」ような饒舌を通じて「書かれていないことがあることを示す」ように書かれている。)
    ●この手記を書く「わたし」が、どんな仕事をしているのかもはっきりとしない。不安定な仕事とされ、たびたび「仕事」をMやNに会えない理由とするのだが、具体的なことは分からない。後半になって、Nと出会ったきっかけが「編集者」による取材を介したものであること、そして、Y・Yが「わたし」に「ああ、君のこないだの、とても面白かった、またしても新境地だね、じつに羨ましい」と言うことで、おそらく作家ではないかと推測される(「またしても新境地だね」という評言は「この手記」を書いている者には似合わないように感じるのだが)。しかし、普段から「書く仕事」で忙しくしている「わたし」が、不眠によって手記を書く時間が得られるのだということになり、そうなると「わたし」はひたすら書いてばかりではないかと思う。「わたし」は、(Y・Yとは対照的な)旺盛に執筆する多作な作家ということだろうか。だとすれば「わたし」は、「この手記以外にも多くの文章を書いているのだ」ということも「この手記」に書いていないことになる。
    (この「わたし」が「佐々木敦」ではあり得ないのは、2001年にMに誘われるまで『ツィゴイネルワイゼン』という映画を観たことがなかったばかりでなく、その存在さえも知らなかったということによって明らかだろう。「わたし」が頻繁に映画を観たり、クラブに通ったりする---都市の文化的風俗的なものに積極的に触れるようになる---のは、Mの影響によるものだろう。ただ、もしかすると、そう書くことによって「わたしは佐々木敦だ」ということを隠しているのかもしれないが。)
    (「わたし」がMと出会ったのは、「ツィゴイネルワイゼン」がニュープリントで公開され、フィネスの「エンドレス・サマー」が発売され、9・11が起こった2001年であり、9・11以降、二人の仲はぎくしゃくし始める。そして、Nと親しくなったのは、五反田団の「おやすまなさい」の初演があり、マイケル・ジャクソンが逮捕された2003年のおそらく11月頃である。だからMが「わたし」を非難するように、MとNとの交際期間が重複していることは考えにくい、と、一応は言える。しかしなぜ「わたし」は、わざわざ年次や時期を特定できるような事柄を手記に律儀に書き込むのか。問われてもいないアリバイを進んで口にすることこそ、アリバイが捏造されていることのしるしではないか、とも考えられる。)
    ここで「書かれていないこと」には二種類ある。一つは、「わたし」によって意図的に隠匿されているもの。あるいは、そのことを書きたいがために書いているにもかかわらず、それを書くことに大きな抵抗が生じてどうしてもそれを迂回してしまう、というようなこと。つまり、それを「隠している」ことが意識されている。もう一つは、書いている「わたし」にさえ意識されてなくて、饒舌に書いてみることによって結果として生じる欠落によってはじめて、「わたし」にとっても事後的に発見されるような「書かれていない(隠された)なにか」。あるいはその隠されたものは、事後的にさえ発見されず、ある不在感、なにかが足りていないという感じ、あるいは、そこはかとなく漂う(書かれたものへの)不信感としてしか現れないような何かかもしれない。この小説は、前者を行うことを通じて、後者を暗示しているように思われる。
    ●もちろん、この小説にも「隠されてないもの」、あからさまに示されるものがあり、それは後悔、悔恨、後ろめたさという感情であり、そのような感情こそが「わたし」にこの「手記」を書かせているということだろう。しかし読み進めても、そのような感情が何に由来するのか、その原因となる出来事は何であるのかが、なかなか分かってこない。それが分からないのは、一面では「わたし」がそれを隠しているからだが、もう一面では「わたし」にもその原因が分からないからだろう。「わたし」は、なにかしら、決して許されることのない裏切りを犯した。これは確かなことであり、これについて自分を誤魔化すことはできない。しかし、それが一体どういうものなのか「わたし(の意識)」は十分には知らない。「わたし」は、自分でも知らない何かについて隠そうとし、同時に、自分でも知らない何かについて贖罪しなければならないと強く感じている。そのことの切迫性、その生々しさが、すべてが嘘かもしれない、他人の作品や他人事ばかりで埋め尽くされている「この手記」をリアルなものにしていると思う。
    ●終盤で、手記の書き手である「わたし」が、この「手記」は複数の対象に向けて書かれたのではなく、ただ「あなた」に向けて書かれているのであり、そしてその「あなた」とはつまり「(未来の)わたし」なのだと書き、しかしそれは「嘘」で、未来の「わたし」である「あなた」はこれを決して読まないだろうと書き、これを読んでいる「あなた」がいたとしても、それは「わたし」が届けようとした「あなた(未来のわたし)」とは別人である「あなた」だろうと書く。ここで未来のわたしである「あなた」とは、「わたし」の罪の所在を知った「わたし」であるとすれば、そのような「あなた=わたし」(わたし自身と完全に一致する「わたし」)が到来することは決してないという諦観を読みとることができるかもしれない。
    《あるいは、あなたなどどこにも存在していないのかもしれない。わたしにはそれはわからないし、正直に言うならば、それはもう、まったくどうでもいいことなのだ。しかもこのことは、そもそもの始まりから決まっていたことだった。なぜならわたしが自分でそう決めたのだから。ただ、気づかないふりをしてきたのだ。そうでもしないと、自分で自分を騙さないと、これをやり遂げることは、到底できそうになかったから。》
    ●上の『半睡』の引用に、下の「無断と土」の部分を並べてみたら、どうだろうか。
    《かように生物は、探索し知覚した情報から特定の世界とそこに存在する肉体(そこに接続した視覚や平衡感覚等)を構成=リプレイすることで、ようやくそこに降り立つ。二〇世紀末に荒川修作+マドリン・ギンズが〈建築する身体 Architectural Body〉という概念とともに行った議論の通り、その降り立ちが失敗した場合、肉体は激しい可能の洪水を前に、自らにとって不透明な肉体が自らの位置する座標から離れた場所で、しかも自らの肉体の感覚器官と一定程度連帯したかたちで多数存在しうるという圧を、強い質感とともに受ける。荒川+ギンズはそれを懐かしさとして認識し、また彼らの先行者であるマルセル・デュシャンはエロティシズムとして検討したが、多くの生物にとっては恐怖という情動が充てがわれることだろう。そこで恐怖とは、一方では感覚器官間のもつれ、誤認の物象化、知覚対象の唐突な変容の予感などとして経験され、また一方では、世界によるこの私の自由意志の収奪、(この私とは異なる場所に私があらわれるという意味での)分身の発見、(この私において異なる私が現れるという意味での)肉体の役者化=世界の上演化としてイメージされる。世界を単一に束ね得るような(主に視覚的な)宿が無く、不確かな(主に聴覚的な)ノイズばかりが由来も定まらず反響し、起こる世界の変容あるいは複数化。いずれの場合でも観測されるのは、表現主体における表現の生成過程を自らの自由意志のもとで測定しそこねた肉体が世界の側から強引に採掘する〈喩〉の型であり、感覚器官の連合をめぐる極めて叙情的なバグであり、多宇宙=可能世界そのものの歪な擬人化である。》
    furuyatoshihiro 2021-11-16 00:00
    2021-11-16
    Tweet
    広告を非表示にする
    2021-11-16

  20. 2021/11/24 13:34:20 キリキリソテーにうってつけの日含むアンテナおとなりページ

    続きを読む

  21. 2021/11/23 21:11:10 La Porte Rouge含むアンテナおとなりページ

    2021-11-22
    キリアン・マーフィー再び
    あれこれ
    去年楽しく聴いていたBBCのキリアン・マーフィーの番組は、なんとseries2が始まっていた。先週か先々週だったかに気付いて、「えー、そんなのもっと早く教えてよ」と言いながら、ご機嫌で聴いている。
    www.bbc.co.uk
    今月は本当に久し振りに映画館へ行った。今年に入って2回目か。帰り道、ずっと作品について文句を言い合っていたけれど。家族と外食もした。お弁当とか持ち帰りの物を食べるくらいしかしていなかったから、他人の作った出来たての熱いものを食べるのなんて、どれだけ振りだったんだろう。大変美味しかったし楽しかった。でも一昨年までは日常だったことをこんなにありがたがるなんて、という複雑な感じだ。そしてまだまだ外出も外食も控えるかしら。このところ料理したい欲が高まってきている。今日は生のたらこを買って煮付けてみた。煮魚はシェフが作ってくれるから作ったことが無くて、でもこれは簡単にそれっぽいものができた。雑誌など眺めると色々と試してみたくなる。
    もうすぐ12月なんて怖いな。
    tsubaqui 2021-11-22 05:39
    キリアン・マーフィー再び
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    キリアン・マーフィー再び
    あれこれ (116)

  22. 2021/11/23 12:44:30 新曜社 ホームページ sin-yo-sha-homepage含むアンテナおとなりページ

    書評・メディア
    2021.11.22
    『明日からネットで始める現象学』書評が「こころと文化」に掲載されました

  23. 2021/11/22 16:45:11 ゆるふわ愛され音楽ニュースサイト - ナタリー含むアンテナおとなりページ

    1巻 / マガジンポケット
    丘の上の豪邸で自称エリート刑事が見つけたのは…井龍一×伊藤翔太の最新サスペンス
    井龍一原作による伊藤翔太「降り積もれ孤独な死よ」1巻が、本日11月22日に発売された。
    16:31
    コミック
    呪術廻戦
    「呪術廻戦」18巻の表紙は秤金次、累計発行部数は6000万部を突破
    12月25日に発売される芥見下々「呪術廻戦」18巻の書影が公開された。表紙には呪術高専3年生の秤金次が描かれている。
    16:18
    コミック
    TV・ラジオ出演
    岸祐二が井上芳雄と「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」主題歌を生披露
    11月28日にTBSラジオで放送される「井上芳雄 by MYSELF」に岸祐二がゲスト出演する。
    16:14
    ステージ
    コメントあり
    高山植物園「あなたがわたしを忘れた頃に」“切なさ”と“幸せ”混在する3本立て公演
    高山植物園 第10回公演「あなたがわたしを忘れた頃に」が、11月26・27日に長野・まつもと市民芸術館 シアターパークで上演される。
    15:46
    ステージ
    伝統芸能・歌舞伎 / コメントあり
    揺らめく炎が能面・衣裳の美しさ引き立てる「夜能」11月公演はろうそく能で「清経」
    「夜能~語り部たちの夜~『清経』」11月公演が、11月26日に東京・宝生能楽堂で上演される。
    15:30
    ステージ
    1巻 / フラッパー / 店舗特典
    胸を大きく、お腹をへこませて…風俗嬢の写真を修整するお仕事マンガ「パネマジ!」
    まきたこん「パネマジ! ~その嬢は修整済みです~」1巻が、本日11月22日に発売された。
    15:25
    1巻 / BL / 店舗特典
    仁義と恋心の狭間でおかしくなりそうな若頭の極道ラブコメ「恋する極道おにいさん」
    折紙ちよこ「恋する極道おにいさん」の1巻が、本日11月22日に発売された。
    15:23
    U-zhaan監修、仕切りが取れるカレー皿がふるさと納税の返礼品に
    U-zhaanが監修した「仕切りが取れるカレー皿」が、「ANAのふるさと納税」で展開される長崎県波佐見町の返礼品に選ばれた。
    15:13
    ラランド・サーヤが語るクリスマスのエピソード、ルミネ特設サイトで音声配信
    ルミネ各館でクリスマスに合わせて実施されるキャンペーン「GIFT OF VOICE ~想いを束ねて、届けよう。~」の特設サイトにラランド・サーヤが登場している。
    15:03
    お笑い
    シソンヌ「仰天ニュース」初登場、中居正広との共演中に居眠りした事件を回想
    明日11月23日(火・祝)放送の「ザ!世界仰天ニュース 危険な食べ方&有名事件2時間スペシャル」(日本テレビ系)にシソンヌがゲスト出演する。
    15:00
    お笑い
    コメントあり
    マッツ56歳の誕生日!主演作「ライダーズ・オブ・ジャスティス」インタビュー到着
    「ライダーズ・オブ・ジャスティス」より、主演を務めたマッツ・ミケルセンの56歳の誕生日を記念してインタビューコメントが公開された。
    15:00
    柚希礼音「REON JACK」Blu-ray発売決定、夢咲ねねゲストの東京千秋楽公演を収録
    今年9月に実施された柚希礼音のソロコンサート「REON JACK 4」のBlu-rayが、来年3月25日に発売される。
    15:00
    ヤンマガ
    現代日本へ転生した孔明を描く「パリピ孔明」がヤンマガで移籍連載開始
    四葉夕卜原作による小川亮「パリピ孔明」の移籍連載が、本日発売11月22日発売のヤングマガジン52号(講談社)にてスタートした。
    14:39
    コミック
    ケガ病気 / 休止解散 / コメントあり
    LAZYgunsBRISKY、ボーカリストLucyの心臓疾患により活動休止「少し休みます!またロックしたい」
    LAZYgunsBRISKYが2022年より活動を休止することを発表した。
    14:18
    オズワルド伊藤「関西の大御所師匠にハマりたい」明石家さんまに相談
    本日11月22日(月)放送の「痛快!明石家電視台」(MBS)にオズワルド、ネルソンズ、レインボー、ZAZYが出演する。
    13:58
    お笑い
    2.5次元 / 週刊少年ジャンプ / ヒロアカ
    ヒロステ「本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」Huluストアで配信決定
    「『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.」の一部公演の配信が決定した。
    13:49
    ステージ
    1巻 / コミックDAYS / Webマンガ
    「ギャラリーフェイク」の細野不二彦が学生運動と恋模様を描く「恋とゲバルト」1巻
    細野不二彦「恋とゲバルト」1巻が、本日11月22日に発売された。
    13:45
    ドラマ化 / コメントあり
    吉田鋼太郎が3人娘の幸せ願って奮闘、ドラマ「おいハンサム!!」1月にスタート
    吉田鋼太郎が主演を務める連続ドラマ「おいハンサム!!」が、2022年1月8日に東海テレビ・フジテレビ系でスタートする。
    13:36
    ライブビューイング
    L'Arc-en-Ciel結成30周年ツアー、ファイナル代々木公演を映画館でライブビューイング
    L'Arc-en-Cielが現在開催中の全国ツアー「30th L'Anniversary TOUR」より、12月に東京・国立代々木競技場第一体育館で行われるファイナル公演の模様が全国の映画館でライブビューイング中継される。
    13:34
    「さんタク」木村拓哉が新曲披露、作詞者の明石家さんまも口ずさむ
    明石家さんまと木村拓哉の正月恒例特番「さんタク」(フジテレビ系)が来年2022年1月1日(土・祝)に放送される。
    13:23
    お笑い
    俳優主体のWSから派生、平田オリザの「革命日記」を河西裕介が演出
    くべる 第1回公演「革命日記」が、11月27・28日に東京・シアターグスタフで上演される。
    13:10
    ビジュアル解禁
    「異世界おじさん」セガサターン27周年記念ビジュアル公開、動画バージョンも
    殆ど死んでいる原作によるTVアニメ「異世界おじさん」より、SEGAのゲームハード・セガサターンの発売27周年を記念した“スペシャルビジュアル”が公開された。
    13:01
    SONGS / TV・ラジオ出演
    YOASOBIが「SONGS」で語る紅白の舞台裏、ミドリーズとの初共演も実現
    12月2日(木)にNHK総合で放送される「SONGS」に、YOASOBIが出演する。
    13:00
    音楽
    コメントあり / 海外ドラマ / アメコミ
    「ホークアイ」吹替版に東地宏樹、種崎敦美、田村睦心、井上喜久子、速水奨、露崎亘
    マーベル・スタジオによるオリジナルドラマシリーズ「ホークアイ」の日本語吹替版キャスト6名が発表された。
    13:00
    続編
    磯村勇斗が北の大地で“サウナエレメント”を集める旅、「サウナーーーズ3」放送決定
    磯村勇斗が出演するサウナ番組の第3弾「サウナーーーズ3 磯村勇斗とサウナを愛する男たち」が2022年3月にWOWOWで放送・配信される。
    13:00
    新連載 / ガンガンJOKER
    恋するとバカになっちゃう?悩める美しきドールたち描く鍵空とみやきの新連載
    「ハッピーシュガーライフ」で知られる鍵空とみやきの新連載「恋愛自壊人形 恋するサーティン」が、本日11月22日発売のガンガンJOKER12月号(スクウェア・エニックス)でスタートした。
    12:33
    特番
    東京03ラジオコント三昧、生放送ゲストにバカリズム、空気階段や芸人作家陣
    明日11月23日(火・祝)に生放送される「今日は一日 東京03のラジオコント三昧」(NHK-FM)にバカリズム、空気階段らが出演する。
    12:31
    お笑い
    特集 「マトリックス レザレクションズ」に奥浩哉、高河ゆん、佐久間宣行、戸松遥、ONEが期待大!世界を変えたシリーズの最新作にコメント寄せる
    12:30
    アイドルたちの新年会「NPP」第3弾発表でukka、でんぱ組.inc、nuanceら7組追加
    2022年1月2日と3日に東京・お台場の青海周辺エリアで行われるライブイベント「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2022」の出演アーティスト第3弾が発表された。
    12:00
    音楽
    ビジュアル解禁 / ジャンプフェスタ
    「SPY×FAMILY」新ビジュアル公開、ジャンフェスでアーニャ&ヨルのキャスト発表
    遠藤達哉原作によるTVアニメ「SPY×FAMILY」の新ビジュアルが公開された。
    12:00
    コミック
    シングルマザーの苦難描くケン・ローチ初期作「夜空に星のあるように」予告
    「わたしは、ダニエル・ブレイク」「家族を想うとき」で知られるケン・ローチが1967年に製作した長編監督デビュー作「夜空に星のあるように」の予告編がYouTubeで解禁された。
    12:00

  24. 2021/11/22 13:49:11 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語・電子版含むアンテナおとなりページ

    ハリーの靴ひも
    マーク・リボー(Marc Ribot)2021年12月号
    実験音楽やフリー・ジャズの分野で活躍するアメリカ人ギタリストのマーク・リボーが初めて出版した著作Unstrung : Rants and Stories of a Noise Guitarist(Akashic Books, New York, 2021)からの抜粋で、靴ひもを通じて人々の心理や行動を描いている。パンデミック対策としての社会規範と個人の自由とのあいだに生じる摩擦に考えを巡らすこともできるだろう。[日本語版編集部](仏語版2021 →
    グランシェフになるためのレシピ
    リック・ファンタジア(Rick Fantasia)2021年11月号
    ロシアとの関係に葛藤するジョージア
    ピエール・ドーム(Pierre Daum)2021年11月号
    ジョージア議会ではこの1年、お互いをロシアの言いなりだと非難し合う不倶戴天の2つの陣営が対立を続けてきた。10月2日、EUの監視のもとに実施された地方選挙による緊張の緩和が期待されたが、結果は与党が勝利しさらなる政治混迷が続いている。独立から30年。政治、経済、市民社会の全ての面でロシアとの愛憎関係が続くジョージアからのレポ (...) →
    2021年11月号

  25. 2021/11/21 11:34:02 整腸亭日乗含むアンテナおとなりページ

    2021-11-18
    森田芳光の・ような映画監督は今後出てこないだろう
    書物
    森田芳光全映画
    宇多丸、三沢和子編『森田芳光全映画』(リトルモア,2021)を読了した。
    ひとりの映画作家の全作品を解題する書物は、めずらしいことだ。自主映画から始め、どこの映画会社にも所属せず、助監督修行もなく、自ら自分が撮りたい映画で出発する。撮影所システムが終了し、一作ごとにスポンサーを見つけ、いつの間にか森田組が出来上がっている。映画界における異端児でありながら、最後の作家的映画監督といわれる森田芳光について、製作された映画に即して、パートナーかつプロデューサーであった三沢和子さんの<ことば>は、理解の手助けとなっている。
    森田芳光全映画
    作者:宇多丸,三沢 和子
    リトル・モア
    Amazon
    『家族ゲーム』(1983)から『僕達急行 A列車で行こう』(2012)までほぼ同時代公開作品として森田作品を見てきた者にとって、全作品解題という快挙につきあわないわけには行かない。
    森田芳光は、商業映画第一作『の・ようなもの』を撮り、『僕達急行 A列車で行こう』(2011)の製作後、急逝してしまった。本書は、自主製作『ライブイン茅ヶ崎』(1978)から『A列車で行こう』までのすべての映画について、監督の伴侶であった三沢和子と宇多丸が全作品を解説するという画期的な映画本になっている。
    本書は、映画青年であり素人が8mmのキャメラを回して、友人・知人たちをに出演依頼し、映画として成立させる。映画撮影所システムの崩壊までは、特定の映画会社の社員となり、助監督修行により、キャメラ撮影、セット美術、照明、編集などを経験した後に、晴れて監督に昇進し、映画を撮るのが一般的スタイルだった。
    ところが、森田芳光は撮影所システムを経験することなく、自主映画『ライブイン茅ヶ崎』を撮り、親から借金をしてデビュー作『の・ようなもの』(1981)を製作する。その後、日活で『(本)噂のストリッパー』(1982)『ピンクカット 太く愛して深く愛して』(1983)2本のプログラム・ピクチャー製作経験を経て、代表作となる『家族ゲーム』(1983)で全国区に進出した。撮影所システム崩壊後の、映画好きの青年が、映画監督進出したモデルケースを実践したのだった。
    森田芳光 全監督作品コンプリート(の・ようなもの)Blu-ray BOX(完全限定版)
    秋吉久美子
    Amazon
    『森田芳光 全監督作品コンプリート(の・ようなもの)Blu-ray BOX(完全限定版)』が12月20日に発売予定である。全作品とあるが、『そろばんずく』のみが版権者が拒否したようで、全作品マイナス1本という形にならざるを得ない。『そろばんずく』の製作はフジテレビ、ニッポン放送となっている。とんねるず主演の映画だが、とんねるずには当時のギャグを封じたとされている。なぜ、『森田芳光 全監督作品コンプリート』への収録に許諾しなかったのか。必ず後悔すること*1になるだろう。
    全作品を見直す余裕はないので、とりあえず未見の『未来の想い出 Last Christmas』(1992)を見る。なんだかコマーシャルフィルムのようだ。森田的世界の逸品というところか。工藤静香と清水美砂の二人の女性が、1981から1991の間を往復するタイムスリップもの。突然の死により10年間を生き返すことになった二人。三度目の正直を愚直に反復している。映像と音楽に酔えるかどうかが鍵となる。ディビッド伊藤と和泉元彌を起用。当時の二人はメジャーではなかった。その慧眼を評価すべきだろう。
    未見の作品『悲しい色やねん』(1987)は、ジャンルもの<やくざ映画>へ挑戦した作品。道頓堀の美しい夜景シーンが、シークエンスの転換時に挿入される。中村トオルと高嶋政宏が友人でありながら敵対せざるを得ない状況への描写。藤谷美和子のクレイジーな役柄や、ボスの小林薫と江波杏子がいつもクッションの良いソファに横たわっている光景などいかにも森田芳光作品らしい。<ジャンル映画>からのはみ出しぶりも秀逸だった。
    もう一本再見したのが『39 刑法第三十九条』(1999)。かつて見たときよりシリアスな映画だったことに驚いた。森田芳光は、同じような映画は二度と撮らないので、ミステリアスで問題を含む刑法39条に着目した点、論点の運び方、俳優を個性化することなど、実に優れた監督であることを再発見した。鈴木京香の精神鑑定士を見た目で造形している。刑事役の岸部一徳のいつもにやけた顔、検事の江守徹はぼそぼそ小声で話すなど。犯人役が堤真一だったことは意外な発見。当時はまだ無名だった。
    更に一本『キッチン』(1989)も見直した。市電が通る札幌の街の夜景が美しく、とりわけ緑に光る電車周辺の光景を背後にして、川原亜矢子と松田ケイジのさらりとした関係描写、松田ケイジの父親でありながら母として存在する橋爪功。モダンなキッチンの設定にも、森田監督の意図がみえる。
    一作ごとに作風が変わるので、森田芳光のスタイルだの作風として一言に凝縮することは困難である。ただ、常に斬新なアイデアとスタイルの先取りが結果的に成功へのキーワードであったことは確かだ。
    家族ゲーム [DVD]
    松田優作
    Amazon
    とは言っても、『家族ゲーム』(1983)と『それから』(1985)が森田監督を周知させた代表作となるだろう。現時点の私的ベストテンを作成したみた。
    それから [DVD]
    松田優作
    Amazon
    1.『それから』(1985)
    2.『家族ゲーム』(1983)
    3.『(ハル)』(1996)
    4.『39 刑法第三十九条』(1999)
    5.『阿修羅のごとく』(2003)
    6.『間宮兄弟』(2006)
    7.『ときめきに死す』(1984)
    8.『の・ようなもの』(1981)
    9.『黒い家』(1999)
    10.『キッチン』(1989)
    11.『わたし出すわ』(2009)
    12.『武士の家計簿』(2010)
    13.『僕達急行 A列車で行こう』(2012)
    14.『サウスバウンド』(2007)
    15.『椿三十郎』(2007)
    16.『おいしい結婚』(1991)
    17.『失楽園』(1997)
    18.『メイン・テーマ』(1984)
    19.『未来の想い出 Last Christmas』(1992)
    20.『悲しい色やねん』(1987)
    21.『海猫』(2004)
    22.『模倣犯』(2002)
    23.『愛と平成の色男』(1989)
    【補足1】
    『そろばんずく』(1986)は、『森田芳光 全監督作品コンプリート』に版権所有者が許諾を与えなかったので、ランキングから除外した。とんねるずに敢えて当時の持ちネタ・ギャグを封じて今なお新鮮な見方ができるフィルムであるからこそ、番外としたい。
    【補足2】
    脚本森田芳光、監督根岸吉太郎『ウホッホ探検隊』(1986)を見ていると、十朱幸代と男の子二人の家庭に、単身赴任中の夫田中邦衛が訪ねてくる。父親が帰るというより他者の侵入というイメージだ。実際、田中邦衛は職場の女性藤真利子と不倫関係にあったことが後に分かることになる。この家族の雰囲気、単身赴任先の企業の仕事は不気味だ。この雰囲気、このニュアンスは紛れもなく森田芳光の世界であると感じさせる。
    ウホッホ探険隊 [DVD]
    十朱幸代
    Amazon
    【補足3】
    森田芳光は、優れた映画監督であった上に、新人発掘にも大いに貢献している。
    監督としては、『バカヤロー』シリーズで、堤幸彦、岩松了、中島哲也、篠原哲雄、明石知幸、太田光、山川直人等々。俳優として、鈴木京香を最初に出演(『愛と平成の色男』)させている。また塚地武雄を『間宮兄弟』で初めて映画出演させたことも特筆に値する。NHK朝ドラでブレイクするはるか前、鈴木亮平を『椿三十郎』でデビューさせている、など枚挙にいとまがないほどだ。
    『の・ようなもの』では、主演の伊藤克信、若手落語家の一人に<でんでん>、オバサンディレクターに鷲尾真知子、落研高校生に江戸はるみが、それぞれ映画デビューになる。石田ゆり子は『悲しい色やねん』で、中村トオルの恋人役で映画デビュー、伊東美咲は『模倣犯』で山崎務の孫娘役で映画デビュー、唐沢寿明は『おいしい結婚』でヒロイン斉藤由貴の恋人役で映画デビュー、木村佳乃は『失楽園』で役所広司の娘役で映画デビューしている。
    参考文献:『森田芳光組』(キネマ旬報社,2003)
    森田芳光組
    作者:森田 芳光
    キネマ旬報
    Amazon
    *1:『そろばんずく』はコメディの傑作であり、その功績は、監督森田芳光によるものである。映画の基本を忘れた「とんねるず」には大馬鹿野郎と言っておきたい。『そろばんずく』は、今後一切DVD等で発売せず、廃盤にすべきだ。
    森田芳光
    三沢和子
    宇多丸
    『そろばんずく』の著作権を森田芳光に!
    PreBuddha 2021-11-18 21:47
    森田芳光の・ような映画監督は今後出てこないだろう
    Tweet
    広告を非表示にする
    コメントを書く
    もっと読む
    森田芳光の・ような映画監督は今後出てこないだろう

  26. 2021/11/21 01:38:45 circustown.net index含むアンテナおとなりページ

    Sat Nov 20 17:16:47 JST 2021
    2021.11.20 (#912) - Songwriter
    Nicky
    Bob Gaudio Part 3
    記事を読む
    特集 音人千一夜 第2回 宮治淳一さん

  27. 2021/11/20 19:48:23 アブソリュート・エゴ・レビュー含むアンテナおとなりページ

    hk/SWING FOR JOY

  28. 2021/11/19 19:21:10 blog 水声社 含むアンテナおとなりページ

    11月の新刊:ソヴィエト宮殿〓〓建設計画の誕生から頓挫まで
    2021年 11月 19日
    ソヴィエト宮殿
    建設計画の誕生から頓挫まで
    鈴木佑也(著)
    判型:A5判上製
    頁数:444頁
    定価:6000円+税
    ISBN:978-4-8010-0567-9 C0070
    装幀:宗利淳一
    11月下旬頃発売!
    〓直接のご注文はこちらへ〓〓
    全体主義国家における、一つのプロジェクトの死
    ソヴィエト連邦の国家理念の象徴として期待された巨大建築プロジェクト・ソヴィエト宮殿。
    内外の建築家を結集して競技設計を重ねたものの、様々な困難と状況の変化を経て、基礎工事の段階で破棄されることになる。
    国家を挙げた一大建築計画はなぜ幻に終わったのか。膨大なアーカイブ資料の調査にもとづき、建築潮流の変化や〈レーニン〉から〈スターリン〉への転換のみでは説き明かせない、プロジェクトが誕生から消滅に至る過程を丹念に辿る。
    競技設計に提出された60名を超える建築家たちによる設計プランを収録。
    Read the rest of this entry »
    新刊紹介 (652)

  29. 2021/11/19 12:13:13 ENDING ENDLESS 雑記帖含むアンテナおとなりページ

    2021-11-16
    『雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』のプレイリスト
    最近の自分の仕事
    -「小説現代」編集長・河北壮平が語る、小説の未来 「外に開いていく革命へと意識を転換するようになった」(構成・取材)https://realsound.jp/book/2021/09/post-854235.html
    -【ブックハンティング】サリンジャーの壮大な「企み」に挑んだ、文学探偵コンビの名推理 竹内康浩・朴舜起『謎ときサリンジャー 「自殺」したのは誰なのか』https://www.fsight.jp/articles/-/48334 https://www.dailyshincho.jp/article/2021/10241130/
    -周木律著『楽園のアダム』帯の推薦コメント
    -メフィストリーダーズクラブ(MRC) 「社会」こそお化屋敷-『点と線』(松本清張)/「帽子」が呼び覚ます過去-『人間の証明』(森村誠一)
    -澤村伊智著『邪教の子』、菅原裕子『「ボヘミアン・ラプソディ」の謎を解く』 → 「小説宝石」10月号 https://tree-novel.com/works/episode/9e7035977eb2cc9dcea6990c314e1487.html
    -第25回日本ミステリー文学大賞新人賞 予選委員からの候補作選考コメント https://kobun.or.jp/mistery_new/prize25/
    『雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』に出てくる音楽のプレイリストを作ってみた。タイトルが載っていないアーティストについては小説から連想した曲を。例えば、NINなら書名がこれなら『The Downward Spiral』からだろう、とか。https://open.spotify.com/playlist/5E6mvmw5Rz6892QJH6aFGX?si=5cbafea939924b5f
    謎ときサリンジャー―「自殺」したのは誰なのか―(新潮選書)
    作者:竹内康浩,朴舜起
    新潮社
    Amazon
    楽園のアダム
    作者:周木律
    講談社
    Amazon
    邪教の子 (文春e-book)
    作者:澤村 伊智
    文藝春秋
    Amazon
    「ボヘミアン・ラプソディ」の謎を解く “カミングアウト・ソング"説の真相 (光文社新書 1152)
    作者:菅原 裕子
    光文社
    Amazon
    ending 2021-11-16 08:53
    『雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』のプレイリスト
    Tweet
    広告を非表示にする
    『雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』のプレイリスト

  30. 2021/11/19 05:32:38 yomunelの日記含むアンテナおとなりページ

    2021-11-16
    僕の好きな文庫本(13)その2
    文庫本
    金井美恵子『タマや』(講談社文庫)
    カバー写真・山田宏一 カバーデザイン・金井久美子 解説・武藤康史
    子供の頃から優柔不断で、迷った末に何かを選んだあと、やっぱりあれがよかった、あっちにすればよかったとくよくよ後悔し続け、1年たっても2年たっても、5年たっても、やっぱりあの時のあれは、とウジウジしているものだから、とうとう母が「あんたが迷った時はもう両方買っちゃいな!」とキレてしまった。安いものならそれでいいのだけれど、家電とかになるとそうもいかず、大人になってもずっと後悔し続けている。新刊書籍は買い逃してもまた買える(最近はそうとは限らない)が、古本は一期一会感が強く、買い逃して、あれ買っとけばよかったーと歯噛みすることばかり。リアル地団駄を踏んでいる。なんでこんなことを思い出したかというと、前回『小春日和』を選んだあと、うーむ『タマや』もいいなと悩みはじめ、目白四部作では、『タマや』か『小春日和』か『タマや』か『小春日和』か『タマや』か『小春日和』かとウジウジの虫が騒ぎだしてので、僕の好きな文庫本(13)を2部に分けた次第です。でも、講談社文庫版にするのに、迷いはなかった。
    yomunel 2021-11-16 00:00
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    僕の好きな文庫本(13)その2

  31. 2021/11/18 13:24:37 今日もぐだぐだ含むアンテナおとなりページ

    ※「参与と生命 Ⅲ」プレゼンまとめ+対談(2021年10月31日)
    www.youtube.com
    ※『メディウム』2号 「特集・ダナ・ハラウェイ」 特集緒言「ダナ・ハラウェイとマジメに遊ぶために」、ターシュ・ベイツ「私たちがホモ・サピエンスだったことは一度もない」翻訳、付録3点(バイオ、全論文・著作・インタヴュー書誌、研究参考文献一覧)作成、その他査読・校正作業等。
    https://mediensysteme2019.wordpress.com/2021/10/23/mediumv2/

  32. 2021/11/16 17:44:44 zokkonの日記含むアンテナおとなりページ

    2021-11-13
    フレンチプレスでコーヒーは味わいの解像度が上がる
    自分で豆を挽いてコーヒーを淹れるのに、皆さんはどんなやり方を選んでいますか?
    僕は長らくペーパーフィルターを使った後、結婚してからフィルターをスイス製の金(ゴールド)に替えて20年以上経ちます。それで特に不満もなかったのですが、このほどプレス式のティーサーバーを買ったので、新しい淹れ方を試してみています。
    商品名はコーヒー&ティープレスらしい
    もともとは、朝食のときに紅茶を淹れるのに使っていたガラス製のティーポットのふたが割れてしまい、代わりのものを東急ハンズに買いに行ったところ、頑丈そうなティーサーバーが目に入ったので衝動買いした次第です。カフェなんかで紅茶を注文するとたまに出てくる形状のティーサーバーです。今までちゃんとした使い方を把握せずにその場その場で対処していたのですが、取扱説明書を読めばそこも理解できるだろうという思惑もありました。
    説明書を読むと、コーヒーを淹れるのにも使えると書いてあります。淹れ方自体は簡単で、カップとサーバーを温めておき、挽いた粉をサーバーに入れて熱湯をそこに勢いよく注ぎ込み、3分ほど待ち、カップに注ぐ。終わり。という具合です。もちろん、豆を挽く、お湯を沸かす、といった工程のそれぞれでそれなりに時間はかかるのですが。なお、中蓋的なものを押し下げるのはカップに注ぐ直前です。
    このやり方をフレンチプレスと言うそうです。豆のうまみや香りが多く含まれる油脂分をコーヒーオイルと呼び、それを逃さず抽出できるやり方だとのこと。ゴールドのフィルターも、ペーパーフィルターと比べるとコーヒーオイルが多く残るという触れ込みですが、時間をかけてお湯を注ぎながら抽出するので、成分の残り方が違うのでしょう。
    同じ豆で比べたことはまだないのですが、香りや味の特徴がこれまでよりはっきり感じられるように思います。「解像度が上がる」という表現がぴったりくる感じ。はっきり言ってすごくおいしいです。
    なお、最近の豆は神田や神保町に店舗のある豆香房という焙煎所で買ったモカ・イルガチェフ。ケニア産だったかな。この豆と淹れ方の相性もいいのかもしれません。今まで職場の近くに店舗があったので調達は容易だったのですが、神田方面に行く用事がなくなったので近所でいい豆を入手する場所を開拓する必要があります。
    ティーサーバーを使ったフレンチプレス、結論としてすごくおいしいのですが、難点もあります。
    片づけが面倒なのです。抽出し終わったコーヒー豆のガラはサーバーの底にそのまま残っているので、手を突っ込んで捨てなければなりません。それ自体は別に大した手間ではないのですが、サーバーを分解して豆のガラを洗い流し、乾いたら組み立て直すのはちょっとした作業量になります。
    さらに、油脂分が豊富なので、カップやサーバーに残った油脂をちゃんと落とすためには中性洗剤を使う必要があります。洗剤は必ずしも毎度毎度使わなくてもいいのでしょうが、次に紅茶を淹れるのに使いたくなったときにコーヒーの油脂が残っているといやだなと思うと、つい毎回洗剤を使ってしまいます。地球環境にはやさしくないですね。でもペーパーフィルターを使うよりはいいのかな。
    なお、紅茶のほうはティーサーバーで淹れたときより急須型のティーポットで淹れたときのほうがおいしいような気がして、結局これまで通りティーポットで淹れています。割れたふたの代わりにシリコーン製の別のものを応急処置的に使って。
    zokkon 2021-11-13 18:47
    フレンチプレスでコーヒーは味わいの解像度が上がる
    Tweet
    もっと読む
    コメントを書く
    フレンチプレスでコーヒーは味わいの解像度が上がる

  33. 2021/11/16 15:03:59 偉愚庵亭憮録含むアンテナおとなりページ

    2021年11月
    2021/11/13
    ジョークの暴力性について
    ツイッターのタイムラインで冗談の話題が出ていたので、久しぶりにブログを更新してみる。
    ご紹介するのは、2015年の1月に「日経ビジネスオンライン」(←当時)の連載コラムのために書いたテキストだ。
    さきほど検索してみたところ、あらまあびっくり、消えている。
    どうやら、あの媒体は、古い記事を削除する方針を貫いている。悲しい。
    あんまり悲しいので、ブロクにテキストをアップすることにした。
    細かい部分は、掲載当時の記述と食い違っているかもしれない。でもまあ、私が編集部に送った原稿はこのバージョンだった。
    どういうタイトルがついていたのか、記憶が曖昧なのだが、以下、仮のタイトルを付してご紹介する。乞ご笑覧。
    オダジマは、6年半も前から「笑い」を過剰に高く評価する風潮に敵意を抱いていたののだね。それも、真顔で。
    というわけで、いつも真顔でいることの大切さをニコリともせずに真顔で訴えたマジメな原稿です。
    ユーモアは暴力である
    あけましておめでとうございます。
    新年第一回目の更新分は、インフルエンザのためお休みしました。
    無理のきかない年齢になってまいりました。いろいろなことがあります。
    待ち焦がれた読者を想定して休載を詫びてみせるのも、かえって傲慢な感じがいたしますので、なんとなくぬるーっとはじめることにしましょう。
    フランスでこの7日と9日に連続して起きたテロ事件は、17人の死者を出す惨事になった。
    一週間を経てあらためて振り返ってみると、この事件が、これまでにない多様な問題を投げかける出来事だったことがわかる。
    表現の自由と宗教の尊厳の問題、宗教への冒涜とヘイトスピーチの関係、テロ警備と市民生活、多文化主義と移民の問題など、数え上げれば切りがない。
    どれもこれも簡単に結論の出せる問題ではない。
    それ以前に、半端な知識や安易な観察で踏み込んで良い話題ではないのだろう。
    なので、事件の核心部分については意気地無く黙ることにする。
    ここでは、「ユーモア」の話をする。
    あえてユーモアを主題に持ってきたのは、14日の朝日新聞に載った
    《「犯人はユーモア失っていた」 仏紙風刺漫画家が会見》
    http://digital.asahi.com/articles/ASH1G01DPH1FUHBI03J.html?iref=com_rnavi_srank
    という記事に、考えさせられたからだ。
    会見の中で、風刺漫画家のラウド・ルジエさん(43)は、ユーモアについて以下のように語っている。
    《最後に、報道陣から「この絵を描いたことで心配はないか」と質問が出ると、「ユーモアの知性を信じている。犯人はユーモアを失っていただけだ」と言い切った。》
    正直な話をすると、私は、ルジエ氏が何を言いたいのか、何を言っているのか、まったく了解することができないでいる。
    犯人がシャルリ・エブドのユーモアを理解しなかった点については、ルジエ氏が指摘している通りなのだと思う。
    でも、だとしても、ユーモアについての理解の有無とテロリズムは別の次元の話だ。
    新聞の出版にたずさっている人間であれば、どうしてこの程度のことがわからないのだろうか。
    私自身の話をすれば、検索してたどりついたシャルリ・エブドの風刺マンガからは、ほとんどまったくユーモアのエッセンスを感じ取ることができなかった。
    フランス語が読めるわけではないので、文字に関しては英訳してあるサイトのものを捜したり、ウェブ上の辞書の世話になったりした。
    で、かなりの数のネタをサルベージした次第なのだが、どれもこれも、ひとつとして笑えない。いや、大げさに言っているのではない。「charlie hebdo」で画像検索をしてみれば、一目瞭然だ。これで笑う日本人が果たして何人いるのだろうか。
    私は、単に不快だった。
    つまり、ユーモアの理解度からすれば、私は、テロの犯人とそんなに違わなかったわけだ。
    とはいえ、もちろん、ポンチ絵を見てムカついたからといって、私は編集部にカチコミをかけたりしない。
    世界中のほとんどすべての新聞読者と同じく、笑えないネタに対しては黙殺を決め込む。それだけの話だ。
    ユーモアは、伝わりにくいものだ。
    仮に出来の良いユーモアってなものがあったのだとして、笑ってくれるのは読者のうちの2割に過ぎない。半数の人間は無反応だろうし、残りの3割は気分を害している。笑いというのはおおよそそうしたものだ。とすれば、ユーモアを発信している側の人間が、受け手の無理解を責める態度は、傲慢以外のナニモノでもない。
    客が笑わないのは客の側の責任ではない。笑わせることができなかった制作側の人間(芸人ないしは文筆家)の責任だ。
    犯人は、なるほどシャルリ・エブドのユーモアを理解しなかった。
    だが、問題はそこではない。
    唯一の問題は、犯人が暴力に訴えたことだ。
    マシンガンを乱射して、編集部の人間を殺害し、警察官を殺害したことだ。
    どんな理由があろうとも、殺人は、100パーセント、いかなる方向からも擁護できない。
    彼らが敬虔なムスリムで、シャルリ・エブドの涜神的なポンチ絵に怒りを感じていたのだとしても、そんなことは犯行を免罪する理由にはならない。
    とはいえ、犯罪とは別に、犯人がユーモアを解さなかった(「ユーモアを失っていた」と、ルジエ氏は言ったが)ことそのものは、特段に責められるべきことがらではない。
    彼らがユーモアを解さなかったことと、テロにうったえたことはまったく別の問題だ。
    ユーモアのわかる人間ならテロリストにならないわけではないし、犯人がユーモアを理解していれば、テロに訴えなかったはずだみたいな甘ったるいお話でもない。
    ルジエ氏の言い方だと、犯人は、ユーモアの知性を理解しない人間であるがゆえに、犯行に及んだように聞こえてしまう。
    そうでなくても、彼のものの言い方は、ユーモアを解さない人間をテロリストと同じ集合に分類してしまっている。
    とすると、私も犯人と同じ側の人間だってなことになってしまう。
    違うぞ。
    私は、シャルリ風の高飛車なユーモアを解さないという意味では、犯人と同じだ。しかしながら、私は非暴力を貫いている点で、自らの主義主張を暴力という手段で実現しようとした犯人とは正反対の人間だ。
    一緒にされては困る。
    ユーモアみたいな粗雑なもので私を分類しないでほしい。
    ルジエ氏の立場に立って考えてみれば、彼のあの日の会見での発言は、普段の彼の言葉とは違う、感情的な反応だったのだろう。
    当日、彼は、自分の同僚を何人も殺された直後の状態で会見に臨んでいた。
    感情的にならない方がむしろ不自然だったと言っても良い。
    ルジエ氏は、自分自身もまかり間違えば殺されたかもしれない立場だった。
    そう思えば、犯人を貶めたかった気持ちは十分に理解できる。
    興味深いのは、ルジエ氏が犯人を「ユーモアを失っていた」という言い方で非難しようとしたことだ。
    非難の言葉にはその人間の信念が露呈する。
    ルジエ氏は、おそらくユーモアを持たない人間を、人として低級な人間であると考えている。
    だからこそ、テロリストに対してその言葉をぶつけた。
    ということは、彼自身は、ユーモアを使いこなし、ユーモアを理解し、ユーモアを通じて他人と交流できるつもりでいる。
    それで、漫画家という職業を選んだのろう。
    悲しいのは、そこまでユーモアに高い価値を置いているルジエ氏のユーモアが、私にほとんど伝わってこないことだ。
    ユーモアは、むずかしいものだ。
    住んでいる国や使っている言葉が違えば、それだけで、ユーモアのかなりの部分は無効化してしまう。あるタイプのネタは、聴いている音楽が違うだけでまったく理解されなくなる。
    「犯人はユーモアを失っていた」と言った時、ルジエ氏は、暴力とユーモアを正反対の概念だと思ってそう言ったのだろう。
    しかし、私は、「暴力」と「ユーモア」は、正反対どころか、兄弟に近いものだと思っている。
    暴力とユーモアは、コインの裏表みたいに、お互いを補完しあっている。同じ現象の別の側面と言っても良い。
    実際、ユーモアの名において発動されているいじめは山ほど存在しているし、セクハラやパワハラも、多くの場合、ユーモアの仮面をかぶっている。
    ユーモアは、いやがらせにも、あてこすりにも、皮肉にも、揶揄にも使われる。
    どれもこれも言葉を介した暴力の一変形であり、もっと悪い場合、集団から個人に向けたリンチに適用される。
    ルジエ氏が犯人たちを「ユーモアを失った人間」と定義したのは、世界を「ユーモアを解する高級な人間」と「ユーモアを解さない低級な人間」に分けて考えたかったからなのだろう。
    しかしながら、世界はそういうふうにはできていない。
    われわれは、自分と異質な人間を見ると、その人間をユーモアを解さない人間であるというふうに決めつけたくなる。
    たしかに、異質な人間同士の間では、ユーモアは通い合わない。
    だが、たとえば、異教徒と接すると時には能面みたいに無表情で対峙するカルト教団の信者だって、同じ教団の信徒同士で会話を交わす時には、ずっと柔らかい表情を浮かべている。時には冗談だって言う。
    はっきりしているのはユーモアを解さない人間とユーモアを解する人間がいるのではなくて、ユーモアが通い合わない関係と、ユーモアを理解し合える人間関係があるということだ。要するに、ユーモアの有効さは、能力やセンスよりも、単にそれを発する人間と受け止める人間の間にある関係性に依存しているのだ。
    もちろんテロリストもジョークを言う。人殺しだって笑うし、半グレのチンピラ連中はほとんど一日中笑っている。
    結局のところ、われわれがいけ好かない人間たちを「ジョークを解さない」人々として分類したがっているだけで、実際には、誰であれ、気の合う者同士の間では、ユーモアを交わし合っているのである。
    もちろん、他人に伝わらないユーモアもある。
    卑劣なユーモアもあるし、唾棄すべきユーモアだって珍しくない。
    たとえば、酒鬼薔薇聖斗のあれだって、当人としてはユーモアのつもりだったのかもしれない。
    してみると、ユーモアだから高級だとか、ユーモアだから知的だと考えるのは早計である以上に愚かな態度であると申し上げなければならない。
    多くのユーモアは低級だし、多数派の間でやりとりされているユーモアは、常に短絡的で暴力的でなおかつ動物敵なものなのだ。
    つまり、ユーモアの大半はクズだということだ。
    だからこそ、せめて、数をこなさないといけない。
    おたがいにがんばろうではありませんか。
    以上です。おそまつさまでした。またいずれおお会いしましょう。
    Tweet
    «投票日当日に新聞各紙に掲載されるかもしれない巨大な書籍広告について

  34. 2021/11/16 14:50:46 なるほど!訳語発見 〜英語翻訳の現場から 含むアンテナおとなりページ

    final frontier 【最後の開拓地】
    2021年11月16日 (火) | 編集 |
    往年のSFテレビドラマ『スタートレック』(Star Trek, 放送当時の邦題『宇宙大作戦』) の冒頭のナレーション「宇宙―それは人類に残された最後の開拓地である」 (Space, the final frontier)という行は、その時代に育った私のようなテレビっ子なら聞き覚えがあるかもしれません。スタートレックはその後シリーズ化・映画化されましたが、このフレーズはオープニングやエンディングの場面でよく使われていました。
    そのナレーションの文末に出てくる To boldly go where no man has gone before (勇敢にも人類未踏の地に旅立つ)も同シリーズのファン(Trekkie)にはよく知られたフレーズですが、TOS(Star Trek: The Original Series)という略称で呼ばれる第1作の日本語版ではこの部分は訳出されていませんでした。
    (画像リンク先はAmazon ※画像は本文とは関係ありません)
    [PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
    お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
    トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
    Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |
    2021/11/16 13:24 | 映画・テレビ・ゲーム〔英語翻訳〕 | ページトップ | ブログホーム
    【新着】 「英語で夢を見る楽しみ」連載誌『財界』 2021年11月17日号
    2021年11月16日 (火) | 編集 |
    財界 2021年 11月17日号 [雑誌]
    ¥ 640
    ビジネス誌『財界』2021年11月17日号掲載の拙コラム「英語で夢を見る楽しみ」(当ブログにおける略称:英夢見楽)連載第489回はFinal frontier (最後の開拓地)と題して、往年のSFテレビドラマ 『スタートレック』 で宇宙船USSエンタープライズ号のカーク船長を演じた俳優ウィリアム・シャトナー氏が本物の宇宙に飛び立った話題を取り上げ、子供の頃からテレビや映画でその姿を見てきた筆者の立場から所感を述べています。
    過去に掲載されたコラムのうち特に残しておきたいものを精選、収録した単行本『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)が出ておりますので、合わせてお読みいただけると幸いです(入手方法など詳しくは上の書名をクリックするとご覧いただけます)。
    [PR] いつも当ブログをご利用いただきありがとうございます ( ^^) _旦~~
    お帰りの際にはどうぞAmazonにもお立ち寄りください (^^♪
    トップ | マイストア | ギフト券 | タイムセール |
    Kindleリーダー/タブレット | 電子書籍(著書) | 本(著書) |
    2021/11/16 12:49 | ご案内・お知らせ | ページトップ | ブログホーム
    ご案内・お知らせ (363)
    その他〔英語翻訳〕 (626)
    ┣映画・テレビ・ゲーム〔英語翻訳〕 (79)

  35. 2021/11/16 10:32:09 北烏山だより含むアンテナおとなりページ

    2021-11-15
    少しずつ見えてきたこと
    無職になって2週間が過ぎた。退職したらゆっくり本を読めるかな、と思っていたけど、全然無理だった。毎日やることがあって、それなりに迷ったり、小さく失敗したり、小さく嬉しいことがあったり、と、個人的には在職時とあまり変わらず、忙しく、刺激的な毎日を送っている。
    この2週間のあいだに、役所関係の手続きをしたり、数十年ぶりにハローワークに行ったり、と退職にまつわるさまざまな事務仕事に追われた。思っていたよりずっと大変だということと、なんだかんだいっても出版社というのは人権や差別に対して敏感で配慮が行き届いていて、そういう面ではとても守られた、恵まれた環境にいたんだなあ、ということを感じている。(急に「奥様」と呼ばれたり、「ご主人様はお勤めですか」と聞かれたりするようになった、という程度のことなんだけど、結構げんなりするのだ)
    でもまあ、そのようなことがあるのはもちろん世間一般というか、役所関係や銀行、不動産屋などの担当者だけで、退職のお祝いをしましょう、とか、フリーになったのなら一度お会いしませんか、とか、言ってくれた人たちは、もちろん「奥様」としての私には関心がなく、退職後は何をするつもりなのか、どれくらい、どんな感じの仕事をするつもりなのか、をたずねてくれる。ありがたいことだ。
    そうやっていろいろな人と話をしていく中で、少しずつ見えてきたのは、私はやっぱり編集の仕事が好きなんだな、ということと、できれば文学や翻訳にかかわる仕事をしていきたいということ。定年まで4年を残して早期退職してしまったので、ある程度は稼がないといけないのだけれど、会社勤めの年収と同程度を稼がなくてはいけない、というほど追い詰められてはいないので、いきなりはむりでも、少しずつ、文学や翻訳の方に近づいていけたらいいな、と思っている。
    そんな中、今日はたまたま大学の文学研究者グループのオンライン読書会に参加する機会があった。課題図書はケストナー『飛ぶ教室』。児童文学だし、既読だし、ということで、わりと気楽に参加したのだけれど、3時間、みっちりと内容の濃いお話で、とても楽しかった。何より全員が文学研究者なのだけれど難しい言葉を使わず、本文に即して具体的に語っているので、素人でも十分議論についていけた。考えてみると、同居人以外の人と文学について話したり、文学についての議論や講演を聞いたりすることから、ずいぶん長いこと離れていたような気がする。教科書編集時代の教材化会議や素材選定会議、『世界文学アンソロジー』の編集会議は、大変だったけどほんとうに楽しかった。退職したのだから、もう自分が好きなことをやればいいんじゃないか、と思って、これからはどんどん読書会や勉強会にも参加してみようと思う。お仕事につながるかどうかとかはあまり考えず、面白そうなことにはどんどん首をつっこんで、多少場違いだったりして恥ずかしい思いをするかもしれないけど、それはそれで、ごめんなさい、とあやまって引っ込めばいいんじゃない? と思うくらいの図々しさは身についた。失うものは何もないのだから。
    その一方で、元の職場の後輩からどーんと仕事を頼まれて、ありがたいんだけどすごい分量で、むむむ、となっている。年内いっぱいで同居人も定年退職なので、在宅ワークに集中できるように、家から歩いて15分くらいのところに二人で部屋を借りた。本と仕事道具以外は何もおかず、読書と仕事以外は何もしない部屋にしようという計画なので、テレビもガスコンロもない。作業机と防寒を兼ねたこたつだけ、通販で安いのを買って、さらに一つだけ、贅沢な買い物をした。「ヨギボー」である。
    定年まであと4年、予定外に退職をしてしまった私と異なり、同居人は堂々たる「定年退職」。働かなくても誰からも後ろ指を指されることもない。なので、彼はどうやら、ガツガツ仕事をしている私の横で、ゆったりと「ヨギボー」に沈み込み、好きな本を読んだり、足でツンツンと蹴ってフラットになった「ヨギボー」でお昼寝したり、という夢のような生活を思い描いているらしい。(でもまあ、そうはさせない、と思っているのは、私だけではないようだ。)「本」と「こたつ」と「ヨギボー」。明日から新しい生活が始まる。
    mari777 2021-11-15 01:08
    少しずつ見えてきたこと
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    少しずつ見えてきたこと

  36. 2021/11/16 06:29:55 webちくま含むアンテナおとなりページ

    吉開 章
    「ろう者」と「外国人」の共通項 『ろうと手話――やさしい日本語がひらく未来』はじめに
    NEW
    ためし読み 2021/11/15

  37. 2021/11/16 01:45:22 jun-jun1965の日記含むアンテナおとなりページ

    2021-11-15
    『谷崎潤一郎伝』の今昔
    私が『谷崎潤一郎伝』を出したのは2006年で、それから15年たって文庫版が出たが、特に大きな加筆訂正はしていない。「シナ」を「中国」にしたのは、近代に限ってのことで、別にそのままでも良かったのだが面倒なので直した。
    「松の木蔭」などの新資料を使って加筆してほしかったというレビューがあったのだが、「武州公秘話」の続編は、確かに「松の木蔭」に書いてはあるが、元の本でアンソニー・チェンバーズが松子から密かに見せてもらって書いたのを移していて、そちらのほうがまとまっているので、別に修正の必要はないと思った。いじると却ってチェンバーズ氏に失礼になる気もした。
    2006年には、谷崎と渡辺千萬子の往復書簡集も、嶋中鵬二宛ての書簡集もすでに出ていて、そのあと出た松子姉妹への書簡や娘鮎子への書簡集、「松の木蔭」などには、大きく伝記を変更すべき資料はなかった。せいぜい真鶴館のおかみとの不倫にからんで、私は谷崎の孫かもしれないという記事が『新潮45』に出たのが気になったが、これも黙殺した。
    歴史でも伝記でも、新資料というのはいつか尽きるものだ。
    (小谷野敦)
    jun-jun1965 2021-11-15 13:32
    『谷崎潤一郎伝』の今昔
    Tweet
    もっと読む
    『谷崎潤一郎伝』の今昔

  38. 2021/11/13 07:35:52 ultravisitor含むアンテナおとなりページ

    2021-11-11
    富山マラソン2021走った
    run
    3週連続のレースです,さる11/7,富山マラソン走ってきました。2020年3月の高知龍馬マラソン以来の,20ヶ月ぶりの公道マラソンです! 主催者に感謝!
    何回か書いていますが,今期の目標はハーフ100分切り,フル3h40m切り。先々週30kを151分(キロ5:00ペース)を走ったので,フル3h40m切り(キロ5:12ペース)は十分いけそうと思っていたんですが,結論から言うと,絵に描いたような「30kの壁」にあたって失速,3h45m33sでした。残念!
    ↓ちょうど中間地点が新湊大橋という大きな橋。2kに渡る登りなので警戒していましたが,神戸大橋に比べると全然大丈夫でした! 開放感抜群。遠くに立山連峰が見えるのが,なんかコロラドっぽい。
    ちなみに,当日は快晴。暑くも寒くもなく,絶好のマラソン日和だったと……と言いたいところですが,正直12時ごろからむしろ暑かった。けっこう給水がぶ飲み状態でした……いやいや,言い訳ですね。実力不足の失速でした。
    ちなみに今年3月に自己ベストに肉薄する3h42m50sを出した3月の大阪42.195kmフルマラソン(注:大阪マラソンとは別モノ)の10kごとのラップと比べると,以下の通り。
    大阪フルマラソン 富山マラソン
    -10k 5:10 5:13
    -20k 5:15 5:14
    -30k 5:14 5:16
    -40k 5:29 5:48
    -42.2k 5:19 4:52
    30k過ぎてのペースダウンが目立ちますね。ちなみに30kあたりでトイレに寄って集中が途切れたというのもあります。
    ラスト2kだけ上がっているのは,実は,40k地点でゲストランナーの藤原新選手(ロンドンオリンピック代表選手/フルPB2h07m48s)がさっそうと走ってきまして,せっかくの機会だから!と41k地点まで付いていかせていただいたんですね。
    残念ながら41k地点で力尽きましたけど,その間だけは4:30台で走れたので,余力はないわけではなかったんだな。やっぱり30k以降は脚力だけでなく精神力だなー。余力あっても心が折れたらおしまい。折れなかったらもうちょっと走れたはずですね。その意味で,30kすぎてトイレ行くのは良くないな,気力が途切れて元に戻すのが難しいから。もっと早めに行くべきでした。
    それにしても40-41kまで藤原選手に引っ張ってもらったのは本当にありがたかった。あれなかったらもう3, 4分遅かったかも。
    そして,目標達成できなかったものの,シーズン初フルマラソンで3h45mというのは当社比わりと頑張ったほう。マラソン始めてからの各シーズンの初フルマラソンの記録と各シーズンのベストを並べてみた↓
    シーズン シーズン初レース シーズンベスト
    2011 4h20m46s(神戸マラソン) 3h50m11s(奈良マラソン)
    2012 3h46m56s(神戸マラソン) 3h42m41s(加古川マラソン)
    2013 3h51m56s(赤穂義士マラソン) 3h45m19s(篠山マラソン)
    2014 3h55m13s(福知山マラソン) 3h50m33s(篠山マラソン)
    2015 4h16m06s(Rock’n’Roll Las Vegas) 3h53m15s(香住ジオパーク)
    2016 3h55m57s(大阪淀川マラソン) 3h49m25s(加古川マラソン)
    2017 3h58m16s(大阪淀川マラソン) 3h50m06s(加古川マラソン)
    2018 4h00m08s(神戸マラソン) 3h48m11s(香住ジオパーク)
    2019 3h58m56s(大阪淀川市民マラソン) 3h50m00s(高知龍馬マラソン)
    2020 3h55m27s(ロケットマラソン大阪) 3h42m50s(大阪42.195フル)
    2021 3h45m33s(富山マラソン) ?
    シーズン初レースで3h45mというのはいちおう自分史上では一番良いということで,そこは良かった。
    てゆうか,今回30kまでは「これで3h40m切れちゃったら目標失っちゃうな〜」とかチョケたこと考えていたんですが,目標失わなくてよかったです(白目
    ・12/05 赤穂義士マラソン(フル)
    ・12/19 二度目のかこがわみなもフルマラソン(フル)←NEW!
    ・01/09 武庫川新春ロードレース(ハーフ)
    ・02/20 高知龍馬マラソン(フル)
    49) 2021.11 富山マラソン2021 3h45m33s
    過去の記録(ハーフ):
    Date Name Net Time
    41) 2021.10 2021 にしのみや武庫川ハーフマラソン 1h41m09s *PB*
    40) 2021.10 第23回大阪チャレンジマラソン 1h47m51s
    39) 2021.01 第14回浜寺公園ふれあいマラソン 1h42m47s
    38) 2021.01 第37回大阪新春マラソン 1h43m59s
    37) 2020.11 第2回加古川みなもチャレンジ記録会 1h44m41s
    2020.11 第21回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h47m05s
    2020.10 第18回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h51m09s
    2020.08 第9回TATTAサタデーラン(GPSレース) 2h05m33s
    2020.08 第8回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h59m48s
    2020.08 第7回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h57m22s
    2020.07 第5回TATTAサタデーラン(GPSレース) 1h59m50s(信号込)
    36) 2020.01 第44回十津川 昴の郷マラソン 1h41m27s(グロス)
    35) 2020.01 第46回武庫川新春ロードレース 1h43m44s(グロス)
    34) 2019.12 第31回三田国際マスターズマラソン 1h44m21s
    33) 2019.10 大阪スポーツ祭典 第46回 大会 1h48m23s
    32) 2019.04 2019 芦屋さくらファンラン 1h44m52s
    31) 2019.02 長居公園節分ハーフマラソン 1h43m47s(グロス)
    30) 2019.01 第45回武庫川新春ロードレース 1h44m45s(グロス)
    29) 2018.12 第30回三田国際マスターズマラソン 1h45m04s
    28) 2018.07 第1回神戸ベイエリアマラソン 1h57m54s
    27) 2018.04 2018 芦屋さくらファンラン 1h44m38s
    26) 2018.02 2018 神戸バレンタイン・ラブラン 1h42m22s
    25) 2018.01 第44回武庫川新春ロードレース 1h43m11s(グロス)
    24) 2017.12 第29回三田国際マスターズマラソン 1h45m12s
    23) 2017.10 第7回おんたけ湖ハーフマラソン 1h53m00s(グロス)
    22) 2017.10 第38回能楽の里池田マラソン 1h52m03s
    21) 2017.04 芦屋さくらファンラン 1h46m44s
    20) 2017.02 第6回すもとマラソン 1h44m21s(グロス)
    19) 2017.1 第43回武庫川新春ロードレース 1h46m19s(グロス)
    18) 2016.12 第28回三田国際マスターズマラソン 1h46m00s
    17) 2016.10 南魚沼コシヒカリRUN in 石打 1h47m57s
    16) 2016.04 芦屋国際ファンラン 1h48m30s
    15) 2015.10 Rock 'n' Roll Marathon Los Angeles 1h55m54s
    14) 2015.07 Rock 'n' Roll Marathon Chicago 2h08m04s
    13) 2015.02 第4回すもとマラソン 1h43m54s
    12) 2015.01 第43回たつの市梅と潮の香マラソン 1h41m58s
    11) 2015.01 第41回武庫川新春ロードレース 2h49m27s
    10) 2014.12 第26回三田国際マスターズマラソン 1h44m33s
    9) 2014.10 和歌浦ベイマラソン 1h53m59s
    8) 2014.04 芦屋国際ファンラン 1h42m46s
    7) 2014.02 第3回すもとマラソン 1h45m20sぐらい
    6) 2013.10 第4回軽井沢リゾートマラソン 棄権(19.6km 2h17m32s)
    5) 2013.10 碓井峠ラン184 1h47m26s
    4) 2013.04 芦屋国際ファンラン 1h43m28s
    3) 2013.02 第2回すもとマラソン 1h45m41s
    2) 2012.04 芦屋国際ファンラン 1h46m11s
    1) 2011.10 和歌浦ベイマラソン 1h57m23s
    ultravisitor 2021-11-11 23:41
    富山マラソン2021走った

  39. 2021/11/12 15:26:40 日本の古本屋 / 古本まつりに行こう含むアンテナおとなりページ

    第98回シンフォニー古本まつり(岡山県)
    期間:2021/11/24〓2021/11/29場所:岡山シンフォニービル1F 自由空間ガレリア

  40. 2021/11/10 15:49:03 American Literature - American Literary Classics -- A Chapter A Day含むアンテナおとなりページ

    Christmas Stories
    Thanksgiving & Foodie Stories
    Gothic, Ghost, Horror & Weird Library
    Halloween Stories
    Favorite Short Story Collections
    Halloween Stories for Children
    Christmas
    Short Stories for Children, 20 Great American Stories, Christmas Stories, Thanksgiving Stories, American History, Idioms, Short Story of the Day
    Favorite Read Alouds
    Favorite Short Stories
    Christmas Stories
    XMas Stories for Children
    Mary Wilkins Freeman
    Thanksgiving Stories
    Thanksgiving for Children

  41. 2021/11/09 20:33:55 内田樹の研究室含むアンテナおとなりページ

    2021年総選挙の総括
    総選挙の後にいろいろなメディアに選挙の総括を書いた。 「争点は何か?」「野党共闘をどう評価するか?」「女性議員はなぜ少な...
    2021-11-08 lundi

  42. 2021/11/09 17:40:08 九月含むアンテナおとなりページ

    仕事が楽しいし向いている、一生続けたい、いっぽうで「この職業で腕利きであることは、美しいことではない」という『マリアンヌ』でのマリオン・コティアールの台詞を思い出しもする、私もそう思う。

  43. 2021/11/06 03:54:42 【THE MUSIC PLANT】 アイリッシュ ケルト 北欧 伝統音楽 CD 通販含むアンテナおとなりページ

    「深まる秋の北欧会」を開催いたします!
    早くも11月。いったい2021年はどこにいったのか、時間がたつのは早いものです。
    秋のケルト市は、ハロウィーンの週末に無事に終了。次なるイベントは巣鴨のレソノサウンドさんと共同で行う「北欧会」です。
    あらひろこさんのカンテレや、mitako先生の編み物クラス、そしてニッケルハルパの体験に加え、別室では北欧の食品や小物が購入できるマーケットも開催。詳細は こちらへどうぞ。
    そして…ピーター・バラカンさんの音楽映画祭は福井へと…。うちのグリーンランド映画もお邪魔します。ぜひご来場ください。詳細は こちらです。
    2021年11月5日 THE MUSIC PLANT 野崎洋子
    福井にて上映決定。「サウンド・オブ・レボリューション」ももちろんかかりますよ。詳細は こちら。
    秋のケルト市が開催されました。
    衆院選にともなう会場の変更などバタバタでしたが、なんとか無事にケルト市が終了いたしました。当日は鶴岡真弓先生や小泉凡先生などもご来場くださり、とても嬉しかったです。ご来場くださったたくさんの皆さん、ありがとうございました。レポートは こちらへどうぞ。(2021.11.1)
    松田美緒さんの新譜「ラ・セルヴァ」のプロモーションのお手伝いをしました。
    2つの海外出張の合間をぬって、歌う旅人: 松田美緒さん。ウルグアイのウーゴ・ファトルーソ巨匠全面バックアップの入魂の新作 「ラ・セルヴァ」のプロモーションをお手伝いしました。(2021年10月)
    オランダ出張のレポートを掲載
    再びパンデミックの中、オランダに出張しました。クライアント案件なので詳しい内容はまだあかせませんがレコーディグです。 9月25日からのブログにレポートを多少書きました。(2021.10月)
    パンデミックの中、ギリシャに出張し、レポートをONTOMOさんにて書かせていただきました。記事は こちらへどうぞ。(2021.9.22)
    ウォリス・バード『YEAH!』

  44. 2021/11/05 22:12:13 Ann Sally含むアンテナおとなりページ

    2021.11.04
    Media
    アンサリーショップ購入特典のサインカードが新しくなりました!

  45. 2021/11/05 20:56:12 新潮社含むアンテナおとなりページ

    ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:新潮 > 雑誌詳細:新潮 2021年12月号
    大型新連載 中森明夫「TRY48」 小池水音「アンド・ソングス」(230枚)
    新連作 黒川 創「彼女のことを知っている」(100枚)
    新潮 2021年12月号
    特別定価1,200円(税込)
    発売日:2021/11/06
    発売日 2021/11/06
    JANコード 4910049011218
    定価 特別定価1,200円(税込)
    【新連載】
    ◆TRY48/中森明夫
    第1章 寺山修司・85歳、アイドルグループをプロデュースする
    あの虚構(フェイク)の巨人が生きていた! 異色の想像力が失われた文化の熱狂を再生させ、未知の物語を解き放つ。
    【新連作】
    ◆彼女のことを知っている[一〇〇枚]/黒川 創
    フリーセックス。ウーマン・リブ。70年代に京都の喫茶店で出会った、彼ら彼女らが目ざしたものは、何がどこまで達成されたのか。
    【新潮新人賞受賞第一作】
    ◆アンド・ソングス[二三〇枚]/小池水音
    彼女(ミーマ)はうたう。家族のために、自分のために。一度失われた声は永遠の響きを取り戻すか? 気鋭が描き出す、ひとりの歌手の人生の旋律。
    ◆緑陰/日和聡子
    新所さんは、わたしの命綱です――誰にも訊けない謎を抱えて今日も彼女に会いに行く。
    ◆詩人ちゃん・キル・ミー(十二)/最果タヒ
    第54回《新潮新人賞》応募規定 [ウェブ応募受付中!]
    【選考委員】大澤信亮/小山田浩子/鴻巣友季子/田中慎弥/又吉直樹
    ◆能十番 日英現代語訳 番外篇一・善知鳥/いとうせいこう ジェイ・ルービン
    ◆[新連載・第三回]壺中の天地 映り/エリイ(Chim↑Pom)
    ◆大楽必易――わたくしの伊福部昭伝(十三)/片山杜秀
    ◆小津安二郎(十五)/平山周吉
    ◆小林秀雄(八十)/大澤信亮
    第百一回・80年目の満月会
    ◆見えない音、聴こえない絵/大竹伸朗
    第二〇〇回・メトロノームの白夜
    ◆ありものの輝き/萩野正昭
    ◆カタリココ文庫と小山田さん/大竹昭子
    ◆図書館 1986/2021/榊原理智
    ◆ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2』/小山田浩子
    ◆綿矢りさ『あのころなにしてた?』/辻本 力
    ◆上田岳弘『旅のない』/村上克尚
    ◆プリニウス(七十九)/ヤマザキマリ+とり・みき
    ■■ 連載小説 ■■
    ◆大使とその妻(四)/水村美苗
    ◆聖都創造(十五)/天童荒太
    ◆天使も踏むを畏れるところ(十七)/松家仁之
    ◆全然(二十六)/滝口悠生
    ◆漂流(二十八)/町田 康
    ◆チェロ湖(三十)/いしいしんじ
    ◆ビッグ・スヌーズ(四十三)/矢作俊彦
    ◆荒れ野にて(六十七)/重松 清
    寺山修司は生きている
    新連載・中森明夫「TRY48」
    ◎寺山修司。この稀代の歌人・劇作家にして映画監督・評論家は、いまだ読まれ観られ続けている。実際、47歳での死去から40年近くたった現在も、SNSを見れば5分に一度は誰かが彼のことを語っている。だが、作家・中森明夫氏は「違う!」と言うのだ。寺山は死んでいないのだと◎中森明夫氏による新連載小説「TRY48」を開始する。かつて『アナーキー・イン・ザ・JP』(2010年小誌掲載)でアナーキスト大杉栄の魂を蘇らせた氏が、今度は80歳を超えても死なずに生きている寺山修司を現代日本に解き放つ◎物語は、少女がSNSで一通の告知を見つけたことから始まる。投稿者は「アイドル実験室・TRY48」。TRYは寺山の略らしい……。これは荒唐無稽な虚構(フェイク)だろうか? だが寺山こそデビュー時から盗作者(フェイク)として指弾されてきたのではなかったか。中森氏の異色の想像力とアイドル~サブカルチャーまでを見据える視座がむすびつき、いま未知の物語が始まる。
    「皇居新宮殿の実施案に反映された高尾亮一と吉村順三の設計思想」小畑俊介(日本建築学会計画系論文集 第85巻 第772号)
    2021年12月号
    1,200円
    2021/11/06
    品切れ

  46. 2021/11/05 16:21:09 fiddlestickの日記含むアンテナおとなりページ

    A…6,000円

  47. 2021/11/05 12:58:56 日々のあわ.。o○含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  48. 2021/11/04 20:26:22 Ann Sally含むアンテナおとなりページ

    2021.11.04
    Media
    アンサリーショップ購入特典のサインカードが新しくなりました!

  49. 2021/11/04 18:13:18 全国国公私立大学の事件情報含むアンテナおとなりページ

    2021年11月04日
    梅光学院大に全学支払い命ず 地裁下関判決
    日時: 2021年11月04日 16:40
    URL : http://university.main.jp/blog8/archives/2021/11/post_1600.html
    梅光学院大に1180万円支払い命じる
    日時: 2021年11月04日 16:37
    URL : http://university.main.jp/blog8/archives/2021/11/1180.html
    ■11/ 4 梅光学院大に全学支払い命ず 地裁下関判決
    ■11/ 4 梅光学院大に1180万円支払い命じる
    (私)梅光学院大学 (48件)
    ●2021年11月 (2件)

  50. 2021/11/04 15:12:05 メディアマーカー - seemoreglassのバインダー含むアンテナおとなりページ

    2019年5月31日をもちましてサービスを終了しました。
    12年の長きにわたりご愛顧いただき誠にありがとうございました。
    姉妹サイトの 古本検索Bookget や 古本買取比較サイト、 ポイントサイト一括検索 につきましては、
    今後も継続していきますのでご利用いただければ幸いです。
    ©2007-2019 ClickAssist

1 2 3 4 5 次の50件>