Hatena::Antenna

はてなの茶碗 RSS OPML

<前の16件 1 2 3 4 5 次の16件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2022/12/03 10:37:11 橘玲 公式BLOG含むアンテナおとなりページ

    【アクセス9位】BLM(ブラック・ライヴズ・マター)の背景にある「批判的人種理論(CRT)」とは何か?
    2022年12月2日
    ダイヤモンド社と共同で行なっていた「海外投資の歩き方」のサイトが終了し、過去記事が読めなくなってしまったので、閲覧数の多いものや、時世に適ったものを随時、このブログで再掲載していくことにします。
    アクセス9位は2020年9月10日 公開の「アメリカ白人は「生まれる前から」レイシストであり、死ぬまでレイシズムの原罪から逃れることはできない」です(一部改変)。
    なお、この本は原書で読んだので、本文の引用は私訳で翻訳とは異なります。
    ******************************************************************************************
    アメリカでBLM(ブラック・ライヴズ・マター/黒人の生命も大切だ)の反人種差別デモが過激化の度合いを増している。その背景には、奴隷制廃止から150年、公民権運動から半世紀以上たっても、依然として黒人の地位が向上していない現実がある。
    その結果、「人種問題」をめぐってアメリカの白人は2つのグループ(部族)に分断されることになった。ひとつは保守派で、「法律上は平等な権利を保証され、そのうえアファーマティブアクション(積極的差別是正措置)で優先枠までつくったのだから、現在の苦境は自己責任だ」とする。
    それに対して、アメリカ社会の「構造的な人種差別」を批判する左翼(レフト)はどのように考えているのだろうか。それを知りたくて、BLM運動以降、アメリカでベストセラーとなったロビン・ディアンジェロの“White Fragility: Why It’s So Hard for White People to Talk About Racism(白人の脆弱性:白人にとって人種主義について話すのはなぜこれほど難しいのか)”を読んでみた(その後、『ホワイト・フラジリティ 私たちはなぜレイシズムに向き合えないのか?』〈貴堂嘉之監訳、上田勢子翻訳、明石書店〉として翻訳された)。
    著者のディアンジェロは1956年生まれの「白人女性」かつ「シスジェンダー」で、「ホワイトネス(白人性)」の研究で博士号を取得し、大学で多文化教育を講じるかたわら、企業などにダイバーシティ・トレーニングを提供する活動を続けている。“White Fragility(白人の脆弱性)”はディアンジェロの造語で、これがなにを意味するかはおいおい説明しよう。
    アメリカ白人は、「生まれる前から」レイシスト
    “White Fragility”でディアンジェロは、批判的人種理論(CRT:Critical Race Theory)にもとづいてきわめて明快な主張をしているが、それは日本人(とりわけ「リベラル」)にとって容易には理解しがたいものだ。ここではできるだけ客観的に説明し、私の感想は最後に述べることにしよう。
    ディアンジェロによれば、アメリカ社会は人種・性別・性的志向などによって階層化されており、その頂点に君臨するのは「白人、男性、異性愛者・健常者・中上流階級」という属性をもつグループだ。だが「白人女性」や「白人のLGBTQI(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア、インターセックス)」だからといって「人種主義Racism」から逃れることはできない。
    なぜならアメリカ社会の根底には、「white」と「people of color」の構造的な差別があるから。whiteは「白人」、people of colorは「有色人種」のことだが、意図的にraceを避けている用語に「人種」の訳語をあてるのは適切ではないだろう。直訳では「(肌の)色のあるひとたち」だが、これは日本語として違和感があるので、ここでは「ピープル・オブ・カラー」とカタカナで表記する。
    この訳語にこだわるのは、ディアンジェロの世界観が「白人」と「ピープル・オブ・カラー」の二元論だからだ。「奴隷制」と「植民地主義」という負の歴史の上につくられたアメリカ社会では、この2つの集団間の「差別のシステム」があらゆるところに埋め込まれているのだ。
    ピープル・オブ・カラーには黒人(アフリカ系)、ラティンクス/Latinx(ラテンアメリカ系)、アジア系、ネイティブアメリカンなどがいるし、人種間の結婚で生まれたひとたちもいるだろう。――中南米(ラテンアメリカ)に文化的・民族的アイデンティティをもつアメリカ人は「ヒスパニック」と呼ばれていたが、彼らは「スペイン語話者」でも「スペイン出身者」でもないため、「Latino(ラティーノ:ラテン系男性)」や「Latina(ラティーナ:ラテン系女性)」が好まれるようになったものの、総称として「ラティーノ」を使うことが批判され、近年はジェンダーフリーの「Latinx(ラティンクス:ラテン系)」という新語が「PC=政治的に正しい」とされるようになった。とはいえ、この新奇な用語にはラテン系から反発もあり、定着したとは言い難い。
    白人にも同様に、アメリカ社会の主流派であるWASP(イギリス系プロテスタント)だけでなく、かつては黒人同様に扱われていたアイルランド系やイタリア系、ナチスの弾圧を逃れてアメリカに渡ったユダヤ系(アシュケナージ)や、新興移民として奴隷制も公民権運動も知らないロシア・東欧系などさまざまなグループがあるし、白人とピープル・オブ・カラーの結婚も珍しくなくなった。
    だがディアンジェロは、このように人種の多様性を強調することを否定する。「人種多様性」はピープル・オブ・カラーを分断し、白人に免罪符を与え、「白人VSピープル・オブ・カラー」という構図を曖昧にするだけだからだ。
    この二元論からディアンジェロは、「アメリカでは人種主義(レイシズム)は白人だけのものである」というかなり思い切った主張をする。ピープル・オブ・カラーのなかにももちろん、他の人種に対して偏見をもつ人間はいくらでもいるだろう。だがそれは、定義上、(アメリカ社会では)レイシズムとはなり得ない。その一方で白人は、祖先の国籍や家系の歴史に関係なく、存在そのものが「レイシズム」だ。
    これは、「白人は生まれながらにしてレイシスト」というだけではない。アメリカ白人は、「生まれる前から」レイシストなのだ。なぜなら白人というだけで、妊娠から出産までのあいだに、病院や保健センターなどでピープル・オブ・カラー(とりわけ黒人)とまったく異なる扱いを受けるのだから……。
    ディアンジェロは次のように述べる。
    「私はアメリカで育った白人アメリカ人だ。私は白人の考える枠組みと白人の世界観をもち、白人の経験する世界を生きてきた。私の経験は普遍的な人類の経験ではない。それは人種が重要な意味をもつ社会、人種によって深く分断された不公平な社会のなかで、とりわけ白人が経験するものだ」
    アメリカで、あるいは西欧による植民地の歴史をもつすべての文化で、白人がレイシズムと無関係に生きることは原理的に不可能なのだ。
    「進歩的」で「寛容」なリベラル白人の「不可視のレイシズム」
    「すべての白人はレイシストである」という前提に立つ以上、当然のことだが、ディアンジェロはトランプ支持の「白人至上主義者」だけを批判したりはしない。こうした「可視化された人種主義」はこれまでさんざん俎上にあげられてきており、それにもかかわらず人種主義はなくならないばかりか、黒人の苦境はますます強まっている。
    ここで白人のリベラルは、「それはレイシズムへの批判が足りないからだ」としてBLM運動への支持を表明するかもしれない。だがディアンジェロは、こうした態度自体が「レイシズム」だとする。“White Fragility”は、「進歩的」で「寛容」なリベラル白人の「不可視のレイシズム」への糾弾の書だ。
    従来のリベラリズムは、個人を「黒人」や「女性」などのマイノリティにグループ分けし、ステレオタイプを押しつけることを「差別」だとしてきた。それを乗り越える方策が「カラーブラインド」や「ジェンダーブラインド」で、差別をなくすためのもっとも重要な心構えだとされている。――colorblindは色盲のことで、そこから「肌の色のちがいを見えなくする」の意味に使われるようになった。
    だがディアンジェロは、アメリカ社会でポリティカルコレクトネス(政治的正しさ)の中核にあるカラーブラインドを否定する。
    アメリカ社会はずっと、カラーブラインドによって人種差別を克服しようとしてきたが、ディアンジェロからすればこれは「人種のちがいがないように振る舞えばレイシズムはなくなる」という虚偽以外のなにものでもない。「人種」を見えなくするカラーブラインドによって、誰ひとり自分をレイシストだといわなくなったとしても、レイシズムは厳然と存在するのだ。
    日本でも「女だから」とか「国籍がちがうから」などの理由で個人を評価することは差別と見なされるようになってきた。「個人をグループとしてではなく、一人ひとりの個性や能力で評価する」というIndividualism(個人主義)はリベラルの大原則で、ほとんどのひとが当然だと思うだろうが、ディアンジェロはこれも否定する。
    「彼/彼女が黒人であることは採用・昇進になんの関係もない。なぜなら人種ではなく“個人”を評価しているから」というのは、リベラルな白人が自らのレイシズムを隠蔽・正当化するときの典型的な手段にすぎない。――さらには、「客観的な評価によってバイアスから自由になれる」という「客観主義」も否定される。バイアス(偏見)は人間の本性で、どのようなことをしてもそこからフリー(自由)になることはできないのだ。
    リベラルの常識を全否定する
    この「カラーブラインド」と「個人主義」の全否定は、「リベラル」にとっては驚天動地の話だろう。だがこれは、考えてみれば当然でもある。
    アファーマティブアクションは「人種」というグループで優遇するかどうか決めているのだから(ディアンジェロは「資格のある特定のマイノリティに白人と同等の機会を与えること」と定義する)、カラーブラインドと個人主義を徹底すればその根拠はなくなってしまう。「差別されたマイノリティ」を制度によって救済しようとするなら、「人種」という概念を認めるほかない。その意味では、ディアンジェロの一見過激な主張の方が筋が通っているともいえる。
    ディアンジェロはもちろん、生物学的な人種概念を否定する。近年の遺伝人類学や行動遺伝学では「ヒト集団」のちがいが大きな論争になっており、イギリスのリベラルな科学ジャーナリスト、アンジェラ・サイニーは『科学の人種主義とたたかう 人種概念の起源から最新のゲノム科学まで』(作品社)でこのテーマと格闘しているが、ディアンジェロは論文1本を根拠に「肌の下に真の生物学的な人種はない」と一蹴している。
    生物学的な「人種」は虚構で、「人種」概念は社会的につくられたというのが「社会構築主義」だが、その立場からすると、リベラルのカラーブラインドや個人主義は、社会的な構築物である「人種」を否定し、アメリカ社会の根底にある「構造的レイシズム」を容認することなのだ。
    ここまでくれば、ディアンジェロが「リベラル」ではなく「左翼(レフト)」である理由がわかるだろう。その批判の刃は、頑迷なトランプ支持の「白人至上主義者」よりも、彼らを口先だけで批判する「エリートの白人リベラル」に向けられているのだ。
    だがこの論理を、自分のことを「レイシズムとは無縁なリベラル」だと思っている白人は容易に理解することができない。そこでディアンジェロは、企業のダイバーシティ・トレーニングで(黒人のコーディネーターといっしょに)、白人の従業員に対して「レイシストとはあなた自身のことだ」という“事実”を伝える。すると白人たちはこの“攻撃”に驚き狼狽し、怒ったり、言い訳したり、無言になったり、席を立ったりする。こうした反応が“White Fragility(白人の脆弱性)”なのだ。
    「よい白人」と「悪い白人」という虚構
    左翼(レフト)であるディアンジェロは、「リベラル」な白人の偽善を徹底的に批判する。それが、「よい白人」と「悪い白人」の二元論だ。
    リベラルを自称する白人にとって、「悪い白人」のステレオタイプは「無知、田舎者、偏見、意地悪、年寄り、南部人」で、「よい白人」のステレオタイプは「進歩的、高学歴、寛容、良心的、若者、北部人」だ。そして、トランプ支持の白人至上主義者に「悪い白人」のレッテルを押しつけることで、自らを「よい白人」に分類して安全圏に逃げ込んでいるとされる。
    ディアンジェロが述べているわけではないものの、こうした視点は映画『スキン』を見たときの違和感をうまく説明する。
    ガイ・ナティーヴ(イスラエル出身のユダヤ人)監督のこの映画では、カルト的な白人至上主義団体で育ち、顔面を含め全身に無数の刺青(タトゥー)をしたレイシストの若者が、シングルマザーとその子どもたちに出会ったことで人生をやり直したいと願い、組織と対決する。
    これは実話を元にしていて、映画としてもよくできているが(主役は『リトル・ダンサー』の少年)、ここまで白人至上主義者を悪魔化してしまうと、映画を見たほとんどの白人は、自分にはなんの関係もないことだと思うのではないか。白人至上主義のカルト団体に所属する全身刺青のレイシストなど、アメリカじゅうでせいぜい数百人しかいないだろうから。
    ディアンジェロにとっては、リベラルが好む「頑迷固陋な白人至上主義者」は、白人エリートの自己正当化にすぎない。「悪い白人」を自分とまったくちがう異形の存在にしてしまえば、「よい白人である私」は人種差別とはなんの関係もなくなるのだ。
    “White Fragility”では、会社のダイバーシティ・トレーニングで白人従業員が、自分はレイシズムとは無縁だと主張するときに使う科白がたくさん紹介されている。
    ・あなたがピンクだろうが、紫だろうか、水玉模様だろうが私は気にしない。
    ・あなたがたまたま黒人だったとしても、私があなたについて語ることとはなんの関係もない。
    ・人種を問題にすることはわたしたちを分断する。
    ・もしひとびとが私をリスペクトするのなら、人種にかかわらず、私もそのひとたちをリスペクトする。
    ・私はレイシストではない。なぜならカナダから来たから。
    ・私は貧しい家庭に育った(白人特権の恩恵など受けていない)。
    ・私はとても多様性のある職場で働いている。
    ・家族にピープル・オブ・カラーがいる(あるいは結婚している、子どもがいる)。
    ・60年代の公民権運動に参加した。
    ・中国から養子をもらった。
    ・日本に暮らしたことがあり、マイノリティがどういうものか知っている、などなど。
    ダイバーシティ・トレーニングというのは、こうした「言い訳」を一つひとつつぶして、自らの「内なるレイシズム」に直面させることなのだ。
    大企業で働く(恵まれた)白人が、白人特権(white privilege)をあっさり免責してしまうことを受け入れがたいマイノリティがいることは間違いないだろう。その意味で、ディアンジェロの主張に説得力を感じるところはあるものの、「白人女性の涙(White Women’s Tears)」という章を読むと複雑な気持ちにならざるを得ない。ここではダイバーシティ・トレーニングで、自らのレイシズムを指摘された白人女性が泣くことについて述べられている。
    黒人などのマイノリティに共感していて、レイシズムに断固反対してきたと信じている白人女性が、「あなたのその態度がレイシズムだ」といわれて混乱し、泣き出すというのは想像できる光景だ。そんなとき、まずは同席していた白人女性や白人男性が泣いている女性をなぐさめようとし、ときにはそれに黒人男性が加わって、講師であるディアンジェロを批判するのだという。
    これに対してディアンジェロは、「泣く」ということ自体が、自らの内なるレイシムズを直視することから逃げ、「女」を利用して周囲の同情を集めて自分を守ろうとする“White Fragility”の典型だとする。なぜなら「感情とは私たちのバイアスと信念、文化的なフレームワークによってつくられたもの」であり、「感情とは政治的なもの」だからだ。
    そして、泣き出した白人女性をなぐさめることは、「交通事故が起きたとき、(犠牲者である)通行人が道に倒れているにもかかわらず、(事故を起こした)車の運転手に駆け寄るようなもの」だという。これを読んだときは、アメリカの白人はこんな仕打ちにも耐えなくてはならないのかと思わず同情した。
    「レイシズムの原罪」という宗教運動
    ディアンジェロのダイバーシティ・トレーニングは、白人従業員にとってはかなり過酷な体験だ。だったらなぜ、企業はこんなことをさせるのか。
    それは大企業の経営者が、いつ「人種差別的」と批判されBLM運動の標的になるかわからないと戦々恐々としているからであり、白人の従業員(とりわけ中間管理職)が「人種差別的」と見なされずに、黒人の部下や同僚とどのように接すればいいかわからなくなっているからだろう。
    そこで彼らは、藁にもすがる思いでダイバーシティ・トレーニングを受講する(自分たちはここまで努力しているという免罪符を手に入れたいというものあるのだろう)。ところがそうすると、「白人という存在そのものがレイシズムだ」といわれ、「脆弱性」をさらけ出すことになってしまうのだ。
    私はアメリカで暮らしているわけでもないし、そもそも「ピープル・オブ・カラー(黄色人種)」の一人として、定義上、レイシストにはなり得ないのだから、複雑骨折したようなアメリカの「人種問題」についての論評は控えるべきかもしれない。
    それでもひと言だけいわせてもらえば、ディアンジェロの論理は、キリスト教的な「原罪」とフロイト主義(精神分析)のグロテスクな組み合わせのように思える。アメリカの白人は「白さ(ホワイトネス)」という原罪を背負っているものの、それを無意識に抑圧し「白人特権」を守ろうとしている。とりわけリベラルな白人は、「悪い白人」を悪魔に見立てることで自分のなかの「悪」を外部化し、内なるレイシズムを否認・正当化しているのだ。
    しかしそうなると、どのような説明・弁解・抗議をしても(あるいは謝罪しても)、すべてが「抑圧されたレイシズム」と見なされてしまう。このロジックは自己完結しているので、逃げ場はどこにもない。
    ディアンジェロは、アメリカの(リベラルな)白人が求めているのは「status quo(現状維持)」だという。すべては、レイシズムを否認して「白人特権」という現状を守るための暗黙の策略なのだ。こうして、コリン・パウエル(ブッシュ政権の国務長官)やクラレンス・トーマス(最高裁判事)のような保守的な黒人の成功者はもちろん、バラク・オバマですら「現状維持を支え、(白人を)脅かすといういかなる意味でも、じゅうぶんにレイシズムに挑戦しなかった」と批判されることになる。
    ここから、一部のBLM運動の常軌を逸した(ように見える)ラディカリズムが理解できるのではないだろうか。「現状維持」がレイシズムなら、「現状を破壊する」行為は、それがどんなものであれ反レイシズムなのだ。
    ディアンジェロのような白人知識人がこうした極端な思想をもち、それが一定の支持を集める背景には、アメリカのアカデミズの実態があるのかもしれない。ディアンジェロが認めるように、アメリカの大学教員の84%は白人で、それはまさに「構造的レイシズム」そのものだ。この事実を否認し正当化する必要があるからこそ、アメリカの白人知識人は、ごくふつうに暮らし働いている市井の白人に「レイシスト」のレッテルを押しつけようとするのではないだろうか。
    こうしたラディカリズムは、いったいどこに向かうのか? ダイバーシティ・トレーニングの目的をディアンジェロは、「白人が引き起こしたレイシズムを直視する痛みに耐えるスタミナをつけること」だという。そして、「レイシズムを(ピープル・オブ・カラーと同様に)生と死の問題だと考え、あなたの宿題をすること」が重要だとする。
    もちろん、白人であるディアンジェロ自身もレイシズムから自由になることはなく、学びが終わることもない。アメリカの白人は「生まれる前から」レイシストであり、死ぬまでレイシズムの原罪から逃れることはできないのだ。――そう考えれば、これは一種の「宗教運動」にちかい。
    自らが「原罪」を背負っていると考える白人がなにをしようと自由だが、民主的な市民社会で、なんら法を侵すことなく暮らしているひとたちにこうした「罪」を負わせるのは酷だし、ひとは自分が「悪」であることを受け入れることなどできない。このラディカルな人種理論は「人種問題」の解決に役立たないばかりか、状況をさらに悪化させるだけではないだろうか。
    禁・無断転載
    1 2 … 360 次へ »
    2022年12月
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    « 11月
    【アクセス9位】BLM(ブラック・ライヴズ・マター)の背景にある「批判的人種理論(CRT)」とは何か? 2022年12月2日
    2022年12月  (1)

  2. 2022/12/03 09:19:17 ほぼ日 - 気になるあいつ含むアンテナおとなりページ

    2022-11-30
    最近着けてるわたしのピアスがおかしいんです。
    家に帰ってカバンを下ろしたり帽子を脱いだりしてる間にキャッチだけ残して片方紛失しました。
    どこを探してもない。
    服のポケットもカバンも帽子も探したけど見つからない。キャッチが耳たぶに残って本体が消えるってことありますか?
    翌日、部屋の片隅にポーンと転がった音と共に見つかりました。
    また別の日、車の中でスルッとピアスが落ちる感覚があったので、ここで落としたら見つけるのがまた厄介だ!と思って咄嗟に手で押さえたら、キャッチが付いた状態のピアスが肩に乗ってました。
    耳は無傷。あんたどうやって落ちたのよ。
    不思議なピアスです。着けるたびに、今度は何が起こるかちょっと楽しみでもあります。
    (なごやのまゆこ)

  3. 2022/12/03 02:40:15 ほぼ日 - はじめて知った!含むアンテナおとなりページ

    2022-12-01
    はじめての幼稚園の登園、小学校の入学式、はじめての少年団のお泊まり会、そういったイベントで不安そうな顔の子が目立つ中、いつだって振り返らずに(本当に一度も振り返らない。笑)歩いて行った長女。
    誰に似たんだろうと当時から思っていましたが、最近母と話していたところわたしもそうだったとのこと。
    ぜんぜん記憶にない!はじめて知りました。
    (ちえぞう)

  4. 2022/12/02 23:18:10 じーやんの拍子の悪い日々・桂米二含むアンテナおとなりページ

    12/6(火)~7(水)14:00 動楽亭昼席/動物園前・動楽亭
    12/9(金)17:00 桂吉弥のお仕事です。/島之内教会
    ☆12/11(日)15:00 神宮道上る下る寄席/仁王門通・洛東教会
    ☆12/12(月)18:30 五右衛門の会(米二・松喬・銀瓶三人会)/天満天神繁昌亭
    ☆12/22(木)19:00 臨時停車の会/京都府立文化芸術会館3F和室
    ☆12/23(金)18:30 尼崎落語勉強会/尼崎市総合文化センター2F アルカイックホール・ミニ
    ☆12/25(日)14:00 音太小屋寄席/天六・音太小屋(懇親会有)
    ☆12/26(月)19:00 かねよ寄席/京都・京極かねよ(鰻丼付)
    1/1(日祝)14:30 新春特別公演/天満天神繁昌亭
    ☆1/3(火)~4(水)14:00 落語初詣~気分はご参詣/出来島・ぎんなり亭
    1/5(木)~6(金)14:00 動楽亭昼席/動物園前・動楽亭
    ☆1/7(土)14:00 桂米二たったひとり会/奈良・古々粋亭
    ☆1/14(土)14:00 落語らいぶ in 黒谷常光院/金戒光明寺・常光院
    ☆1/18(水)19:00 不定期落語会/梅田・太融寺本坊2F
    1/21(土)13:30 天満天神繁昌亭昼席/天満天神繁昌亭
    1/22(日)14:00 梅田太融寺南天の会/梅田・太融寺本坊2F
    1/23(月)~28(土)13:30 天満天神繁昌亭昼席/天満天神繁昌亭
    ☆1/29(日)15:00 こころ坂・楽々落語会/七条京阪・集酉楽Syu-Yu-Rakuサカタニ
    ☆1/30(月)19:00 かねよ寄席/京都・京極かねよ(鰻丼付)
    ☆1/31(火)18:30 米二・塩鯛二人会/天満天神繁昌亭

  5. 2022/12/02 19:02:23 山根あゆみのラジオ業務日誌含むアンテナおとなりページ

    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

  6. 2022/12/02 14:29:49 ほぼ日 - ファインプレー含むアンテナおとなりページ

    2022-12-02
    デパートではたらいています。
    毎日、お客さまの「『アレ』は、どこ?」と戦っています。
    たいていの場合は商品名がわからないだけで、具体的にヒントをいただけるとお答えできるのですが、先日は苦戦しました。
    人生の先輩世代の女性3人に取り囲まれ、お客様A「商品のことじゃないんだけど、 ちょっと教えて」
    お客様B「モノちゃうねん、 さっきから人の名前が出てこなくて‥‥」
    お客様C「俳優の、あの人とあの人の奥さん! 名前が出てこないねん」
    ようは3人でお話してるなかで、俳優さんと女優さんのご夫婦の名前が出てこないとのこと。
    まさかのヒントなし。
    こちらから「ドラマやCMなど 覚えておられるものはありますか?」など、質問をさせていただきましたが、それが出てこず、「『アレ』に出てた」と、またしても『アレ』の壁。
    最後は適当に数組のカップルの名前を並べて、なんとか正解を導きだしました。
    3名さまは、「商品のことやないのに、ありがとう!」と、笑顔でお帰りになりました。
    数時間後、もう一度戻ってこられて、「何も買わないのは申し訳ないので、 さっきこのデパートでご飯食べてきたよ」と、ご報告いただきました。
    ありがたいことです。もう、何が売り上げにつながるやら‥‥。
    (すー)

  7. 2022/12/02 05:53:33 平野 憲一(Hirano,Kenichi)|note含むアンテナおとなりページ

    52
    35
    20
    27
    17
    40
    21
    35

  8. 2022/12/01 11:23:12 市況かぶ全力2階建含むアンテナおとなりページ

    電力・原発・発電・エネルギー (267)
    2022年12月01日
    九州電力と関西電力、原発のおかげで電気代の勝ち組に躍り出る
    電力・原発・発電・エネルギー
    やすも@yasumo節電を要請しながら電気代補助配るのおもろすぎるだろw節電して欲しいならむしろ電気代に税金かけろよw2022/11/01 01:11:04https://www.youtube.com/watch?v=pyk5OTEKBaQ やすも@yasumo電気を使って欲しいのか使ってほしくないのかわからんすぎるw2022/11/01…
    >>続きを読む
    イクヨ、イキスギだろ!? pic.twitter.com/3lpPuuSisP— もちみかん=かぶけろ (@Invisible_Q) November 29, 2022 奈々@moguro__fukukoイクヨが賢者タイム突入?w2022/11/30 11:27:16 イクヨ、シュバイツェルインベストメント(五月ファンド)が11月29日に全株売却、

  9. 2022/12/01 08:07:30 【令和版】でっち定吉らくご日常&非日常 ? いつか番頭になりたい含むアンテナおとなりページ

    亀戸梅屋敷寄席28(下・三遊亭好楽「風呂敷」)2022年12月1日
    好楽師のマクラをひとつ思い出した。素人のネタだと断って。 … 続きを読む 亀戸梅屋敷寄席28(下・三遊亭好楽「風呂敷」)
    亀戸梅屋敷寄席28(中・三遊亭好楽 円楽の思い出、志ん朝の思い出)2022年11月30日
    トリは好楽師。 この師匠は、波長が合えば合うほど楽しい。だ… 続きを読む 亀戸梅屋敷寄席28(中・三遊亭好楽 円楽の思い出、志ん朝の思い出)
    春風亭かけ橋移籍のウラ話(ヨネスケちゃんねる) に でっち定吉 より2022年12月1日
    いらっしゃいませ。 色物ひとりで協会をひとつ否定ですか。 少々極端にも思いますが…
    春風亭かけ橋移籍のウラ話(ヨネスケちゃんねる) に よし吉 より2022年11月30日
    はじめてコメントします。 新山真里についての言及がありますが、僕も彼女が大嫌いで…
    2022年12月

  10. 2022/11/29 09:56:21 日刊☆こよみのページ含むアンテナおとなりページ

    □木枯らしの行方
      凩の果てはありけり海の音   池西言水
      海に出て木枯帰るところなし  山口誓子
     十一月の末ともなれば、あちらこちらから木枯らしが吹いたというニュース
     届くようになります。木枯らしは強い北風。木枯らしが吹く度に街路樹の葉
     はその数を減らしてゆきます。「木枯らし」の名のとおりのはたらきです。
     日本列島の南側は海。
     初冬に北から冷たく乾燥した空気を運んできた木枯らしも「木を枯らす」と
     いうその名の示す役割を十分に果たし終えれば、言水や誓子が詠んだ句のと
     うり、南の海に出てゆきます。
     日本の南の海には暖かい海流である黒潮が流れ、そこから先には水温の高い
     海がずっと広がっています。冷たく乾燥した空気を運ぶ北風、木枯らしです
     が、その行き着く先は暖かな海。運ばれてきた冷たく乾燥した空気も暖かい
     海の上に出れば暖められ、水分をたっぷり補給して暖かく湿潤な空気へと生
     まれ変わります。
     誓子には「海に出て木枯帰るところなし」と詠まれてしまった木枯らしです
     が、帰ってこないわけではありません。南の海でしばしの休息をとった後に
     はちゃんと帰って来るのです。
     ただし帰るとききには「春一番」と名を変えて。
     冬を運び、木々の葉をさらっていった「木枯らし」が、春を運び木々の葉の
     芽吹きをうながす風となって帰ってくる。当たり前の四季の循環ですが、あ
     らためて考えてみると、何と巧みな仕組みなのでしょう。
     今年も残すところ、1ヶ月と少々という時期となりましたが、木枯らしの季
     節はまだ始まったばかり。先陣を切った木枯らし1号あたりがようやく南の
     海に到達した頃でしょうか。
     これからも木枯らし達は春という季節を運ぶ風となるために、続々と南の海
     を目指して行くことでしょう。
     冷たくつらい風、木枯らしですが、やがては春を運ぶ風になるのだと考えて
     もうしばらくは冷たい風に堪えて行くことにいたしましょう。
    ■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
     本日の暦のこぼれ話では、この季節と云うことで木枯らし(凩)にまつわる
     話を採り上げました。その話の冒頭で引用した
      凩の果てはありけり海の音
     という俳句は、凩に関して読まれた俳句としては最も有名名ものではないで
     しょうか。この句を詠んだ池西言水は、この区が評判になって「凩の言水」
     と呼ばれるようになったのだとか。
     「凩の言水(こがらしの ごんずい)」なんて、なんかカッコイイ呼び名で
     すね。歳がばれてしまいますが、私だと「木枯らし」といって思い出すなま
     えは「紋次郎」です。中村敦夫さんの主演でドラマ化され、大ヒットした股
     旅物の時代劇です。
     Wikipedia で調べて見るとドラマの放送は1972年に開始されたとのことです
     から、もう半世紀も前のドラマだったのですね。
     主人公はいつも長楊枝(子供の私には工作用の竹ひごとしか思えなかった)
     をくわえており、見せ場では長楊枝をくわえた状態で木枯らしのような音を
     吹き鳴らすことから「木枯らし紋次郎」という二つ名をもった渡世人。時に
     は、長楊枝を吹き出して、それが木の板に突き刺さるなんて場面もあって、
     幼い(10歳くらい)私も、真似をしてみたのですが、木枯らしのような音は
     ともかく、何度やっても、吹き出した長楊枝(竹ひご)を木の板どころか、
     発泡スチロールにも突き刺すことは出来ませんでした。
     木枯らしの季節ということで「凩の言水」を思い出し、
     「凩の言水」から「木枯らし紋次郎」を思い出し、
     紋次郎を真似したけれど、突き刺さらなかった竹ひごの思い出にたどり着い
     た今朝のかわうそでした。
     どこかに、私の同類、いないかな?

  11. 2022/11/29 02:00:29 ほぼ日 - 今日の昭和含むアンテナおとなりページ

    2022-11-27
    リビングでリモート授業中の息子、キッチンにもときおり先生の声が聞こえてくる。?先生「これ、なんでか、って言うと」?なんでかフラメンコ?と歌いたくなっちゃう。
    (すけぽん)

  12. 2022/11/28 04:31:58 はりせんかまし含むアンテナおとなりページ

    落花生を野積みで干しているやつ あれ「ぼっち」っていうのだね。 美大生や愛好家は是非写生するべきだ。 モネが好んだ題材である「積みわら」に似ている。
    2022.11.26 [はりせんかまし]-[スポーツネタ]-[札幌大谷球場問題解決策]を追加しました。

  13. 2022/11/27 23:02:39 ほぼ日 - ハートブレイク含むアンテナおとなりページ

    2022-11-27
    予定が延期になりぽっかり空いた。
    読まなきゃいけない書類、使わなきゃいけないリンゴ、畑の草も伸びてるなあ。
    とりあえずぼーっと2時間歩く。お腹が空いたので、早めのお昼。
    使わなきゃいけないリンゴでマフィンを焼く。使わなきゃいけないアーモンドプードルでアーモンドタルトも焼いた。マフィン、すごーく美味しそうなのに。お昼を食べすぎたようで一口も口に入れられぬ。
    ああ、マフィンは食べてくれと呼んでいる。
    (yoko)

  14. 2022/11/26 02:28:01 ほぼ日 - おかしなルール含むアンテナおとなりページ

    2022-11-24
    お買い物ごっこが好きなオチビサンは、台所のストック箱からスープの素やら缶詰やらを引っ張り出し、カゴに入れて「いらっしゃいませやってぇ!」とせがむ。
    お店の人とお客さんはその都度入れ替わるがオチビサンがお店の人だった場合、こちらはあるていど硬い紙片を持っていなければならない。
    「カードありましゅか?」と訊かれるからである。
    カードはないです、と言っても「カードありましゅよ?」と返される。
    「ポイントカードはない」という選択肢は、ないのである!
    (春巻き)

  15. 2022/11/22 15:20:11 山口スズキ株式会社 スズキアリーナ新下関含むアンテナおとなりページ

    その他
    2022.11.21
    石川活動中Vol.5 ~ワールドカップが始まりましたね~

  16. 2022/11/22 11:43:12 ほぼ日 - 今日のミラクル含むアンテナおとなりページ

    2022-11-20
    部屋の模様替えをして、椅子の位置を変えてみた。
    「どうかな?」と息子を抱っこして座らせてみたら、「ママちゃんも、すわる」と言うので、隣に腰かけてみた。
    つぎの瞬間、息子が一言。「なんか、イイッスね~」
    まさかの偶然の産物的なダジャレ発言!
    たまに小さいおじさんみたいだけれど、まだあなた2歳児ですよ。
    (ゆうこ)

<前の16件 1 2 3 4 5 次の16件>