Web Antenna System:NaTsuMi@hatena

ikushimo.comNaTsuMi@ikushimo.com

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2024/04/24 21:38:22 市場魚貝類図鑑コラム含むアンテナおとなりページ

    コラム自称おさかな研究家の朝ご飯
    マグロのあらをもらった翌朝の朝ご飯
    満身創痍なので品数多く、できるだけフレッシュなものを
    日常的に陸上生物の筋肉・脂はとらないので、水産生物をのぞくと菜食主義者のようだ。
    それでも太ってしまうのは、想念を整理し始めると時間が無限大にかかり、座っている時間が長すぎるせいに違いない。
    小田原から持ち帰った魚をせっせと消費するといった日々である。そんなときに限って八王子綜合卸売共同市場、舵丸水産のクマゴロウが本マ(クロマグロ)のあらをくれたりする。
    魚がたっぷりあるときに限って魚がやってくるのは、いうなればボクのジンクスでもある。
    野菜もたっぷりあるし、作り置きの総菜類もある。ただ単純に料理を並べて、午前6時の朝ご飯は始まる。
    ご飯は今日から福井県の「いちほまれ」。
    サラダはサニーレタス、ブロッコリーの芽、トマト、レモネード(静岡県沼津市の食用柑橘類)、ブリマヨ(神奈川県小田原市産ブリ・マヨネーズ・ヨーグルト・コショウ・レモン)。
    神奈川県スーパーヤオマサで買った木綿豆腐(サカグチヤ 静岡県御殿場市)。
    こごみ胡麻よごし(コゴミ、煮きりみりん少量、醤油)。
    神奈川県小田原市産タチウオ塩焼き。
    クロマグロあら煮。
    わかめのみそ汁。
    たぶんカロリーは低めだと思う。満身創痍なので、できるだけ理想的な朝ご飯を目指している。
    クロマグロPacific bluefin tuna海水魚。外洋表層域。日本近海。朝鮮半島南岸・東岸、サハリン、千島列島南部のオホーツク海、アラスカ湾、北緯5-40度の・・・・
    詳細ページへ
    タチウオ英名/Largehead hairtail, Cutlassfish, Scabbardfish,Hairtail,Ribbonfish 갈치海水魚。大陸棚。北海道全沿岸〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋、瀬戸内海、東シナ海大陸棚。渤海、黄海。[山形県鼠・・・・
    詳細ページへ
    ブリJapanese amberjack海水魚。北海道〜九州南岸、[鹿児島県種子島]、希に沖縄県、オホーツク海、太平洋、瀬戸内海、日本海、東シナ海。朝鮮半島・・・・
    詳細ページへ
    ワカメWakame seaweeds, Sea mustard 韓国/미역(ミヨク)海水生。低潮線付近から漸深帯岩の上など。日本海、太平洋側では北海道室蘭以南、九州までの各地。・・・・
    自称おさかな研究家の朝ご飯

  2. 2024/04/24 19:35:22 デジカメinfo含むアンテナおとなりページ

    ソニーが「α9 III」のメジャーアップデートを実施
    2024年4月24日
    カテゴリ: ソニー
    ソニーが「α9 III」のメジャーファームアップデートであるVer.2.00を公開しました。 続きを読む
    ドライブリプレイ から 富士フイルム「X-T50」の一部分の画像
    Mawar(まわる) から 2024年に登場するキヤノンRFレンズは?
    おけら から 「OM-1 Mark II」のTruepicXは約10~12%高クロック化されている?
    clou から 富士フイルム「X-T50」は4000万画素センサーとIBISを採用?
    clou から 富士フイルム「X-T50」は4000万画素センサーとIBISを採用?
    CVN-65 から 2024年に登場するキヤノンRFレンズは?
    naga から シグマが「18-50mm F2.8 DC DN」など6本のRFマウント対応レンズを発表
    野鳥撮りユーザー から シグマが「18-50mm F2.8 DC DN」など6本のRFマウント対応レンズを発表

  3. 2024/04/24 17:38:06 寄生虫ひとりがたり含むアンテナおとなりページ

    2024-04-24
    時間との勝負
    私の師匠は後年ほとんど査読付き雑誌に投稿しなくなり、もっぱら紀要で論文を発表していたのだが、それは査読を経て掲載にまでかかる時間を惜しんでいたからである。私も最近、ちょっとその気持ちがわかるようになってきた。分類学者あるあるなのかもしれないが、論文にしなければならない宿題は蓄積する一方で、定年までのタイムリミットが見えてきているからだ(師匠の場合は、少なくとも国内には師匠の分類研究のレベルに文句をつけられる研究者がほぼいなかった、という事情もある)。そろそろ、雑誌のインパクト等よりも時間と労力のコストを考えて投稿戦略を考えなければならない時期に来たようだ。
    m-urabe 2024-04-24 17:38 読者になる
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    時間との勝負

  4. 2024/04/24 16:37:55 毎日ぼちぼちと含むアンテナおとなりページ

    2024-04-23
    変えた
    仕事 さぼり
    すっきり起きれて6時過ぎに出勤。
    研究室に到着後まずはこまごまの事務仕事。
    そのあと授業準備の続きに取り掛かる。
    今日もこつこつと進める。
    飽いてきたところで、レポート課題について考えて、先にそちらのスライドを作ってしまう。
    中途半端な時間になったんで外に出てカメムシを探してみるも、見つからず。
    コンビニ冷やしそばで早めの昼飯。
    昼食後はまず学生が来て研究相談。しっかり考えてくれている模様。
    その後はまた授業準備。主に過去のスライドを英語に変えていく作業。
    今日はここまで。
    帰宅してすぐに着替えてジョギングに出る。
    大学の南口から新泊橋のちょい先まで行って折り返し。
    14キロちょいを82分で。
    顔洗って一休みのあとスーパーに行って買いもん。
    戻って、メール対応。
    風呂に入って花粉を洗い流す。
    テレビを観つつ筋トレとストレッチ。
    沖縄の家族と交信して終わり。
    marukamemushi2014 2024-04-23 01:20 読者になる
    広告を非表示にする
    変えた

  5. 2024/04/24 16:15:25 もうすぐ出そうな主な新製品含むアンテナおとなりページ

    裏配線PCパーツ購入で最大2,000円が当たるMSI「裏配線PC映えキャンペーン」が開催、5月19日まで
    4月24日 15:40
    60%レイアウトのキーボード自作キット「HM Xu PCB」が登場、入荷後即完売
    4月24日 15:05
    電圧/電流や充電時間などが計測できるType-C USBテスター2種が入荷、実売1,790円
    4月24日 14:05
    キーボード自作キット「Tofu60 2.0」のHHKB配列モデルが入荷
    4月24日 13:05
    持ち運べる4面メッシュパネル仕様のmicroATXケース「JONSBO C6 Handle」がTSUKUMOで展示スタート
    4月24日 12:30
    Core i5-10210U+8GBメモリ搭載の13.3型「dynabook」が38,800円!中古PCセール
    OSはWindows10 Pro Education
    4月24日 12:05
    Razerの最新ゲーミングマウス「Viper V3 Pro」が26日発売
    4月24日 11:00
    富士通の5.6型スマホ「arrows Be4 F-41A」が5,980円から、イオシスの中古品セール
    4月24日 10:05
    半透明デザインのキーキャップセット「AIR series - wave」の予約受付スタート、30日まで
    4月24日 09:05
    一体成型フレームを採用した「JONSBO U4 PRO」が入荷、実機展示もあり
    4月24日 08:05
    360mmの大型水冷クーラーで暑い季節に備えよう!売れ筋・おすすめをショップスタッフに聞いてみた
    4月24日 07:05

  6. 2024/04/24 15:54:00 Xfce Blog含むアンテナおとなりページ

    Xfce is moving from IRC to Matrix
    April 23, 2024
    Alexander Schwinn
    Apr 23,2024
    Xfce is moving from IRC to Matrix
    After a 6-month trial period, as of April 1, 2024, Xfce moved its official communication channels from IRC to Matrix.
    The old IRC channels will remain open, so you can still hang out there. However, the 'official' channels linked in the Xfce Wiki now will be the Matrix channels.
    This change affects the following channels:
    #xfce on libera.chat --> #xfce:matrix.org -- general user support and discussion
    #xfce-dev on libera.chat --> #xfce-dev:matrix.org -- development discussion
    #xfce-commits on libera.chat --> #xfce-commits:matrix.org -- notable GitLab activity
    Reasoning
    In the past, it was possible to connect and idle on libera IRC channels via Matrix.org bridge.
    Using Matrix to connect is very convenient for several reasons:
    When accessing IRC channels via Matrix bridge, it's not necessary to manage an IRC bouncer.
    Bridged Matrix channels retain messages that arrive while you are offline.
    Chat history is synchronised across multiple devices by default. No special BNC setup is required.
    Based on personal experience, the entry barrier for Matrix seems to be lower than for IRC.
    On IRC, after answering a support question, you might realize that the person asking it went offline hours ago (no BNC used) and as such you wasted your time. Won't happen if the question was raised by a Matrix user.
    As such, several people started connecting to the Xfce IRC channels via Matrix (including myself). However, on July 2023, the party was over. Libera.Chat decided to disable Matrix bridging and suggested to use so-called "channel plumbing" until further notice.
    I'm not sure about the technical details here, but in the end, "plumbing" did not work out for some reason.
    By November 2023 it became clear that bridging would not come back either.
    Meanwhile, Xfce communication became fragmented. Some people dusted off their IRC bouncers and used them again, some used a private Matrix server setup (Heisenbridge was still functional) and some just stayed on the Matrix channels, which were no longer interconnected to the IRC channels.
    In order to end that fragmentation and because of the above mentioned Matrix advantages, after 6 months of testing and adding some Matrix bots (real nice job Brian!), the Xfce team decided to prefer Matrix over IRC in the future and settle down there.
    So, even if you are a hardcore Xfce IRC user, please install the Matrix client of your choice and give the shiny new (cough) possibilities offered by Matrix a try. Looking forward to see you in the Xfce Matrix channels!
    Xfce 4.18 released
    Dec 15,2022
    Xfce 4.18 released
    After almost two years of work, we are happy to announce the release of Xfce 4.18 !
    Since Xfce 4.16 a lot of major development happened. Our team added multiple nice new features, did a gazillion of bug fixes and did various minor improvements. Finally, all that is going to be released for your pleasure.
    This development cycle was influenced a lot by GSoC 2021 and GSoC 2022, which led to various new features, most of them for Thunar, the Xfce File Manager.
    Though as well multiple other Xfce components got a lot of love and many improvements were done under the hood.
    Assuming you have installed Xfce 4.16, here is an overview on the major changes you will see on an upgrade to Xfce 4.18:
    libxfce4ui
    XfceFilenameInput
    XfceFilenameInput is a comfortable widget for filename input, which was added in order to prevent invalid filenames at an early stage and to give detailed feedback on the concrete problem.
    XfceShortcutsEditor
    This widget is a shortcut editor which was introduced in order to have a graphical interface to modify component-specific shortcuts. Currently, it is only used inside Thunar, Xfce4-terminal and Mousepad, though other components might follow.
    tumbler
    Some performance improvements for the pixbuf-thumbnailer and the scheduler were done. As well now there are multiple overwrite options for the desktop-thumbnailer.
    There is now support for the thumbnail sizes x-large and xx-large, which are very useful for high resolution displays.
    Tumbler and Thunar now support shared thumbnail repositories, like described in the freedesktop.org thumbnail specification. This feature can be used to produce thumbnails for a folder in advance, directly located near the pictures. Like that, the thumbnails don't need to be re-generated for each individual user.
    For more information on shared thumbnails, check the related blog post.
    xfce4-panel
    The DateTime and the Clock plugin provided overlapping functionallity. In order to prevent parallel development, they have been merged into a single plugin.
    The new Clock plugin received a new binary time mode now and provides a sleep monitor. Here's a screenshot of all possible layouts which are: Analog, Binary, Digital, Fuzzy and LCD.
    xfdesktop
    Like in thunar, the "Delete" menu entry in the context menu can now be hidden.
    In order to don't mess the desktop by accident on pressing 'rearrange desktop icons', the user is asked for confirmation now.
    xfce4-settings
    The search entry for xfce4-settings-manager was a bit simplified. Now it will always be shown, without any slider or button.
    xfce4-display-settings
    xfce4-display-settings got some minor improvements and the possibility to decide what to do when new displays are connected.
    xfce4-appearance-settings
    On selecting a new theme, there is now the option to automatically set a matching xfwm4 theme, if available.
    thunar
    List View
    For directories, the count of containing files can now be displayed in the size column. It is now possible to add a 'file creation date' column, and the 'configure columns' dialog can be opened with a right-click on any column head.
    Image Preview
    Finally, an image preview side pane has been added to Thunar. No, wait, actually two of them! You can choose to either use the 'embedded' mode which will take no extra space, but hide parts of the left side pane. Or you can go for the 'standalone' mode, which will use a separate pane on the right and display as well some basic information.
    Undo and Redo
    It is now possible to undo basic file operations and to redo them. Undo and Redo can be used for 'move', 'rename', 'trash', 'link' and 'create' operations. Per default, a history of the last 10 operations is stored, though the history length is configurable. Whenever an Undo/Redo is triggered, a notification with few details will be shown.
    File Highlight
    Files now can be highlighted by setting the background and the filename to different colors. This can be done via an additional tab, located in the 'properties' dialog. The view menu provides a checkbox in order to enable/disable the feature. Once enabled, files now can be shown in all the colors of the rainbow.
    For more information on file highlight, check the related blog post.
    Toolbar
    It is now possible to customize the toolbar according to your personal needs! An additional dialog has been added for that purpose, on which the visibility and position of specific items can be managed. As well custom actions, which appear for folders can be used in the toolbar.
    When the menubar is hidden, an additional toolbar button which can be used to show the menu will be displayed.
    For more information on the configurable toolbar, check the related blog post.
    Split View
    Thunar now provides the option to use split panes. The pane separator can be moved, and its position will be stored. Via a xfconf setting, it is as well possible to have a vertical split.
    Statusbar
    The status bar style was tweaked and '|' is now used to separate entries. Furthermore, it is now possible to customize it by using the context menu.
    Recursive Search
    Thunar has now the possibility to search recursively, directly inside Thunar itself. The search is done in a separate thread and search results are added rapidly into a List View. A new row 'Location' shows where the search results are located, and the context menu provides the option 'Open Item Location' in order to travel there quickly. The preferences dialog provides an option to limit recursive search to local folders, or to disable it.
    For more information on the recursive search feature, check the related blog post.
    Recent
    Recently used files now can be accessed in the side pane. Like for the 'Recursive Search' feature, the new 'Location' row can be used in List View. Additionally, for 'Recent' a new row 'Recency' can be added to sort the files by their latest usage.
    For more information on 'Recent' in Thunar check the related blog post.
    Bookmark Menu
    In order to keep the 'Go' menu compact, bookmarks have been moved into a separate, new 'Bookmarks' menu. The menu item 'add Bookmark' was rather hidden in the 'send to' menu in Thunar 4.16. As part of the new 'Bookmarks' menu, it is more prominent now.
    Trash directory
    With the new release, the trash directory provides an info bar which gives easy access to `Empty Trash` and 'Restore' functionality. When using List View, a 'Date Deleted' column will be shown, so that the files can be sorted by deletion date. Via context menu, it is now possible to select 'Restore and Show' in order to automatically open a new tab in the folder of the restored file(s).
    Default Applications
    The management to set/unset default applications for specific mime types was improved. The context menu got a dedicated item 'Set Default Application' which will open the 'ApplicationChooserDialog' with 'use as default' preselected. The dialog now has a section 'Default Application' in order to make clear which default application currently is set. If you want to remove applications from the list, right click it and select 'forget association'.
    Custom Actions
    It is now possible to arrange custom actions in cascading submenus. Just enter the same submenu name for a custom action in order to place it into the same menu. If you require multiple

  7. 2024/04/24 15:14:07 まるはなのみのみ含むアンテナおとなりページ

    2024-04-24
    日常
    グルメ 日記
    朝一でTV取材。マダニに関して知ったかぶりで話す。
    お昼まで会議。いろいろ勉強になった。
    ちょうどお昼過ぎだったので、最近できたという噂の店へ行くもやっていない。まだ営業していないのだろうか。仕方ないと新倉に行くも、雨の中でも長い行列。コンビニのパンで簡単に済ませた。
    悲報 チャイナキッチン香が閉店とのこと。一人で切り盛りしている店長さんが体調不良でたびたび休業していたが、店を閉じるとの貼り紙が。またランチを食べる場所の選択肢が減ってしまった・・・・
    yoshitomushi 2024-04-24 15:14 読者になる
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    日記 (3509)
    グルメ (706)
    日常

  8. 2024/04/24 15:05:23 macでインフォマティクス含むアンテナおとなりページ

    2024-04-24
    メタゲノムアセンブリの高精度なbin refinementツール Binette
    2024 Preprint Binning (metagenomics) metagenome
    メタゲノム解析は、ショットガンシーケンスによる微生物群集とその個々のメンバーの研究を可能にする。メタゲノム解析に不可欠な段階は、メタゲノムアセンブリゲノム(MAG)の回収である。メタゲノム解析では、シーケンスリードをコンティグにアセンブルし、それを共通の特徴に基づいてビンにグループ化し、MAGを生成する。メタゲノムデータセットからより多くの、より質の高いMAGを得るための有用なアプローチは、複数のビニング法を適用し、それらをbin refinementと呼ばれるプロセスで組み合わせることである。本著者らは、metaWRAPのbin refinementモジュールにインスパイアされたbin refinementツールであるBinetteを紹介する。Binetteは、入力されたビンアセンブリから基本的な集合演算を用いて新しいハイブリッドビンを作成することでこれを実現する。その後、CheckM2を用いてビンの品質を評価し、可能な限り最良のビンを選択する。
    レポジトリより
    Binetteは、複数のビニングツールの出力から高品質のMAGを構築する、高速かつ高精度なビニング精密化ツールである。入力ビンセットから、Binetteは新しいハイブリッドビンを構築する。ビンはコンティグの集合と見なすことができる。少なくとも2つのビンがオーバーラップしている場合、つまり少なくとも1つのコンティグを共有している場合、Binetteは基本的なセット操作を利用して新しいビンを作成する。
    交差ビン: オーバーラップしているビンで共有されているコンティグから構成される。
    差分ビン: あるビンにのみ存在し、他のビンには存在しないコンティグを含む。
    Unionビン: ユニオンビンには、オーバーラップしているビンに含まれるすべてのコンティグが含まれる。
    その後、CheckM2を用いてビンの品質を評価し、最終的に最良のビン配列を選択する。BinetteはmetaWRAP bin-refinementツールからインスパイアされているが、そのツールの問題点をすべて効果的に解決している。
    スピードの向上: Binetteは洗練プロセスのスピードを大幅に向上させた。Binetteは、CheckM2の最初のステップであるProdigalやDiamondの実行を、全てのコンティグに対して一度だけ実行することにより、これを実現している。これらの中間結果は、任意のビンの品質を評価するために利用され、冗長な計算を排除し、精密化プロセスを高速化する。
    入力ビンセットの制限なし: Binetteは、その前身とは異なり、入力ビンセットの数に制約を受けない。複数のビンセットを同時に処理することができます。
    インストール
    ubuntu20でテストした(way1の手順に従った)。
    Github
    #way1 conda environnement
    git clone https://github.com/genotoul-bioinfo/Binette
    cd Binette
    mamba env create -n binette -f binette.yaml
    conda activate binette
    pip install .
    #way2 conda(link)
    mamba install -c conda-forge -c bioconda -c defaults binette -y
    conda activate binette
    #way3 PyPI(link)
    pip install Binette
    #他の依存
    pip install pyfastx pyrodigal tqdm pandas checkm2
    > binette -h
    データベース
    checkM2のデータベースが必要
    checkm2 database --download --path <checkm2/database/>
    usage: binette [-h] (-d BIN_DIRS [BIN_DIRS ...] | -b CONTIG2BIN_TABLES [CONTIG2BIN_TABLES ...]) -c CONTIGS [-m MIN_COMPLETENESS] [-t THREADS] [-o OUTDIR] [-w CONTAMINATION_WEIGHT] [--checkm2_db CHECKM2_DB] [--low_mem] [-v] [--debug] [--resume]
    [--version]
    Binette version=1.0.0
    optional arguments:
    -h, --help            show this help message and exit
    Input Arguments:
    -d BIN_DIRS [BIN_DIRS ...], --bin_dirs BIN_DIRS [BIN_DIRS ...]
    List of bin folders containing each bin in a fasta file. (default: None)
    -b CONTIG2BIN_TABLES [CONTIG2BIN_TABLES ...], --contig2bin_tables CONTIG2BIN_TABLES [CONTIG2BIN_TABLES ...]
    List of contig2bin table with two columns separated with a tabulation: contig, bin (default: None)
    -c CONTIGS, --contigs CONTIGS
    Contigs in fasta format. (default: None)
    Other Arguments:
    -m MIN_COMPLETENESS, --min_completeness MIN_COMPLETENESS
    Minimum completeness required for final bin selections. (default: 40)
    -t THREADS, --threads THREADS
    Number of threads to use. (default: 1)
    -o OUTDIR, --outdir OUTDIR
    Output directory. (default: results)
    -w CONTAMINATION_WEIGHT, --contamination_weight CONTAMINATION_WEIGHT
    Bin are scored as follow: completeness - weight * contamination. A low contamination_weight favor complete bins over low contaminated bins. (default: 2)
    --checkm2_db CHECKM2_DB
    Provide a path for the CheckM2 diamond database. By default the database set via <checkm2 database> is used. (default: None)
    --low_mem             Use low mem mode when running diamond (default: False)
    -v, --verbose         increase output verbosity (default: False)
    --debug               Activate debug mode (default: False)
    --resume              Activate resume mode. Binette will examine the 'temporary_files' directory within the output directory and reuse any existing files if possible. (default: False)
    --version             show program's version number and exit
    実行方法
    Binetteは2種類のbin情報入力フォーマットをサポートしている。
    A - Contig2binテーブル:各コンティグと対応するbinの関係を確立するcontig2binテーブルを使ってbinセットを提供する。このフォーマットは”--contig2bin_tables”オプションを使って指定する。
    (レポジトリより転載)
    ランするには、binのTSVファイルとメタゲノムアセンブリのfastaを指定する。
    binette --contig2bin_tables bin_set1.tsv bin_set2.tsv -c assembly.fasta -t 20 -o outdir
    -b, --contig2bin_tables List of contig2bin table with two columns separated with a tabulation: contig, bin (default: None)
    -c Contigs in fasta format. (default: None)
    -t Number of threads to use. (default: 1)
    -o Output directory. (default: results)
    B - binディレクトリの指定: 各binが別々のFASTAファイルで保存されている場合。このフォーマットでは、-bin_dirs引数を指定する。
    ランするには、binディレクトリとメタゲノムアセンブリのfastaを指定する。
    binette --bin_dirs bin_set1/ bin_set2/ --contigs assembly.fasta -t 20 -o outdir
    -d, --bin_dirs List of bin folders containing each bin in a fasta file. (default: None)
    出力例
    outdir/
    final_bins/
    選択されたすべてのビンがfasta形式で格納されている。
    final_quality_reports.tsv
    フォーマットについてはレポジトリで説明されています。
    その他(論文とレポジトリより)
    出力のtemporary_filesディレクトリには中間ファイルが格納される。--resumeオプションを選択すると、temporary_filesを利用して迅速に結果を出力できる(パラメータ変更時など)。
    CAMI IIチャレンジの準備のためにリリースされた模擬マウス腸内メタゲノムデータを使用してビニング性能が評価されている。DAS ToolとBinetteはいずれも平均ビンの完全性と純度の統計量両方において同等かつ優れた結果を示したが、Binetteは高品質ゲノムの回収においてDAS Toolをより上回っていた。
    引用
    Binette: a fast and accurate bin refinement tool to construct high quality Metagenome Assembled Genomes.
    Jean Mainguy,  Claire Hoede
    bioRxiv, Posted April 22, 2024.
    関連
    ・機械学習を用いた微生物ゲノム品質の迅速で正確かつスケール可能な評価ツール CheckM2
    ・複数のbiningツールを統合し、包括的なメタゲノム解析を行うパイプライン metaWRAP
    ・メタゲノムのbinner評価ツール AMBER
    kazumaxneo 2024-04-24 07:59 読者になる
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    最終更新: 2024-04-24 07:59
    メタゲノムアセンブリの高精度なbin refinementツール Binette
    Preprint (342)
    metagenome (268)
    Binning (metagenomics) (65)
    2024 (42)

  9. 2024/04/24 12:31:49 海の底には何がある含むアンテナおとなりページ

    数の暴力
    受講者数爆発のオンデマンド2科目の動画録り。先週は丸一日かかったところ、これはやってられないので今日は極力急いで片づけようと試みる。丁寧さより速度を優先するわけだ。結果、午前中に録音を開始することができ13時半に終了。エンコードも終えてLMSに15時半にアップできたので先週より時間短縮に成功した。しかし、目標は昼過ぎに終わることなんだが。。。受講者数が多くて対応すべき質問コメント数が多いとどうにもならない。。。けど、講義というものは回が進むにつれて求心力が失われていくのが常で質問コメントも漸減してくるはず。。。そうすればいつかは。。。
    kensuke_nakata 2024-04-22 00:00 読者になる
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    2024-04-21
    kensuke_nakata 2024-04-21 00:00 読者になる
    数の暴力

  10. 2024/04/24 12:21:37 AV Watch含むアンテナおとなりページ

    4月24日(水) 12:00 更新
    Premiere ProとDaVinci Resolveの進化点を探る。NAB2024で発表
    大型スピーカーも鳴らす! マランツ全方位盤石アンプ「Model 40n」で映画、レコード、配信を聴く
    映像制作
    小寺信良の週刊 Electric Zooma!
    Premiere ProとDaVinci Resolveの進化点を探る。NAB2024で発表
    07:30
    イベント
    「Apple Event」5月7日23時。新型PencilやiPadなど発表か
    12:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件>