Web Antenna System:NaTsuMi@hatena

ikushimo.comNaTsuMi@ikushimo.com

<前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2022/01/20 07:19:38 leeswijzer: een nieuwe leeszaal van dagboek含むアンテナおとなりページ

    2022-01-20
    『進化理論の構造 I・II』登攀記録(第8章)

    スティーヴン・ジェイ・グールド[渡辺政隆訳]
    (2021年11月20日刊行,工作舎,東京, 808 + 1,120 pp., 本体価格9,000円 [I]/11,000円 [II],ISBN:978-4-87502-534-4 [I] | ISBN:978-4-87502-535-1 [II] → 目次 [I] |目次 [II] /版元ページ [I]|版元ページ [II])
    第8章の登攀記録:2022年1月15日(土)〜18日(火) 〓〓
    #進化理論の構造 第8章「淘汰の階層理論における個体としての種」の第2節「淘汰の因力の進化的定義と利己的遺伝子の欺瞞」(pp. 867-910)読了.G. C. Williams(1966)や R. Dawkins(1976)の「遺伝子淘汰説」は根本的な誤謬であるという主張が展開される. posted at 22:42:15
    #進化理論の構造 遺伝子はたとえ進化の結果の記録〓〓「簿記(bookkeeping)」〓〓の単位とはなりえても,進化の「因果(causation)」の単位とはなりえないというグールドの考えが繰り返される.ワタクシは,簿記と因果の区別は Ellioss Sober 1984. The Nature of Selection. MIT Pr で初めて知った. posted at 22:45:57
    #進化理論の構造 グールドは自然淘汰の単位についてこう言う:「淘汰の単位は「自己複製子」としてではなく「相互作用子」として定義されねばならないということを認識しなければ,淘汰の因果的な性質は理解できないという結論である」(p. 880-881).この主張に沿ってグールドは反論を展開する. posted at 22:49:22
    #進化理論の構造 「自己複製子(replicator)」と「相互作用子(interactor)」は David Hull の造語なので,このあたりの論議は1970〜80年代の生物学哲学での議論を背景知識として知っておくと遭難せずにすむ.グールドが “群淘汰” を複数レベル淘汰論としてリバイバルさせようとする意図もわかる. posted at 22:54:01
    #進化理論の構造 ワタクシ的に興味深いのは,G. C. Williams の遺伝子淘汰説(1966)や R. Dawkins の利己的遺伝子説(1976)がどのように “変節(=退却戦)” していったかをグールドが執拗にたどっている点だ. posted at 22:57:32
    #進化理論の構造 とりわけ,G. C. Williams 1966. Adaptation and Natural Selection の遺伝子淘汰説から G. C. Williams 1992. Natural Selection: Domains, Levels and Challenges の複数レベル淘汰説にいたる “変節” ぶりは特筆すべきだとグールドは言う. posted at 23:02:31
    #進化理論の構造 1988年のある逸話がある:「階層的な見解の支持者であるマージョリー・グリーンがウィリアムズを見据え,「あなたずいぶん変わったわね」と,ぴしりと言い放った.それに対して,穏やかで口数の少ないことで知られるジョージ・ウィリアムズが答えた「ずいぶん前にね」」(p. 910). posted at 23:07:26
    #進化理論の構造 本書『進化理論の構造』の魅力は,随所にグールド自身が体験したことがらが埋め込まれている点だ.それの意味するところを理解できるかどうかは読者側の “背景知識” の有無にかかっている.とくに下巻に進むと,読者に対して要求される知識が多くなってきたようにワタクシは感じる. posted at 23:10:17
    #進化理論の構造 たとえば,進化の階層性の理論化に関する長大な脚註069(p. 907)で,ナイルズ・エルドリッジの提唱する「系統的階層」と「経済的階層」は不要であり非生産的だとグールドはみなす. posted at 23:15:06
    #進化理論の構造 そのうえで,グールドはこうもらす:「もう25年もいっしょに大進化の問題に取り組んできて,私ともっとも近しい同僚であるナイルズ・エルドリッジとの,唯一の大きな相違点である」(p. 907). posted at 23:17:35
    #進化理論の構造 しかし,エルドリッジは筋金入りのクラディストであり,他方のグールドはアンチ・クラディストだったことを考えれば,その意見の相違は当然だとワタクシは考える.1960〜80年代の体系学論争については本書ではほとんど触れられていないが,その背景知識は至るところで関わってくる. posted at 23:20:09
    #進化理論の構造 第8章「淘汰の階層理論における個体としての種」の第3節「階層論的淘汰説の論理的、経験的な基盤」(pp. 911-1002)読了.遺伝子淘汰からクレード淘汰にいたる階層的な自然淘汰理論について延々と述べる.木村資生の中立説と大野乾の遺伝子重複説にも言及する.長い,長過ぎる. posted at 15:21:35
    @qyv00045 #進化理論の構造 この本は “戦記物語” なので,いつ誰がどんな文脈でどう振る舞ったのかを知る上での貴重な資料ですね.どちらが正しかったかどうかはワタクシ的にはどうでもいいことです.グールドはマイヤーの “the naturalist tradition” の継承者だったことは確かでした. posted at 07:16:13
    #進化理論の構造 第8章「淘汰の階層理論における個体としての種」の最後の第4節「壮大なアナロジー〓〓進化に関する種分化の基盤」(pp. 1003-1040)読了.個体淘汰と種淘汰の類否がさらに延々と続く.1970年代の断続平衡モデルを踏まえた発展型として.一覧表8-1(pp. 1008-1009)を見ればよいのかな. posted at 10:33:29
    leeswijzer 2022-01-20 07:19
    Tweet
    もっと読む
    コメントを書く
    『進化理論の構造 I・II』登攀記録(第8章)

  2. 2022/01/20 07:05:06 Vanity of vanities含むアンテナおとなりページ

    2022-01-20
    あたりまえすぎてわからんねー
    土壌中の微生物のほとんどが従属栄養微生物、だとおもうのだけれど、そう本にも書いてあるけど、でも、じゃあ、データとしてどこにあるんだろう。

    かなり時間をかけて探しているんだけどな、、、、16sとかでばーって見ているやつから考えれば良いのかな、それともCO2放出から?うーん。

    バクテリア、真菌、って考えたらそりゃ当然そうでしょ、と思うのだけれど、そういう「当たり前」なことをしっかり引用文献でフォローするのって難しいよね。。。。検索も結構難しい。

    とりあえずEvernoteでの全文検索を使ってみて頑張ってみよう。


    keikoba 2022-01-20 07:05
    Tweet
    広告を非表示にする
    あたりまえすぎてわからんねー

  3. 2022/01/20 06:40:54 毎日ぼちぼちと含むアンテナおとなりページ

    2022-01-19
    読んだ
    研究 仕事
    早めに起きれて早めに始動。6時に出勤。めっちゃさっぶい。

    研究室に到着後まずは共著論文へのコメントメール書きと、こまごま事務仕事のメール書き。
    そのあとPCRのセットとゲル作り。さらに培地を作ってオートクレーブにかける。

    お次は学生の修論原稿を読んでコメント書き。
    キリの良いところまでやって、とりあえず返信してしまう。

    電気泳動。結果を見たあと、培地をシャーレに流して午前が終わり。

    外に出て車にガソリンを入れる。
    その足で昼飯も食って、研究室に戻る。

    午後はまずゴミ捨て。
    コーヒー飲んで一休みのあと、修論原稿読みの続き。
    悶々と進めて、とりあえず完了。学生と直接話してから送信。
    お次は粗大ゴミを捨てに行く。

    また培地作りをしてオートクレーブにかける。
    伝票処理などのこまごま事務仕事をこなして今日はここまで。
    スーパーに寄って買いもんしてから帰宅。

    学会事務仕事とメール書きをこなしてか風呂。
    そしてストレッチ。
    沖縄の家族と交信して終わり。
    marukamemushi2014 2022-01-19 00:00
    広告を非表示にする
    読んだ

  4. 2022/01/20 01:54:06 Limnology 水から環境を考える含むアンテナおとなりページ

    2022-01-19
    ニホンミツバチの大敵、ネオニコチノイドとアカリンダニ
    化学物質
    昨年12月31日記事で、「数日前に30個体近くがゾロゾロ出てきて死亡し、もしやアカリンダニかと思った。」と書きました。この時の死亡個体を専門家が検死(?)してくださいました。また6月に同様にゾロゾロ出てきて死亡した個体も診てくださいました。結果、…
    化学物質 (131)

  5. 2022/01/20 00:26:13 日々是戯言含むアンテナおとなりページ

    こまった時のOpenJump(デジタイジング編) by IWASAKI NOBUSUKE 5141 views
    FOSS4Gで地理院タイルを使ってみよう! by IWASAKI NOBUSUKE 5836 views

  6. 2022/01/20 00:24:45 砂漠のリアルムシキング含むアンテナおとなりページ

    Adult Desert Locust Swarms, Schistocerca gregaria, Preferentially Roost in the Tallest Plants at Any Given Site in the Sahara Desert
    The desert locust, Schistocerca gregaria, is a major migratory pest that causes substantial agricultural damage. Flying adult swarms disperse widely during the daytime, but they densely roost on plants at night. Swarm control operations are generally conducted during the daytime, but night-time con…
    www.mdpi.com
    一番楽しみに待っててくださった桜田前館長の前で講演できないのは無念ですが、お声掛けくださった桜田前館長のためにも、昆虫学者を目指すきっかけとなったファーブル昆虫記を

  7. 2022/01/20 00:22:04 つむりの悠々自適ライフ 含むアンテナおとなりページ

    ブログ内検索はこちら
    名称を入れて検索すれば該当記事がヒットします。例:瀬戸内海

  8. 2022/01/19 23:29:51 湿地帯中毒含むアンテナおとなりページ

    2022-01-19
    日記
    今日は湿地帯調査でした。タモ網がっつり採集は今年初です。初採集が遅すぎます。もうだめです。
    オイカワです。たくさんいました。鼻先の赤いところ、体のぴかぴかさが良いですね。

    今日確認したかったのはこちら、カゼトゲタナゴです。まだ生き残っていてよかったです。状況は厳しいですが、なんとか生き残って欲しいです。

    帰りに少し陸生貝類の調査もしてきました。これは仕事。フムフム・・
    OIKAWAMARU 2022-01-19 23:29
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    日記

  9. 2022/01/19 18:09:22 Learning at the Bench含むアンテナおとなりページ

    インタビュー:マイクロアレイを用いたファーマコゲノミクス研究
    続きを読む インタビュー:マイクロアレイを用いたファーマコゲノミクス研究
    プレディクティブゲノミクスは、疾患リスク... by LatB Staff / 01.19.2022

  10. 2022/01/19 10:33:43 のむラボ日記含むアンテナおとなりページ

    リムブレーキ用のCL50の後輪を組み直しました 
    2022/01/18 Tue. 23:16 [edit]
    今日もホイー(以下略)。
    お客さんから ロヴァ―ルのCL50の後輪をお預かりしました。
    リムブレーキ用です。
    全黒コンペレースストレートで 2:1組みの21Hです。
    もうちょっとカッチリとした乗り味に出来るなら、
    ということで 組み直すことになりました。
    組めました。
    今回は 全黒CXスプリントストレートにしました。
    フリー側の結線も あとでやります。
    ディスクブレーキ用の後輪というか
    反フリー側をタンジェント組みしていて 左右異数組みをしているなら
    フリー側をCX〓RAYにして 逆異径組みをしたと思いますが、
    今回は リムブレーキ用の後輪で 反フリー側がラジアル組みなので
    半CXスプリントでも 全CXスプリントでも 一長一短ある感じとなり、
    迷いましたが 全CXスプリントにしました。
    もし リム高が32mmのほうだったり、
    フリー側の最終交差の挟角が もう少し鈍ければ
    半CXスプリントにした可能性が高いです。
    category: のむラボ日記
    tb: 0 cm: 0

    増し締めによって フリー側のスポークの変形量について
    結線の有無で ほぼ変わらないところまで張れたので、
    フリー側の結線は やりません。
    リムブレーキ用のCL50の後輪を組み直しました (01/18)
    のむラボ日記 (3776)
    2022/01 (19)

<前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件>