Web Antenna System:NaTsuMi@hatena

ikushimo.comNaTsuMi@ikushimo.com

<前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2024/02/20 19:45:03 LXQt Blog含むアンテナおとなりページ

    Qt6 and Wayland
    Thursday, 15 February, 2024
    An overview of the development state of both goals. Priority has porting
    all components to the Qt6 libraries and there will be no Qt5-based version of LXQt anymore.
    Continue reading ...

  2. 2024/02/20 11:55:30 虫つれづれ@対馬v2含むアンテナおとなりページ

    対馬産カラスアゲハ第1化 (02/19)
    チョウ(アゲハチョウ科) (70)
    2024年02月 (1)
    2024.02.19 Monday
    対馬産カラスアゲハ第1化
    author : yohbo
    ※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
    ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ (しばらくトップに置きます)
    2024/2/19
    標本撮影ボックスを作り直したのでテスト撮影です。WBの調整の必要あり…。
    対馬産カラスアゲハ第1化♀。2017年5月12日対馬市厳原町産。
    ▲対馬産カラスアゲハ Papilio dehaanii dehaanii (C. & R. Felder, 1864) -OLYMPUS STYLUS TG-4-
    | チョウ(アゲハチョウ科) | 15:25 | comments(0) | - |

  3. 2024/02/20 06:52:09 yokaのblog含むアンテナおとなりページ

    2024-02-18
    あの人に出会ってなければ自分はどうなっていただろうか
    自分が今なぜここにいるのかを振り返ったとき、他人の存在が起点となった出来事が多いことに気づく。自分の人生の可能性は、自身の努力と選択で広げてきたと考えてしまいがちだけど、実は自分自身ができるのは、既に存在している可能性を「伸ばす」ことに過ぎない。自分がいかに一生懸命やってきたと考えていても、結局自分ができることは「その時の自分が見知りできる範囲でベストを尽くすこと」でしかないからだ。
    言い換えると、それまでの自分が見知りえなかった新たな可能性を「広げる」には、外からのインプットがなければならない。「外からのインプット」にはいろいろある。映画や本との出会いだったり、人によっては事故とか災害とかかもしれない。けれど、人生の可能性を広げてくれる外からのインプットとして、最も頻度が高くて影響が大きいのが、他人との出会いだ。そして、丁寧に振り返っていくと、自分で選択したと思っている人生の岐路においても、多くの場合その根底には初めにその選択肢を可能性として提示してくれた他人が存在している。例えば自分がこれまでに所属してきた組織(中高大学・会社・部活・バイト・研究室など)や、これまで自分が取り組んできた仕事も、最後の選択こそ自分でしたものの、そもそもその選択肢がその時に机上にあった理由をたどると、だいたい誰かの存在に行きあたる。自分の人生は、他人との出会いの繰り返しで出来上がってきたことに気づく。
    そして面白いのが、他人との出会いの多くが偶然だということだ。「偶然」と「必然」を厳密に言い出すと哲学的になってしまうけど、ここでいう「偶然」は「納得感がない」と言い換えることができる。自分の努力や選択には納得感がある。今から見れば「あのときああしておけばよかった」という過去の自分の選択があっても、それは「その時の自分が持っていた情報量と精神状態ではそうするしかなかった」という点では納得するほかなく、「人生がもう一度あってまた同じ場面に差し掛かっても、同じことをやっていただろう」と思える点で、必然感がある。対して、人との出会いは、自分のコントロール外で起こるイベントであり「なぜあの時あの人に会えたのだろう」「人生がもう一度あっても同じように会えただろうか」と考えても、ほとんどが納得感のある説明に至らなくて、「あの出会いは偶然だった」としか言いようがないケースだ。なので、「あの時ああしてなければ人生どうなっただろうか」と真剣に考えることはあまりないし考えても意味が無いと思うけど、「あの時あの人に出会ってなかったら人生どうなっただろうか」は、本当に起こりえた現実味がある話として深刻に考えてしまう。自分の人生を左右するレベルの重要人物が現実にいるのに、その出会いには納得感も必然感もなく、偶然としか説明ができない。恐ろしくて、面白いことだと思う。
    普段は、日常的に色々な人と出会いながら生きている中で、その偶然の影響力の大きさを意識することは少ない。そして、なんとなく自分の努力と選択で人生を前に進めている気になって暮らしている。でも、冷静に過去を振り返ると、「この人がいなければ今の自分は無かった」という人が何人も頭に出てくる。その人たちに直接そのようなことを伝えたことはほとんど無い。そもそもこんなことを伝えられるような仲ではない、ほとんど話したことがない人だったり、一度しか会ったことがないような人が、自分の可能性を広げてくれた重要人物だったりする。広げてくれた可能性の重要性に気が付いたころには時間が経ちすぎて疎遠になってしまっていることもある。自分自身も、気が付かない間に、他人の人生を左右するようなきっかけを与えていたことがあったのかもしれない。いちいちそれに感謝して生きるというのはさすがに大げさだと思う。けれど、「他人との偶然の出会いの繰り返しが人生の枠を作っていて、自分はその枠の中で生きているだけである」というのを日ごろから意識しておくことは、他人への敬意を欠かさず、偶然を可能性に変える機会を増やすという点で、重要なことなんじゃないかなと思う。
    yokazaki 2024-02-18 22:12 読者になる
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    あの人に出会ってなければ自分はどうなっていただろうか
    ▼ ▶
    2024
    2024 / 2

  4. 2024/02/20 04:59:05 日本湖沼めぐり含むアンテナおとなりページ

    掲載している湖沼・・・554
    (2024/02/18時点)
    根知白池
    蛙池
    2024/02/17 「根知白池」
    「蛙池」を追加。

  5. 2024/02/20 04:20:07 Taglibro de H含むアンテナおとなりページ

    読書中: Bayesian Statistical Modeling with Stan, R, and Python (10章末まで) [統計]
    第10章 10.4節 Supplementary Information and Exercisesまで。
    前にも書きましたが、離散パラメータの周辺化消去はStan利用の重要なポイントです。
    あと、Exercises (3) にある Y3 = 1 - Y1 - Y2 は、Y3 = m - Y1 - Y2 の誤りですね。
    Matsuura K (2022) Bayesian Statistical Modeling with Stan, R, and Python. Springer.
    タグ:本 統計学

  6. 2024/02/20 01:38:51 松田裕之公開書簡含むアンテナおとなりページ

    この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

  7. 2024/02/18 04:37:59 Ubuntu Weekly Topics含むアンテナおとなりページ

    Ubuntu 24.04 LTS(noble)の開発 / GNOME 46の準備と壁紙コンテスト
    吉田史
    2024-02-16

  8. 2024/02/17 14:10:23 メレンゲが腐るほど恋したい含むアンテナおとなりページ

    ・2024/2/25(日)のコミティアに出店予定です。
    ・2024/1/13-14開催の「マメフェス」のお手伝いのかたわら、『奇貨』を販売します。
    (2024/2/14)「となりのカインズさん」に寄稿しました
    magazine.cainz.com
    (2023/11/20)SUUMO「マンションと暮らせば」に寄稿しました

  9. 2024/02/17 06:57:04 OSSデータベース取り取り時報含むアンテナおとなりページ

    SNS

  10. 2024/02/16 02:59:10 めもちょう含むアンテナおとなりページ

    風邪ひいて2回休み [日常]
    午前中に回復のきざしがみえたけど、のどの痛みが続くのでおとなしく寝て過ごす。さすがに腰が痛くなってきた。メールの返信が遅れていてすみません。
    2024-02-11 20:03 コメント(0)
    風邪ひいて1回休み [日常]
    水曜日の夜くらいから、喉に違和感があったけど、金曜日の午後になって明らかに体調不良。年休をとって帰宅して休んだけど、今朝になっても回復していない。高熱ではないけど、風邪症状。先週、風邪をひいていた家族からもらったのかも。この連休中に作業予定の仕事があったけどおとなしく休む。
    2024-02-10 20:13 コメント(0)
    記事 1862
    風邪ひいて2回休み
    風邪ひいて1回休み
    2024年02月(2)
    日常(1365)

<前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件>