Web Antenna System:NaTsuMi@hatena

ikushimo.comNaTsuMi@ikushimo.com

<前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件> 

おとなりアンテナ | おすすめページ

  1. 2022/01/23 02:23:50 啐啄同時含むアンテナおとなりページ

    2022-01-09
    tgojobor 2022-01-09 00:00

  2. 2022/01/21 17:31:51 湿地帯中毒含むアンテナおとなりページ

    2022-01-21
    日記
    福岡県固有とされる陸生貝類のミヤザキムシオイ。螺層が途中でほどけて隙間があるという驚きの形態。なお昨年から福岡県希少野生動植物種の保護に関する条例により、売買(標本も含む)や無許可での採集は禁止されています(罰則あり)。
    OIKAWAMARU 2022-01-21 17:31
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く
    日記

  3. 2022/01/21 15:44:23 ryamadaの遺伝学・遺伝統計学メモ含むアンテナおとなりページ

    sasLM: 'SAS' Linear Model version 0.6.5 from CRAN

  4. 2022/01/20 00:24:45 砂漠のリアルムシキング含むアンテナおとなりページ

    Adult Desert Locust Swarms, Schistocerca gregaria, Preferentially Roost in the Tallest Plants at Any Given Site in the Sahara Desert
    The desert locust, Schistocerca gregaria, is a major migratory pest that causes substantial agricultural damage. Flying adult swarms disperse widely during the daytime, but they densely roost on plants at night. Swarm control operations are generally conducted during the daytime, but night-time con…
    www.mdpi.com
    一番楽しみに待っててくださった桜田前館長の前で講演できないのは無念ですが、お声掛けくださった桜田前館長のためにも、昆虫学者を目指すきっかけとなったファーブル昆虫記を

  5. 2022/01/19 08:54:44 断虫亭日乗含むアンテナおとなりページ

    ツノゼミ ありえない虫
    ¥ 1,430

  6. 2022/01/19 08:33:51 WIRED.jp含むアンテナおとなりページ

    求む、ウェルビーイングとレジリエンスを未来に実装するアイデアと技術! WIRED COMMON GROUND CHALLENGE supported by PwC Consultingへの応募スタート
    『WIRED』日本版と東京大学生産技術研究所が共催し、PwCコンサルティング合同会社(以下「PwCコンサルティング」)が協賛する「WIRED COMMON GROUND CHALLENGE」。多層化し分断したかに見える社会のなかに新しい共通基盤=コモングラウンドを築くための同プロジェクトが目指す、「実装のためのアワード」とは。
    PROMOTION
    MEMBERSHIP
    アートとデジタルアイデンティティ:「クリプトパンク」とNFT革命はかくして始まった(後編)
    LONG
    2022.01.19 WED 07:00
    「ワクワクする」カーボンニュートラル社会の実現をめざして:ドコモグループの取り組みと再生可能エネルギーの可能性
    2022.01.01 SAT 16:00
    イノヴェイションが生まれる組織とは:花王が見出した組織構造の最適解
    PROMOTION
    2021.12.24 FRI 16:00
    アートとデジタルアイデンティティ:「クリプトパンク」とNFT革命はかくして始まった(後編)
    コレクターたちは、クリプトパンクのクリエイティヴな使い方を考え出した。自分のパンクをTwitterやチャットアプリ「Discord」のプロフィール写真として使い、デジタルアイデンティティを構築し、豊かなコミュニティのネットワークをつくり上げたのだ。はたして10,000の顔は何を生み出し、永遠にその価値を変えたのか? クリプトパンクに魅了された人々の群像からその答えを追う集中連載。
    アートとデジタルアイデンティティ:「クリプトパンク」とNFT革命はかくして始まった(後編)
    LONG
    2022.01.19 WED 07:00
    MEMBERSHIP

  7. 2022/01/18 16:03:15 読んだ論文のメモ含むアンテナおとなりページ

    移動性の高いオニハマダイコン属2種の世界的な分布を説明する [原著]
    Shaw et al. (2021) Explaining the worldwide distributions of two highly mobile species: Cakile edentula and Cakile maritima. Journal of Biogeography 48:603-615.
    https://doi.org/10.1111/jbi.14024
    外来種として全世界に広がりつつあるオニハマダイコン属2種(Cakile edentulaとCakile maritima)を対象として、さまざまな原産地と定着先からサンプリングを行い、定着した回数、原産地の気候と定着後広がった場所の気候とを比較している。ハイスループットシーケンスとゲノムスキミング、さらにベイズ推定を組み合わせて、葉緑体ゲノム全体と核リボソームDNAの領域について、原産地と侵入地とでの変異を調べている。さらに各種のクレードが生育している地域の気候条件を調べている。GBIFデータも使っていて、同定に信頼のおける情報の地域に限り、気候条件を抽出している。
    少なくとも7つのクレードが世界各地に侵入しており、そのほとんどについて原産地を特定することができている。定着先の気候条件は、原産地と近いものもあれば、本来の気候条件よりも広い範囲の場合も見られる。日本のオニハマダイコンとして、唯一、福井県のサンプルが含まれているんだけど、これがオーストラリアやニュージーランドとは全く異なるクレードに含まれている点がポイント。日本のサンプルが含まれるクレードA5の原産地はアメリカ東海岸の南側だけど、オーストラリアのクレードA9は北側で、明確に異なっている。
    日本のサンプルの気候条件は原産地の範囲には含まれないけど、他地域の侵入先の気候条件の範囲には含まれているので、十分生育できるそう。日本への定着プロセスとしては、貿易ルートからアメリカ東海岸から西海岸のサンフランシスコ、それから太平洋を渡って日本という経路を想定している。東アジアのサンプルが日本しかないけど、周辺地域も同じ起源と考えてよいのかな。石川県のサンプルが福井県と大きく違うとは想定しにくいか。
    2022-01-17 13:33 コメント(0)
    記事 1079
    移動性の高いオニハマダイコン属2種..
    2022年01月(2)
    原著(995)

  8. 2022/01/18 15:20:16 蝸牛の歩み含むアンテナおとなりページ

    2022-01-17
    成分献血
    献血の状況を見たら「非常に困っています」だったので、成分献血へ。ビデオは「決算!忠臣蔵」。そう言えば時代劇に興味がなかったから忠臣蔵って見たことないかも。教養として知っておかないといけないやつだよね。ただ、スピーカーの調子が悪くて音量マックスにしても小さい声が聞き取れなかった。さらには字幕ボタン押しても反応なく、ストーリーがいまいちよく分からなかった。
    xnissy 2022-01-17 22:54
    Tweet
    広告を非表示にする
    もっと読む
    コメントを書く

  9. 2022/01/17 12:12:44 切り身と料理のこと含むアンテナおとなりページ

    甘酒汁
    1月 17, 2022
     甘酒という飲み物を知っていても、どうやって作るかは知らないものだ。甘酒には麹(米麹)の助けを借りて作る米麹甘酒(言ってみれば発酵甘酒)と、酒粕を溶いて砂糖を加えて作る酒粕甘酒がある。私が毎年除夜の鐘を撞きに訪れる寺で振る舞われるのは前者で、またもうかなり前になくなってしまったけれど、母方の生家の氏神さまでは初詣に米麹甘酒の振る舞いがあった。大量に作るなら酒粕甘酒の方が断然楽だけれど、しかしやっぱりうまいのは米麹甘酒である。 米麹甘酒は麹カビがアミラーゼによってデンプンを糖に変えていくことによって出来上がる。米を柔らかく炊いて、ある程度冷ましてから板麹をよくほぐしたもの、あるいはバラの麹を加える。炊飯器なら保温という便利な機能があるので、70度を上回らないように蓋は閉めないで、ときどきぬるま湯を加えながらしゃもじでかき混ぜるとだんだんと香りが出て甘くなってくる。熱くなりすぎていたら水を、適温ならぬるま湯を加えることである程度加減する。だいたい5合の米に板麹が1枚。ただしこの半分でもできる。ちがいは出来上がりの甘さにあり、板麹を多めに加えた方がより甘くなる。2時間ほど様子を見て、うまく発酵が進んでいそうなら保温を切って、蓋を閉めて6時間ほど置くと、甘酒になる。私は毎年かぶら寿司を仕込むので、そのために年に一度は甘酒を作ることになっている。 今年は例年よりたくさんのかぶを使ったので、それに合わせて甘酒をたくさん作ったのが、思ったよりも必要なくてかなり余ってしまった。薄めて甘酒として飲むのはもちろんだけれど、一部を甘酒汁にすることにした。 鍋に湯をわかして、かつおぶしのだしをとる。一番だしでなくて二番だしにする。金時人参と大根の拍子切したもの、だしに使ったあとの野菜昆布、これも拍子に切って加える。中火で炊いて、煮えたら出てくるあくを掬っておく。ここに甘酒を適当に加えて、市販の甘酒の半分くらいの濃度にする。あとは白菜も加えて、最後は薄口醤油少しで整える。入れすぎてはダメ。 甘酒汁は粕汁の甘酒バージョンだ。薄口醤油ではなくて、白味噌を加えたってもちろんおいしい。甘いだけの甘酒よりも、塩味があった方がよくすすむ。ここに餅を加えてもいいし、ひきわり納豆を加えて納豆汁にしてもいい。この場合は、煮立ったところにさらっと混ぜたひきわり納豆を加えてすぐに火を止める。かき混ぜてうつわに盛る
    共有
    リンクを取得
    Facebook
    Twitter
    Pinterest
    メール
    他のアプリ
    続きを読む
    最近の投稿
    1月 20223

  10. 2022/01/16 18:50:40 マメゾウ日記含むアンテナおとなりページ

    January 16, 2022
    裏ヒヨでまさかのパウダー滑走!
    1月3連休最終日は、栂池高原スキー場より裏ヒヨへ。連休中は天気には恵まれたが、1月8日の夜に降雪が少しあっただけで、正直、最終日の雪は期待していなかった。ところが、ヒヨドリ峰の北面には極上のパウダーが維持されていた。
    【日程】2022年1月10日(月)
    【場所】ヒヨドリ西峰
    【メンバー】Sさん、Bちゃん、マメゾウムシ
    【天候】晴れ時々霧
    【装備】テレマーク1、ATスキー2
    【コースタイム】栂の森ゲレンデ林道入口9:31〜ヒヨドリのコル10:28-47〜北面1810mまで2回滑走10:47-12:08〜ヒヨドリ西峰12:37-51〜栂の森ゲレンデ林道入口13:08〜栂池高原スキー場ボトム13:30
    2022年1月の3連休中の1日目と2日目は、天気とよい雪に恵まれたが、降雪が期待できない予報だったので、正直、最終日の雪は期待していなかった。実際に、降雪は1月8日の夜にわずかにあっただけである。最終日にパウダーが維持されているとしたら、北面の樹林帯に限られ、標高は高い方がよいだろう。連休初日に天狗原から親沢を滑って激パウだったこともあり、帰路につく時間も考えると、選択肢はヒヨドリ峰北面しかなかった。考えることは同じで、最終日に一緒に行動することを考えていたKaoriさんやF社軍団も裏ヒヨという結論とのこと。ただし、まったく一緒だと人数が多くなりすぎるので、当日は別パーティーで行動することにした。
    連休初日と同じくポイント券を購入して、ゴンドラとリフトを乗り継いで栂の森ゲレンデのトップに上がり、林道入り口に滑り込んだ。遅れて、kaoriさんやF社軍団もやってきた。ここで突然声をかけられた。かってアバランチナイトで一緒にスタッフをしていたTガイドであった。久しぶりの再会であった。林道脇の雪は見事なモナカ雪だった。
    林道を早稲田小屋まで進んだら、ヒヨドリのコルを目指して急斜面を登る。3連休最終日ということで、すでに高速道路はできていたので、ラッセルはない。
    ヒヨドリのコルに到着。シュプールだらけだが...
    バックカントリーデビュー2日目のSさんがいるので、一番緩いコルから北面にエントリーする。なんと北面は極上のパウダーではないですか!
    標高1810mの台地状のところまで滑走する。ちょっとガスが出たが、視界は問題なかった。
    F社軍団も滑り降りてきた。帰路もあるので、1回の滑走で終わりのつもりでいたが、こんなよい雪ならば、もう1回滑らねばということで、コルまで登り返す。
    2回目の滑走へ。
    2回目も極上のパウダーで、浮遊感のある滑りができた。
    再びヒヨドリのコルに登り返す。
    そのままヒヨドリ西峰のピークまで登る。
    栂池高原スキー場に戻るには南面を滑らねばならない。南面の雪は北面とは正反対の湿雪重雪だが、これは想定していたことだった。モナカ雪よりはマシである。悪雪に苦労するSさん。
    骨折後復帰戦のBちゃんは、だいぶ慣れてきた感じ。もう大丈夫だろう。
    林道まで滑り降りて、ゲレンデに戻ったら、足がパンパンになる長いゲレンデ滑りが待っていた。それでも20分でボトムに到着して、3連休のBCツアーが終了した。
    帰りに、テレ仲間の間で話題になっていた虹屋丼丸白馬店に遅めのランチで寄ってみた。テイクアウトが中心のようだが、イートインもある。虹屋丼丸白馬店は、2019年1月にオープンした海鮮丼のお店である。丼丸はチェーン店ではあるが、各オーナーが「丼丸+屋号(独自の店名)」をつけた 一切制約のない完全独立型店舗とのことで、メニュー、価格はオーナーによって違うようである。白馬店は虹屋丼丸2号店で、1号店は長野市にあるらしい。メニューが豊富で、550円でほとんどの丼が買えてしまう。高級ネタの丼もそんなに高くはない。今回は満腹丼をネタ大盛りにて注文した。満腹丼はデフォルトでご飯が大盛りで、ネタ大盛りでも値段は770円。味よし、値段よしで、ひじょうに満足なランチだった。
    3連休は天気にも雪にも恵まれ充実したバックカントリーが楽しめた。アキレス腱痛もだいぶよくなってきており、これから調子を上げていけそうだ。
    YouTubuにアップした動画ですが、前の記事にてリンクした動画と同じものです。
    «白馬コルチナスキー場から裏コルチナ・雨中ゲレンデ周回

<前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件>